キョン「きのことたけのこ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「甘えん坊」

ツイート

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:01:45.61 ID:xpBumGEs0

ハルヒ「そうよ!きのこの山とたけのこの里ってあるでしょ!」

キョン「あのお菓子か。うまいよな」

ハルヒ「大事なのはどっちが美味しいかなのよ!」

キョン「そりゃあきのこに決まってるだろ」

ハルヒ「は?」

古泉「んっふ」

みくる「ふぇえええ」

ハルヒ「あんた頭おかしいの?それとも舌?」

みくる「キョンくんがとち狂ったですぅ〜」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:02:36.85 ID:xpBumGEs0

キョン「いやいや、きのこの山のほうが美味しいだろ」

ハルヒ「どうやったらきのこになるのよ!たけのこに決まってるでしょ!」

みくる「そうですぅ〜、キョンくんは味覚障害ですぅ〜」

古泉「僕もたけのこが好きですね」

キョン「いーや!ハルヒ!たけのこよりきのこのほうがうまい!」

ハルヒ「何言ってんの?きのことかチョコしか美味しくないじゃない」

みくる「きのこのクラッカーの部分はまずいですぅ〜」

古泉「たけのこのクラッカー部分はチョコと非常に密接しているのでおいしいですね」

ハルヒ「古泉君とみくるちゃんはよく分かっているようね!」

キョン「何言ってやがる!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:03:36.34 ID:xpBumGEs0

ハルヒ「しつこいわよあんた!きのこのどこがおいしいのか説明してみなさいよ!」

キョン「きのこのチョコとクラッカーを一緒に食べるのは勿論別々に食べたりできる万能型だからきのこのほうが美味い!」

ハルヒ「あのクラッカーを別で食べるとかあんたほんとに病院行ってきなさいよ!」

みくる「ついでにたけのこでも買ってくるですぅ〜」

古泉「機関の病院を紹介致しましょうか?」

キョン「ぐっ…!まるで話が通じない…!」

ハルヒ「3対1でたけのこ派の勝ちよ!さっさと病院に行くついでにたけのこの里でも買ってきなさい!」

キョン「いや!まだだ!まだ長門がどちらなのか分からないぞ!」

みくる「まな板はどうでもいいんですぅ〜」

古泉「長門さんはどちらでしょうかね」

ハルヒ「有希!あんたはどっちなの!?」

キョン「どっちなんだ長門?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:04:49.20 ID:xpBumGEs0

長門「…きのこ」

ハルヒ「!」

キョン「そらみろ!長門さんよく分かってらっしゃる!」

みくる「まな板のくせに生意気ですぅ〜」

古泉「なるほど…」

ハルヒ「くっ…!でも有希が加勢したところで3対2よ!有希と一緒に病院にでも行ってきなさい!」

俺「いいや俺もきのこだ!たけのこ(笑)」

長門「あなたはよく分かっている」

みくる「出てくんなですぅ〜」

キョン「どうだ!これで3対3だぞ!一緒に病院でも行くか?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:06:08.38 ID:xpBumGEs0

ハルヒ「ぐぐ…!こうなったら手当たり次第北高生に聞くまでよ!」

キョン「望むところだ!きのこの圧勝に決まってる!」

みくる「きのこなんてもう在庫処分ですぅ〜」

古泉「そういえば機関のメンバーがどちらか聞いていませんね…」

ハルヒ「さぁ校舎に残ってる生徒を尋問するわよ!」

長門「徒労。きのこの勝ちは決まっている」

みくる「たけのこの勝ちが既定事項ですぅ〜」

古泉「神人はどちらなんでしょうか…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:07:31.98 ID:xpBumGEs0

――――

場所は変わりましてハルヒたちの教室

ハルヒ「まだ残ってるわね!まずアホの谷口からよ!」

キョン「おい谷口!」

谷口「な…なんだよ…お前ら揃って…」

キョン「お前はきのこの山が好きだよな!」

谷口「…そりゃあきのこに決まってるさ、たけのこはまずいだろ」

ハルヒ「…!このアホ谷口!きのこなんて食ってるから頭が悪いのよ!」

キョン「これで4対3だ!」

ハルヒ「まだ始まったばかりよ!次はあんた!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:08:50.27 ID:xpBumGEs0

