キョン「なんだ、岡部か」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「あんた、何勃起してるのよ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 20:19:20.78 ID:zukMSo5vO

岡部「そこの二人。話があるから放課後に指導室まで来てくれ」

キョン「なんだ、岡部か」

岡部「なんだ!?呼び捨て!?一応教師ですけど!?」

キョン「谷口と国木田、お前らなんかしたのか?」

谷口「いや、今のはキョンと国木田を呼んでただろ」

国木田「え?キョンと谷口じゃないの?」

岡部「国木田がなんかするわけないだろうが!お前ら二人だ!!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 20:25:48.18 ID:zukMSo5vO

ハルヒ「キョン、あんたなんかしたの?」

キョン「いや、特別思い当たる節はないが…」

ハルヒ「そうよね。あんたに何かするような根性はないわ」

キョン「酷いな。まぁ実際そうなんだが」

キョン「なぁ谷口。お前なんか思い当たるか?」

谷口「まさか隠し持ってたエロ本がばれたのか?それとも更衣室のカメラ……いや、トイレかもしれん」ブツブツ

キョン「……色々思い当たるようだな」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 20:30:33.56 ID:zukMSo5vO

キ谷「「失礼します」」

岡部「うん、逃げずに来たな。よく出来ました」

谷口「」ビクビク

キョン「で、話ってなんなんですか?」

岡部「自分で何か思い当たらないか?」

谷口「アババババババ」

キョン「いえ、特にないですね。真面目に学生生活を送っているつもりですし」

岡部「真面目に?」

岡部「ならば」

岡部「これはなんだァァァァァァ!!」バンッ

谷口「ひぃ!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 20:35:03.78 ID:zukMSo5vO

キョン「成績表ですか?」

岡部「そうだぁ!今期のな!」

キョン「それがどうかしたんですか?」

岡部「まだ分からんか!?ならば言ってやろう!!」

岡部「主要教科ほぼ全滅ってどういうことだぁ!」

谷口「なんだ、そんなことでしたか」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 20:40:03.52 ID:zukMSo5vO

岡部「なんだぁあ!?真っ赤っかなんですけど!?谷口に至っては主要教科、全部赤点たんだぞ!?」

谷口「いえ、もっとヤバイこと想像してたので」

岡部「これよりヤバイ状況があってたまるかぁ!!!」

キョン「やっぱりちょっと赤点多かったですか?」

岡部「ちょっとじゃねーよ!多すぎんだよ!!赤点カーニバルだ!!」

谷口「赤点カーニバルですか。楽しそうですね」

岡部「楽しくねぇよ!このやろぉォォォォオォォ!!!!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 20:45:16.01 ID:zukMSo5vO

岡部「ハァハァ、いいかよく聞け」

キ谷「「…」」

岡部「お前らこのままだと留年するぞ」

キョン「!!」

谷口「それは少し困りますね」

岡部「もっと困れヤァァァアァァァ!」

キョン「ど、どうしましょう」

岡部「正直、留年者を出すのは学校的にマズイんだ。だから…」

キ谷「「だから?」」

岡部「一ヶ月後に赤点だった教科のテストを行う」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 20:50:03.03 ID:zukMSo5vO

キョン「頑張ります!」

谷口「え〜テストぉ?」

岡部「ちなみに、このテストでも赤点とったら自主退学してもらうからな」

谷口「頑張ります!!超頑張ります!!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 20:55:10.93 ID:zukMSo5vO

谷口「マズイな」

キョン「ああ、非常にマズイ」

谷口「でもまぁ、やるしかねぇだろうな…。国木田にでも勉強教えてもらうか」

谷口「キョン、お前どうするんだよ?」

キョン「俺は…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 21:01:02.80 ID:zukMSo5vO

キョン「……」ガチャ

ハルヒ「遅いわよキョン!!」

キョン「あぁ、すまん」

古泉「元気ありませんね。どうかなされたんですか?」

キョン「……」ジーッ

ハルヒ「なっなによ///」

長門「……」ジーッ

みくる「キョン君?」

古泉「んっふ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 21:06:03.49 ID:zukMSo5vO

ス〜ゥ
キョン「勉強教えて下さい!!」

ハルヒ「は?いきなりどうしたのよ?」

キョン「いや、実はさっき岡部にかくかくしかじか…」

ハルヒ「はぁ!?留年!?あんたそんなに頭悪かったの!?」

古泉「これは困りましたね」

キョン「あぁ、だから勉強教えてくれないか?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 21:11:54.78 ID:zukMSo5vO

