キョン「ハルヒの家がごみ屋敷?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:雷「ワン!」響「チャフチャフ」金剛「bow-wow!」加賀「にゃん」

ツイート

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 01:13:21.97 ID:wnvv2vGWO

ハルヒ「有希んちっていつ来てもきれいね!」

長門「そう」

キョン「コラ、ハルヒ、暴れるんじゃない」

ハルヒ「塵一つ落ちてないわ。有希んちと比べたら私の家はゴミ屋敷ね!」

キョン「えっ」

ハルヒ「なに驚いてるのよジョークよジョーク」

キョン「いやマジで引くわ……」

長門「ユニーク」

ハルヒ「えっ、ちょっと、ちが……」

キョン「うわそう言えばなんか臭い……!」

長門「嘔吐の許可を」ゲボゲボ

ハルヒ「違うわようちはゴミ屋敷じゃないわ!有希も吐いてんじゃないわよ!」

キョン「近寄るな頭が痛い、涙も止まらん」

長門「私の家から出て行って欲しい」

ハルヒ「違うわ!私は庭で糞尿を煮詰めているだけよ!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 02:24:33.77 ID:wnvv2vGWO

キョン「おい古泉」

古泉「なんでしょう」

キョン「ハルヒが家で糞尿煮詰めてるって本当か」

古泉「おや、知らなかったのですか?」

キョン「知りたくもなかったがな」

古泉「毎日丹念に煮詰めてらっしいますよ」

古泉「自宅の糞尿の他に土日の早朝に繁華街で吐瀉物も集めておられるようです」

キョン「几帳面だな」

古泉「そうだ、今度森さんの送別会をやるんですが貴方もどうです?参加しませんか」

キョン「森さんどっかに行くのか」

古泉「はい、涼宮さんの自宅周辺の監視を命じられましてね。臭いが酷すぎて普通2、3日で入院してしまいます」

キョン「機関の病院大繁盛じゃないか」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 02:56:11.23 ID:wnvv2vGWO

キョン「興味本位でハルヒの家に行くことになった」

朝比奈「ふぇ〜なんかもうくさいですう〜」

長門「これを」

キョン「マスク?」

長門「涼宮ハルヒの自宅庭から発生する毒ガスを60パーセントほどシャットアウトするシールドが展開される」

キョン「100パーセントじゃないのか」

長門「無理だった。毒ガスが強力過ぎるのが原因」

古泉「あまり呼吸をなさらないように。森さんからの伝言です」

長門「危険区域に入った。マスクを」

キョン「うぇっ……ハルヒの臭いがする……」

朝比奈「」ガボガボ

キョン「まずい!朝比奈さんがゲロ吐いてマスクが付けられない!」

古泉「残念ですが危険です。今回は撤退しましょう」

長門「推奨する」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 03:08:17.73 ID:wnvv2vGWO

部室

キョン「ハルヒは今日は来ないそうだ」

古泉「当然ですね。明日は祝日ですから」

キョン「ゲロ拾いの準備か」

古泉「その間涼宮さんの精神は非常に安定しますから我々としても一安心といったところです」

朝比奈「涼宮さんの使った湯飲みがくさいですう〜」

キョン「うわっ、汚い」

古泉「おっと、森さんのお見舞いの時間ですのでお先に失礼します」

キョン「森さんの具合はどうだ」

古泉「毎日何かに取り付かれたようにリセッシュしてますよ」

キョン「そうか、じゃあこれ持ってけ。詰め替え用」

古泉「ありがとうございます」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 03:18:03.38 ID:wnvv2vGWO

教室

ハルヒ「ねぇキョン」

キョン「なんだハルヒ」シュッシュッ

ハルヒ「振り向き様にリセッシュするの止めなさい!」

キョン「仕方ないな」シュー

ハルヒ「ゴホッゴホッ!8x4も禁止!」

キョン「消臭力だけじゃたりないんだよ!」

ハルヒ「うるさいわね、それより今週の不思議探索は動物園いくわよ」

キョン「ほう、普通の高校生としては悪くない選択だな」

ハルヒ「動物園で糞尿は貰えないかしら」

谷口「WAWAWA忘れヴぉッ!ヴォホッ!」オロロロ

国木田「先生!谷口が涼宮さんの臭いでゲロ吐きmゴボボ」ベチャベチャ

ハルヒ「……」チラッチラッ

キョン「欲しそうな目で見てるんじゃない」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 03:24:56.73 ID:wnvv2vGWO

