東方不敗「えらい美人がそこに居おったわ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「宇宙人他がいたら私の所に来てくださいぃ…はぅぅ…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 00:15:25.43 ID:dynao33g0

東方不敗「小娘、その髪型は宇宙人対策のつもりか?」

ハルヒ「……何、気付いてたの?」

東方不敗「この東方不敗、マスターアジアを侮るでないわ!」

ハルヒ「……そう。なら、もうこれはやめるわ」

東方不敗「何?」

ハルヒ「だって、特に効果は無さそうだもの」

東方不敗「そうか。だが、その見切りの良さは褒めてやろう」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 00:18:21.11 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

谷口「おいマスター」

東方不敗「何だ小僧」

谷口「悪いことは言わん。アイツはやめとけ」

東方不敗「ほう? アイツとは、誰のことかな?」

谷口「とぼけるな。涼宮ハルヒだよ」

東方不敗「ふむ……貴様、何か知っておるな」

谷口「まあな」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 00:22:00.47 ID:dynao33g0

谷口「アイツは色々とヤバい」

谷口「付き合った男を5分で振ったり、
    校庭にドデカイ訳のわからん模様を書いたり」

東方不敗「ほう、中々面白い奴ではないか」

谷口「面白くないっての!」

国木田「あはは! マスターは、昔から変わった女子が好きだよね」

東方不敗「ええい国木田よ! 誤解を招く言い方をするでないわ!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 00:26:20.06 ID:dynao33g0

谷口「……とにかく、アイツには関わらない方が身のためだ」

東方不敗「谷口、お主……さては、あの小娘に振られたな?」

谷口「ば、馬鹿違うっての! 聞いた話だ!」

東方不敗「くくく、そういう事にしておこう」

谷口「とにかく、わかったな?」

東方不敗「ふん! わざわざ言われんでも、
       この東方不敗、虎児の居ない虎穴に入るという愚行はせぬわ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 00:30:21.68 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

谷口「俺のおすすめはアイツだな。
    朝倉涼子、評価はAAランクプラスだ」

東方不敗「……ほう。あ奴め、中々やりおるわ」

谷口「だろう!?」

東方不敗「あの隙の無い身のこなし、捨て置くには惜しい。
       修行を積めば良いファイターになるのも夢ではない」

谷口「何言ってんだ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 00:35:22.61 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

ハルヒ「……」

東方不敗「涼宮よ、何を不機嫌そうにしておる」

ハルヒ「この学校のクラブに不満があるのよ」

東方不敗「噂では、全ての部に入り即座に辞めたと聞いているぞ」

ハルヒ「まあね。でも、どれも全部パッとしなかったわ。
     あたしが満足する部なんか一つも無かった」

東方不敗「それはワシとて同じことよ。
       武を極めるために役立つ部など、一つもありはせなんだわ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 00:41:20.13 ID:dynao33g0

ハルヒ「……高校生になったら、何かが変わると思ってた」

東方不敗「――このたわけが!」

ハルヒ「っ!? な、何よ、いきなり……!?」

東方不敗「自らが変わる努力もせず、他にそれを求めるとは愚の骨頂!
       修行もせずに何かがかわるなど、片腹痛いわ!」

ハルヒ「……じゃあどうすれば良いってのよ」

東方不敗「答えは単純にして明快ぞ。
       だが、それに自分で気付けなければ意味が無い」

ハルヒ「……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 00:44:34.23 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

ハルヒ「……」

東方不敗「この問題……中々やりおるわ……!」

ハルヒ「――そうよ!」

ガタンッ!

東方不敗「ぬうっ!?」

ハルヒ「ちょっと来なさい!」

グイッ!

東方不敗「なんだ、涼宮のこの気迫は……!?
       こ奴に一体、何が起こっているというのだ……!?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 00:48:01.28 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

ハルヒ「どうして気付かなかったのかしら……!」

東方不敗「――ええい、つけあがるでないわ!」

バッ!

東方不敗「……涼宮よ、このワシを教室から連れ出した理由。
       まさか、言わぬつもりではあるまいな?」

ハルヒ「勿論言うわよ。そのために連れ出したんだから」

東方不敗「……ならば、とくと聞かせて貰おうか」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 00:53:46.78 ID:dynao33g0

ハルヒ「アンタに言われてわかったの。
     ――無いなら、作れば良いって事に」

東方不敗「さて……何のことやら」

ハルヒ「とぼけるんじゃなわよ! 部活よ、部活!」

東方不敗「……ようやく気付いたか、このたわけが」

ハルヒ「無いなら、自分達で作っちゃえば良いのよね。
     ホント、どうして今までそうしなかったのかしら!」

東方不敗「待て。まさか、その"自分達"とやらには、
       ワシも含まれているのではあるまいな?」

ハルヒ「そんなの当たり前でしょ!」

東方不敗「ぬうぅ……っ!?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 00:58:51.13 ID:dynao33g0

ハルヒ「アンタも協力しなさい!」

東方不敗「こ奴のパワーの源は何だ……!?」

ハルヒ「「でないと死刑なんだから!」

東方不敗「……仕方あるまい。
       今は勝利の美酒に酔いしれるが良い」

ハルヒ「早速行動開始よ!」

東方不敗「待てぃ涼宮! 今は授業中、つまり雌伏の時!
       機を誤れば、望みを叶えるなど夢のまた夢ぞ!」

ハルヒ「……それもそうね。それじゃ、放課後から行動開始よ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 01:03:22.35 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

ハルヒ「ジャーン!」

東方不敗「急に連れてこられたと思えば、何が目的だ」

ハルヒ「見てわからない? 部室よ、部室!」

東方不敗「……だが、ワシの目には先客が写っておるが」

ハルヒ「紹介するわ。快くこの部室を提供してくれた――」

長門「長門有希」

東方不敗「……ほう、中々良い目をしておる」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 01:09:50.74 ID:dynao33g0

ハルヒ「元々は文芸部の部室だったんだけど、
     唯一の部員だったこの子が部室を提供してくれたってわけ」

東方不敗「待てぃ!」

ハルヒ「なっ、何よ……?」

東方不敗「各コロニー間の覇権は、
       四年に一度のガンダムファイトによって得られるもの」

東方不敗「それを無視すれば、また果ての無い争いが起こり、
       地球の自然が奪われていくのは自明の理!」

東方不敗「そんな真似、この東方不敗マスターアジアの目が黒い内は、
       断じて許しはせぬわぁ!」

ハルヒ「……別に、学校の部室だから良いじゃない」

東方不敗「ふむ……確かにお主の言う通りかもしれんな」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 01:17:22.43 ID:dynao33g0

