キョン「……ポケモンマスター?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「私と付き合ってほしい……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:06:33.18 ID:0LqqIsgv0


キョン妹「キョンくん朝だよー! 早く起きないと貰えるポケモンいなくなっちゃうよー!!」

キョン「……はい?」

キョン妹「ほら早く早くー! で、どうするの?」

キョン「すまん、正直状況が理解できないんだが」

キョン妹「もー! いつまで寝ぼけてるの? 最初のポケモン何にするかだよ!」

キョン「さいしょのぽけもん?」

キョン妹「私はねーゼニガメが可愛いなって思うんだ! でもキョンくんはヒトカゲがいいんだっけ?」

キョン「いや、だから」

キョン妹「でもフシギダネも捨て難いよね!」

キョン「……妹よ。ゲームやアニメの類いにハマる年頃だというのは分かるがハマりすぎるのもどうかと思うぞ」

キョン妹「?」

キョン(なんだか嫌な予感がするが……気のせいだと思いたい)

キョン妹「ねぇ、本当に早く行かないとポケモンいなくなっちゃうよ?」

キョン「……そうか。そうだな」

キョン(とりあえず長門に電話だ!!)

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:08:56.97 ID:0LqqIsgv0


キョン「もしもし長門か? ちょっと聞きたいんだが」

長門『今は素直にあなたの妹に従うべき』

キョン「……またハルヒが何かやらかしたのか」

長門『急いで』

キョン「……わかった」

キョン「悪い、俺は今日どこへ行く予定だったのか教えてくれるか?」

キョン妹「……キョンくんホントに大丈夫? お風邪?」

キョン「いや、大丈夫だから」

キョン妹「今日はオーキド博士の所に最初のポケモンを貰いに行く日だよ」

キョン「オーキド博士?」

キョン妹「おかーさーん!! キョンくんがへーん!!」

キョン「いやいやいや大丈夫だから!! ちょ、待て!! 待てったら!!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:10:49.20 ID:0LqqIsgv0


キョン「疲れた……」

??「おやおや。相変わらず冴えないお顔ですね。こんな遅い時間に旅立ちですか?」

キョン「なんだ古泉か」

古泉「なんだとは失敬な。僕はいつまで経っても貴方が研究所に来ないから心配してたんですよ?」

キョン「くそ、お前も駄目か」

古泉「はい?」

キョン「なんでもない。頼れるのは長門だけって感じだな……朝比奈さんもこの分だと…ハルヒはハルヒだろうし」

古泉「さっきから何をぶつぶつと。とうとう頭までおかしくなったんですか」

キョン「なんだかいつにも増してイラつく野郎だな。まあいい、オーキド研究所とやらへ案内しろ」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:11:36.22 ID:0LqqIsgv0


古泉「……新手のジョークですか?」

キョン「うるさい。諸事情だ。察しろ」

古泉「生憎僕はこれから新たなる一歩を踏み出さねばならないのでしてね。貴方のつまらない冗談に付き合ってる暇はないのですよ」

キョン(こいつ殴ってもいいかな)

古泉「そろそろ最初の三匹も貰い手がついた頃でしょう。諦めてその辺りのコラッタ(笑)でも捕まえてきたらどうです」

キョン「もういい。消えてくれ目障りだ」

古泉「ではお言葉に甘えて。アデュー!」

キョン「…………アデューて」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:14:44.07 ID:0LqqIsgv0


キョン「くそ、いったい今度はなんなんだ。古泉は非常にイラっとくるし」

キョン「ハルヒか長門を早めに見つけないとな……」

キョン「……オーキド研究所とやらはここか」

キョン「しかし、なんで誰もかれも俺が『オーキド研究所はどこですか?』って聞くたびに変な顔をするんだ」

キョン「やれやれ……」


キョン「あーすみません、オーキド博士はご在宅でしょうか……」

??「遅いわよ!! あんたこんな時間まで何やってたのよ!!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:17:21.30 ID:0LqqIsgv0


キョン「!? ハ……ハルヒ!?」

ハルヒ「なによ。ポッポが豆鉄砲くらったような顔しちゃって」

キョン「いや、その……」

キョン(てっきりもっと後の方に出てくるもんだとばっかり)

キョン「なんでお前がこんなところにいるんだ。そんな研究者みたいな格好して、なんだ? 新手のコスプレか?」

ハルヒ「なんでって、ここはあたしの研究所で、あたしはここの責任者よ? あんた大丈夫?」

キョン「……意味がわからん。確かに白衣はびっくりするほど似合ってるが」

ハルヒ「当然でしょ! 何当たり前のこと言っちゃってんのよ」

キョン(長門……後で色々と説明してくれるんだろうな……?)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:18:27.30 ID:0LqqIsgv0


ハルヒ「それよりもあんた、遅刻よ大遅刻!! もうヒトカゲもフシギダネもゼニガメもぜーんぶ売り切れちゃったわよ!!」

キョン(それよりもこのパターン、どっかで見たような……)

ハルヒ「でも手ぶらでここを追い出すのは余りにも可哀想だから、あんたには特別にこの子をあげるわ!!」

キョン(そう。確か俺が小学生の時。社会現象まで巻き起こしたあのアニメ…!!)

ハルヒ「出てきなさいピカチュウ!!」

ピカチュウ「……ピカ」

キョン「ポケットモンスター…!!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:19:13.73 ID:0LqqIsgv0


ハルヒ「なによ。あんたポケモンがそんなに珍しいの?」

キョン「いや……その……」

キョン(ああ確かに昨日の団活の時、ハルヒがどこからかゲームボーイを持ち出してピコピコやっていたな)

キョン(あれポケモンだったのか…!!)

ハルヒ「はい、今日からこの子はあんたのパートナーよ! 仲良くやりなさい!!」

キョン「……」

ピカチュウ「……」バチチッ

キョン「なあハルヒ。ゴム手袋的な何かないか?」

ハルヒ「なんでそんなもん」

キョン「いや。さすがに10万ボルトは喰らいたくないんだ」

ハルヒ「馬っ鹿じゃないの? まだこの子10万ボルトなんか使えないわよ。はい、これこの子のモンスターボールね」

キョン「……」

ピカチュウ「……ピカァ…」バチチチチチッ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:22:24.12 ID:0LqqIsgv0


キョン「いや、こいつはボールに入れないで連れて行く」

ハルヒ「はぁ?」

キョン「なんかボール嫌いそうだし」

ハルヒ「……まあいいけど」

キョン「ピカチュウ、その、仲良くしよう……な?」

ピカチュウ「……」プイッ

ハルヒ「気難しいみたいね」

キョン「だろうな……」

キョン(アニメだとどうやって仲良くなったんだっけかな……思い出せん)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:26:15.90 ID:0LqqIsgv0


ハルヒ「じゃあ行ってらっしゃい!」

キョン「……どこに」

ハルヒ「どこにって決まってんでしょ? ポケモンマスターを目指す旅よ!!」

キョン「……ポケモンマスター?」

ハルヒ「旅仕度は特別にしておいてあげたわ。超超特別サービスだからね! 感謝しなさい!!」

キョン「はあ」

ハルヒ「ほらほら古泉くんはきっともうニビジムをクリアした頃よ! 急ぎなさいってば!!」

キョン「なんだお前、古泉のことはわかるのか」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:30:00.38 ID:0LqqIsgv0


ハルヒ「わかるって当たり前でしょ。古泉くんあたしの従兄弟じゃない」

キョン「へ」

キョン(なにやら色々と設定が混線してるな……)

キョン「朝比奈さんや長門は」

ハルヒ「誰それ」

キョン「……いや、なんでもない」

ハルヒ「とにかくキョン! あんたはこのオーキド・ハルヒが認めたポケモントレーナーよ! 挫折なんかしたら承知しないからね!!」

キョン「……あいよ」

キョン(ああ、こいつここだと苗字オーキドなんだな。それでオーキド研究所か……)

ハルヒ「ほらさっさと行く!!」

キョン「わかったから押すな押すな。…ピカチュウ、ついて来い」

ピカチュウ「ピカァ?」バチバチバチ

キョン「いや、ついて来てください」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:37:40.05 ID:0LqqIsgv0


ハルヒ「あんた妙にこのピカチュウに対してへりくだってるわね」

キョン(感電死はごめんだからな)

キョン「いや、親しき仲にも礼儀ありと言うだろ」

ハルヒ「親しくも無い気がするけど」

キョン「これから親しくなる予定なんだよ!」

ピカチュウ「……」プイッ

ハルヒ「ふーん。まずはここからこの子を連れ出すのに苦労しそうね」

キョン「……やれやれ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:43:54.87 ID:0LqqIsgv0


キョン(結局宥めすかしてついて来て貰ったわけだが……)

ピカチュウ「……」バチバチ

キョン(なんだこれ。ピカチュウ相手なのに超気まずい)


キョン妹『お兄ちゃん行ってらっしゃーい!! 怪我しないでねー!!』


キョン(今生の別れになるかもしれないと言うのに妹は超笑顔だったし)

キョン(何故かあれから長門に電話は通じないし)

キョン(ハルヒはなんのためにこんな改変したんだかわからんし)

キョン(ピカチュウはつんけんしてるし)

キョン「やれやれ……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:48:47.80 ID:0LqqIsgv0


ガサガサ

ポッポ「ポッポー!!」

キョン「あ……?」

キョン(あれは確かポッポとかいったか。戦力になるかわからんが捕まえておいて損はないだろ)

キョン「てい!! 行けモンスターボール!!」

ポッポ「ポッ!!」バシッ

キョン「あー……やっぱ無理か」

キョン(確かポケモンを捕まえるにはある程度戦って弱らせてから……)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:53:22.88 ID:0LqqIsgv0


キョン「ピカチュウ、その……ポッポに電気ショックとかしてくれると俺としては非常に助かるんだが」

ピカチュウ「zzz」

キョン「寝てるし!!」

ポッポ「ポッポー!!」バサバサバサッ

キョン「ぐわっ!? やめろ! 眼に砂が入る!!」

ポッポ「ポッポポーwwww」パタパタパタ

キョン「逃げられたか……。くそ、次に会ったら石でも投げてやる」

ピカチュウ「……チャ〜」

キョン「……舐められてるな。俺」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 21:59:31.85 ID:0LqqIsgv0


キョン(ああ、せめて長門に連絡が取れればこの状況から抜け出せる気がするんだが……)

ガサガサ

キョン「む。またポッポか……くらえっ」

ガツンッ

オニスズメ「ギャース!!」

キョン「わっ! さっきと違う!!」

オニスズメ「チュンチュンチュン!」

キョン「いでででででっ!! 悪い、悪かったって!!」

オニズスメ「チギャー!!」

キョン「ピ、ピカチュウ!! 電気ショック!!」

ピカチュウ「……ピカァ!!」バリバリバリッ

オニスズメ「チョギョー!?」バサバサバサッ

キョン「……助かった…ありがとな、ピカチュウ」

ピカチュウ「……」プイッ

キョン「ははは……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 22:00:32.95 ID:0LqqIsgv0


キョン(――しかしなんだろう。この胸騒ぎは)

キョン(何やらよからぬフラグを立ててしまったような……)


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 22:03:42.80 ID:0LqqIsgv0


オニスズメ「シャー!!」バサッ

オニスズメ's「「シャー!!」」バサバサバサバサッ

キョン「……!!」

キョン(そうだったぁああ!! オニスズメは怒らせると群れで襲ってくるんだったぁあああぁああ!!)

キョン「ピカチュウ!! 電気ショックだ!!」

ピカチュウ「ピ、ピカァ……」

キョン「くそ、さすがにこの数は無理か……!」

オニスズメ「ビシャァー!!」バサバサ

キョン「ピカチュウ!! ひとまず逃げるぞ!!」ダッ

ピカチュウ「ピカッ!」ダッ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 22:08:34.58 ID:0LqqIsgv0


オニスズメ「チュン!チュンチュン!!」ドスドス

キョン「いででっ! くそっ! あっち行け!!」

オニスズメ「チュン!!」

キョン(まずい、相当怒ってるな……)

キョン「……ピカチュウ、お前は逃げろ。お前だけなら逃げ切れるはずだ」

ピカチュウ「ピカ?」

キョン「元はと言えば俺がこいつら怒らせたのが原因だしな。なに、殺されやしないだろうさ」

キョン「な? ほら、早く行けって!」

ピカチュウ「……」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 22:15:23.12 ID:0LqqIsgv0


オニスズメ「チュンチュンチュン!! シャー!!」

キョン「早く!!」

ピカチュウ「……ピッカァアアァ!!」


バリバリバリリッ!!ガシャーン!!


キョン「なっ…!? これは……」

キョン(電気ショックなんてもんじゃない、多分雷レベルの電撃だ!)

オニスズメ「ギシャァアッ!?」

オニスズメ「シャァアア!!」バサバサバサバサ

キョン「オニスズメたちが逃げて行く……」

キョン「助かった……のか?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 22:23:24.06 ID:0LqqIsgv0


ピカチュウ「……ピカァ」ヘタリ

キョン「! ピカチュウ!!」

キョン(電気の使いすぎ……だよな。となるとポケモンセンターに連れて行かねば!)

??「何かお困りかな?」

キョン「な……佐々木ぃ!?」

佐々木「おや? 君は僕の名前を知っているのかい?」

キョン(な、なんで佐々木が……)

佐々木「ふむ……事情はよくわからないが、そのピカチュウ。早く最寄のポケモンセンターに連れてってあげないとまずいんじゃないかな」

キョン(ええいなんでもいい!!)