教室

キョン「今日はハルヒは休みか」

キョン「何というすがすがしい空気」

岡部「今日は涼宮はインフルエンザで休みだ」

岡部「キョン、プリント涼宮に届けてくれ」

キョン「えっ?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 03:28:15.81 ID:wnvv2vGWO

部室

キョン「緊急事態だ」

古泉「いかがなされました?」

キョン「俺はインフルエンザで休んだハルヒにプリントを届けなくてはならない」

朝比奈「ご愁傷様ですう〜」

古泉「死にに行くようなものですね」

キョン「どうしよう、涙が止まらないのだが」

長門「任せて」

キョン「!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 03:33:53.40 ID:wnvv2vGWO

キョン「長門が代わりに行ってくれるのか!助かった!」

長門「違う。これ」スッ

キョン「こないだのマスクか」

長門「対涼宮用ガスマスク、ver.2になって99パーセントカット」

キョン「おお!これで勝てるな!」

古泉「それなら僕らもご一緒しましょう」

朝比奈「私もついて行きますう」

キョン「分かりやすい連中だな」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 03:39:53.11 ID:wnvv2vGWO

キョン「みんな付けたか」

古泉「」グッ

朝比奈「」グッ

長門「」グッ

キョン「よし出発だ」

―――――

古泉「この先を右にまがrブシャーッ!!」ビチャビチャ

キョン「古泉が血を吐いた!」

長門「うかつ……!こちらが改良しているうちにあちらもバージョンアップしていた……!」

朝比奈「目と耳からも血が出てmブシャーッ!!」ベチャベチャ

キョン「朝比奈さん!」

長門「このままでは全滅……!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 03:46:20.80 ID:wnvv2vGWO

長門「避難すべき」

キョン「でもプリントを渡さないtゴボッ」

長門「あなたの体も限界」

キョン「……大丈夫だ。俺はハルヒの前の席だぞ?こんなの教室では日常茶飯事だぜ!」

長門「眼球の毛細血管が膨張している。あと保って2分」

キョン「2分あれば十ぶ……ゴクリ、古泉と朝比奈さんを頼む」

長門「死なないで」ゲロゲロ

キョン「ゲロ出てるぞ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 03:54:28.64 ID:wnvv2vGWO

ピンポーン

『はい』

キョン「あの、北高の、キョ、キョンです!プリンtぉぇっ!プリントを!」

ハルヒ『あらキョンだったの。今出るわ』

ガチャ

ハルヒ「ご苦労様ね」

キョン(しまった!リセッシュも8x4もない!)

キョン「元気そうで何よりだ」ピクピク

ハルヒ「なんか辛そうね、アンタもインフルエンザ?」

キョン「ちがっ……お、俺……元気……!」プルプル

ハルヒ「そんなわけないわ!ちょっとうちで休んで行きなさいよ!」グイグイ

キョン「死……にた……ない……死にたく……いよぉ……」シクシク

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 04:04:20.94 ID:wnvv2vGWO

ハルヒ「マスクに血が染みてるわ!」

キョン「離してっ……離してっ……」じょわわわ

ハルヒ「大変!失禁してるわ!」ゴクリ

ハルヒ「早く庭へ!」グイグイ

長門「待って」プルプル

ハルヒ「有希!」

長門「彼はインフルエンザではない。内臓を酷く損傷している」プルプル

長門「早く病院へ連れて行くべき」プルプル

ハルヒ「でも失禁してるわ」

長門「それは病院へ行かない理由にはならない」プルプル

長門「早く病院へぁ……」ブシャブシャ

ハルヒ「ウヒョーッ!!有希のうんこ有希のうんこっ!!」

長門「……」シクシク

ハルヒ「早くキョンを病院へ連れてってあげて!私はここを片付けておくから!」

長門「……」シクシク

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 04:15:43.44 ID:wnvv2vGWO

ハルヒ「そうだ。プリントって何だったかしら」

ハルヒ「保健だより『インフルエンザにご注意』か、意味ないわね」クシャクシャポイ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 04:18:18.93 ID:wnvv2vGWO