ハルヒ「――とにかく! 今日からここが我がSOS団の活動拠点になるわ」

東方不敗「SOS団?……ほう、
       世界に王者の風を巻き起こすスーパーアジアの団、か」

ハルヒ「世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団。
     略して、SOS団よ」

東方不敗「……ふん、まあ良かろう」

ハルヒ「団員も三人に増えたことだし、野望に一歩近づいたわね」

東方不敗「三人という事は、やはりワシはおろか……
       この娘も含まれておるという事か」

長門「……」

ハルヒ「当たり前でしょ?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 01:22:50.55 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗「……」

長門「……」

東方不敗「――長門よ、お主の読んでいる本は何だ?」

長門「……」

『がんばれ! ドモンくん ガンダムパーティ』

東方不敗「ほう! 中々良い判断をしておるではないか!」

長門「ユニーク」

東方不敗「ワッハハハ! 中々見所のある娘よ!」

長門「……」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 01:27:37.89 ID:dynao33g0

東方不敗「……」

長門「……」

東方不敗(ぬぅ……しかし、会話が続かん)

東方不敗(修行をするにしても、この部屋では狭すぎるわ)

バタンッ!

ハルヒ「――待たせたわね!」

東方不敗「……遅かったではないか。
       むっ? 誰だ、そこの娘は」

みくる「ふえぇ、私、どうしてここに連れてこられたんですか〜!?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 01:33:22.85 ID:dynao33g0

ハルヒ「部員も部室も手に入ったんだから、
     次に必要なのはマスコットキャラだと思ったの」

東方不敗「では……そこの娘が?」

みくる「あ、あの〜……」

ハルヒ「この子は朝比奈みくるちゃん、二年生よ」

東方不敗「二年生ということは、上級生であろうが!」

ハルヒ「そんな事は置いときなさい。
     ねえ、この子ってすっごく可愛いと思わない?」

みくる「え、えっと……」

東方不敗「確かに、器量は良いだろう。
       だが、ファイターにはその資質は必要無い」

みくる「え、えっと……?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 01:39:09.94 ID:dynao33g0

ハルヒ「とにかく、この子がSOS団のマスコットキャラに決定ね」

東方不敗「ワシはそれで構わんが、朝比奈さんにも事情があろう。
       本当によろしいのですかな?」

みくる「でも、私はもう書道部に……」

東方不敗「ほう! 書を嗜むとは!
       書の精神は、武にも通ずるものがあると言いますからな」

みくる「だから、遠慮したいんですけど……」

ハルヒ「はぁ!? 何言ってるのよ、みくるちゃん!」

みくる「ひょえぇ!?」

東方不敗「貴様こそ抜かすでないわ、涼宮!」

ハルヒ「っ!?」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 01:43:33.72 ID:dynao33g0

東方不敗「己のことばかり考える人間ばかりのおかげで、
       この星がどんな目にあっているのかしその目で確かめてみよ!」

東方不敗「海が、山が、緑が……地球が泣いておるわ!」

ハルヒ「そんなの、あたしのせいじゃないわよ!」

東方不敗「この馬鹿者めが! 誰かのせいではなく、
       これは人類全体の罪に他ならん!」

みくる「あ、あの……私のせいで喧嘩はやめて――」

長門「……」

みくる「! 貴方がここに居るという事は……」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 01:47:36.40 ID:dynao33g0

みくる「……そういう事なんですね」

東方不敗「? 何を言って……」

みくる「私、入部します」

東方不敗「何と!?」

ハルヒ「良く言ったわ、みくるちゃん!」

みくる「書道部と兼部、という事でも良いですか?」

東方不敗「ワシは勿論構いませんが……
       本当にそれでよろしいのですかな?」

みくる「はい。……そういう訳で、よろしくお願いします」

みくる「……ところで、これは何をする部活なんですか?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 01:53:48.33 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗「……さて、今日もあ奴の戯れに付き合うとするか」

ガチャッ!

みくる「えっ……?」

東方不敗「おっと、着替え中でしたか。
       これは失礼」

みくる「あっ、はい……」

バタンッ!

東方不敗「……特に鍛えている様子も無い。
       ファイターではない、普通の人生を選ぶのが良かろう」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 01:57:39.74 ID:dynao33g0

東方不敗「……」

東方不敗「……――さて」

コンコン

東方不敗「そろそろ入ってもよろしいですかな?」

『あっ、はい。どうぞ〜』

ガチャッ

東方不敗「! その姿は……ファイティングスーツ!?
       まさかとは思いますが、朝比奈さんはガンダムファイターとでも……!?」

ハルヒ「バニーガールよ。見ればわかるでしょ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 02:02:53.60 ID:dynao33g0

東方不敗「バニーガール、か。
       涼宮よ、一体何をたくらんでおる」

ハルヒ「校門で勧誘するのよ。みくるちゃんが居れば、
     とりあえず人は寄って来るでしょ」

みくる「勧誘って、この格好でですかぁ!?」

ハルヒ「決まってるじゃない」

みくる「でも、それはちょっと恥ずかしいです……」

ハルヒ「あたしは別に恥ずかしくないわよ。
     減るもんじゃないし、みくるちゃんは胸も大きいから良いじゃない」

みくる「で、でも……!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 02:07:46.42 ID:dynao33g0

ハルヒ「ねえマスター、アンタも似合ってると思うでしょ?」

東方不敗「ふむ……」

みくる「そ、そんなに見ないでください……」

東方不敗「確かに、似合ってはいるな。
       そして、それはお主にも言えるだろう」

ハルヒ「当然でしょ」

みくる「ま、マスター君〜!」

東方不敗「だが、校門前で勧誘をすれば教師が黙っていまい?」

ハルヒ「そんなのどうとでもなるわよ。さっ、行きましょみくるちゃん!」

みくる「ひょえぇ〜!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 02:12:33.80 ID:dynao33g0