国木田「え…きのこかたけのこだったら…たけのこじゃないかな」

キョン「国木田!貴様!」

国木田「えっ…まさかキョンはきのこなのかい?よく食べれるね」

ハルヒ「ほら見なさい!たけのこを食べてるから頭がいいのよ!」

キョン「頭は関係ない!」

朝倉「もうちょっと静かにしてほしいな」

ハルヒ「!朝倉さん!あなたはきのことたけのこどっちなの?!」

朝倉「あのお菓子のこと?それは…たけのこかな」

長門「情報連結の解除を申請する」

ハルヒ「あさk…あれ?私誰と話してたのかしら」

キョン「しるか!今のところ4対4だな!」

ハルヒ「まだ互角!…あっ!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:10:20.03 ID:xpBumGEs0

古泉「おや…あれは生徒会長さんですね…そして喜緑さんも」

キョン「次はあいつらだな!」

ハルヒ「言われなくてもそうするわよ!」

生徒会長「なんだやかましい。学校内では静かにしていろ」

ハルヒ「そんなのどうでもいいじゃない!あんたはどっちが好きなのよ!」

生徒会長「マルボロ…だな」

ハルヒ「あんたの煙草の趣味じゃないわよ!きのこかたけのこかよ!」

生徒会長「煙草と大声で言うな。そうだな…私はきのこだな」

キョン「!」

古泉「んっふ」

みくる「煙草の趣味もお菓子の趣味も悪いですぅ〜」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:11:44.03 ID:xpBumGEs0

ハルヒ「〜!喜緑さんは!」

喜緑「そうですね…わたしはたけn…」

長門「…」

喜緑「きのこです」

ハルヒ「むきーっ!」

キョン「もう勝敗は見えてるんじゃないか?6対4だぞ」

みくる「味覚のおかしい奴が多いですぅ〜」

長門「あなたは少し黙るべき」

みくる「デフォルトで黙ってるまな板はすっこめですぅ〜」

長門「…」イラッ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:13:05.47 ID:xpBumGEs0

古泉「すいません…閉鎖空間が広がってきたようなのですが…」

キョン「今回ばかりは譲れん!ハルヒのわがままもこればかりは聞けん!」

古泉「たけのこのほうがおいしいですよ」

キョン「いーやきのこだ」

ハルヒ「そうだ古泉君!森さんと荒川さんにも聞いてみなさいよ!」

古泉「森さんと荒川さんですか…今仕事中だと思われるのですが…」

ハルヒ「仕事よりたけのこよ!早く聞いて頂戴!」

古泉「分かりました…ハイ…キノコトタケノコ…ソウデスカハイ…」

キョン「どうだったんだ?」

ハルヒ「早く聞かせなさい!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:14:36.45 ID:xpBumGEs0

古泉「森さんがきのこで荒川さんはたけのこのようです」

ハルヒ「荒川さんは良く分かってるけど森さんはまだ修行がたりないわね!」

キョン「荒川さんはたけのこか…」

長門「これで7対5」

ハルヒ「もう!たけのこが少ないってどういうことなのよ!」

キョン「勝負あったな」

ハルヒ「決めるにはまだ早いわよバカキョン!」

みくる「あっ!鶴屋さんですぅ〜」

鶴屋さん「どうしたにょろ?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:16:30.50 ID:xpBumGEs0

みくる「きのこ好きの基地外が多いんですぅ〜」

鶴屋さん「それは大変っさ!私はたけのこが好きにょろ!」

ハルヒ「さすがは鶴屋さんね!たけのこに限るわよね!」

鶴屋さん「きのこはあまりおいしくないにょろ!用事があるから失礼するっさ!」

ハルヒ「これで7対6よ!」

キョン「まだ俺たちのほうが上だ!」

俺「そうだそうだ!」

ハルヒ「うるさいわね!次はコンピ研に乗り込むわよ!」

キョン「ふん!結果は変わらんさ!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:18:02.52 ID:xpBumGEs0

