キョン「ハルヒの願いを叶えるだと?」【ある1日のキョンサイド】


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「ママがケータイ買ってくれないよぅ」ワーン

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 19:48:05.22 ID:V36HfztP0

〜土曜日 朝 部室〜


キョン「うっす。おっ、もう全員揃ってるのか」

みくる「キョンくん、おはようございます」

古泉「どうも。朝早くに呼び出してしまい、申し訳ありません」

長門「……」

ハルヒ「相変わらずアンタが一番最後なのね。まったくたるんでるわ!」

キョン「はいはい、悪かったよ。これでも全力でとばしてきたんだけどな」

ハルヒ「あとで罰金だからね! みくるちゃん、お茶!」

みくる「は〜い」

キョン「ふう、しかし信じられんな。なあ古泉、あのハルヒは本当に……?」

古泉「ええ、そうです」



古泉「あの涼宮さんは本物の涼宮さんではありません」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 19:50:04.99 ID:V36HfztP0

キョン「長門、本当なのか?」

長門「本当。本物の涼宮ハルヒは現在、駅前にいる」

キョン「そうか。昨日の夜に一応電話で説明されてはいたが……また厄介なことになったもんだな」

古泉「ええ。ところで、その時にお願いした件ですが……」

キョン「ああ、今日の不思議探索のことだろ。流石に4人とも欠席だと機嫌悪くなるだろうからな」

キョン「ちゃんと妹に代理を頼んでおいた。ついでに谷口と国木田にもな」

古泉「朝比奈さんからも鶴屋さんに頼んでいただきました」

キョン「しかし、あくまで代理だからな。ハルヒのお気に召すかどうか」

古泉「中止したり、1人で不思議探索に行くよりはマシだと思いますよ」

キョン「かえってストレスを溜める結果にならなければいいがな。まったく、谷口の奴……」

古泉「おや、どうかされたのですか?」

キョン「条件として肉まん奢りを提示してきやがったんだよ」

古泉「それはそれは」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 19:54:05.50 ID:V36HfztP0

ハルヒ「相変わらずみくるちゃんは可愛いわね、えい!」ギュゥゥ

みくる「ひゃあ! すす涼宮さん! お茶を運んでる時に抱きつかないでくださぁい!」


キョン「不思議探索の方は代理メンバーに任せるとして。こっちのハルヒのことだが」

キョン「昨日のお前の説明によると、夜に閉鎖空間が発生したんだっけな?」

古泉「ええ。場所はここ、北高です。ここ最近は発生していなかったので、随分久々でした」

古泉「ところがいつものように駆けつけたはいいのですが、いくら待っても神人が出現しなかったのです」

古泉「その代わりに部室にある人物がいました。それが……」

キョン「あのハルヒってわけか」


ハルヒ「やっぱりみくるちゃんのお茶はおいしいわね。みくる汁ね、みくる汁!」

みくる「えへへ、ありがとうございます。みくる汁?」


キョン「やっぱりどう見てもハルヒにしか見えないな」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 19:56:05.21 ID:V36HfztP0

キョン「で、あのハルヒは何なんだ? なぜここにいる?」

長門「涼宮ハルヒの願望が具現化した存在」

キョン「願望、だと?」

古泉「そうです。そしてその願望を叶えるために、部室に出現したのだと思われます」

キョン「願望ってどんな願望だ? あいつ、今度は何を所望だ?」

古泉「いえ、この願望は昨日今日抱いたものではありません。もっと以前から抱いていたものです」

キョン「もっと以前から? どういうことだ?」

古泉「涼宮さんがどうしてSOS団を結成したか、お忘れですか?」

キョン「そりゃあこの世の不思議を見つけるために……って、おいまさか」

古泉「そのまさかですよ。涼宮さんがずっと抱いていた『不思議を見つけたい』という願望……」

古泉「それが積もりに積もって具現化したのが、あちらにいる涼宮さんというわけです」


ハルヒ「みくる汁、もっと飲みたいな?」

みくる「な、何ですか、その目は?」


キョン「不思議……か」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:00:05.59 ID:V36HfztP0

キョン「しかし、それだけのことよく分かったな。さすが機関だな」

古泉「長門さんが協力してくれましたからね。おかげで調査もはかどりました」

キョン「そうか、長門もご苦労さん」

長門「……」

キョン「そういやあのハルヒが出現したのは昨日の夜だろ? この時間までどうしてたんだ?」

古泉「朝のこの時間にSOS団全員が集合すること。それだけ伝えてずっと眠っていました」

キョン「何でまたそんな命令を? まさか自分が偽者だって自覚が?」

古泉「それはないようです。そもそも『あなたは偽者です』と言って信じるわけがありませんよ」

長門「涼宮ハルヒにとって、SOS団メンバーと一緒にいることが一番安心できるからだと思われる」

キョン「お、おお、そうなのか」


ハルヒ「残念ね。もっと飲みたかったわ、みくる汁」

みくる「駄目ですよぅ!!」


キョン「やれやれ。出会ってもう1年以上になるというのに、相変わらず俺達を振り回すんだなアイツは」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:04:05.20 ID:V36HfztP0

ハルヒ「みくるちゃん弄りもこれくらいでいいわね。じゃあそろそろ……」

みくる「弄らないでくださぁい……」


キョン「前置きが長くなっちまったが、具体的には何をすればいいんだ?」

キョン「そもそもあいつ、願望の塊の割には特にいつもと変わらないように見えるが?」

古泉「今のところはそうですね。しかし、いつ行動に移るか分かりません」

古泉「そうなる前にこちらから打って出ようと思います。涼宮さんの願いを叶えてあげるんですよ」

キョン「ハルヒの願いを叶えるだと?」

古泉「ええ、ずっと身近にあった不思議を見せてあげるんですよ」

長門「……」

キョン「それってまさか」



古泉「涼宮さんに、我々の正体を明かします」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:08:05.42 ID:V36HfztP0

キョン「正体を明かす、か。そういや宇宙人、未来人、超能力者を探し出すのがSOS団の理念だったな」

キョン「しかし、そんなことして大丈夫か? ハルヒの能力に影響が出たりはしないのか?」

古泉「あくまでもあの涼宮さんは『涼宮さんの願望の塊』ですからね。本人とは独立した存在です」

古泉「閉鎖空間を作ったりなど多少の能力はあるようですが、世界に影響を及ぼすほどではないようです」

キョン「そういやここは閉鎖空間の中なんだよな?」

古泉「ええそうです。昨日発生してからいまだに消えていません」

キョン「その割には空も明るいし、クラブ活動に来てる一般の生徒も普通に見かけたぞ?」

古泉「いつもの閉鎖空間とは違います。そもそも本物の涼宮さんが発生させたものではありませんからね」

キョン「何のためにわざわざ発生させたんだ?」

古泉「分かりません。そもそも自ら発生させたという自覚はないようですし。ですが僕にとっては好都合でした」

キョン「好都合?」

古泉「僕の能力は閉鎖空間でしか使えませんからね」


みくる「あ、あの、話は終わりましたか……?」

キョン「うお、朝比奈さん!? なぜそんなボロボロに?」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:12:04.71 ID:V36HfztP0

古泉「あなたに事情を説明する間、涼宮さんを引き付けていてもらいました」

キョン「そうなのか? いつもの光景だったから全然気づかなかった……」

古泉「ちなみに朝比奈さんにはもう事情を話してあります。あなたも理解していただけましたか?」

キョン「要するに、お前らの正体をバラして不思議をご披露して、偽ハルヒに満足して貰おうってわけだな」

古泉「その通りです。ではそろそろ始めますか。いいかげん待たせるのもあれですしね」

キョン「朝比奈さん、大丈夫なんですか?」

みくる「あ、はい、平気です」

キョン「長門、あまり無理はするなよ」

長門「……」コクッ


ハルヒ「ねぇみんな、さっきから何をコソコソ話してるのよ?」


古泉「では、僕からいきますね」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:16:05.76 ID:V36HfztP0

ハルヒ「みんな揃ってることだし、何かしたいわね。今から不思議探索に行こうかしら?」

キョン「あーハルヒよ、古泉から話がある。いや、古泉だけじゃなく長門や朝比奈さんからもだが」

ハルヒ「話? 何よ?」

古泉「涼宮さん、あなたはずっと宇宙人、未来人、超能力者を捜し求めていたのですよね?」

ハルヒ「ええそうよ。なかなか見つからないけど、いつか絶対に見つけ出してみせるわ!」

古泉「そのことですが、実はずっと秘密にしていたことがありまして」

ハルヒ「秘密?」

古泉「実は僕は、超能力者なのです」

ハルヒ「へ?」

みくる「はうぅ……」

長門「……」


キョン(さて、どうなることやら)


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:20:05.43 ID:V36HfztP0

ハルヒ「……」

古泉「……」

ハルヒ「唐突に何?」

キョン(やっぱりそうなるよな。以前俺がバラした時もまるっきり信じなかったし)

キョン(しかしあの時とは決定的に違うことがある。それは……)

古泉「信じていただけませんか? では、これならどうです? もっふ!」


ボウッ!!


ハルヒ「な、何!? 古泉くんの手に火の玉が!?」

キョン(こうやって証拠を見せれば信じざるを得ないだろ。俺もそうだったしな)

古泉「ふふ、どうです?」

ハルヒ「え? え? 何? え、これ本当に超能力なの?」

古泉「そうですよ。お望みならもっといろいろできますが?」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:24:04.80 ID:V36HfztP0

ハルヒ「……」

キョン「ん? どうしたハルヒ?」

ハルヒ「す……」

キョン「す?」

ハルヒ「すっごーーい!! 本物の超能力!! やっほーーい!!」

古泉「ははは、喜んでいただけて幸いです」

ハルヒ「へーー火の玉かー、初めて見たけど凄いわねコレ」

古泉「おっと、触らないほうがいいですよ。最弱に設定してますが、それでもソコソコ熱いですから」

ハルヒ「へー。ねえ、もっと他に何かできる?」

古泉「ええ、何からお見せしましょうか?」


みくる「キョンくん、大丈夫ですか?」

キョン「鼓膜が破れるかと思った……いきなり大声出しやがって……」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:28:04.71 ID:V36HfztP0

ハルヒ「超能力と言えば、やっぱりスプーン曲げよね! できる?」

古泉「もちろんできますよ」

キョン「できるのか?」

古泉「ええ、能力を応用すれば可能です」

キョン「そうなのか。俺も見たことないから楽しみだな」

ハルヒ「みくるちゃん、スプーンある?」

みくる「あ、えっとえっと」

古泉「スプーンならここにありますよ」ジャラジャラ

キョン「こんな大量のスプーン、自分で用意したのか?」

古泉「備えあれば憂いなしですよ。では涼宮さん、本物のスプーンかどうか確認を」

ハルヒ「そうね。ふんぬぬぬ!」ギチギチギチ

ハルヒ「うん、間違いなく本物のスプーンだわ。力ずくだと曲がらないわね」

キョン「90度近く折り曲げといてよく言うぜ」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:32:05.30 ID:V36HfztP0

古泉「では、いきますよ。マッガーr」

キョン「普通にやれ」

古泉「言わせてくださいよ……では、はっ!」グニャリ

ハルヒ「わぁ、すごい! あっという間に折れ曲がったわ!」

古泉「はっ! はっ! はっ!」

キョン「2本目、3本目、4本目と。確かに凄いが、もうこのスプーン使えないな」

みくる「ちょっともったいないです」

古泉「はぁぁぁぁ!!」

ハルヒ「すごい捻じ曲がり具合ね。まるでキョンの性格みたいだわ!」

キョン「うるせぇ」

長門「……」ジー

キョン(さりげなく長門が折り曲がったスプーンを見ているが、何だ? 対抗心でも燃やしてるのか?)


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:36:04.63 ID:V36HfztP0

古泉「こんなものですね」

ハルヒ「ただ折り曲げるだけじゃなく、真っ二つに引きちぎるなんて予想以上だわ!」

ハルヒ「ねえ古泉くん、スプーン以外も曲げられるの?」

古泉「限度はありますが大体は。何か希望はありますか?」

ハルヒ「キョンの腕を折り曲げることって出来る?」

古泉「もちろん出来ますよ、お安い御用です」

古泉「すみません、腕を出していただけますか?」

キョン「分かった。分かってたまるか!!」

ハルヒ「何よ、ケチね」

キョン「アホか!!」


長門「……」ギチギチ ギチギチ ギチギチ

みくる(長門さんが、スプーンを全部元に戻してます。対抗心かな?)


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:40:04.94 ID:V36HfztP0

ハルヒ「次はそうね、さっきの火の玉もう1回出せる?」

古泉「お安い御用です。もっふ!」ボウッ

ハルヒ「やっぱり凄いわね! しかも古泉くんが出してると何かカッコいいわ!」

古泉「ふふふ、こういうこともできますよ。はあっ!!」ボウッ ボウッ ボウッ

ハルヒ「わっ! 火の玉がたくさん!」

キョン(古泉の奴、張り切ってんなー)

古泉「さらに自由自在に操ることもできます。こんなふうに」


ギュオン! ギュオン! ギュオオオン!!