東方不敗「……何の策も無しに突っ込むとは、愚かな事よ」

長門「……」

東方不敗「長門、お主もああいった格好に興味があるのか?」

長門「無い」

東方不敗「そうか。……まあ、朝比奈さんを餌に団員をおびき寄せたなら、
       使えぬ輩はワシが一網打尽にしてくれよう」

東方不敗「――名付けて、ハメルンの笛吹き!」

『別にバニーガールだって良いじゃない!』

東方不敗「……どうやら、あ奴の作戦は失敗に終わったようだな」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 02:19:17.87 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

ハルヒ「ねえ、知ってるマスター?」

東方不敗「次にお前が言う言葉なぞ、簡単に想像がつくわ」

ハルヒ「それなら話が早いわね。
     ねえ、こんな時期に転校生だなんて変だと思わない?」

東方不敗「ファイターならば、次の対戦相手を求めて移動する。
       別段おかしな事など無い」

ハルヒ「いいえ、絶対に変よ! これは、きっと何かあるわね」

東方不敗「……つくづく人の話を聞かん奴よ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 02:23:23.10 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

みくる「マスター君、お茶が入りましたよ」

東方不敗「ほほう、これはかたじけない」

みくる「長門さんの分も」

長門「……」

東方不敗「長門。礼を言うのが筋というものぞ」

長門「……感謝する」

みくる「はい、どういたしまして」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 02:29:21.90 ID:dynao33g0

東方不敗「それにしても……奴め、どこで油を売っているのやら」

みくる「……やっぱり、マスター君ってお茶が凄く似合いますね」

東方不敗「おっと、年寄り扱いは遠慮願いたい。
       まだまだヒヨッコ共には引けをとりませんぞ」

みくる「うふふ、冗談です」

東方不敗「おや、これは一本取られましたな!
       ワッハハハハ!」

長門「……」

ガチャッ!

ハルヒ「――待たせたわね!」

東方不敗「やれやれ、騒々しい奴よ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 02:34:46.60 ID:dynao33g0

ハルヒ「新しい団員を紹介するわ」

古泉「どうも、古泉一樹です」

ハルヒ「噂の、謎のイケメン転校生。
     古泉君も、SOS団の一員になったわ」

古泉「僕には、特に謎な部分は無いと思いますがね」

東方不敗「ワシの名は、東方不敗マスターアジア。
       よろしく頼むぞ、古泉よ」

古泉「ご期待に添えるかわかりませんが、頑張らせていただきます」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 02:41:36.80 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗「……やれやれ。それにしても、
       何故長門はワシに本を貸そうとするのか」

東方不敗「好意のつもりかもしれんが、ワシは
       『がんばれ! ドモンくん ガンダムパーティ』は持っているというに」

コンコン

東方不敗「むっ?」

『マスター、入るね〜』

東方不敗「良かろう、妹よ」

ガチャッ

妹「えへへー、お邪魔しま〜す」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 02:46:38.82 ID:dynao33g0

東方不敗「用は何だ? また宿題を見て貰いたいのか?」

妹「それもあるけど……」

東方不敗「……ほう、ようやくワシの修行を受ける気になったか!
       良いだろう! 流派東方不敗の真髄を叩き込んでくれようぞ!」

妹「ううん、そうじゃなくて、電話だよ〜」

東方不敗「ワシに電話だと? 何奴だ」

妹「わかんないけど、女の子だった〜。
   ……もしかして、マスター彼女出来たの?」

東方不敗「馬鹿を言うでない」

妹「な〜んだ」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 02:51:30.66 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗「――さて、まずは名を名乗って貰おうか」

長門『長門有希』

東方不敗「長門? お主が、こんな時間にワシに何の用がある?」

長門『今から言う場所に来て欲しい』

東方不敗「それは構わんが……電話では話せない事か」

長門『そう』

東方不敗「……良いだろう。すぐに着く」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 02:56:05.46 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

長門「……」

ヒュバッ!

東方不敗「――待たせたな」

長門「電話をしてから215秒しか経っていない。
    貴方の自宅からの距離を考えれば、待った内には入らない」

東方不敗「この程度の距離、走った内には入らん」

長門「そう」

長門「……ついてきて」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 03:01:40.89 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗(何故、ワシが長門の家に招かれたのか)

東方不敗(……それにしても、豪奢な家だが寂しい家よ)

長門「本当は、本に伝言を挟んでおくつもりだった。
    しかし、貴方に本を受け取ってもらえなかった」

東方不敗「ふむ……あれは、本自体にではなく、
       別の目的があったということか」

長門「そう」

東方不敗「それで、その目的とは?」

長門「貴方に、話しておきたいことがあった。
    ……落ち着いて聞いて欲しい」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 03:07:41.91 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗「……――つまり、お主は人間ではない、と?」

長門「そう。対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース。
    一般的な言葉でいう所の、宇宙人に該当する」

東方不敗「ワシにその話を信じろと?」

長門「信じてもらえなくても良い、ただ、知って欲しかった」

東方不敗「……悪いが、そんな荒唐無稽な事を急に告げられても、
       ワシとてどうすれば良いかわからんと言うものよ」

長門「貴方の言う事も理解出来る」

東方不敗「すまんが、今日は帰らせてもらう」

長門「わかった」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 03:11:51.37 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

ハルヒ「――マスターの奴、不思議探索に遅れるなんて良い度胸じゃない!」

古泉「まあまあ、何かあったのかもしれませんよ」

みくる「そうですね……心配です」

長門「……」

ハルヒ「どうせ寝坊したとかに決まってるわ!」

……パカラッ…パカラッ…!

