ハルヒ「眠れない夜ってのもあるわけじゃない?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:博士「光彦をうな重する装置が出来たぞい」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 04:51:27.33 ID:ybi9NC7q0

キョン「……だからって俺を巻き込むなよ」
ハルヒ「いいじゃない! 起きてたんだし」
キョン「起こされたんだ、お前の電話でな」

キョン「何時だよ今……うわっ、二時とか」
ハルヒ「うふふ、真っ暗ね!」
キョン「声がでかいって。もう少し静かにしろ」
ハルヒ「いちいちうるさいわねー」
キョン「そっくりそのまま返してやるよ」
ハルヒ「ほら、早く降りてきなさいよ」
キョン「……着替えるからちょっと待ってろ」
ハルヒ「五秒以内!」
キョン「だからうるさいって!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 04:54:36.65 ID:ybi9NC7q0

キョン「なんでこんな時間に……」ブツブツ
キョン「今からなにをするってんだよ」ブツブツ

ピリリr
キョン「? はい」
ハルヒ「はい。じゃないわよ! 早く出てきなさいってば!」
キョン「あのなぁ、俺はついさっきまで寝てたんだぞ?」
ハルヒ「だからなによ」
キョン「そんないきなり起きて行動できるかと」
ハルヒ「こんな夜中に女の子一人を外で待たせるのってどうなの?」
キョン「いや別に、お前が勝手に」
ハルヒ「寒いのよ、早く早く!」
キョン「……わかったよ。玄関開けてやるから入って待ってろ」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 04:58:19.34 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「おじゃましまーす」コソコソ
キョン「物音立てんなよ、家族が寝て」
ハルヒ「くしゅっ!」
キョン「おまっ」

ハルヒ「あぁ、寒かった」
キョン「寒かった、じゃない。全く……少しは常識的行動をしてくれよ」
ハルヒ「思いついたら即実行! それがあたしの生き方よ!」
キョン「それもそうだな。……って、俺を巻き込むな」
ハルヒ「妹ちゃん寝てる?」
キョン「当たり前にな。だからあんまりうるさくすんなよ」
ハルヒ「うん。ほら、早く準備しなさい」
キョン「……はぁ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 05:04:56.38 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「……ちょっとは掃除しなさいよね」
キョン「うるさいな。客が来るってならするよ」
ハルヒ「来てるじゃない」
キョン「夜中にいきなり現れる奴は客とは言わん」

ハルヒ「なんかベッド生暖かい。気持ち悪いわ」モフモフ
キョン「今まで寝てたから仕方ないだろ、勝手に寝転がるな」
ハルヒ「そいそいっ!」バタバタ
キョン「ばかっ、バタ足すんじゃない! 下に響くだろ!」
ハルヒ「えへへー」
キョン「えへへー、じゃないって……何しに来たんだよほんとに」
ハルヒ「だから言ったじゃない、眠れなかったの」
キョン「だからってウチに来るなよ」
ハルヒ「他の子に電話したりしたら迷惑じゃない。こんな夜中に」
キョン「その常識を俺にも使ってくれ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 05:09:02.42 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「夜中に行動するのって、どきどきするじゃない?」
キョン「うん」
ハルヒ「ただあんたの家に来るだけでも、なんかミッションみたいでさ」
キョン「へぇ」
ハルヒ「電話に出なかったら窓に石投げてやろうと思ったわ。5センチくらいの」
キョン「マジでふざけんな」

ハルヒ「もう目は覚めた?」
キョン「残念ながら、覚めちまったよ」
ハルヒ「じゃあおでかけしましょ」
キョン「どこに行くんだよ……こんな時間に」
ハルヒ「どこでもいいわ。いいじゃない、ワクワクするでしょ?」
キョン「小学生みたいなコト言いやがって」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 05:15:00.90 ID:ybi9NC7q0

キョン「外、どれくらい寒かった?」
ハルヒ「んー……手、貸して」
キョン「?」
ハルヒ「これくらい」キュッ
キョン「うわっ、手冷たっ」

ハルヒ「ひえひえよ」
キョン「風邪ひくぞお前、そんな薄着で」
ハルヒ「だって家の中暖かかったからさ……上着貸して?」
キョン「上着? んー……ほら」
ハルヒ「センスないわね」
キョン「帰れ」
ハルヒ「あっ、うそうそ! ほら貸して、貸しなさいっ」
キョン「そらっ」ボフッ
ハルヒ「んおっ……投げないでよバカ」
キョン「ちょっと大きいかもしれないけど、文句言うなよ」
ハルヒ「すんすん……変なにおいするわ」クンクン
キョン「嗅ぐな。あとしない、断じてしない」
ハルヒ「するわよ! なんていうか……キョンの家の匂いみたいな」クンカクンカ
キョン「わけがわからん」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 05:19:24.45 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「袖のとこ、ほつれてる」
キョン「ん? そうか?」
ハルヒ「ほら」ピロン
キョン「ほんとだ。しばらく着てなかったからかな」

ハルヒ「ちょっと、ここ座りなさい」
キョン「?」
ハルヒ「ねぐせ。ものっすごい静電気感じてるみたい」
キョン「あぁ、別にそれぐらい――」
ハルヒ「こーこ。ここ座れって言ってるの」ポフポフ
キョン「どんだけ自由なんだよ」

キョン「いててっ、痛いって。ひっぱんな」
ハルヒ「だって白髪が」クシクシ
キョン「ねーよ」
ハルヒ「あるもん」
キョン「……ほんとに?」
ハルヒ「うん」
キョン「や、優しく抜いてく……いてっ!」プツン

