キョン「何書いてるんだ長門、もしかしてラブレターだったりしてな」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「何でシンジの代わりがコイツなのよ!」

ツイート

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:00:01.55 ID:VFb1WieHP

長門「官能小説」

キョン「は?」

長門「官能小説」

長門「できた」

長門「読んで」

キョン「どれ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:01:52.65 ID:VFb1WieHP


「あっ!ダメぇ!太い!太すぎるよぉ!」

「気持ちいいいいい!イク!イッちゃうよぉぉぉ!!」プッシャアアアア


キョン「……」

長門「どう?」

キョン「どうかな…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:03:49.40 ID:VFb1WieHP

長門「ダメ?」

キョン「うーーんそうだな…これじゃちょっと…」

長門「……」シューン

キョン「これは官能小説ってよりエロSSだよな」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:07:13.59 ID:VFb1WieHP

長門「SS?」

キョン「ああ。まあつまり…登場人物に台本みたいにしゃべらせてるだけってこと」

長門「何が足りない?」

キョン「そうだな…小説なんて書いたことないから偉そうなことは言えんが」

キョン「やっぱりあれじゃないか。セリフよりも情景描写とか心情描写とかが大事なんじゃないか」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:13:41.21 ID:VFb1WieHP

長門「情景描写とは」

キョン「えーと…その、なんて言うのかな。その時起こっていることをナレーションっぽく書くことだ」

キョン「心情描写はその時の人物が思っていることを書くことで、二人称で書く場合と三人称で書く場合があるな」

長門「どんな風に?」

キョン「だからほら、例えばこのシーンだったらさ」

キョン「彼女は私の耳に熱く甘い息を撫でるように吐きかけたのである…みたいな」

キョン「って言わせんな恥ずかしい」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:17:56.35 ID:VFb1WieHP

長門「なるほど…」

キョン「やっぱりそういうのがないと内容が伝わってこないよな。エロさも」

長門「難しい」

キョン「長門はいつも小説読んでるだろ? あんな感じで書けばいいんだよ」

長門「覚えてない」

キョン「……」

長門「もう一度書いてみる」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:19:11.23 ID:VFb1WieHP

長門「……」

長門「……」プルプル

長門「……」ガリガリガリ

長門「…か…書けない…」

キョン「おいおい…あんま無理すんなよ…」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:30:26.60 ID:VFb1WieHP


長門「できた」

キョン「どれ」

彼は私の胸を触った。触った後、揉みしだいた。
彼は私の恥部に指を入れた。入れた指をかき混ぜた。そして男性器を入れた。
「あっ!ダメぇ!太い!太すぎるよぉ!」
私は叫んだ。彼はピストン運動を開始した。
何回もピストンした。気持ち良さそうな顔をした。
「気持ちいいいいい!イク!イッちゃうよぉぉぉ!!」プッシャアアアア
私は絶叫してイッた。彼女は私の耳に熱く甘い息を撫でるように吐きかけたのである。

キョン「……」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:32:09.14 ID:VFb1WieHP

長門「情景描写を入れた」

キョン「いや…っていうか俺が言った文章そのまま入ってるじゃねえか」

長門「あなたの意見を採用してあげた」

長門「どう?」

キョン「そ、そうだな…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:35:28.20 ID:VFb1WieHP

キョン「あのな…これはなんていうか…長門、こういのは情景描写って言わないと思うぞ」

キョン「これじゃまるで小学生の作文だ」

長門「!!」

長門「……」プルプルプル

長門「…どういうこと」

キョン「つまり…『た』を使いすぎっていうか…動作ばっかり表しても意味がないんだよ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:38:50.60 ID:VFb1WieHP

キョン「ほら、よくあるだろ?」

キョン「僕はA君と雪合戦をしました。僕はA君に雪玉を投げました」

キョン「A君も僕に雪玉を投げました。僕はまたA君に雪玉を投げました…みたいな」

キョン「あんな感じだな」

長門「……違う」

キョン「え?」

長門「なんでもない」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:41:02.94 ID:VFb1WieHP

キョン「あと…セリフも稚拙だな」

長門「!!」

長門「せ…セリフも…」

キョン「ああ。もっとさ、小説らしく高尚な感じにした方がいいと思うぞ」

キョン「なんか間抜けな感じがする」

長門「!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:43:41.86 ID:VFb1WieHP

長門「で、でも」

長門「そのセリフを変えてしまってはこの小説は『この小説』ではなくなってしまう」

キョン「そ、そうか?…うーん、そんなこと言うほどのものでもないと思うが」

長門「……今日家に帰ってもう一度書いてくる」

長門「明日もう一度あなたに見てほしい」

キョン「わかった。いいぜ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:45:44.63 ID:VFb1WieHP

─────

長門「…フーッ…フーッ…」

長門「はあっ、はあっ…」

長門「……」

長門「……!!」カキカキカキ

長門「……」ニヤッ


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:47:58.90 ID:VFb1WieHP

─────

 キーンコーンカーンコーン

長門「書いてきた」

長門「読んで」

キョン「おう。どれどれ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:52:09.39 ID:VFb1WieHP


彼は私の胸をゆっくりと、まったりと触った。触った後で、揉みしだいたのである。
そして、彼は私の恥部に指を入れる。入れた指を、まるで電動ミキサーかのようにかき混ぜた。そして男性器を入れる。
「あっ!ダメぇ!太い!太すぎるよぉ!」
私は叫びました。彼はピストン運動を開始します。
何回もピストンして、彼はとても満足そうな顔をしました。
「気持ちいいいいい!イク!イッちゃうよぉぉぉ!!」プッシャアアアア
私は絶叫して絶頂をむかえた。彼女は私の耳に熱く甘い息を撫でるように吐きかけたのである。

キョン「……」

長門「どう…?」ドキドキ

キョン「そうだな…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:53:20.47 ID:VFb1WieHP

キョン「はっきり言うと…」

長門「……」ゴクリ

キョン「あんまり変わってないな」

長門「!!」

キョン「ていうか悪化したかも…」

長門「!!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:55:55.04 ID:VFb1WieHP

長門「そ、そんなはずはない」

キョン「長門的にはどんなこと意識して書いたんだ?」

長門「『た』を減らした。あと、比喩を取り入れた」

キョン「あー…」

長門「そしてここ。絶叫して絶頂をむかえた。韻を踏んだ」

キョン「……」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 06:58:15.87 ID:VFb1WieHP

キョン「あのな…」

キョン「昨日は言い方悪かったな。『た』を減らすのが重要なんじゃなくて、動作を繰り返して書くのがダメなんだよ」

キョン「これあきらかに語尾おかしいだろ? 自分で何も感じなかったのか?」

長門「……」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 07:01:12.03 ID:VFb1WieHP

キョン「あと、いきなり丁寧語になるのもおかしいし、最後にいきなり男目線に変わるのも変だ」

キョン「あとこのプッシャアアアアアアってのいらない。効果音はつけたらダメなんだよ小説は。文章で書かなきゃ」

キョン「それと…この電動ミキサーって…くっ、死んじまうってそんな激しかったら…クックッ…」

長門「……」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/11(金) 07:04:40.40 ID:VFb1WieHP

キョン「あとな…」

長門「もういい」バチンッ

キョン「いでっ!な、何すんだ!」

長門「あなたは勘違いしている。私の文が悪いのではなく、あなたが私の高尚な文章を理解できないだけ」

長門「あなたはもっと難しい本を読んだ方がいい」

 バタン…

キョン「……」

キョン「なんなんだよ…」





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:L「月くん……はっきり言いましょう」月「……」ドキッ