キョン「俺は鶴屋さんが好きだ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「無視するなんて酷いじゃないか、朝倉」 紬「えっ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 19:53:12.67 ID:LWqf9kE40

谷口「ほう、あの朝比奈さんを差し置いて鶴屋さんか」

キョン「悪いか?」

谷口「いいチョイスだとは思うけどな…」

谷口「きっとちゅるやさんのAAが貼られまくるぜ」

キョン「なんだよそれ」

谷口「独り言だ。とりあえず、本題に戻そう」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 19:57:40.77 ID:LWqf9kE40

谷口「ふぅむ…まず、何処が好きなんだ?」

キョン「艶やかで美しく長い髪、元気いっぱいな性格、そしておでこだ」

谷口「確かに、すばらしいよな」

キョン「お近づきになりたいもんだ」

谷口「しかし、あの人はちょっとやそっとじゃ無理だぜ?」

キョン「…そうか?」

谷口「おう。なんかちゃんと相手にしてくれそうねぇじゃねぇか」

キョン「…確かに」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 20:03:54.14 ID:LWqf9kE40

谷口「それでもまあ、頑張ればいいんじゃねぇか?」

キョン「何か言い案はないか?」

谷口「俺に聞くのか?」

キョン「俺よりは女慣れしてるだろ」

谷口(お前の方が慣れてそうだけどな)

キョン「どうすればいい?」

谷口「まさかお前がこんなに一生懸命な姿に驚いた」

谷口「そんなお前にプレゼントだ」

キョン「ん? チケット?」

谷口「水族館のチケットだ。誘ってみろよ!」

キョン「いいのか?」

谷口「おうよ! どうせ俺が誘っても誰も相手してくれないからな…」

キョン「そ、そうか…」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 20:07:11.42 ID:LWqf9kE40

キョン「恩に着るぜ、谷口」

谷口「おう、今度なんか見返りくれよ」

キョン「さすが谷口」


キョン「鶴屋さん!」

鶴屋「おっやぁ? キョンくんじゃないか。でも残念! みくるはもう部室に言っちゃったよ〜!」

キョン「いえ、朝比奈さんに用があったんじゃないんです」

鶴屋「ほほう、んじゃ誰にだい?」

キョン「鶴屋さんですよ」

鶴屋「おやおや、あたしかい? あたしにできることなら何でも聞くよっ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 20:14:52.77 ID:LWqf9kE40

キョン「あ、あの、これを…」

鶴屋「むむ! 水族館かい? あたしも行きたいなー!」

キョン「そ、その…」

鶴屋「わかってるっさ! これをみくるに渡しとけってことでしょ? 了解了解♪」

キョン「ち、違います!」

鶴屋「んじゃあ、はるにゃん?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 20:18:58.17 ID:LWqf9kE40

キョン「あなたにです!」

鶴屋「わお! あたしかい? ありがとね〜」

キョン「よ、よければ、一緒に行きませんか?」

鶴屋「別にいいっさ。でもなんであたしなんだい?」

キョン「えっと…ほら、いつも迷惑かけてるんで」

鶴屋「ふうん…そっかそっか。わかったよ〜」

鶴屋「あ、悪いけどこれから急ぎの用事があるからっ」

キョン「そ、そうですか」

鶴屋「ちょっと待ってねぇ」カキカキ

キョン「?」

鶴屋「ほい、これあたしの携帯の番号。9時ごろに電話してっ」

キョン「わ、わかりました」

鶴屋「朝の9時だよ?」

キョン「マ、マジっすか」

鶴屋「ははっ嘘だよっ。今日の夜9時ね!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 20:25:27.46 ID:LWqf9kE40

キョン「はい」

鶴屋「それじゃあね!」タタタッ

キョン(ああっそんな物凄いスピードで走ったらパンツが…!!)

キョン(…水色か…ふむふむ)

キョン「さて、と」

キョン(お誘い成功&番号ゲット&パンツとは…幸先いいぜ)

谷口「羨ましいぜぇ」

キョン「うおっ! 谷口」

谷口「俺は結局国木田と行くことになったぜ」

キョン「って、お前4枚持ってたのかよ?」

谷口「ちげえよ! 国木田から誘われたんだ!」

キョン(…国木田、あいつは一体…?)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 20:30:48.38 ID:LWqf9kE40

キョン宅

キョン「さて、ちょうど9時!」

キョン(そろそろ…電話を…)

ピッ ピッ ピッ

キョン「…」ドキドキ

prrrr prrrr

キョン「…」ドキドキ

鶴屋「もしもっし鶴屋です!」

キョン「あ、もしもし…」

鶴屋「あ! キョンくん! 本当に9時だね!」

キョン「鶴屋さんが言ったんですよ」

鶴屋「そうだったね。さて、それじゃあ早速」

鶴屋「時間を決めようか」

キョン「はい」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 20:36:27.73 ID:LWqf9kE40

鶴屋「ほかに誰か来るのかい?」

キョン「俺と鶴屋さんだけです」

鶴屋「おやおや? いいのかい、キョンくん」

キョン「は?」

鶴屋「団の活動はいいのかいってことさっ」

キョン「俺がいなくても大丈夫です。変わりありませんから」

鶴屋「そうかい? 君はとても大事な人だと思うけどねぇ〜」

キョン「いやいや、俺なんか…」

鶴屋「ふーん…そうなのかぁ」

鶴屋「おっと時間の話だったね、ごめんごめん」

キョン「いえいえ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 20:45:50.37 ID:LWqf9kE40