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 05:23:37.57 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「髪伸びたわね。鬱陶しいから切りなさい」
キョン「金くれ」
ハルヒ「あ、切ってあげようか?」
キョン「遠慮しとくよ。停学になったりしたら大変だ」
ハルヒ「なによそれ!」

キョン「ハルヒはもう、髪伸ばさないのか?」
ハルヒ「ん? あぁ、別に伸ばす気はないわね」
キョン「そうか」
ハルヒ「伸ばしてもいいけど」
キョン「どっちだよ」
ハルヒ「どっちがいい?」
キョン「別にどっちでも」
ハルヒ「どっちかって言うと?」
キョン「……そのままでいいんじゃないか」
ハルヒ「うん。あたしもそう思うわ」
キョン「え?」
ハルヒ「さ! 出発するわよ!」
キョン「だから大声だすなってば」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 05:27:45.62 ID:ybi9NC7q0

キョン「……静かだな」
ハルヒ「当たり前でしょ、夜中だもん」
キョン「お前の口から当たり前とかがでてくるとは」

キョン「で、どうすんだよ」
ハルヒ「幽霊城でも探す? 天体観測でもする?」
キョン「線路沿いに死体を捜しに行くのもいいな」
ハルヒ「?」
キョン「あれ、知らないか?」
ハルヒ「うん」
キョン「そのうち教えてやるよ」
ハルヒ「今教えなさいよ」
キョン「やだよめんどくさい。ほら、とりあえず歩くぞ。近隣住民の迷惑になる」スタスタ
ハルヒ「あっ、こら。待ちなさいよっ」トコトコ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 05:31:01.78 ID:ybi9NC7q0

キョン「コンビニでも行くか……暖かいもん飲みたい」
ハルヒ「そうだ、缶コーヒー買ってたんだ」
キョン「?」
ハルヒ「いやほら、キョンの目を覚ましてやろうと」
キョン「……気遣い方間違えてるよなぁ」

キョン「ぬるい」
ハルヒ「最初は暖かかったの。文句言うな」
キョン「ぬるいしブラックだし……」ブツブツ
ハルヒ「文句言うならあげないわよ!」
キョン「じゃあハルヒ、残り全部飲めな」
ハルヒ「……苦いの嫌いだから遠慮するわ」
キョン「うっわ、子供」
ハルヒ「こっ、子供じゃないわよ! このぐらい……んっ……にがっ」
キョン「苦いって言ってるじゃないか」
ハルヒ「言ってないわよ!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 05:36:43.68 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「全然星が見えないわね」
キョン「雲ってるわけじゃないんだけどな……なんでだろ」
ハルヒ「街灯が近くにあるせいかしら?」
キョン「どうだろうな」

ハルヒ「ちょっと」
キョン「あ?」
ハルヒ「手、触れた」
キョン「お前が近くを歩くからだろ。嫌なら離れて歩け」
ハルヒ「暗いもん」
キョン「知るかよ」
ハルヒ「酷い言い方ね! そんなんじゃモテないわよ」
キョン「ご心配なく。俺には朝比奈さんがいるし」
ハルヒ「相手にされると思ってるなんて、相当立派な脳みそが詰まってるのね」
キョン「うっせ」キュッ
ハルヒ「あっ、こら。なにどさくさに紛れて繋いでるのよ!」
キョン「予行演習だ。朝比奈さんをイメージしてだな」
ハルヒ「放しなさいよ、はーなーせっ」ブンブン
キョン「はは、ちっとは大人しくして朝比奈さんを演じてくれよ。団長さん?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 05:45:46.61 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「……ほんとにみくるちゃんのコトが好きなの?」
キョン「ん? まあそりゃ、それが普通の反応じゃないか?」
ハルヒ「なんでよ」
キョン「だってあんなに可愛いんだし」

ハルヒ「ふんっ、違う女の子のコト考えながら手繋いでくるなんて最低ね!」
キョン「デリカシーのない男と、常識のない女。丁度いいじゃないか」
ハルヒ「いいもん。あたしも違う男の子のコト考えてやる」
キョン「ん? 誰だ?」
ハルヒ「えっと……古泉君?」
キョン「疑問形?」
ハルヒ「まあほら、その辺の。少なくとも無愛想で最低なあんただとは思わないもん」
キョン「そりゃどうも。あー、朝比奈さん俺と付き合ってくれないかなぁ」
ハルヒ「けっ!」ギュウウ
キョン「痛っ! 爪! めり込んでるって! ごめんなさいごめんなさい!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 05:51:28.95 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「そういやあんた、彼女とかできたことないの?」
キョン「なんでそんなこと聞くんだ?」
ハルヒ「え? いや、あの……別に」
キョン「プライベートなことなので、お答えできません」

ハルヒ「なにカッコつけてんのよ」
キョン「別に。言う必要ないだろ」
ハルヒ「ないくせに」
キョン「知るか」
ハルヒ「……ないんでしょ?」
キョン「きにすんなって」
ハルヒ「ちゃ、ちゃんと答えなさいよ!」
キョン「なにをムキになってんだよ。変な奴だな」
ハルヒ「!」
キョン「……今は彼女はいないとだけ、教えといてやる」
ハルヒ「あ……うん、あたしも」
キョン「ハルヒは色んな奴と付き合ってたんだもんなー。大人だな大人」
ハルヒ「べっ、別になにも! なんにもないわよ!」
キョン「だから何を慌ててるんだ」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 05:56:08.54 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「でもあたしはあんたと違って、付き合えないんじゃないわよ?」
キョン「なんだよ、失礼だな」
ハルヒ「付き合ってくださいって人はいるけど、付き合わないだけ」
キョン「あーはいはい、そーですね」
ハルヒ「なにそれ、嫉妬?」