ハルヒ「ん? 何よ、この音は――」

風雲再起「ヒヒィ〜ン!」

一同「!?」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 03:17:27.94 ID:dynao33g0

東方不敗「――すまんな、少々遅れた」

ハルヒ「ちょっと、驚かさないでよね!」

東方不敗「ワッハハハ! この程度で驚いていては、
       SOS団の団長の名が廃るぞ!」

ハルヒ「で? なんで遅れたわけ?」

東方不敗「久々に風雲再起が走りたがっていたものでな。
       こ奴の思うままに走らせていたらこの様よ」

風雲再起「ヒヒィ〜ン……」

ハルヒ「……それなら仕方ないわね。
     でも、罰として喫茶店はアンタのオゴリよ!」

東方不敗「やれやれ、仕方あるまい」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 03:21:57.18 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

ハルヒ「――今日の不思議探索は、二手に分かれて行動しましょ」

古泉「確かに、その方が効率が良いですね」

みくる「でも、どうやって分けるんですか?」

ハルヒ「これ! クジで決めるわ!」

東方不敗「天に任せるか。それもまた一興」

長門「……」

ハルヒ「それじゃ、順番に引いていきましょ」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 03:26:47.62 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

ハルヒ「……むぅ」

古泉「それでは、こちらが涼宮さんに長門さんに僕。
    そちらが――」

東方不敗「――ワシに、朝比奈さんという訳か」

みくる「よろしくお願いしますね、マスター君」

東方不敗「こちらこそ」

ハルヒ「二人っきりだからってみくるちゃんに変な事したらダメよ!
     これはデートじゃないんだからね!」

東方不敗「見損なうでない。この東方不敗、
       そのような考えは微塵もありはせなんだわ」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 03:31:35.63 ID:dynao33g0

ハルヒ「それじゃ、後でまたここに集合ね」

東方不敗「わかっておる。
       朝比奈さん、準備はよろしいか?」

みくる「はっ、はいっ」

ぎゅっ!

ハルヒ「ちょっとマスター! そんなにみくるちゃんとくっつかない!」

東方不敗「こうしなければ、朝比奈さんが振り落とされる。
       こ奴は、少々荒っぽいのでな」

東方不敗「――行けぃ、風雲再起よ!」

風雲再起「ヒヒィ〜ン!」

みくる「ひょ、ひょえぇ〜っ!?」

パカラッ! パカラッ! パカラッ! パカラッ!

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 20:05:53.00 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

みくる「……マスター君、ちょっと良いですか?」

東方不敗「む? 止まれぃ、風雲再起よ」

風雲再起「ヒヒィ〜ン!」

パカラッ…

みくる「……」

東方不敗「そのただならぬ様子……何事ですかな」

みくる「実は――」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 20:09:43.92 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

みくる「――という訳なんです」

東方不敗「ふむ……朝比奈さんは未来から来た人間で、
       涼宮めを観察するためにこの時代に来た、と」

みくる「はい」

東方不敗「……申し訳ありませんが、
       はいそうですかと納得するにはあまりにも荒唐無稽」

みくる「それはわかっています。
     でも、マスター君には知っておいて貰いたかったから」

東方不敗「……」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 20:12:50.01 ID:dynao33g0

東方不敗「……そうですな。
       では、貴方が未来の人間だとして質問が一つ」

みくる「わたしに答えられる事でしたら、何でも」

東方不敗「未来では……そう遠くない先の話でも良いのです」

東方不敗「この地球の緑は再生しているでしょうか。
       自然の破壊が進んではいないでしょうか」

みくる「……すみません。禁則事項です」

東方不敗「……」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 20:18:17.92 ID:dynao33g0

みくる「――でも、これだけは言えます」

東方不敗「……?」

みくる「私が来た未来は、良いところですよ」

東方不敗「! それは……!」

みくる「ごめんなさい。これ以上は……」

東方不敗「おっと、これ以上は言わなくても結構です」

東方不敗「……そうですか、未来は良いところですか。
       この時代と比べて、どちらが良いですかな?」

みくる「――禁則事項です♪」

東方不敗「ワッハハハ! それなら仕方がありませんな!」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 20:23:28.42 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

ハルヒ「――遅いっ!」

東方不敗「ははは、すまんすまん。
       風雲再起だけでなく、ワシも風を切りたくなったのでな」

風雲再起「ヒヒィ〜ン!」

みくる「風雲再起ちゃん、すっごく足が速いんですよ」

ハルヒ「……むぅ」

東方不敗「そうむくれるでない。
       機会があり、風雲再起が背を許せばお前も乗せると約束しよう」

ハルヒ「……そういう意味じゃないわよ、このバカマスター」

東方不敗「では、ワシはここで失礼させて貰おうか。
       行けぃ、風雲再起よ!」

風雲再起「ヒヒィ〜ン!」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 20:29:03.98 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

朝倉「――最近、うまくやってるみたいじゃない」

東方不敗「ワシは何もしておらん。
       "こう"なったのは、あ奴自身の力によるものよ」

朝倉「SOS団、だっけ? なんだか楽しそうよね」

東方不敗「……しかし、あ奴はまだまだヒヨッコ。
       己の力を見極めるには、あまりにも未熟」

朝倉「それじゃあさ、これからも涼宮さんの事頼むわね。

朝倉「――お願い♪」

東方不敗「乗りかかった船だ。引き受けようぞ」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 20:33:03.48 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗「――さて、ワシを呼び出したのは何故だ」

古泉「まあまあ、ちょっとした世間話ですよ」

東方不敗「顔が近いわ、この馬鹿者があっ!」

古泉「おっと、すみません」

東方不敗「……まさかとは思うが、古泉よ。
       お主は超能力者だ、という話ではあるまいな?」

古泉「おや、これは話が早くて助かりますね」

古泉「お察しの通り超能力者です――」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 20:40:54.21 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗「……話にならんな」

古泉「長門有希や、朝比奈みくるにも話を聞いている。
    ……そうですよね?」

東方不敗「ふん、隠し事をしても無駄というわけか」

古泉「……」

東方不敗「だが、あ奴自身が神だというのは有り得ん。
       あ奴自身は、ただの小娘よ」

古泉「その根拠は?」

東方不敗「己の力を制御出来ぬ者は真の武道家とは言えん。
       真の武道家でない者が神などとは片腹痛いわ」

古泉「……あまり無いようですね」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 20:49:10.13 ID:dynao33g0

東方不敗「しかし……お主らの話を信じるならば、
       涼宮の周りには宇宙人、未来人、超能力者が揃った事になる」

古泉「それに関しては、驚かざるを得ませんでしたね」

東方不敗「という事は、ワシも何か特別な存在なのか?」

古泉「調査してみた結果――」

古泉「――東方不敗、マスターアジア。
    流派東方不敗を完成させた武道家」

古泉「――シャッフル同盟の一員でもあった、
    先代キング・オブ・ハート」

古泉「――第12回ガンダムファイトの優勝者であり、
    第13回大会にもネオ・ホンコン代表として出場している」

古泉「……――と、正真正銘一般人でした」

東方不敗「ふむ……期待してはおらなんだが、
       少々残念だな」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 20:55:12.89 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗(宇宙人、未来人、超能力者、か)

東方不敗(あ奴らの話を総合するならば、
       涼宮は世界の中心とも言える)

東方不敗「……ふん、馬鹿馬鹿しい」

東方不敗「――せやあっ!」

シュバッ!