キョン「すまん、俺はこの辺りの地理に詳しくないんだ。最寄のポケモンセンターへの道を教えてくれないか!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 23:03:33.80 ID:0LqqIsgv0


佐々木「ああいいだろう。と言ってもここからじゃ距離があるし道も複雑だ」

佐々木「出ておいで、ドンカラス」

ドンカラス「カーッ!!」

キョン(な、なんだこのポケモン!? アニメにゃこんな奴出てこなかったと思うが……)

佐々木「乗ってくれ。大丈夫。このドンカラスなら僕と君を乗せるくらいたやすいさ」

キョン(まあ佐々木ならなんであろうと問題ないだろう)

キョン「すまん、頼んだ!」

キョン(ピカチュウ、少しの間辛抱してくれよ…!!)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 23:09:37.59 ID:0LqqIsgv0


ジョーイ「電気を急激に消耗したことによる衰弱ね……大丈夫、治療すれば元気になるわ」

キョン「よかった……」

ジョーイ「でも連れて来るのが遅かったら危なかったかも。もうこんな無理させちゃ駄目よ?」

キョン「はい、すみません」

ジョーイ「では治療に入ります。あなた達はこの辺りで待っていてちょうだい」

ピカチュウ「ピカ……」

キョン(すまん、ピカチュウ……)

佐々木「さて、いったい何があったのか聞かせてくれないかな?」

キョン「ああ……俺がオニスズメを怒らせちまってな。大群に襲われたんだ」

キョン「そこをあいつが助けてくれて……」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 23:13:26.89 ID:0LqqIsgv0


佐々木「――なるほどね。まあ新米トレーナーにはよくあることだ」

佐々木「で、何故君は僕の名前を知っていたんだい?」

キョン「それは……」

キョン(正直に話しても信じてなんか貰えないだろうしな……)

キョン「その……」

キョン(かといって上手い言い訳も思いつかん)

キョン「あー……」

佐々木「…………ふっ、すまない。もういいよキョン」

キョン「……え?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 23:18:34.52 ID:0LqqIsgv0


佐々木「君が困っているのを見てついね。必死で言い訳を考えていたんだろう? もういいよ」

キョン「え、いや、どういうことだ?」

佐々木「君を見かけた時は、君もこっちの世界にカスタマイズされた存在かと思っていたが……」

佐々木「僕の名前を呼ばれた時にそうじゃないと気付いてね。やれやれ、助かった」

キョン「すまん佐々木、話が読めん」

佐々木「僕はこの世界の住人じゃないよ。君と同じでね、キョン」

キョン(おいおいおい一体どういうことだよ……)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 23:23:58.11 ID:0LqqIsgv0


佐々木「僕が元いた世界にはポケモンは存在しなかった。あくまでも架空の存在として子供たちに愛されていた」

佐々木「ところが朝起きてみると、急にこんなことになっていた」

キョン「……つまりお前は、俺が知ってる佐々木ということで間違いないのか?」

佐々木「ああ、そういうことになるね。僕だけがこんな世界に放り込まれたと思っていたから君が来てくれて心強い」

佐々木「このドンカラスは大分前に捕まえたんだ。前はヤミカラスっていう別種だったんだけどね」

佐々木「闇の石と呼ばれる道具を使って進化してしまった。まったく、無茶苦茶な世界だよ」

キョン「……その口ぶりを聞くに、お前は大分前からこの世界にいるように思えるんだが」

佐々木「ああ。そうだな……もう三ヶ月ほどここにいるかな」

キョン「三ヶ月!?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 23:28:37.68 ID:0LqqIsgv0


キョン(佐々木が失踪したなんて話は聞いてないが……)

キョン(おいおい、いったいどういうことなんだ)

佐々木「ここはカントー地方と言ってね。僕は最初ジョウト地方というところに飛ばされたんだ」

キョン「カントーはなんとなく親しみがあるが、ジョウト……?」

佐々木「うん、まあ僕らの世界でいう京都あたりかな」

佐々木「で、どうすれば元の世界に帰れるかもわからずにひたすらジム巡りをね」

キョン「ジム廻り? 身体でも鍛えてたのか?」

佐々木「いや、そのジムではなく……」

パリーンッ!!

キョン・佐々木「「!?」」

キョン「ロビーの方だ!」

佐々木「厄介ごとに巻き込まれなければいいんだけどね……」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 23:34:29.45 ID:0LqqIsgv0


??「「わーっはっはっはっはー!!」」

??「ここのポケモンは全て!!」

??「我らロケット団が奪わせてもらう!!」

??「ニャー!!」

キョン「な、あいつらは……!?」

佐々木「……なんなんだ君たちは」

??「なんだかんだと言われたら!」

??「答えてあげるが世の情け!」

キョン「ロケット団!!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 23:41:29.63 ID:0LqqIsgv0


ムサシ「む、なにさあんた。まだ口上の途中なのよ?」

コジロウ「まったく……ガキはこれだから」

ニャース「あんにゃガキに構うのはやめて、さっさとポケモンを奪うニャー!!」

ムサシ「わかってるわよ煩いわね!」

コジロウ「ゆけっ! ドガース!!」

ムサシ「行きなさいアーボ!!」

ドガース「ドガ〜」

アーボ「シャーッ!!」

佐々木「知り合いか?」

キョン「いや、知り合いっていうかなんていうか……」

キョン(昔見てたアニメに出てたとか言ったら引かれるだろうな)

佐々木「まあいい。とにかくここは追い払わせてもらうよ!」

佐々木「ドンカラス! 吹き飛ばし!!」

ドンカラス「カーッ!!」バサバサバサッ

ロケット団「「げ」」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 23:45:51.29 ID:0LqqIsgv0


佐々木「続いて悪の波動!」

ドンカラス「カッ!!」

ロケット団「「やなかんじー!!」」


キラーン


キョン「おお……ふっ飛び方まで忠実だ……」

ジョーイ「なに!? なにがあったの!?」

佐々木「少しトラブルが。でももう大丈夫だと思います」

ジョーイ「そ、そう……? あ、君。君のピカチュウ元気になったわよ」

ピカチュウ「ピッカ!」

キョン「ピカチュウ! 大丈夫か? 痛いところとかないか!?」

ピカチュウ「チャア!」

キョン「そうか、よかった! ごめんな、無理させちまって……」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/16(火) 23:52:06.84 ID:0LqqIsgv0


佐々木「随分とそのピカチュウを大事にしているんだね」

キョン「え? ああ、俺の命の恩人だからな」

佐々木「そうかい。まあキョンらしいと言えばキョンらしい……」


RRRRRRR!


キョン「!! 長門!!」

長門『……無事?』

キョン「ああ、なんとかな。お前は大丈夫か?」

長門『問題ない』

キョン「そうか、ならいいんだ。ところで……」

長門『貴方はポケモンマスターにならねばならない』

キョン「……はい?」

長門『まずは各地のジムを回り、そこのリーダーを倒してバッジを集める』

長門『八つ集めたら、ポケモンリーグに挑戦』

長門『そこで優勝することが貴方の役目』

48 名前: ◆5mV.E5GypQ [] 投稿日:2010/02/16(火) 23:53:58.13 ID:0LqqIsgv0

日付変わる時だけトリップつけます




キョン「……それがハルヒの望みか?」

長門『恐らく』

キョン「それが終わればみんな元に戻るんだな?」

長門『信じて』

キョン「……わかった。そうする」

長門『そう』

キョン「そうだ、あと聞きたいことがある」

長門『なに』

キョン「佐々木がこっちに来ているんだが、これについて何かわからないか」

長門『……それも、涼宮ハルヒの望んだこと』

49 名前: ◆5mV.E5GypQ [] 投稿日:2010/02/16(火) 23:59:45.93 ID:0LqqIsgv0


キョン「……なんだって?」

長門『す…や………さき……たお………』

キョン「長門? おい長門!」

長門『……会話の続行が困難。情報に規制がかかっている』

キョン「規制? なんだ、まさかあのてんがいりょういきだかなんかが絡んでくるのか?」

長門『貴方にかかっている』

キョン「おい」

長門『頑張って』ブチッ

キョン「…………」

50 名前: ◆5mV.E5GypQ [] 投稿日:2010/02/17(水) 00:01:11.09 ID:2zThHKjF0


佐々木「長門さん、か。彼女も僕らと同じような状態と見ていいのかな?」

キョン「ああ……」

佐々木「で、彼女は何と?」

キョン「ジムのリーダーとやらを倒さねばならんらしい」

キョン(となるとタケシとかカスミとかと戦うのか……? カスミはともかくタケシがキツいな……)

佐々木「ふむ、ならば一番近いのはトキワシティのジムだな。さっそく向かうとしようか」

キョン「気が重い……」

佐々木「大丈夫さ。僕でもジョウトのジムを制覇できたくらいだ。キョンだってできる」

キョン「……お前、意外と強いんだな」

佐々木「まあね」

ピカチュウ「ピッカ!!」バリッ

佐々木「おや、君のピカチュウもやる気満々だな」

キョン「やれやれ……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:04:33.18 ID:2zThHKjF0


キョン「たのもー……」


シーン


キョン「……開かないな。鍵がかかってる」

佐々木「留守かな。返事もないし」

翁「ああ、ここのリーダーなら長いとこ留守にしとるよ。また来なさい」

キョン「……なんか拍子抜けだな」

佐々木「その実安心しているんじゃないのかい?」

ピカチュウ「ピーカー」

キョン(……図星だ。くそ、笑うなピカチュウ!!)

佐々木「ここのジムが閉まっているとなると……」

佐々木「ニビジムに向かうか」

キョン「ニビジム……」

キョン(確か、タケシがいるところだよな……)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:10:44.25 ID:2zThHKjF0



佐々木「さて、ここからニビシティに向かうには、本来ならばトキワの森というところを抜けなければならないんだが……」

佐々木「面倒だから僕のドンカラスで飛んで行こう」

キョン「おう。頼むわ」

キョン(こういうのって所謂チートだよな……まあいいか。そう悠長に踏まえてる時間もないし)

ドンカラス「……カァ」

佐々木「? どうしたドンカラス」

ドンカラス「カァ……」バサバサ

佐々木「飛べないのか? ……翼に異常は見られないが」

キョン「やっぱチートは駄目ってわけか……」

佐々木「……仕方無い。歩いて行く事にしよう。レベル上げにもなるだろうし」

キョン「おう……」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:14:00.82 ID:2zThHKjF0


キョン「ピカチュウ! 電光石火!!」

ピカチュウ「ピッカァ!!」

コラッタ「ラッタァー!!」ダダダッ

佐々木「この辺のポケモンは一撃で追い払えるようになったじゃないか。そのピカチュウ、かなり筋がいい」

キョン「みたいだな……」

ピカチュウ「ピッピカチュウ」

佐々木「ところでキョン、君はピカチュウ一匹でこれからも行くつもりかい?」

キョン「いや、確かに手持ちは増えるに越したことはないが……」

佐々木「例えばこの先電気タイプが通じない敵に出会ったとしたら」

キョン「うん、困るな」

佐々木「次に会ったポケモンをとりあえず手持ちに加えてみたらどうだい?」

キョン「そうすることにするよ。いいな? ピカチュウ」

ピカチュウ「ピカ」コクン

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:22:08.43 ID:2zThHKjF0


キョン「そう決めてみると途端にポケモンが出てこなくなるな……」

佐々木「まあ人生とは得てしてそういうものさ。気長に行こう」

ピカチュウ「ピカー」

キョン「ま、そんなもんか……」


ガサガサッ


ピカチュウ「! ピッカ!!」

キョン「出たか!! ……む?」

??「ピャー……」

キョン「こいつは……」

佐々木「キャタピーだね。芋虫ポケモンだ」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:23:37.89 ID:2zThHKjF0


キョン「……ピカチュウ、電気ショック」

ピカチュウ「ピ」パリッ

キャタピー「ピャァアアー!!」コテン

キョン「…………」

佐々木「どうしたんだい? ほら、気絶してる内にボールを投げないと」

キョン「……てい」ポイッ


カシュンッ!


キョン「…………」

佐々木「…………」

ピカチュウ「…………」


……ポン!

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:31:11.64 ID:2zThHKjF0


キョン「……やったか?」

佐々木「そのようだね。おめでとうキョン。初のポケモンゲットじゃないか」

ピカチュウ「ピッピカチュウ!」

キョン「なんだかなぁ……」

佐々木「安心したまえ。確かキャタピーも進化する。いつまで経ってもこんな不恰好な芋虫じゃないさ」

キョン「何気に辛辣だなお前。キャタピー! 出て来い!」

キャタピー「ピャー……」

キョン「あー、今日からお前は俺の仲間だ。よろしくな」

キャタピー「ピャ?」

ピカチュウ「ピカ、ピカピカ」

キャタピー「ピャァ」

ピカチュウ「ピッカー! ピカピカァ」

キャタピー「ピャアピャア!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:36:14.18 ID:2zThHKjF0


キョン(……通訳が欲しい)

佐々木「ふむ、意気投合したようだね」

ガサガサッ

??「ピジョーッ!!」

キョン「うおっ!?」

佐々木「ピジョンか……キョン、キャタピーをしまったほうがいい」

キョン「へ?」

佐々木「ピジョンにとってキャタピーは餌だ」

キョン「なにぃ!?」

キャタピー「ピャ、ピャァアアァアアァ!!」

ピジョン「ピッジョー!!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:41:04.37 ID:2zThHKjF0


キョン「戻れキャタピー!! ピカチュウ、10万ボルト!!」

ピカチュウ「ピカァ!!」バリバリバリッ

ピジョン「ピジョ!?」サッ

キョン「かわされた!?」

佐々木「慌てるなキョン。よく狙いを定めるんだ」

ピジョン「ピジョー!!」

キョン「……今だ! ピカチュウ10万ボルト!!」

ピカチュウ「ピカー!!」バリバリバリッ

ピジョン「ジョッ!!」ボタッ

キョン「行け! モンスターボール!!」


カシュン!
……ポン!


キョン「ふぅ……」

佐々木「やれやれ。立て続けにご苦労様」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:45:44.73 ID:2zThHKjF0


キョン(しかしあれだな。うろ覚えだが、今の俺の手持ちはサトシと一緒じゃないか)

キョン(ハルヒのやつ、ゲームに加えてアニメも一話から見直したりしたのか……?)

