アナゴ「待ってくれぇフグ田くん・・・どうだい?今夜?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:マリ「姫の方がわんこだった」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 17:58:45.94 ID:zsC+JhQ+0

マスオ「アナゴ君じゃないか・・・・よしてくれないか?キミとはもう口もききたくないんだ・・・」



I06q1v8pO

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:10:49.78 ID:I06q1v8pO

辺りがしっぽり赤く濡れる夕暮れ時・・・帰宅時間を迎えたマスオは誘いを人蹴にし、足早に駅へと向かう・・・
目に涙を滲ませながら・・・・・


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:15:10.02 ID:I06q1v8pO

お礼を忘れてました
>>1さん、ありがとう

いつからだろうか? 数年前のある日を境にサザエのDVが始まった・・・日を追うごとにその程度は増していく、心身共にやつれた・・・そんなマスオにアナゴは優しく声かけ、こうして2人の甘い密月の日々が始まった・・・

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:18:23.13 ID:I06q1v8pO

アナゴ「ふっっうーっん!ふっっうーっん!・・・・どうだいフグ田くん?気持ちいいだろう?」

アナゴ自慢の唇でマスオの菊門、その一本、一本まで細かく舐めあげる舌技に、すっかり虜にされていた

しゅぱ、しゅぱ、しゅぱ、しゅぱ、しゅぱ、しゅぱ、チューッパッ、ちゅゅゅゅぅぅぅぅーちゅゅゅゅぅぅぅぅーちゅゅゅゅぅぅぅぅーーー


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:21:50.89 ID:I06q1v8pO

マスオ「あひぃーーっ!あひぃーーっ!あひぃーーっ!いいっ!イイヨッ!!もっっっとおぉぉぉぉーーー吸い付いてぇぇえぇーーっ!!いくっ、いくっ、IKISOUDAー!!!!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:24:21.40 ID:I06q1v8pO

アナゴ「フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!
なんだ、だらしないぞぉフグ田くん・・・これはまだ前戯なのに?」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:28:03.45 ID:I06q1v8pO

マスオのアヌスは熱い鼻息と唾液まみれに蹂躙され、もう夢見心地!!下半身からこぼれしたたる愛液をただ、こらえていた・・・
マスオのお尻はナメクジの這ったようなアナゴ愛のたっぷりはいったクンニでテカテカと光り、性欲を掻き立てる!

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:33:14.41 ID:I06q1v8pO

マスオ「くぅーーーっ!・・・そろそろいいだろうか?アナゴくぅーん・・・・・・・・・このままだともう・・・全てをぶちまけてしまいそうだぁぁぁぁぁぁぁぁっーーー」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:37:08.98 ID:I06q1v8pO

マスオはアヌスを天へと高く高くそそりあげ、ぱっくりと下の口を開きアナゴを心待ちにする・・・


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:40:19.21 ID:I06q1v8pO

マスオ「きっ・・・きっっくぅぅぅうえぁぇぇおーーーんっ!きっくぅぅっ!あひぃーーっ!」 ジュプ、ジュプ、ジュプ、ジュプ、ジュプ、ちゅゅゅゅぅぅぷぅぅぅぅーー・・・・・・
卑猥な音が辺りに響きわたる!

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:44:26.61 ID:I06q1v8pO

アナゴ「ぺっ!ぺっ!」

仁王立ちしたアナゴは軽くイチモツをしごくと荒々しく反り返ったペニスをたっぷりと・・・マスオの菊門へと滑りこませた・・・


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:48:21.29 ID:I06q1v8pO

マスオ「ヒイィィィンッ!アヒイィィィンッ、あひぃーーっ!!あっ、アナゴくぅん・・・こんなに激しくされたら・・・ボクは・・・・・もう・・・」

ピッッタァァァーん!ピッッタァァァーん!ジュプ、ジュプ、ジュッップ、ジュッップ、ピシャッーー


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:52:32.18 ID:I06q1v8pO

アナゴから達成間際の前兆・・・愛のスコールがアヌスへたっぷりと注ぎこまれる・・・
飛沫が飛びかう中、お互いの終着駅が近づく・・・

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:10:49.78 ID:I06q1v8pO

辺りがしっぽり赤く濡れる夕暮れ時・・・帰宅時間を迎えたマスオは誘いを人蹴にし、足早に駅へと向かう・・・
目に涙を滲ませながら・・・・・


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:15:10.02 ID:I06q1v8pO

お礼を忘れてました
>>1さん、ありがとう

いつからだろうか? 数年前のある日を境にサザエのDVが始まった・・・日を追うごとにその程度は増していく、心身共にやつれた・・・そんなマスオにアナゴは優しく声かけ、こうして2人の甘い密月の日々が始まった・・・

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:18:23.13 ID:I06q1v8pO

アナゴ「ふっっうーっん!ふっっうーっん!・・・・どうだいフグ田くん?気持ちいいだろう?」

アナゴ自慢の唇でマスオの菊門、その一本、一本まで細かく舐めあげる舌技に、すっかり虜にされていた

しゅぱ、しゅぱ、しゅぱ、しゅぱ、しゅぱ、しゅぱ、チューッパッ、ちゅゅゅゅぅぅぅぅーちゅゅゅゅぅぅぅぅーちゅゅゅゅぅぅぅぅーーー


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:21:50.89 ID:I06q1v8pO

マスオ「あひぃーーっ!あひぃーーっ!あひぃーーっ!いいっ!イイヨッ!!もっっっとおぉぉぉぉーーー吸い付いてぇぇえぇーーっ!!いくっ、いくっ、IKISOUDAー!!!!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:24:21.40 ID:I06q1v8pO

アナゴ「フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!
なんだ、だらしないぞぉフグ田くん・・・これはまだ前戯なのに?」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:28:03.45 ID:I06q1v8pO

マスオのアヌスは熱い鼻息と唾液まみれに蹂躙され、もう夢見心地!!下半身からこぼれしたたる愛液をただ、こらえていた・・・
マスオのお尻はナメクジの這ったようなアナゴ愛のたっぷりはいったクンニでテカテカと光り、性欲を掻き立てる!