―――

続きましてコンピ研部室

コンピ研部長「な…なんだ君たち!もうくれてやるものはないぞ!」

ハルヒ「今日は機材をもらいにきたわけじゃないわ!簡単なアンケートよ!」

キョン「きのことたけのこどっちが好きですか!」

部長「アンケート?…きのことたけのこかだったら…たけのこじゃないか?」

ハルヒ「たまにはいいこと言うじゃない!」

長門「あなたには失望した」

部長「うわっ!長門さん!」

長門「部室に存在する端末を全てジャンクにした。再起不能。」

部長「うわあああああああ!!!」

キョン「いいぞ長門もっとやれ!たけのこなんてぶっ潰せ!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:17:27.70 ID:3h1S9LZx0

俺もたけのこ派に加勢したい

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:21:06.91 ID:xpBumGEs0

ハルヒ「もうそいつに用はないわ!これで互角ね!」

古泉「7対7ですか…閉鎖空間は縮小してくれたようです」

ハルヒ「次は…どこに行こうかしら」

>>19「俺はたけのこが好きだー!」

キョン「誰だこいつ」

俺「エキストラ」

長門「誤差の範囲」

ハルヒ「これで8対7よ!」

キョン「くそっ…!これは予想外だった…」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:23:08.99 ID:xpBumGEs0

長門「…」

ハルヒ「…!あれはENOZのメンバーね!」

榎本「どうかした?涼宮さん?」

ハルヒ「きのこかたけのこどっちが好きか集計してるんだけど…どっちが好き?」

榎本「そうねえ…私はたけのこかな」

中西「私はきのこがいいな」

岡島「たけのこよね」

財前「きのこじゃない?」

古泉「半分に分かれましたね…」

みくる「10対9ですぅ〜」

ハルヒ「むうううう…埒が明かないわね…」

キョン「もうきのこの勝ちでいいだろう」

ハルヒ「何言ってんのよ!たけのこがきのこに劣るわけないでしょ!」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:25:13.92 ID:xpBumGEs0

キョン「他に誰に聞けばいいんだ?…あれは…担任の岡部か」

ハルヒ「岡部はきっとたけのこね!」

キョン「いいやきのこだ」

岡部「どうしたお前たち…校舎の中はあまり走りまわるなよー」

ハルヒ「ねえ!きのことたけのこどっちが好きなの!」

キョン「きのこですよね!」

岡部「お、キョンはきのこか。実は俺もきのこなんだ」

ハルヒ「なんですって!!」

岡部「うわっ!どうした涼宮!」

ハルヒ「話にならないわ!早く行くわよ!」

キョン「これで10対10だな…いい加減負けを認めたらどうだ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:26:21.36 ID:xpBumGEs0

ハルヒ「ぐぐ…!そうだ!キョン!あんたの家に妹ちゃんがいたでしょ!」

キョン「居るがそれがどうした」

ハルヒ「聞きに行くに決まってるじゃない!早く行くわよ!」

キョン「はぁ…やれやれ」

―――
そしてキョンの家

ハルヒ「ねえ!妹ちゃんはきのことたけのこどっちが好きなの?」

キョン「どっちなんだ」

みくる「早く答えるですぅ〜」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:28:54.05 ID:xpBumGEs0

キョン妹「たけのこがいいな〜」

キョン「なっ!」

ハルヒ「これで11対10よ!」

キョン「ぐう…」

ハルヒ「早く負けを認めなさい!」

長門「…ナンタラカンタラ」

シャミセン「私はきのこだ」

ハルヒ「えっ」

キョン「は?」

古泉「おや」

みくる「きのこ好きの猫なんて保健所行きですぅ〜」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:30:24.62 ID:xpBumGEs0

ハルヒ「しゃべっ…た?」

キョン「心の声だ。とにかくこれで11対11だ」

ハルヒ「ぐぐぐ…!」

キョン「さあどうする!」

ハルヒ「〜!」

みくる「あそこにちょうどいいのがいるですぅ〜」

ハルヒ「!前に駅前で会った奴ね!ちょうどいいわ!」

キョン「きのこに決まってる」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:31:54.56 ID:xpBumGEs0