ハルヒ「凄い凄い! 何コレ、操○弾!?」

みくる「ひゃあああ! あぶ、あぶ、危ないです!」

古泉「大丈夫です。コントロールには自信がありますから」

キョン「古泉、お前楽しそうだな」

古泉「そうですか?」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:44:04.89 ID:V36HfztP0

古泉「まだまだ増やせますよ! それそれ!!」

ハルヒ「うわお! 部室の中がエラいことになってきたわね!」

みくる「ひぃやあああ!! こここ怖いです怖いですぅ!!」

キョン「朝比奈さん伏せて! 長門も……って凄い勢いで避けてる!?」

長門「……」サッ サッ サッ

キョン「古泉! お前いい加減にしろ! あああそっちは!?」

古泉「あ」


ガッシャァァァァ・・・・・・ン


みくる「ひゃあああ!! 窓ガラスが! 窓ガラスが粉々に!!」

キョン「調子に乗りすぎだ! この馬鹿!!」

古泉「ははは、張り切りすぎてしまいました」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:48:05.04 ID:V36HfztP0

キョン「……外で騒ぎが起きている様子はないな。どうやら誰にも気づかれなかったらしい」

ハルヒ「見かけだけじゃなく、破壊力も抜群なのね。完璧だわ!」

古泉「すみません。やりすぎてしまいましたね」

キョン「まったくだ。しかし、お前がこんなことをやらかすなんて珍しいな」

みくる「あの、窓ガラスどうしましょう?」

キョン(うーん、長門ならたぶん直せると思うが)チラッ

長門「……」

ハルヒ「そんなのほっときなさい! あたしはもっと古泉くんの超能力が見たいのよ!」

キョン「お前まだ満足してないのかよ……」

ハルヒ「当たり前じゃない! 長年捜し求めていた超能力者なのよ!」

キョン「分かった分かった。古泉、次からはもっと加減しろよ」

古泉「了解しました」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:52:05.22 ID:V36HfztP0

ハルヒ「次はそうね……空中浮遊! 超能力者といえば空中浮遊だわ!」

古泉「空中浮遊ですか、分かりました」

キョン(空中浮遊ね。そういや神人を相手にする時はビュンビュン飛び回ってるんだっけ)

古泉「いきます……ふっ!」バチバチバチ!!

ハルヒ「な、何!? 古泉くんの周りに赤いオーラみたいなのが……あ!」


フワッ


古泉「どうですか? 涼宮さん」

ハルヒ「う、浮いてる! ホントに浮いてる! 手品じゃないわよね!?」

キョン「そう思うなら確認してみろ」

ハルヒ「ううん、信じるわ! オーラが半端じゃないもの!」

キョン「そうかい。古泉ー、天井に頭ぶつけるなよー」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 20:56:04.95 ID:V36HfztP0

ハルヒ「これぞ超能力者って感じね! 欲を言うならもっとビュンビュン飛んでいるところも見たいけど」

キョン(お前がストレスを溜めるたびにビュンビュン飛んでいるっての)

ハルヒ「そうだ!!」

キョン「また唐突になんだ?」

ハルヒ「さっきから思ってたのよ。こんな狭い部室じゃなくて、外でおもいっきりやればいいじゃない!」

キョン「いや待て待て! それはまずい!」

ハルヒ「何でよ?」

キョン「外でこんな派手なことしたら、一般人に見つかって大騒ぎになっちまうだろうが」

ハルヒ「別にいいじゃない。SOS団のいい宣伝になるわ」

キョン「そうもいかないっての! 古泉、お前も正体がバレるのは嫌だよな?」

古泉「ええ、できればそれは避けたいですね」

ハルヒ「むぅ、分かったわよ」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:00:07.61 ID:V36HfztP0

ハルヒ「じゃあ古泉くん、念動力って使える? 物とか人を浮かべたりするやつ」

古泉「念動力ですか、申し訳ありませんがちょっと使えないですね」

ハルヒ「そうなの? 残念ね」

キョン「念動力って何をさせるつもりだったんだ?」

ハルヒ「あたしも飛んでみたかったのよ。念動力で浮かしてもらえばいけるかなって」

キョン「なるほどな。それなら古泉に抱えてもらえばいいんじゃないか」

ハルヒ「それもいいかもね。古泉くん、頼めるかしら?」

古泉「いいですよ。抱えるとなるとお姫様抱っこでしょうか」

ハルヒ「お姫様抱っこ?」

古泉「そうです。それが一番能力を使いやすいので」

ハルヒ「う〜ん……」チラッ

キョン「何だよ?」

ハルヒ「ごめん古泉くん、やっぱりいいわ」

古泉「ふふっ、そうですね」

キョン「?」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:04:05.10 ID:V36HfztP0

古泉「僕がお見せできる超能力は以上です。いかがでしたか、涼宮さん?」

ハルヒ「大満足よ! まさにあたしが思い描いていた通りの超能力者だったわ!」

キョン(結局1時間以上も超能力ショーが続いたな)

ハルヒ「ねえ古泉くん、いろいろ聞きたいことがあるんだけど」

古泉「何でしょう?」

ハルヒ「古泉くんはいつから超能力を使えるようになったの? 生まれつき?」

古泉「使えるようになったのは今から4年前の中学1年生の時からです。生まれつきではないんですよ」

ハルヒ「何で超能力が使えるようになったの?」

古泉「分かりません、突然使えるようになったんです」

ハルヒ「何で今まで秘密にしてたの?」

古泉「それについては申し訳ありません。ですが……」

古泉「こういうことは秘密にしておいた方が、ヒーローぽくて格好いいじゃないですか?」

キョン(何じゃそりゃ)


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:08:04.62 ID:V36HfztP0

ハルヒ「そりゃまあ分かるけど、あたしにくらいは教えてほしかったわ。ずっと探してたのよ」

古泉「僕もずっと秘密にしているのも申し訳ないと思い、今日こうして告白しました」

古泉「しかし、確かにもっと早く告白するべきでした。本当にすみませんでした」

ハルヒ「あ、いや、いいのよ。こうして教えてくれたわけだし。全然気にしてないわ」

ハルヒ「あとはそうね。その力で何かしたことある? 正義の味方として悪人退治とか?」

古泉「この力は人間相手には強すぎますからね。人に向かって使ったことはありませんが、そうですね……」

古泉「この力を使って、とあるモノを守り続けてきました。仲間達と共にね」

ハルヒ「え? 古泉くん以外にも超能力者がいるの?」

古泉「ええ、何人かいますよ」


キョン「古泉はどこまでバラすつもりなんでしょうね?」

みくる「どうなんでしょう? 分からないです」

長門「……」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:12:05.04 ID:V36HfztP0

ハルヒ「古泉くん以外の超能力者か、是非会ってみたいわね」

古泉「そうですね、機会があれば」

ハルヒ「それで、その力で守り続けてきたモノって何なの?」

古泉「それはですね…………」

ハルヒ「それは……?」

古泉「…………秘密です」

ハルヒ「えー、何よー」

古泉「全部バラしてはつまらないですからね」

ハルヒ「……まあいいわ。確かに古泉くんは少しミステリアスなくらいがいいしね」

ハルヒ「ありがとね古泉くん! とっても楽しかったわ!!」

古泉「いえいえ」


キョン「どうやらハルヒは満足してくれたようだな。しかし古泉……」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:16:04.62 ID:V36HfztP0

ハルヒ「さ・て・と! 古泉くんが超能力者ということは、ひょっとして」

みくる「あ、はい。あたしが未来人で……」

長門「宇宙人」

ハルヒ「やっぱりそうなのね! 何よもー! 何で黙ってたのよー!!」

みくる「あの、その、ご、ごめ……」

ハルヒ「黙ってた罰よ! こうしてやるわー!!」ギュウウウ

みくる「ふわ! す、涼宮さん、抱きつかないでぇ!」

ハルヒ「有希も! てぇい!」ギュウウ

長門「暑い」

キョン(楽しそうだな……)

古泉「すみません。ちょっとトイレに行ってきます」ガチャ

ハルヒ「分かったわ、早く戻ってきてよねー」

キョン「……」

キョン「すまん。俺もトイレ」ガチャ


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:20:05.01 ID:V36HfztP0

キョン「おい、古泉」

古泉「おや、連れションですか?」

キョン「気色悪いこと言うな。それより聞きたいことがある」

古泉「何でしょう?」

キョン「お前、さっきのハルヒの質問攻めの時、ハルヒの正体に関するところはボカしてたよな?」

古泉「……」

キョン「宇宙人、未来人、超能力者についてバラすのは確定として……」

キョン「ハルヒの、ハルヒ自身の正体についてはバラさないのか?」

古泉「……」

キョン「どうなんだ?」

古泉「……長門さんや朝比奈さんがどうするのかは分かりませんが」

古泉「僕は涼宮さんに、涼宮さん自身の能力についてバラすつもりはありません」

キョン「そうか。何でだ?」

古泉「これは機関の一員としてではなく、僕自身の意見なのですが、よろしいですか?」

キョン「構わん。俺もむしろそっちの方が聞きたい」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:24:05.13 ID:V36HfztP0

古泉「涼宮さんの能力、つまり願望実現能力。望んだことを何でも実現する能力です」

古泉「いかに強大な能力か、あなたもよく御存知だと思います」

キョン「まあな」

古泉「もしもあなたがこの願望実現能力を得たとしたら、どう思いますか?」

キョン「そりゃ自分のしたいようにいろいろ出来たら便利だろうな。欲望が叶い放題だ」

キョン「だが……やっぱり怖いだろうな」

古泉「そうでしょう。自覚がないとはいえ、世界をあっさり滅ぼすほどの強大な力を持ち続けているのです」

古泉「もしそのことを知ったら、絶対に苦悩するはずです。涼宮さんに限らず誰だってね」

古泉「そして、今までを思い返して恐怖するはずです。世界を滅ぼしていたかもしれない自分自身に」

キョン(確かにな。そういえば以前佐々木も『そんな力を持ったら間違いなく精神を病む』とか言ってたな)

古泉「だから僕は、涼宮さんに能力のことは話したくありません」

古泉「涼宮さんが能力を自覚したら何が起こるか分からないから、というのも勿論ありますが……」

古泉「自らの能力で苦悩する涼宮さんを見たくない。これが僕の本音です」

古泉「たとえ、その涼宮さんが偽者であったとしても、です」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:28:04.82 ID:V36HfztP0

キョン「そうか……」

古泉「……」

キョン「古泉」

古泉「何でしょう?」

キョン「お前、優しいんだな」

古泉「とんでもないです。ただの僕のわがままですよ」

キョン「……」

古泉「……」

キョン「随分長くなっちまったな」

古泉「そうですね。そろそろ戻らないと」

キョン「さて、次は未来人か宇宙人か……」

古泉「急ぎましょう。涼宮さん達が待っています」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:32:06.11 ID:V36HfztP0

ハルヒ「随分遅かったわね? 何してたのよ?」

キョン「古泉が物凄い下痢でだな……いてっ!」

古泉「すみません涼宮さん、話に夢中になってまして」

ハルヒ「古泉くんがツッコミを……?」

キョン「えっと、それで次はどっちが?」

みくる「あ、その……」

ハルヒ「次はみくるちゃんよ! 未来人よ! タイムトラベルよ!」

みくる「あ、あのぅ」

キョン「少し落ち着けハルヒ。未来人も宇宙人も逃げたりしないから」

みくる「はうぅ」


みくる(ど、どうしよう……)


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:36:04.76 ID:V36HfztP0

ハルヒ「それでみくるちゃん! みくるちゃんはどれぐらい未来から来たの?」

みくる「えと、その、禁則事項です……」

ハルヒ「みくるちゃん以外にも未来人っているの? いるとしたら何人ぐらい?」

みくる「その、それも禁則事項です……」

ハルヒ「未来の世界ってどんな感じなの?」

みくる「禁則事項……」

ハルヒ「何よ! さっきから禁則事項ばっかりで1つも教えてくれないじゃない!」

みくる「ごごごめんなさいぃ! 教えたくても教えることができないんですよぅ!」

キョン(たとえ相手が偽者でも、教えるのは駄目なのか?)

ハルヒ「もう! しょうがないわね。まあいいわ。それよりタイムトラベルよタイムトラベル!」

みくる「あぅ……」

ハルヒ「楽しみね! 小さい頃からの夢だったのよね!」

みくる「ううう……」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:40:04.04 ID:V36HfztP0

ハルヒ「未来の世界ってどれぐらい科学が発達してるのかしら?」

ハルヒ「過去に行くのもいいわよね。江戸時代とか石器時代とか、あと恐竜も見たいわね!」

ハルヒ「過去か未来か……そうね! まずは未来にしましょう! みくるちゃんの未来に行ってみたいわ!」

ハルヒ「みくるちゃんは教えてくれないけど、だったら自分の目で見に行けばいいのよ!」

みくる「あの、す、涼宮さん」

ハルヒ「ん? 何よみくるちゃん?」

みくる「その、あたしの世界に行くことはできないんです」

みくる「そもそもタイムトラベル自体、あたしの独断ではできないんです。未来からの許可がないと……」

ハルヒ「何よ、頭の固い未来ね……じゃあ過去よ!! 過去の恐竜を見に行くわよ!」

みくる「あの、それも……」

ハルヒ「過去も駄目なの!? 何よそれー!!」

みくる「はうう、ごめんなさい!」


キョン(いや、そもそも3年、いや4年前か。それより過去には行くことができないんだよ。誰かさんのせいでな)


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:44:04.58 ID:V36HfztP0

みくる「あの、でもでも! 遠い未来とか大昔とかは無理ですけど、少しだけなら大丈夫です!」

ハルヒ「少しだけなら? どれくらい?」

みくる「…………10分くらい」

ハルヒ「10分! 10分ってほとんど意味ないじゃない!」

みくる「ごごごめんなさい! それだけしか許可が下りなかったんですぅ!」

ハルヒ「許可なんて必要ないじゃない! 無理矢理決行すればいいのよ!」

キョン「こらハルヒ、無茶を言うな」

ハルヒ「むっ」

キョン「朝比奈さんには朝比奈さんの事情があるんだ。仕方がないだろう」

ハルヒ「むー」

みくる「うぅ……」

ハルヒ「……分かったわよ。しょうがないわね」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:48:04.77 ID:V36HfztP0

ハルヒ「たった10分とはいえ、タイムトラベルに変わりはないものね。我慢するわ」

みくる「あの、ごめんなさい涼宮さん。あたしにもっと権限があれば……」

ハルヒ「ううん、あたしこそごめんね。ちょっと興奮して言い過ぎちゃった」

みくる「あ、いえ、そんな」

キョン「ハルヒが謝った!? 雪が降るぞ!!」


ゴン!