東方不敗「このような考えを続けるよりは、
       修行を積んだ方が遥かに良いわ」

『マスター、ごはんだよ〜』

東方不敗「おう、すぐに行くから待っておれ」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 21:00:39.93 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗「……――む? なんだ、この紙は」

『放課後、教室で』

東方不敗「……ほう、これは面白い。
       まさか、この様な学舎で――」

東方不敗「――ワシにファイトを挑んでくる者が居ようとは!」

東方不敗「くくく……これは久々に胸が躍る!」

谷口「おっす、マスター!
    ……どうした? なんだか機嫌が良さそうじゃねえか」

東方不敗「谷口か。何、気にするな」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 21:04:08.24 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

長門「……」

東方不敗「――さて、そろそろ頃合か」

長門「?」

東方不敗「長門よ、ワシは先に失礼させて貰おう」

長門「……」コクリ

ガチャッ…バタンッ!

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 21:12:15.48 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

ガラッ…

東方不敗「――ほう、ワシを呼び出したのはお前だったか」

朝倉「意外?」

東方不敗「いいや、いつかお主とは拳を交える予感がしておった。
       武道家としての勘が、ワシにそうお告げておったわ」

朝倉「……」

東方不敗「しかし……お主の放つ殺気の理由が知りたいものよ」

朝倉「あはっ、やっぱりバレちゃってたか」

東方不敗「無論」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 21:19:38.94 ID:dynao33g0

朝倉「人間はさ、やらないで後悔するより、
    やって後悔した方が良いって言うじゃない?」

東方不敗「……」

朝倉「上は何も分かってないのよ。
    私達現場は、現状の観察を続ける事に飽き飽きしちゃったの」

東方不敗「……お前も涼宮絡み、という訳か」

朝倉「そういう事。貴方が死ねば、大きな情報爆発が観測出来る。
    またとない機会だと思うのよね」

東方不敗「……ほう」

朝倉「だからお願い、死んで――」

ヒュッ――!

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 21:25:22.20 ID:dynao33g0

東方不敗「せやあっ!」

パシイッ!

朝倉「っ!? ただの布で受け止めた……!?」

東方不敗「ぬうんっ!」

朝倉「くっ、接近戦は不利か……!」

東方不敗「笑止! その程度の攻撃でこのワシを殺そうなど、
       つけあがるでないわあっ!」

ドガアッ!

朝倉「くあっ!?」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 21:30:30.66 ID:dynao33g0

東方不敗「貴様の攻撃には魂が篭っておらん!
       魂の篭らぬ力に膝を屈する道理はない!」

朝倉「……でも、貴方はここからは逃げられない」

ザアア――ッ!

東方不敗「むうっ!? ここは一体……!?」

朝倉「貴方がここに来る前から、この空間は私の制御下におかれていたの。
    だから、貴方に勝ち目は無い……」

東方不敗「小癪な真似を……!
       だが、この程度でワシをどうこうしようなど――」

東方不敗「っ!? ゴホッゴホッ!」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 21:36:09.59 ID:dynao33g0

朝倉「どうしたの?」

東方不敗「……ふん、気にするでない。
       ファイトの続きを――ゴホッゴホッ!」

朝倉「……へえ、貴方って――」

東方不敗「ゴホッゴホッ!」

朝倉「――身体的には、もうあまり長くないのね」

東方不敗「ゴホッゴホッ!……ぐむう、この体さえまともならば、
       貴様なんぞに遅れは取らぬものを……!」

朝倉「これは都合が良いわね。
    貴方が死ぬのを待つのも面倒だし――」

朝倉「――死んで♪」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 21:41:03.05 ID:dynao33g0

東方不敗「このワシが、こんな所で……!」

ヒュッ――!

東方不敗「っ――!」

ゴガァンッ!

東方不敗「むうっ!?」

朝倉「!?」

長門「……貴方は私のバックアップ。
    独断先行は許可されていない」

東方不敗「長門か……!」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 21:46:03.73 ID:dynao33g0

長門「一つ一つのプログラムが甘い。
    側面の情報操作も甘い」

長門「だから私に気付かれる。侵入を許す」

朝倉「邪魔する気? この人間が死ねば、
    間違いなく涼宮ハルヒは行動を起こす」

朝倉「これ以上の情報を得るには――」

東方不敗「――余計な真似をするでないわあっ!」

長門・朝倉「!?」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 21:51:25.25 ID:dynao33g0

東方不敗「……命を救って貰った事には感謝しよう。
       だが、ワシはそれを望んではおらなんだわ」

長門「……」

朝倉「死ぬのが怖くないの?」

東方不敗「武道家としての誇りを失うよりも、
       命を失ったほうがまだマシというもの」

長門「しかし」

朝倉「私にはさ、人間のそういった感情は理解出来ないんだけど」

東方不敗「一度は水が差されたが……たっぷりと教えてやろう!」

東方不敗「武道家の拳に宿る、魂というものを!」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 21:59:01.91 ID:dynao33g0

http://www.youtube.com/watch?v=2JjyJ7HP8MA

朝倉「出来ると思う?
    この距離で、貴方に出来る事なんて――」

東方不敗「東方不敗、マスターアジアをみくびるでないわ!」

東方不敗「十二王方牌大車併〜っ!」

朝倉「これは何……!? 小さな分身が……くうあっ!?」

東方不敗「帰山笑紅塵!」

朝倉「くっ……!」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 22:03:49.89 ID:dynao33g0

朝倉「それなら接近戦で……!」

東方不敗「ほう、向かってくるか……」

東方不敗「――ならばっ!」

朝倉「っ!」

ヒュンッ――

東方不敗「ダークネスフィンガー!」

ガシイッ!

朝倉「ぐっ!?」

東方不敗「ガンダムに乗っておらぬとはいえ、
       己の掌に気を集めれば原理としては同じことよ……!」

ギリギリギリギリッ!

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 22:10:50.65 ID:dynao33g0

東方不敗「ガンダムファイト国際条約第一条、
       頭部を破壊された者は失格となる……」

ギリギリギリギリッ!

