アスカ「バカシンジ、お腹減ったわ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「……パパ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 08:48:09.36 ID:Q0LCN6wc0

アスカ「ねえ、シンジ」

ミサト「アスカ……シンジ君はもう……」

アスカ「シンジぃ、どこ? ご飯作ってよ。シンジー」

ミサト「う……うぅっ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 09:11:51.43 ID:2CWJSzhg0

アスカ「もう、どこ隠れてんのよ。シンジー」ウロウロ

ミサト「アスカ……」



レイ「いただきます」

シンジ「どうぞ。お代わりも作ってあるから」

レイ「ありがとう」

シンジ「こちらこそ。綾波が、引っ越してもいいって言ってくれて助かったよ」

レイ「碇君、あの家で大変そうだったから」



アスカ「シンジぃ……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 09:21:57.60 ID:2CWJSzhg0

ミサト「アスカ。シンジ君はね、もう引越しちゃったのよ」

アスカ「嘘ばっかり」

ミサト「アスカ!」

アスカ「なによ! バカシンジは私の召使なんだから! 私を置いて勝手に一人で出て行ったりしないわよっ」

ミサト「召使って……あのね、そんな風に言うから、シンジ君は……」

アスカ「ほら、さっさと出てきなさいよ、シンジ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 09:33:01.96 ID:2CWJSzhg0

ミサト「―――と、言うわけなのよ」

シンジ『……』

ミサト「まるで、飼い主に置いてかれた猫みたいで」

シンジ『猫?』

ミサト「そうよ。飼ったこと無い?」

シンジ『無いですけど』

ミサト「ねえシンジ君……せめて一度、こっちに顔だけでも出してくれないかしら。アスカになにか」

シンジ『……やめておきます。学校や、ネルフでは会うんだし』

ミサト「でも、アスカったら学校にも行かないの。知ってるでしょ?」

シンジ『それはミサトさんが何とかしてください。保護者なんですから』

ミサト「うっ」

シンジ『それじゃ失礼します』 

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 09:42:18.56 ID:2CWJSzhg0

シンジ(……って言ってたのに、来ちゃった)

ピンポーン

アスカ「はぃ……バカシンジ!?」

シンジ「や、やぁ」

アスカ「なんで呼び鈴鳴らしてんのよっ。どこほっつき歩いてたのよこのバカ!」

シンジ「……」

アスカ「早く入って。ご飯作んなさい」

シンジ「あのさ、アスカ」

アスカ「早く! 私もう、3日も何も食べて無いんだから」

シンジ「えっ」

アスカ「あんたがいなかったせいでしょ」

シンジ「……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 09:50:37.68 ID:2CWJSzhg0

シンジ「じゃあ……何か作るね」

アスカ「そうよ。さっさとしなさいよ」

シンジ「うん」

アスカ「……」

シンジ「あの……なんで服つかんでるの? 歩きづらいんだけど」

アスカ「なんとなく。いいじゃない別に」

シンジ「……」スタスタスタ

アスカ「……」スタスタスタ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 09:51:01.50 ID:2CWJSzhg0

シンジ「じゃ、作るけど。アスカ、ずっと服つかまれてても困るし、座ってたら? 体力減ってるだろ?」

アスカ「そうね……疲れたしそうする」

シンジ「うん」

ガタッ

アスカ「……」ジーッ

シンジ「……」

アスカ「……」ジーッ

シンジ(や、やりづらい)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 10:12:23.60 ID:2CWJSzhg0

アスカ「ハムハム」

シンジ「なるべく消化に良さそうなもの作ったけど……あまり慌てて食べないほうがいいよ」

アスカ「んー」

シンジ「……」

アスカ「ハムハム」

シンジ「ねえアスカ。僕、引っ越すことに―――ううん、もう引越ししたんだ」

アスカ「……」ピクッ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 10:13:05.56 ID:2CWJSzhg0