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:33:14.41 ID:I06q1v8pO

マスオ「くぅーーーっ!・・・そろそろいいだろうか?アナゴくぅーん・・・・・・・・・このままだともう・・・全てをぶちまけてしまいそうだぁぁぁぁぁぁぁぁっーーー」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:37:08.98 ID:I06q1v8pO

マスオはアヌスを天へと高く高くそそりあげ、ぱっくりと下の口を開きアナゴを心待ちにする・・・


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:40:19.21 ID:I06q1v8pO

マスオ「きっ・・・きっっくぅぅぅうえぁぇぇおーーーんっ!きっくぅぅっ!あひぃーーっ!」 ジュプ、ジュプ、ジュプ、ジュプ、ジュプ、ちゅゅゅゅぅぅぷぅぅぅぅーー・・・・・・
卑猥な音が辺りに響きわたる!

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:44:26.61 ID:I06q1v8pO

アナゴ「ぺっ!ぺっ!」

仁王立ちしたアナゴは軽くイチモツをしごくと荒々しく反り返ったペニスをたっぷりと・・・マスオの菊門へと滑りこませた・・・


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:48:21.29 ID:I06q1v8pO

マスオ「ヒイィィィンッ!アヒイィィィンッ、あひぃーーっ!!あっ、アナゴくぅん・・・こんなに激しくされたら・・・ボクは・・・・・もう・・・」

ピッッタァァァーん!ピッッタァァァーん!ジュプ、ジュプ、ジュッップ、ジュッップ、ピシャッーー


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 18:52:32.18 ID:I06q1v8pO

アナゴから達成間際の前兆・・・愛のスコールがアヌスへたっぷりと注ぎこまれる・・・
飛沫が飛びかう中、お互いの終着駅が近づく・・・

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 19:41:53.19 ID:I06q1v8pO

着いた先はいつものホテル・・・・・・・・・・・・・・2人で愛を確かめ合ってきた大事な場所・・・・・・・・数々の思い出が走馬灯の様に浮かぶ・・・・・・


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 19:45:42.23 ID:I06q1v8pO

そして2人は光りの中へと吸い込まれていった・・・・・・
1人マスオを残して・・・・・・
彼にとってここは特別な場所。アナゴに声をかけられ期待と不安に胸踊らせながら入ったホテル・・・初めての場所


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 19:48:21.42 ID:I06q1v8pO

肩を組み、じゃれあいながら消えた2人

とめどなく涙が溢れ、抑える事ができない
マスオはその場で男泣きに濡れた・・・・

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 19:50:25.79 ID:I06q1v8pO

マスオ「うおおぉぉぉーーーーーん!うおおぉぉぉーーーーーん!をををーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!アーナーゴーくーーーん!!!!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 19:54:31.29 ID:I06q1v8pO

ほんの小さな出来心・・・・・
彼にはちょっとのつもりだったのだろう・・・しかしマスオの心は繊細な儚いガラス細工・・・・
心は音を立て崩れさり、体もその場で崩れ落ちた

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 19:58:26.30 ID:I06q1v8pO

アナゴ「磯野さんですかぁ、今後ともどうかひとつ!」

波平「なにを今さらあらたまって・・・キミとは長い付き合いじゃないか?ワシも嫌いな方じゃないからそう遠慮せずに」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:00:07.51 ID:I06q1v8pO

アナゴと波平は仕事で以前から交遊があったのだが、深い仲になるのはこれが初めての事だった

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:04:39.68 ID:I06q1v8pO

アナゴは優しく波平の腰に手をまわし、なれた手つきで服を一枚、一枚はだいていく・・・

アナゴ「キレイな体ですよ、磯野さん!年齢を感じさせないキメの細かい肌ですね!」

波平「おいおい、世辞はよしてくれよ、恥ずかしいじゃないか・・・・・・・・・・・・・それにこんな時くらい、波平と呼んでくれんかね?」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:06:21.44 ID:I06q1v8pO

口では強がっているが、波平はアナゴにかけられたセリフに心いっぱいになり顔を真っ赤にさせている

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:08:25.25 ID:I06q1v8pO

アナゴ「分かりました、波平さん。これからはそう呼ばせてもらいますよお!」
波平「左様・・・エチケットじゃからな」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:10:14.07 ID:I06q1v8pO

そしてアナゴも自ら服を脱ぎ去り、2人は熱く抱きしめ合う・・・・

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:12:49.39 ID:I06q1v8pO

アナゴ「波平さん・・・・・・キレイな乳首ですねぇー!毛がむらなく生えていて、それでいて主張しすぎない見事な赤色だぁ!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:14:39.91 ID:I06q1v8pO

波平「そうかね?ワシは普通だと思うんじゃがなぁ・・・・キミに言われると年甲斐もなく嬉しい・・・・・・・」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:17:37.06 ID:I06q1v8pO

アナゴは波平の乳首に吸い付き、円を描くようにゆっくりとスライドさせる・・・・・
丹念に乳輪を舐め回し、右左右左右左右左右左右左右左右左右左右左右左右左右左右左・・・・・・・・・と、交互に繰り返す

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:19:20.56 ID:I06q1v8pO

波平「ひぃぃぃん!ふひぃぃぃぃぁぃぃんっ!」

悶えよがる波平・・・・・・・

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:22:57.13 ID:I06q1v8pO

ぴんぴんにせり上がる乳頭、唾液にまみれてテカる胸元は早々と反応し勃起しきっている。

年齢を感じさせない波平の感度にアナゴはますます興奮を強くした

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:24:24.65 ID:I06q1v8pO

アナゴ「・・・・・・・・・・・なんていやらしい姿なんだ・・・・・こんなに敏感な人は初めてだっ!」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:25:47.01 ID:I06q1v8pO

乳首も去ることながら、その毛穴・・・・
ひとつひとつにまで欲情してしまう・・・・・

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:29:09.88 ID:I06q1v8pO

ますますアナゴの下半身は猛り、ついに・・・

ピッタァァーーーんっ!!