佐々木「おや…確か涼宮さんだったかな?…それとキョンも」

藤原「またお前たちか」

橘「お久しぶりですね」

九曜「――」

ハルヒ「あんたたちはきのことたけのこどっちが好きなのよ!!」

佐々木「あのお菓子かい?…きのこだね」

藤原「ふん…きのこだ」

橘「きのこですよ!」

九曜「――き―のこ―」

ハルヒ「」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:33:25.62 ID:xpBumGEs0

キョン「はっはっは!これで15対11だ!」

古泉「特大の閉鎖空間が…」

みくる「こいつら頭おかしいですぅ〜」

長門「あなたたちとは意思疎通ができるかもしれない」

九曜「―あなたも―きのこ―?―」

古泉「バイトが入りましたので失礼します…」

橘「なんかまずそうです…逃げましょう」

佐々木「それじゃあまたねキョン」

キョン「ああ…」

藤原「ふん…」

36 名前:>>33ちがうちがう[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:34:57.81 ID:xpBumGEs0

ハルヒ「」

キョン「こいつをどうしようか」

長門「とりあえず部室に戻るべき」

―――
SOS団部室

ハルヒ「」

キョン「負けたショックが大きかったみたいだな…ずっと呆然としてる」

長門「だから徒労だと言った」

みくる「まな板のくせにでしゃばるなですぅ〜」

長門「あなたの胸は脂肪細胞の無駄遣い」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:36:42.64 ID:xpBumGEs0

みくる「私はまな板とは言いましたけど胸なんて一言も言ってないですよぅ〜」

長門「!」

みくる「もしかして気にしてたんですかぁ〜?プークスクスww」

長門「…」イライラ

みくる「図星ですかぁwwwwwぴえええええwwww」

長門「朝比奈みくるの無駄な脂肪を除去する」

みくる「ふぇ?…私がまな板…?」

長門「同類」

みくる「戻せ早くしろ」

長門「条件がある」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:38:23.09 ID:xpBumGEs0

みくる「早く言えですぅまな板女〜」

長門「今はあなたもまな板。条件はきのこに加担すること。」

みくる「汚いですぅ!汚いさすがきのこきたない!」

長門「ではあなたもまな板」

みくる「うぐぐ…!分かりました…きのこ万歳…」

長門「これで16対10」テカテカ

みくる「やり口が汚いですぅ…」

俺「さすが俺の長門!」

ハルヒ「」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

古泉「…!閉鎖空間がまた広がって…」

古泉「うわああああああ!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

40 名前:あと数レスで終わりなんて言えない[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:39:39.95 ID:xpBumGEs0

キョン「古泉が帰ってこないな…」

古泉「戻りました…」

キョン「大丈夫か古泉」

古泉「大丈夫ではないですね」

キョン「まあ大丈夫だろうお前なら」

古泉「…集計の結果はどうなりました…?」

キョン「長門、発表してくれ」

長門「了解した」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:41:42.61 ID:xpBumGEs0

きのこ派       たけのこ派
・キョン        ・ハルヒ
・長門        ・古泉
・俺          ・国木田
・谷口        ・荒川
・生徒会長     ・鶴屋さん
・喜緑        ・コンピ研部長
・森          ・榎本
・中西        ・岡島
・財前        ・妹
・岡部        ・>>19
・シャミセン
・佐々木
・藤原
・橘
・九曜         死亡
・みくる       ・朝倉

長門「以上のような結果になった」

古泉「たけのこの負けですか…」

長門「あくまで作者の独断と偏見」

俺「きのこおいしいです^q^wwwぱしへろんだすwww」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:42:39.84 ID:xpBumGEs0

キョン「とりあえずこの場ではきのこの勝ちということで」

長門「きのこはおいしい」ポリポリ

俺「きのこ^q^wwww」ポリポ

―――

ハルヒ「なによこれ!認めないわよ!」

俺「はい長門あーんwwwww」

長門「…」アーン

俺「長門wwwかわいいwwwwひゃっほうww」

長門「…」ポリポリ

―ここからは作者のオナニーとなります

おしまい!

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/04/02(金) 01:44:05.25 ID:xpBumGEs0

あっさり終わっちゃった
眠いし結果オーライとして寝る

残りもったいないから誰か書くなら乗っ取ってくだしあ
おやすみ!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS: 【R-18】夕立「時雨のアヘ顔ダブルピースが見たいっぽい!」