ハルヒ「いいわ!SOS団から留年するバカなんて出せないわ!!」

ハルヒ「みんな!この一ヶ月間は不思議探索も中止!全部キョンの勉強に捧げるわよ!!」

古泉「非常によい考えかと。」

みくる「キョン君、頑張りましょうね」

長門「……」ジーッ

キョン「みんな、アリガトウ。俺、明日から頑張るよ」

ハルヒ「今日からに決まってんでしょ!!」バシッ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 21:15:13.41 ID:zukMSo5vO

ハルヒ「それで、何教科落としてるのよ」

キョン「国(現、古)・数・世界史・英だ」

ハルヒ「全滅じゃない…」

キョン「失礼な、化学は赤点じゃないぞ」

ハルヒ「似たようなもんよ」

古泉「四教科ですか。それでは一人一教科教えるというのはどうでしょう?」

ハルヒ「そうね、そうしましょう。そっちの方か教える側も集中出来るわ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 21:20:02.79 ID:zukMSo5vO

キョン「甘いな、ハルヒ」

ハルヒ「何がよ?」

キョン「教える側が集中しても教えられる側が集中しなかったら意味ないんだぞ?」

キョン「その辺りまでちゃんと考えないとな」

ハルヒ「」ピキ

みくる「」ピキ

古泉「」ピキ

長門「」ジーッ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 21:25:30.66 ID:zukMSo5vO

ハルヒ「じゃあキョンだった物体に教える担当教科を決めましょう。」

ハルヒ「みんなやりたい教科はある?」

ハルヒ「ちなみに私は数学ね!」

みくる「英語なら大丈夫だと思います」

長門「現文・古文」

古泉「じゃあ世界史にしましょうか。」

キョン「うん、それっぽい配置だな」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 21:29:37.67 ID:zukMSo5vO

ハルヒ「今日は時間ないしキョンがどれくらいバカかのテストをするわ」

キョン「失礼な」

ハルヒ「みんな20分ぐらいで解ける簡単な問題を作ってちょうだい」

キョン「ヨロシク頼む」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 21:35:04.93 ID:zukMSo5vO

谷口「国木田ぁ!一生のお願いだ!助けてくれ!!」

国木田「大袈裟だね。どうしたの?ついに盗撮見つかった?」

谷口「いや、そっちはまだ大丈夫だ」

国木田「それはそれで問題だね」

谷口「俺に勉強を教えてくれ!」

国木田「えぇ!?谷口大丈夫!?ずっと無くしてた頭のネジを見付けちゃったの!?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 21:40:21.26 ID:zukMSo5vO

国木田「そっか。退学かぁ」

谷口「頼む!退学はマズイんだ」

国木田「うーん、ボクはいいけど流石に一人で全教科はつらいかな」

国木田「他に誰か教えれる人探さないと」

谷口「ならば話したことないけど阪中さぁァァァん!!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 21:45:28.82 ID:zukMSo5vO

古泉「これは…」

ハルヒ「流石にマズイわね」

長門「予想以上」

みくる「一ヶ月で間に合うんでしょうか…」

キョン「えっ?そんなにマズイか?」

ハルヒ「言い足りないぐらいだわ。」

キョン「そんなにかぁ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 21:50:28.90 ID:zukMSo5vO

ハルヒ「みんなが出した問題は基礎の基礎の基礎よ」

キョン「そんなまさかぁ。」

ハルヒ「有希もみくるちゃんも古泉君も、勿論あたしも中学レベルの問題しか出してないわよ」

ハルヒ「なのに半分しか取れないなんて…」

キョン「半分も取れてたのか」

ハルヒ「半分しかよ!!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 21:55:17.28 ID:zukMSo5vO

キョン「だがなハルヒ」

ハルヒ「なによ」

キョン「お前の問題が間違えてるのもあるんだぞ?」

ハルヒ「えっ?ウソ、確かめたのにな。どこ?」

キョン「ほらここ、数学なのにXとかYとか英語が混じってる」

長門「oh……」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 22:00:51.15 ID:zukMSo5vO

古泉「すみませんが貴方はどうやってこの学校に入られたんですか?」

キョン「ん?普通に試験を受けて入ったが」

古泉「ならばこの程度は解けるはずなのですが…」

古泉「と、言いいますかこんなふざけたことは言わないと思うのですが」

キョン「あぁ、知識とかそういうのは中学に置いてきた」

古泉「いますぐ取りに帰ってください」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 22:05:41.09 ID:zukMSo5vO