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:32:05.27 ID:I06q1v8pO

睦事の甘い吐息の音を打ち破るような甲高い音をたて、アナゴのタラコは己の腹を打ち付けた!!

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:35:16.41 ID:I06q1v8pO

波平は驚き!
恐る恐るアナゴの下腹部を覗く・・・・


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:36:47.13 ID:I06q1v8pO

真っ赤に腫れ上がった腹部、反り返るイチモツ!!!!なんたる事・・・・・・・・自分の腹をペニスで打ち付けた音だったのだ!

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:39:22.59 ID:I06q1v8pO

色っ!つやっ!太さっ!長さっ!照りっ!形っ!!!!!!!!!

どれを取ってもまさに申し分ない!!!!!!!!

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:41:08.14 ID:I06q1v8pO

そんな右曲がりをこうこうと見せ付けられ、
波平から感嘆の声がもれる・・・・

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:43:24.86 ID:I06q1v8pO

波平「まっ、まぶしい・・・・・・
なんて美しさだ・・・
ワシの老いた目では直視できんほどじゃっ!!」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:46:03.06 ID:I06q1v8pO

あまりの造形美に目を疑う!!!!!
波平は我を忘れて、そのタラコを無意識のうちにむさぼりつくっ!

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:47:40.20 ID:I06q1v8pO

ちゅゅゅゅぅぅぅぅーーーちゅゅゅゅぅぅぅぅーーーちゅゅゅゅぅぅぅぅーーーちゅゅゅゅぅぅぅぅーーーちゅゅゅゅぅぅぅぅーーーちゅゅゅゅぅぅぅぅーーーっっっっっっっっっぱっ!!

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:48:33.95 ID:I06q1v8pO

れろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろ・・・・・・・・・・

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:50:01.60 ID:I06q1v8pO

波平の口元から滴り落ちる蜘蛛の糸がキラリと光る・・・・・・・

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:52:02.89 ID:I06q1v8pO

波平は言葉を忘れ、ひたすらに・・・ただひたすらに赤ん坊の如く吸い続けていた

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:53:12.41 ID:I06q1v8pO

そんな沈黙を打ち破るかのようにアナゴが口を開く・・・・・

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:55:24.56 ID:I06q1v8pO

アナゴ「波平さん・・・・・・・どうでしょう?そろそろ・・・・
そんなに愛されたらさすがのボクでも登り詰めてしまいそうです・・・・・」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 20:57:33.04 ID:I06q1v8pO

荒く脈うつあらぶるタラコは、その到達が近い事を静かに知らせていた・・・・・・・・

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:15:18.77 ID:I06q1v8pO

ありがとうございます

ちゅゅゅゅーっっぽんっ!

アナゴは口から引き抜くと、波平のアヌスを激しく愛し始める・・・
マスオのそれと同様に・・・・・

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:18:05.72 ID:I06q1v8pO

菊門のシワの一本、一本、細かく繊細に・・・そしてむらなく、激しく、丹念に・・・・・・舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて・・・・・

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:19:08.88 ID:I06q1v8pO

舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて、舐めて・・・・・・

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:19:44.71 ID:I06q1v8pO

れろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろれろ・・・・・

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:20:27.85 ID:I06q1v8pO

ちゅっっぽんっ!ちゅっっぽんっ!ちゅっっぽんっ!ちゅっっぽんっ!ちゅっっぽんっ!ちゅっっぽんっ!ちゅっっぽんっ!

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:21:49.71 ID:I06q1v8pO

アナゴはその自慢の唇がすり切れるまで波平の大事な所を愛し続ける・・・

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:23:50.70 ID:I06q1v8pO

たっぷりと愛された波平のアヌスはいやが否にも反応し、下のお口はパックリと弛緩していた

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:26:57.29 ID:I06q1v8pO

波平「おおぉぉぉーーーーーんっ!きっ、気持ちいいっ!気持ちいいぞぉー、アナゴくん・・・・・・恥ずかしながら、生まれてこのかたこれほどの快楽を味わうのははじめてじゃゃゃぁぁぁぁー」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:28:42.93 ID:I06q1v8pO

アナゴ「なぁーに、こんなものは、名刺交換と変わらない、ほんのささいな挨拶がわりですよ!」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:31:29.75 ID:I06q1v8pO

口のまわりを、長年かけて育て上げた分身・・・・・・・波平のウンコで真っ茶色にさせながら、彼の期待をそそらせる・・・・

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:33:50.66 ID:I06q1v8pO

軽くアヌスへキスをすると、アナゴは立ち上がり、波平に獣の姿を要求する

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:36:43.10 ID:I06q1v8pO

そして、高く、高く、高く、高く、高く、誰よりも・・・・・・・
そしてどこよりも、ただ高く・・・
波平は天に向かって尻を突き上げた!