キョン「別に。お前がそう言うんだからそうなんだろ?」
ハルヒ「あんたは知らないでしょうけど、高校に入学して十五人に告白されたわ」
キョン「マジでか」
ハルヒ「……まあ……正確には二人だけど」
キョン「どんだけサバ読んでるんだよ。って、それでも二人……」
ハルヒ「ふふっ、凄いでしょ」
キョン「物好きもいるもんだな」
ハルヒ「失礼ねっ!」ゴチン
キョン「たっ! 頭突きすんなっ!」
ハルヒ「いたたっ……この石頭っ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 06:04:57.70 ID:ybi9NC7q0

キョン「いやでも、今のハルヒに告白するってのは事実凄くないか?」
ハルヒ「なにそれ」
キョン「だってほら、入学してから色々と」
ハルヒ「…」

キョン「まあ、可愛かったらなんでもいいのかもな」
ハルヒ「ちょっと、酷くないそれ」
キョン「それだけ目立った行動してるじゃないか。自覚してるだろ?」
ハルヒ「してないもん」
キョン「?」
ハルヒ「あたしはあたしのやりたいようにしてるだけ。変なことなんて、してないわよ」
キョン「……うん。ごめん、言い過ぎた」
ハルヒ「謝らないでよ。別になんとも思ってないわ」
キョン「でもほら、ハルヒが可愛いってのは……皆理解してるってことだ」
ハルヒ「なっ、なによ。やめてよ気持ち悪い」
キョン「いいじゃないか、俺とお前二人だけだし。たまにはその……お世辞っつーか」
ハルヒ「あんたはお世辞にもカッコよくないけどね!」
キョン「お前なぁ」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 06:18:06.11 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「コンビニ、見えてきた」
キョン「さすがに明るいな」

ハルヒ「変な人いない?」
キョン「いるな」
ハルヒ「やっぱり。夜中だもんね」
キョン「あぁ、しっかりと俺の隣にいる」
ハルヒ「……って、殴るわよ!」

ウィーン
ハルヒ「……暇そうね」
キョン「さすがに誰も来ないだろ。こんな平日に」
ハルヒ「読みたい雑誌あったのよねー」トコトコ
キョン「俺も漫画読むか……ほんとなにやってんだろうな、こんな時間に」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 06:23:53.51 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「……この服可愛くない?」
キョン「さぁ」
ハルヒ「これとか」
キョン「いいんじゃないか」
ハルヒ「ちゃんと答なさいよバカキョン」

キョン「ミスったな……今日は別に読みたい雑誌出てる日じゃないな」
ハルヒ「へぇ」
キョン「もっと気の利いた日に誘えよ。月曜日とか」
ハルヒ「知らないわよ」
キョン「あ、これいいんじゃないか。青いやつ」
ハルヒ「……やっぱあんたセンスないわね」
キョン「なっ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 06:29:25.05 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「あっいす、あっいすー♪」ゴソゴソ
キョン「寒いんじゃなかったのか」
ハルヒ「歩いてたら暖まったわよ。これ食べたい」
キョン「どうぞご自由に」
ハルヒ「…」
キョン「……一個だけな」
ハルヒ「ジュースも」
キョン「それは自分で買え」

キョン「あの店員、なんて言ってた?」
ハルヒ「ありやしたー」
キョン「あざっしたーじゃなかったか」
ハルヒ「うーん……まあ、かろうじて日本語っていうか」
キョン「大変だろうなぁ、こんな夜中まで」
ハルヒ「あっ、あっち公園あるんだった。ほら行くわよ」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 06:33:35.43 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「これね、ハートの形のが入ってるときがあるのよ?」
キョン「知ってるよ」
ハルヒ「賭けない? 入ってたらあたしの勝ち!」
キョン「なにを賭けるんだよ」
ハルヒ「あたしが勝ったら、またこうやって夜中にデートすること」
キョン「へぇ、デートだったんだこれ」
ハルヒ「! さっ、散歩よ! なに自惚れてんのよバーカ!」
キョン「はいはい。まあ、開けてみろって」

パカ
ハルヒ「……ありゃ」
キョン「残念だったな」
ハルヒ「ちぇっ、さすがに三回連続はないか……」
キョン「…」(そういうことか……よかった)
ハルヒ「食べる?」
キョン「貰うよ」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 06:36:27.09 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「口の中で溶かすのが好きなの」
キョン「俺は噛んじゃう派だな」
ハルヒ「邪道よ、邪道」
キョン「そっちこそ」

ハルヒ「キョン何買ったの?」
キョン「ん? ほら。麦チョコ」
ハルヒ「なんで?」
キョン「外で食うと美味いんだよ」
ハルヒ「……?」
キョン「いや、なんでもない」
ハルヒ「あーん」
キョン「あ?」
ハルヒ「これ、一個あげた」
キョン「……ほら」チョイ
ハルヒ「むぐ……一個だけ?」
キョン「等価交換だろ。一個だから一個」
ハルヒ「むー、なんか納得いかないわね!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 06:43:44.69 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「麦チョコって、なんでこうなったのかしら?」
キョン「だれかが麦とチョコを一緒に食べたかったんだろ」
ハルヒ「変な人ね」
キョン「美味しかったらなんでも正解だ」