朝倉「くああっ!?」

東方不敗「……だが」

スッ……

朝倉「……!? どうして手を……」

東方不敗「貴様には、先ほどの借りがあったのでな。
       それを返さずして討てば、東方不敗の異名が廃る」

朝倉「……」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 22:15:33.82 ID:dynao33g0

東方不敗「これで条件は五分と五分。
       心置きなく戦えるというものよ」

朝倉「……」

東方不敗「さあ、どうした!? 何をボサッとしておる!
       貴様の殺したい相手は目と鼻の先ぞ!」

朝倉「……」

東方不敗「さっさとかかって来んかあっ!」

朝倉「……そうしたいのは山々だけど、
    私にはもう手が残されてないのよね」

東方不敗「何……?」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 22:21:19.53 ID:dynao33g0

朝倉「接近戦では貴方に勝ち目がなさそうだし、
    情報操作に関しても長門さんに制限をかけられた」

東方不敗「長門、貴様……!」

長門「パーソナルネーム、朝倉涼子は情報を操作し、
    貴方の情報結合を解除しようとしていた」

長門「貴方の言う"ファイト"の定義を推測した所、
    その行為は適当でないと思われたため制限を行った」

長門「余計な真似かもしれなかった。
    謝罪が必要ならする」

東方不敗「……宇宙人の奇怪な力でワシを倒そうとしていた、
       というわけか」

朝倉「そういう事。だから、長門さんを怒らないであげてね」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 22:27:04.50 ID:dynao33g0

朝倉「……そろそろ時間切れみたいね」

東方不敗「むうっ!? 姿が消えて……!?」

朝倉「この教室に侵入したのと同時に、
    崩壊因子を仕込んでいたんでしょう?」

長門「……」

朝倉「だから、私の負け。
    ……あ〜あ、上手くいくと思ったのにな」

東方不敗「……ふん! ワシを倒したいのなら、
       もっと修行をして腕を磨いてから出直せい」

朝倉「あはっ♪ その機会があれば、そうさせて貰うわ」

朝倉「それじゃ――涼宮さんとお幸せに」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 22:35:21.70 ID:dynao33g0

     ・     ・     ・

東方不敗「……これで教室も元通り、か」

長門「朝倉涼子は転校した事にする」

東方不敗「のう、長門よ。
       お前達宇宙人には、魂があると思うか?」

長門「魂というものの定義が不明瞭」

東方不敗「ならば、ワシがそれを教えてやろう。
       奴との戦いで、それをせねばならんと悟ったわ」

長門「そう」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 22:41:22.00 ID:dynao33g0

東方不敗「今からワシとお前は同級生や同じSOS団の団員ではなく、
       師弟の関係となるがそれで良いな?」

長門「わかった」

東方不敗「ワシの事は"師匠"と呼べ。
       お前に流派東方不敗の真髄を叩き込んでくれようぞ!」

長門「師匠」

東方不敗「まずは、その不要な眼鏡をはずせ。
       お前は今、色々と見なければならないものがある」

長門「……」コクリ

東方不敗「そうだ、それで良い」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 22:47:36.82 ID:dynao33g0

東方不敗「長門よ。今、夕日が沈んでいくのが見えるが、
       流派東方不敗は天高く上る朝日」

長門「……」

東方不敗「――流派東方不敗は! 王者の風よ!」

東方不敗「全新! 系列! 天破侠乱!」

東方不敗「見よ! 東方は、赤く燃えているぅ!」

長門「……」

ガラッ!

谷口「WAWAWA忘れも……えっ? えっ、何?」

谷口「えっと……すまん、ごゆっくり……」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 23:19:01.50 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗「――さて、まだ誰も来てはおらんだろうな」

ガチャッ…

東方不敗「!? むうっ、何奴!」

みくる(大)「マスター君っ……!」

タタタッ…!

東方不敗「ふんっ! 腰が入っておらんわ!」

ヒョイッ

みくる(大)「へっ――? ひゃわああっ!?」

ビターンッ!

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 23:24:22.76 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗「なんと……! 長門が宇宙人なだけでなく、
       朝比奈さんが未来人という事まで真実だったとは……!」

みくる(大)「信じて貰えてうれしいわ」

東方不敗「実際にこの目で見た以上、信じる他ありませんからな」

みくる(大)「ふふっ、私が本当は朝比奈みくるの姉で、
       貴方を騙そうとしているとは考えないの?」

東方不敗「体から放たれる気が、貴方が朝比奈さん自身だと物語っている。
       こればかりは、誤魔化しようが無いというもの」

みくる(大)「えっ、あ、はい……」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 23:31:35.74 ID:dynao33g0

みくる(大)「それで、えっと……これから先、
       ちょっと大変なことが怒るんです」

東方不敗「ほう、それは面白い」

みくる(大)「それでね、その解決のためには、
       あそこにあるパソコンが重要になってくるの」

東方不敗「ああ、あのコンピ研とやらから借りている」

みくる(大)「何かあったら、あの画面を見てくださいね」

東方不敗「わりかました。それで、一つ聞きたいのですが」

みくる(大)「はい?」

東方不敗「未来とこの時代を比べて、どちらが良いですかな?」

みくる(大)「――禁則事項です♪」

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 23:36:48.55 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗「――それで古泉よ。
       ワシをどこへ連れて行くつもりだ?」

古泉「機会あればお見せすると言ったでしょう?」

東方不敗「お前の超能力者としての力、か」

古泉「その通りです」

東方不敗「ふむ……では、とくと見せて貰うとしよう」

古泉「ええ。さあ、目的の場所に着きましたよ――」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 23:41:30.65 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

古泉「閉鎖空間へようこそ」

東方不敗「……――なんと。
       何も無い場所から、こんな所へ移動するとは……」

東方不敗「しかし、何の気配が感じられん場所だな」

古泉「何かが生きていたら大変ですよ。
    ――ほら、現れましたよ」

神人「……」

東方不敗「! なんだ、あの巨大な化け物は……!?」

古泉「あれが神人です」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 23:46:41.06 ID:dynao33g0

東方不敗「なんと……!」

古泉「神人は、涼宮さんがストレスを感じた時に現れます。
    そして、大抵は街を破壊してストレスを発散していますね」

古泉「彼女は非常に理性の強い方です。
    神人が閉鎖空間内にしか現れないので安心していますよ」

東方不敗「あの圧倒的なパワー……。
       あれさえあれば……!」

古泉「マスター? 何か言いましたか?」

東方不敗「! いや……何でもない」

古泉「そうですか。では、僕はあの神人を仲間達と共に片付けてきます」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 23:54:16.12 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

東方不敗(あの、神人の圧倒的なパワーがあれば、
       地球人類を全て抹殺する事もたやすい)

東方不敗(鍵を握るのは全て――)

東方不敗「――涼宮か」

東方不敗(だが……奴は普通の娘)

東方不敗「……"それ"を行わせるのは、あまりに酷というもの。
       それに、涼宮自身がそう望まなければ神人は動かんか」

東方不敗(何とかして、神人の力だけを得る策を編み出さねば――)

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/13(火) 23:58:21.53 ID:dynao33g0

     ・    ・    ・

「……ター……起きな……マス……」

東方不敗「――っ!?」

ガバッ!