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:38:21.76 ID:I06q1v8pO

アナゴ「さーーあ、いきますょぉー、波平さぁん!」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:40:27.13 ID:I06q1v8pO

パンっパンっにそびえきるアナゴのタラコ・・・・・・・・
その、浮かび上がった血管からは、脈うつ音さえ聞こえてきそうだ・・・・

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:41:53.18 ID:I06q1v8pO

先程までの波平の狂おしいクンニでまだ微かにテカっている・・・

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:44:16.04 ID:I06q1v8pO

波平「はっ、早くしてくれぇぇぇーー!・・・・・・・・・ワシは期待のしすぎか胸の高鳴りが抑えきれんっ!・・・・動悸が激しくて苦しい・・・解放してくれぇぇぇーー!!!!」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:46:37.76 ID:I06q1v8pO

ずぷしゅぅぅーーっ!ずっぽっおぉぉぉーーーーーーーん、ずぷしゅぅぅーーっ!ずっぽっおぉぉぉーーーーーーーん、ずぷしゅぅぅーーっ!ずっぽっおぉぉぉーーーーーーーん、ずぷしゅぅぅーーっ

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:48:03.78 ID:I06q1v8pO

波平のアヌスは悦びのしぶきをあげるっ!

ピッタァァーーーんっ!ずっぽっおぉぉぉーーーーーーーん、ずぷしゅぅぅーーっべっちーーーっん

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:50:43.96 ID:I06q1v8pO

その菊門からは大量の潮っ!!!!!
撒き散らし、大自然の獣達のように深く、そして激しく愛しあっていた・・・

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:53:52.80 ID:I06q1v8pO

その貪るような行為は、辺りが夜のとばりに包まれ、静寂な闇が訪れようとも、構わず続けられていた・・・・

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:56:02.64 ID:I06q1v8pO

そのころマスオは脱け殻のような体を鞭打ち起こし、ふらつきながら街へと消えていった・・・・

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 21:58:21.47 ID:I06q1v8pO

これで終わればよかったのだ・・・
翌日
マスオ「・・・・アナゴくん・・・ボクは見てしまったんだ・・・キミがホテルへ入るのを・・・」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:00:27.68 ID:I06q1v8pO

マスオ「ひどいじゃないかぁぁーっ!ボクの事を愛してるって言ったのは嘘だったのかい?・・・早く答えてくれよぅ!」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:02:02.59 ID:I06q1v8pO

マスオはアナゴの肩に手を置き、激しく揺さぶりながら問いつめた

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:04:14.41 ID:I06q1v8pO

アナゴ「・・・・・・・・・・・・・・」

アナゴ(うーん、ここはどう答えるべきか・・・・・・・正直に答えるのは愚の骨頂・・・大人は質問に答えないっ!・・・)

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:06:44.58 ID:I06q1v8pO

アナゴ「すまない・・・・・フグ田くん・・・・・・・・・・・
仕事上での付き合いで、どうしても先方の依頼を断れなかったんだ・・・・・・・これは接待・・・・・・許してくれぇぇぇー!」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:10:06.98 ID:I06q1v8pO

神妙な面持ちで答えるアナゴ・・・・
マスオの頭に2人の楽しかった日々が浮かぶ・・・・・・・
溢れでる涙は止める事が出来ない!

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:11:25.78 ID:I06q1v8pO

マスオ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これきりだね?・・・・もう浮気をしないって誓うかい?」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:13:39.32 ID:I06q1v8pO

アナゴは内心ほくそ笑みながら、あくまで表情は暗く・・・犯してしまった過ちを全身で悔いる様子でマスオの問いへの答えを出す

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:17:20.50 ID:I06q1v8pO

純真なマスオにはポーカーフェイスアナゴの表情、裏を読むことなどかなうはずもなく、その言葉に激しく高揚し離れられなくなっていった・・・・

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:19:59.48 ID:I06q1v8pO

そして、平穏な日々・・・・・満ち足りた甘酸っぱい春の日々・・・
2人はあいも変わらず愛し合っていた・・・・・・・・


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:20:59.61 ID:I06q1v8pO

しかし不穏な影が、そんな2人に押し寄せる・・・・・・

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:22:31.31 ID:I06q1v8pO

悲しみは突然やってくる。足音も立てずに、後ろからそぉっと

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:25:21.31 ID:I06q1v8pO

お偉いさん「アナゴ君、ちょっといいかな?・・・・忙しくなければ例の支店の件なんだけど、テナントはキミに任せたいんだが、どうだろう?」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:28:13.91 ID:I06q1v8pO

お偉いさん「やってくれるかね?」

歯牙ない万年平社員のアナゴに、このパワーハラスメントへの抵抗が出来るはずもなく、渋々こうべをうなだれた・・・・・

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:30:10.88 ID:I06q1v8pO

アナゴ(まいったなぁ・・・・・また貴重なホリデーがサービス残業の露と消えるよ・・・・・)

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:31:47.08 ID:I06q1v8pO

ふさぎこむアナゴ・・・・・・こぼれ出るため息・・・・・・
そんなアナゴにマスオが近づく

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:33:20.18 ID:I06q1v8pO

マスオ「どうしたんだい?アナゴくぅん・・・元気ないじゃないかぁ?悩みでもあるのかい?」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:34:34.08 ID:I06q1v8pO

マスオ「水くさいなぁ、ボクには何でも打ち明けてくれよぉ?」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:36:22.24 ID:I06q1v8pO

マスオの優しい心遣い。 愛し合う2人には隠し事など通用しない

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:38:50.25 ID:I06q1v8pO

アナゴ「いやぁ、フグ田くん・・・・・お偉いさんから物件探しを頼まれたんだ・・・・・キミと過ごす貴重なホリデーが台無しだ・・・・それにいつまでかかることやら・・・・」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:40:59.45 ID:I06q1v8pO

悩みを吐きだしたアナゴの表情からは少しだけ影が消える
マスオ「なんだぁ、そんなことか!何を悩む事があるんだい?」

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:42:34.62 ID:I06q1v8pO

マスオ「ボクにコネがあるから使うといい、ボクの名刺を渡しておくよ!」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:44:40.79 ID:I06q1v8pO