ハルヒ「……変なの」
キョン「黙って食え。なにげに俺より食いやがって」
ハルヒ「麦チョコじゃないわよ」
キョン「えっ?」
ハルヒ「夜中の公園に、キョンと二人っきり」
キョン「……確かにな。なにやってるんだろうな」
ハルヒ「明日、起きられるかな?」
キョン「たまには遅刻してもいいんじゃないか」
ハルヒ「……一緒に遅刻する?」
キョン「嫌だね。一人でしてろ」
ハルヒ「! こっ、バカ! バカキョン!」バシバシ
キョン「なっ、なんだよ? こらやめろって」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 06:52:33.59 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「星、ちょっとだけ見えるわね」
キョン「そうだな。ほんのちょっとだけ」

ハルヒ「……数えてみてよ」
キョン「数えられるほど少しじゃないだろ」
ハルヒ「あたし右から数えるから、あんたは左から」
キョン「どっからどこまでが右なんだ?」
ハルヒ「えっと、ここから……」
キョン「わかんないって」
ハルヒ「だーかーら、こっからここまでなの」
キョン「わかんねーよ」
ハルヒ「……もう」
キョン「ちょっとだけさ、静かに眺めてみよう。たまにはな……こういうのもいいだろ」
ハルヒ「……首傾けてもいい? 少しだけ眠くなってきちゃった」
キョン「いいよ」
ハルヒ「…」ポフ

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 07:02:38.46 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「…」
キョン「…」

キョン「……いいもんだな、こういうのも」
ハルヒ「うん」
キョン「だけど頻繁に連れ出さないでくれよ? 俺達は学生なんだから」
ハルヒ「……たまにならいい?」
キョン「起きていれば、な」
ハルヒ「だめ。あんたはあたしが電話したら絶対に起きるの」
キョン「そんなこと言われても」
ハルヒ「起きなきゃ怒るわよ。電話したらすぐ起きて……すぐに傍に寄ってくるの」
キョン「……俺じゃなきゃダメなのか?」
ハルヒ「あんたぐらいしか誘わないわよ。他の子は、可哀想でしょ?」
キョン「それもそうだな。俺なら、こういうのも別に構わないさ」
ハルヒ「……ありがと」
キョン「なんだって?」
ハルヒ「んーん、なんでもないわよ」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 07:10:34.17 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「明日、もう休んじゃおっかな」
キョン「不良だな」
ハルヒ「こんな時間に外出歩いてる人に言われたくないわよ」
キョン「お互い様ってやつだな」

ハルヒ「ね? 休みましょうよ?」
キョン「なんで俺まで」
ハルヒ「いいじゃない。一日だけ」
キョン「少しだけ、少しだけっていうのが破滅の始まりなんだぞ?」
ハルヒ「むー……」
キョン「だけどまあ」
ハルヒ「?」
キョン「そういうのも、たまーにならいいかもな」
ハルヒ「本当に?」
キョン「だけど起きる努力はするぞ? どうしても起きられなかったら、そうしよう」
ハルヒ「うん、約束ね」
キョン「起きる気ないだろ」
ハルヒ「あるわよ」
キョン「じゃあこうしよう。まず起きたら互いが互いに電話する。それで起こされたほうの命令を聞く」
ハルヒ「……いいわね。あたしが先なら、一緒に出かけるわよ?」
キョン「いいとも。俺は絶対に定時通り起きてやるから」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 07:15:49.48 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「そろそろ帰ろっか」
キョン「もう満足か?」
ハルヒ「うん。早く帰らないと、親が起きちゃうし」
キョン「送るよ」

キョン「……? どうした、立てよ」
ハルヒ「手をひいて?」
キョン「なんだよ、いい身分だな。よ……っと」グッ
ハルヒ「よいしょ!」ギュウ
キョン「……なんで抱きついてくる。くるしい」
ハルヒ「あんたが力いっぱい引き寄せるから。あたしのせいじゃないわ」
キョン「放れろよ」
ハルヒ「あんたこそ」
キョン「お前こそ」
ハルヒ「名前で呼んでよ」
キョン「ハルヒ」
ハルヒ「……もっかい」
キョン「……放れないと帰れないぞ。ハルヒ」
ハルヒ「うん。でも、もう少しだけ」
キョン「…」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 07:24:23.82 ID:ybi9NC7q0

ハルヒ「それじゃ、また明日……じゃないわね」
キョン「またあとで、だな」
ハルヒ「ちゃんと起きなさいよ」
キョン「そっちこそ」

ハルヒ「あ、上着」
キョン「いいよ。また今度で」
ハルヒ「また今度、午前二時の散歩日和にでも?」
キョン「……そうだな」
ハルヒ「うん」
キョン「約束、忘れんなよ。起きたらまず電話」
ハルヒ「掛けた方の命令を聞く」
キョン「そうだ。それじゃ、おやすみハルヒ」
ハルヒ「おやすみキョン。いい夢見なさいね」
キョン「見る間もなく熟睡だろうよ……ふぁっ」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 07:29:30.54 ID:ybi9NC7q0

キョン「…」
キョン「……くかー……」

ピリリr
キョン「……ん……! し、しまった!」
キョン「はい、もしもし?」
谷口「おいキョン、なにやってんだ。寝坊か?」
キョン「……なんだ谷口か」

谷口「なんだってなんだよ。マジで寝てたのか」
キョン「あぁ、昨日ちょっとな……もう九時かよ」
谷口「涼宮も来てないし、お前らまたあの変な部活でなにかしてたのかよ?」
キョン「んー……近いな」
谷口「だめだ、こいつ完全に寝起きだ」
キョン「まあいい。とりあえず起こしてくれてありがとう」
谷口「そうそう、国木田がお前が貸してくれって言ってたCD持ってきてるってさ」
キョン「あぁ、あれな。あー……うんうん、わかった」