ハルヒ「ふん!」

古泉「何でわざわざ叫んだのですか?」

キョン「あまりにびっくりしてつい……」


ハルヒ「まずはそうね、過去よ! みくるちゃん、10分前にとぶのよ!」

みくる「あ、はい、分かりました」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:52:04.85 ID:V36HfztP0

みくる「えと、では部室の外へ」

ハルヒ「何で? ここでいいじゃない」

みくる「タイムトラベルの方法を見られちゃいけないんです」

ハルヒ「ああ、そういうことね。分かったわ。じゃあ行ってくるわね、10分前に」

キョン「あいよ、行ってらっしゃい……ん? ちょっと待て」


???「あの、着きましたよ」

???「うわ、何今の!? ジェットコースターに乗ってるみたいにグワングワンしたわ!」

???「慣れるまでちょっときついんですよ」


ハルヒ「あれ? ドアの外から声が?」

キョン「何やら凄く聞き覚えのある声だな」

古泉「ええ、あの声は間違いなく……」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 21:56:05.08 ID:V36HfztP0

???「ねぇみくるちゃん! ここ本当に10分前なの?」

???「うん、間違いないですよ」

???「よし! じゃあ確認するわね!」ガチャ


キョン「うわ! は、ハルヒ!?」

ハルヒ「え? あたしがもう1人……?」

ハルヒ2「やっほー10分前のみんな! えっと時計時計……」

ハルヒ2「わあ、本当に10分前だわ! タイムトラベル成功よ!」

みくる「す、涼宮さんが2人……」

ハルヒ「ひょっとして、10分後から飛んできたあたし?」

ハルヒ2「その通りよ! こうしてもう1人の自分見てると実感湧いてくるわね!」

みくる2「あの、涼宮さん、あまり大騒ぎしないで」

キョン「2人目の朝比奈さん出てきた!?」

古泉「何だか少しややこしくなってきましたね」

長門「……」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:00:05.03 ID:V36HfztP0

ハルヒ「ちょっとちょっと! タイムトラベルってどんな感じだったの? 教えなさいよ!」

ハルヒ2「アンタも10分後には自分で体験するんだから、別にいいじゃない!」

ハルヒ「何よその口の聞き方! 生意気ね!」

ハルヒ2「アンタこそ!」

キョン「自分同士で喧嘩するな!」

ハルヒず「「アンタは引っ込んでなさい!!」」

キョン「ああもう! いつもの2倍うるさい!」

みくる「きょ、キョンくぅん、どうしよう。喧嘩を止めないと……」

みくる2「えっとぉ〜、ええっとぉ〜〜」オロオロ

キョン(2倍の癒し……)


古泉「これはこれは。なかなか愉快な眺めですね」

長門「賑やか」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:04:05.15 ID:V36HfztP0

ハルヒ「確かに、自分でさっさと経験したほうが早いわね」

ハルヒ2「そうよ、さっさと行きなさい」

ハルヒ「みくるちゃん! 早速行くわよ! 目指すは過去! 10分前よ!」

ハルヒ「ほらほら、ボーっとしてないで部室の外に出るわよ」グイグイ

みくる2「す、涼宮さん!? あたしは違います!」

みくる「涼宮さん、現在のあたしはこっちです!」

ハルヒ「へ? もう、ややこしいわね! ほら行きましょ行きましょ」

ハルヒ「それじゃ、行ってくるわねー」

ハルヒ2「行ってらっしゃーい。結構きついから覚悟しといた方がいいわよ」


バタン


ハルヒ『さぁみくるちゃん! タイムマシンはどこ?』

みくる『あ、そういうのはないんですよ。ちょっと目を瞑ってもらえますか?』

ハルヒ『そうなの? まぁいいわ! あたしはいつでもOKよ!』

みくる『で、では、行きます!』


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:08:05.27 ID:V36HfztP0

キョン「はあ、やっと行ったか。これで静かに……」

ハルヒ「あたし本当にタイムトラベルしてきたのね! 感激だわ!」

キョン「……ならないよな」

ハルヒ「みくるちゃんって本当に未来人だったのね! 凄いじゃない!」

みくる「は、はぁ、そうですか?」

キョン「ん? お前、信じてなかったのか?」

ハルヒ「そりゃあ未来人と言われても説明だけだったし、その説明も禁則事項だらけだったし」

みくる「すみません……」

ハルヒ「でもこれで未来人であることがハッキリと証明されたわ! みくるちゃん、イェーイ!」

みくる「あ、い、いぇーい」

ハルヒ「じゃあ次は未来に行くわよ!」

みくる「ええ!!」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:12:05.34 ID:V36HfztP0

キョン「おいおい、お前まだ満足してないのか?」

ハルヒ「当たり前じゃない。過去に行ったからには未来にも行かないと!」

みくる「えっとえっと、未来と言っても10分後にしか行けないんですけど……」

ハルヒ「分かってるわよ。それでいいわ。さ、行きましょう!」

みくる「ひゃ! ひ、引っ張らないでぇ!」


バタン


ハルヒ『さぁ、未来へGO!』

みくる『は、はぁい』


キョン「やれやれ、慌しい奴だな」

古泉「気持ちは分かりますけどね」


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:16:05.25 ID:V36HfztP0

古泉「声が聞こえなくなりましたね。どうやら無事に10分後へと行ったようです」

キョン「ということは、10分はゆっくりできるということだな。やれやれ」

キョン「偽者でもハルヒに変わりはないな。やかましくてしょうがない」

古泉「人格や記憶はそのまま受け継いでますからね。本人と変わらなくて当然ですよ」

キョン「そういや今、本物のハルヒはどうしてるんだろうな? 分かるか長門?」

長門「涼宮ハルヒは現在、駅から30分歩いたところにある公園にいる」

キョン「そうか。代理メンバーとの不思議探索を楽しんでてくれればいいんだけどな」

古泉「そうですね。一応機関の監視もついているとはいえ、仕事が増えてほしくないですね」

古泉「もっとも、今の涼宮さんならそう簡単に閉鎖空間を発生させないとは思いますが」

キョン「そういや古泉、一つ聞きたいんだが」

古泉「何でしょう?」

キョン「お前、『不思議を見つけたい』という願望が積もりに積もってあの偽ハルヒが誕生したと言ってたな」

古泉「そうですが、何か気になることでも?」

キョン「それ、本当なのか?」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:20:03.27 ID:V36HfztP0

古泉「そうです。長門さんの協力を得て、機関が出した結論です」

古泉「100%と断言はできませんが、間違いないと思います」

キョン「そうか……」

古泉「どうかしたのですか?」

キョン「なに、最近のハルヒは以前と比べて随分変わったと思ってたからさ。もちろんいい方向にだ」

キョン「だから、何というか。あんな願望の塊を発生させたことが少しショックだっただけだ」

古泉「そういうことですか。少し説明が足りなかったですね」

キョン「え?」

古泉「最初にも言いましたが、あの偽涼宮さんは昨日今日抱いた願望によって具現化したわけではありません」

古泉「無論高校に入ってからの願望も多少含まれていますが、そのほとんどはそれ以前から抱いていた願望です」

キョン「それ以前?」

古泉「小学生の、それこそ不思議に興味を持ち始めた時からの願望です」

古泉「閉鎖空間などである程度解消されてきましたが、それでも少しずつ願望は溜まっていき……」

古泉「それが今になって具現化してしまった、というわけです」

古泉「特にたった1人で孤立していた『中学3年間』の願望がほとんどを占めていますね」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:24:05.59 ID:V36HfztP0

キョン「なるほど、そういうことだったのか」

キョン「要は能力を身につけてから少しずつ少しずつ溜め込んできた願望が、今になって具現化してしまった」

キョン「だから今現在のハルヒにはほとんど原因がない、ということか」

古泉「そういうことです。安心しましたか?」

キョン「ああ。ん? 何で俺がハルヒの心配なぞしなきゃならんのだ?」

古泉「それはあなたが涼宮さんのことを……」

キョン「長門ー、次はお前の番だよな。『宇宙人』としてお前は何をするつもりなんだ?」

古泉「素直じゃないですね」

長門「秘密」

キョン「む、そうか。だが、あまり無理はしないようにな」

長門「平気」

キョン「力なんて余程のことがない限り使わないほうがいいからな。軽くでいいんだ、軽くで」

長門「了解した」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:28:17.56 ID:V36HfztP0

ハルヒ『着いたー! ここが10分後ね!』

みくる『はい、無事に到着しました』


キョン「おっ、来たみたいだな」

ハルヒ「さぁて、確認確認!」ガチャ

キョン「ようこそ未来へ」

ハルヒ「時計は……うん! 確かに10分進んでるわ! 未来に来たわよ!」

ハルヒ「…………」

キョン「どうした?」

ハルヒ「何か過去と違ってもう1人の自分がいるわけでもないから、全然実感湧かないわ……」

キョン「だろうな」

ハルヒ「あーもう! やっぱりもっと本格的なタイムトラベルをしたーい!」

キョン「おいおい……」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:32:04.97 ID:V36HfztP0

キョン「わがままを言うなよ。仕方ないだろう」

ハルヒ「恐竜時代とまでは言わないわ。未来世界も諦めてもいい」

ハルヒ「でもせめて1年前とか1年後とか、もっと違いがハッキリ分かるタイムトラベルがしたいのよ!」

みくる「ごめんなさい涼宮さん、あたしにもっと権限があれば」

ハルヒ「…………はあ。ううん、いいのよ。悪いのはみくるちゃんじゃないしね」

ハルヒ「でも…………せっかくだからもっと派手なタイムトラベルがしたかったなぁ」

キョン(ここで大暴れしないだけ成長したとも言えるが、こういうところは相変わらずだな)


みくる「あ、あれ?」

キョン「どうしました、朝比奈さん……ん?」

キョン「あれ? おいハルヒ、どこ行ったんだ?」キョロキョロ

キョン「ハルヒ? ハルヒ! ハルヒが消えた!?」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:36:05.11 ID:V36HfztP0

みくる「な、何で……? 今の今までそこにいたのに!?」

キョン「目を離したのはほんの一瞬だぞ!? あいつどこに行ったんだ!?」

古泉「確かにこれは妙ですね。まさしく一瞬で消えたとしか思えません」

キョン「長門、ハルヒがどこに行ったか分かるか?」

長門「涼宮ハルヒは現在、この時空間には存在していない。完全に消失している」

キョン「な、なに!」

長門「今現在どこに存在するのかは不明。ここ以外の時空間としか表現できない」

キョン「何てこった……何でこんなことに……」

みくる「あたしのせいです……あたしが涼宮さんを満足させてあげられず、失望させちゃったから」

古泉「確かにそれもあるかもしれませんが、原因はそれだけではないようです」

キョン「古泉、どういうことだ?」

古泉「つい先程、本物の涼宮さんの怒りのエネルギーを感知しました」

キョン「怒りのエネルギーって……お前、そんな能力あったのか?」

古泉「僕も初めてですよ、こんなのは」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:40:05.22 ID:V36HfztP0

キョン「あっちでいったい何があったんだろうな? って、今はそれはどうでもいい」

キョン「その本物のハルヒの怒りと、こっちのハルヒが消えたこととどう関係があるんだ?」

古泉「それはですね、まったく同時だったんですよ」

キョン「同時?」

古泉「こちらの涼宮さんが先程、物足りないタイムトラベルに不満を述べていた時」

古泉「それと、本物の涼宮さんの怒りを僕が感知した時です」

古泉「つまり、この2つが同時に起こったため、お互いの涼宮さんのストレスが共鳴し合い……」

キョン「その影響で、こっちのハルヒが消えちまったってのか?」

古泉「おそらくですが」

キョン「おい、こっちの偽ハルヒは本人とは独立した存在だって言ってなかったか?」

古泉「そう推測していたんですけどね。少々違っていたようですね」

キョン「お前なぁ……」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:44:05.23 ID:V36HfztP0

みくる「み、みなさん! 周りを見てくださぁい!」

キョン「げっ! 何だこりゃ!?」


グニャアアアアアアアア・・・・・・


古泉「周りの景色が、空間が歪んでいますね。これは……」

長門「こちらの涼宮ハルヒが消失した影響」

古泉「やはりそうですか。まだ願望を全て叶えていないのに、強引に消されたからですね」

キョン「お、おい! このままだとどうなっちまうんだ!?」

古泉「おそらくですが、北高を覆っている閉鎖空間ごと全て消滅します」

キョン「マジか!? 今、北高には一般の生徒もいるんだぞ!?」

古泉「ええ。一刻も早く手を打つ必要がありますね」

みくる「ひゃあああ! 歪みが、歪みがひどくなっていきます!?」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:48:05.13 ID:V36HfztP0

キョン「しかし、手を打つってどうすりゃいいんだ?」

古泉「こちらの涼宮さんが消失している以上、本物の涼宮さんをどうにかするしかありませんね」

キョン「どうにかって……」

長門「ある一定以上の刺激を与えることにより、この空間が正常化する可能性はある」

キョン「し、刺激って、頭でも殴りにいけってのか?」

古泉「違いますよ。直接的な刺激ではなく、精神的な刺激です」

古泉「つまり、涼宮さんに何かを言って強いショックを与えればいいということです」

キョン「壊れたテレビを叩いて直す、みたいなことか? 随分と適当というか強引だな」

みくる「そ、それで世界に影響が出たりはしないんですか?」

古泉「閉鎖空間は発生するかもしれませんが、今は緊急事態です。仕方ないでしょう」

古泉「それに、今の涼宮さんなら世界を崩壊させたり作り変えたりするようなことはないと思います」

キョン「……分かった。ハルヒに電話する!」

古泉「お願いします」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:52:05.71 ID:V36HfztP0

キョン「ハルヒ〜、早く出てくれ〜」

キョン「おっ、もしもしハルヒ!」

ハルヒ『何よキョン、アンタ寝てなくていいの?』

キョン「ああ、そ、そうなんだが、ちょっと用があってな」

ハルヒ『用? 何よ』

キョン「ああ、実はな……」

キョン(……あれ? そういえば何て言えばいいんだ?)