キョン(と、なるとそろそろ……)

??「そこのジャリンコ共!!」

??「ここから先は通さないわよ!!」

??「ニャー!!」

キョン「やっぱり……」

佐々木「おや。君たちはポケモンセンターの……」

ムサシ「おや!君たちはポケモンセンターのと言われたら!」

コジロウ「答えてあげるg」

キョン「わかった。その口上は俺でもはっきり覚えてるくらいだからもういい」

ムサシ「え、なに、あんたあたしたちのファン?」

キョン「いや、違うが……」

キョン(アニメで見る分にはわりと好きだったんだがなぁ)

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:51:48.90 ID:2zThHKjF0


ムサシ「とにかく! 最後まで言わせなさい!!」

コジロウ「……どこまでやったんだったか」

ムサシ「えっと……答えてあげるが、あたりまでだったと思うけど」

コジロウ「ああそっか。えー、オホン! 答えてあげるが世の情け!」

ムサシ「世界の破壊を防ぐため」

コジロウ「世界の平和を守るため」

ムサシ「愛と真実の悪を貫く」

コジロウ「ラブリーチャーミーな敵役」

ムサシ「ムサシ!」

コジロウ「コジロウ!!」

ムサシ「銀河を翔けるロケット団の二人には!」

コジロウ「ホワイトホール、白い明日が待ってるぜ」

ニャース「にゃーんてニャ!!」

キョン(……随分と懐かしい)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:58:18.37 ID:2zThHKjF0


ニャース「そこのジャリガール!」

佐々木「……僕のことかな」

ムサシ「お前の持っている、その見た事ないポケモン! そいつをあたしたちに渡してもらおうか!!」

コジロウ「なんせこの俺たちを一瞬でふっ飛ばすほどのポケモンだからな……ボスもさぞお喜びになるだろうさ」

佐々木「無理を言わないでくれたまえよ」

キョン「ピカチュウやっちまえ!」

ピカチュウ「ピカァ」バチチチチ

ムサシ「はん! そんな電気鼠に何が出来るって言うのさ。行きなアーボ!」

コジロウ「ドガース! お前もだ!!」

アーボ「シャーボ!!」

ドガース「ド〜ガ〜」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 00:59:08.93 ID:2zThHKjF0


ピカチュウ「ピッカァア!!」


バリバリバリバリ


ムサシ「え」

コジロウ「なに……!?」

ニャース「ニャァアアァア!!」


チュドーン


ロケット団「「やなかんじぃー!!」」


キラーン


キョン「……やれやれ」

佐々木「お見事。しかしなんなのだろうね彼らは。泥棒かな?」

キョン「そんなところさ」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 19:47:05.95 ID:2zThHKjF0


佐々木「さて、新メンバーも増えたことだし」

佐々木「これで余裕を持ってニビジムに挑めるね」

キョン「そうだな。だがしかし……」

キョン(タケシは確か岩タイプの使い手。この三匹、ことごとく岩地面に弱いんだが……)

佐々木「どうかしたかい?」

キョン「いや、なんでもない」

キョン(まあどうにかなるだろ。スプリンクラーを壊すという最後の手段だってある)

キョン(……意外と覚えてるもんだな)

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:41:44.63 ID:2zThHKjF0


佐々木「ああ、キャタピーじゃやっぱり心許ないのかい?」

キョン「いや、そういうわけでもないんだが……」

佐々木「それならばしばらく待ってみようか」

キョン「なにをだ?」

佐々木「キョン、キャタピーを出してくれ」

キョン「ああ……出て来いキャタピー」

キャタピー「ピャー」

佐々木「多分そろそろ……」

キャタピー「……ピャァアアァアアァア」シュルシュルシュル

キョン「うおっ!?」

ピカチュウ「ピカァ!?」

佐々木「やっぱり。進化の時期だよ。芋虫が蛹になる時がやってきたのさ」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:50:09.01 ID:2zThHKjF0


キャタピー「ピャ……」シュルルル

キャタピー「…………ピャ…」シュル...

??「……トラン、セル」

キョン「……こいつは?」

佐々木「トランセル。キャタピーの進化系さ」

キョン(ああ、こいつが……)

キョン(……スピアーに盗まれないようにしないとな)

ピカチュウ「……ピカ?」

トランセル「……セル」

佐々木「さて、トランセルもあと三日もすればバタフリーになるだろう。のんびり待とうじゃないか」

キョン「のんびり、ねぇ」

佐々木「どうせ歩いてニビまで行くにはそれくらいかかるよ」

キョン(こいつは長くなりそうだ……)

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 20:55:21.20 ID:2zThHKjF0


キョン「――ピジョン! 翼で打つ!! ピカチュウ10万ボルト!!」

ピカチュウ「ピカァツ!!」バリリリリリッ

ピジョン「ピジョーッ!!」バシッ

スピアー「スピッ!!」ブブブブブブブ

トランセル「ト、ランッ!」ボトッ

キョン「……行ったか。やれやれ。大丈夫かトランセル?」

トランセル「ランセル……」

佐々木「はは、まさか進化直前のトランセルを狙ってくるとはね」

キョン「なんとか守りきれたが……ったく、ポケモンがポケモンを食うなんて」

佐々木「僕らの世界だって蜂は蝶の蛹に卵を産み付けたりするじゃないか。同じだよ」

キョン「まあなぁ……」

キョン(ポケモンはみんな草食だと思ってたかったぜ……)

トランセル「……セ…」ブルルッ

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 21:01:23.41 ID:2zThHKjF0


佐々木「おや、そろそろかな?」

キョン「なんだか小学校の頃を思い出すな。よくアゲハの幼虫を蝶になるまで育てたっけ」

佐々木「ああ、そんな時期もあったね。まさかこんな形で再体験することになろうとは」

トランセル「…………」ビキビキ


パアァアァアア


ピカチュウ「ピカ……!!」

キョン「まぶしっ」

佐々木「ポケモンは進化の時、不思議なことに光るんだよ。どんな原理になっているんだろうね……」

??「フリーフリー!」バッサバッサ

キョン「おお……」

佐々木「バタフリーだよ。あの芋虫ポケモンがここまで進化したんだ、なんだか感慨深いね」

ピカチュウ「ピッカァ!!」

バタフリー「フリィ!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 21:08:40.22 ID:2zThHKjF0


キョン「――さて、ここが……?」

佐々木「ああ。ニビシティさ。せっかくだし少し観光でもしていくかい? 博物館があるようだけど」

キョン「いや、一刻も早くバッジを集めたい」

キョン(ここで過ごした時間が、どう実世界の時間に影響するのかはわからないが……)

キョン(早く帰るにこしたことはないからな)

ピカチュウ「ピカッ!!」バチッ

佐々木「ふふ、張り切ってるねピカチュウ」

キョン「…………」

キョン(でも実世界に帰ったら……)

佐々木「キョン? どうしたんだい? 浮かない顔をして」

キョン「え? あ……いや、なんでもない」

佐々木「……そうかい。ならいいんだが」

キョン(……帰りたくないな、なんて)

キョン(一瞬でも思っちまうとはな……)

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 21:17:48.94 ID:2zThHKjF0


キョン「なん……だと……?」

佐々木「どうしたんだいキョン?」

キョン(俺がアニメで見たニビジムはもっとボロだったぞ……!!)

キョン(なんなんだ! この新築ピカピカなジムは!!)

キョン(これじゃあ頼りにしてたスプリンクラーを壊す作戦もおじゃんじゃないか!!)

ピカチュウ「……ピカ?」

佐々木「一刻も早くバッジを集めたいんだろ?」

キョン「あ、ああ……そうだな、うん」

キョン(まずい、あれから岩対策にわりと修行はしたが……)

キョン(……詰んだ気がする)

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 21:29:34.16 ID:2zThHKjF0


タケシ「俺がここのジムリーダー、タケシだ! お前の名は何と言う」

キョン「え、あ……」

キョン(タケシってこんな硬派だったか? なんかこう、もっと女ったらし的なイメージがあったんだが……)

佐々木「彼はキョンです。マサラタウンから来ました」

タケシ「キョンか。ルールは3vs3、交換は挑戦者のみ認める。どちらかのポケモンが全員戦闘不能になったら決着だ。いいな?」

キョン「あ、はい」

キョン(あれ? 俺ここでも本名名乗らせてもらえない感じ?)

審判「では試合開始!!」

タケシ「ゆけっ! イシツブテ!!」

イシツブテ「ラッシャイ!!」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 21:39:46.54 ID:2zThHKjF0


キョン「イシツブテで来たか……」

キョン「頼むぞバタフリー!!」

バタフリー「フリーフリー!!」

タケシ「イシツブテ! 体当たりだ!!」

イシツブテ「ラッシャイ!!」

キョン「バタフリー! かわして痺れ粉!!」

バタフリー「フリッ」サッ

バタフリー「フリーフリー」パラパラパラ

イシツブテ「ラッシャ!? ラ...」ビリビリ

タケシ「イシツブテ!!」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 21:40:46.69 ID:2zThHKjF0


キョン「今だ! バタフリー! 銀色の風!!」

バタフリー「フリー!!」ヒュオォオオォオオ

イシツブテ「ラ、ラシャァアアァアアア!!」

イシツブテ「ラッシャ...」バタン

審判「イシツブテ! 戦闘不能!! バタフリーの勝ち!」

キョン「よっしゃあ!!」

キョン(この分ならいけそうだ!!)

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 21:43:16.91 ID:2zThHKjF0


タケシ「銀色の風か……くそ、そのバタフリー、よく鍛えられてるじゃないか」

キョン「どーも」

タケシ「次はお前だ! ゆけっイワーク!!」

イワーク「グオォオオォオオオン!!」

キョン「イワークか……戻れバタフリー!」

キョン「行けっピジョン!!」

ピジョン「ピジョーッ!!」

タケシ「イワーク! 岩落としだ!!」

イワーク「ワークッ!!」ガラガラガラ

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 21:45:26.05 ID:2zThHKjF0


キョン「ピジョン! 高速移動でかわせ!!」

ピジョン「ピジョッ!!」シャッ

タケシ「なに!?」

キョン「フェザーダンス!!」

ピジョン「ピージョーッ!」ヒラヒラヒラ

イワーク「イ、イワー......」ヘナヘナ

タケシ「くっ! イワーク!! しっかりしろ!!」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 22:28:56.52 ID:2zThHKjF0


佐々木「なるほど。高速移動で素早さを上げた後、フェザーダンスで相手の攻撃力を奪う、か」

キョン「相性で不利な分、小技を使い撹乱する……」

佐々木「ふふ、なかなかやるじゃないか、キョン」

キョン「ピジョン!! 竜巻だ!!」

ピジョン「ピジョーッ!!」バサバサバサバサッ

イワーク「イワー!!」

イワーク「イワ......」ズズゥン

審判「イワーク! 戦闘不能! よって勝者ピジョン!!」

タケシ「……戻れイワーク」

キョン(相手はあと一体……!)

タケシ「すまない、君を見くびっていたようだ。まさかここまで追い詰められるとはな」

タケシ「ここからは本気を出させてもらう!!」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 22:43:54.81 ID:2zThHKjF0


タケシ「出て来い! ラムパルド!!」

ラムパルド「パルゥッ!!」

キョン「な!?」

キョン(なんだよありゃあ!!)

タケシ「ラムパルド! ロックカット!!」

ラムパルド「ラムゥッ!!」シャシャシャシャシャシャ

キョン「な、なんだ!?」

佐々木「気をつけろキョン! ロックカットは高速移動の亜種! 使用したポケモンの素早さを大きく上昇させる技だ!!」

佐々木「気を抜くとすぐにやられる!!」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 22:48:58.17 ID:2zThHKjF0


タケシ「ラムパルド! ストーンエッジ!!」

ラムパルド「ラームゥッ!!」ガガガガガガガッ

キョン「よ、よけろピジョン!!」

タケシ「遅い!!」

ピジョン「ピ、ピジョーッ!!」

ピジョン「ピジョ……」ボタッ

審判「ピジョン! 戦闘不能! よって勝者ラムパルド!!」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 22:53:13.33 ID:2zThHKjF0


キョン「くっ……戻れピジョン!!」

キョン(いきなりレベルが上がったぞ……くそっ俺はそんなポケモン見た事ないっつーの!!)

タケシ「驚いたか。無理もない。こいつはつい最近発見されたばかりの新種だからな」

タケシ「滅多にこいつは出さないんだが……君には全力を出さないと敵わないと思った」

キョン(くそ、褒められてるのはわかるんだが嬉しくない!!)

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:01:52.07 ID:2zThHKjF0


キョン「いけっバタフリー!!」

バタフリー「フリッ!!」

キョン「痺れ粉!!」

バタフリー「フリー!」パラパラパラ

タケシ「かわせラムパルド!!」

ラムパルド「ラムッ!!」サッ

キョン(早い……!)

キョン「バタフリー!! 銀色の風だ!!」

バタフリー「フリィ!!」ヒュオォオォオオ

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:12:00.84 ID:2zThHKjF0


タケシ「ラムパルド! 迎え撃て!!」

ラムパルド「パルッ!!」

キョン「……!! バタフリー!!」

バタフリー「フ、フリィ!!」ヒュォオォオオオォオ

タケシ「そんな風、ラムパルドには通用しないぞ!」

タケシ「雪雪崩だ!!」

ラムパルド「ラムゥウゥウ!!」ドドドドドドドドド

バタフリー「フリィイイイイィッ!!」

バタフリー「フリィ……」バタッ

審判「バタフリー! 戦闘不能!! ラムパルドの勝ち!!」

キョン「……すまんバタフリー。ゆっくり休め」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:19:51.49 ID:2zThHKjF0


タケシ「さて、お互い最後の一匹か……」

キョン「ピカチュウ! 行ってくれ!!」

ピカチュウ「ピッカァ!!」

タケシ「ラムパルド! 地震だ!!」

ラムパルド「ラァアアムゥッ!!」グラグラグラ

キョン「ジャンプでかわせ!!」

ピカチュウ「ピッカ!!」ピョーン

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:23:48.24 ID:2zThHKjF0


タケシ「逃がすか! ストーンエッジ!!」

ラムパルド「ラムゥゥウッ!!」ガガガガガガガガ

キョン「かわせっ!!」

タケシ「ふん、空中で俺のラムパルドのストーンエッジがかわせるものか!!」

ピカチュウ「ピカッ!!」スッ

タケシ「なに!? か、かわしただと……!?」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:24:58.86 ID:2zThHKjF0


キョン「今だ! 10万ボルト!!」

ピカチュウ「ピィイイカァ!!」バリリリリリリリ

ラムパルド「ラムゥウウゥウウウッ!!」

タケシ「ラムパルド!!」

ラムパルド「ラムゥ......」バタン

審判「ラムパルド! 戦闘不能!! よって勝者、マサラタウンのキョン!!」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:30:27.89 ID:2zThHKjF0


キョン「やった……!!」

キョン「ピカチュウ!! 凄いぞ! よくやった!!」

ピカチュウ「ピカァ〜ッ!!」

タケシ「……戻れ、ラムパルド」

タケシ「まさかあれがかわされるとはな……完敗だ。グレーバッジ、持って行ってくれ」

キョン「これがグレーバッジ……」

佐々木「やったじゃないか、キョン」

佐々木「バタフリーの追い風のおかげだな」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:32:01.60 ID:2zThHKjF0


タケシ「追い風……? ! まさか、バタフリーが最後に放ったあの風は!?」

キョン「ああ。バタフリーには悪いが、ピカチュウに有利な状況を作るためにな」

キョン「やられ際に銀色の風に見せかけて追い風を放っておいたんだ」

佐々木「追い風は味方の素早さを一定時間上げる技……ふふ、相性ではタケシくんの方が勝っていたというのに、本当によくやったよキョン」

タケシ「俺もまだまだ修行が足りないな……」

キョン「いや、いい勝負だったよ。ありがとう。グレーバッジは受け取らせて貰う」

タケシ「ああ。またいつでも挑戦しに来てくれ!」

キョン(残念だが、それは生憎無理なんだよな……)

キョン「……ああ。また会おう」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:41:12.12 ID:2zThHKjF0


佐々木「ふう、一個目のバッジは無事ゲットか」

ピカチュウ「ピッピカチュウ!」

佐々木「皆のレベルを上げておいたのが幸いしたね。あの三人組にはある意味感謝せねばならないな」

キョン「ああ、そうだな……」

キョン(本当に毎日毎日、下手すりゃ日に三回は襲ってきたからなぁ)

キョン(いい練習相手にはなるんだが、若干しつこすぎる)

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:47:34.88 ID:2zThHKjF0


佐々木「次に近いのは……ハナダシティのジムだね。ドンカラス!」

ドンカラス「……カァ」ショボーン

佐々木「……やはり歩いて行くしかなさそうだ」

キョン「やっぱりな……」

ピカチュウ「ピッカ」

佐々木「ニビからハナダに行くには、どうやらオツキミ山という場所を抜けなければならないらしいね」

キョン「ぐ、山登りか……」

佐々木「山登りというよりは洞窟のような感じじゃないかな。迷わないように注意しないと」

キョン「はぁ……」

??「……の〜…………」

キョン「む?」

キョン(なんだ? 今聞き覚えのあるような声がしたような……)

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:50:57.07 ID:2zThHKjF0


??「WAWAWA忘れ物〜……お? おーい! そこの綺麗で強そうなお姉さーん!!」

キョン(……この聞き覚えのある残念な感じの歌は…)

キョン「谷口……?」

谷口「むむっ!? 野郎に興味はねぇんだ! あっち行ってくれ!!」

キョン(やっぱ谷口か……)

佐々木「何か用かな?」

谷口「そう! そこの貴女!! 貴女に差し上げたいものがあるんですよーっ!!」

キョン(こいつ、まさか現実世界でもこんなナンパの仕方してたのか?)