ピッピッピッ

長門「気が付いた?」シクシク

キョン「ん……ここは?」

長門「病院。貴方はこの5日間眠り続けていた」シクシク

長門「貴方は涼宮ハルヒに接近しすぎたせいで鼻の粘膜を焼き切られた」シクシク

長門「更に毒ガスは肺を犯してひいては脳に大きなダメージを与えた」シクシク

長門「更に毒された空気を含んだ血液は体中を駆け巡り貴方の体はボロボロ。生きているのが奇跡」シクシク

キョン「そうか……、で長門は何故泣いているのだ?」

長門「毒ガスのせいとは言え、排泄物を公衆の面前で垂れ流してしまった」シクシク

キョン(ああ、長門も人間らしい心を手に入れ始めたんだな)しみじみ


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 04:28:52.99 ID:wnvv2vGWO

キョン「泣くことないさ、お前は俺や朝比奈さんや古泉を救ってくれたじゃないか」

長門「古泉一樹は眼球が破裂し、片目を失った」シクシク

長門「朝比奈みくるは前頭葉を酷く破壊され、今も言語が不安定」シクシク

長門「そして貴方は嗅覚を失った」

キョン「ははっハルヒに近づきすぎた報いさ」

長門「また前立腺を失い、海綿体もズタズタ。今後一切勃起しない」シクシク

キョン「」

長門「陰嚢も腐敗していたので切除された」

キョン「」

長門「ちなみに乳首も取った」

キョン「」

長門「でも包茎はそのまま」

キョン「」

ハルヒ「やっほー!お見舞いに来たわよー!!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 04:43:38.72 ID:wnvv2vGWO

キョン「オェェエエエエエ!!オェェエエエエエ!!」ゲボゲボゴポァ

ハルヒ「人の顔を見て吐くなんて失礼ね!死刑にするわよ!」ドキドキ

キョン「殺してくれーっ!頼む!情けをくれーっ!」バタバタ

古泉「ご安心を。涼宮さんはあなたが眠ってる間、実に5日に渡って消毒、殺菌、消臭しました」

キョン「ウーッ!ウーッ!」ギリギリ

古泉「ハッ!舌を噛んでいる!」

長門「彼は今PTSDによるフラッシュバックでパニックにおちいっている。また日を改めて出直して欲しい」

ハルヒ「分かったわ!あと汚れたシーツを渡して頂戴、片付けておくわ!」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 04:51:26.33 ID:wnvv2vGWO

長門「大丈夫、落ち着いて。今涼宮ハルヒは朝比奈みくるの病室にいる」

長門「涼宮ハルヒは最近、朝比奈みくるの零す唾液に夢中。一端集め始めたら一時間は戻ってこない」

キョン「ヒィ……ヒィ……」

古泉「あなたほどの方も再起不能とは……」

キョン「もうだめだ……俺はパブロフの犬だ……アイツの顔を見ただけでゲロがこみ上げてくる」

古泉「それでは涼宮さんの思う壺ですよ。その吐瀉物の臭いを嗅ぎつけてハイエナのようにやってきます」

キョン「誰かこの地獄を止めてくれ……」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 04:55:23.53 ID:wnvv2vGWO

ハルヒ「はいみくるちゃん!よだれ拭きましょう!」グイグイ

朝比奈「ふぇあ……」ボタボタ

看護婦「あら涼宮さん、毎日大変でしょう、ありがとうね」

ハルヒ「不思議ね!私こういうの全然イヤじゃないわ!」

ハルヒ「私将来介護士になろうかしら、多分才能あるわ」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 05:04:30.74 ID:wnvv2vGWO

キョン「この地獄を無かったことにできないか……」

古泉「んふ、99.99パーセント無理でしょう。涼宮さんは今排泄物を集めることが楽しいと感じています」

古泉「この饗宴から目が覚めることはまずありません」

長門「貴方の体の損傷も、本来なら情報操作で治せるはずが、涼宮ハルヒによる強力なプロテクトが掛けられ割り込むことができない」

キョン「八方ふさがりかよ……」

長門「……」

古泉「……」

朝比奈「あぅ〜」

キョン「朝比奈さん!」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 05:11:59.31 ID:wnvv2vGWO

