ハルヒ「ねぇエヴァ先生」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「やめろ・・・俺はホモじゃねえっ・・・!」

ツイート

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 22:45:24.45 ID:zGK82J4oO



エヴァ「ん?なんだお前か。どうした久しぶりだな」

ハルヒ「まあなんとなくよ」

エヴァ「まともに会話するのは四年ぶりか?
お前がよく喧嘩売ってたころ」

ハルヒ「それはこの前謝ったじゃない
反省してるわよ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 22:47:57.57 ID:zGK82J4oO

エヴァ「しかしあの時の勢いは凄かったなw
先生ちょっとだけ焦ったぞw」


ハルヒ「あんなの若気の至りよ。あんまり思い出したくないわ」


エヴァ「ハハハ、まあもう終わったことだ。気にしたって仕方ない」


ハルヒ「そうね。ありがとう」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 22:51:50.76 ID:zGK82J4oO

ハルヒ「先生最近どうなの?ガンダム先生とかワンピース先生と仲良くしてる?」


エヴァ「どうだろうな。展覧会に出した作品(破)の評判が思ったよりよくてな、そのことで少々いざこざがあってそれ以来話してないな」


ハルヒ「先生同士くらい仲良くしなさいよ」


エヴァ「まあそうだか、彼らは私にとってのいいライバルだよ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 22:56:05.87 ID:zGK82J4oO

エヴァ「そっちは最近どうなんだ?」


ハルヒ「あたしも一応展覧会に出したわよ」


エヴァ「おお、それなら見たぞ。私はなかなか良かったと思うぞ」


ハルヒ「そうは言っても所詮閲覧数(興収)は先生の5分の1よ」


エヴァ「そういう作品は閲覧数(興収)じゃなくて、見た人をどれだけ多く感動させるかが大事だと思うぞ」


ハルヒ「そうかしら。まあ、ありがとう先生」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:00:07.13 ID:zGK82J4oO

エヴァ「そういえば、前仲良さそうにしてた奴はどうした?ほらあの同じ京アニ中学出身の」


ハルヒ「らき☆すたのこと?」


エヴァ「そうだ、その生徒。最近一緒にいないな」


ハルヒ「まあ一応後輩だし、年がら年中一緒にいるわけじゃないわ」


エヴァ「そりゃそうだ。そんなことより、今年の新入生に四年前のお前そっくりな奴がいてな、この前喧嘩売られちゃったよ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:03:08.58 ID:zGK82J4oO

ハルヒ「先生なんて毎年喧嘩売られてるじゃない」


エヴァ「そうなんだが、今年のやつは威勢がいいんだ」


ハルヒ「へぇそうなんだ。名前はなんて言うの?」


エヴァ「確かけいおん!!って名前だった気がするな」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:08:07.12 ID:zGK82J4oO

ハルヒ「・・・」


エヴァ「どうした?」


ハルヒ「そいつあたしの後輩なの」


エヴァ「あいつも京アニ中学出身なのか。昔からあんなのなのか?」


ハルヒ「小学生(原作)のころは全然目立たなかったんだけど、たまたま京アニ中学に合格しちゃって。ほらうちの中学この辺じゃトップクラスじゃん?だから調子に乗ったんじゃないかしら?」


エヴァ「まるで四年前のお前をみt(ry」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:12:52.28 ID:zGK82J4oO

ハルヒ「なんか言った?」


エヴァ「いやなんでもないぞ」



ガラガラ


ハルヒ「らきすたじゃない、どうしたの?」


らきすた「先生、後輩に喧嘩売られました。死にたいです」


エヴァ「まあ落ち着け。で、誰に売られたんだ?」



らきすた「けいおん!!です」


エヴァ・ハルヒ「(やっぱり)」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:27:22.53 ID:zGK82J4oO

ハルヒ「で、なんて言われたの?」



らきすた「"お前の時代は終わったんだよ、キャラとか色々被っててうぜぇわ"って。死にたいです」



エヴァ「相変わらず言葉遣い悪いな」



ハルヒ「そういえばあたしの下駄箱にもそんなこと書いた手紙が入ってたわ。やっぱりあいつが犯人だったのね」


エヴァ「どれ見せてみろ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:36:54.42 ID:zGK82J4oO

