福田「国会議事堂から転校してきた福田康夫です」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「まったく…こんなに出してキョンは僕を孕ませたいのかい?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 16:34:25.11 ID:yLCKU13LO

ザワ・・・ザワ・・・・ザワザワ・・・

キョン「えらいチンパンジーがそこにいた」

ハルヒ「(この時期に転校なんて不自然すぎるわ…)キョン!あの転校生をSOS団に引き入れるわよ!」

キョン「おいおいハルヒ勘弁してくれ これ以上変なやつを増やすというのか」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 16:39:34.54 ID:yLCKU13LO

―――休み時間

ハルヒ「福田君ちょっときなさい」

休み時間になりハルヒは一直線に転校生の元へ向かった

福田「うわっ!?いきなりなにするんだ君は!」

ハルヒ「あなたも今日から晴れてSOS団の一員よ!喜びなさい!」
福田「S…なんだって?」

ハルヒ「S O S 団よ!」

キョン「おいハルヒなにしてんだよ!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 16:42:15.50 ID:yLCKU13LO

ハルヒ「なにって、福田君をSOS団に勧誘してたのよ」

キョン「そんな勧誘の仕方があるか!」


福田「と、とにかくはなしてくれたまえ!」
バッ

福田「いきなりなんなんだ君達は!非常に遺憾だ!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 16:50:26.05 ID:yLCKU13LO

福田「私は君達に構っている暇はないんだ話し掛けないでくれたまえ」
ザッ

ハルヒ「あっちょっと待ちなさいよ!」

キョン「やめろハルヒ」

ハルヒ「・・・怪しいわねあの転校生」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 16:53:37.01 ID:yLCKU13LO

福田「(一体なんなんだ失礼な!)でも中々可愛い娘だったな…」

生徒A「やだーなにアレwおっさんが制服着てるw」

生徒B「プクククク…なんだあれはwチンパンジーみたいな面したおっさんだなw」


福田「・・・ふんっ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 16:58:49.55 ID:yLCKU13LO

ガラッ!

谷口「おっ帰ってきたぜw」

プッ・・・クスクス・・・・クス・・

福田「(これ程の屈辱ははじめてだ…ッ!)」

先生「それじゃあ授業はじめるぞー」

起立ッ 礼!

先生「教科書の65ページをひらけー」

ガサガサッ…

福田「(しまった教科書を忘れてしまったッ!)」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 17:04:37.77 ID:yLCKU13LO

福田「(遺憾・・・これは非常に遺憾ぞぉ…一国のリーダーを務めた私が忘れ物などッ)」

先生「それじゃこの行を・・・福田!読め」

福田「!?」

先生「ん?福田?どうしたんだ?」

ザワ・・・ザワ・・・ザワザワ・・・

福田「くっ・・・きょ・・きょ・・」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 17:10:18.18 ID:yLCKU13LO

福田「きょうか・・・!?」

スッ

朝倉「(この行よ福田くん」

福田「あっ・・・(なんと綺麗な娘だ!)」
朝倉「(福田くん?」
福田「あっ読みます読みます」

福田「先師上洛のとき、去来曰く、「洒堂はこの句を『月の猿』と申し侍れど、予は『客』まさりなんと申す。」

先生「よし!良く読めたな!次谷口!」

谷口「ぬわっ!?」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 17:17:33.49 ID:yLCKU13LO

福田「ふぅ・・・」

先生「コラ谷口!こんなのも読めんのかァ!貴様今まで何を学んできた!」

福田「あ、ありがとう助かったよ」

朝倉「いいのよ転校初日じゃしょうがないわよクスッ」

福田「(ま、まるで女神だぁー!…遺憾遺憾!こんな年端もいかぬ娘に惚れるなんて)」
ハルヒ「・・・」ニヤリ

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 17:26:09.12 ID:yLCKU13LO

―――放課後

福田「さて帰るかな」
ハルヒ「あらどこに行くの?福田君」

福田「(またこの女か…)」

福田「か、帰るんだよ」

ハルヒ「そうはさせないわ!今日はとりあえず部室に来て貰うから!」

福田「な、なんで君にそんなことを決められなきゃ遺憾のだ!」

ハルヒ「あんた朝倉さんが好きでしょ」

福田「ぬっ!?」

ハルヒ「見てたわよー顔真っ赤にしちゃって」

福田「ぬぬっ!?」

ハルヒ「朝倉さんに言ってもいいのかなー?」

福田「わかった行く!行くから言わないでくれぇ!」

キョン「悪どいやつだ…」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 17:35:15.84 ID:yLCKU13LO

ガチャッ…

ハルヒ「あらみんな来てたの」

古泉「遅かったですね涼宮さんキョン君」

みくる「…そのかたは誰ですかぁ?」

長門「・・・」ペラッ


ハルヒ「紹介するわっ!今日からSOS団の一員になった福田康夫くんよ!」

福田「えー本日よりSOS団なる部に所属する次第となった福田です。なにとぞよろしくお願いします。」ペコッ
キョン「(随分と礼儀正しいな…)」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 17:46:23.04 ID:yLCKU13LO