ハルヒ「うわっ! きゅ、急に起き上がらないでよ!
     驚くじゃないの」

東方不敗「涼宮? しかし、ここは……」

東方不敗(閉鎖空間だと? 何故、ワシと涼宮がここに居る?)

ハルヒ「あたしにも何が何だかわかんないわよ。
     気付いたら、こうやって学校に居たってわけ」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 00:02:07.72 ID:N74oKRGv0

     ・    ・    ・

ハルヒ「学校の敷地の外に出ようとしても……」

東方不敗「この様に、見えない壁に遮られて出られん、か」

ハルヒ「携帯の電波も通じないのよね」

東方不敗「――少し下がっておれ」

ハルヒ「えっ? 今何て――」

東方不敗「せやあああっ!」

ドムンッ!

ハルヒ「っ!?」

東方不敗「確かに殴ってはいるが、手ごたえがまるで無い。
       物理的にここから出るのは不可能という事か……」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 00:07:12.37 ID:N74oKRGv0

     ・    ・    ・

東方不敗(やはりここは閉鎖空間。
       その証拠に――)

ハルヒ「やっぱり校舎には誰も居ないし、
     電話もどこにも通じないわ」

東方不敗「そうか。ならば、ひとまずは部室に行くとしよう」

ハルヒ「どうしてよ」

東方不敗「あそこは、ワシらSOS団にとっての拠点。
       まずはそこに腰を据え、策を練る事が今出来る最善よ」

ハルヒ「成る程、それもそうね。
     アンタにも、ようやくSOS団の団員としての自覚が出来てきたみたいね!」

東方不敗(まずは……例のパソコンを見るとするか)

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 00:11:29.83 ID:N74oKRGv0

     ・    ・    ・

ハルヒ「それで、これからどうすれば良いのかしらね……」

東方不敗「焦るでない。将たる者は後方でドンと構え、
       策が上手くいけば胸を張り、失敗すればワハハと笑うものよ」

ハルヒ「……そういうものかしら」

東方不敗「そういうものよ」

東方不敗(さて……このパソコンには一体何が……?)

東方不敗「む?」

東方不敗(電源が点いている……)

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 00:18:17.34 ID:N74oKRGv0

東方不敗「!」

YUKI.N>みえてる?

東方不敗「くっ……まさか、ワシがタイピングをする事になろうとは……!」

うむ
YUKI.N>そっちの時空間とは
     まだ完全には連結を絶たれていない。
     でも時間の問題。
     そうなれば最後。
どうすればいい
YUKI.N>どうにもならない。
     情報統合思念体は失望している。
     これで進化の可能性は失われた。

東方不敗「何だと……!?」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 00:24:39.00 ID:N74oKRGv0

YUKI.N>涼宮ハルヒは
     何もない所から
     情報を生み出す力を持っていた。

東方不敗(それが神人でもある、か)

YUKI.N>それは情報統合思念体にもない力。
      この情報創造能力を解析すれば
      自律進化への糸口がつかめるかもしれないと考えた。

東方不敗「ふん……宇宙人の親玉とやらも、
       人類と同じで随分と身勝手なことを言いおるわ」

YUKI.N>師匠に賭ける。

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 00:28:23.64 ID:N74oKRGv0

東方不敗「……」

何をだ

YUKI.N>もう一度こちらへ回帰することを
     我々は望んでいる。
     涼宮ハルヒは重要な観察対象。
     わたしという個体も
     師匠に戻ってきて欲しいと感じている。

東方不敗「長門め……一丁前の口を利きおってからに」


YUKI.N>またギアナ高地に_


東方不敗「むっ!? 急に画面の写りが悪く……!?」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 00:34:37.14 ID:N74oKRGv0

東方不敗「ええい、まだ肝心な話が済んでおらんぞ!」

東方不敗「このような世界に閉じ込められてはどうにもならん!」

東方不敗「足を踏ん張って腰を入れてタイピングせんか!」

東方不敗「何か策があるのならそれを伝えぃ、この馬鹿弟子があっ!」

東方不敗「むうっ――!?」


YUKI.N>Gundam Fight_


東方不敗「!」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 00:40:48.14 ID:N74oKRGv0

ハルヒ「! ちょっとマスター、あれを見なさい!」

東方不敗「一体何だ、こんな時に……っ!?」

東方不敗(あれは――)

神人「オオオオォォォ……」

東方不敗(神人だと!? しかし、何故こ奴を狙うような行動を!?)

ハルヒ「すっごい大発見よ! ノーベル賞間違いなしね!」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 00:43:12.98 ID:N74oKRGv0

東方不敗「ええい、そんな事を言っている場合ではない!」

ヒョイッ!

ハルヒ「きゃっ!? ちょっ、ちょっと!
     おろしなさいよバカマスター!」

東方不敗「だからお前はアホなのだあっ!」

ハルヒ「っ!?」

東方不敗「状況というものを考えよ!
       ここで命を落としては全て終わりぞ!」

ハルヒ「そ、そうね……」

東方不敗「まずは、奴の目に付かない所にお前を避難させる。
       良いな、しっかりつかまっておれよ」

ハルヒ「うん、わかったわ」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 00:47:53.75 ID:N74oKRGv0

     ・    ・    ・

東方不敗「――ひとまず、ここに居れば安全であろう」

ハルヒ「えっ、ちょっと! アンタどこへ行く気なの?」

東方不敗「決まっておる」

神人「オオオオォォォ……」

東方不敗「あの巨大な化け物を倒しによ」

ハルヒ「はぁっ!? そんなの無理に決まってるじゃない!」

神人「オオオオォォォ……」

ハルヒ「! まずい、こっちに気付かれたわ!」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 00:51:07.21 ID:N74oKRGv0

神人「オオオォォォ……!」

ハルヒ「マスター、早く逃げるわよ!」

東方不敗「ふん。敵に後ろを見せるなど、
       この東方不敗マスターアジアには有り得んわ」

東方不敗「気付かれたなら仕方あるまい。
       ワシが注意を引き付けている間に避難しておれ」

神人「オオオォォォォ……!」

ハルヒ「来たっ――!?」


東方不敗「せやあああっ!」

ビュウオオォ――ッ!