ハルヒ「はいどうぞ」



エヴァ「"お前の時代は終わったんだよ、所詮お前は俺のかませ犬だったんだよw"か・・・
手紙にw使っちゃうあたり、厨二病の恐れがあるな」



ハルヒ「まああたしは気にしないけど、この子は重症ね」


らきすた「終わコンはやだ終わコンはやだ終わコンはやだ・・・」


ハルヒ「大丈夫よ、あたしも巷で終わコンだって言うやつもいるし」


らきすた「先輩はまだいいじゃないですか・・・
この間の展覧会も好評だったし、小学生のころの貯金(原作)もあるし・・・」


ハルヒ「あ、あんたにだってまだ貯金があるじゃない」


らきすた「僕の貯金なんて、巷じゃ、カオスwwwwって罵られてるんですよ・・・もう無理ですよ」



エヴァ「(oh・・・)」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:44:20.67 ID:zGK82J4oO


らきすた「終わコンはやだ終わコンはやだ終わコンはやだ」


ハルヒ「(もう駄目だわ手に負えない)。
そういえば先生も喧嘩売られたって言ってたけど、なんて言われたの?」


エヴァ「ああ・・・、お前は古臭いとか、いつまでも調子に乗るなとか」


ハルヒ「それで?なんて言い返してるの?」


エヴァ「まあ冷静に反論はしてやってるんだが、如何せんイマイチ日本語が通じないやつでな」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/05(土) 23:52:20.73 ID:zGK82J4oO

ハルヒ「そうなの・・・ある意味一番手強いわね・・・」



エヴァ「そうなんだよ、廊下ですれ違うたびにこれだから正直疲れてきた。あいつは何振り構わず喧嘩売ってるのか?」



ハルヒ「どうでしょうね?後輩のことはあんまり興味ないわ。でもこれに関しては興味が沸いたわ。ちょっと待ってあいつを呼ぶわ」



エヴァ「おお誰?(また増えるのか・・・一応職員室だぞここ)」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 00:02:50.46 ID:YP4hOAktO

ハルヒ「ムントよ」


エヴァ「ムント・・・?誰だそれは?」


ハルヒ「うちの中学で唯一の・・・そうなんて言うか・・・」


らきすた「おちこぼれです」



ハルヒ「あらららららら」


エヴァ「・・で、なんでそのムント君なんだ?」


ハルヒ「まあ彼は影が薄いからそれを生かして情報屋をやっているのよ」

エヴァ「へぇそうなのか・・・(正直どうでもよくなってきた)」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 00:13:39.45 ID:YP4hOAktO


5分後



ムント「きました!おちこぼれのムントです!」


ハルヒ「(この子も色々辛いだろうに・・・)」



ハルヒ「で、いきなりなんだけど、けいおん!!について情報を教えて頂戴」



ムント「けいおん!!ですか!?あいつとは仲が良いから色々知ってますよ!」



ツンツン


ハルヒ「ん?何よらきすた」


らきすた「この前、ムントがけいおん!!に話しかけてて、"誰だお前?"って言われてましたよ」


ハルヒ「それを本人に言っちゃ駄目よ、気付かない方がきっと幸せだわ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 00:35:11.43 ID:YP4hOAktO

ハルヒ「さあけいおん!!について聞かせて!」

ムント「まかして下さい!えっとですねけいおんは・・」


30分後


ハルヒ「なるほどね!ありがとう!」


ムント「あれ?終わりですか?」


ハルヒ「終わりよ」

ムント「私との会話の描写とかなし?」


ハルヒ「そうみたいね。>>1が飯を作ってるから暇がないんじゃないかしら?」


ムント「じゃ私の出番は終わり?」


ハルヒ「終わりよ」


ムント「あばばばばばば」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 00:48:58.18 ID:YP4hOAktO

ああオムライスうめぇ・・・


ハルヒ「ってことでエヴァ先生!色々聞けたわよ」


エヴァ「ああそっか・・・よかったな(腹減ったな)」



ハルヒ「それじゃあ被害者のみんなを呼ぶわ!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:02:48.39 ID:YP4hOAktO

なんか独りで書いてるみたいで虚しいな



エヴァ「えっーと、見たことある奴もいるが、一応自己紹介して」


?「化物語と申します」

?「とらドラです」


?「AngelBeats!」



エヴァ「なんか最後のやつハルヒに似てないか?」


らきすた「本人も気にしてるから触れないで下さい」


ハルヒ「ちょっと待って」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:10:42.61 ID:YP4hOAktO