ハルヒ『何? さっさと言いなさいよ』

キョン「あー、ちょ、ちょっと待っててくれ!」

キョン「古泉! 刺激を与えるって言ったって、何を言えばいいんだよ?」ヒソヒソ

古泉「何でもいいです。何かショックを与えるようなことを」ヒソヒソ

ハルヒ『ん? 誰かと一緒にいるの?』

キョン「いいいや何でもない! 俺1人だ!」

古泉「急いでください。時間がありません!」ヒソヒソ


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 22:56:05.15 ID:V36HfztP0

キョン(い、急いでくださいと言われても! えっと何て言えばいいんだ!)

ハルヒ『ねぇさっさとしてくれない? こっちだって暇じゃないのよ』

キョン「わ、分かった! 今言う! 言うから!」

キョン(どどどうする!? 落ち着け、今までこんなピンチ何度だって)

みくる「きょ、キョンくーん! 急いでぇ!」

キョン(う、うわああ! こうなりゃもう、やぶれかぶれだ!)

キョン「は、ハルヒ!」

ハルヒ『何よ?』

キョン「好きだ!!!!」

ハルヒ『!!!!』

キョン「…………」

キョン(……え? 俺、今何って言った……?)

ハルヒ『……』

キョン(ば、馬鹿か俺は!? うわああああ!!)


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 23:00:05.13 ID:V36HfztP0

ハルヒ『ねぇキョン』

キョン「う……な、なんだ?」

ハルヒ『あんた馬鹿じゃないの?』

キョン「あ、いや、その、これはだな……」

ハルヒ『脳みそ膿んでんの? いっぺん病院行ったほうがいいわよ』

キョン「そ、そこまで言わなくても……」

ハルヒ『用事はそれだけ? じゃあね』ピッ

キョン「ああ! ちょ、ハルヒ!? もしもし! もしもし!!」

キョン「うわああ! もう駄目だ! みんなスマーン!!」


ハルヒ「あんた、何を騒いでんのよ?」

キョン「は、あ? え? は、ハルヒ?」

古泉「ふふ、大成功ですよ」

みくる「さすがキョンくんです!」

キョン「ええ?」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 23:04:05.21 ID:V36HfztP0

ハルヒ「何よ? 幽霊でも見たような顔をして」

キョン「えーと、このハルヒがここにいるということは……」

古泉「だから無事成功したんですよ。ちなみに閉鎖空間も発生しませんでしたよ」

みくる「ほら、周りを見てください。空間の歪みも消えていますよ」

キョン「ほ、ホントだ……」

みくる「それにしても『好きだ!!!!』だなんて、キョンくんも大胆ですね」

古泉「本当に。聞いてるこっちもびっくりでしたよ」

キョン「あ、その、あの時は完全にパニックになってて……」

キョン「それにしても、あれでショックを受けたってことは、死ぬほど嫌だったんだなアイツ」

みくる「え?」

キョン「ん? だとすると、何で閉鎖空間が発生しなかったんだ?」

古泉「ははは、あなたというお人は……」

みくる「キョンくん……」

長門「……」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 23:08:05.21 ID:V36HfztP0

ハルヒ「ねぇみんな、さっきから何の話をしてるのよ?」

みくる「い、いえ、何でもありません。それよりも、そろそろお昼ですね」


キョン「あーハルヒ、さっきの電話だがな」

古泉「おや? どちらにお電話を?」

キョン「ああ、ハルヒにだ。さっきの言い訳をしておかないと」

古泉「え?」

キョン「さっきはすまなかったなハルヒ。1人で寝てるのは退屈で退屈でしょうがなくてだな」

キョン「ついついお前をからかいたくなったんだ。それで変なことを言っちまってな」

キョン「本当にすまん。悪ノリしすぎた」

ハルヒ『……はぁ、もういいわよ。でも2度とこんなアホな電話しないでよね』

キョン「あ、ああ。本当にすまなかったな。それじゃ」ピッ

キョン「ふう、怒鳴られるかと思ってたが、案外あっさり許してもらえたな。よかったよかった」

古泉「…………たった今、特大の閉鎖空間が発生しました」

キョン「何で!?」


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 23:12:05.05 ID:V36HfztP0

古泉「……」

みくる「キョンくぅん……」

長門「……」

キョン「な、何だ!? 何でそんな目で見られてるんだ、俺!?」

古泉「やれやれ、閉鎖空間は機関のメンバーに任せておきましょう。今は……」

ハルヒ「ねえ、そろそろお腹空いたわ! お昼ごはんにしましょう!」

キョン(願望の塊でも、腹は減るんだな)

ハルヒ「そうねー、休みだから食堂や購買が開いてるはずがないし」

ハルヒ「そうだ、みんなで近くのコンビニまで買出しに行きましょう!」

古泉「いいですね。ずっと部室にいましたから、ちょうどいい気分転換にもなりますし」

ハルヒ「もちろんキョン、全部あんたの奢りだから」

キョン「おい!」

ハルヒ「あんた、今日一番最後に来たでしょうが」

キョン「ぐぬぬ……」

ハルヒ「じゃあみんな、早速出発しましょう!」


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 23:16:04.73 ID:V36HfztP0

〜学校近くのコンビニ〜


ハルヒ「さぁみんな! 好きなものジャンジャン買いなさい!」

みくる「えっと、あたしはこのサンドウィッチを」

古泉「僕はこのパスタにします」

キョン「俺はどれにしようかな? おっ、長門はどれにするんだ?」

長門「カレー」

キョン「たまには違うのを食えばいいのに。って、何気にカツカレーなんだな」

ハルヒ「あたしは新作のボリューム弁当にするわ!」

キョン「ぐわ! 一番高いのを!?」

ハルヒ「何か文句ある?」

キョン「……いや。くそ、下手に機嫌を損ねるわけにもいかないからな」

キョン「俺はどれにしようか……もうヤケだ、おにぎり全種類買ってやる」


ハルヒ「飲み物はみくるちゃんのお茶があるからいいわね。じゃ、部室に戻りましょう」


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 23:20:06.45 ID:V36HfztP0

〜部室〜


ハルヒ「ムグムグ……やっぱりおにぎりはツナマヨが最強よね!」

キョン「当たり前のように俺のおにぎりを食うな」

ハルヒ「お弁当だけじゃ足りなかったのよ。あ、みくるちゃん、お茶おかわり」

みくる「は〜い、ただいま」

キョン「まったく」

長門「……」ジー

キョン「……長門、食べていいぞ」

長門「エビマヨ」

キョン「はいよ、ほれ」

古泉「ふふ、優しいですね」

キョン「何か言ったか?」

古泉「いいえ、何も」


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 23:24:04.97 ID:V36HfztP0

ハルヒ「お腹もいっぱいになったし、続きよ続き!」

キョン「続き、と言ってもあとは1人だけどな」

長門「……」

ハルヒ「超能力者の古泉くん、未来人のみくるちゃんときて……」

ハルヒ「ラストは宇宙人! ……というか有希、本当に宇宙人なの?」

長門「本当」

キョン「何だ? いまさら疑ってるのか?」

ハルヒ「だって、どこからどう見ても人間じゃない」

キョン「いかにも『わたしは宇宙人です』てな姿してると大騒ぎになっちまうだろうが」

ハルヒ「それもそうね。ねえ有希、その姿って本物なの? 地球人の姿に変身してるとかじゃなく?」

長門「本物」

ハルヒ「ふーん。ヒューマノイドタイプの宇宙人か。地球以外にも人間っていたのね」

キョン(ちょっと違うけど、説明が面倒くさいからまぁいっか)


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 23:28:06.11 ID:V36HfztP0

ハルヒ「宇宙人として何か特殊な能力使える?」

長門「使える」

ハルヒ「じゃあ自分の姿を変えたりすることってできる?」

長門「できる」

キョン「おい、何に変身させるつもりだ?」

ハルヒ「もっと宇宙人らしい宇宙人も見てみたいのよ。グレイタイプとかタコ型火星人とか」

キョン「だとさ、長門」

長門「了解した。身体の構成情報を書き換える」シュウウウ

キョン「…………いや、やっぱり待ってくれ長門」

ハルヒ「何よ、何で止めるのよ?」

キョン「何と言うか……そんな姿の長門を見たくない……」

ハルヒ「むー」

ハルヒ「……それもそうね。何たって有希はその姿のほうが可愛いし!」

長門「……そう」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 23:32:04.87 ID:V36HfztP0

古泉「あの、できれば今は涼宮さんの意見に反対するのは……」ヒソヒソ

キョン「ああスマン。ついな」ヒソヒソ

ハルヒ「うーん、これだと宇宙人と分かりにくいわね。何かこう、宇宙的な凄いパワーってないの?」

長門「……」スッ

ハルヒ「あれ? 有希、どこ行くの?」

長門「これ」

キョン「それはさっき古泉が割った窓ガラスか。そういやそのままだったな」

ハルヒ「その窓ガラスがどうかしたの?」

長門「〜〜〜〜」ブツブツ


カチャ カチャカチャカチャ


ハルヒ「わっ! 凄い! 窓ガラスがあっという間に元通りに!」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 23:36:06.77 ID:V36HfztP0

ハルヒ「便利な力ねー。それが宇宙人パワーなの?」

長門「そう」

キョン(できれば無闇に情報操作能力を使ってほしくないが、今回は仕方ないよな)

みくる「よかったです、ずっと風がスースーしてたから」

ハルヒ「ねえ有希、壊れた物って何でも直せるの?」

長門「……」コクッ

ハルヒ「じゃあこれ、今からぶっ壊すから直してみせてくれる?」

キョン「って、それ俺の携帯じゃねーか! いつの間に盗みやがった!」

ハルヒ「何よ、どうせ直るんだから別にいいでしょ」

キョン「よくない! 返せ!」

ハルヒ「さぁ、砕けなさい!」

キョン「やめろっての!」


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/21(日) 23:40:04.69 ID:V36HfztP0

ハルヒ「まったくもう。ケチね」

キョン「何とか死守したぞ……」

ハルヒ「ところで、有希ってどうやって地球に来たの?」

長門「……」

ハルヒ「やっぱり宇宙船で?」

長門「……」コクッ

ハルヒ「あたし、その宇宙船見てみたい!」

キョン「お、おいおいハルヒ……」

キョン(長門は地球で生み出されたから宇宙船なんて)

長門「大丈夫」

キョン「長門?」

長門「こっち。ついてきて」スタスタ

ハルヒ「宇宙船見せてくれるの? ありがとう有希! 楽しみだわ!」

キョン(あまり派手にやるなよ、長門ー)


85 名前:さるさん・・・[] 投稿日:2010/03/22(月) 00:02:06.35 ID:V36HfztP0

キョン「長門、どこへ行くんだ?」

長門「屋上」

ハルヒ「屋上? そこに宇宙船があるのね!」

キョン(宇宙船か。長門はどんな宇宙船を出すつもりなんだ?)



〜屋上への扉の前〜


長門「待って」

ハルヒ「あれ、どうしたの有希?」

長門「〜〜〜〜」ブツブツ

長門「準備はできた。開けて」

ハルヒ「開けていいの? ではオープン!」ガチャ

キョン「おお!」

古泉「これはこれは」

ハルヒ「わあ!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 00:06:04.82 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「みんな見て見て! UFOよ、UFO!!」

みくる「こ、これって」

古泉「何とも古典的な、漫画にでも出てきそうなUFOですね」

キョン「出てきそうな、じゃない。実際に漫画に出てきたUFOだ」

古泉「どういうことでしょうか?」

キョン「俺が以前、長門に貸したんだ。たまには漫画でも読んでみたらどうだってな」

キョン「そして、その漫画に出てきたUFOが……」

古泉「今目の前にあるということですか」

キョン「長門、やっぱりあの漫画を参考にしたのか?」

長門「そう」

古泉「どんな漫画なのか、今度ぜひ読んでみたいですね」


ハルヒ「このUFO、何でできてるのかしら? 宇宙金属?」カンカン


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 00:10:06.01 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「みんな、早速乗ってみましょうよ! 有希、入り口どこ?」

長門「……」スッ


キュゥゥン ガーー


キョン「おお、長門が手で触れたところからドアが!」

ハルヒ「へー、いかにもUFOって感じのする仕組みね!」

長門「入って」

ハルヒ「やっほーい! 一番乗り!」

みくる「お、お邪魔します」

古泉「中はどうなっているのでしょうかね?」

キョン「おい長門。こんなでかいUFO、ちょっと目立たないか?」

長門「遮蔽フィールドを張ってある。周りの人間には見えない」

キョン「それを聞いて安心したよ。じゃ、俺も入ってみるかな」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 00:14:06.70 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「中は結構広いわね。でも……」

古泉「見事に何もありませんね」

みくる「あ、でもこっちに大きな窓がありますよ」

キョン(そういえばあの漫画、UFOの外観しか描写してなかったな)