ピッ
キョン「……ねむっ……」
キョン「ハルヒも来てないって言ってたな……うしっ」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 07:36:04.26 ID:ybi9NC7q0

ピリリr……
ハルヒ「……ふぁい?」
キョン「ふぁい? じゃない。何時だと思ってるんだ」
ハルヒ「何時って……!」

キョン「早く出てこいよ。外で待ってるんだから」
ハルヒ「え? 外……あ!」
キョン「おーおー、凄い頭してるな。寝癖かそれ?」
ハルヒ「!!! みっ、見てるんじゃないわよ!」
キョン「なんでもいいけど、約束は約束だからな」
ハルヒ「?」
キョン「電話を掛けたほうの命令を聞くって。忘れたわけじゃないだろうな」
ハルヒ「……し、知らないわね」
キョン「通用しねーよ。いいか、命令するぞ」
ハルヒ「なっ、なによ!?」

キョン「今から五分で降りて来い。いや、十分待ってやる」
ハルヒ「?」
キョン「丁度観たい映画があったんだ。それ以上は待たないからな」
ハルヒ「……あっ、あたしに命令なんてしてるんじゃないわよ! すぐ行くから待ってなさいっ!」

117 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY [] 投稿日:2009/04/17(金) 07:36:51.95 ID:ybi9NC7q0

おやすみ。
またそのうち。

186 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY [] 投稿日:2009/04/17(金) 16:49:47.16 ID:GwbB77390

ttp://www.vipss.net/haruhi/1225382171.html
はっじまっるよー

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 16:53:46.59 ID:GwbB77390

キョン「今日の? 夜中?」
ハルヒ「うん」
キョン「そりゃまあ、寝てるとしか言いようがないけど……」
ハルヒ「あっ……そ、そうだよね」

キョン「なにかあるのか?」
ハルヒ「うん、あのね……散歩したいなって」
キョン「散歩? 夜中に?」
ハルヒ「そういう時間に、起きてるコト少ないし……外に出たことないから」
キョン「へぇ、そうか。そうだよな、ハルヒは二十一時には寝てそうだし」
ハルヒ「ねっ、寝てないよ! もう少し遅くまで起きてるもん。メールしてるでしょ?」
キョン「まあそれはそれとして……散歩ねぇ」
ハルヒ「…」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 16:58:56.24 ID:GwbB77390

キョン「起きてろっていうなら、起きててやるけどさ」
ハルヒ「ん?」
キョン「他の奴はどうか知らないぞ。朝比奈さんとか絶対に二十時には寝てると思う」
ハルヒ「あ……う、うん。そうだね」

キョン「一応聞いてみるか」
ハルヒ「……うん」
キョン「それに今日いきなり夜中に集合って言っても、集まりは悪いと思うよ」
ハルヒ「…」
キョン「だから、まあ……なんていうか」
ハルヒ「?」
キョン「俺だけでいいなら……俺はいつでも付き合ってやれるけど」
ハルヒ「……いいかな」
キョン「仕方なし、だけどな。うん。ハルヒが頼むのなら、しょうがない」
ハルヒ「ふふっ、ありがとう。じゃあまた、夜に電話するね」


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 17:07:27.96 ID:GwbB77390

キョン「……いまだに信じられないよな」
古泉「なにがですか?」
キョン「いやだから、あいつに妙な力があるってのが……うおっ!?」
古泉「いいですねぇ、夜中のデートですか。まあその、問題を起こさない程度にお願いできれば」

キョン「お前は……いつからそこに居た?」
古泉「初めから居ましたよ」
キョン「人の話を盗み聞きするとは、爽やかに見えて結構黒いトコあるのな」
古泉「たまたま通りがかったら、たまたま話が聞こえてきたというニュアンスで捉えてもらえれば」
キョン「うるせぇ」
古泉「それはそうと、別に僕も夜中起きていることは可能ですが?」
キョン「うっ……そ、そうか」
古泉「でも今夜は冷えそうですからね。何も聞かなかったことにして、家で寝ることにします」
キョン「……よくわからん奴だ。お前って男は」
古泉「青春を謳歌するのはいいですが、日のあたらない所には危険が沢山あります」
キョン「?」
古泉「できれば僕に、快適な睡眠時間を提供していただきたいですね。夜中に仕事をするのは結構疲れるんですよ」
キョン「……わかったよ。まかせとけ」


196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 17:13:03.96 ID:GwbB77390

キョン「まったく……ハルヒのこととなると、あいつもすぐに口を出してくるな」
朝比奈「お仕事ですから、仕方ないですよ」
キョン「それもそうか……あぁ、またここに一人」
朝比奈「あたしは二十時になんて寝ませんよ?」
キョン「はい、すいません」

朝比奈「いいなぁ、夜中のお散歩なんて楽しそうです」
キョン「なら一緒に行きますか?」
朝比奈「本気で言ってます? 私、付いていっちゃいますよ?」
キョン「……お任せします」
朝比奈「今日は観たいTVがあるんです。なので、私も聞いてないことにします」
キョン「この時代のTVですか?」
朝比奈「未来のアニメは規制が……! きっ、禁則事項です♪」
キョン「…」
朝比奈「はい。このマフラー貸してあげますね。風邪をひかないように」ポフ
キョン「あぁ、どうも」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 17:28:06.12 ID:GwbB77390