阪中「分かったのね。快く協力させてもらうのね」

谷口「アリガトウ、阪中!今度デートしようぜ!!」

阪中「それは遠慮しとくのね」

国木田「じゃあ先ずはこの問題解いてみてくれる?」

谷口「え?今日からやるのか?」

阪中「この人ホントにダメな人なのね」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 22:10:19.12 ID:zukMSo5vO

キョン「ただいま」

キョン妹「おかえり〜ってなんか元気ないね〜」

キョン「ああ、今から中学に忘れ物を取りに行かないといけないからな。憂鬱なんだ」

キョン妹「お母さ〜ん。キョン君が学校辞めさせられたんだって〜」

キョン「待てぃ!まだだ、まだ!!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 22:15:26.65 ID:zukMSo5vO

ハルヒ「ちゃんと昨日だした宿題やってきた?」

キョン「ん?おう、やってきたぞ。こんなに勉強したのは久しぶりだ」

ハルヒ「へぇやるじゃない。結構量多めに出したのに」

キョン「まぁ頼んでる身だしな。やるに決まってるさ」

ハルヒ「ただ、間違えまくってるわね。今日の放課後復習するわよ」

キョン「むぅ」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 22:19:52.46 ID:zukMSo5vO

国木田「谷口、昨日の帰りに出した宿題やってきた?」

谷口「あぁそのことなんだが問題が発生してな」

阪中「問題?」

谷口「問題の漢字が読めんかった」

阪中「」フラッ

国木田「阪中さぁぁぁん!!!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 22:32:06.04 ID:zukMSo5vO

キョン「今日で半月たったのか。テストももうすぐだな」

谷口「我ながらこんなに勉強出来るとは信じられないぞ」

キョン「まて、まだ感傷的になるな。まだ半分だ」

谷口「そうだな。すまんキョン。ゆっくり頑張ろう」

キョン「まて、ゆっくりはマズイ。あと半月だ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 22:44:25.17 ID:zukMSo5vO

ハルヒ「さぁ今日からはテスト週間よ」

ハルヒ「あとテストまで二週間よ!ここで六割七割は取らないと間に合わないから頑張りなさい!!」

キョン「よし、英語からだな」

みくる「キョン君頑張ってくださいね」

キョン「えぇ、お願いします」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 22:52:30.21 ID:zukMSo5vO

古泉「大丈夫でしょうか。結構ショックを受けていたようですが。」

ハルヒ「大丈夫ではないでしょうね、全教科半分ぐらいしか取れてなかったから」

みくる「間に合うでしょうか」

長門「保障はない」

ハルヒ「保障がなくてもやるしかないのよ。それに赤点は60点以下だからわからないわ」

ハルヒ「まだ一週間あるもの」

みくる「そう…ですね」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 23:04:19.76 ID:zukMSo5vO

谷口「よう、調子はどうだ?」

キョン「あまり良くはないな。今週ハルヒ達が作ってくれた模擬テストをやったんだが見事に赤点カーニバルだ」

谷口「俺も似たようなもんさ。」

キョン「ちょっと熱が冷めちまったな」

谷口「自分勝手なやつだなキョン。」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 23:18:31.98 ID:zukMSo5vO

谷口「俺は諦めずにやるぜ?」

谷口「じゃないと国木田と阪中に申し訳ない」

キョン「…」

谷口「それに、まだ学校にいたいからな!色んな意味で!!」

谷口「じゃーなキョン!テスト俺だけ受かるかもなー!!」

キョン「俺だってそうさ…」

キョン「まだ学校にいたい。」

キョン「色んな意味ではないが」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/08(木) 23:30:35.26 ID:zukMSo5vO

長門「…」

キョン「どうした?」

長門「恐らく今のあなたでは全教科クリアは難しい」

キョン「…」

長門「あなたが望むなら情報操作を…」

キョン「いや、止めとくよ」

長門「なぜ?」

キョン「なんか悔しいだろ?ここまでやって最後はズルなんて」

キョン「それに俺の為に必死になってくれた皆に悪いしな」

キョン「だから最後までやってみる。長門、悪いな」

長門「いい。厚かましいことをした」

キョン「そんなことないさ、ありがとな」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 00:34:15.06 ID:Sl1KRd0PO

キョン「明後日か。テスト」

ハルヒ「出来そう?」

キョン「わからん。だが出来なきゃダメだろう」

ハルヒ「わかってるだろうけど落ちたら死刑だからね!」

キョン「あと、二日。頑張ってみるよ」

キョン「死刑は嫌だからな」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 00:44:15.49 ID:Sl1KRd0PO