アナゴは早速、次の休日ホリデーにマスオおすすめの花沢不動産へと足を伸ばした。期待と不安が入り混じる中、その扉を引く

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:48:01.93 ID:I06q1v8pO

親父「やぁ、いらっしゃい!!どんなご用件ですかな?」
親父は明るく接客をした、見た目通りの柔らかい物腰での対応

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:49:31.35 ID:I06q1v8pO

アナゴ「すいません、フグ田くんに紹介されてこちらに伺ったんですが、ちょっと・・・・」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:53:53.41 ID:I06q1v8pO

いくらマスオの紹介といえ、居ぬきでこの広さ・・・・三階以上、築10年以内、駅そば100メートル以内の商業ビルをこんなわずかな費用で借りれるとは、思えない・・・・

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:55:54.26 ID:I06q1v8pO

不安は的中する・・・・

親父「うーん、フグ田さんの紹介といえ、さすがにこれでは・・・・・」

難色を示す親父・・・・


193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:57:51.20 ID:I06q1v8pO

しかしその時電流走る・・・・・・!!

アナゴ(あれれー?・・・・・この親父、なに小指なんかおっ立てて・・・まさかっ!!)

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 22:59:16.66 ID:I06q1v8pO

アナゴ「・・・・・失礼な事を言いますが・・・もしかして、こっちの方も、お好きなのでは?」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:00:43.02 ID:I06q1v8pO

アナゴは拳の親指を高々とたてながら問いかける・・・・・

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:03:01.50 ID:I06q1v8pO

親父「!?」

ひた隠しにしていた事実を一見の客に看破され、冷や汗を流す・・・・
そして、沈黙が辺りを覆う・・・・・

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:05:52.49 ID:I06q1v8pO

恐る恐る伏していた目を上げ、客の顔を伺うと、そこには一点の陰りもないキレイな・・・吸い込まれるような、淡い茶色の瞳があった・・・・・

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:07:21.38 ID:I06q1v8pO

親父「まさかとは思いますが、貴方も・・・・・・・・・・・」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:10:48.34 ID:I06q1v8pO

ニッコリとまぶしい笑顔を振りまきながら、アナゴは深くうなずいた。

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:12:47.20 ID:I06q1v8pO

アナゴ「ご苦労されてきたんでしょうな・・・・・・・・わたしには痛いほど、貴方のお気持ちが分かります・・・・」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:14:51.37 ID:I06q1v8pO

2人は手を取り合い、きつくつないで分かち合う・・・・・
他人に分からぬその苦労の辛さを・・・・

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:16:51.12 ID:I06q1v8pO

やがて日が暮れ、辺りは闇に包まれる・・・・
大人たちのじかん・・・・・・・・・
神の時間・・・・・・・・・・

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:19:13.94 ID:I06q1v8pO

きつく手を取り合ったまま、2人はあのホテルへと吸い込まれていった

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:21:28.01 ID:I06q1v8pO

アナゴ「いやぁー、今日は暑かったですな!どうです?ご一緒にシャワーでも?」

アナゴの思わぬお誘いに胸踊る!

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:23:49.95 ID:I06q1v8pO

ハラリ、ハラリと一枚ずつ・・・ゆっくり親父の着衣がはだけていく・・・・
妙に色っぽい、洗練された脱ぎ方だ

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:26:17.13 ID:I06q1v8pO

そして、一糸纏わぬその姿に目を奪われた・・・・・・・・
アナゴ(キレイだぁー・・・・・他の誰よりも・・・・・長年かけて培ってきた美しさ・・・動きひとつひとつに無駄がないっ!)

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:29:22.82 ID:I06q1v8pO

あらわになった、乳輪っ!乳首っ!ワキ毛っ!陰部っ!鎖骨っ!上腕二等筋っ!・・・・・まるで全身から後光がさしているようだ・・・・・

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:30:47.31 ID:I06q1v8pO

親父の磨き抜かれた肉体美に感嘆の声が、自然とこぼれおちる・・・・・・・・・・

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:33:07.87 ID:I06q1v8pO

アナゴ「おっ、おやじさぁぁぁぁん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

人間は心から感動したときには、それを言葉に表す事が出来ないようだ・・・・・・

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:35:49.50 ID:I06q1v8pO

むせかえるような男臭が立ち込める・・・・・・・・・・
この目がしみる程の刺激臭は、さすがのアナゴも味わったことがないっ!

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:38:00.34 ID:I06q1v8pO

アナゴは胸いっぱいに香りを吸い込み、心ゆくまで堪能した・・・・

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:40:27.57 ID:I06q1v8pO

親父「んっ?どうしたんだい?アナゴさん・・・・・・・そんなところでつったって・・・・
さぁさぁ早く脱いで、男水いらずの風呂といきましょう!」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:42:47.00 ID:I06q1v8pO

不覚にもアナゴは心奪われ放心状態へと陥っていた・・・・・・
なんとか気をとりなすと、おもむろにふくを脱ぎ捨て、愛する親父の待つ風呂場へと走っていった・・・・・・・

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:44:54.99 ID:I06q1v8pO

ブクブクブクブクブクブクブクブクブクブクブクブクブクブク・・・・・・・・・・・
アナゴ御用達のこの高級ホテルはなんとジャグジー完備のスケルトン!!!!