鶴屋「あたしはいつでもオッケーだよっ」

キョン「土曜日はどうですか?」

鶴屋「オッケーオッケー! じゃあ、何時だい?」

キョン「開くのが結構早いんで10時ぐらいでいいですか?」

鶴屋「いいよ!」

キョン「もちろん、夜の10時ですよ?」

鶴屋「ほほう…そうきたか…」

キョン「…ははっ」

鶴屋「あっははっ」

キョン「それじゃあ、また土曜日に」

鶴屋「うん! 楽しみにして待ってるさぁ〜!」

プツッ

キョン(…楽しみにして待ってる…!!!!!)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 20:56:17.98 ID:LWqf9kE40

キョン「〜♪ 〜♪」

古泉「おや、なんだか機嫌がいいですねぇ」

キョン「それほどでもないさ♪」

古泉「なにかいいことでもあったんですか?」

キョン「さあなぁ〜♪」

古泉「ふふ、あなたがゴキゲンというのは、すごく珍しいですね…」

ハルヒ「…」

ハルヒ(朝っぱらからなんでハイテンションなのかしら…?)

ガチャ

みくる「こんにちわー」

キョン「こんにちわ〜♪ 朝比奈さん」

みくる「あ、キョンくん。鶴屋さんがね…」コショコショ

キョン「ほう、そうですか。わかりましたぁ♪」

ハルヒ「鶴屋さんが、どうしたのよ?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 21:03:30.60 ID:LWqf9kE40

キョン「別に?」

ハルヒ「じゃあなんでみくるちゃんは耳打ちしたのよ」

キョン「ただ朝比奈さんの声が小さかったから、耳を寄せただけだ」

ハルヒ「嘘つくなぁ!」

キョン「ええい! 近づくな!」

ヒラリ

古泉「…おや、これは…?」

ハルヒ「なにそれ?」

古泉「…なるほど…」

ハルヒ「水族館…!?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 21:10:18.38 ID:LWqf9kE40

ハルヒ「ふーんまさか…?」

キョン「違う! 鶴屋さんに渡すつもりなんだ!」

みくる「えっ、でも鶴屋さんは二人で…」

ハルヒ「…って、みくるちゃんは言ってるけど…」

キョン「…朝比奈さん……」

長門「修羅場」

キョン「え?」

ハルヒ「で、なんでバレる嘘をついたの?」

キョン「そ、それはだな…」

ハルヒ「言っとくけど、SOS団に休みはないからね!」

キョン「台風でもか?」

ハルヒ「もちろん」

キョン「…悪いけどな、ハルヒ。俺は何があろうと行くからな」

ハルヒ「っ…」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 21:13:20.52 ID:LWqf9kE40

キョン「俺の最優先順位では、お前は最底辺だ! じゃあな!」

ガチャ

ハルヒ「な、なんですってぇぇぇぇぇ!?!?!?!?」

古泉「Oh no」

みくる「はわわわわ…」

長門「…18号」


キョン「ふう、さて…」

キョン(まさか、また9時ごろに電話してくれ…だなんて…)

キョン(感激だっ!)

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 21:28:51.70 ID:LWqf9kE40

ピッ ピッ ピッ

prrrr

鶴屋「もしもし! 待ってたよー!」

キョン(ま、待ってた…!)「もしもし、どうしたんですか?」

鶴屋「昨日、聞くの忘れてたから聞くね」

キョン「は、はい?」

鶴屋「本当に夜の10時なのかい?」

キョン「え…」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 21:32:24.88 ID:LWqf9kE40

鶴屋「ははっ冗談だよ!」

キョン「び、びっくりした…」

鶴屋「じゃあ本当の質問!」

鶴屋「どんな服を着てくればいいかな?」

キョン「と、言いますと?」

鶴屋「水族館に連れてってもらうのに、あたしは何も無しってのはしゃくだからね」

鶴屋「どんな服着てくるか、キョンくん、選んでいいよ!」

キョン「マジっすか!?」

鶴屋「あ、下着とかはだめにょろよ?」

キョン(ど、どうしようか…)

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 21:41:31.80 ID:LWqf9kE40

鶴屋「なんてねっ。別にあたしの服なんて興味ないよねっ!」

キョン「あります!」

鶴屋「おお! 嬉しいねぇ!」

キョン「な、なんでもいいんですか?」

鶴屋「たいていのものならなんでも持ってるにょろよ〜」

キョン「ふ、ふむふむ」

鶴屋「チャイナドレスとか…」

キョン「…」(は、鼻血が!)

鶴屋「巫女服とか…ね」

キョン「…」

鶴屋「着物とか…」

キョン「…」(…まずい、早く決めないと…)

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 21:51:19.68 ID:LWqf9kE40

キョン「…なんでもいいですよ」

鶴屋「そうかい?」

キョン「どんな服を着てても…鶴屋さんは…綺麗ですから」

鶴屋「ありがとっ! それじゃあ、なんでもいいんだね?」

キョン「はい。くれぐれも風邪を引きそうな格好はやめてくださいよ?」

鶴屋「おお、優しいねっ!」

キョン「そ、それほどでも」

鶴屋「それじゃあ、明日会おうね!」

キョン「はい!」

プツッ

キョン「さて、ティッシュティッシュ…」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 22:20:12.90 ID:LWqf9kE40

鶴屋「お、キョンくーん! こっちこっちぃぃぃ!!」

キョン「あ、どうも!」

鶴屋「ふふふ…いかした私服だねぇ」

キョン「そ、そうですか?」

鶴屋「あたしはちょっと地味目にしたんだけど、どうにょろ?」

キョン(あの帽子…! おでこが強調されてよりプリティに!)