キョン「優しいなぁ……朝比奈さんはさすがだ」
キョン「…」
キョン「そうだ、ポケットに甘いガムが」
キョン「…」
キョン「鞄の中にはブラックサ○ダーがあったな」ゴソゴソ
長門「!」ヒョコ
朝倉「あっ、こら! 長門さん!」
キョン「ほし、そこの二人ちょっとこい」

長門「…」モグモグ
キョン「なんでこう、お前らは盗み聞きが好きなんだ」
朝倉「盗み聞きなんかじゃないわよ。たまたま聞こえてきただけ」
キョン「わかってると思うが……監視するとか、やめてくれよ?」
朝倉「ふふっ、なにか見られたらマズイことでも?」
キョン「どんなときでも誰かに見られてるってのは、嫌なもんだろ」
朝倉「涼宮さんは別? あの子、授業中も結構あなたのコト見てるわよ」
キョン「……長門、何個欲しい?」
長門「十個が相場」
キョン「十五個やる」
長門「私と朝倉さんは、今夜一切の盗聴監視その類の能力の使用を禁止する」
朝倉「あっ、キョン君の卑怯者!」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 17:38:39.49 ID:GwbB77390


―――――

キョン「出てこれるか? ちょうどほら、ハルヒの家の曲がり角んトコ居るけど?」
ハルヒ「うん。ちょっとだけ待っててね」
キョン「そこそこ寒いから、暖かい服装して出てこいよ」

ハルヒ「……おまたせ」
キョン「はい、今晩はいい天気ですね」
ハルヒ「え? あ、う、うん。そうですね。って、なんで敬語?」
キョン「まさかほんとにハルヒが起きてるとはな。もう二時だぞ?」
ハルヒ「起きてるよ。夕方、少しだけ寝たしね」
キョン「眠くないか?」
ハルヒ「うん。大丈夫」
キョン「そっか。それじゃ、適当にうろついてみるかね」
ハルヒ「はい。よろしくおねがいします」
キョン「こちらこそ」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 17:53:32.60 ID:GwbB77390

キョン「ドコに行きたいんだ?」
ハルヒ「うーん……ドコでもいいよ」
キョン「どこでもか……って言っても、どこもかしこもみんな閉まっちゃってるけどな」
ハルヒ「ふふ、そうだね」

キョン「一度もこの時間に外に出たことないのか?」
ハルヒ「ないよ。だって、用がないもん」
キョン「それもそうか」
ハルヒ「キョンは?」
キョン「そりゃあるよ。夏休みとか、暇だろ?」
ハルヒ「あー、悪い子だ」
キョン「うるさいな。ハルヒだって今そうじゃないか」
ハルヒ「あたしはほら、散歩だから」
キョン「関係ないさ。未成年は夜中は寝る、それが常識」
ハルヒ「……なんだかドキドキするね。キョンが傍に居ないと、すれ違う人も怖く見えちゃう」
キョン「おもいっきり走っていいか?」
ハルヒ「だっ、だめ!」


210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 17:57:45.98 ID:GwbB77390

キョン「って言っても、誰もすれ違わないな」
ハルヒ「……みんな寝てるのかな」
キョン「だろうな」

キョン「あ、誰か来た」
ハルヒ「!」
キョン「放れていいか?」
ハルヒ「だめ。キョン君逃げそうだから……」ギュ
キョン「逃げるわけないだろ……」
ハルヒ「…」
キョン「……ほら、別になにもない。ただの通行人さ」
ハルヒ「はー、緊張しちゃった」
キョン「臆病だなぁ」
ハルヒ「……このまま、手つないだままでいい?」
キョン「あぁ、そうしよう。迷子になられても探せないかもしれないしな」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 18:55:11.79 ID:GwbB77390

キョン「寒くないか?」
ハルヒ「うん。大丈夫」
キョン「眠くなったら言えよ。送るから」
ハルヒ「子供じゃないから大丈夫だよ」

キョン「どうかな」
ハルヒ「大丈夫、だいじょ……ふあっ」
キョン「ほら、あくびしてるじゃん」
ハルヒ「し、してないよ? してないしてない」
キョン「したよ。口でっかくあけてさ?」
ハルヒ「してませんー」
キョン「まったくハルヒは……くあっ……」
ハルヒ「キョン君もだ」
キョン「俺のこれは、アレだ。脳の背伸び」
ハルヒ「ふふっ、よくわかんない」
キョン「お互い様さ」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 19:10:48.80 ID:GwbB77390

キョン「道が二つになってるな」
ハルヒ「……こっち」
キョン「あれ、俺はこっちかと」

ハルヒ「じゃんけんで決めよっか」
キョン「いいぞ」
ハルヒ「じゃーんけーん……ほいっ」
キョン「ほら俺の勝ち」
ハルヒ「あーあ……負けちゃった」
キョン「ハルヒはさ、じゃんけんすると絶対チョキだすよな」
ハルヒ「え? そうなの?」
キョン「おう」
ハルヒ「ちょっと、卑怯だよそれ。もっかい、もーいっかい」
キョン「嫌だね。次から気をつけな。ほら、行くぞー」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 19:16:24.26 ID:GwbB77390

キョン「あれ、こんなところにコンビニあったっけ」
ハルヒ「最近出来たんだよ」
キョン「へぇ、そうなんだ」

キョン「……そっか、今日は読んでる雑誌の発売日だった」
ハルヒ「どれ?」
キョン「ほら、これだよ」
ハルヒ「あー知ってる」
キョン「ちょっと読んでてもいいか?」
ハルヒ「うん」