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/21(火) 23:46:54.22 ID:I06q1v8pO

親父「ふあぁぁぁーーーーー!実にいい湯ですなっ?ここ何年も入ってないから隅々まで染み渡りますよ」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 00:00:29.60 ID:1QS03xdVO

ちょうどその頃・・・・・・・・

いつも明るい磯野家では・・・・・・・


236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 00:04:10.28 ID:1QS03xdVO

カチャ・・・カチャ・・・・・カチャ・・・カチャ・・・・・コトン

ちょうど夕飯時・・・会話のない無機質な時がこうこうと流れていた

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 00:07:53.76 ID:1QS03xdVO

ビクッ!・・・・

サザエの一挙一動に家族の視線が集まる・・・・

怯えきった食事、なにを食べても味がしない・・・・・・

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 00:10:34.60 ID:1QS03xdVO

サザエは暴君として君臨していて、逆らうものに一切の手心、一切の容赦はない!

そう、数年前のあの日からだ・・・こんな事になったのは・・・

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 00:13:45.90 ID:1QS03xdVO

サザエ「こらっ!カツオぉぉぉーっ!待ちなさーい!」

カツオ「ごめんよ、姉さん・・・・そんな大事な物とはおもわなかっ!!痛いっ痛いよ姉さんっ!」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 00:15:35.82 ID:1QS03xdVO

ほんのイタズラだったのだろう・・・・
ボクは何気ないこうした日常のやりとりを微笑ましく思っていた・・・・・・・・・なのに

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 00:18:07.86 ID:1QS03xdVO

ピッタァァーーーーーーーーんっ、ピッタァァーーーーーーーーん、ピッタァァーーーーーーーーん、ピシャッ、ばっちーーん!

カツオ「ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!ぎゃあぁぁぁぁ」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 00:19:33.20 ID:1QS03xdVO

カツオ「痛いよぉぉーー痛いよぉぉーー痛いよぉぉぇーーっ!!!!やめてっ!姉さん」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 00:21:18.87 ID:1QS03xdVO

マスオ(おやおや、またイタズラが見つかったのかな?コッテリ絞らてるみたいだ)

ピッタァァーーーーーーーーん、ばっちーーん!ずっぽっおぉぉぉーーーーーーーん、ピッタァァーーーーーーーーん、ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!ぎゃあぁぁぁぁ

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 00:23:44.98 ID:1QS03xdVO

けたたましい、悲鳴と騒音・・・・磯野家では何気ない昼下がりのうたかた、ごくありふれた光景である

マスオは部屋で趣味であるミステリー小説をよみふけっていた・・・・・

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 01:03:02.37 ID:1QS03xdVO

それがまさかあんなことになるなんて・・・・・・・・・

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 01:05:53.09 ID:1QS03xdVO

カツオ「もっ、もうやめてよぅぅ、姉さんっ!!ひっひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!!」
ぺっっちいいいぃぃぃーーーーんっ!!!!!!!!

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 01:19:33.67 ID:1QS03xdVO

薄笑いを浮かべ・・・・・・カツオへと歩みよる・・・・・・

サザエ「なによっ?その目は!!!あんたが悪い事をしたから叱ってるんじゃないっ!!怯えたフリしたって許さないんだからねっ!!!!」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 01:22:10.77 ID:1QS03xdVO

そして再び、ピッタァァーーーーーーーーん、ピッタァァーーーーーーーーん、ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!ぎゃあぁぁぁぁ。!ぺっっちいいいぃぃぃーーーーん・・・・・・

凄まじい破裂音、肉のはぜる音がなり響く・・・・・・・・

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 01:27:42.21 ID:1QS03xdVO

カツオ「わぁぁぁーーん、痛いよぉぉーー・・・姉さんっ!ひっ、ひっ、ぎゃあぁぁぁぁ。!ぺっっちいいいぃぃぃーーーーん!!!!ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 01:31:04.16 ID:1QS03xdVO

サザエは鬼の形相でカツオを責めたてる・・・・・・・・・
お洗濯の最中、ちょうど手にしていた布団叩きでカツオをタコ殴り、一方的な虐待という名の教育を行う

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:00:56.18 ID:1QS03xdVO

執拗に責められたカツオの真っ白な・・・・混じりっ気なしの雪・・・・透き通るようなキメ細かな肌、お尻は、その柔い薄皮は見るも無惨に破れ、赤い鮮血がほとばしる・・・・まるで日本さるさんのケツのように・・・・・・・

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:05:31.47 ID:1QS03xdVO

ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!ピッタァァーーーーーーーーん!!!!ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!ぺっっちいいいぃぃぃーーーーん!
小気味よい、いつかのオバサンのようなリズムでサザエは叩き続ける

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:07:40.18 ID:1QS03xdVO

血しぶきを上げながら、上目遣いでサザエを・・・・・そのつぶらな瞳で見据え、カツオは懇願する・・・・・・

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:09:19.36 ID:1QS03xdVO

カツオ「ひっく、ひっく、ひっく・・・もうやめてようぅ・・・・姉さん・・・・・・なんでここまで酷いことを・・・・」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:11:26.91 ID:1QS03xdVO

大粒の涙・・・・鼻水、涎・・・・失禁っ!!!!

体中の水分を垂れ流しての哀願・・・・

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:14:34.76 ID:1QS03xdVO

右と左の手をあわせ、一度は止まったかに見えたサザエ・・・・・・・・・・・・・・・そんなカツオ必死の願いむなしく、無情にもサザエの愛の教鞭・・・鉄槌は振りおろされる・・・・・

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:15:49.23 ID:1QS03xdVO

ぺっっちいいいぃぃぃーーーーん!ぺっっちいいいぃぃぃーーーーん!・・・・・・・
次第にカツオの悲鳴の声が小さくなる・・・・・・・・・・

284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:17:41.67 ID:1QS03xdVO

打ちつけられる悦び、その快楽を感じ始めているようだった・・・・

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:19:26.76 ID:1QS03xdVO

カツオ「いいっ!いいっ!いいっ!いいっ!もっとぉぉぉぉーーっ!!!!!もっとぉぉぉぉーーっ!!!!!ボクを激しく打ちすえてっ!!!!」

287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:20:30.65 ID:1QS03xdVO

しっとり湿った甘い吐息がこぼれおちる・・・・・・・・・


292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 02:57:53.87 ID:1QS03xdVO

サザエ「ああぁぁぁっ、ああぁぁぁっ、カツオぉぉぉー、ああぁぁぁっ、わたしはあんたが反省、ああぁぁぁっ、するまで止めないからねぇぇああぁぁぁっ!!!!」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:09:16.09 ID:1QS03xdVO

赤く頬を染め、体温はぐんぐんと上昇する・・・・・・・・・
この胸の高鳴り・・・・突き抜けるような高揚感!!
すっかりサザエは女の顔になっていた・・・・・・・・・

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:11:28.02 ID:1QS03xdVO

ピッタァァーーーーーーーーん!!!!ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!