キョン「ボーイッシュ、素敵です」

鶴屋「よかったにょろ〜ちょっと心配だったんだぁ!」

キョン「いえいえ、とても似合ってますよ」

鶴屋「ありがとさんっ! んじゃ、いこっか!」

キョン「はい!」


ハルヒ「むむむっ…」

みくる「はわわわわ…」

古泉「…」ニヤニヤ

長門「…バイト行ってらっしゃい」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 22:28:09.19 ID:LWqf9kE40

ハルヒ「なによここ!? 8000円もするの!?」

古泉「僕が出しますよ」

長門「バイト」

古泉「そうです、バイトパワーです」

みくる「はわわわわわ…」

古泉(まさか今日で機関からもらっている配給金が無くなるとは…)

ハルヒ「悪いわね! 古泉くん」

古泉「いえいえ…」(今日も森さんに迷惑かけるのか…気が引けるなぁ…)

ハルヒ「じゃあ、行くわよ!」


キョン(…なんだか、嫌な予感がする)

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 22:34:35.60 ID:LWqf9kE40

鶴屋「ほほーすごいねぇキョンくん!!」

キョン「そ、そうですね」

鶴屋「…」

キョン「ど、どうしました?」(顔近っ!!)

鶴屋「元気無いみたいだけど、どうしたんだい?」

キョン「い、いえいえ」

鶴屋「もしかして、熱出ちゃったのかな?」

キョン「そ、そんなこと…」

鶴屋「顔が真っ赤にょろっ。あたしのおでこは体温計より正確にょろ!」

キョン(ふ、ふおおおお!!! お、おでこがっ!!! たっ、耐えろ!)

鶴屋「やや! キョンくん! 鼻血が出てるにょろ!!」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 22:46:56.58 ID:LWqf9kE40

キョン「す、すいません!」

鶴屋「じっとして!」

キョン「えっ…」

鶴屋「ちょっとだけだから、あたしが拭くにょろ」

キョン「…!!!」

鶴屋「あれ? また出てきたにょろ!」

鶴屋「まさか、キョンくん…」

キョン(やばい! 変なやつだと思われたか!?)

鶴屋「チョコをいっぱい食べたね!」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 22:58:52.32 ID:LWqf9kE40

キョン「え…」

鶴屋「いいなー鼻血が出るほど美味しかったんだねぇ〜」

キョン「そ、そうなんですよ! 行く時に妹に一つもらいまして…」

鶴屋「そうなんだぁ〜。お、鼻血止まったねっ」

キョン「そ、そうですね」


ハルヒ「!! なんであんなに接近してんのよ!?」

みくる「はわわわわわわわわわわ…」

長門「わたげ」

古泉「げ、…芸達者」

長門「しりとりする気はない」

古泉「すいません…」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 22:59:33.85 ID:LWqf9kE40

ちょっと席外します。

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 23:39:15.06 ID:LWqf9kE40

鶴屋「可愛いマンボウだねっ!」

キョン「ほんとですね」

鶴屋「うひゃあ! こりゃおっきいクラゲっさ!」

キョン「ぬおっ! でかい…」


鶴屋「ふう、一通り見たね。次、何処いこっか?」

キョン「イルカのショーならぬサメのショーがあるらしいですよ」

鶴屋「ちょ、ちょっと怖いけど面白そうだねっ。行ってみよー!!」


ハルヒ「むむむむむ…!!」

みくる「HAWAWAWAWAWAWA...」

長門「戦う司書…私のこと?」

古泉「違うと思いますけど…」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 23:47:45.94 ID:LWqf9kE40

キョン「サメ…ですね」

鶴屋「サメ…だね」

鶴屋「か、可愛いサメっさ!」

キョン「…」

キョン(こんなショー見てるより、鶴屋さんの顔見てた方が幸せだな)

鶴屋「おおっ! すごいにょろ!」

キョン(…はしゃいでるとこも、可愛いなぁ)

鶴屋「あっはははは!!」

キョン(笑った顔も清々しくて、美しい…)

鶴屋「キョンく…」

鶴屋「ぬわっ! なんだいキョンくん、こっち見て!」

キョン「ああ、あまりにも鶴屋さんがはしゃいでたんで…嬉しいなと思ったんです」

鶴屋「ははっ。連れて行ってくれるわ誉められるわ…あたし、幸せにょろっ」

キョン「つ、鶴屋さん…」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/08(木) 23:54:22.41 ID:LWqf9kE40

鶴屋「…キョンくん」

キョン「は、はいっ!?」

鶴屋「どうやら、はるにゃん達がいるみたいだねっ」

キョン「えっ、ど、どこですか?」

鶴屋「ほら、あそこ」

キョン「…ぬおぁ!」

キョン(ハルヒの顔が…般若に…!!)

鶴屋「行ってあげたら? キョンくんっ」

キョン「…くっ」

鶴屋「んん? いきなり手を握って…どうしたにょろ?」

キョン「いやです、俺。今日は鶴屋さんと、いたいんです」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 00:04:02.77 ID:upzQJFZa0

鶴屋「あ、あたしとかい?」

鶴屋「で、でも、はるにゃんに悪いにょろ…」

キョン「そんなの、関係ありません。というか、鶴屋さんは悪くないですよ。俺が悪いんですから」

キョン「俺のわがまま、聞いてくれませんか?」

鶴屋「キョンくん…」

キョン「とりあえず、出ましょう」

鶴屋「う、うん」


ハルヒ「! 追いかけるわよ!」

みくる「HAWAWA...WASUREMONO...」

長門「私はベースも弾ける」

古泉「では、バンドやろうぜっ」

長門「断る」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 00:15:37.20 ID:upzQJFZa0

キョン「はっはっ…」

鶴屋「きょ、キョンくん! 早すぎにょろ!」

キョン「す、すいません! で、でも…」


ハルヒ「ぬおおおおお!!」


キョン(くそっ早すぎるっ!)