ハルヒ「ねえ有希、操縦席はどこ? どうやってUFOを操縦するの?」

長門「操縦席はない。頭の中でイメージすれば、その通りにUFOは動く」

ハルヒ「そうなの!? 物凄いテクノロジーじゃない!」

ハルヒ「よーし、そうと分かれば早速出発するわよ!」

キョン「ちょっと待て! 長門、これまさか本当に宇宙に行けるのか!?」

長門「行ける」

ハルヒ「何を当たり前のことを言ってるのよ?」

キョン「ああいや、いきなりの展開だったから心の準備がな」

ハルヒ「心の準備なんて3秒で済ませなさい! 出発するわよ!」


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 00:18:05.26 ID:uqICfTdh0

キョン「おい、まさかお前が操縦するつもりか?」

ハルヒ「想像するだけで動くんでしょ? ならあたしでもできるじゃない」

キョン「長門、ハルヒなんかに任せて大丈夫なのか?」

長門「大丈夫。わたしがサポートする」

キョン「お前がついてるなら安心だな。特に敵がいるわけでもないし。頼んだぜ」

ハルヒ「それじゃ、宇宙へ向けてしゅっぱーつ!!」

キョン「ま、待て! シートベルト……」


ギュオオオオオオ・・・・・・ンン・・・・・・


古泉「おお、凄いスピードですね」

キョン「あれ? 揺れもGも感じないな。さすが長門印のUFOだ」

古泉「それよりも見てくださいよ外の景色! グングン地上が遠ざかっていきますよ!」

キョン「お前、何気にテンション上がってるな! いやでも確かに凄ぇ!!」

みくる「たたたたた高い高い高い高い怖い怖い怖い怖い!!!!」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 00:22:04.75 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「あっという間に宇宙まで来ちゃった。どういう構造してんのよ、このUFO」

キョン「は、はは、長年の夢だった宇宙旅行がこんなにあっさり実現するとはな」

古泉「感動ですね! こんなにワクワクするのは久しぶりですよ!」

キョン「だからテンション高いってお前。若干素が出てるだろ」

古泉「そうですか? すみません、少々興奮してしまいまして」

キョン「まぁいいんだけどよ。男の憧れだもんな、こういうの」

みくる「う〜ん……」

キョン「朝比奈さん!? どうしたんです! 大丈夫ですか!?」

みくる「だ、大丈夫です。ちょっとびっくりしただけだから」

ハルヒ「みんな! 見て見て!」

古泉「おお、あれは……」

キョン「地球……か……」

みくる「わあ、綺麗ですね」

長門「……」


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 00:26:05.07 ID:uqICfTdh0

古泉「『地球は青かった』、まさしくその通り、青く美しい星ですね」

ハルヒ「数多くの物語で、地球がよく狙われるのも分かるってものだわ!」

みくる「この頃の地球は、まだこんなに綺麗だったんですね」

キョン「朝比奈さん、それは……」

みくる「あ! その、禁則事項です!」

長門「……」

ハルヒ「それにしてもこうして地球を見下ろしてると、何だか神様になった気分だわ!」

キョン「だとよ、古泉」

古泉「はは……」

ハルヒ「むむ! あのへんに不埒なことを考えてる輩がいる気がするわ!」

ハルヒ「うりゃ! 天罰を下す!」ビシッ

キョン「やめろ。お前がやるとシャレにならん」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 00:30:05.13 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「ねぇ、近くの星に行ってみましょう!」

キョン「長門、行けるか?」

長門「太陽系内なら」

ハルヒ「十分よ! まずは月に行きましょ月に!」

キョン「長門、頼んだぞ」

長門「了解」


シュウウウン!!


ハルヒ「わ! あっという間に月に!?」

古泉「ほとんどワープと言ってもいいくらいのスピードですね」

ハルヒ「へ〜〜これが月なのね。ウサギはいないのかしら?」

キョン「いるわけないだろ」

ハルヒ「何よ、夢がないわね」


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 00:34:05.20 ID:uqICfTdh0

みくる「この時代の月は、まだ原形を保ってますね」

キョン「どういう意味ですか、朝比奈さん?」

みくる「うひゃわ! 禁則! 禁則事項です!」

キョン「さっきから口滑らせすぎですよ、朝比奈さん……」

ハルヒ「よーし、次は水星よ!」

キョン「うし、水星か。どんな感じなんだろうな?」

古泉「あなたも楽しんでますね」

キョン「そりゃそうだ。こんな機会めったにないぞ」

古泉「ですね。それにしてもカメラを持ってくればよかったです」

キョン「おおそうだ。せめて携帯のカメラで撮っておこう。死守しておいてよかった」

ハルヒ「有希ー! 水星に向けてGOよ!」

長門「了解した」


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 00:38:05.17 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「あー、たっぷりと堪能したわ! 満足満足!」

キョン「あの後、水星、木星、金星、土星と巡ってきたからな。そりゃ満足だろうよ」

古泉「では、そろそろ地球へ戻りますか?」

ハルヒ「そうね。そうしましょっか」

キョン「長門、頼むぞ」

長門「分かった」


シュウウウウウン!!


古泉「やっぱり物凄いスピードですね。あっという間に地球ですよ」

キョン「すっかり浮かれちまってたが、こんな大掛かりな能力使って大丈夫か長門?」

長門「大丈夫。問題ない」

キョン「何度も言うが、無理はしないようにな」

ハルヒ「何よキョン、あんた随分有希に対して過保護じゃない?」

キョン「え゛!! そ、そうか?」

長門「到着」


101 名前:またさるさん・・・[] 投稿日:2010/03/22(月) 01:00:10.44 ID:uqICfTdh0

〜北高 屋上〜


キョン「ふう、無事帰還っと」

みくる「宇宙もいいですけど、やっぱり地球が一番ですよね」

古泉「素晴らしい体験ができました。ありがとうございます、長門さん」

長門「いい」

ハルヒ「みんな、部室に戻るわよ」



〜部室〜


ハルヒ「本当に楽しかったわ! また連れてってね有希!」

長門「……」

ハルヒ「有希って正真正銘宇宙人だったのね! これでハッキリしたわ!」

キョン「そりゃあれだけのものを見せられればな」

ハルヒ「ところで有希、聞きたいことがあるんだけど」


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 01:04:06.23 ID:uqICfTdh0

長門「なに?」

ハルヒ「有希があの宇宙船で地球に来たってことは分かったわ。じゃあどうして地球に来たの?」

長門「どうして?」

ハルヒ「つまり地球に来た目的よ。いったい何をしに来たの?」

キョン(これは……正直に話すと、ハルヒの能力についても話さなくてはならないが……)チラッ

古泉「……」

キョン(そこをうまくボカすか、嘘をつくか……どう答えるんだ、長門……?)

みくる「長門さん……」

長門「わたしが地球に来た目的……」

ハルヒ「うんうん」

長門「それは……」




長門「あなたと友達になるため」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 01:08:05.43 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「……え?」

みくる「ふぇ!」

古泉「おや」

キョン「長門……」

ハルヒ「あ、あたしと……友達になるため?」

長門「そう」

ハルヒ「で、でも、何で?」

長門「あなたからのメッセージを受け取った」

ハルヒ「え? メッセージって?」

長門「『私は、ここにいる』」

ハルヒ「ああ!!」

キョン(なるほどな)

ハルヒ「つ、つまり、あの七夕の日に織姫と彦星宛てにグラウンドに描いたメッセージ」

ハルヒ「あれを見て、友達になるために来てくれたっていうの?」

長門「そう」


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 01:12:05.27 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「有希……」

長門「……」

ハルヒ「有希〜〜!!」ガバァ!

ハルヒ「有希〜ありがとう! ありがとね〜〜!!」ギュウウウ

長門「いい」


みくる「涼宮さん、嬉しそうですね」

古泉「そうですね、先程の宇宙旅行の時より嬉しそうに見えます」

キョン「それにしても、完全に予想外だったな」

みくる「うん、あたしもびっくりしました。長門さんがあんなことを言うなんて」

キョン(長門も随分と変わったな。ハルヒだけじゃなく、何だか俺も嬉しいな)


長門「泣いている?」

ハルヒ「泣いてないわよ! んもう!」


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 01:16:05.39 ID:uqICfTdh0

キョン「ハルヒ、これで超能力者、未来人、宇宙人と堪能したわけだが、満足したか?」

ハルヒ「そうね。長年追い求めてきたものが、まさかこんな……あー!!」

キョン「うお! ど、どうした!?」

ハルヒ「さっきの宇宙旅行で見忘れてたものがあったのよ!」

キョン「はあ? 見忘れてたもの?」

ハルヒ「火星よ! 火星に火星人がいるかどうかも見てみたかったのよ!」

キョン「いや、お前なぁ」

ハルヒ「有希! 悪いけどもう一度連れてって! ほら行くわよ!」グイグイ

長門「分かった」

キョン「あ、おい! って、あっという間に行っちまった。2人だけで」

古泉「長門さんがついていれば大丈夫だと思いますよ」

キョン「まったく、せっかく感動してたのに」

みくる「でも、あの方が涼宮さんらしいかもしれませんね」


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 01:20:05.93 ID:uqICfTdh0

みくる「涼宮さんと長門さん、もう出発したのかな?」

キョン「2人が戻ってくるまでしばらく暇ですね。さて、何をしてようか」

古泉「それならオセロでも……おっと」

キョン「どうした?」

古泉「機関から電話です。ちょっと失礼」ピッ

古泉「もしもし。え? ずっと連絡してたのに繋がらなかった?」

古泉「すみません。ちょっと宇宙に行ってまして。いえ本当なんですよ」

キョン「ハルヒが帰ってきたら、あいつ満足してますかね。願望は一通り叶えたつもりなんですけど」

みくる「どうなんでしょう。まだ分からないです」

古泉「本当ですか。はい、はい、分かりました。失礼します」ピッ

キョン「どうしたんだ古泉?」

古泉「少々まずいことになりました。涼宮さん達が北高に来ているそうです」

キョン「ハルヒ達が? あいつらは今、宇宙だろう?」

古泉「いえ、そちらではなく本物の涼宮さん達の方です。尾行している機関員からの連絡です」


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 01:24:05.27 ID:uqICfTdh0

キョン「マジか。市内不思議探索だってのに、何でまた北高に?」

古泉「それは分かりません。ですが僕達が見つかるのはまずいです」

キョン「確かにな。それぞれ急用で不思議探索を欠席したのに、こんな所にいるのを見つかったら……」

みくる「そ、そうですね。見つからないように隠れないと」

古泉「報告によれば、すでに校門前まで来ているそうです。急ぎましょう」

キョン「どこに隠れるよ? 休みだから空いている所は少ないぞ」

古泉「涼宮さんの目的が何であれ、部室には必ず来ると思われます。我々がいた痕跡を消しておきましょう」

古泉「それから涼宮さん達を監視しながら隠れましょう。下手に一箇所に閉じこもっていると臨機応変に対応できませんから」

キョン「分かった。すぐに移動しよう。鍵も閉めた方がいいな」

みくる「あ! 涼宮さん達が部室に来ると言うことは、職員室まで鍵を取りに行くということですよね?」

みくる「でも鍵はあたし達が持ってます。職員室に鍵がないと怪しまれませんか?」

古泉「それなら大丈夫です。涼宮さん、こっそり部室の合鍵を作ったみたいですから」

キョン「またあいつは……」


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 01:28:05.03 ID:uqICfTdh0

〜下駄箱〜


キョン「うお! あいつらもう下駄箱まで来てやがる!」

古泉「静かに! このままでは鉢合わせしますので、見つからないようにあちらへ移動しましょう」


ハルヒ『〜〜〜〜』 キョン妹『〜〜〜〜』

鶴屋『〜〜〜〜』  谷口『〜〜〜〜』  国木田『〜〜〜〜』


みくる「何か喋ってますけど、よく聞こえませんね」

キョン「それにしても、ハルヒに鶴屋さん、俺の妹に谷口国木田か。随分と奇妙なメンバーだな」

古泉「どうやら真っ直ぐ部室に向かうみたいですね……おや、ちょっと待ってください」

キョン「どうした? って、ゲッ!! こっちに向かってきやがる!」

みくる「な、何で急に進路を変えたんでしょう!?」

古泉「分かりません。ですが、このままでは見つかります。早くこちらの物陰へ」

みくる「あ、ま、待ってくだ……あ!!」ツルッ

みくる「ふぎゅっ!」ドタッ


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 01:32:05.26 ID:uqICfTdh0

キョン「あ、朝比奈さん!」

みくる「ふぇぇ、コケちゃいましたぁ……」

古泉「まずいですね。今の悲鳴を聞かれたかもしれません」

キョン「どうやらそのようだ。止まってこっち見てやがる」

みくる「ご、ごめんなさい」


ハルヒ『〜〜〜〜』


キョン「くそ、こっちへ来るな。来たら確実にバレちまう」


ヒュ〜〜 コツン!


キョン「いてっ!」

古泉「しっ」

キョン「分かってる。しかしこれは……スリッパ?」
 

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 01:36:05.10 ID:uqICfTdh0

古泉「どうやら涼宮さんが投げてきたみたいですね」

キョン「誰がいるか確かめるためか? って、ちょ!!」


コツン! カツン! ポスン! トスン! パコン!


