長門「同性愛に持ち込んで涼宮ハルヒの出方を見る」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:オーキド「そこに三体のドッスンがおるじゃろ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 21:39:49.65 ID:J2vUkpXp0

ハルヒ「ふんふ〜ん」

長門「・・・」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 21:46:13.36 ID:J2vUkpXp0

ハルヒ「あれ? 今日みんなは?」

長門「……病欠」

ハルヒ「あ、そうなんだ。最近インフルエンザ流行ってるからねー。有希は大丈夫?」

長門「……」コクッ

ハルヒ「そう」

長門「……」

ハルヒ「でもたった二人でなにするー?」

長門「……」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 21:51:29.69 ID:J2vUkpXp0

ハルヒ「どうするー?」

長門「……インフルエンザに感染しないか少し不安」

ハルヒ「? 帰ろうって事?」

長門「……」ブンッ

ハルヒ「……」

長門「予防法を知っているから実践したい」

ハルヒ「あ、なるほど」

長門「二人いなければ出来ないので、協力して欲しい」

ハルヒ「お、もしかして、それやれば私にも効果ある?」

長門「双方に効果がある」

ハルヒ「良いわね! じゃあやりましょう!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 22:00:03.26 ID:J2vUkpXp0

ハルヒ「なにをやれば良いの?」

長門「……」ポンポン

ハルヒ(とりあえず隣に座れば良いのね)トコトコ

ハルヒ「……」スッ

長門「……」コクッ

長門「……」ガサゴソ

ハルヒ(バッグからなにか出すみたいね)

長門「……」ガサゴソ

長門「……」スッ

ハルヒ「?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 22:08:51.66 ID:J2vUkpXp0

ハルヒ(普通のペットボドルの紅茶……? )

長門「……」

ハルヒ「それを使うの?」

長門「……」コクッ

ハルヒ「へぇー」

長門「……その前に」

ハルヒ「なに?」

長門「……」ススス

ハルヒ(? 椅子をこっちに寄せてきた……?)

長門「……」ピタッ


ハルヒ「……」

長門「……」


ハルヒ(ぴったり並んだ形に……)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 22:19:20.01 ID:J2vUkpXp0

ハルヒ「……」

長門「……」

ハルヒ「……」

長門「……」

ハルヒ「ゆ、有希?」

長門「……」

ハルヒ「これでどうするのよ? (ぴったりと並んだ状態でずっと……)」

長門「……こ、これで」

ハルヒ(!? 有希が珍しく言い淀んでる……?)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 22:24:31.97 ID:J2vUkpXp0

長門「……もう少し」ススッ

ハルヒ「!」

ハルヒ(椅子はもう完全にくっついた状態だったけど……)

ハルヒ(体をもっと寄せてきた……?)

長門「……」ピタッ

ハルヒ「!」

長門「……」

ハルヒ(体までぴったりくっついた状態に……)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 22:28:18.14 ID:J2vUkpXp0

ハルヒ「……」

長門「……」

ハルヒ「……」

長門「……」

ハルヒ「ゆ、有希? (近過ぎて有希の方に顔向けられないわ……)」

長門「……」

ハルヒ「これが予防法なの……? (まさか、くっついて体を温めるって事? 確かにちょっと温かいけど……)」

長門「過程の1つ。まだ序盤」

ハルヒ「あ、そうなんだ (さすがにこれだけじゃないわよね……)」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 22:42:18.86 ID:J2vUkpXp0

長門「そして……」

ハルヒ「そして?」

長門「……」手スッ

ハルヒ「!」

長門「……」ギュッ

ハルヒ(私の腰に……手を回してきた……!?)

長門「……」

ハルヒ(どういう事……?)

長門「……同じようにして欲しい」

ハルヒ「! 私も有希の腰に手を回すって事……?」

長門「……」コクッ

ハルヒ(よ、よくわからないけど……)手スッ

ハルヒ(これで良いのかしら……?)ギュッ

長門「……」コクッ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 22:50:28.97 ID:J2vUkpXp0

ハルヒ「……」

長門「……」

ハルヒ(な、なによこの状況……?)