鶴屋「はぁはぁ…」

キョン「つ、鶴屋さん、無理はしないでくださいね!」

鶴屋「う、うん…」

鶴屋「うわっ!」ドテッ

キョン「鶴屋さん!?」

鶴屋「あったた…躓いちゃった…」

キョン「鶴屋さん!」

鶴屋「きょキョンくん、その体勢は…?」

キョン「早く、俺に乗ってください!」


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 00:24:59.40 ID:upzQJFZa0

鶴屋「う、うん」

キョン「しっかり掴まっといてください!」

鶴屋「うわぁ〜〜! 風がきっもちいいー!」

キョン「ハァハァハァ…」


キョン「はぁ…これで、なんとか…?」

鶴屋「キョンくん! 物凄いスピードだったよ! すごいすごい!」

キョン「あ、ありがとうございます」

鶴屋「いつの間にか、公園に来ちゃったねぇ」

キョン「そ、そうですね…」


ハルヒ「きぃ〜! 見失ったぁ!!」

みくる「WAWAWAWAWAHA...」

長門「これからは彼と遊ぶ」

古泉「では、僕は逆に本を…」

長門「気持ち悪い」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 00:33:23.33 ID:upzQJFZa0

鶴屋「公園に来ると、昔、みんなでワイワイしてたこと思い出すっさ」

キョン「そうなんですか?」

鶴屋「あたしが小学生のころは、この時間の休みの日は、いっつもここで遊んでたけど…」

鶴屋「今は、誰もいないんだね」

キョン「そうですね」

キョン(…考えてみれば、今この公園には俺と鶴屋さんだけ…!?)

鶴屋「キョンくんはさ…」

キョン「は、はい」

鶴屋「好きな人とか、いるのかい?」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 00:42:50.87 ID:upzQJFZa0

キョン「好きな…人ですか?」

鶴屋「そうにょろ」

キョン「もちろん、いますよ」

鶴屋「ほ〜う! 誰だい誰だい?」

キョン「え!?」

鶴屋「なんてね! キョンくんの好きな人がどんな人か気になるけど、言いたくないのに、聞いちゃまずいもんねっ」

キョン「…」

鶴屋「むむ? キョンくん、どうしたんだい? また鼻血かいっ?」

キョン「ち、違いますよ」

キョン(今ので悟った)

キョン(鶴屋さんは俺のことなんか、眼中にない)

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 00:47:54.10 ID:upzQJFZa0

キョン(普通、好きな人にこんなにさりげなく好きな人なんか聞けるわけがない)

キョン(現時点で俺が聞けないわけだし…)

鶴屋「…ねえ、キョンくん」

キョン「はい?」

鶴屋「まだ時間はたっぷりあるにょろ」

キョン「そ、そうですね」

鶴屋「次は、どこに行こうか?」

キョン「そ、そうですね…」

キョン(それでも俺は諦めん!)

キョン(鶴屋さんに嫌われない限り、俺は諦めんぞぉ!!!)

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 01:03:38.28 ID:upzQJFZa0

キョン「鶴屋さんは、どこか行きたいところありますか?」

鶴屋「そうだねぇ」

鶴屋「喫茶店かなっ」

キョン「そ、そんなところでいいんですか?」

鶴屋「うんっ。キョンくんと色々お話したいしねっ!」

キョン(お、俺と…)

キョン「早速行きましょう!」


長門「お姉ちゃんがいない」

古泉「黄泉に帰りましたってヴぁ!」

長門「なにそれ気持ち悪い」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 01:15:37.12 ID:upzQJFZa0

鶴屋「いててて…」

キョン「あ、まだ脚、痛みますか?」

鶴屋「ちょ、ちょっとね…これくらいなら…」

鶴屋「いたたたた…」

キョン「無理しないでください、ほら」

鶴屋「いやぁ、ごめんねぇキョンくん! 二度もお世話になるとはっ」

キョン「いえいえ気にしないでください」

キョン(俺にとってはとてつもなく、うれしいことだ)

キョン(駅前の喫茶店は危険だな…)


長門「私はチロルチョコが好き」

古泉「きなこもちですか?」

長門「なんで知ってるの気持ち悪い」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 01:31:28.02 ID:upzQJFZa0

キョン「…」

鶴屋「重くないかい?」

キョン「いえいえ全然全然!!」

鶴屋「キョンくんも、無理はしないようにねっ」

キョン「はい」

鶴屋「なんだか、キョンくんって、懐かしい匂いがするっさ〜」

キョン「そ、そうですか?」

キョン(頭に顔がうずめてる!?)

鶴屋「なんだか…眠くなってきたにょろ…」

キョン「つ、鶴屋さん?」

鶴屋「…」

キョン「…やれやれ。まったく、鶴屋さんは…」

キョン(本当に、可愛い人だ)

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 01:46:11.16 ID:upzQJFZa0

キョン「鶴屋さん、着きましたよ」

鶴屋「むにゃむ…もう食べられないにょろ…」

キョン(よ、よだれ出てる…しかし、可愛い寝顔だ)

キョン「鶴屋さん、鶴屋さん!」

鶴屋「ふにゃ…おお、キョンくん!」

鶴屋「会いたかったにょろ☆」ギュ

キョン「…へ?」

鶴屋「…わわっ! ごめんごめん!」

キョン「い、いえ…」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 01:54:42.98 ID:upzQJFZa0

鶴屋「寝ぼけちゃったにょろ〜」

キョン「ああ、寝ぼけて…」

鶴屋「あれ? もう着いたのかい?」

キョン「はい。鶴屋さん、寝ちゃったから」

鶴屋「あ〜迷惑かけてゴメンねっキョンくん」

キョン「いいですよ、全然」

鶴屋「さって、何を食べようかな〜」

キョン(いつでも子供みたいな笑顔…見てるだけで癒される)

鶴屋「うわー! これでっかいねぇ」

キョン「すごいパフェですねぇ」

鶴屋「そうだ、キョンくん。これ一緒に食べようよ!」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 02:01:52.78 ID:upzQJFZa0

キョン「こ、このパフェですか?」

鶴屋「うん、大きいのに結構安いよ!」

キョン「お、俺はいいですけど…」

鶴屋「じゃあ、決まり!」

キョン(…一緒に同じパフェを…!?)