朝比奈「ひょんひゅ〜う」キィキィ

キョン「……クッこんな姿になってしまって……」ポロポロ

キョン「ウウッ!」

長門「貴方のせいではない」

古泉「まさに神の気まぐれですね、貴方も長門さんも、僕も、朝比奈さんも……」

古泉「みな涼宮さんの玩具なのですよ」

朝比奈「うひぃー」ブリブリ

キョン「うわっ!朝比奈さんが漏らしたぞ!」

長門「外を警戒して!」

古泉「!……早い、もう嗅ぎつけている……」

ハルヒ「クンクン」ウロウロ

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 05:29:11.38 ID:wnvv2vGWO

キョン「落ち着いて糞すらできねぇ……」

キョン「オナティッシュもいつの間にか回収済みだ……」

キョン「こわい……こわいよ……」

古泉「ですがここ(病院)が一番安全です。理由をつけて殺菌消毒できますから」

キョン「チンコも立たない体に何の意味がある!早く殺してくれ!」

古泉「落ち着いてください」

キョン「家に帰りたい……」シクシク

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 05:36:22.09 ID:wnvv2vGWO

朝比奈「れぶにひゅあ」ボタボタ

ハルヒ「あらみくるちゃん、よだれが」フキフキ

キョン「ヒッ!」

古泉「落ち着いてください。こちらが漏らさなければ何もしてきません」

朝比奈「オギャwwwww」

長門「殺菌消毒しているとは言え涼宮ハルヒと長く居すぎた。朝比奈みくるの脳は確実に侵食されている」

ハルヒ「キョン聞いて!今日庭で糞尿を混ぜていたら死んだ雀が落ちてきたのよ!不思議ね!」

キョン(まったく不思議な点が見当たらない!)

古泉「涼宮さん自体が怪奇現象だというのにそれに気づかないとは難儀ですね……」

ハルヒ「落ちてきた雀は糞尿と一緒に煮込んだわ!」

キョン「ガボォッ!」ベシャアッ

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 05:42:41.61 ID:wnvv2vGWO

ハルヒ「あらもうこんな時間、糞尿をかき混ぜなきゃ。じゃーね、しっかり休むのよ!」スタスタ

キョン「俺のゲロがそんなに好きかよ……」

古泉「今知り合いの医者に連絡がつきました。ご希望なら安楽死をさせてくれると」

キョン「……」

長門「貴方が望むなら仕方がない」

キョン「まてよ……」

朝比奈「うぃうぃwwwwwww」

キョン「長門、朝比奈さんが今後回復する見込みは?」

長門「ない。間違いなく0パーセント」

キョン「おかしいな……」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 05:50:34.98 ID:wnvv2vGWO

ハルヒ宅庭

ゴプォ!ゴプォ!ボコボコ

ハルヒ「くんくん」

ハルヒ「オェェェエエエッ!!!クッセェェェエエエ!!!」ゲロゲロ

ハルヒ「ふぅ、ゲロが増えたわ」

ハルヒ「この糞尿をキョンやみくるちゃんにもみせてあげなきゃ!」

回想―ホワンホワン

ハルヒ「キョンの回復記念パーティー?」

長門「そう、彼はバーベキューを所望している。あなたの家の庭を借りたい」

ハルヒ「ええいいわ!団員の回復記念ですもの!それに見せたい物もあるし」

長門「ぅえっ!では明日の夜8:00に」

ハルヒ「わかったわ!」

回復終わり――

ハルヒ「頑張らなきゃ!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 05:53:34.21 ID:wnvv2vGWO

どうしても精子煮込みたかったんです許してください

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 06:05:23.85 ID:wnvv2vGWO

ハルヒ「遅いわね」ヴィーヴィー

ハルヒ「携帯が、キョンかしら」ピッ

長門『渋滞で少し遅刻する。先に火を起こしておいて欲しい』

ハルヒ「有希!しかたないわね!やるからには全力で火を起こしておくわ!」


ハルヒ「えーとチャッカマンは」カチ

チュドーン!

ハルヒの家から500mほどの小高い丘

長門「涼宮ハルヒの家の周りの空気を停滞させた」

長門「糞尿から立ち上るメタンガスはあの辺りに溜まっていた」

長門「そこで火を起こせば爆発するのは火を見るより明らか」

キョン「ちょっとうまいこと言ったな」

古泉「涼宮さんは力を使う暇なく昇天したでしょう。ハッピーエンド、といっても差し支えありませんね」

キョン「あとは長門に体を治して貰うだけだな。これで丸く収まった」

朝比奈「わーきれーい」

終 劇

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/24(火) 06:13:45.85 ID:wnvv2vGWO

途中精子煮込みたくてごめんな
俺もみくる同様脳やられたかもわからん
お休み



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた「おげえええええええええええええええ………」