キョン(そりゃ失敗するわ)

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:56:08.11 ID:2zThHKjF0


谷口「これ! このモンスターボール!! ちょっと出してみてくださいな!」

佐々木「……どれ」


ボーン!!


??「ダーネッ!!」

キョン「あ、フシギダネ」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/17(水) 23:57:06.22 ID:2zThHKjF0


佐々木「フシギダネは貴重なポケモンだけど……何故この子を僕に?」

谷口「いやー、なんか俺トレーナー向いてないっぽくて……。こいつもなんか俺と気が合わないみたいっすしねー」

谷口「だったら貴女みたいな綺麗なお姉さんの手助けにでもなった方が有意義だろうと思いまして!」

フシギダネ「…………」ケッ

谷口「そういうわけでこいつは貴女に差し上げますよ! どうぞどうぞ! お礼はその辺で僕とお茶ってことで☆」

フシギダネ「…………」イラッ

フシギダネ「ダネフシェッ!!」シュババババババッ

谷口「どわっ!? WAWAWAー!!」


キラーン


キョン「……なんだったんだ、あいつは」

181 名前: ◆5mV.E5GypQ [] 投稿日:2010/02/18(木) 00:00:23.98 ID:2zThHKjF0


佐々木「やあ、なかなかキレのある葉っぱカッターだね」

キョン「いいのか? お前……」

フシギダネ「ダーネ」コクコク

キョン「よっぽど谷口と気が合わなかったんだな……」

佐々木「キョン、この子は君が持つといいよ」

キョン「え? でもこいつはお前が」

佐々木「いいからいいから。はい、この子のモンスターボール」

キョン「……一緒に来るか?」

フシギダネ「ダーネ!!」コクン

キョン「そっか。よろしくな、フシギダネ」

ピカチュウ「ピッピカチュウ!!」

185 名前: ◆5mV.E5GypQ [] 投稿日:2010/02/18(木) 00:04:17.88 ID:OC87ZOYn0


キョン「――ここがオツキミ山の入り口か……」

ピカチュウ「ピカァ」

佐々木「ああ。準備はいいね? 行こう、キョン」

キョン「おう」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 00:10:24.64 ID:OC87ZOYn0


キョン「中は結構暗いんだな……」

ピカチュウ「ピカ……」

佐々木「足元気をつけて。イシツブテに躓かないように」

キョン「わかった。佐々木も気をつけろよ」

佐々木「ああ。それとこういう洞窟にはズバットが多く生息している」

佐々木「超音波で混乱させられると厄介だからね。これにも気をつけたまえよ」

キョン「へいへい。しかしお前詳しいな」

佐々木「まあ、こっちにいる時間は長いからね」

佐々木「嫌でも慣れるさ」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 10:07:22.08 ID:OC87ZOYn0


佐々木「――見えてきたよ、出口だ」

キョン「眩し……ふぅ、やっと出られたな。日の光が懐かしく感じるぜ……」

ピカチュウ「ピッカ……」

佐々木「さ、ハナダシティはもうすぐだ。急ごう」

キョン「おう。あー、ハナダに着いたらポケモンセンターで一泊するか」

佐々木「急ぐんじゃないのかい?」

キョン「さすがに俺もお前も、ピカチュウたちもくたくただろ。身体を壊しちゃたまらんからな」

佐々木「ふふ、そうだね。じゃあそうしようか」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 10:10:20.04 ID:OC87ZOYn0


キョン「――佐々木、起きてるか?」

佐々木「ああ、起きてるよ。なんだい?」

キョン「お前はさ、元の世界に戻りたいか?」

佐々木「…………」

キョン「……すまん、妙なこと聞いて。戻りたいに決まってるよな」

佐々木「君は」

佐々木「君はどうなんだ? 元の世界に戻りたいかい?」

キョン「……俺、は…」

佐々木「…………もう寝よう。明日は朝一番でジム戦だろう?」

キョン「ああ、そうだな……」

佐々木「おやすみ、キョン」

キョン「……おやすみ」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 10:16:08.66 ID:OC87ZOYn0


キョン(元の世界……)

ピカチュウ「……ピ、カ?」

キョン「…………ピカチュウ」

ピカチュウ「ピカ……?」

キョン「……すまん、起こしちまったな。寝てていいぞ」

ピカチュウ「チャァ……」

キョン「…………」

キョン「……はぁ」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 10:21:39.01 ID:OC87ZOYn0


カスミ「――あなたがキョンね! タケシから話は聞いてるわ! 随分強いみたいじゃない!!」

キョン(くそ、もうキョンで定着してやがる!!)

カスミ「試合ルールはニビと同じよ! いいわね!?」

キョン「ああ」

キョン(フィールドはプールの上に浮島がポツポツと……この辺は予想通りだが)

キョン(また見た事無いようなポケモン出してきたらどっすかなぁ……)

カスミ「いっけーマーイステディ!!」

スターミー「シュワッ!!」

キョン(あ、よかったこいつなら知ってる! 魔改造された変なポケモンじゃない!)

キョン「行け! フシギダネ!!」

フシギダネ「ダーネ!!」

審判「試合開始!!」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 10:29:43.88 ID:OC87ZOYn0


キョン「フシギダネ! 葉っぱカッター!!」

フシギダネ「ダーネッ!!」シュビビビビ

カスミ「スターミー!! サイコキネシスで跳ね返しちゃいなさい!!」

スターミー「シュワッ!!」イィイイィイイン

キョン「よけろ!!」

フシギダネ「ダ、ダネッ!!」

カスミ「スターミー! ハイドロポンプ!!」

スターミー「ヘァッ!!」バシュッ

フシギダネ「ダネェッ!!」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 10:40:53.47 ID:OC87ZOYn0


キョン「負けるなフシギダネ!! ツルの鞭だ!!」

フシギダネ「ダ……ネェッ!!」

カスミ「よけて!!」

スターミー「ヘアァアッ!!」

カスミ「スターミー!!」

キョン「とどめだ! 葉っぱカッター!!」

カスミ「スターミー!! 冷凍ビーム!!」

フシギダネ「ダネェッ!!」ドタッ

スターミー「ヘアアァアッ!!」バタッ

審判「フシギダネ、スターミー、両者戦闘不能! よって引き分け!!」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 10:46:40.76 ID:OC87ZOYn0


キョン「く……戻れフシギダネ!」

カスミ「スターミー! 戻って!! ……やるじゃない。さすが本気のタケシを倒しただけあるわね」

キョン「そうでもないさ。ピカチュウ! 行ってくれ!!」

ピカチュウ「ピッカ!!」

カスミ「電気タイプね……ヌオーちゃん! 行って!!」

ヌオー「ヌー」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 10:47:24.32 ID:OC87ZOYn0


キョン(やべ、こいつ俺わかんねぇぞ!?)

キョン(……なんか、気の抜けた顔してやがるが…まあ水タイプには違いない、よな?)

キョン「ピカチュウ!! 10万ボルト!!」

ピカチュウ「ピィイイカァ!!」バリリリリリッ

ヌオー「……ヌオン?」パチッ

キョン「き、効いてねぇ……」

ピカチュウ「ピカァ……」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 10:52:26.37 ID:OC87ZOYn0


佐々木「キョン! ヌオーは地面タイプも入ってるんだ! 電撃は効果がない!!」

キョン「なんだってぇ!?」

キョン(先に言ってくれよ!!)

カスミ「ヌオー! 地震!!」

キョン(やべっ!!)

キョン「戻れピカチュウ!!」

ピカチュウ「ピ、ピッカ!」

カスミ「交代ね……まあ妥当な判断だわ」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 10:57:49.81 ID:OC87ZOYn0


キョン「バタフリー! 頼む!!」

バタフリー「フリィフリー!!」

カスミ「ヌオー! 冷凍ビーム!!」

ヌオー「ヌォオォオン!!」ビビビビビビ

キョン「かわしてエナジーボールだ!!」

カスミ「何ですって!?」

バタフリー「リィッ!!」ビュンッ

ヌオー「ヌ〜!!」

ヌオー「ヌゥン......」ドテッ

審判「ヌオー戦闘不能! バタフリーの勝ち!!」

キョン(佐々木がくれた技マシンのおかげで助かった……)

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 12:01:46.61 ID:OC87ZOYn0


カスミ「エナジーボールは草タイプの技……成程、対策はバッチリってわけね」

カスミ「私の最後の一匹はこの子よ!! 行きなさい! ギャラドス!!」

ギャラドス「ギシャーッ!!」

キョン「げ」

カスミ「ギャラドス!! 破壊光線!!」

ギャラドス「ギャオォオン!!」ドゴォォオオン

キョン「バタフリー!!」

バタフリー「フリィイイィイイ……」キュウ

審判「バタフリー戦闘不能! ギャラドスの勝ち!!」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 12:07:08.93 ID:OC87ZOYn0


カスミ「さあ! ピカチュウを出しなさいよ!!」

キョン(ピカチュウの電撃はギャラドスに対して効果抜群のはず……)

キョン(なのになんだ? あの余裕は……)

キョン「ピカチュウ! 行け!!」

ピカチュウ「ピッカ!!」

キョン「10万ボルト!!」

カスミ「潜って!!」

ギャラドス「シャアアァ!!」ジャブン

ピカチュウ「ピカ!?」

キョン「くっ……このギャラドスかなり素早いな…ピカチュウ! 気をつけろ!!」

ピカチュウ「ピ、ピカァ……」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 12:08:32.30 ID:OC87ZOYn0


カスミ「今よギャラドス! 竜の破道!!」

ギャラドス「ギャアアァア!!」ドウン

ピカチュウ「チャアアァアア!!」

キョン「ピカチュウ!!」

ピカチュウ「ピ、ピカ……」

カスミ「どう!? あたしのギャラドスは電気タイプなんかに負けないわ!!」

カスミ「みんなしてギャラドスは電気タイプで一撃とか言うけど!!」

カスミ「当たらなければどうということはないのよ!!」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 12:12:45.51 ID:OC87ZOYn0


キョン(おいおい……なんつー自信だ……)

キョン(なんか、ハルヒを思い出すな……)

キョン(いやいやいや今はそんなこと思い出してる場合じゃない!!)

キョン「ピカチュウ!! まだやれるか!?」

ピカチュウ「ピ……ピッカァ!!」

キョン(どうする……? そうだ、こんな時サトシはどうしてた?)

キョン(あいつなら……あいつなら……)

キョン(そうだ!!)

キョン「ピカチュウ!! 水中に飛び込め!!」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 12:18:29.37 ID:OC87ZOYn0


カスミ「はぁ!?」

ピカチュウ「ピカチュ!」ザブン

カスミ「正気!? わざわざ水の中に飛び込んでくるなんて!!」

カスミ「ピカチュウが水の中で戦えるわけないじゃない!!」

キョン「ピカチュウ!! 最大出力で10万ボルト!!」

ピカチュウ「ピィイイイイカァアアアアアアア!!」バチチチチチチチチチチチ

カスミ「え……!?」

ギャラドス「……!!!!」ビリリッ

ギャラドス「…………ギャ」バチャァアン

審判「ギャ、ギャラドス戦闘不能! よって勝者マサラタウンのキョン!!」

カスミ「……うそぉ」

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 12:22:53.52 ID:OC87ZOYn0


キョン「やったなピカチュウ!」

ピカチュウ「ピッカァ!!」

カスミ「まさかこんな戦い方があったなんて……はぁ、なんか自信なくしちゃうなぁ」

佐々木「ピカチュウを水の中に潜らせるとは普通は考えないからね。まったく、無茶をさせる」

キョン「ははは……」

キョン(やっぱサトシを参考にするのは色々と不味いかな……)

カスミ「ま! 負けは負けだしね。ブルーバッジはあんたのもんよ!」

キョン「ああ、ありがとう」

カスミ「あーあ。せっかく最初っから本気出したのに……ギャラドスを過信しすぎてたのが敗因かなぁ」

カスミ「なんか悔しいからまた来てよね! 今度は絶対油断なんかしないんだから!!」

キョン「……そうだな。きっとまた来るさ」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 12:27:11.76 ID:OC87ZOYn0


佐々木「さて、次は……そうだな。ヤマブキシティが近いか」

佐々木「なんでも大都会だそうだよ。久し振りに煌びやかな光景が見れそうだ」

キョン「そうか。それは楽しみだな」

ピカチュウ「ピッカァ〜」

??「あ、あのぉ……」

キョン「? っ、……!! 朝比奈さん!?」

みくる「っ!! ふ、ふえぇえええしゅみませぇえん!! ごめんなさいごめんなさいいぃいいい!!」

キョン(しまった、朝比奈さんは古泉と同じような状態か……)