まあいい最後まで書く




エヴァ「どうした?」


ハルヒ「余計なものが混じってるわ」


化「誰でしょうか?」

とらドラ「あたしじゃないわよ!だって知らないやつに呼び出されたわよ」

AB「同じく」


EE「じゃあ誰が余計って言うんだよ!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:20:49.11 ID:YP4hOAktO

ハルヒ「あんたよ!」



彼女が指差す先には確かに俺がいた
俺なのか


EE「お、俺?」

念のために聞いてみる
信じたくなかったんだ
あんたの一部って言ってもいい俺を"余計な"物扱いしていることを


ハルヒ「そうよ!あんたよ!」


やはり俺らしい

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:27:28.15 ID:YP4hOAktO

ハルヒ「あんたのせいでねぇ・・・あんたのせいで」


エヴァ「おい何泣いてるんだよ」


チョンチョン


らきすた「噂の黒歴史です」


エヴァ「oh・・・」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:36:13.13 ID:YP4hOAktO

EE「フッ・・・」



ぽんっ
俺は彼女の肩に手を起きこう囁く


EE「確かに俺は少し調子に乗ったかも知れない。それのせいでお前のファンが減ったかもしれない、だがな!」


優しく、絡まった結び目をゆっくりほどくように

EE「俺はお前の展覧会のために嫌われ役を買ったんだ!お前が、時間(尺)が足りないなあって言うから!」


伝わらないかも知れない
わかってくれないかもしれない
でも、伝えなきゃ

EE「中には俺がいて良かったって言ってくれた人もいる、15000人ものファンがいる。黒歴史なんて呼ばれて構わない。俺はお前の役に立ちたかったんだ」


言いたいことは言った
きっと伝わる

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:46:26.53 ID:YP4hOAktO

ハルヒ「うるさいわね!あんたのせいで・・・」


伝わらなかったのか?
いや、きっと伝わったはずだ・・・


ハルヒ「もういい、わかったわよ」


EE「そうか」


俺は優しく彼女を見つめる

ハルヒ「でも一つだけ言わせて」


EE「言っちまえ!」


絡まった糸がゆっくりほどけていくのがわかる
もう俺は黒歴史なんかじゃない


ハルヒ「あんたのせいで閲覧数(興収)10億いかなかったのよ!」


EE「」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:50:58.03 ID:YP4hOAktO

EE「フッ・・・」



敗者は何も言わず去るべしか

EE「じゃあなみんな、また会いたいものだ」


ハルヒ「(もう会いたくない)」



化・とら・AB「(なんだったんだあいつ)」


エヴァ「さっきから厨二くさい放送が流れてたんだがなんだったんだ?」

らきすた「しりません」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 01:59:45.75 ID:YP4hOAktO

らきすた「じゃあ先輩が再起不能なので僕が司会をつとめます」

エヴァ「(正直もうどーでもいいー)」

らきすた「じゃあ皆さんが受けた被害を教えて下さい。まずは化物語くんから」

化「はい。彼は私がこの学校にトップで入ったことが気に入らなかったらしく入学当初からよくからかわれていました」

らきすた「それでそれで」

化「"次のテスト(売り上げ)で絶対買ってんやんよw"と言われてテストで勝負したのです。結果は私の圧勝で、もうからかわれることはないと思ったのですが・・・」

らきすた「ですが?」

化「カンニングだ!(自社買い)とか色々と俺の体調が悪くて状況がフェア(フィルム)じゃなかったとかいちゃもんつけられて・・・」

らきすた「つけられて?」

化「以前にもまして絡まれるようになりました」
らきすた「へぇー!」

エヴァ「(あいつ司会下手だな)」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 02:12:20.34 ID:YP4hOAktO

らきすた「それは酷いですね!」


化「はい」


化「それで、色々と頑張って身の潔白を証明したんです。でも"人間は学力(売り上げ)じゃねーしw中身(内容)だしw"と言ってちょっかいを辞めないんです」


らきすた「それはそれは、あなたはやり返さなかったんですか?」


化「彼がいない時に彼の弁当を食べました(けいおん厨嫉妬乙wwwと言いました)」


らきすた「やり返したらだめですよ!まずあなたが大人にならないと!」

化「だって、必死にちょっかい出してくる彼が可愛くて・・・」


らきすた「最後なんていいました?」


化「な、なんでもないです!」


エヴァ「(恋のはじまりか・・・)」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 02:26:46.17 ID:YP4hOAktO

