古泉「ふぇぇ…」みくる「これは困りましたね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ち、近寄るな! 化け物!」

ツイート

1 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2010/07/02(金) 13:00:52 ID:BMzet0v.O

キョン「つまり、体が入れ替われってるって事か」

みくる「ええ、そのようです」

3 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2010/07/14(水) 17:07:35 ID:IyaVtwcY0

古泉「でもこのままじゃいやですぅー。男の子の体なんて気持ち悪いですぅ。」

朝比奈さんが古泉の声で・・・、これは相当きついな。

みくる「どうしてこうなったんでしょうね。」

古泉「さっき古泉くんとぶつかったからかなぁー?」

キョン「それはマンガとかでよくある人格入れ替わりってやつだな。 やれやれ、面倒なことになっちまったな。」

長門「おそらくその通り朝比奈みくると古泉一樹は午後4時35分に廊下で衝突し、3分前にこのような状態になった。」



>>1ではないです。
初ですがこんな感じでいいですか?よければ続きを書きますけど・・・。
あと書き溜めはしてないので。

4 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2010/07/14(水) 21:25:17 ID:IyaVtwcY0

誰も居ないのか・・・。まぁいいや書こう




キョン「やっぱりか。でもどうやったら戻るんだ?」

長門「今のところ分からない。それよりも涼宮ハルヒの接近を確認。なんとかごまかすしかない。」

古泉「じ、自信無いけどがんばります。」

みくる「なんとかごまかしましょう。あなたもフォローしてくださいね。」

キョン「ああ」

がちゃ、ばたん!

ハルヒ「みんなおまたせー!遅れてメンゴメンゴー!」

5 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2010/07/14(水) 21:37:26 ID:IyaVtwcY0

キ長朝古(きた!)

ハルヒ「みんなーー今日は第23回SOS団弁論大会をするわよ!」

キョン「なんだそりゃ、聞いたことねぇぞ。なにするんだよ。」

ハルヒ「まったくキョンは相変わらずバカなんだから。よーく聞きなさい。これはみんなで議題に沿って言いたいことを言い合う大会よ!いちばん納得できる意見を言った人が優勝。分かった?」

キョン「ああ(また面倒なことを)」

ハルヒ「それじゃ、早速いくわよ!今日の議題は・・・」

6 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2010/07/14(水) 22:29:08 ID:IyaVtwcY0

ハルヒ「決まったわ!『人はなぜ存在するのか』よ!結構難しいけどね。じゃあ・・・まず有希から!」

長門「分かった。では、人間が存在しはじめたのは紀元前約一万年前のこと、そのとき、初めての人類、猿人が誕生した。そこで存在する意味と言うのは、地球をつくるため。つまり、地球を充実させ、繁栄させるために進化したものの一種。それにおいても最高値の知能をもっている。 これが私の意見。」

キョン(長門らしいな)

ハルヒ「つぎは古泉君!」

古泉「は、はいぃ、えと、そのぉー、そ、そう、神様の気まぐれ?で、でしょうかね。」

キョン(あぁー朝比奈さん!やばいです!バレますよ!)

ハルヒ「どうしたの古泉君。具合悪いの?今日はもう帰る?」

キ長み古(ラッキー)

古泉「ではそうさせていただきまぁ〜すぅ〜。それではみなさんさようなら。」ノシ

バタン!

7 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2010/07/14(水) 23:09:48 ID:IyaVtwcY0

ハルヒ「大丈夫なのかしら古泉君。ちょっと様子がおかしかったわね。まあいいわきっと疲れてるんでしょう。つぎはみくるちゃん!」

みくる「は、はぁーい。私の意見は、その人間っていいなぁと思いましゅでしゅ。」

キョン(古泉、お前趣旨から外れてるし普段朝比奈さんをどう思ってるか分かったぞ!元に戻ったら覚えておけ・・・《怒》)

ハルヒ「みくるちゃんらしいわね!でも笑顔が引きつってるわよ?」

みくる「そんなことないでしゅよ。アハハ〜(汗)。」

長門(空気)

キョン「次は俺か・・・。しかたないな。」

ハルヒ「キョン!あんたどうしたのわかってるじゃない!珍しいわねー!明日は雹かしら?」

キョン「失礼だな。まぁ本題に入るか。人間ってのはなぁ自分達の勝手で生きてるんだ。存在の意味なんてない。俺はそう思っている。」

9 名前:にょろーん名無しさん[] 投稿日:2010/07/15(木) 20:36:06 ID:ERHtJuJI0

みくる(面白いですね。どうでしょうか。)