キョン「…」
ハルヒ「……ココ行ってみたいな」
キョン「ん?」
ハルヒ「ほら。観覧車があるんだって」
キョン「へぇ……結構近いな。休みの日にでも行ってみるか」
ハルヒ「うん!」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 19:28:07.71 ID:GwbB77390

キョン「なに買おうかな……あぁ、これいいな」
ハルヒ「麦チョコ?」
キョン「なんか食べたくなったんだ」
ハルヒ「おいしいよね」
キョン「ハルヒはなにか欲しいのあるか?」
ハルヒ「えっと……」

キョン「麦チョコとアイス」
ハルヒ「ジュースにグミに……遠足みたいだね」
キョン「夜空のピクニックか。なんか似た名前の本があったような」
ハルヒ「読んだことあるよ。学校の行事で長い道を皆で歩くの」
キョン「へぇ、そうなんだ? 状況は全然違うんだな」
ハルヒ「……でも、あたしは今日のこれのほうが楽しいな」
キョン「そうかもな」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 20:08:57.53 ID:GwbB77390

キョン「河原にベンチがある所があったっけ」
ハルヒ「えっと……あっちかな」
キョン「そこを目的地にしよう。そこで休んで、散歩終わり」

ハルヒ「車は走ってるね」
キョン「たとえ夜中でも、行動する人はするさ」
ハルヒ「…」
キョン「車の免許ってのもいいかもな」
ハルヒ「夜中のドライブ?」
キョン「楽しそうじゃないか?」
ハルヒ「そのときは呼んでね。あたしも付き合うよ」
キョン「そうだな。一番最初に誘ってやるさ」

274 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY [] 投稿日:2009/04/17(金) 22:38:04.36 ID:GwbB77390

キョン「ハルヒと歩いてるときはさ」
ハルヒ「うん?」
キョン「空がいつも晴れてる気がするな」
ハルヒ「そう……かな」

キョン「雲一つみえないじゃないか」
ハルヒ「うん……そうかも」
キョン「さすがだ」
ハルヒ「?」
キョン「晴れろって思えば、晴れるもんなんだよ」
ハルヒ「ほんとに?」
キョン「あぁ」
ハルヒ「なら……そうなのかもね」
キョン「そうだな」

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 22:40:29.98 ID:GwbB77390

キョン「あった。ほら、ベンチ」
ハルヒ「ほんとだ」

キョン「ほら、座れって」
ハルヒ「キョン君も」
キョン「もちろん」
ハルヒ「アイス、ちょっと溶けちゃったかな」
キョン「こいつは溶けかけが美味いんだよ。もっちりしてて」
ハルヒ「一個ずつ?」
キョン「なんだよ、二個とも食べたいのか?」
ハルヒ「そっ、そんなことないよ!」
キョン「じゃあ俺が二個とも貰うよ」
ハルヒ「あっ、こら。キョン君の欲張りー」

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 22:49:37.21 ID:GwbB77390

ハルヒ「指についちゃった」ペロッ
キョン「なんだよ、行儀悪いな」
ハルヒ「だってクリームが」
キョン「ほっぺにも、付いてる」スッ
ハルヒ「……ほんとだ」

キョン「どうですか、真夜中のお散歩は?」
ハルヒ「どきどきして、ワクワクして……上機嫌です」
キョン「そいつはよかった」
ハルヒ「歩いてると少しだけ暑くなっちゃった」
キョン「俺も。もうマフラー外そうかな」
ハルヒ「あ、じゃあこっち向いて?」
キョン「?」
ハルヒ「お召し物をお預かりしますよ?」スルッ
キョン「なにやってんだよ……うん、ありがとう」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 22:52:49.70 ID:GwbB77390

ハルヒ「……水面が光ってるね」
キョン「同じ数だけ、空にも浮かんでるよ」
ハルヒ「ほんとかな? 数え切れないからわからないかも」

キョン「こうして水の上で光ってる星のなかにさ」
ハルヒ「?」
キョン「いくつか偽物があったとしても……わかんねーよな」
ハルヒ「うん」
キョン「もしかすると、浮かんでる星も全て偽りなのかも」
ハルヒ「……それを見てる、あたしとキョン君は?」
キョン「互いが互いを本物だと思ってるなら、本物なんだろうよ」
ハルヒ「よかった。じゃあ本物だ」
キョン「おう」

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 22:58:00.62 ID:GwbB77390

キョン「一時間以上もウロウロしてたんだな」
ハルヒ「眠くない?」
キョン「どうだろ……少しだけ眠いかな」

ハルヒ「ごめんね。あたしのわがままで」
キョン「俺も楽しんでるから、大丈夫さ」
ハルヒ「眠る?」
キョン「ここで?」
ハルヒ「……膝枕、してあげよっか」
キョン「…」
ハルヒ「お礼」ポンポンッ
キョン「よ……っと。重くないか?」
ハルヒ「うん、大丈夫。首、痛くない?」
キョン「もちろん。いい枕だな、ここは」

287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 23:19:15.41 ID:GwbB77390

キョン「……ほんとに眠っちゃいそうだ」
ハルヒ「いいよ、寝てても」
キョン「そういうわけにもいかないな」
ハルヒ「? なんで?」
キョン「せっかくハルヒと一緒なんだ。話してたいってこと……かな」
ハルヒ「……かっ、顔見ながら言わないでよ、もぅ……うん」

キョン「ハルヒ、綺麗な目してるよな」
ハルヒ「そう? でも、キョン君も」スッ
キョン「……しっかり写ってるな。ハルヒの瞳の中に、俺が居る」
ハルヒ「キョン君の目にも、あたしが居るね」
キョン「覚えとくといいさ、俺にはハルヒはこうやって写ってるんだ」
ハルヒ「……一緒」
キョン「…」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 23:23:24.67 ID:GwbB77390