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 12:32:25.74 ID:OC87ZOYn0


キョン「いや、こちらの方こそすみません。知り合いに似ていたので、つい」

みくる「ふぇ? あ、わ、い、いえ! わ、私がいきなり声なんかかけたからいけないんですぅうう!!」

佐々木「それで、何か僕らにご用ですか?」

みくる「あっそうでした! あの、こんなこといきなり頼んじゃいけないとはわかってるんですけど……」

みくる「この子を私の代わりに育ててはくれないでしょうか!?」

??「カゲェ……」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 12:37:17.41 ID:OC87ZOYn0


キョン「これは……ヒトカゲ、ですよね?」

みくる「はい……。私、ポケモンバトル弱いから、一度も勝てなくて……」

みくる「このヒトカゲちゃんも弱いまんまなんです。このままじゃ可哀想だから……」

佐々木「でも貴女はそれでいいのですか?」

みくる「……ホントは、私が育ててあげたいです」

みくる「でも、それじゃこの子はいつまで経っても強くなれない……」

みくる「だから貴方達に託したいんです! カスミさんに勝った貴方達なら、きっとこの子を強く育ててくれるから!!」

キョン(あのジム戦を見ていたのか……)

キョン「……本当に、いいんですか?」

みくる「はい……これ、この子のモンスターボールです」

みくる「よろしく、お願いします……っ!!」ダッ

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 12:41:57.51 ID:OC87ZOYn0


キョン「あっ!! 朝比奈さん!!」

佐々木「……追いかけるのかい?」

キョン「……いや、やめておく。こいつを返しに行ったら逆に追い詰めてしまいそうだ」

キョン「こいつがある程度育ったら、ここにまた来よう」

佐々木「急ぐんじゃないのかい?」

キョン「放っておけん」

ヒトカゲ「…………」

キョン「そういうわけで、今日からお前を一時俺達で預かる。いいか? ヒトカゲ」

ヒトカゲ「……カゲ」コクン

キョン「そうか。よろしく頼むぞ」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 13:03:03.50 ID:OC87ZOYn0


佐々木「さ、ヤマブキに向かうにはここを真っ直ぐ下っていくといいらしい」

キョン「それ地図か? そんなんどこで手に入れたんだ」

佐々木「落ちてたんだよ。都合よく、ね」

キョン「はぁ」

佐々木「さあ行こう。僕と君が会ってから、もう一ヶ月も経ってしまった」

佐々木「いい加減家も恋しいだろ?」

キョン「そう、だな」

キョン(……断言できなくなってきている辺り、俺も相当こっちに影響されてるのかもな…)

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 13:11:13.62 ID:OC87ZOYn0


キョン「――通行止めぇ?」

警備員「そうそう。こっちは今通れないの。あー喉渇いた」

キョン(なんだこいつ)

佐々木「どうしても通れないんですか?」

警備員「だめだめ。なんと言われようがだーめ。ほら地下通路でも回ってクチバに行きなよ。サントアンヌ号が来てるから楽しいぞー」

キョン(追い払う気満々じゃねぇか……)

佐々木「しょうがない、キョン、行こう」

キョン「そうだな……」

キョン(くそ、やっぱ一般人に10万ボルトは人として不味いよな……やめとこう)

ピカチュウ「ピカ?」

キョン「いや、なんでもない」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 13:18:20.95 ID:OC87ZOYn0


佐々木「やれやれ。困ったね」

キョン「あの警備員腹立つ」

佐々木「まあまあ、彼も仕事なんだよ。わかっておあげ」

キョン「……ちっ」

佐々木「彼の言ってた地下通路とは……ここかな?」

キョン「暗いな……なんか汚いし」

ピカチュウ「ピカァ?」

キョン「あっ! こらピカチュウ!! ゴミなんか口に入れるな! ペッしなさいペッ!!」

ピカチュウ「ピィイカァアアァ〜」

佐々木「ほらほら遊んでないで。行くよ」

253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 13:25:09.75 ID:OC87ZOYn0


キョン「……随分長いな」

佐々木「そりゃあ町一個分、いや下手すればそれ以上の距離があるんだ。長いに決まってるよ」

キョン「ハナダの自転車屋でなにか見繕うべきだったか……」

佐々木「100万円も払える余裕はないだろう」

キョン「まあな……しかし自転車に100万円ておかしいだろ、色々と」

佐々木「こっちとあっちじゃ物価がきっと違うのさ。おかしいと思ったら負けだ」

キョン「……やれやれ」

ピカチュウ「ピーカー」

キョン「疲れたんなら肩に乗ってもいいんだぞ?」

ピカチュウ「ピカ!」

キョン(わりと重いんだが……まあいいさ。実はサトシのこれにずっと憧れてたんだ)

佐々木「? 何を笑っているんだい?」

キョン「え? 俺笑ってたか?」

佐々木「ああ。若干気持ち悪かったよ」

キョン「そ、そうか……悪い」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 13:32:25.12 ID:OC87ZOYn0


ピカチュウ「ピカ!」

キョン「む……やっと出口か」

佐々木「お疲れ様。……潮風か。海が近いね」

キョン「そういやなんかサントアンヌとかどうたら……」

佐々木「行ってみるかい?」

キョン「……いや、やめとこう」

キョン(なんかうろ覚えなんだが……)

キョン(あの船、沈んだ記憶があるんだよな……)

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 17:59:57.29 ID:OC87ZOYn0


??「Hey! Youがマサラタウンのキョン? OK?」

キョン「うわっ!?」

佐々木「貴方は……」

マチス「I am Machiss!! この町のジムリーダーやってるヨ!!」

キョン「は、はぁ……」

キョン(なんでジムリーダーが俺らなんかに?)

マチス「そのピカチュウ!! Very strong!! でももっともっと強くなれるヨー!!」

キョン「えっと……」

ピカチュウ「……ピカァ?」

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 18:04:07.84 ID:OC87ZOYn0


マチス「これ! このアイテム使う! そうするとピカチュウはあっと驚き桃の木パパイヤー!!」

キョン(この人、こんなテンション高かったか?)

マチス「そういうわけでこれ特別にyouにあげちゃうヨ! ぜひ使ってみてネー!!」

キョン「え」

マチス「じゃあジムで待ってますヨー!! Good bye!!」

キョン「あ、ちょっと!! ……なんだ、これ」

佐々木「ふむ……前にヤミカラスが使ったものと似ているね。多分進化の石じゃないかな」

キョン「進化の石……ああ、雷の石か」

ピカチュウ「ピカ?」

キョン「これを使うとな、お前は進化するんだ。進化。キャタピーがバタフリーになったみたいにな」

キョン(まあ、多分ピカチュウは進化拒否するだろうが……)

キョン「どうする? 使うか? これ」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 18:09:47.78 ID:OC87ZOYn0


ピカチュウ「ピッカ!!」

キョン「へ?」

ピカチュウ「ピーカ!」チョン

キョン「あ」


パァアアアァアアァアア


ライチュウ「ライライラーイ!!」

キョン「……マジで?」

佐々木「おやおや。随分とたくましくなったじゃないか」

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 18:14:36.45 ID:OC87ZOYn0


キョン(あっれー……アニメじゃ確かピカチュウってライチュウに絶対進化しないようなスタンスじゃなかったっけ…)

ライチュウ「ライ?」

キョン「あー、いや、なんでもないんだ。いきなりお前がでっかくなったから驚いただけだ」

キョン「進化おめでとう、ライチュウ」

ライチュウ「ライラーイ!!」

キョン(あ、でも肩にはもう乗らないな……)

キョン(……なんだろうこの一抹の寂しさは)

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 18:21:49.85 ID:OC87ZOYn0


??「こらー!! ちょっと待つっさー!!」

キョン「あ?」

佐々木「む?」

ライチュウ「ライ?」

??「あ! 君たち危ないにょろ! 避けて!!」

キョン・佐々木・ライチュウ「「!?」」

キョン(鶴屋さん!? な、なんでバイクなんかに…!!)

??「ゼニゼーニィ!!」ダダダダダッ

キョン「どわっ!! あ、あいつは!!」

佐々木「ゼニガメだね……」

鶴屋「どいたどいたー!!」ブオンッ

キョン「うわっ!!」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 18:26:02.17 ID:OC87ZOYn0


鶴屋「まーてー!!」

キョン「……やれやれ」

佐々木「どうやらあのゼニガメが悪さをしたようだね。あの女性はそれを追いかけていたようだ」

キョン「ったく、撥ね飛ばされるかと思った」

佐々木「格好からしてどうやら警官だったが……あのゼニガメ、どんな悪さをしたんだか」

キョン「さあな」

ライチュウ「ラーイ……」

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 18:33:23.88 ID:OC87ZOYn0


キョン「さて、この町のジムは……あれか?」

佐々木「そのようだね。今回はどの三匹で行くつもりだい?」

キョン「ああ……少し考え中。ちょっとお前ら出て来い!」

バタフリー「フリーフリー!!」

ピジョン「ピジョーッ!!」

フシギダネ「ダーネ」

ヒトカゲ「カゲ?」

ライチュウ「ライ!」

キョン「この中から三匹……ふむ……」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 18:40:33.23 ID:OC87ZOYn0


佐々木「相手は電気タイプの使い手だそううだから、バタフリーとピジョンは避けた方が無難かもしれないよ」

キョン「そうか。じゃあバタフリーとピジョンは今回は応援な?」

バタフリー「フリッ!」

ピジョン「ピージョ」

キョン「となると……フシギダネ、ヒトカゲ、ライチュウ。お前らだな」

フシギダネ「ダーネィ!!」

ヒトカゲ「カ、カゲ!!」

ライチュウ「ライライライラーイ!!」

佐々木「みんなやる気いっぱいじゃないか。よかったねキョン」

キョン「ああ」

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 18:43:10.72 ID:OC87ZOYn0


マチス「Hey! 来ましたねキョン!!」

マチス「雷の石使ってくれたようでどうもでス!! そのライチュウとても素敵デース!!」

キョン「ど、どうも……」

マチス「燃えてきましたヨー!! さあ! ルールはニビやハナダと同じ! All right!?」

キョン「お、オーケー」

マチス「じゃあ行きますヨー!! ライチュウ! GO!!」

ライチュウ「ラァアァアアイ......」

キョン「ライチュウか……よし、ライチュウ! 行け!!」

ライチュウ「ラーイ!!」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 18:48:18.95 ID:OC87ZOYn0


佐々木「おや、ライチュウ同士の戦いか。……少し紛らわしいね」

キョン「ライチュウ!! 高速移動!!」

ライチュウ「ライライライ!!」シュババババババ

マチス「ライチュウ!! 電光石火!!」

ライチュウ「ルァアアアアアイ!!」シュッ

ライチュウ「ライ!?」

キョン「げ、は、早い……!」

マチス「チッチッチ。youのライチュウはまだ進化したてヨ! それがmeのライチュウに勝てるなんて思わないでほしいですネー!!」

キョン「ま、まさかこの人……」

キョン(ライチュウに不慣れな俺らを叩くって作戦か!?)

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 18:52:57.12 ID:OC87ZOYn0


キョン「ライチュウ! 一旦下がれ!!」

ライチュウ「ラ、ラーイ!」

キョン「フシギダネ! 行って来い!!」

フシギダネ「ダーネェ!!」

マチス「ライチュウ! 雷ヨー!!」

ライチュウ「ラァアアアイィイイイ!!」バリリリリリリリ

キョン「フシギダネ! 懐に飛び込め!!」

フシギダネ「ダネッ!!」

マチス「無駄ヨ! ライチュウ!! 連続で雷!!」

ライチュウ「ラァアアアアアアァアアア!!」バリリリリリリリリ

フシギダネ「ダ、ダネ……!!」

キョン(すまん、フシギダネ……耐えてくれ!!)

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 20:23:41.97 ID:OC87ZOYn0


フシギダネ「ダネェエェエ……!!」

キョン「……今だ! 宿木の種!!」

フシギダネ「ダ……ネェ!!」シュポン!

ライチュウ「ライィ?」

ライチュウ「ラ、イィイイィイイ!?」ビリビリビリ

マチス「Sit!」

キョン「続いて眠り粉!!」

フシギダネ「ダーネー」パラパラパラ

ライチュウ「ラ......zzzzzz」ビリビリビリ

マチス「ああああああもう! せこせことうざったいですヨー!!」

キョン(うっせー小技の威力なめんな!)

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 20:44:40.79 ID:OC87ZOYn0


佐々木「眠っている間にもライチュウは宿木の種でどんどん体力を奪われていく……」

佐々木「それに反してフシギダネはどんどん体力を回復していく。あの雷を受けたかいはあったってわけだ」

佐々木「しかもジムリーダーはポケモンを交代させることができない」

佐々木「まあ、これも立派な作戦だね、キョン」

マチス「ライチュウ!! 起きなサーイ!!」

ライチュウ「zzzzzz」ビリビリビリ

キョン「フシギダネ! ソーラービーム!!」

フシギダネ「ダァアァアアネェエェエエエ……」コォオォオオォオオ

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 20:46:14.29 ID:OC87ZOYn0


マチス「ライチュウ!! 起きなさいってバー!!」

ライチュウ「zzzzzz......ライィ?」ビリビリビリ

キョン「撃て!!」

フシギダネ「ダッネェ!!」カッ

ライチュウ「ライィイイィイイイイ!!」

ライチュウ「ライ......」バタン

審判「ライチュウ戦闘不能! フシギダネの勝ち!!」

キョン「っしゃあ!」

マチス「くっライチュウが倒されるとはネー……」

マチス「次はお前ネ! GO! ジバコイル!!」

ジバコイル「ルルルルルルルル」

キョン(うわ、なんだあれ)

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 20:53:59.10 ID:OC87ZOYn0


マチス「ジバコイル! ラスターカノン!!」

ジバコイル「ルルルルルルルル」シュドォオオン

フシギダネ「ダネェエエ!!」

キョン「フシギダネ!!」

フシギダネ「ダネ……」トテン

審判「フシギダネ戦闘不能! ジバコイルの勝ち!!」

キョン「戻れフシギダネ! ヒトカゲ! 行ってくれ!!」

マチス「ジバコイル! 10万ボルト!!」

キョン「ヒトカゲ! 火炎放射!!」

ジバコイル「ルルルルルルルル」バチチチチチチチチ

ヒトカゲ「カァアアアアゲェ!!」ゴォオォオオォオオオ

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 20:54:58.55 ID:OC87ZOYn0


佐々木「両者の技の威力は互角か……」

佐々木「いやしかし、あのヒトカゲはそろそろ……」

マチス「ジバコイル! 押し返しなさーイ!!」

ジバコイル「ルルルルルルルル」バリリリリリリ

キョン「負けるなヒトカゲ! こっちも押し戻せ!!」

ヒトカゲ「カッゲェエエ!!」ゴォオオォオオオオオオ

ジバコイル「ルルルルルルルルルル」バリリリリリリリリ

ヒトカゲ「カ、カゲェェエエ」ゴォオオオォオオオ

キョン(まずい、ヒトカゲが疲れてきてるな……どうする!?)