ハルヒ「私たちは知ってるわね?私は涼宮ハルヒでこっちがキョンよ!」

キョン「本名ではないのであしからず」

ハルヒ「そしてこのロリ巨乳…がっ!」
ムニュッ

みくる「ひゃあっ!?」

ハルヒ「みくるちゃんよ!」

福田「お、おお〜…」
ハルヒ「そんでそこで本読んでるのがユキでこの爽やかな青年が古泉君よ」

古泉「古泉一樹といいます以後よろしく」ニコッ

福田「!?小泉・・・(いやありふれた名字だ)」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 17:55:09.08 ID:yLCKU13LO

ハルヒ「よろしくねっ福田君!」

福田「あ、はい…」

古泉「一局どうです?キョン君」

キョン「おう」

みくる「あっ今お茶淹れますねー」

長門「・・・」ペラッ

ハルヒ「全然カウンター回ってないわねー」カチッカチカチッ


福田「・・・あの」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 18:23:29.02 ID:yLCKU13LO

ハルヒ「ん?どうしたのよ福田君」

福田「この部活は一体何をする部活なのかね?」

ハルヒ「いいことを聞いてくれたわ!」

ハルヒ「SOS団は宇宙人、未来人、超能力者を見つけ出して遊ぶ!これを目標としてるの!」

福田「は、はあ…(どこかおかしいと思っていたが完全に頭がおかしいなこの娘は)」

ハルヒ「でも今日は特にやることないから帰りたかったら帰っていいわよ」

福田「…それを先に言いたまえ!では私は帰らせてもらうッ」

ハルヒ「ちゃんと明日も来るのよふっくだくーん」

福田「あ、明日も?」
ハルヒ「忘れてないわよね」ニヤリ


福田「むぅ・・・」

福田「…では失礼するよ」バタンッ

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 18:34:05.93 ID:yLCKU13LO

古泉「さて・・・キョン君、トイレにでも行きませんか?」

キョン「ん?いや俺は」

古泉「じゃ行きましょうか」

グイッ

キョン「お、おい古泉!」

バタンッ

長門「・・・・」ペラッ

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 18:40:09.36 ID:yLCKU13LO

キョン「お、おいどうしたんだよ古泉!」

古泉「キョン君おかしいと思いませんか?」
キョン「おかしいことが多すぎてなにがおかしいのかわからん」

古泉「福田君のことですよ」

キョン「福田がどうかしたのか?」

古泉「やはり気付いていないようですね・・・」

古泉「気付かないのですか?彼は総理大臣の福田康夫じゃないですか!」


キョン「な、なんだってー!?」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 18:45:09.69 ID:yLCKU13LO

古泉「やはり気付いていませんでしたか・・・」

キョン「ちょっと似てるなとは思ってはいたんだがな」

古泉「恐らく気付いているのは僕と朝比奈さん、それから長門さんだけでしょう」

キョン「それじゃハルヒの・・・?」

古泉「そうですこれは涼宮さんが望んだことなんですよ」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 18:55:59.47 ID:yLCKU13LO

長門「・・・」ガタッ

ハルヒ「ん?どしたのユキ」

長門「・・・トイレ」
ハルヒ「そう」

バタンッ


福田「全くなんで私があんな部活なんかに…」

朝倉「あら?福田君?」

福田「あ、あ朝倉さん!」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 18:59:52.16 ID:yLCKU13LO

朝倉「今から帰るの?」

福田「ええ、涼宮さん達に無理矢理部室まで連れて行かれましてね全く困った人ですよ」
朝倉「ふふっ相変わらずね涼宮さんは」

福田「(うっ美しいっ!)」

朝倉「?どうしたの福田君顔赤いわよ?」

福田「い、いやこれは…ははは(遺憾遺憾ッ)」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 19:07:56.69 ID:yLCKU13LO

朝倉「・・・福田君ちょっと付き合ってくれない?」

福田「つ、付き合う!?い、いけませんよまだ出会って一日しかたっていないしこんな若い娘と…」


朝倉「?教室に忘れ物しちゃったのよよかったら一緒に来てくれないかな」

福田「え?あ、ああもちろんご一緒しますよ!(落ち着け…これはもしかしたら私に惚れているのかも…)」

朝倉「じゃ行きましょうか」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 19:19:07.89 ID:yLCKU13LO

ガラッ

朝倉「えーっと確か…あったあった」
スッ

福田「あ、朝倉さん…」

朝倉「ん?」

福田「そ、それ…ナイ……フ?」

朝倉「ふふっ」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 19:34:39.11 ID:yLCKU13LO

朝倉「あのね、福田君は涼宮さんのことどう思う?」

福田「す、涼宮さん?」

朝倉「人間はよくやらなくて後悔するよりも、やって後悔したほうがいいって言うよね?」

朝倉「これはどう思う?」

福田「こ、言葉通りの意味じゃないかな…(一体どうしたんだ朝倉さんッ)」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 19:40:39.73 ID:yLCKU13LO