繰り返される壮絶な場面・・・・・・

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:14:37.47 ID:1QS03xdVO

こぼれ滴る血液を舌で舐め拭い・・・・・
サザエのその様子は明らかに変わっていた・・・・・・・・

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:17:50.29 ID:1QS03xdVO

カツオ「いいよぉっ!いいよっ!いいっ!!いいっ!!いいっ!!イイっ!!!!もっと舐めまわしてっ!姉さん!!!!」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:21:49.14 ID:1QS03xdVO

ちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!ちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!ちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!・・・

カツオ尻を口いっぱいに頬張る!

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:24:06.53 ID:1QS03xdVO

ダイソンサザエはまさに一心不乱・・・無我夢中・・・・何かに追われるかのようにカツオの尻へとしがみつきながら吸い付く!

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:26:26.54 ID:1QS03xdVO

ちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!ちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!ちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!ちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!

先程までは真っ赤に染まっていた尻は、サザエ夢中のクンニ・・・その唾液、兄弟愛でゆっくり癒されていった

309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:28:14.96 ID:1QS03xdVO

カツオ「ねっ、姉さん・・・・・・
なんかボク、おかしいんだ・・・・・・・
股間の辺りがムズムズするよぅ・・・・・」

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:30:34.65 ID:1QS03xdVO

カツオは精通すらしていない未経験、世にいう童貞チェリーボーイなのだが、体は敏感に反応し、その高まりを感じていた・・・・・・・・

317 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:43:43.46 ID:1QS03xdVO

サザエは驚きの表情を隠せない・・・・・・・・・・・・・・
やはり、歳は離れているが血の繋がった実の兄弟!

波平とフネによる愛の営みによって精子と卵子が結合し、その結晶であるかけがえのない宝物

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:45:38.15 ID:1QS03xdVO

熱く上気したサザエ・・・・・彼女も同様に、性的欲求を感じ・・・・
体はカツオを求めていた・・・・・・

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:48:36.93 ID:1QS03xdVO

サザエ「かっ、カツオっ!あんた・・・・なんてことを・・・・・・・・・」

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 03:52:14.89 ID:1QS03xdVO

サザエは怒り狂い、カツオを精一杯・・・力の限り、ありったけの体力の限界までひり出して、彼の臀部を蹴り上げるっ!!

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:01:43.67 ID:1QS03xdVO

カツオ「ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!ひぎぃぃぃぃぃぃぃーーっ!」

ぶしぇえあぁぁぁぁぁぁぁぁぁっーー!!!!



325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:04:24.17 ID:1QS03xdVO

胃の内容物、大量の吐捨物を撒き散らしながらエビ反りに弧を描きながら舞うカツオ・・・・

327 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:07:41.05 ID:1QS03xdVO

アーチ型の虹を描きながらカツオは沈む・・・・・・・・・
それを間髪いれずにサザエは首根っこをつかみ、そして起こす!

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:11:43.51 ID:1QS03xdVO

サザエはカツオの両足を掴むと高々と吊し上げ・・・・・・・
その幼い、まだ小さいつぼみに嘔吐物を流しこんだ・・・・・・

331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:16:20.71 ID:1QS03xdVO

サザエ「バカがっ・・・カツオっ!!足りんっ・・・・!足りんのだ・・・!かき集めろ!嘔吐物っ、ゲロっ、吐捨っ!!邁進しろっ!!!!」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:22:36.63 ID:1QS03xdVO

サザエはその自由なカツオの手で己の内容物を集めさせる・・・・カツオは泣きじゃくり、号泣しながら集め、サザエはそのつぼみへと流し込む・・・・・・・・・・

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:24:46.58 ID:1QS03xdVO

無限に思われるこのサイクルにも限界は訪れる・・・・・・・・
ぶしぇえあぁぁぁぁぁぁぁぁぁっーーーー!!ぶしぇえあぁぁぁぁぁぁぁぁぁっーー

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:27:57.92 ID:1QS03xdVO

轟音を捻りだしながら、一気に噴射っ!!

霧吹き状になりながら全てを大解放したっ!!!!

わだかまりを払拭するかのように・・・・・・・・・・・

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:30:24.18 ID:1QS03xdVO

カツオ「キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!!!!」

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:33:47.20 ID:1QS03xdVO

カツオ「キタキタキタキタキタキタキタ、いいっ!!いいっ!!イイっ!!!!IIYOOo!NEESANN!!!!!!!!!!!!」

346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:37:23.70 ID:1QS03xdVO

カツオは未だかつてない刺激、前立腺への鋭い刺激に耐えきれず、歓喜の咆哮を上げた!!!!