マスターガンダム『!』

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 00:57:20.49 ID:N74oKRGv0

東方不敗「神人よ……いずれその力は利用させて貰うが、
       今のワシにとっては障害にすぎん」

東方不敗『――故に、倒させて貰うぞ!』

神人「オオオォォォ……!」


ハルヒ「何よ……あれ……?」


東方不敗「ガンダムファイト!」

神人「オオオォォォ……!」

東方不敗「レディー〜〜……」

東方不敗「……ゴ――ッ!!」

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 01:03:17.07 ID:N74oKRGv0

神人「オオオォォォォ……!」

ブゥンッ! ブオンッ!

東方不敗「そらそらどうしたあっ!」

東方不敗『その様な単調で遅い攻撃、
       そこらの子供でも簡単に避けられるわあっ!』

ハルヒ「凄い……大きさは全然負けてるのに……」

東方不敗『酔舞・再現江湖デッドリーウェイブ!』

ヒュンッ――

東方不敗『爆発!』

ドゴォオオンッ!

神人「オオ……オォォ……」

ハルヒ「あのでっかいのを完全に圧倒してるじゃない……!」

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 01:08:18.61 ID:N74oKRGv0

ハルヒ「良いわよマスター! そのままやっつけちゃいなさい!」

東方不敗「言われずともそうするつもりよ」

東方不敗『覚悟は良いな、神人よ』

神人「……」

東方不敗「む? なにやら様子が――」

神人「オオオォォォォッ!」

ゴガァンッ!

東方不敗『ぐおおおあああっ!?』

ハルヒ「そんなっ!? いきなり強くなった!?」

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 01:15:35.38 ID:N74oKRGv0

東方不敗「ぐううっ、再生が追い付かん……!」

神人「オオオオォォォ!」

東方不敗(やはり……あ奴めは心の奥底では、
       元の世界に戻りたくないと思っておるのか)

東方不敗(古泉めが言うには、この閉鎖空間はあ奴の心の世界。
       すぐに戻りたいのなら、ここで神人が力を増すはずがない)

東方不敗(――ならば!)

東方不敗「聞けぃ、涼宮ハルヒ!」

東方不敗「――いや、SOS団の団長よ!」

ハルヒ「!」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 01:22:22.12 ID:N74oKRGv0

ハルヒ「なっ、何よこんな時に!?」

東方不敗『確かに、お主の思う通り元の世界は退屈かもしれん。
       故に、このような世界を望んでしまうのもわかる』

ハルヒ「何言ってるのよ!? 意味わかんないわよ!」

東方不敗『だが、世界を退屈なままで捨て置いて良いのか?
       世界を大いに盛り上げるのではなかったのか?』

ハルヒ「それは……」

東方不敗『ワシ自身とて、元の世界に戻りやらねばならんことがある!
       お主にも、それがあるのを忘れたとは言わせんぞ!』

ハルヒ「……――ふん、アンタに言われなくても忘れるわけないじゃない!
     とっととソイツを倒して、元の世界に戻る方法を探すわよ!」

東方不敗「応よ!」

ハルヒ「マスター、勿論アンタもアタシに協力するのよ!
     でないと……死刑なんだから!」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 01:30:13.80 ID:N74oKRGv0

http://www.youtube.com/watch?v=2JjyJ7HP8MA&feature=related

東方不敗「さて……団長の許可も降りた。
       故に、ここからは全力でいかせて貰おう」

神人「オオオォォォォ!」

東方不敗『つけあがるでないわあっ!』

ビュウオオォ――ッ!

神人「オオォ……オォ……!?」

東方不敗「――はあああぁぁぁ……!」

パアアアアッ……!

ハルヒ「金色に……光ってる……」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 01:35:24.78 ID:N74oKRGv0

東方不敗『はあっ!』

神人「オオオォォォ!」

東方不敗「流派! 東方不敗が最終奥義!」

東方不敗『石破っ! 天驚拳――〜〜っ!』

神人「オォォ……オォ……」

……ドオオォォンッ!

ハルヒ「〜〜〜っ! やったじゃない、マスター!」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 01:39:16.94 ID:N74oKRGv0

     ・    ・    ・

東方不敗「――むうっ!?」

ガバッ!

東方不敗「……夢、だったのか……?」

東方不敗「……」

東方不敗「――くくっ、ウォン・ユンファに知れたら笑われるだけでは済まんな!」

『マスター、朝ごはんだよ〜』

東方不敗「すぐに行く。待っておれ」

300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 01:44:39.52 ID:N74oKRGv0

     ・    ・    ・

ハルヒ「……」

東方不敗「どうした、不機嫌そうな面をしおってからに」

ハルヒ「……ちょっと変な夢を見たのよ」

東方不敗「ほう、それは一体どんな夢だったのやら」

ハルヒ「ねえ、アンタが13回大会に出てるガンダムって、
     クーロンガンダムよね?」

東方不敗「何を今更」

ハルヒ「そうよね……黒いガンダムじゃないわよね」

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/14(水) 01:51:39.48 ID:N74oKRGv0

東方不敗「……やれやれ」

ハルヒ「……」

東方不敗「しかし、それにしても今日はいつもと格好が違うな。
       いつもは黄色いソレが、今日は太陽のように紅い」

ハルヒ「……悪い?」

東方不敗「いや、似合っておるぞ」

ハルヒ「……ふん」


東方不敗「その、真紅のハチマキは」


ハルヒ「これはカチューシャって言うのよ! バカマスター!」


おわり

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/04/14(水) 01:52:51.61 ID:N74oKRGv0

こんなくだらないもん最後まで読んでくれてありがとう
おやすみ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「君を待った、僕は待った♪」