キョン「なんて事だ。まさかこんな事になるとは…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:スネーク「こちらスネーク、タマムシシティ郊外に到着した」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 17:17:28.57 ID:DO8Y0mbs0

キョン「まさか……まさか

       >>3なことがおきるとは」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 17:18:28.19 ID:6ZsuUqEa0

キングクリムゾン!

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 17:23:55.55 ID:DO8Y0mbs0

ディアボロ「キング・クリムゾン!!!」

目の前でわけのわからん戦いが繰り広げられている。

ジョルノ「ナランチャ――――ッ!!!!」

ナランチャが死んだのか?いやどうでも良いが…

古泉「まったく困ったことになりました。」

!?

なんだお前か、驚かせるな。

古泉「貴方のせいですよ、ジョジョなんで貸すから…」

俺のせいかよ。

しかしここでこうしてても仕方ない。どうしようかな

>>10

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 17:27:25.37 ID:xT2apGIQO

とりあえず部室でハルヒにキス

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 17:30:56.45 ID:DO8Y0mbs0

とりえず部室でハルヒにキスしよう

古泉「は?」

何か言いたそうだな

古泉「ええ、ここは知ってのとおり涼宮さんの願望が歪な形で実現した世界d

キョン「だまれ、これは夢だ。覚めれば元通りだ。昨日枕の下に五部を入れたからそれでだろう」

古泉「あっは、これは一本とられましたよ」

次の日


カチャ

キョン「よう、なんだ今日はまだお前だけか。」

ハルヒ「あたしだけだと何か悪いっての?ごちゃごちゃ言ってないでさっさと座りなさいよ。」

直に皆来るわよ。と息巻いてパソコンに向き直るハルヒ。
しかしまあ機嫌が良くても悪くても口の悪い奴だ…

さてどういうタイミングで仕掛けるかな>>13

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 17:34:57.00 ID:cJdc9WJp0

デレたタイミングを見計らって

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 17:36:46.84 ID:DO8Y0mbs0

…デレたタイミングを見計らってやってみるか。



10分後

ハルヒ「ほらさっさとしなさいよ!!」

キョン「それなりに急いどるつもりだ」

ハルヒ「口答えしない!あたしがお茶ったら1分で出すの!みくるちゃんなら出来てるわ!」

そんな無茶な。

それにしても一向にデレる気配がないのだがどうしたら
>>16

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 17:39:35.47 ID:lFwxiuB1P

……ハルハル、愛してるぜ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 17:42:06.25 ID:DO8Y0mbs0

キョン「…ハルh…はr、ハルh…///」

ハルヒ「…はあ?」

いかんいかん。

…しかしくそ、これは恥ずかしいぞ。

…いや俺は今キョンではない。そう別人格、イケメンだ、イケメン人格を呼び覚ます…




キリッ

キョン「……ハルハル。」

ハルヒ「はあッ!?」ビクッ

キョン「…愛してるぜ」

ハルヒ「はっ?…へ、ぁぇ……ええう!?…えっ、ちょ…ま…え!?」

何か分からんが顔の前で手をバタバタさせとる。顔、赤いぞ。

しかしこれはどうしたものか


>>20

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 17:45:10.71 ID:4hFCCwuQ0

古泉を犯す

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 17:47:09.30 ID:DO8Y0mbs0

キョン「…そうだ、古泉だ」ガタッ

ハルヒ「……あ、あのね…キョン。…その…そう、そうよ。まああたしも…あ、あ、愛しt」

キョン「ちくしょう!どこに居るんだ古泉!!」ダダダッ

ハルヒ「えっ」


キョン「はあ…はあっ…古泉…もう辛抱たまらん…!!!」

古泉はどこだ!!!
>>25

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 17:50:39.61 ID:4hFCCwuQ0

キョンの後ろ

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 17:52:55.10 ID:DO8Y0mbs0

ハルヒ「待ちなさいよ!!!!」

ハルヒか、すまん。お前とのキスなぞもはやどうでも良いんだ。
そんな事より今は古泉だ、古泉を犯さねばならん

ハルヒ「…いいわ、だったら教えてあげるわよ。古泉くんはあんたのうしろよ!!」

何ッ!!?

古泉「あはっ、バレてしまいましたか」

キョン「こ、古泉…」

古泉「キョンたんの方から僕をお求めになるとは…んふ、オマカセください、ところてんって知ってますか?まずは」

キョン「まて古泉ツッコむのは俺のh…やめろおい!!!やめっ…あ、アナルだけは!アナルだけは!!」

古泉「ふんもっふ!!!」

キョン「アッー!!!」


BAD END



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「キョン、中日対ヤクルトのCS第五戦が始まるよ」