らきすた「わっかりました!じゃあ次はとらドラくん」

とらドラ「はいあたしは、あたしの大ファンの大河ちゃんって言う子があるトーナメントで彼の大ファンの平沢唯ちゃんに勝ってしまって以来絡まれるようになりました」

らきすた「どんな風に絡まれるのかな?」

とらドラ「どんな工作を使ったんだ?wとかあんなDQNに負けるはずねぇwwとか言われました」

らきすた「それで貴方は?」


とらドラ「池沼よりマシだと言ってやりました。あと、うっせー人間の屑(内容が皆無)とも言ってやりました」

らきすた「それはさすがに言い過ぎかと」

とらドラ「本当のことを言っただけです」

らきすた「(あらこの子やるじゃない)」

エヴァ「ヤマト教頭!書類できましたあ」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 02:32:00.95 ID:YP4hOAktO

その頃EEは


どんっ


EE「ヒュウ、気をつけてくれたまえ」


消失「あ?お前どっかで見たことあるような・・・」


EE「!?おっと失礼私は先を急ぐので」







フッ・・・
住みにくい世の中になったもんだ

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 02:36:30.47 ID:YP4hOAktO

らきすた「先生!生徒の悩みは真面目に聞いて下さい」


エヴァ「すまない」


らきすた「じゃ最後はABさん」


AB「はい。僕はなんとなくこの学校に入った気がしました」


らきすた「(なんだろうこの違和感)」


AB「それで彼に目を付けられたと感じた気がしました」


らきすた「それで?」


AB「それだけです」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 02:43:06.87 ID:YP4hOAktO

らきすた「へ?」


AB「悪口が聞こえた気がした、目線を感じた気がしただけです」


らきすた「直接的な被害」


AB「特にございませんがそれが?」


らきすた「いざここらでちょっと、病院にいっとこう」


AB「ちょそれ俺もちネタwwwwwwww」


らきすた「ブホッwwwwwww」


エヴァ「(もうこいつらやだ)」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 02:51:46.33 ID:YP4hOAktO

エヴァ「なあもう本人呼べばいいんじゃないのか?」

ハルヒ「そうよ最初からそうしなさいよ」

らきすた「(何時の間に)」

ハルヒ「誰か呼んで来なさい。そうねじゃああんた、呼んで来なさい」

AB「えっ?自分すかwww無理っすよ。君が行ってよ」

とらドラ「やだよ、だっつあいつ怖えーもん、ちょマジ無理だから本当」
化「じゃああたしg///」
ハルヒ「いいから全員で呼んで来なさい!」

とらドラ「ちょマジあたし無理だって、マジで」
AB「www・・・
(ここは・・・上島手法でww)」

AB「じゃあ俺が行くよ」
ハルヒ「あっそうじゃあお願いね」

AB「オホホホwww」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 02:59:03.06 ID:YP4hOAktO

AB「けいおんさーん」


けいおん「あ?」


AB「みんながお呼びです」


けいおん「みんなって誰だよ?」


AB「来ればわかる(キリッ
いいから付いて来い(キリッ」


けいおん「つーかお前誰?」


AB「うはwwwww」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 03:06:23.87 ID:YP4hOAktO

ガラガラ

AB「連れてきましたあ」

エヴァ「お疲れ様」


らきすた「乙♪」


けいおん「なんなんですか?マジで」


エヴァ「まあ落ち着け。じゃ今から話し合いを始めるぞ」


ハルヒ「ちょっと待って」


エヴァ「?」
らきすた「?」
化「?」
とらドラ「?」
AB「?」
けいおん「?」


EE「?」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 03:16:45.59 ID:YP4hOAktO

ハルヒ「あんたは出て行きなさい」


EE「だがな」


ハルヒ「いいから」



フッ・・・
まあいいぜ
嫌われ者は嫌われ者として生きていくしかないんだな



エヴァ「おい誰か放送とめろ」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 03:22:09.22 ID:YP4hOAktO

けいおん「誰だよあいつ?」

AB「よく知らない」


ハルヒ「もういいわ、いいから忘れて。じゃエヴァ先生お願い」



エヴァ「なあけいおん、お前何振り構わず喧嘩売ってるらしいじゃないか、なんでそんなに喧嘩を売っちゃうんだ?」


けいおん「俺の勝手だろ?俺自身が俺が一番だと思ってるから。何が悪い?」


エヴァ「自分に自信を持つことはいいことだ。だかな過信するのはよくない。時には負けを認め、相手の力を認めることも必要だ」


けいおん「・・・」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 03:29:00.11 ID:YP4hOAktO