キョン(すこし、興奮してきたな)


ドン!

鶴屋「うわぁ! おっきいねぇ〜!」

キョン「こ、これは…すごい!」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 02:13:07.49 ID:upzQJFZa0

キョン「二人で食べれますかね…」

鶴屋「ど、どうだろうねぇ…どれどれ、一口…」パクリ

鶴屋「うーん! 美味いっ! 最高っさ!」

鶴屋「あれ? キョンくんどうしたんだい?」

キョン「いや、スプーン一つしか来てないみたいで…」

鶴屋「えっ、そうかい?」

キョン「大丈夫ですよ、店員呼びますから」

鶴屋「ちょっとおまち、キョンくん!」

キョン「な、なんですか?」

鶴屋「あーん」

キョン「!! …あーん」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 02:21:42.62 ID:upzQJFZa0

キョン「…美味い」

鶴屋「選んでよかったねぇ」

キョン「お、俺にこんなことして、いいんですか?」

鶴屋「え、どうしてだい?」

キョン「鶴屋さん、可愛いからすっごくモテるだろうし…」

鶴屋「キョンくん、あのね」

キョン「は、はい」

鶴屋「キョンくんは水族館に連れて行っただけだと思ってるでしょ?」

キョン「そりゃ、まあ」

鶴屋「甘いね、キョンくん!」

鶴屋「男女が二人で出かけるってことは、デート同然なんだにょろ!」

キョン「!?」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 02:32:55.33 ID:upzQJFZa0

キョン(そ、そうだったのか…)

鶴屋「だから、水族館でのあの言葉、すっごく嬉しかったにょろ」

キョン『今日は鶴屋さんと、いたいんです』

キョン「そ、そうですか?」

鶴屋「だから決めたんだ。今日はキョンくんの彼女になろうって!」

キョン「か、彼女…」

鶴屋「もちろん、今日だけだけどね〜!」

キョン(ずっと、彼女でいて欲しい!)

キョン(言え、言え、言え!)

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 02:40:56.58 ID:upzQJFZa0

キョン「俺は…ずっと…」

鶴屋「ん? なんだい?」

キョン「…ずっと、いて欲しいです」

鶴屋「…ほほう…嬉しいねぇ〜」

キョン「…」

鶴屋「ふふ、キョンくん、無理しなくてもいいよっ」

キョン「え…」

鶴屋「あたしに合わせてくれたんでしょ? ありがと」

鶴屋「キョンくんのそういう気配りできるとこ、好きっさ」

キョン(本心なんだが…)

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 02:45:35.14 ID:upzQJFZa0

キョン「鶴屋さん、スプーン貸してください」

鶴屋「はいよ」

キョン「…あーん」

鶴屋「あーんっ」

鶴屋「ん〜美味しい! 量も質もいいね!」

キョン「そうですね」

鶴屋さん「キョンくんとは今日でとっても仲良くなれたにょろ〜」

キョン「俺もですよ、鶴屋さん」

鶴屋「…はるにゃんに悪いことしたな…」

キョン「何か言いました?」

鶴屋「いや、なんでもないっさ〜」



古泉「君の瞳に、アイラブユー」

長門「気持ち悪いからやめて」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 02:56:49.47 ID:upzQJFZa0

キョン「げっぷ…もう無理です…」

鶴屋「ありゃりゃ? もうダメなのかい?」パクパク

キョン「よく食べれますね」

鶴屋「女の子には別腹があるにょろ☆」

キョン「けっこう食べる方なんですか?」

鶴屋「まぁね〜でもちゃんと鍛えてるから!」

キョン(すごい努力家だなぁ)

鶴屋「ちょっと鍛えすぎたんだけどね…腹筋触ってみる?」

キョン「いいんですか!?」

鶴屋「うん、キョンくんなら別にいいにょろ〜」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 03:05:25.39 ID:upzQJFZa0

キョン「…」サワサワ

鶴屋「…どうにょろ?」

キョン「…」サワサワ

キョン(服じゃわかんねえ!)

鶴屋「あ、服のままじゃわかんないか」ペロン

キョン(なんだと!?)

鶴屋「うわわ! またキョンくん鼻血!」

キョン「き、気にしないでください」サワサワ

鶴屋「ひゃ…」

キョン「ど、どうしました?」

鶴屋「気が緩んだ時に触られたから、びっくりしちゃったよっ」

キョン「す、すいません」


古泉「長門さん、僕も腹筋触りたいです」

長門「私の腹筋はレアメタルより硬い」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 03:17:06.58 ID:upzQJFZa0

キョン「でも、結構鍛えてますね」

鶴屋「ははっありがとねっ」

鶴屋「でもね、やっぱり筋肉って重いからね。自然に重くなっちゃうんっさ」

キョン「え? 全然重くなかったですよ、鶴屋さん」

鶴屋「ほ、ほんとかい!?」

キョン(目めっちゃキラキラしてる…可愛い)

鶴屋「う…うれしいなぁ…ありがとさんっ」

キョン「いえいえ」

鶴屋「キョンくんは、本当に話が上手だね」

キョン「そ、そうですか?」

鶴屋「うんっ、あたし、今すっごく幸せだもんっ」

キョン「お、俺もそう言ってくれると、嬉しいです」


古泉「このSSでの僕達のやり取りは一体何なんでしょう?」

長門「私は関係ないが、あなたはあとで仕事がある」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 03:23:37.73 ID:upzQJFZa0

キョン「…」

鶴屋「最後の一口! 食べないかい?」

キョン「あ、いただきます」パクッ

キョン(…考えてみれば、間接キス!!)