みくる「スリッパが、スリッパがたくさん降ってきます!」

キョン「く、くそ、何で全部俺に命中するんだ!?」

古泉「大きな声を出さないでください」

キョン「分かってるよ! ……ん? お、スリッパの雨がやんだ」

みくる「あ、涼宮さん達、別のところに行っちゃいました」

古泉「どうやら誰もいないと判断したみたいですね」

キョン「助かった。何とか見つからずにすんだ……」

キョン「しかし、何で急に部室からこっちに進路を変えたんだアイツ?」

古泉「おそらくただの気まぐれかと。しかしピンポイントでこちらに来るとは恐ろしい勘ですね」


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 02:00:06.47 ID:uqICfTdh0

さるさん喰らってばかりで思うように進まない
眠気が限界

本当は今日一気に終わらせる予定だったけど、申し訳ない
もう寝る

書き溜めは最後まであるから、残ってたら10時か11時くらいから再開する

おやすみ

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 10:15:08.04 ID:uqICfTdh0

おはよう

保守本当にありがとう
再開する

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 10:18:05.54 ID:uqICfTdh0

古泉「さて、涼宮さん達を追いましょう」

キョン「そんなことすれば、また見つかっちまうんじゃないのか?」

古泉「もちろん細心の注意を払いながらです。そうですね……」

古泉「2階のあそこの窓からなら涼宮さん達を監視しつつ、こちらは見つからないと思います」

キョン「なるほどな。よし、行くか」


みくる「あ、本当です。ここからなら1階のほとんどが見渡せますね」

キョン「さぁて、ハルヒ一行はどこに?」

古泉「……申し訳ありません。少々考えが甘かったようです」

キョン「何を言って……げっ! ハルヒ達がこっちに来る!」

みくる「な、何であたし達のいる所が分かるんですかぁ!?」

古泉「これも気まぐれ、というより勘でしょうね」

キョン「不思議を求めるあまり、か? 今日のあいつは厄介だな」


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 10:22:06.44 ID:uqICfTdh0

古泉「こっちに来ました!」

キョン「逃げろ!」

みくる「ひゃあ! またこっちに来ますぅ!」

キョン「隠れて!」

古泉「ふう、向こうに行きましたね。と思ったらフェイントでした!」

キョン「壁と同化しろ!」

みくる「Uターンして突っ込んできます!」

キョン「ダッシュです!」


キョン「ああああ!! いい加減にしろよあいつら!!」

古泉「ことごとく僕達のいる方に向かってきますね」

みくる「あう、もう疲れましたぁ……」

キョン「こんなことなら俺達も宇宙に行ってればよかったな」

古泉「偽の涼宮さんがここにいないだけ、まだマシですよ。頑張りましょう」


144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 10:26:05.95 ID:uqICfTdh0

〜物陰〜


キョン「また至近距離だな」ヒソヒソ

古泉「静かに。何か話しているようです」ヒソヒソ


鶴屋『ハルにゃん、そろそろ切り上げないかい?』


キョン(おお! ナイスです鶴屋さん!)


鶴屋『学校ならいつでも調べられるしね。そうしないかい?』

ハルヒ『……そうね、分かったわ。外に出るわよ』


みくる「あっ、みんな下駄箱の方に向かっていきますよ」

キョン「やっと出て行ってくれたか。まったく余計な体力を使っちまった」

古泉「お疲れ様です。我々も部室へ戻りましょう」


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 10:30:06.23 ID:uqICfTdh0

〜部室〜


キョン「やれやれ、大変だったな」

みくる「お疲れ様です。今お茶を淹れますね」

キョン「なぁ、わざわざ尾行して監視しなくても、校門近くで隠れて出て行くのを見届けるだけでよかったんじゃないか?」

古泉「それだと偽の涼宮さんと長門さんが帰って来た時、対応できない可能性がありましたから」

みくる「そういえば涼宮さん達、部室には一度も寄りませんでしたね。どうしてでしょう?」

古泉「忘れていたのではないでしょうか? そのことに気づいて引き返してきているかもしれませんね」

キョン「そういうことを言うのはよせ。気になるだろうが」ガチャ


ハルヒ『〜〜〜〜』

キョン妹『〜〜〜〜』

鶴屋『〜〜〜〜』


キョン「……」バタン

キョン「本当に来てるじゃねーか! どうするんだよ!?」


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 10:34:05.82 ID:uqICfTdh0

古泉「それはまずいですね。隠れないと」

キョン「隠れないとって、本当にすぐそこまで来てるんだ。部室からは出られないぞ!」

みくる「ふえええ! ど、どうすればいいんですかぁ!?」

キョン「そうだ! 朝比奈さん、ロッカーに隠れましょう!」

みくる「ふえ? あ、そ、そうですね」


ガチャガチャ ゴトゴト バタン


古泉「あの、僕はどこに隠れれば……?」

キョン「ロッカーは2人が精一杯だ!」

古泉「そうですか。さて、どうしましょうか」

キョン「窓からあの赤い玉になって出て行けばいいだろ! 今は北高全体が閉鎖空間なんだから!」

古泉「おお、それもそうですね。鍵を閉めて、それでは」


キョン(頼む、見つかりませんように)


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 10:38:05.81 ID:uqICfTdh0

ハルヒ『そりゃ!』バーン

キョン「入ってきましたね」

みくる「うん。きょ、キョンくん、もう少し詰めてもらえませんか?」

キョン「あ、はい」ググッ

キョン(それにしても、朝比奈さんとこうしてロッカーに隠れるのも2回目だな……)

ハルヒ『みんな、手分けして捜索開始よ!』

キョン「捜索!? まさか俺達のことがバレて……?」

みくる「でもそれにしてはおかしいような? 本棚とかパソコンとか調べてますよ?」


国木田『うわー、本がたくさんあるね』

谷口『おおおお! これは朝比奈さんのメメメメメイド! バニー! チア! ナース!』

鶴屋『こらこら。手出ししちゃいけないよ』ギリギリギリ

キョン妹『あ、ここ写真が飾ってある! あたしも何枚か写ってるよ』


キョン(何を探してるんだ? というか楽しそうだなオイ)


149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 10:42:05.97 ID:uqICfTdh0

鶴屋『特に怪しいものはないみたいだよ、ハルにゃん』

ハルヒ『もっとも身近な部室にこそ、不思議が潜んでると思ったんだけど』

キョン(不思議? わざわざ北高まで? いくら不思議探索とはいえ……)

ハルヒ『あとはこのロッカーだけね。開けたらツチノコでも出てこないかしら?』

キョン(げっ! や、やばい!?)

みくる「キョンくん、どどどどうしましょう!?」

キョン(くそ! 開けるな! 開けるんじゃない!)

ハルヒ『じゃあ開けるわよ。せ〜〜の!』

キョン(ああ、ここまでか……)


ガチャ


ハルヒ「……」

キョン「ああああのだなハルヒ、これはだな」

ハルヒ「……はあ、結局ここもはずれみたいね」

キョン「え?」


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 10:46:05.73 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「いつまでもいてもしょうがないわね。出るわよみんな」

ハルヒ「あ、ちゃんと後片付けは忘れないように」


ガチャ バタン


みくる「みんな出て行っちゃいましたね」

キョン「どういうことですかね? あんなにバッチリ姿を見られたのに」

みくる「涼宮さん達にはあたし達の姿が見えてなかったんでしょうか?」

長門「そう」

キョン「うおお長門!? いつの間に」

長門「あなた達の周囲に遮蔽フィールドを張った」

キョン「遮蔽フィールドって、UFOにも使ってたあれか?」

長門「そう」

キョン「そ、そうか。助かったぜ長門。寿命が縮むかと思った」

みくる「あれ? 涼宮さん、あ、えっと、本物じゃない方の涼宮さんはどうしたんですか?」

長門「古泉一樹と屋上にいる」


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 10:50:06.31 ID:uqICfTdh0

キョン「ところで長門、今本物のハルヒ一行はどこに?」

長門「下駄箱から校門へと向かう途中」

キョン「そこまで行けば安心だな。さて、ハルヒと古泉を迎えに行くか」

みくる「そうですね。あんまり待たせちゃうとまた涼宮さんが……」


谷口「ウィーース!!」バーン

キョン「うわ!!」

みくる「ひゃああ!」

谷口「お、お、お、落し物…………お?」

谷口「あれ? 何でお前ら……」

キョン「うおおお!!」ガバァ

谷口「ぐわ!!」ドサッ

谷口「なな何だ!? 何でいきなり床に押さえつけるんだ!?」

キョン「ど、どうすればいい長門!? 殺るか? 存在を消すか!?」

みくる「きょ、キョンくん、落ち着いてぇ!?」


155 名前:いきなりさるさん[] 投稿日:2010/03/22(月) 11:10:08.43 ID:uqICfTdh0

キョン「はっ! 我を忘れていた……というかお前、何でまた部室に戻ってきたんだよ!」

谷口「あだだだ! か、鍵だよ! 家の鍵がなくなってたから落としたのかと思って探しに!」

みくる「鍵? あ、ここに落ちてるこれですか?」ヒョイ

谷口「あ、それです。どうもありがとうございます。つーかいい加減に離せよキョン!」

キョン「ん? おお、すまんすまん」

谷口「ったく。で、何でお前らがここにいるんだ? 今日はそれぞれ急用で欠席してたんじゃないのか?」

キョン「ああ、そのだな。すまん、理由は話せないんだ」

谷口「こうやってこそこそ隠れてるってことは、涼宮に内緒で何かやってるのか?」

キョン「お前にしては察しがいいじゃないか。頼む! このことは黙っててくれないか? 特にハルヒには!」

谷口「あのな、ただでさえ涼宮の面倒を押し付けといて、また頼み事かよ」

キョン「そのことについては礼も言うし謝罪もする。だから頼む!」

谷口「うーん、別に構わんがタダじゃな」

みくる「あ、あの、あたしからもお願いします。黙っていてくれませんか……?」ウルウル

谷口「もちろんですとも朝比奈さん! 男谷口、このことは誰にも口外しません!!」

キョン「こいつは……」


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 11:14:06.18 ID:uqICfTdh0

谷口「ま、お前らが何をしようとしてるのかは知らねーが、とりあえず頑張れよ」

キョン「ああ、本当にすまんな谷口」

谷口「一度引き受けたからには、最後まで涼宮の面倒を見てやるよ。任せときなって」

みくる「あの、ありがとう。助かります」

谷口「いえいえ! どういたしまして! それじゃ、失礼しまっす!」バタン


キョン「はあ、何とか切り抜けましたね」

みくる「うん」

キョン「ところで長門。さっきハルヒ一行の現在地を聞いた時、谷口がこっちに向かってる事に気づかなかったのか?」

長門「迂闊」

キョン「……ま、お前だってたまにはミスするよな」

みくる「あの、そろそろ屋上に迎えに行かないと」

キョン「そういえばずっと待たせたままだ。怒ってるかな?」


157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 11:18:06.05 ID:uqICfTdh0

〜屋上〜


ハルヒ「あ! やっと来た! 何やってたのよもう!」

古泉「遅かったですね。涼宮さんをここから動かさないように説得し続けるのには苦労しましたよ」

キョン「すまんな。文句なら谷口に言ってくれ」

ハルヒ「あんた達が迎えに来るまで部室に行かないでくださいって、ずっと止められてたんだけど」

ハルヒ「結局何だったのよ? 何でずっと待たされてたわけ?」

キョン「それはだな、部室に害虫が出たんだよ。それを駆除するまで待っててもらってたんだよ」

ハルヒ「何よ、そういうことならそうと言ってくれればいいのに」

みくる「あの、ごめんなさい」

ハルヒ「まあいいわ。早く部室に戻りましょう」

古泉「そうですね。そうしましょう」

キョン「そういえばハルヒ、火星人は見つかったのか?」

ハルヒ「何にもいなかったわ。でも地面に潜んでる可能性もあるから、今度はもっと徹底的に調べたいわね!」

キョン「そうかい」


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 11:22:06.03 ID:uqICfTdh0

〜部室〜


キョン「さてハルヒ、今度こそ満足したか?」

ハルヒ「まぁね! 本当に楽しかったわ!!」

キョン「そうか」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「……それだけ?」

ハルヒ「それだけって何がよ?」

キョン「おい古泉、宇宙人に未来人に超能力者、全てに会って満足したら消えるはずじゃなかったのか?」

古泉「ふむ、どうやらまだ心残りがあるようですね」

みくる「あの、やっぱりあたしのせいじゃ……? 満足いくタイムトラベルができなかったから」

古泉「それもあるかもしれませんが、もっと大事な人物のことを忘れていませんか?」

キョン「大事な人物?」


159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 11:26:06.18 ID:uqICfTdh0

キョン「待てよ。宇宙人、未来人、超能力者……」

キョン「入学式の日のハルヒの自己紹介……そうか、異世界人! 自己紹介には異世界人も含まれてた!」

キョン「けど……だとしたらどうするんだ? まだ異世界人はハルヒの前に現れてないぞ?」

古泉「いえいえ、僕が先程言ったもう1人の重要人物とは、あなたのことですよ」

キョン「俺? いや俺には特殊な属性は何も……」

キョン「おい、まさか実は俺こそが異世界人でしたー、何て言うつもりじゃないだろうな?」

古泉「それに関しては以前も言いましたが、機関が調べた結果、あなたは正真正銘ただの一般人だと結論が出ています」

キョン「そ、そうか。しかし、だったら何で俺が?」

古泉「異世界人云々は今はおいておきましょう。現時点ではどうにもできませんから」

古泉「そもそも涼宮さんがなぜ北高に来たのか、それを思い出してください」

キョン「ハルヒが北高に来た理由?」


ハルヒ「あの2人、またコソコソ何か話してるわね」

みくる「あの、涼宮さん、お茶どうぞ」


160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 11:30:06.89 ID:uqICfTdh0