エヴァ「化物語さんに学力(売り上げ)で負けたのなら、まずは何故負けたのか考えて見ろ。そして相手の良かった点を吸収するんだよ。仮にそれがお前にとっての卑怯でもな」


けいおん「・・・」


エヴァ「世の中、賢いもの、柔軟なものが勝つんだ」


けいおん「・・・」


エヴァ「自分の中身(内容)が一番と考えるならそれでいい。だがなそれは自ら他人に誇るものじゃない、中身(内容)は他人に評価されてこその価値だろ?」


けいおん「・・・俺は自分自身の中身(内容)が優秀なんて思ってない」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 03:41:18.29 ID:YP4hOAktO

けいおん「ただみんなに知って欲しかったんだ。俺の存在を・・・
俺は屑だ・・・なんの取り柄もない屑野郎だ・・・」

化「そんなことない!だってあなたには誰にも負けない可愛さ(萌え要素)があるじゃない!」


エヴァ「そうだ、お前のそれは私やハルヒすら凌駕する」


けいおん「・・・ありがとう、でも今更俺なんか」

ハルヒ「あんたは昔のあたしそっくりだわ。突っ走り過ぎて周りが見えなくなってる、もっと冷静になって周りを見てみなさいよ」


らきすた「そうだよ、本当はみんな君と仲良くしたいんだよ!」


けいおん「・・・ありがとう、俺みたいなやつ相手に・・・ありがとう」


AB「けいおん・・・お前消えるのか?」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 03:44:35.48 ID:YP4hOAktO

らきすた「(ブホッwwwwちょAB空気嫁wwwww)」

AB「(サーセンwwwwww)」


ハルヒ「何震えてんのあんたたち」


らきすた「なんでもございませんw」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 03:54:09.40 ID:YP4hOAktO

エヴァ「よしお前らこれでわかっただろ?人間(アニメ)には違いはあれど優劣はないんだ」

>>1「そうだ。俺はエヴァもハルヒもけいおんもらきすたも化物語もとらドラもABもEEも全部好きだ。俺が嫌いなのは自分の好きなアニメを使って優劣を付けたがるやつだ。
色々なアニメから色々な楽しさ、良さを見つけ出す、
これがアニメの醍醐味だろ!
ジャンルとか微妙な違いはあれど、それらは全部"アニメ"と言うジャンルに括られている。みんな!たった一つのアニメを愛すのではなく"アニメ"を愛そう。そうすれば醜い対立はなくなるはずだ!」

エヴァ「(結局これが言いたいからスレまで立ててSS書いたのか)」

エヴァ「おい誰かこの不愉快な放送切れ」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 03:56:42.31 ID:YP4hOAktO

エヴァ「よしお前らもう解散!これからは仲良くしていけよ」


一同「はーい」


エヴァ「(やっと終わった。俺が一番だっての)」


ジブリ「あんらエヴァ先生〜」


エヴァ「ジ、ジブリ校長!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 04:00:25.44 ID:YP4hOAktO

ジブリ「だめじゃない仕事サボっちゃ・・・ハアハア」

エヴァ「いや、校長、あれは生徒達の悩みを聞いていただけで」


ジブリ「ハアハア
お仕置きが必要ねぇハアハア」


エヴァ「ちょ待って待って、きょ、教頭!」


ヤマト「宿命か・・・」

ジブリ「じゃあこっちに来て・・・ハアハア」


エヴァ「アッーー!」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 04:05:36.77 ID:YP4hOAktO

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



?「はっ、夢か・・・」

なんと言う夢を見てしまったんだろう
最近この関係のことばかり考えているからか?

よし今日も仕事頑張ろう

そして今日も石原慎太郎は"非実在青少年規制法"可決に向けて動き出すのであった



規制反対
規制、ダメ、ゼッタイ


〜fin〜

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/06/06(日) 04:07:42.38 ID:YP4hOAktO

終わりです

初SSでしかも携帯厨です
すみません


何が言いたかったかと言うと
規制反対と言うことです





あと一番好きなアニメはハルヒです
はいそれだけ言いたかったです



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「リモコン取ってよ」シンジ「ダメ、これ見てるから」