鶴屋「はいっこれで、ご馳走さまっ!」

キョン「このあと、どこに行きます?」

鶴屋「どうだい? あたしの家にでも行かないかい?」

キョン「まじっすか!?」

鶴屋「うん! 次はあたしがキョンくんをご招待っさ!」

キョン(うおおおお、ドキドキがとまらねぇ!!)

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 03:34:50.65 ID:upzQJFZa0

鶴屋「それじゃあ、出よっか」

キョン「俺が出すんで鶴屋さんは先に出ててください」

鶴屋「ほんとかい? ありがとっ」

キョン(…幸せだなぁ)

鶴屋「今日はたくさん迷惑かけたから、あたしの家でたくさんあそぼっ!」

キョン「は、はひ!」(緊張して噛んじまった!!)


古泉「一体僕に…?」

長門「スピンオフ」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 03:47:27.74 ID:upzQJFZa0

キョン「うおおお…でけえ!」

鶴屋「ごめんね、キョンくん。話してみたんだけど、あたしの部屋以外ダメだってさぁ」

キョン(つ、つ、つ、鶴屋さんの部屋!?)

キョン(あんなもんやこんなもんが…)

鶴屋「それでもいいかな?」

キョン「え、も、もちろん!」

鶴屋「あたしの部屋狭いけど、いいっかな?」

キョン「鶴屋さんと一緒なら俺はどこでもいいですよ」

鶴屋「あらら、上手いこと言うねっ」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 03:57:50.40 ID:upzQJFZa0

キョン「ふ…ふむ」

鶴屋「ごめんねっ和室っぽいけど、ごゆるりと〜」

鶴屋「あたしはちょっと普段着に着替えるからっ」

キョン「あっ、はい」

キョン「…鶴屋さん、出ないんですか?」

鶴屋「この部屋しか使っちゃいけないからね。この部屋で着替えなきゃダメなのさ」

キョン「そ、そうなんですか」

鶴屋「おっと、後ろを向いちゃだめだよ? 向いたら鉄拳を喰らわせるからねっ!」

キョン「は、はい」

キョン(なんでだろう、今の俺は鶴屋さんに殴られても平気でいられそうだ)

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 04:08:32.01 ID:upzQJFZa0

キョン(後ろに鶴屋さんの…生着替え…)

キョン「俺がいるのに、鶴屋さんは平気で着替えるんですね…」

鶴屋「あ、ダメだったかな…?」

キョン「覗くかもしれないじゃないですか」

鶴屋「うーん…」

鶴屋「キョンくんはそんなことしないって、思ってるからねっ」

鶴屋「自分が一番わかってると思うにょろよ?」

キョン(…たしかに、覗く勇気はない)

鶴屋「キョンくんは人の嫌がること、できない人っさ」

キョン「…ありがとうございます」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 04:17:41.01 ID:upzQJFZa0

鶴屋「キョンくん、絶対に後ろ向かない?」

キョン「も、もちろんですとも」

鶴屋「じゃあ…」ピト

キョン(!? つ、鶴屋さんの体がピッタリと…!)

鶴屋「今日のお礼にょろ♪ キョンには刺激が強すぎるっかな?」

鶴屋「ふふ、どうにょろ?」

キョン「う、嬉しいですけど…鶴屋さん」

キョン「俺は鶴屋さんと一緒にいるだけで、十分ですから」

キョン「そんなことしなくても、鶴屋さんはすでにたくさんお礼してくれてるじゃないですか」

鶴屋「キョ、キョンくん…」

鶴屋「あたし、馬鹿なことしちゃったね…ごめんなさいっ」

キョン「いや、いいんです。嬉しかったんで」

鶴屋「ほんとかい? うれしいよっ」

384 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 19:06:27.83 ID:upzQJFZa0

鶴屋「さて、何してあそぼっか?」

キョン「うーん…鶴屋さんは何がしたいんですか?」

鶴屋「キョンくん、あたしんち本当につまらないものしかないんさ…」

キョン「俺は鶴屋さんと遊ぶってことだけで、嬉しいですよ」

鶴屋「そうかい? でも、本当におもしろいものはないよ?」

キョン「たとえば?」

鶴屋「花札とかだよ」

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 19:09:40.67 ID:upzQJFZa0

キョン「花札…ですか」

鶴屋「やっぱり面白くないよねっ! ごめんごめんっ」

キョン「いや、そんなつもりはないんですけどね…」

鶴屋「あとは百人一首とかだねっ」

キョン(和風なんだな、鶴屋さんって)

キョン(まあ、普段着が着物という時点でそれがわかるか…)

鶴屋「お茶入れてくるよ! 待っててっ」

キョン「は、はい」

キョン(チラッと見える八重歯の可愛さといったら…)

394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 19:15:55.58 ID:upzQJFZa0

ガラッ

鶴屋「おっまたせ〜!」

鶴屋「はいっ、熱いから気をつけてね…あつぅ!」

キョン「鶴屋さんっ!?」

鶴屋「ありゃりゃ…やへどひひゃったみひゃい」

キョン「大丈夫ですか!?」(可愛い)

鶴屋「ひゃいじょうぶひゃいじょうぶ!」

キョン(…火傷のせいで舌足らずなのが…たまらんっ)

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 19:21:44.78 ID:upzQJFZa0

キョン「本当に、大丈夫ですか?」

鶴屋「どんくさいところ見せて情けないばかりっさ!」

鶴屋「まあ、キョンくんならいいけどねっ」

キョン「…」

キョン(それはどういう意味でですか!?)