朝倉「じゃあさ例えばの話なんだけど、現状を維持するだけではジリ貧になることはわかってるんだけどどうすればいい方向に向うことができるのかわからないとき、あなたはどうする?」

福田「な、なんですかそれは日本経済の話ですか?(私ならまず謝罪しますよ…)」

朝倉「とりあえずなんでもいいから変えてみようと思うんじゃない?」

福田「え、ええまあそういうこともあるかもしれないですね…」

朝倉「でしょっ?」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 23:04:39.51 ID:yLCKU13LO

朝倉「でもね上のほうの人は頭が固くてついていけないの…でも現場はそうはしてられない」

福田「いや上の人も大変なんだよ?責任とらされるのは上の人なんだから!」


朝倉「なにも変動のない観察対象にこっちはあきあきしてるの」

朝倉「だから現場の独断で強行に変革を進めちゃってもいいわよね!」

福田「ダメダメ現場の独断なんて断じてダメだよ!困るのは上の立場なんだからさ」

朝倉「ふふっ…とりあえずあなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見る」
シャキンッ!

福田「ひいぃっ!じょ冗談はよしてくださいよああ朝倉さん!」

朝倉「冗談にみえるぅ?」

福田「ひいぃっ!!!」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 23:16:33.29 ID:yLCKU13LO

朝倉「死ぬのは嫌?殺されたくない?わたしには有機生命体の死の概念がよく理解できないんだけど…」

福田「なななに言っているんだ君はっ!とにかくそのナイフを下ろしなさい!」

朝倉「それ無理♪」

ヒュッ!

福田「うおっ!?」

朝倉「ふふっ上手く躱したわね」

福田「(とりあえず教室から出…)」

ブォン!

福田「ぬわっ!?」

朝倉「無駄なのっこの教室はわたしの情報制御下にあるの出ることも入ることもできない」

朝倉「諦めてよ結果は同じなんだしさっ」

287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 23:24:06.36 ID:yLCKU13LO

福田「(仕方ないッ!)」ガバッ

福田「この通りだ!許してくれぃ!」

朝倉「土下座?ふふっ無駄よ、あなたを殺せば情報爆発が起こるかもしれない
こんなチャンスはないもの」

朝倉「じゃあ死んで」
ヒュッ!

ピシピシッ…ッ!

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 23:33:17.73 ID:yLCKU13LO

バキンッ!!!

朝倉「なっ!?」

ガシッ


福田「一つ一つのプログラムが甘い側面部の空間閉鎖も情報操作も甘い。これだから私に気付かないし簡単に破られる」

朝倉「あ、あなたは一体!?」

福田「君は長門有希のバックアップの筈だ独断先行は許されていない」

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 23:38:59.41 ID:yLCKU13LO

ガチャッ

みくる「あっ長門さんおかえりなぁい古泉君とキョン君も」

ハルヒ「三人共随分と遅かったわね。なーんか怪しいわ」

キョン「ハハなにいってるんだハルヒ!いやぁ快便快便っ!なあ古泉!長門!」

古泉「ええ、快便ですっ」

長門「・・・」コクッ

ハルヒ「うーんなんか怪しいわねー」

ハルヒ「まあいいわ!今日はもう解散ッ!」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 23:53:44.90 ID:yLCKU13LO

福田「おとなしく私にしたがいなさい」

朝倉「嫌だといったら?」


福田「情報結合を解除する」

朝倉「やってみる?ここではわたしのほうが有利よ?
この教室はわたしの情報制御空間なんだから」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/18(金) 23:57:19.73 ID:yLCKU13LO

スゥゥ…

ナイフが消えてゆく
朝倉「あっ!?」
シュバッ!
朝倉「ふふっ」
バッ!

ドシュウッ!!

微笑む朝倉から光線が放たれる

福田「・・・」
スッ…

福田は無表情でバリアを張り光線を打ち消した

しゅうぅ…

福田「無駄だ」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 00:02:23.22 ID:I5M0MLgoO

朝倉「この空間ではわたしには勝てないわ!」

福田「『**********』」

福田「パーソナルネーム『朝倉涼子』を敵性と判定
情報結合を解除する」
朝倉「ふふっ…
あなたの機能停止のほうが早いわ!」
バッ!

308 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 00:12:36.86 ID:I5M0MLgoO

キョン「まさか宿題を忘れるとはなー
俺もうっかりさんだぜ」

ガララッ

キョン「なっ!?なんじゃこりゃっ!!」

朝倉「ふふっ
ナイスタイミングッ!」

福田「ぬっ・・・(なぜ来た阿呆めがッ)」
ヒュン ヒュンッ !

キョン「うわっ!?」
がガガガッ!

福田「怪我はないかね?」

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/19(土) 00:26:26.80 ID:I5M0MLgoO

限界だ寝るわw

これは今までで一番難しかったw



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「黒い―――線が視える」