キョン「ハルヒが北高に来た理由…………ああ、そういうことか」

古泉「涼宮さんは北高でなら不思議を見つけられると思い、この高校を選びました」

古泉「そして、そう思うようになったきっかけは、とある人物と出会ったこと。その人物こそが」

キョン「ジョン・スミス。つまり俺ということか」

古泉「ジョン・スミスは涼宮さんの生き方に大きな影響を与えた人物です」

古泉「そして、そんなジョン・スミスとの再会を望んでいると思われます。実際あの日以来、行方を捜していた時期もありますしね」

キョン「なるほど、試してみる価値はあるな。よし、やってみよう」


キョン「おいハルヒ、ちょっと話がある」

ハルヒ「何よ? 今からみくるちゃんのいろんな所を弄ろうと思ってたのに」

みくる「助けてぇキョンくん」

キョン「間一髪だったみたいですね……」

ハルヒ「それで、話って何よ?」


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 11:34:05.91 ID:uqICfTdh0

キョン「ハルヒ、4年前の七夕の日のことを覚えてるか?」

ハルヒ「そりゃ覚えてるわよ。あの時のメッセージのおかげで有希と会えたんだしね」

キョン「そのメッセージを描いたとき、手伝ってくれた奴がいたよな」

ハルヒ「え? 何でアンタがそのことを知って……?」

キョン「そいつはこう名乗ったはずだ。ジョン・スミスと」

キョン「そして、そのジョン・スミスは、俺なんだ」

ハルヒ「へ?」


――――――――――――――――――――

――――――――――

―――――


ハルヒ「へぇ、タイムスリップしてきたアンタがジョン・スミスの正体、だったの」

キョン「そういうことだ。ちなみにあの時俺が背負ってたのが朝比奈さんだ」

ハルヒ「へぇ……」

キョン「何かあんまり驚いてなさそうだな」


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 11:38:05.96 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「十分驚いてるわよ。でも何だかいきなりだったから」

ハルヒ「それに……実感が湧かないのよ」

キョン「実感?」

ハルヒ「他のみんなはハッキリと分かる形で証明してくれたから、すんなり受け入れられたのよ」

ハルヒ「けど、アンタの場合はあくまでアンタの証言だけだから……」

キョン「確かに超能力ショーとか宇宙旅行の後じゃインパクトが薄いかもしれんが」

キョン「しかし、このことを知ってるのはお前とジョン・スミス本人だけだろう?」

ハルヒ「そりゃそうなんだけど……うーん……」


みくる「ああ!!」

ハルヒ「びっくりした!? いきなりどうしたのよ、みくるちゃん?」

みくる「あ、あの、たった今、許可が下りたんです」

キョン「許可が? 何のです?」

みくる「4年前への時間遡行です」


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 11:42:05.84 ID:uqICfTdh0

キョン「4年前への? このタイミングで許可が下りたということはひょっとして」

みくる「うん、4年前の7月7日に涼宮さんを連れて行くようにって」

ハルヒ「ホント!? ホントに? 今度こそ本格的なタイムトラベルができるのね!」

キョン「よかったじゃないかハルヒ。これぞまさに一石二鳥だ」

ハルヒ「行きましょう! さぁ早く!」

キョン「落ち着けっての」

古泉「これは楽しみですね。宇宙旅行だけでなく、タイムトラベルまで経験できるとは」

キョン「そういえばお前以前、時間遡行にやたら興味を示してたことがあったな」

みくる「あ、あのう、ごめんなさい古泉くん」

みくる「涼宮さん、キョンくん、長門さんを連れて行く許可は出てるんですけど、古泉くんは……」

古泉「そ、そうなんですか…………分かりました。留守番してますね」

キョン「あー……残念だったな。そう落ち込むなよ」

古泉「いえいえ、仕方ありませんよ。はあ」

キョン「拗ねるなよ」

古泉「拗ねてませんよ」


165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 11:46:06.02 ID:uqICfTdh0

古泉「では僕は廊下に出ていますね。気をつけて行ってきてください」バタン

ハルヒ「ねえ、何で古泉くんだけ連れて行けないのよ?」

キョン「いろいろと事情があるんだろうよ」

みくる「あの、では、いきます。目を瞑ってください」

ハルヒ「いつでもいいわよ!」

キョン「俺もです。どうぞ」

長門「……」

みくる「では……」


ズンッ!!  グニャアアアァァアアァアアアアア・・・・・・




みくる「着きました。もう目を開けても結構ですよ」

キョン「う……こ、ここは……」

ハルヒ「ここが4年前……?」


166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 12:08:05.86 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「さっきまで明るかったのにいきなり夜だわ。ここどこ?」

キョン「この公園は……前回と一緒ですね、朝比奈さん」

みくる「うん。うまくいったみたいでよかったです」

キョン「あ、そういえば靴を持ってきてない……」

長門「これ」スッ

ハルヒ「あら、みんなの靴じゃない。有希ったらいつの間に持ってきてたの?」

キョン(持ってきたのか、たった今作り出したのか。まあ聞かないでおくか)

ハルヒ「思い出したわ! ここ、東中の近くにある公園じゃない! ということは東中はこっちね!」ダダッ

キョン「あ! こらハルヒ! 1人で勝手に走り出すな!」

キョン「やれやれ、俺たちも後を追いましょう」

みくる「は、はい」

長門「……」コクッ


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 12:13:07.20 ID:uqICfTdh0

キョン「待てってハルヒ。気持ちは分かるが落ち着け」

ハルヒ「何よ、アンタは随分と冷静なのね」

キョン「この時代に来るのはもう3回目だからな。タイムトラベルした回数だと何回目だったかな」

ハルヒ「あたしに内緒で随分と楽しそうなことしてたのね。あ、そうだ!」タタッ

キョン「こらっ! 今度はどこへ…………って、コンビニ?」

みくる「はぁ、はぁ、やっと追いつきましたぁ。あれ? 涼宮さんは?」

キョン「そこのコンビニに入っていきました」

みくる「コンビニに? あ、出てきました」

ハルヒ「新聞で日付を確認してきたわ! ここ本当に4年前なのね!」

キョン「実感したか?」

ハルヒ「まあね! あれ? ということは宝クジとかあれやこれややり放題?」

みくる「涼宮さん、それは禁則事項なんですよ」

ハルヒ「冗談よ。さ、東中に行きましょう」


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 12:18:05.85 ID:uqICfTdh0

みくる「あの長門さん、そろそろお願いします」

長門「分かった」

長門「〜〜〜〜」ブツブツ

キョン「何だ? 何をしたんだ?」

長門「わたし達の周囲に遮蔽フィールドを張った。これで周りの人間にはわたし達の姿は見えないし、声も聞こえない」

キョン「そうか。今日はその遮蔽フィールドとやら、大活躍だな」

ハルヒ「ホントに姿が見えなくなったの? でも何でそんな必要があるの?」

キョン「俺達の姿を見られたら困る奴らがいるからさ。例えば後ろから歩いてきてるアイツ」

ハルヒ「アイツ?」クルッ


キョン『ふう、ふう、あの人が言ってた中学校とやらはまだか……』


ハルヒ「あれって……キョン!? キョンが2人!」

キョン「あれが4年前の七夕の日に、お前が出会ったジョン・スミスだよ」


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 12:23:05.88 ID:uqICfTdh0

キョン『その中学校とやらで誰かを手伝えと言ってたが、誰の何を手伝うんだろうな』スタスタ


ハルヒ「アイツ、あたし達に気づかず素通りしたわ。本当にあたし達のことが見えてないのね」

キョン「こんな真っ暗じゃ、相手を確認しようにもよほど接近しないと顔が見えないよな」

キョン「なるほど、遮蔽フィールドが必要なわけだ」

キョン「それにしても、今この時間に『俺』は何人いるんだろうな? これからも来る可能性もあるし」

長門「知りたい?」

キョン「いや、いい」

みくる「あのぅ、今のキョンくんが背負ってたのって……?」

キョン「ええ、朝比奈さんですよ」

みくる「やっぱり……何であたし、あの時眠っちゃったんだろう?」

キョン(言わない方がいいよな、やっぱり)

ハルヒ「ねえ、あのキョン行っちゃったわよ。あたし達も行きましょ」

キョン「ああ、そうだな。東中までもう少しだ」


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 12:28:05.78 ID:uqICfTdh0

〜東中 校門前〜


ハルヒ「着いたわ! ここが東中よ!」

キョン「過去の俺はもう到着してるみたいだな」

ハルヒ「あら? あの校門によじ登ってるのって……」


小ハルヒ『何よアンタって聞いてるのよ。変態? 誘拐犯?』

キョン『お前こそ何やってるんだ?』

小ハルヒ『決まってるじゃないの。不法侵入よ』

小ハルヒ『誰だか知らないけど、暇なら手伝いなさいよ。でないと通報するわよ』


ハルヒ「やっぱり! 過去のあたし!」

キョン「中学1年の時のお前だ。というか初対面の高校生によく平気で命令できるな、お前は」

ハルヒ「ちょうどいい労働力だと思ったのよ。これなら通報されても捕まるのはアンタだしね」

キョン「恐ろしいこと考えるな!」


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 12:33:06.38 ID:uqICfTdh0

みくる「あ、2人ともグラウンドの方へ行きましたよ」

キョン「俺達も行くか。それにしても、何だか懐かしい光景だ」

ハルヒ「小さい頃のあたしって、やっぱり可愛いわね。さすがあたし!」

キョン「自画自賛するな」


小ハルヒ『夕方に倉庫から出して隠しておいたのよ。いいアイデアでしょ』

キョン『代わってやるよ。お前は線引き持て』

小ハルヒ『え?』


キョン「この後、散々コキ使われるんだよなぁ」

ハルヒ「……」

キョン「どうしたハルヒ?」

ハルヒ「あ、うん。やっぱりジョン・スミスってアンタだったんだ、って」

キョン「ようやく分かってくれたか」

ハルヒ「こうやってハッキリ見せられたらそりゃあね」


175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 12:38:05.97 ID:uqICfTdh0

小ハルヒ『そこ歪んでるわよ! 何やってるの!』

キョン『おっとと、こうかー?』


ハルヒ「中学生にコキ使われるなんて情けないわね」

キョン「張本人のお前が言うか?」

みくる「ごめんなさいキョンくん。あたし寝てるだけで何にも手伝えなくて」

キョン「いいんですよ。ここは俺がやることに意味があったみたいですし」

長門「……」


小ハルヒ『こらー! 誰が休んでもいいって言ったのよ!』

キョン『くそ、人使いの荒い奴め』


ハルヒ「情けない顔しちゃって。引っ叩いてやろうかしら?」

キョン「じゃあ俺は、あそこにいるクソ生意気なガキを引っ叩きにいくとしよう」

みくる「ふ、2人ともやめてくださ〜い!」

長門「似た者同士」


176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 12:43:06.03 ID:uqICfTdh0

キョン「お、どうやら描き終わったようだな」

ハルヒ「2人ともあっちの方に行くわ。あたし達も行くわよ」

みくる「何だか話をしているみたいですね」


小ハルヒ『アンタ、宇宙人っていると思う?』

キョン『突然だな』

小ハルヒ『質問に答えなさいよ』

キョン『いるんじゃねえの』

小ハルヒ『じゃあ未来人は?』

キョン『いてもおかしくはないな』

小ハルヒ『超能力者なら?』

キョン『配り歩くほどいるだろうよ』

小ハルヒ『異世界人は?』

キョン『それはまだ知り合ってないな』


キョン(これはまた懐かしい会話だな)


178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 12:48:05.96 ID:uqICfTdh0

小ハルヒ『ふーん。 それ北高の制服よね?』

キョン『まあな』

小ハルヒ『アンタ名前は?』

キョン『ジョン・スミス』

小ハルヒ『バカじゃない』

キョン『匿名希望ってことにしておいてくれ』


キョン(まさかこの時の何気ないやりとりが、後にハルヒに対する大きな切り札になるとは思わなかったな)

ハルヒ「……」


小ハルヒ『おんぶしてた人は?』

キョン『俺の姉ちゃんだ。突発性居眠り病にかかっていてな。所構わず居眠りをするもんで、担いで歩いてたのさ』


みくる「キョンくん……」

キョン「すみません。他にいい言い訳が思い浮かばなくて」


181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 12:53:06.02 ID:uqICfTdh0

キョン『それで、これはいったい何なんだ?』

小ハルヒ『見れば分かるでしょ。メッセージよ』

キョン『まさか織姫と彦星宛てじゃあないだろな?』

小ハルヒ『どうして分かったの?』

キョン『まあ七夕だしな。似たようなことしてる奴に覚えがあっただけさ』

小ハルヒ『へえ、ぜひ知り合いになりたいわね。北高にそんな人がいるわけ?』

キョン『まあな』

小ハルヒ『ふーん、北高ね……』


キョン(はい、ハルヒの北高行き決定っと)

ハルヒ「ねぇ、この似たようなことしてる奴って……」

キョン「お前以外に誰がいる?」

ハルヒ「あたしは自分で自分の行動に感銘を受けたってわけ?」

キョン「そういうことになるな。高1ハルヒの行動に中1ハルヒが影響されてって、何か複雑だがな」


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 13:13:09.70 ID:uqICfTdh0

小ハルヒ『帰るわ。目的は果たしたし。じゃーね』


キョン「お、ハルヒは帰ったようだな」

みくる「キョンくんもどこかに……あ、この後って……」

ハルヒ「……」

キョン「どうしたハルヒ、さっきから黙り込んで」

ハルヒ「うん、ちょっとね。このグラウンドのメッセージを見てたら懐かしくなってきちゃって」

ハルヒ「ねえキョン、このメッセージの意味って分かる?」

キョン「『私は、ここにいる』だろ?」

ハルヒ「どうして知って……あ、有希に教えてもらったのね。さっき部室でも言ってたし」

ハルヒ「そっか。確か有希はこのメッセージを見て、あたしの元に来てくれたのよね」

長門「そう」

ハルヒ「あたしのやったこと、無駄じゃなかったのよね」

キョン「ハルヒ……」


186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 13:18:06.05 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「ねえキョン」