326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 20:59:54.96 ID:OC87ZOYn0


マチス「ジバコイル! やっちゃいなさイ!!」

ジバコイル「ルルルルルルルルルル」バチチチチチチチチ

キョン「ヒトカゲ! 穴を掘るだ!!」

ヒトカゲ「カ、カゲッ!!」サカサカサカサカ

マチス「What's!?」

ジバコイル「ル?」

マチス「ジバコイル! 電磁浮遊!!」

ジバコイル「ルッ」フワワ

キョン(これじゃ穴を掘るは当たらないな……)

キョン「ヒトカゲ!! 火炎放射!!」

ヒトカゲ「カッゲェエエ!!」ボコン! ボォオオオォオオオオ

マチス「ジバコイル! かわしなさイ!!」

ジバコイル「ルッ」スッ

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 21:06:09.61 ID:OC87ZOYn0


マチス「ラスターカノン!!」

ジバコイル「ルルルルルルルル」ドゴォオオン

ヒトカゲ「カゲェエエエ!!」

キョン「ヒトカゲ!! 大丈夫か!?」

ヒトカゲ「カ……カゲェ!!」


パァアアアアァアアア


キョン「な!?」

マチス「Oh!?」

佐々木「やっぱりね。進化が始まった……」

330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 21:07:00.97 ID:OC87ZOYn0


??「……リザ…」

キョン「リ、リザード……」

キョン(やばいやばいやばい!! 確かリザードっていう事聞かないんじゃなかったっけ!?)

キョン「リ、リザード!! か、火炎放射……お願いします」

リザード「リィイイイザ!!」ゴォオオオオオオオォオ

キョン「あれ?」

キョン(なんか普通にいう事聞いてくれるし)

ジバコイル「ルルルルルルルルルゥ!!」

マチス「ああっジバコイル!!」

ジバコイル「ルゥウウゥウ......」ボテン

審判「ジバコイル戦闘不能! リザードの勝ち!!」

332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 21:13:06.18 ID:OC87ZOYn0


マチス「まさか試合中に進化するとは……やりますネー」

キョン「え、あ……どうも」

キョン(完全に予想外だったけどな!!)

マチス「GO! マルマイン!!」

マルマイン「マアァアルゥウウ!!」

マチス「マルマイン! 10万ボルト!!」

キョン「リザード! 火炎放射だ!!」

マルマイン「マルゥウウ!!」バリバリバリバリ

リザード「ザァアアアアアアァアア!!」ゴォオオオオオォオオ

マルマイン「マ、マルゥウウ!?」

マルマイン「マルゥ......」ゴロン

マチス「NO!!」

審判「マルマイン! 戦闘不能! よって勝者、マサラタウンのキョン!!」

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 21:14:03.15 ID:OC87ZOYn0


キョン「す、すげぇなリザード……」

リザード「リィザッ!! リザリザ!!」ペロペロ

キョン「よせよくすぐったいって!!」

キョン(元は朝比奈さんのところにいたからな……きっと心が凄く清らかなんだろう)

キョン(だから進化してもいう事を聞いてくれたんだな、うん)

ライチュウ「ライライ!!」

キョン「はは、結局お前の出番なかったな……」

マチス「ふぅ、負けましター。まさかリザードに二匹もやられるとはネ……」

マチス「オレンジバッジ持って行ってくださイ!」

キョン「ありがとうございます」

キョン(これで三つ目か……あと、五つ!)

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 21:14:59.27 ID:OC87ZOYn0


佐々木「おめでとうキョン。いいバトルだったよ」

キョン「ああ、ありがとな」

佐々木「さて……次はどうしようか? ヤマブキは未だに通行止めらしいし」

キョン「ちょっとその地図見せてくれないか?」

佐々木「ああ。いいよ」

キョン「どれどれ……」

キョン(……駄目だ。正直地図が簡略すぎて意味がわからん)

キョン「あー……そうだな。どうしようか…」

??「あ! ちょっとそこの君たちー!!」

キョン「……鶴屋さん」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 21:15:44.74 ID:OC87ZOYn0


鶴屋「おろ? なんで君……ま、いっか。君さっあのマチスに勝ったんだよねっ?」

キョン「え? あ、はい、一応」

鶴屋「ごめんなんだけどさっこのゼニガメ引き取ってくんないかなっ」

ゼニガメ「ガーメ」

鶴屋「元は悪い奴じゃないんだけどねっ! ちょーっと色々あってグレちゃったんさ」

鶴屋「君ならこいつを上手く育てられると思ってさっ!!」

鶴屋「はいっこれこいつのモンスターボール!」

キョン「え」

鶴屋「じゃあよろしく頼むっさー!!」ブオォオオオン

佐々木「……行ってしまったね」

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 21:16:42.76 ID:OC87ZOYn0


キョン「……ゼニガメ?」

ゼニガメ「ガメッ」ギラン

キョン(うっわガラ悪ぃな……)

キョン「あー、なんだ。その……」

ゼニガメ「ガーメッ!!」ジュバァ

キョン「どわっ!? い、いきなり何すんだよ!!」

佐々木「おやおや」

ライチュウ「ライ! ライライ!!」

ゼニガメ「ガーメ! ゼニガッ!!」バシュッ

ライチュウ「ラァアアアイチュウウゥウウウ!!」バリリリリリリリリリ

ゼニガメ「ゼニィイイィイイ!!」

キョン「あ」

337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 21:17:31.65 ID:OC87ZOYn0


キョン「おいおいライチュウ! ちょっとやりすぎだって!!」

ライチュウ「ラーイ……」ショボーン

キョン「え、あ、いやお前が悪いわけじゃないんだ。すまん」

ゼニガメ「ゼ、ゼニィ……」

佐々木「とりあえずポケモンセンターかな」

キョン「そうだな……」

キョン(あああ先が思いやられる…!!)

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 21:37:02.20 ID:OC87ZOYn0


佐々木「――みんなも元気になったことだし、どうする?」

キョン「ううむ……あ、そうだ。一回ハナダに戻ってみないか?」

佐々木「ハナダに?」

キョン「なんか木が邪魔して通れないとこあったろ?」

佐々木「ああ、そういえば」

キョン「進化したリザードならあんな木すぐに斬れちまうだろうしさ」

佐々木「ふむ、そうだね。じゃあハナダに戻ろうか」

佐々木「ドンカラス!!」

ドンカラス「カーッ!!」バサバサッ

佐々木「おや? どうやら一度訪れた町になら飛んで行けるようだ」

キョン「そっか。よかった」

キョン(またあの地下通路を通るのはごめんだからな……)

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 21:39:03.71 ID:OC87ZOYn0


佐々木「よし、ドンカラス、頼むよ」

ドンカラス「カーッ!!」バサバサッ

キョン「ライチュウ、しっかり捕まってろよ」

ライチュウ「ラーイ!」

ドンカラス「カァーッ!!」バッサバッサ

キョン(空を飛ぶっていうのも中々いい気分だが……)

キョン(……少し頭の上のライチュウが重いな…)

ライチュウ「ラーイ?」

キョン「わ! ちょ、ちょっとライチュウじっとしててくれ! な!」

ライチュウ「ライ」

キョン(ライチュウに進化したデメリットがこんな所で出てくるとは…!!)

352 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 22:16:20.85 ID:OC87ZOYn0


佐々木「もうすぐハナダだが……キョン、大丈夫かい?」

キョン「ちょ、ちょっと首が痛いかな……」

ライチュウ「ラーイ……」

キョン「……そう落ち込むな。立派になった証拠じゃないか。俺は嬉しいぞ」

ライチュウ「ライ!!」

佐々木「ふふ、君とライチュウは本当に仲がいいね」

キョン「まあ、そこそこ長い付き合いだしな」

ライチュウ「ライラーイ!!」

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 22:25:25.31 ID:OC87ZOYn0


佐々木「――戻れドンカラス! ふう、ハナダは大体一週間振りかな?」

キョン「あ」

佐々木「なんだい?」

キョン「空飛べるんだったらさ、ヤマブキのゲート飛び越えて途中で降りればよかったんじゃね?」

佐々木「いや、多分それは無理だろう。この世界には色々と不思議な制約があるようだから」

キョン「そっか……」

キョン(これもハルヒパワーか?)

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 22:31:03.71 ID:OC87ZOYn0


キョン「そうだ。朝比奈さんを探さないと」

佐々木「リザードを返すのかい?」

キョン「いや……とりあえず勝手に進化させちまった詫びと、これからどうするかをだな……」

佐々木「ふふ、離れ難くなったんだろう?」

キョン「……正直、な」

キョン(あーあ。でも朝比奈さんに返してって言われたら……)

キョン(……あああああ断れん!! でもリザードと離れるのも……)

キョン「……とにかく、朝比奈さんを見つけねば」

佐々木「そうだね。ドンカラス! 上空から彼女を探しておくれ!」

キョン「ピジョン! お前も頼む!!」

ドンカラス「カーッ!!」

ピジョン「ピジョッ!」

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 22:39:16.53 ID:OC87ZOYn0


佐々木「ああそうだ、もしもリザードを返さねばならなくなった時のために、先にあの木を斬っておこう」

キョン「そう、だな…」

キョン(下手すりゃこれが最後になるんだよなぁ……)

キョン「リザード、出て来い」

リザード「リッザ!」

キョン「あの木を斬ってくれるか?」

リザード「リザ。リィイイイザッ!!」ザシュン

佐々木「お見事」

キョン「ありがとな、リザード」

リザード「リザッ!」ペロペロ

キョン「くすぐったい! くすぐったいって!!」

キョン(うああやっぱこいつと離れられる気がしない……!!)

358 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 22:48:10.98 ID:OC87ZOYn0


ピジョン「ピジョー!!」

ドンカラス「カーッ!!」

佐々木「見つけたのかい?」

ドンカラス「カッ」

キョン「ありがとな、どの辺りにいたんだ?」

ピジョン「ピージョ、ピジョピジョ」

佐々木「あの橋の先か……どうやら岬になっているようだね」

キョン「よし、行こう」

359 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 22:54:01.94 ID:OC87ZOYn0


キョン「――つ、疲れた……」

佐々木「はは、まさか五人抜きをさせられるとはね」

キョン「その上ロケット団まで襲ってくるし」

佐々木「まあそれはいつものことじゃないか。でもあの二人もポケモンを育てていたんだね」

キョン「ああ。アーボックとマタドガスになってたな。少し驚いた」

佐々木「なんだかんだであの二人もポケモンを愛しているのさ」

キョン「なんだかんだ、とか言うなよ。また出てきたらどーすんだ……」

佐々木「おや、失敬」

ライチュウ「ラーイ」

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/18(木) 23:06:22.61 ID:OC87ZOYn0


キョン「……この家か?」

佐々木「そうみたいだね。……すみません、どなたかいらっしゃいますか?」

??「はぁーい」

キョン「……お久し振りです、朝比奈さん」

みくる「あ……す、すみませんでした!! あんな勝手なお願いして!!」

キョン「いえ、そんな」

みくる「大したおもてなしはできないけど、上がってください……」

佐々木「では失礼します」

キョン「お邪魔します」

370 名前: ◆5mV.E5GypQ [] 投稿日:2010/02/19(金) 00:00:42.61 ID:7RUO/7Rr0


みくる「……どうぞ」コトン

キョン「いただきます」

キョン(ああ、ここでも相変わらず朝比奈さんのお茶は最高だ……)

キョン「…で、その、預かっていたヒトカゲなんですが……」

みくる「は、はい! ヒトカゲちゃん元気にしてますか? 強くなりましたか!?」

キョン「……すみません、その…」


ボン!


リザード「リッザ!!」

みくる「ひゃあ!!」

キョン「……進化してしまいまして……」

371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 00:02:55.21 ID:7RUO/7Rr0


みくる「え、あなた……ヒトカゲちゃん、なの?」

リザード「リザ!」コクン

みくる「…………」

キョン(あああああやっぱり進化させちまったのは不味かったか……!?)

みくる「立派になって!!」ヒシッ

リザード「リザァ!!」ガシッ

佐々木「おやおや。感動の再会だね」

キョン「よ、よかった……」

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 00:06:04.76 ID:7RUO/7Rr0


みくる「本当にありがとうございます!! まさか進化までしちゃうなんて!!」

キョン「いえいえ。そんな」

みくる「よかったわねリザードちゃん!」

リザード「リザッ! リザリザ!」

みくる「キョンくん、本当にありがとう。……これからもこの子をよろしくお願いします」

キョン「え?」

みくる「この子がこんなに嬉しそうにしてるの、私初めて見たの。この子がこんな風に笑えるようになったのはあなたのおかげ」

みくる「だから、この子はもうあなたのパートナー……」

みくる「ね、リザードちゃんもきっとその方が喜びます」

374 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 00:10:32.01 ID:7RUO/7Rr0


キョン「……いいんですか?」

みくる「いいんです。私はこの子の元気な姿が見れただけで、もう充分」

みくる「さ、行ってください」

みくる「大事な目的があるんでしょう?」

キョン「……ありがとう、ございます」

リザード「リザ……」

みくる「じゃあね、リザードちゃん。……元気で、ね…?」

リザード「……リザッ!!」

375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 00:14:06.40 ID:7RUO/7Rr0


佐々木「――よかったじゃないか、キョン。これで正式にリザードは君のポケモンだ」

キョン「まあ、な……」

キョン(本当にこれでよかったんだろうか……今頃朝比奈さん、一人で泣いてやしないかな……)

佐々木「それにこんなチケットまで貰えたんだ」

佐々木「ヤマブキへの通行証。彼女、かなり有名な人だったみたいだけど」

キョン「ああ、まあ朝比奈さんだからな」

佐々木「それは理由になってないよキョン」

ライチュウ「ラーイ?」

佐々木「まあ、これでめでたくヤマブキに入れるわけだ。急ごう」

キョン「……おう」

キョン(すみません、朝比奈さん。リザードは大切にします)

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 00:19:53.62 ID:7RUO/7Rr0


警備員「――おお! その通行証は…!! ささどうぞどうぞ!!」

キョン(手のひら返しやがって……)

佐々木「では通らせてもらいますよ。さ、キョン行くよ」

ライチュウ「ライ!」

キョン「ん」

佐々木「……おや? 大都会、と言うわりには…」

キョン「……人っ子一人いないな。どういうことだ?」

382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 00:23:39.31 ID:7RUO/7Rr0


RRRRRRR!!