ハルヒ「なかなか面白いけど、やっぱりあたしの意見が最高ね。」

キョン「なんだ?」

ハルヒ「それはね、みんなあたしを満足させるために生きてるのよ!もちろんキョン、あんたもね。」

キョン(とんだ自己中だな)

みくる「す、すごいですぅー。」

ハルヒ「やっぱりね!それとさっきからみくるちゃんの笑顔が引きつってるのが気になるんだけど。気のせいかしら?」

10 名前:アホの坂田[] 投稿日:2010/07/15(木) 22:53:02 ID:ERHtJuJI0

単発ですみません。 書きだめしてないもので・・・

みくる「そんなことないですよ〜。」

ハルヒ「まぁいいわ。あたしはもう帰るから。あと、戸締まりよろしく!そんじゃ!」

バタン!

みくる「ふぅ〜、助かりましたね。 それよりこれからどうします?朝比奈さんを呼びましょうか。」

長門「そうした方が良い。あと私はくうk みくる「もしもし朝比奈さん?こちらへきてくださいませんか?これからのことを少々お話したいもので。 あっ、はい。ではお願いします。」

・・・5秒後

古泉「こんにちはーですぅ〜。」

キョン「早っ!!どうやって来たんですか?」

古泉「禁則事項です☆」

キョン(うわーその体と声で言われても・・・これは早急に戻す必要があるな。これでは俺の胃がもたん。うっぷ)

長門(キモイ)

みくる「ではみんな揃ったことですし、早速はじめましょう。長門さん、どうすればいいんでしょうか。」

長門「それはもうマンガでよくあることだから分かるはず。」

古泉「たしか・・・ぶつかったとき以上の衝撃を加えればいいんでしたっけ。」


とりあえずここまで あとコテハンつけました

11 名前:アホの坂田[] 投稿日:2010/07/15(木) 23:34:41 ID:ERHtJuJI0

長門「そう。」

キョン「でも、どうやるんだ?」

長門「それは簡単。いまここでぶつかれば良い話。頑張って。」

キョン「・・・だそうだ。大丈夫ですか、朝比奈さん。」

古泉「が、がんばります。」

キョン「テメェに聞いてn・・・って、すみません朝比奈さん。間違えました。」

みくる「僕は大丈夫ですよ。」

キョン(くそ、朝比奈さんの見た目と声では怒るに怒れない。)

みくる「では準備はいいですか?」

古泉「は、はい。大丈夫ですぅ〜(泣)」

キョン「うう・・・」

み古「せーの!」

ゴン!!(中山)

みくる「うぅ〜痛いですぅ〜。」

古泉「少々痛いですが、どうやら元に戻ったようですね。」

長門「成功。祝福する。」

キョン「よかったですね朝比奈さん。」

みくる「はい!あんな男の体なんてもうごめんですぅ〜。」

古泉「・・・」

12 名前:アホの坂田[] 投稿日:2010/07/15(木) 23:42:03 ID:ERHtJuJI0

・・・そのころハルヒ宅


ハルヒ「うーん、今日の古泉くんとみくるちゃんは変だったわね。なんか二人が入れ替わってるような感じだったわね・・・。ハッ!古泉くんとみくるちゃんが入れ替わったら面白そうじゃない!・・・なーんてこと考えても意味無いか。そんじゃ、もう寝よっと。」

13 名前:アホの坂田[] 投稿日:2010/07/15(木) 23:51:27 ID:ERHtJuJI0

これで最後です。


翌朝・・・

キョン「はあぁ〜?また入れ替わった〜?またぶつかったのか。」

みくる「それが違うんです。今度は涼宮さんの願望により、です。」

キョン「もう勘弁してくれーーー!!!!!」

Happy end





キョン「なーにがハッピーエンドじゃー!もうやめてくれぇーー!!!!」


ここまでどうもありがとうございました。 初めてなので誤字脱字などあるかもしれませんが、ご指摘、感想などをお願いします。
これからに役立てますので。
それではアホの坂田の次回昨にご期待ください。 そんじゃ!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:雷「青葉ショッピング?」