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:39:57.09 ID:1QS03xdVO

サザエ「全くこの子は・・・・・
いつも部屋はちらかさないでって、言ってるでしょ?もぅ・・・・・・」

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:42:33.43 ID:1QS03xdVO

サザエは仕方なしにその場を流し・・・・・・・・・・・
カツオの膨れきったイチモツを口いっぱいに頬張り、キャンディーを舐めるかのように転がした

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:43:29.23 ID:1QS03xdVO


ちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!ちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!ちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!ちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!ちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:44:15.70 ID:1QS03xdVO

コロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!ちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!コロコロちゅぅぅぅぅーーっぱっ!!!コロコロちゅぅぅぅぅコロコロコロコロ・・・・・・・

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 04:47:21.86 ID:1QS03xdVO

卑猥な音たて頬張る!!

コロコロコロコロコロコロコロコロ・・・・・・・・・・

カツオ「くうぅぅぅゎーーーん・・・・」

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 05:00:43.98 ID:1QS03xdVO

サザエの口からは唾液があふれ、狂ったようにむさぼる・・・・・・・・・・・・・・

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 05:04:12.92 ID:1QS03xdVO

サザエはとめどなく溢れでる涎を拭いながらも、玉袋のシワの隅々まで吸い、舐めつくす・・・・・・・・・・深い兄弟愛・・・・・・・

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 05:08:07.07 ID:1QS03xdVO

カツオ「ひぃぃぃぃぃぃぃーーんっ!あひぃぃぃぃぃぃぃーーっ!」

カツオは未体験、生まれ初めての喜びにうちひしがれ、雄叫びを上げる

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 05:10:33.36 ID:1QS03xdVO

サザエも同様に湿りきった下腹部・・・・・・・・・・・・
ポタポタと下着に染み渡り床えとしたたる

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 05:13:05.55 ID:1QS03xdVO

サザエ「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・・・・・・・・・・カツオ・・・どうしてくれるの?あんたのせいだからね!!責任とりなさいよっ?!!」

370 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 05:16:26.59 ID:1QS03xdVO

サザエは疲れ切った人生を投げ捨て、生まれ変わるように自分の服を破り、かなぐり捨て・・・・・・・・・・その美しい体を露呈させた・・・・

371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 05:19:25.39 ID:1QS03xdVO

程よくしまったくびれ、ウエスト・・・・・
ツンとそそり立つ乳房・・・・・
そして薄いピンク、淡い色合いの乳首・・・・・・・・・
熟れきった下半身・・・・・・

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 05:22:36.03 ID:1QS03xdVO

性の入門者、チェリーカツオボーイにも、わからないなりにも興奮が、胸いっぱいにせせりあがる

374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 05:24:41.41 ID:1QS03xdVO

ちょっと低俗なサルヤロウがやばそうなんでペース落とします

376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 05:30:01.41 ID:1QS03xdVO

カツオ「ねっ、姉さん・・・・・・・・・・・・・・・なんだか姉さんのおっぱいを見ていたら・・・・・・・股間がはち切れそうだ・・・・・」

380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 05:39:49.28 ID:1QS03xdVO

ドックン、ドックンと脈打ち、ギンギンに隆起したペニスっ!血管の浮き上がったイチモツは、サザエの秘密の花園へといざなわれる・・・・・

384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 05:50:21.52 ID:1QS03xdVO

ひたすらに邁進するカツオ・・・・・
受け止めるサザエ・・・・・・・
血、湧き・・・肉、踊り・・・そして骨、焦がす、固唾をのむ攻防・・・・・・

385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 05:54:03.53 ID:1QS03xdVO

サザエ「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あんっ!あんっ!いいっ!!いいわぁぁーー・・・・カツオ・・・・あんっ!あんっ!」


386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 06:00:12.18 ID:1QS03xdVO

カツオ「ねっ、姉さん・・・・・・・・何かがこみあげてくるよ・・・・・・・・・到底我慢できそうにない!出てしまいそうだ・・・・・」

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 06:02:24.07 ID:1QS03xdVO

こみあげる何かは無知なカツオに分かるべくもない・・・・ただ、この終わりが近づいていることだけは、おぼろげに分かる・・・・・・

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 06:03:51.00 ID:1QS03xdVO

サザエ「あんっ!あんっ!あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、・・・・いいっ!!いいわぁぁーー!!全てぶちまけてっっっ!!!!!!!!!!!!」

390 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 06:06:27.52 ID:1QS03xdVO

大量の何かを吐き出そうとした瞬間、その結合部分が外れる・・・・・・・・・・・・
そして、空高く舞い上がる!!

391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 06:09:35.99 ID:1QS03xdVO

ガラガラガラ・・・

マスオ「おいっ、サザエっいい加減にカツオくんを叱るの・・・・・・・・っえ????」

ぷしゃぁぁぁどぴゅしぃぁぁぁぃぃぃーー・・・・・・・・・
べちゃっべちゃっぶべっちおぉーー・・・・・

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 06:13:11.21 ID:1QS03xdVO

ひり出され、宙を舞う白濁は・・・・・・・・・・・・・・
マスオのメガネを終着駅に到達した・・・・・・・・・・

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 06:16:29.60 ID:1QS03xdVO

長い長い旅を終えた白濁・・・・・ねっとりとメガネに絡みつく・・・・・・・・・・
マスオ「なっ、なんて事・・・・きっ、キミ達は・・・・・一体何を?」


398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 06:18:35.47 ID:1QS03xdVO

誰が見ても明らかなサザエの不貞・・・・・・・・・・・
しかも、その相手は実の弟!!
年の離れた・・・・・・・・・

399 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 06:21:59.82 ID:1QS03xdVO

しかし、サザエに悪びれる様子はなく、言葉巧みにマスオを追いやる・・・・・・・
こうして、サザエの激しいDVが始まった・・・・・・・


401 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/22(水) 06:26:50.58 ID:1QS03xdVO

きりがいいんで、続きは明後日に気のいい代行さんを見つけられたら書きます。さるよけどうもです、乙

代行さん・・・完結出来ずお約束を破って申し訳ない



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みくる「ハルヒ、お茶買ってきなさい」