キョン「何だ?」

ハルヒ「どうしてアンタは、わざわざタイムトラベルしてまで、あたしのことを手伝ってくれたの?」

キョン「ああ、それはだな……」チラッ

みくる「あの、詳しいことは禁則事項……じゃ、ないみたいですね」

みくる「えっと、それは涼宮さんを北高に行かせるため、だったそうです」

ハルヒ「あたしを北高に?」

キョン「お前は宇宙人や未来人や超能力者と一緒に遊びたかったんだろ?」

ハルヒ「えっ? そうだけど」

キョン「北高に来て、それが叶っただろうが」

ハルヒ「あ……」

キョン(正確には北高に不思議があったんじゃなく、ハルヒが北高に来たからこそ不思議が集まったんだろうが)

ハルヒ「そうね。あたしは北高に来たからこそ、有希やみくるちゃんや古泉くん、あとついでにキョン……」

キョン(俺はついでかい)

ハルヒ「こんな楽しいメンバーと楽しい時間が過ごせてる。それには本当に感謝してるわ」


187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 13:23:08.05 ID:uqICfTdh0

キョン(……いつもこんだけ素直ならいいんだけどな)

みくる「あの、そろそろ帰らないと」

キョン「そうですか、分かりました」

ハルヒ「うん! 過去の自分にも会えたし、これぞタイムトラベルって感じよね!」

ハルヒ「ありがとね、みくるちゃん! 楽しかったわ!」

みくる「あたしもやっと未来人らしいことができてよかったです」

キョン「ん? そういやハルヒ、この時メッセージを描くのを手伝ってやったお礼を俺は聞いてないぞ」

ハルヒ「あれ? そうだったっけ? サンキュサンキュ」

キョン「人に重労働をさせておいてお前は……」

みくる「で、では、現代に帰還します」

ハルヒ「オッケーよ」

長門「……」

キョン「お願いします」


ズンッ!!  グニャアアアァァアアァアアアアア・・・・・・


188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 13:28:05.99 ID:uqICfTdh0

〜現代 部室の外〜


みくる「到着しましたよ」

キョン「タイムトラベルする時の感覚にはいまだに慣れないな」

ハルヒ「そう? あたしはもう慣れたけど?」

キョン「相変わらず頑丈なんだな、お前は」

長門「……」

みくる「キョンくん、長門さん、着いてきてくれてありがとう。助かりました」

長門「いい」

キョン「いいんですよ。俺は特に何もしなかったですし」


キョン「古泉ー、戻ったぞ」ガチャ

古泉「おかえりなさい。随分と早かったですね」

キョン「早かった?」

みくる「あの、出発した時間の5分後に帰ってきたので」


189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 13:33:06.40 ID:uqICfTdh0

古泉「お疲れ様でした。どうでしたか?」

キョン「手ごたえはあったと思うが、さて、どうだろうな」

ハルヒ「みくるちゃん、さっきはいろいろ文句言ってごめんね! みくるちゃんは正真正銘未来人だったわ!」

みくる「いいいえいいんです! いいですから揉まないでくださぁい!」

キョン「ようハルヒ、これで満足できたのか?」

ハルヒ「ん?」

キョン「超能力ショーを観て、宇宙旅行をして、タイムトラベルを体験して、さらにジョン・スミスの正体も知った」

キョン「ハルヒ、お前の願いは叶ったのか?」

ハルヒ「そう、ね……」

ハルヒ「…………」

ハルヒ「ねぇみんな、ちょっとキョンと2人だけになりたいんだけど」

キョン「ん? 何だ?」

古泉「分かりました。僕達は外に出ていますね」ガチャ

みくる「では」

長門「……」バタン


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 13:38:05.99 ID:uqICfTdh0

キョン「どうしたんだハルヒ? 俺だけに話って」

ハルヒ「キョン、あたしね、『不思議』に興味を持ち始めた頃からずーっと1人だったのよ」

キョン「ハルヒ……」

ハルヒ「宇宙人、未来人、異世界人、超能力者、その他にも様々なこの世の『不思議』……」

ハルヒ「誰もがそんなものはいないと言ったわ。あたしがどれだけ叫んでも、返ってくるのは苦笑、嘲笑、蔑みの目、哀れみの目……」

ハルヒ「あたしは誰かに分かってもらおうとするのをやめた。別に寂しいとかつらいとかは思わなかったわ」

ハルヒ「1人でだって大丈夫、1人でだって絶対に不思議を見つけてやる! そう思ってた」

キョン「……」

ハルヒ「ある日の夜、宇宙へのメッセージを描くために、学校のグラウンドに忍び込んだの」

ハルヒ「そこである高校生と出会った。女の子を背負った妙な高校生だったわね」

ハルヒ「そいつはあたしのやることを手伝ってくれた。そして、作業が終わった後に聞いてみたのよ」

ハルヒ「『宇宙人っていると思う?』って。そいつは『いるんじゃねえの』って答えた」

ハルヒ「未来人もいる、超能力者もいる、異世界人……はまだ知り合っていないんだっけ?」

ハルヒ「とにかくそいつはあたしの言うことを馬鹿にしたりせず、不思議はあるって肯定してくれた」


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 13:43:06.09 ID:uqICfTdh0

キョン「……」

ハルヒ「ねぇキョン、アンタに分かる?」

キョン「え……?」

ハルヒ「この時、あたしがどれだけ嬉しかったか」

キョン「ハルヒ……」

ハルヒ「自分の考え方を分かってくれる人と初めて出会った。すっごく嬉しくて、すっごく印象に残ったのよ」

ハルヒ「そしてあたしは北高に入学した。あいつのいた北高なら絶対に不思議を見つけられると思って」

ハルヒ「北高でも相変わらずあたしは1人だった。自分から拒絶してたんだから当然と言えば当然だけどね」

ハルヒ「あたしはあくまで不思議だけを求めていて、その他のことは眼中になくて」

ハルヒ「1人で毎日毎日不思議探し。髪型も曜日で毎日変えて……ある日、その髪形の変化に気づいた奴がいたの」

ハルヒ「そいつは何というか、以前にもどこかで会ったような、とにかく初めて会った気がしなかったのよ」

ハルヒ「まぁ今にして思えばそれも当然よね。まさか同一人物だったなんて」

ハルヒ「その時にあたし、何となく思ったのよ。こいつと一緒ならあたしの願いが叶えられるかもしれないって」

キョン「……」


193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 13:48:06.53 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「それからSOS団を結成して、有希が入って、みくるちゃんが入って、古泉くんが入って……」

ハルヒ「みんなでいろんなことをして、みんなでいろんな所に行って……凄く楽しかった」

ハルヒ「1人だった時は、こんなに楽しいことはなかった。みんなには本当に感謝してるわ」

ハルヒ「でもねキョン、あたしが一番感謝してるのはアンタなのよ」

キョン「……え? 俺、か?」

ハルヒ「そうよ。SOS団結成のきっかけを作ってくれたのはアンタだったしね」

ハルヒ「面と向かってアタシに意見してくれるのもアンタだったし、文句を言いつつもいつも着いてきてくれたしね」

キョン「そうか」

ハルヒ「うん、それでね……」

ハルヒ「初めてあたしを肯定してくれたジョン・スミス。そしてあたしに楽しい居場所を作ってくれた人」

ハルヒ「その2人にあたしはお礼が言いたいの……」


ハルヒ「……」スッ

ハルヒ「ありがとね、キョン」

キョン「俺の方こそありがとう、だ。お前のおかげで退屈しない毎日を送れてるからな」


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 13:53:06.99 ID:uqICfTdh0

ハルヒ「まぁもっとも」

キョン「ん?」

ハルヒ「本物のあたしは素直じゃないから、今の言葉を言うのはもっともっと先になっちゃうかもね」

キョン「お前……気づいてたのか……?」

ハルヒ「何となーく、ね。あたしがあたしじゃない感覚はあったわ」

キョン「そうか……」

ハルヒ「話はこれで終わり! みんなー、入っていいわよー!」


みくる「は〜い」ガチャ

長門「……」

古泉「どうも」


ハルヒ「みんな今日は本当にありがとね! とっても楽しかったわ!」

ハルヒ「もちろんずっと探していた不思議に出会えて嬉しかったっていうのもあるけど……」

ハルヒ「あたしはやっぱり、SOS団のみんなと一緒にいるのが一番好きなのよ」


196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 13:58:06.75 ID:uqICfTdh0

シュウウウウウウウウウウウウ・・・・・・・・・・・・


キョン「ハルヒ、お前……身体が光って……」

ハルヒ「みくるちゃん」

みくる「は、はい!?」

ハルヒ「これからもみんなにおいしいお茶をお願いね。みくるちゃんの癒しは最高なんだから」

みくる「はい! 分かりましたぁ!」

ハルヒ「古泉くん、これからも副団長としてSOS団をよろしくね」

古泉「お任せください」

ハルヒ「有希、有希は何でもこなせる万能タイプだから、これからも活躍を期待してるわ!」

長門「分かった。任せて」

ハルヒ「キョン、アンタあたしの命令に逆らうんじゃないわよ」

キョン「うっせぇ」

ハルヒ「じゃあみんな……」


ハルヒ「これからも、あたしをよろしくね」ニッ


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 14:03:06.53 ID:uqICfTdh0

シュウウ・・・・・・ン・・・・


キョン「消えちまったな」

古泉「ええ」

長門「……」

みくる「涼宮さん、笑っていましたね」

古泉「みんなと一緒にいるのが一番好き、ですか。嬉しいですね」

キョン「……」


古泉「積もる話もあるでしょうが、今日のところは」

キョン「そうだな。帰るとするか」

みくる「みなさん、今日はお疲れ様でした」

キョン「長門、お前も今日は久々に情報操作を多用したからな。ゆっくり休め」

長門「分かった」

キョン「俺も急がないとな。風邪で寝込んでいる設定だから、妹より早く帰らないと」


200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 14:08:06.99 ID:uqICfTdh0

〜帰り道〜


古泉「では、また明後日にお会いしましょう」

みくる「お疲れ様でした」

長門「……」


キョン「はあ、今回は、いや今回もか? いろいろあったな」

キョン「ハルヒの願望、願い、か……」

キョン「あのハルヒは満足して消えてくれたが、本物のハルヒは何にも知らないままなんだよな」

キョン「アイツに能力さえなければ教えてあげられるんだけどな。身近に不思議があることを」

キョン「いや、そもそもハルヒに能力がなかったらSOS団は結成されなかったんだよな。うーん……」

キョン「……」


キョン「あーやめやめ! 今日はもう疲れた!」

キョン「じっくり考えるのは明日以降にして、今日はさっさと眠ろう」


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 14:13:06.85 ID:uqICfTdh0

〜2日後 朝 教室〜


キョン「ようハルヒ、おはよう」

ハルヒ「おはよ」

キョン「一昨日はすまなかったな。不思議探索に行けなくて」

ハルヒ「風邪なら仕方ないわよ。それよりちゃんと治ったの?」

キョン「ああ、一晩安静にしてグッスリ眠ったら、すぐ治ったよ」

ハルヒ「そう」

キョン「で、あの面子での不思議探索はどうだったよ?」

ハルヒ「結構面白かったわ。たまには違うメンバーでやるのもいいものね」

キョン「そうかい」

ハルヒ「……」

キョン「何だ? 少し上の空じゃないか?」

ハルヒ「そう? アンタこそ」

キョン「そうか?」


205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 14:18:06.50 ID:uqICfTdh0

キョン「……」

ハルヒ「……」


キョン(こいつはこれからも、ひたすらに不思議を追い求めていくんだろうな)

キョン(すぐ近くにその不思議があるということに気づかないまま……)

キョン(俺達はずっとハルヒを騙し続けないといけない。ハルヒが能力を持っている限り)

キョン(事件の中心はいつもハルヒ、しかし事件が起きればハルヒだけが蚊帳の外)

キョン(そのつもりはなくても、ハルヒを仲間外れにしてる気分だ)

キョン(……)

キョン(もし、もしこの先、ハルヒの能力がなくなるようなことがあれば、あるいは……)

キョン(いや、一生能力を持ってたとしても、不思議以外にだって楽しみは……)

キョン(あああ! 頭がグチャグチャになってきた!)


ハルヒ「……」ジー

キョン「……ん? どうした? 俺の顔に何かついてるか?」

ハルヒ「何でもないわよ、間抜け面」


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 14:23:09.84 ID:uqICfTdh0

キョン「なあハルヒ」

ハルヒ「何よ?」

キョン「お前はこれからも、不思議を求めて突き進んでいくんだよな」

ハルヒ「当ったり前じゃない!」


キョン(何か、こいつのためにいろいろ悩むのが馬鹿らしくなってきたな)

キョン(能力をもっていようがいまいが、ハルヒはハルヒだ)

キョン(あのハルヒも言ってたじゃないか。『SOS団のみんなと一緒にいるのが一番好きなのよ』って)

キョン(ハルヒにとっては、それが一番大切なことなんだ。そんなハルヒに俺がしてやれること、それは……)


キョン「そうだよな。俺もお前についていって、できる限り手伝ってやるからよ」

ハルヒ「当たり前でしょう。アンタは雑用係なんだから」


キョン(ハルヒを精一杯支えてやること。そして、できるならば……)


キョン「ああ。いつかお前の願いを叶えてやるよ」


〜おしまい〜

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/22(月) 14:26:07.80 ID:uqICfTdh0

さるさんを喰らいまくったけど、何とか無事終了

2スレ同時進行なんて、我ながらアホなことをしたと思う
でもやりたいからやった!
楽しかった!

支援してくれた人、本当にありがとう
保守してくれた人、本当にありがとう

ではでは



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:熊野「安価で」比叡「料理を作ります!」熊野「えっ?」