キョン「よいしょ、ありがとう」
ハルヒ「? もういいの?」
キョン「交代しよう。今度はハルヒの番だ」
ハルヒ「あ……でも」
キョン「なんだよ、いいじゃないか。俺も膝枕、してみたいし」

ハルヒ「膝枕じゃなくてもいい?」
キョン「ん? なにがいいんだ?」
ハルヒ「膝枕じゃ、少しだけ遠いから……肩」
キョン「ほら、寄っといで」クッ
ハルヒ「失礼しますっ」
キョン「……ほっぺ冷えてるじゃん。寒いか?」
ハルヒ「ううん、暖かい。寒くないよ」
キョン「そっか」

290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 23:29:11.53 ID:GwbB77390

ハルヒ「なんだかツキナミだけどさ」
キョン「うん」
ハルヒ「こんな時間にこんなところでこうしてると……」
キョン「…」
ハルヒ「ほんとうにこの世界に、あたしとキョン君だけになっちゃってるみたい」

キョン「そのほうがいいか?」
ハルヒ「うーん……どうだろ」
キョン「ハルヒがそれでいいなら、いいのかもしれないぞ?」
ハルヒ「……ちょっとだけ、嫌かな」
キョン「そっか」
ハルヒ「こうやってたまに一緒に居られるから、その時間を大切に思えてくるかなって」
キョン「そのわりには、結構頻繁に傍に居る気がするけどなぁ」
ハルヒ「えっとね、気のせい?」
キョン「うそつけ」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 23:44:37.41 ID:GwbB77390

キョン「こうして宇宙を見上げてると、宇宙人ってのもどこかにいるのかもしれないって思えるな」
ハルヒ「うん。あたしはちゃんと居ると思うよ、宇宙人」
キョン「……ハルヒはそういうの大好きだもんな」

ハルヒ「最近、こう考えるんだ」
キョン「?」
ハルヒ「宇宙のどこかに、あたしたちと全く同じことをしている星があるの」
キョン「同じ星?」
ハルヒ「そこはね、あたしができなかったことを……選ばなかった選択肢を選んだりするの」
キョン「平行世界って、ことかな」
ハルヒ「その世界のあたしは蒼茫なんかじゃなくて、いつも忙しそうになにかを探してるんだ」
キョン「…」
ハルヒ「ちゃんとキョン君や有希ちゃん達も居て……」
キョン「今のハルヒとは、全く違うハルヒの世界なわけだな」
ハルヒ「……そこでも、キョン君はあたしの傍に居てくれてるかな?」
キョン「もちろんいるさ。俺はハルヒがどうなろうと、ハルヒの隣に居るはずだ」
ハルヒ「……そうだね。あたしもなんか……居てくれる、気がする」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 23:53:05.16 ID:GwbB77390

キョン「そろそろ帰ろうか。疲れただろ?」
ハルヒ「うん……まぶたが重くなってきた」
キョン「帰られるだけの体力は残ってるのか?」
ハルヒ「んー、頑張ってみます」
キョン「おーおー、頼もしいなぁ」

キョン「帰る前に、アレやってみるか」
ハルヒ「?」
キョン「いやほら、明日も天気がいい日になるようにだ」
ハルヒ「あ、うん。そうだね」
キョン「俺とハルヒで願うと、なんでも叶っちゃうもんな」
ハルヒ「……キョン君から」
キョン「いいよ」
ハルヒ「明日も一日、幸せでいられますように……ん」


299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/17(金) 23:57:42.08 ID:GwbB77390

朝倉「あーあ、つまんないわね」
長門「?」
朝倉「今頃あの二人、あーんなことやこーんなことを……」
長門「…」モッシャモッシャ
朝倉「あっ! 私の分まで食べたわね? バターサンド……もぅ、あんまり買ってないのに」
長門「美味」ポロポロ
朝倉「食べてから喋りなさい。零してる零してる」フキフキ

長門「…」
朝倉「ほんとに、幸せそうな二人よね」
長門「…」コク
朝倉「とてつもない力を持ってる涼宮さんも……キョン君のおかげでそれを抑えられてる」
長門「?」
朝倉「一人で願うより、二人で願うほうが叶う気がするでしょ?」
長門「……あなたも願うべき」
朝倉「? なにを」
長門「シュークリームのクリームが、パンパンにつまることを」
朝倉「それ以上食べたら口を縫合するわよ。んもう、寝なさい」

300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 00:02:15.70 ID:6zVnevdv0

キョン「うし、到着」
ハルヒ「んー……」
キョン「おーい、起きてるか?」
ハルヒ「んん……うん」

キョン「また明日な」
ハルヒ「昼過ぎまで寝てるかも……ふぁっ」
キョン「休日だし、それでもいいんじゃないか?」
ハルヒ「でも、ほら……うーん、頭回らないや」
キョン「また起きたら電話するよ、なければしてくればいい。映画でも見に行こう」
ハルヒ「うん。お願いしたから、いい天気になってると思うしね」
キョン「それじゃ、またあとで。おやすみハルヒ」
ハルヒ「最後に……ぎゅーっ……ん。バイバイ、キョン君。おやすみなさい」

301 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY [] 投稿日:2009/04/18(土) 00:03:21.34 ID:6zVnevdv0

計画性のあるカップルと
計画性のないカップル。どっちにしろ、この二人ならどちらもいい感じだろうなぁ。

それじゃ、またそのうちに。
ノシ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「ミリオンゴッドを打ってきた」