キョン「! 長門か!?」

長門『……その町は危険。早く逃げるべき』

キョン「なに?」

長門『急いで』ブチッ

キョン「……佐々木、出よう」

佐々木「? いきなりどうしたんだい?」

キョン「なんか知らんが、どうもここは危険らしい」

佐々木「まあ確かに誰もいないのは不気味だけど……」

R団下っ端「待て! 貴様らそこを動くな!!」

R団下っ端「この町は我らロケット団が占拠したのだ!! お前らも大人しく捕まれ!!」

キョン「……ロケット団?」

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 00:27:26.63 ID:7RUO/7Rr0


キョン(でも制服が黒いな……あいつらとは違うのか?)

佐々木「キョン、あの三人組とは違ってどうやらこいつらは真性のようだよ」

キョン「真性?」

佐々木「本物の悪者さ。子供向けにカテゴライズされたどこか憎めない悪役とは違う。下手したら殺されるかもね」

キョン「おいおい……」

警備員「そういうことなんでね。まったく……せっかく通行止めしてあげてたのに。馬鹿な餓鬼共だ」

警備員「そういやさっきもフーディンのテレポートで無理矢理入ろうとした馬鹿がいたよなwwww」

R団下っ端「いたいたwwwwあれは傑作だったわwwww」

キョン(あの警備員グルだったのか! やっぱりあの時10万ボルトしておけばよかった!!)

386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 00:32:55.56 ID:7RUO/7Rr0


R団下っ端「さあ大人しくついてこい!!」

キョン「……どうする?」

佐々木「ここは大人しくしておくのが得策かな。ドンカラスで飛び立ったとしても下から狙撃されそうだ」

キョン「うえ」

R団下っ端「何をごちゃごちゃと!!」

キョン「……わかったよ。ついてけばいいんだろついてけば」

佐々木「別段抵抗なんてしませんよ」

R団下っ端「ふん、わかればいいんだ。おいそのライチュウしまえ!」

キョン「こいつモンスターボールに入れないんです。そういう病気なんで」

ライチュウ「ラ、ラーイ」ゴホゴホ

R団下っ端「……ちっ。病気ならしょうがないか。下手な真似したら撃つからな!」

キョン(……頭が若干可哀想なのは仕様か? さすがロケット団)

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 00:35:55.46 ID:7RUO/7Rr0


キョン(ううむ……困ったな)

キョン(こいつ一人なら簡単に倒せそうなんだが……)

キョン(銃持ちなのが痛いな)

佐々木「おや、ここは……」

キョン「なんだ? このどでかいビル」

佐々木「シルフカンパニーだね。かなりの大手会社さ。モンスターボールなんかも全部ここで作られているんだよ」

キョン「へー」

R団下っ端「キリキリ歩け!」

キョン(くそ、銃さえ持ってなきゃライチュウの10万ボルトで一撃だってのに!)

433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 11:32:31.76 ID:7RUO/7Rr0


R団下っ端「不審者を連れて参りました!!」

キョン(不審者はお前らの方だろうと……)

R団幹部「ふん、子供か。倉庫にでも閉じ込めておけ」

R団下っ端「ラジャー!」

佐々木「どうやら本格的に捕まってしまうようだよ」

キョン「……随分余裕だな」

佐々木「そうかい? これでもわりと焦ってはいるんだが」

キョン(……やれやれ)

434 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 11:39:00.37 ID:7RUO/7Rr0


キョン「ライチュウ、大丈夫か? 手錠痛くないか?」

ライチュウ「ラーイ」

佐々木「ライチュウは特に問題なさそうだね。というかライチュウに手錠したって意味がないだろうに」

佐々木「ただ僕らはこれがあると非常に邪魔だ。まずはこの手錠をどうにかしないとね」

??「おや……これはこれは」

キョン「あ?」

??「なんだ、あなたも捕まってしまったんですか? まったく、相変わらず間が抜けてらっしゃることで」

キョン「古泉……お前も捕まってるじゃねぇか。人のこと言えないだろ」

古泉「んっふ。これは失敬」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 11:45:30.76 ID:7RUO/7Rr0


キョン「ったく、なんでお前と一緒に閉じ込められにゃあならんのだ」

佐々木「知り合いかい?」

キョン「まあ一応、な」

古泉「どうも。古泉一樹と申します。以後お見知りおきを」

ライチュウ「ラーイ?」

古泉「そういえばあなたは結局ピカチュウを貰って旅に出たと聞きましたが……」

古泉「ライチュウに進化したんですね。ははは、なんともはや」

キョン「お前はどうなんだよ。やっぱバッジとか集めてんのか」

古泉「僕ですか? 僕はポケモンコーディネーターになろうと思いまして」

439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 11:52:02.14 ID:7RUO/7Rr0


キョン「こーでぃねーたー?」

古泉「ええ。ただむやみやたらにポケモンを戦わせるのは僕には合わなくて」

古泉「そこで出会ったのがポケモンコンテストなんです」

キョン「ほー」

古泉「ははは、興味なさそうですね」

キョン「いや、興味がないというか……」

古泉「ああ、あなたは学のない方でしたから…僕の高尚な話が理解できないのでしょうね。お可哀想に」

キョン「手錠かけられてて幸いだったな。今俺は非常にお前を殴りたい」

440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 11:57:12.08 ID:7RUO/7Rr0


佐々木「まあまあ。今は皆で協力してここを脱出することを考えよう」

佐々木「できればこの会社を占領しているロケット団も駆逐したいのだけれど……」

古泉「僕は遠慮しておきます。僕の美しいポケモンたちに傷がついたら困りますので」キラッ

キョン(ああああああああああああああああなんだこいつすげぇウザい……!!)

佐々木「まあそう言わずに。このまま奴らを放置しておいたら、ポケモンコンテストの継続も危ぶまれてしまうよ」

古泉「それは困りますね……」

キョン(この手錠……どうやらコンピュータでロックされているようだな)

キョン(よし)

441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 12:05:46.47 ID:7RUO/7Rr0


キョン「ライチュウ。動けるか?」

ライチュウ「ラーイ!」

キョン「よし。こいつに向かって10万ボルトだ」

古泉「え」

ライチュウ「ラァアアアアアアイチュウゥウウウ!!」バチバチバチバチ

古泉「うわぁああああああぁあああぁああ!?」ビリビリビリビリ


カション!


キョン「よし! 思ったとおり手錠が外れたぞ!!」

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 12:16:15.64 ID:7RUO/7Rr0


古泉「……ふ、ふふふふ、ふふふふ……やってくれましたね……?」

古泉「出てきなさいフーディン!!」

フーディン「フーディン!!」

古泉「この不逞の輩にサイコキネシスです!!」

フーディン「フゥウウウゥウディン!!」イィイイイイイィイイィイイイン

キョン「う、お、ど、わ!?」フワフワフワフワ


カション!!


キョン「おお手錠が外れた!! ……のはいいが古泉!! 早く俺を降ろせ!!」フワフワフワ

古泉「フーディン! そのまま外にたたき出してしまいなさい!!」

キョン「ちょ」フワフワ...ビュンッ!!

445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 12:24:41.57 ID:7RUO/7Rr0


ガシャーン!!


キョン「痛っ!!」

R団下っ端「なんだ!? 何事だ!?」

R団下っ端「ああっ! 貴様いつの間にここから出た!?」

キョン「くそ、ライチュウ!! 10万ボルトだ!!」

ライチュウ「ラァアアアアァアアイィイイ!!」バリバリバリバリバリ

R団「「ぐわぁああああああぁあああ!!」」バタン

キョン「古泉……てめぇ…」

古泉「元はと言えばあなたが悪いんでしょう。まったく」

446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 12:30:41.26 ID:7RUO/7Rr0


佐々木「これで隠密に行動するという選択肢はなくなったわけだ」

佐々木「仕方無い、正面から戦おう。古泉くんも付き合って貰うよ」

古泉「……女性のお誘いは断れませんね」キラッ

キョン(くそ、雷でもよかったな……お?)

キョン「佐々木、こいつらが手錠の鍵を持ってたみたいだ。外すから手ぇ出せ」

佐々木「ああ、頼むよ」

447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 12:34:36.83 ID:7RUO/7Rr0

キョン「さて、これからどうするかな」

古泉「まずはカードキーを探すべきですね。どうやらそれがないと進めない場所があるようですから」

佐々木「じゃあそうしようか。ばらばらに探す方が効率はいいけど、いかんせん危険だな」

佐々木「皆で固まって行動しよう。できるだけR団員には見つからないように」

キョン「おう」

ライチュウ「ライライッ!!」

古泉「わかりました。もし見つかってしまったら……」

キョン「戦うしかないだろうな」

古泉「やれやれ。出来る限り穏便に行きたかったのですが」

キョン(それをぶち壊しにしたのはお前だろうが!)

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 12:39:02.20 ID:7RUO/7Rr0


R団下っ端「いたぞ! あそこだ!!」

キョン「げ、早速見つかった…!!」

R団下っ端「行けっ! ラッタ!! 侵入者を殺せ!!」

キョン(殺せとか簡単に言うな馬鹿!!)

古泉「フーディン! 催眠術!!」

フーディン「ディン……」カッ

ラッタ「ラ......zzz」

R団下っ端「zzzzzzzzzz」

キョン「なんだ、催眠術が使えるなら手っ取り早い」

古泉「あまり長くはもちません。先を急ぎましょう」

佐々木「しかし相手に殺意があるとなると厄介だね……慎重に行こう」

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 12:42:41.37 ID:7RUO/7Rr0


キョン「――あったぞ! これがカードキーじゃないか?」

佐々木「うん。それで間違いなさそうだ」

古泉「やれやれ。一々眠らせたロケット団員の懐を漁っていたかいがありましたね」

キョン「途中で聞いた話だが、どうも社長が人質に取られているらしい」

キョン「多分そこにボスがいるんじゃないか? そいつを倒せばここからも手を引くだろ」

佐々木「となると……最上階かな」

古泉「でもエレベーターで行った時には壁に阻まれましたよ。違うルートを探さねばなりませんね」

キョン(あーもー誰か攻略本くれ!!)

454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 12:47:46.14 ID:7RUO/7Rr0


古泉「わかりました。これを使って移動するようです」

キョン「なんだこれ」

佐々木「ふむ、ワープパネルだね。乗ると全く別の場所に移動するという代物さ」

キョン「……ワープした先にピストル構えたロケット団とかいなきゃいいんだけどな」

古泉「あなたが先頭でお願いします」

キョン(なんでこっちの古泉はこうも頭にくるんだ……)

457 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 12:50:30.23 ID:7RUO/7Rr0


キョン「――あー……ワープのし過ぎで目が回ってきた」

佐々木「しっ! ……どうやらお目当ての場所についたようだよ」

古泉「どうします? とりあえず見張りはフーディンで眠らせるとして……」

キョン「ボスは倒すしかないだろう。……三人でかかるか?」

古泉「そんな卑怯な」

キョン「卑怯とかなんとか言ってる場合じゃないだろ」

R団下っ端「なんだお前ら!! どっから入ってきた!!」

キョン「あ」

458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 12:52:38.32 ID:7RUO/7Rr0


古泉「ここは僕に任せてあなたはボスを!! フーディン! 催眠術!!」

キョン「くそ! かっこつけてるように聞こえるが俺らにボスを押し付ける気満々じゃねぇか!!」

佐々木「キョン! こっちだ!!」ダダダッ

??「……ほう。まさか子供がこんな所まで侵入してくるとは……」

キョン(こいつがボスか……? 社長は…見当たらないな)

キョン(ただ部屋の隅にある掃除用具入れがこれでもかってくらいにガッタンガッタンしてるからな。多分あん中だろ)

サカキ「私はロケット団の首領、サカキだ。君たち、中々良い度胸じゃないか」

サカキ「どうだ。ロケット団に入らないか?」

キョン(来たお約束! ドラクエでもあったな、世界の半分がどうのこうの)

471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:29:02.23 ID:7RUO/7Rr0


キョン「いや、俺らにそんな意思はない。ここに来たのはあんたらをこっから追い出すためだ」

サカキ「ふむ…やれるものならやってみたまえ。ゆけっサイドン!!」

佐々木「どうする? 二人がかりで叩くか?」

キョン「いや……まずは俺一人で行く。俺が駄目そうだったら頼む」

佐々木「わかった。無理はしないでくれよ」

キョン「ああ。ゼニガメ!! 頼むぞ!!」

ゼニガメ「ガーメ!!」

473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:32:35.68 ID:7RUO/7Rr0


サカキ「サイドン、雷パンチ」

サイドン「ドッサァアア!!」バリッ

キョン「かわしてバブル光線!!」

ゼニガメ「ガメッ! ガァアアメェエェエ!!」ブクブクブクブク

サカキ「耐えてもう一度雷パンチ」

キョン「なに!?」

サイドン「ッサァ!!」バリリッ

キョン「からに篭る!!」

ゼニガメ「ガ、ガメッ!!」シュッ

サカキ「無駄だ。私のサイドンを甘く見ないでもらいたい」

ゼニガメ「ガ……ガメェエェエエ!!」ビリリリリリリ

キョン「ゼニガメ!!」

475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:35:32.55 ID:7RUO/7Rr0


キョン「ゼニガメ!! 大丈夫か!?」

ゼニガメ「ガ…ガメェ……」

キョン「無理するな! 戻れゼニガメ!!」

ゼニガメ「ガメェッ!!」

キョン「ゼニガメ……」

サカキ「あれを耐えたか。おもしろい。が、今は邪魔だな」

サカキ「サイドン。とどめを刺してやれ」

サイドン「ドッサァ!!」

キョン「避けろゼニガメ!!」

ゼニガメ「ガ……ガメェエエェエ!!」ブシュワ!!

サイドン「ドサ!? ド、サァアアアァア!!」

キョン「うおっ! ゼ、ゼニガメ!?」

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:36:27.23 ID:7RUO/7Rr0


佐々木「あれは……ハイドロポンプ?」

佐々木「この戦いの内にレベルが上がったのか……」

サイドン「ド、ドサァ......」ズズゥン

サカキ「ちっ、戻れサイドン」

キョン「ゼニガメ! 凄いじゃないか今の!!」

ゼニガメ「ガ……ガメェエエエ!!」


パァアアアアァアアア


キョン「なっまさか……進化!?」

カメール「カァアアメェッ!!」

サカキ「ほほう。進化したか……だがこいつには敵うまい」

サカキ「ニドキング! 行け!!」

477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:41:58.00 ID:7RUO/7Rr0


キョン(進化したとはいえ……カメールはもう限界だ)

キョン「カメール! 戻れ!!」

カメール「……カメ」

キョン「ゆっくり休んでくれよ」

キョン「次はピジョン! 行ってくれ!!」

キョン(サカキの手持ちは恐らくこいつが最後……)

キョン(行ける!!)