鶴屋「あっちゃあ、せっかく着替えたのに着物がビチョビチョにょろ」

キョン「風邪ひいちゃいますから、早く着替えた方が…」

鶴屋「そうだねっ、そうするよっ!」

鶴屋「あ、いいこと思いついたっ」

キョン「はい?」

鶴屋「お風呂、はいろっか?」

404 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 19:29:17.85 ID:upzQJFZa0

キョン「ええええええ!?」

鶴屋「あ、いやならいいんだよ? 結構広いから一緒にどうかなと思ってねっ」

キョン(俺、今どんな顔してるんだろうか…)

鶴屋「ご、ごめん。いやだよねっ」

キョン「いえいえ! 入らせていただきます!」

キョン「一人で待ってるのもイヤですしっ!」

キョン(我ながら凄いこと言ったな…)

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 19:44:36.94 ID:upzQJFZa0

鶴屋「おや? なんだかいやらしいこと考えてないだろうねぇ?」

キョン「か、考えてませんよ!」

鶴屋「それじゃ、いこっか♪」

キョン(またまた、ドキドキが止まらないぜぇ!!)


鶴屋「それじゃあ、また後でねっ」

キョン「は、はい…」

キョン(畜生! 男湯と女湯があるのかよっ…!!)

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 20:17:23.45 ID:upzQJFZa0

キョン「…」

カポーン

キョン「それにしても、広いなぁ」

キョン「…」

キョン(ああ、鶴屋さん一緒に混浴…は叶わずか…)

キョン「うう、畜生!」

鶴屋「どうしたんだーい、キョンくん?」

キョン「!! 鶴屋さん!?」

キョン(どこだ?)

鶴屋「男湯、一人なのかい?」

キョン「は、はい」

キョン(なんだ、女湯から話しかけてきたのか…)

430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 20:24:21.40 ID:upzQJFZa0

キョン(って、ことは…)

キョン(この向こうで…鶴屋さんが…!!)

キョン(お、おちつけ、俺! なに考えてるんだよ!)

鶴屋「あたしも一人っさ。これだったら二人の方がよかったね」

キョン(激しく同意っ!)

キョン「そ、そうですね」

鶴屋「今からそっち行っちゃおうかな〜? なんてねっ」

435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 20:31:10.62 ID:upzQJFZa0

>>431
遊ぶのはってことでよろしく。


キョン「お、俺は、べ、別にいいですよ?」

鶴屋「おや、大胆だねぇ〜」

キョン「鶴屋さん、今何してるんですか?」

鶴屋「んー? 髪洗ってるんだよっ」

キョン(あの艶やかでとても綺麗な髪…触ってみてぇ!!!)

鶴屋「そういうキョンくんはなにしてんの?」

キョン「風呂に浸かってます」

キョン(とりあえず鼻血をどうにかしないとな…)

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 20:43:29.44 ID:upzQJFZa0

キョン(ううむ…想像しただけで…)

キョン(お尻まで届く長い髪を掻きあげ、水滴が程よく残る体…)

キョン(さらにおでこはつるりと綺麗で…綺麗な肌…)ドバッ

鶴屋「な、なんかすっごい音聞こえたけど、大丈夫かい?」

キョン(だ、大丈夫です…)

キョン(貧血にならないのが不思議だ…)

鶴屋「なにかわからないことがあったら言ってね〜」

キョン「は、はい…」

492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 23:19:31.19 ID:upzQJFZa0

キョン(初っ端からわかんねえ!)

キョン「つ、鶴屋さーん?」

鶴屋「ん? なんだい?」

キョン「どれがシャンプーですか?」

鶴屋「ちょっと待ってねー」


キョン「?」

ガラッ

鶴屋「おまたせっ!」

キョン「…」ドバッ

鶴屋「きょ、キョンくん!?」

キョン(俺は、もう死ぬかもしれん)

497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 23:23:16.79 ID:upzQJFZa0

キョン「…ここは?」

鶴屋「あ、気がついたねっ」

キョン(な、なんで鶴屋さん未だに服着てないんだ?)

キョン「つ、鶴屋さん、なんで…?」

鶴屋「キョンくんがいきなり倒れたからだよっ。だからあたしの部屋まで…くしゅん!」

キョン「! 鶴屋さん!」

鶴屋「あれれ? なんだか急に…くしゅん!」

キョン「俺のことなんかいいのに! 早く着替えないと!」

鶴屋「ズズズ…ごめんね、キョンくん」

500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 23:31:29.98 ID:upzQJFZa0

キョン(一番気になることは…)

キョン(誰が俺に服を着させたのかってことだ)

鶴屋「…キョンくん」

キョン「は、はい?」

鶴屋「あたしって、バカだよね」

キョン「…」

鶴屋「キョンくんのことばっかり気にしすぎて、自分のこと、全然気にすること、できなかったにょろ」

キョン「鶴屋さん…」

502 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 23:33:32.74 ID:upzQJFZa0

鶴屋「着替えてくるね、キョンくん」

キョン「あの、鶴屋さん」

鶴屋「なんだいっ?」

キョン「俺、鶴屋さんに気にしてもらえるだけで、嬉しいです」

キョン「それでも、俺は鶴屋さんには俺以上に元気でいて欲しいんです。ずっとニコニコ、笑っていて欲しいんです」

鶴屋「キョンくん…」

鶴屋「ありがとね」

キョン「い、いえいえ」(照れくさいな…)

506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 23:38:34.12 ID:upzQJFZa0

鶴屋「それじゃあ、ちょっと待っててねっ」

キョン「はい」


キョン「…」


キョン「遅いな…」


キョン「…」


キョン(いくらなんでも、遅すぎる。まさか、何かあったのか?)