みくる「こんばんはぁ」

古泉「夜分遅くに申し訳ありません」

長門「…」

キョン「まだ22時だがな。どうしたんだ?一体」

古泉「最終チェック用の資料を持って来たんですよ。みなさん同じ用事です」

みくる「あと二日、いえほとんど一日ですね」

みくる「この一ヶ月頑張ってきたキョン君なら大丈夫です!」

キョン「古泉、朝比奈さん」

長門「これ、差し入れ」

キョン「長門…」

長門「カレー。お腹が空いたら食べて」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 00:53:57.28 ID:Sl1KRd0PO

キョン「みんな、本当に…」

古泉「その言葉はまだいいですよ。結果が出た時言ってもらえればね」

古泉「それでは勉強の邪魔になりますしもう帰りますね」

キョン「ああ、じゃあ月曜日に」

みくる「さようならぁ」

長門「また」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 01:02:20.81 ID:Sl1KRd0PO

ハルヒ「キョン!起きなさい!!もう7時よ」

キョン「ハルヒ?」

ハルヒ「テストは明日なんだから何時までも寝ない!」

キョン「お前…どうやって入ってきた?」

ハルヒ「妹ちゃんが入れてくれたわ!そんなことより、さっさと顔洗ってスッキリしてきなさい!!」

キョン「分かった、分かったから俺から降りろ」

キョン「これじゃあ何時までたっても起きれん」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 01:09:39.10 ID:Sl1KRd0PO

ハルヒ「ふーん」

キョン「どうしたんだ?」

ハルヒ「そこそこ解けるようになったのね」

キョン「そりゃどうも」

ハルヒ「そこっ計算ミスってるわよ」

キョン「む、しまった」

ハルヒ「勿体ないわよ、そういうの」

ハルヒ「ちゃんと確かめないと」

キョン「了解」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 01:16:18.62 ID:Sl1KRd0PO

キョン「もう12時か。ハルヒ、そろそろ飯食わないか?」

ハルヒ「そうね。休憩がてらご飯食べましょ。なんにする?」

キョン「昨日長門が持ってきてくれたカレーがあるんだ。それ食おうぜ」

ハルヒ「有希が来たの?」

キョン「ああ、昨日の夜に古泉と朝比奈さんと一緒にな」

ハルヒ「ちゃんとお礼言った?」

キョン「まだだ。テストの結果が出たとき言うんだ」

ハルヒ「そっ、じゃあちゃんと合格しなきゃね」

キョン「勿論だ」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 01:25:37.51 ID:Sl1KRd0PO

ハルヒ「あー、あとあたし今日泊まるからね」

キョン「いや、いい」

ハルヒ「遠慮しない!ギリギリまでまで教えてあげるわ!!」

ハルヒ「学校も一緒に行って応援してやるわよ」

ハルヒ「ついでに谷口の分もね!!」

キョン「そっか、じゃあ宜しく頼むよ」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 01:33:28.94 ID:Sl1KRd0PO


キョン「ハルヒ、寝てていいんだぞ?今、暗記ものやってるんだし」

ハルヒ「あたしはアンタが寝ないように見とく係りなの」

ハルヒ「あたしの心配するなら一つでも多く覚えなさい。」

ハルヒ「皆そのために資料作ってきてくれたのよ?」

キョン「……そうだな、そうするよ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 01:40:42.59 ID:Sl1KRd0PO

ハルヒ「」スースー

キョン「寝たか、まぁ空も白んできたしな」

キョン「そもそもハルヒは関係ないしな」

キョン「このままじゃ風邪ひきそうだし、ベッドに寝かしといてやるか」

キョン「よっと、軽いな」

キョン「ハルヒ……ありが…………」

キョン「いや、今じゃないよな」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 01:49:02.90 ID:Sl1KRd0PO

キョン「ハルヒ、起きろ。俺学校行くから」

ハルヒ「っん……キョン?」

キョン「寝ぼけてるな」

ハルヒ「キョン!あれ!?あたし何時寝ちゃったの!?」

キョン「三時間ほど前だな」

ハルヒ「しまったわ。キョン、ちゃんとやってた?」

キョン「バッチリだ」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 01:55:55.11 ID:Sl1KRd0PO

キョン「やっぱり朝はまだ寒いな。」

ハルヒ「…」

キョン「ハルヒ?」

ハルヒ「…」ギュッ

キョン「え?」

ハルヒ「おまじないよ。落ちないようにね」

キョン「おお、じゃあこれでもう落ちないな」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 01:57:33.91 ID:Sl1KRd0PO