シンジ「だからこれからは、ミサトさんの家のことはミサトさんと」

アスカ「嘘」

シンジ「え。う、嘘じゃないって。本当に……」

アスカ「嘘よ! なんであんたがいなくなんのよ! 私はここにいるのにっ!!」

シンジ「ア、アスカ……」

アスカ「出て行かないわよね?」

シンジ「いや、あの」

アスカ「私と一緒にいるわよね? バカシンジ」

シンジ「アスカ……」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/10(土) 10:34:06.96 ID:2CWJSzhg0

アスカ「ほら。ちゃんと嘘だって言いなさいよ」

シンジ「僕は」

アスカ「さあ、今なら許してあげるから、シン……ぁっ」フラッ

ガタッ

シンジ「!? アスカ、大丈夫?」

アスカ「つっ……」

シンジ「やっぱり体力が落ちてるんだよ。少し休んで、落ち着いたほうがいいって」

アスカ「……」

シンジ「布団まで行ける?」

アスカ「……運んで」

シンジ「え」

アスカ「立てないから、運んで」

シンジ「あ、う、うん。分かった」

アスカ「……」ぎゅっ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 10:47:09.66 ID:2CWJSzhg0

シンジ「よしっと」

アスカ「よしって……どこ行こうとしてんのよ」

シンジ「? 部屋の外だけど」

アスカ「ダメよ。あんた、またどっかうろつく気でしょ」

シンジ「うろつくって……」

アスカ「ここいなさい。一緒に寝てもいいから」

シンジ「い、いやそれは」

アスカ「……」ジーッ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 10:47:48.74 ID:2CWJSzhg0

シンジ「アスカが起きるまで、家から外には出ないようにするから。絶対」

アスカ「ホント?」

シンジ「うん」

アスカ「ホントにホント?」

シンジ「ホントだってば」

アスカ「ホントにホントにホント?」

シンジ「あの……」

アスカ「ホントにホントにホントにホント?」

シンジ「信じてよ。絶対だから」

アスカ「……分かった。絶対よ」

シンジ「おやすみ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 11:01:20.89 ID:2CWJSzhg0

アスカ「スー、スー」



シンジ「うん。だから、夕ご飯までに帰れるかどうか分からないんだ」

レイ『そう』

シンジ「それまでにはまた連絡するから、もし間に合わないようだったらご飯どうにかして食べてて」

レイ『……』

シンジ「迷惑かけてごめん、綾波」

レイ『構わない。今から、私も葛城三佐の家に向かうわ』

シンジ「え?」

レイ『そのほうが話ができるから』

シンジ「わ、分かった。じゃあ待ってるよ。うん、それじゃ」

ピッ

シンジ(……大丈夫かな)

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 11:19:44.02 ID:2CWJSzhg0

シンジ(綾波も来るって事は、ご飯4人分は考えといたほうがいいよな)

シンジ(出て行ったんだから食費は後で払うとして……材料あったっけ。でも買物は行けないし)



ピンポーン

シンジ「はい」

レイ「お邪魔します」

シンジ「どうぞ。って、この家の人は寝ちゃってるけど。一応ミサトさんには電話で確認取ってあるから」

レイ「ありがとう」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 11:30:53.72 ID:2CWJSzhg0

アスカ「ンン……んっ」


シンジ「〜、〜」


アスカ(シンジの声……誰と喋ってるの? ミサト?)


シンジ「〜、〜なみは、〜」


アスカ(!!)むくっ

バタン!

シンジ「あ。アスカ、起きたんだ」

レイ「……」

アスカ「なんでこいつがここに居んのよ!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 11:46:44.06 ID:2CWJSzhg0

アスカ「人が寝てる間に勝手に上がりこんで……! 出て行きなさいよっ、早く!」

シンジ「……アスカ。僕さ、今、綾波の」

レイ「いい。私が話す」

シンジ「綾波」

アスカ「……っ」

レイ「セカンド。碇君は葛城三佐の住居から、私の同室に移ることになった―――」

アスカ「!!!」

レイ「―――いえ、もう移ったわ」

アスカ「嘘よっっっ!!!」

シンジ「アスカ、さっきも言ったけど本当なんだって」

アスカ「嘘嘘嘘嘘嘘ばっかり!!!!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 11:48:49.99 ID:2CWJSzhg0

無理っす
むしろ誰か書いて



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「付き合うなら絶対処女がいいよな」