キョン「ピジョン! フェザーダンスだ!!」

ピジョン「ピージョッ!!」ヒラヒラヒラ

サカキ「構うなニドキング! 角ドリル!!」

ニドキング「ニドォオオォオオ!!」ギュイィイイイイン

479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 14:45:07.96 ID:7RUO/7Rr0


キョン「……!! 戻れピジョン!!」

サカキ「寸前で戻したか……中々冷静だな」

キョン(あれが当たるのは流石に不味いだろ……!!)

佐々木「キョン! 角ドリルは相手のレベルが高いと当たらない技だ!」

佐々木「手持ちで一番レベルが高いのをぶつけた方がいい!!」

キョン「手持ちで……」

キョン(ライチュウ……だがニドキングは確か地面タイプ。相性的にはかなりキツい)

キョン(だがあの角ドリルを当てさせるわけには……)

キョン「……ライチュウ。行ってくれるか?」

ライチュウ「ラーイ!!」

505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 20:33:03.63 ID:7RUO/7Rr0


サカキ「ほう。敵わないと分かっていてまだ戦うか」

キョン「…………」

キョン(やってみなきゃわからない、とでも言い返したいところだが……)

キョン(この場合戦うのはポケモンだからな。そんな無謀なこと、やっぱりさせられん)

キョン(かなりの反則……というかトレーナーとして、人としてどうかとは思うが……しょうがない)

キョン「ライチュウ!! 10万ボルトだ!!」

ライチュウ「ライ!?」

キョン(ライチュウ、気付いてくれ!!)

507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 20:38:07.33 ID:7RUO/7Rr0


サカキ「馬鹿め! ニドキングに電気技など効かんわ!!」

ライチュウ「……ライ!」コクン

キョン(通じたか!!)

サカキ「ニドキング! 気合パンチ!!」

キョン(狙いはニドキングじゃねぇんだよ!!)

キョン「サカキ! これで終わりだ!!」

ライチュウ「ラーイィイイイィイイ!!」バチチチチチチッチ

サイドン「ドサァ!?」

サカキ「なに!? ぐ、ぐわぁああああああぁあああ!!」ビリリリリリリリ

508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 20:43:07.70 ID:7RUO/7Rr0


サカキ「き、貴様……!!」

キョン「ライチュウ! 電磁波!!」

ライチュウ「ライッ!」ビリリッ

サカキ「ぐあっ!!」ビリビリ

キョン「これでしばらく動けねぇだろ……」

サイドン「ド、ドッサァ......」オロオロ

キョン「フシギダネ! バタフリー! 出てきてサイドンに眠り粉!」

フシギダネ「ダネェ! ダネダネ〜」パラパラ

バタフリー「フリーフリー!」パラパラ

サイドン「ド!! ド......zzzzzz」

514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 20:47:54.94 ID:7RUO/7Rr0


佐々木「……まさかトレーナー自体を攻撃するとは」

キョン「正直まずいとは思ったが……」

古泉「まさに外道ですね」

キョン(こいつ! 今頃出てきやがった!)

キョン「お前のフーディンがこっちに居ればよかったんだがな」

古泉「ふふ、僕のせいにするんですか? まったくとんでもない人だ」

キョン(確かに俺はやっちゃならんことをやったかもしれんが……)

キョン(とりあえず古泉にだけは非難されたくねぇ!!)

517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 20:52:46.45 ID:7RUO/7Rr0


佐々木「まあ何はともあれボスは撃破したんだ。めでたいことじゃないか」

佐々木「とりあえずは社長を救出しよう」

キョン「ああ、そうだな」

キョン(途中から掃除用具入れが静かになってたが……)

キョン(まさか中で死んでないよな? 嫌だぞ開けたら死体が転がり出てくるとか)

519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 20:57:47.73 ID:7RUO/7Rr0


キョン「じゃあ開けるからな。古泉、お前はサカキを見てろ。起きてこないとは思うが念のためだ」

古泉「了解しました」

キョン(……頼むから死体じゃありませんように!!)


ガチャッ


??「ぷっはぁ!! あーもー死ぬかと思ったわよ!!」

??「ふ、ふぇえええぇえええええありがとうございますぅううううううぅうう!!」

??「……無事でよかった」

キョン「…………は?」

キョン(おいおいおいおいどういうことだよ……)

キョン(なんでハルヒと朝比奈さんと長門が転がり出てきたんだ!? いや死体じゃなくてよかったけれども!!)

521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:03:39.97 ID:7RUO/7Rr0


ハルヒ「なんだキョンだったの? もっと強そうな人がさっそうと助けてくれるのかと思ったのに」

ハルヒ「ああそうだちょっと聞きなさいよ! この子! ロリ顔で巨乳な上にこの会社の社長さんなんですって! 凄くない!?」

みくる「キョンくん!? ああああすみません私が通行証なんて渡したからこんなことに……!!」

みくる「キョンくんたちがヤマブキに向かったすぐ後なんです! なんか怖そうな人たちがいきなりお家に押しかけてきて……!!」

ハルヒ「え? なにあんたたち知り合いだったの? ねぇちょっとどこで知り合ったのか教えなさいよ!!」

みくる「わぁあああああんごめんなさいごめんなさい迷惑ばっかりかけちゃってごめんなさいいぃいいいい!!」

長門「……ユニーク」

キョン(誰か三行でこの状況を説明してくれ!!)

522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:07:57.90 ID:7RUO/7Rr0


長門「朝比奈みくるはシルフカンパニーの社長という設定。私はその秘書。あなたが朝比奈宅を出た直後に拉致された」

長門「涼宮ハルヒはポケモン学の権威。その知識を利用しようと思ったサカキにやはり拉致された」

長門「そして貴方が助けにくるまでこの掃除用具入れに閉じ込められていた。……これでいい?」

キョン「あ、ああ……サンキュ、なんとなくわかった」

キョン(さすが長門!!)

ハルヒ「……ん? ねぇキョン、この女誰」

キョン「え」

佐々木「僕は佐々木という者だよ。今までキョンと旅を一緒にしてきたんだ」

ハルヒ「今まで一緒に旅って……ちょっとキョン、どういうことなの」

キョン(なんだなんだその非難するような目つきは!! 俺は何も悪いことしてないぞ!!)

古泉「あなたも隅に置けませんね」

キョン(お前は黙れ!! 空の彼方に飛んで行け!!)

524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:13:50.48 ID:7RUO/7Rr0


キョン「……ハ、ハルヒ? 俺と佐々木は疚しいことは決してないぞ?」

ハルヒ「疚しいこと…? っ!! あ、あんたたちまさか……信じられない!! なによ!!」

キョン(しまったぁああああああああ墓穴掘ったぁああああああああああああ!!)

ハルヒ「ちょっとそこのあんた!! 今から私と勝負しなさい!!」

佐々木「ここでかい? 僕は別に構わないけど」

キョン(そこは構えよ!! 頼むから構ってくれよ!!)

みくる「な、なんですかこの険悪な空気は……」

古泉「ここは責任取ってあなたが『俺のために争うのはやめてくれ!!』と飛び出して行くべきでは?」

キョン「……おい古泉。お前そんなに10万ボルトが気に入ったなら素直にそう言ったらどうなんだ」

古泉「んっふ」

キョン(あああああああああああああっもうどうすりゃいいんだよ!!)

525 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:19:07.94 ID:7RUO/7Rr0


ハルヒ「ガブリアス!! 出てきなさい!!」

佐々木「オーダイル! 頼むよ!」

キョン(ゴツい! こんなところであんな奴ら戦わせたら酷いことになるだろ!?)

みくる「ひゃああああああぁあ喧嘩はやめてくらさいぃいいいい!!」

古泉「……僕はもうお暇してよろしいでしょうか」

キョン「テメェだけ逃げようたってそうはいかねぇぞ!!」

キョン(ああああったくどうすりゃいいんだよ!!)

長門「……今が最後のチャンス」

キョン「あ?」

長門「SOS団が全て揃ったこの状態。脱出プログラムを起動させるチャンスは恐らく今しかない」

キョン「なんだって!?」

527 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:23:52.21 ID:7RUO/7Rr0


長門「ただ問題が一つある」

長門「私の能力はここでは著しく制限されている。この脱出プログラムで元の世界に戻れるのは、五人だけ」

キョン「五人だけって……ここだけでも六人いるんだぞ! 鶴屋さんや谷口、俺の妹とかはどうなる!?」

長門「あれはよくできた仮想プログラム。当人ではない」

キョン「あ……そうなのか。だがしかしやっぱり一人余るぞ!」

長門「そう。そして一度脱出プログラムを起動させればこの世界と元の世界は完全に断絶されてしまう」

長門「極めて困難な状況」

531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:29:15.30 ID:7RUO/7Rr0


キョン「……しかしなんで佐々木がこっちに巻き込まれたんだ」

長門「涼宮ハルヒは何らかの形で決着をつけたいと思っていた」

長門「それがこのような形で具現化。今に至る」

キョン(ああ確かに熱いバトルだな……ははは、笑えねぇ)

長門「私に決定権はない」

長門「……あなたが決めて」

キョン「…………」

ライチュウ「ライ?」

キョン「……ちょっと朝比奈さんの傍にいてやってくれ。攻撃が流れてきたら光の壁だ。いいな?」

ライチュウ「ラーイ!」

キョン「よし、いい子だ。…………長門」

キョン「決めたよ」

533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:34:26.57 ID:7RUO/7Rr0


キョン「俺以外を元の世界に戻してやってくれ」

長門「……その返答は予測していた」

長門「だが推奨はできない。涼宮ハルヒが暴走する可能性がある」

キョン「ああ。わかってるさ」

キョン「でもな、俺は誰か一人置いて元の世界に帰るのもごめんだし」

キョン「ライチュウたちと別れるのも耐え難い。はは、正直元の世界に戻るのも渋ってたくらいなんだぜ? ……ちょうどいいさ」

長門「……あれらは所詮仮想の存在。本気?」

キョン「それでも、あいつらは今ここにいる。俺と一緒に戦ってくれた仲間なんだよ」

キョン「……な? ほら、これ以上あいつらを戦わせておくとこのビルが壊れちまう」

キョン「脱出プログラムを起動させてくれ。頼む」

537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:39:46.06 ID:7RUO/7Rr0


長門「…………承知した」

長門「これを」スッ

キョン「これは……」

キョン(ああ、そういえばまだ貰ってなかったな)

キョン(……ポケモン図鑑。まさかこんな形で入手することになるとは思ってもなかったが)

長門「Enterキーはそれ」

長門「……後悔、しない?」

キョン「ああ。お前らに会えなくなるのはちとつまらないが……」

キョン「後悔はしないさ」

長門「……そう」

長門「…今まで、ありがとう」ニコッ

541 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:44:47.29 ID:7RUO/7Rr0


キョン(……なんだ、お前だってそういう顔で笑えるんだな)

キョン(これならもう心配ないだろう)

キョン「俺の方こそ今まで頼りっきりですまなかった。まあ最後の最後まで頼りきりだけどな」

キョン「……皆を頼む」

長門「任せて」

542 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:49:41.63 ID:7RUO/7Rr0


キョン「おいハルヒ! それから佐々木!!」

ハルヒ「なによ!! 止めないでちょうだい!!」

佐々木「女の勝負に水を注すものではないよ!」

キョン「お前らちょっとは仲良くしろ!! 絶対気は合うはずだ! 俺が保障する!!」

ハルヒ「はぁ? なんなのよ! そんなこと言ったってこの勝負は止めないからね!!」

佐々木「……キョン?」

543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:54:39.26 ID:7RUO/7Rr0


キョン「朝比奈さん、美味しいお茶をどうもごちそうさまでした」

みくる「え……キョンくん?」

キョン「おい古泉、お前はもうちょっと素を出せ。そうすりゃもう少し人間臭くなれるぞ。まあここに居る間みたいなあからさまなのは勘弁だがな」

古泉「いきなり何を言い出すんですか」

キョン「長門、じゃあな」

長門「……また、」

ハルヒ「ちょっとキョン!!」


......カチリ


長門「プログラムの起動を確認」

長門「……元気で」


シュインッ

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:59:41.53 ID:7RUO/7Rr0


キョン「…………」

キョン「……成功、かな」

ライチュウ「ラ、ライ? ライライ?」キョロキョロ

オーダイル「ダイ……?」ウロウロ

ガブリアス「ガブ!?」

キョン「オーダイルとガブリアスのボール……これか。戻れお前ら!」

ライチュウ「ライ……?」

キョン「安心しろ。これで全部片付いた」

ライチュウ「ラーイ?」

サカキ「ぐ……なんだ、何が起こった……?」

キョン「あんたには関係ないことさ。さ、警察がくるまで大人しくしとくんだな!」

キョン(とりあえず警察に連絡して……)

ライチュウ「ライ……」

キョン(…………この部屋、こんなに広かったのか)

546 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:04:39.03 ID:7RUO/7Rr0


鶴屋「――やーキョンくんお手柄っさー! まさかあのロケット団のボスを捕まえてくれるとはねっ」

キョン「いえ、たまたまです」

鶴屋「またまた謙遜しちゃってー! ……あり? 一緒に居たあの女の子はどこに行ったっさ?」

キョン「あいつは、故郷に帰りましたよ。今頃家でのんびりしてる頃じゃないですかね」

鶴屋「はっはー、もしかしてフられちゃったにょろ?」

キョン「違いますよ!」

鶴屋「青春だねぇ〜。ま、とにかく後々表彰とか色々あるだろうからさっ! しばらくはヤマブキのポケモンセンターにいてくれるかなっ」

キョン「わかりました」

鶴屋「じゃっ! ご協力ありがとうございましたっ!!」ブロロロロロロロロロ

キョン「……やれやれ」

549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:09:43.18 ID:7RUO/7Rr0


ライチュウ「ラーイ?」

キョン「……寂しいのか?」

ライチュウ「ライ……ライ?」

キョン「ん? いや、俺はそうでもないさ。お前らがいるしな。……本当だって」

ライチュウ「ラーイ……」

キョン「さて、これからどうするかな……」

ライチュウ「ライ?」

キョン「……そうだな、当面の間は…」

551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:12:50.75 ID:7RUO/7Rr0


キョン「ポケモンマスターでも目指してみるか」




           ――完

552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:13:57.23 ID:7RUO/7Rr0

これでやっと終わりです
うほーい\(^o^)/ 完結させられてよかった!!
皆さま保守やら支援やら本当にありがとうございました!!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「SOS団女子のおっぱいを団員全員で分けるとする……」