ハルヒ「頑張りなさいよ。今日の為にやってきたんだから」

キョン「あぁ。ケアレスミスは絶対しない」

ハルヒ「あとついでに谷口も頑張りなさい。」

谷口「ついでかよwでもありがとよ!」

ハルヒ「阪中さんから聞いてたわ。そこそこやってたって」

谷口「辛口だなw」

ハルヒ「ほら、さっさと行く!」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 02:04:52.59 ID:Sl1KRd0PO

ハルヒ「はーっ、ねっむいわ。部室で寝てよ…」ガチャッ

古泉「おや、涼宮さんも来ていらしたんですか」

みくる「お茶煎れますね」

長門「…」ペラッ

ハルヒ「ははっ、皆来てたの?心配性ね」

長門「それは、あなたも同じ」

ハルヒ「うっ」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 02:09:07.77 ID:Sl1KRd0PO

岡部「よし、集まったな。国(現、古)・数・世界史・化学・英語の順番でやるからな」

キョン「はい」

谷口「これだとキョンが待つことになっちまうな」

キョン「いいさ、その分勉強できる」

岡部「9時から始めるからな。頑張れよ、おまえら」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 02:15:22.58 ID:Sl1KRd0PO

谷口「ふーっ!終わったぁぁ!!家帰って爆睡したいぜ」

キョン「オレもだ。これ以上は体がもたん」

岡部「結果は水曜日に出すからな。」

キョン「水曜日か。生きた心地がしないだろうな」

谷口「全くな…ん?あれ涼宮たちじゃないか」

キョン「待っててくれたのか…」

谷口「つーか、全員いねぇか?」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 02:18:46.06 ID:Sl1KRd0PO

キョン「本当だ」

谷口「ほら、行ってこいよ」

キョン「なにを言ってるんだ?一緒に行こうぜ」

谷口「SOS団の中に入って行く勇気はねぇよ」

キョン「眠すぎて目がおかしくなってるのか?」

谷口「は?」

キョン「奥見てみろよ」

谷口「あっ…」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 02:22:59.42 ID:Sl1KRd0PO

――水曜日・部室――

ハルヒ「あーっもう!!何時まで待たせんのよバカキョン!!」

みくる「お茶を飲んで落ち着いて下さい、涼宮さん」

阪中「気持ちはわかるのね」

国木田「自分のことみたいにドキドキするよね」

古泉「そうですね。いえ、ある意味それよりドキドキしてるかもしれません」

長門「帰ってきた」

ハルヒ「え?」

ガチャッ

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 02:26:27.89 ID:Sl1KRd0PO

キョン「よう」

谷口「うーっす」

ハルヒ「どうだった?」

谷口「いきなりかよ」

ハルヒ「早く!」

キョン「退学は免れたよ。二人ともな」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 02:31:16.13 ID:Sl1KRd0PO

ハルヒ「まっ当然ね!!あたし達が教えたんだもん!」

ハルヒ「じゃあ行くわよ!」

キョン「どこに?」

ハルヒ「ファミレス!!」

キョン「なにしに?」

ハルヒ「ご飯食べによ!!勿論アンタ達のおごりでね!」

谷口「もうちょっと頑張ったね!とか良かったね!とかが欲しい…」

ハルヒ「そもそもの原因は自分でしょ?甘えたこと言わない!」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 02:33:29.58 ID:Sl1KRd0PO

キョン「あー、えーっと」

ハルヒ「なに?アンタもなんかあんの?」

ハルヒ「奢りはいやだとか言うんじゃないでしょうね。そんなのは却下よ!!」

キョン「いや、そういうんじやなくてだな」

ハルヒ「なくて?」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 02:35:23.79 ID:Sl1KRd0PO

谷口「キョン、やっぱり言うのか?」ヒソヒソ

キョン「当たり前だろ、嫌なのか?」ヒソヒソ

谷口「そんなわけねぇだろ、でもちょっとハズイ」ヒソヒソ

ハルヒ「なーにコソコソしてんのよ」

国木田「そうだよ、谷口らしくない」

キョン「よし、じゃあ言うぞ」

ハルヒ「なによ」

キョン「みんな、本当にありがとな」
谷口 「みんな、本当にありがとう」


〜FIN〜

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/09(金) 02:38:29.43 ID:Sl1KRd0PO

終わったー
見てくれた人アリガトウございました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「佐々木と付き合って佐々木の出方をみる」