ハルヒ(部屋で二人きり、横にぴったりくっついて……)

ハルヒ(腰に手を回しあって……これがインフルエンザの予防法?)

長門「……」

ハルヒ(確かに温かいけど……)

ハルヒ「……」ドキドキ

長門「……」

ハルヒ(変に心拍数上がってきちゃったじゃない……)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 22:59:13.85 ID:J2vUkpXp0

ハルヒ「これが、インフルエンザ予防法なの?」

長門「……」コクッ

長門「インフルエンザを予防するためには、まずは体を温める事が必要」

ハルヒ「そ、そうよね」

長門「……」

長門「次に……」

ハルヒ「……次に?」

長門「免疫力をつけるステップに入る」

ハルヒ「免疫力……?」

長門「……」コクッ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 23:04:13.10 ID:J2vUkpXp0

ハルヒ「でも……免疫力なんてどうやってつけるのよ?」

長門「そのためにこれを使う」スッ

ハルヒ「(さっきの紅茶……) これで……免疫力が付くの?」

長門「……」コクッ

ハルヒ「紅茶にそんなに体の抵抗力強める作用なんてあるの? (聞いた事ないけど……)」

長門「……」ブンッ

ハルヒ「……?」

長門「……紅茶自体にはない」

ハルヒ「? どういう事?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 23:16:53.27 ID:J2vUkpXp0

長門「免疫力というのは、つまりは体が異物を排除しようとする力」

ハルヒ「そ、そうね」

長門「従って、高めるためには、あえて体に異物を入れるという方法がある」

ハルヒ「予防接種とかそうよね」

長門「今からそれを行う」

ハルヒ「異物を体に入れるって事……?」

長門「……」コクッ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 23:19:00.43 ID:J2vUkpXp0

長門「とは言っても、異物を闇雲に体に入れるのは危険」

ハルヒ「そ、そうよね。予防接種も弱らせた病原菌だったりするものね」

長門「従って、今から体に入れるのは、安全かつ効果の期待が出来るもの」

ハルヒ「……一体なによ?」

長門「自身の体にとって親和性があり、かつ自身のものとは決定的に違う異物」

ハルヒ「……ず、ずばり?」


長門「他人の体液」


ハルヒ「!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 23:27:45.58 ID:J2vUkpXp0

ハルヒ「他人の体液……!?」

長門「……」コクッ

ハルヒ「た、体液って具体的には……?」

長門「最も容易に摂取出来るのは唾液」

ハルヒ「!」

ハルヒ「って事はまさか……」

長門「今から私がこの紅茶を口に含む」

長門「そして、それをそちらの口に移す」

ハルヒ「! (やっぱり……)」

長門「そして、またそちらから私の口に戻す」

長門「これを繰り返す」

ハルヒ「なっ……」

長門「今最も支配的な学説によると、これで一往復する度にインフルエンザに感染する確率が2%ずつ下がる」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 23:35:06.50 ID:J2vUkpXp0

ハルヒ「え? う、嘘でしょー? (でも有希が冗談なんて言うわけ……)」アセアセ

有希「嘘ではない」

ハルヒ「そ、そんな……(それでインフルエンザに掛からないなら、世のカップルや夫婦はみんな掛からないわよ……)」

有希「私は三日後に非常に重要な用事がある」

ハルヒ「用事……?」

有希「……」コクッ

有希「そのために、インフルエンザに感染するわけにはいかない」

ハルヒ「……」

有希「なので、どうか協力して欲しい」ギュッ

ハルヒ「!」

ハルヒ(腰に回してる手で……もっと抱き寄せられちゃった……)アセアセ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/14(水) 23:46:40.27 ID:J2vUkpXp0

長門「……」

ハルヒ「……」

長門「……」

ハルヒ「……」

長門「……」

ハルヒ(心の準備が出来たら言って欲しいなんて言われちゃったけど……)

長門「……」

ハルヒ(ど、どうしましょう……)

長門「……」ギュッ

ハルヒ(体はしっかりホールドされちゃってるし……)



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:綾波「これ、あげるわ」