キョン(待て、ここは鶴屋さんの家。変にうろついて嫌がられたらイヤだし…)

キョン(それでも、これは遅すぎる!)

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 23:46:07.51 ID:upzQJFZa0

キョン「…鶴屋さーん?」

キョン(…)

キョン「どこですかぁ〜?」

キョン(…)

鶴屋「だから、友達だって言ってるっさ!」

キョン「…ん?」

?「いいや、即刻帰宅してもらう!」

鶴屋「キョンくんはただの後輩で友達にょろ! 別に彼氏じゃないっさ!」

?「…娘よ、お前は私が決めた許婚がいやなのか?」

鶴屋「っ…」

キョン(…いいなずけ……。許婚!?)

514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 23:52:08.35 ID:upzQJFZa0

キョン(いいなずけ…)

鶴屋「なんで、その話が出てくるの!?」

?「これは以前から言っていたことではないか」

鶴屋「意味わかんないっ! キョンくんはそういうのじゃないって言ってるでしょ!」

?「なら、なんなんだ? 別に大したやつでなければ、なぜお前が風邪をひいているんだ…?」

鶴屋「…大事な後輩だからっさ!」

キョン「…鶴屋さん」

?「しかし、私の大事な愛娘に風邪をひかせるものなどに、お前を任せられん」

鶴屋「だからっ…!」

518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/09(金) 23:59:08.08 ID:upzQJFZa0

?「それに、いつものお前らしくない」

鶴屋「へ?」

?「いつものお前は、そんなに否定はしないはずだ」

鶴屋「…」

?「やはり、特別な感情を、持っているんだろう?」

鶴屋「…」

キョン(…そうなんだろうか?)

キョン(俺は鶴屋さんが好きだが…鶴屋さんは?)

鶴屋「…もうこの話はおしまいっ!」

キョン(まずい! 出てくる!)

522 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 00:09:05.04 ID:wL0QFylh0

ガラッ

鶴屋「はははっ! ごめん、キョンくんっ! トイレ行ってたら遅くなっちゃったよっ!」

キョン「あ…そうでしたか」

鶴屋「むむっ? キョンくんっなーにしょぼくれてるんだいっ?」

キョン(…)

キョン(鶴屋さんは本当に、凄い人だ)

キョン(あんなことがあったのに、全然表に出さない…)

530 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 00:13:19.17 ID:wL0QFylh0

キョン「…鶴屋さん」

鶴屋「なんだい?」

キョン「そろそろ、帰ります。風邪に気をつけてください」

鶴屋「え? もう帰るのかい?」

キョン「はい、なんだか俺も、気分が優れないんで」

鶴屋「それだったら無理せずにここにいなよっ! 帰宅中に倒れたりしたら大変っさ!」

キョン「鶴屋さん…」

鶴屋「それに、キョンくんにいて欲しいし…」

キョン「…」

548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 00:25:22.98 ID:wL0QFylh0

キョン「…鶴屋さん」

鶴屋「な、なんだい?」

キョン(うっ…そんなうるうるした目で俺を見ないでくれ…鶴屋さん)

キョン(しかし、これは言っていいのか?)

キョン(言っちまって、俺と鶴屋さんは、どうなっちまうんだ?)

鶴屋「…? キョンくん?」

キョン「鶴屋さんには…許婚がいるんですよね?」

鶴屋「…聞いてたのか…」

556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 00:31:56.34 ID:wL0QFylh0

鶴屋「…うん、そうだよ」

キョン「なんで、教えてくれなかったんですか?」

鶴屋「…」

キョン「この際だから言っておきます」

キョン「俺は、鶴屋さんのことが、大好きです」

鶴屋「…!」

キョン「…それで、こんなに期待させといて、こんなこと…」

鶴屋「ち、違うよっ! ただ…」

鶴屋「言っちゃったら、キョンくんが思いっきり遊べないと、思ったから…」

キョン「…」

鶴屋「それに、キョンくんと一緒にいたら、許婚とか、そんな色々なことを」

鶴屋「忘れることができたから…」

キョン「鶴屋さん…」

567 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 00:43:02.30 ID:wL0QFylh0

キョン「でも、これで諦めがつきます」

鶴屋「え?」

キョン「鶴屋さんには許婚がいるんですから。俺がどんなに好きだって言っても、鶴屋さんの両親は認めてくれませんから」

鶴屋「…」

キョン「…最後に、本当に最後に、いいですか?」

鶴屋「な、なんだい?」

ギュッ

鶴屋「…」

キョン「…今日はありがとうございました。すっごくすっごく、楽しい思い出になりました」

鶴屋「…キョンくん」

キョン「はいっ、ありがとうございました。…最終的に迷惑をかけてたのは俺でしたね」

鶴屋「そ、そんなこと…」

キョン「鶴屋さんは悪くないですよ、全部、俺が悪いんです」

580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 00:51:58.86 ID:wL0QFylh0

キョン「じゃあ、お邪魔しました」

鶴屋「…」

キョン「鶴屋さん?」

鶴屋「…」ポロポロ

キョン「ど、どうしたんですか?」

鶴屋「キョンくん…」

キョン「は、はい?」

ギュッ

キョン「…!」

鶴屋「あれっ…どうしてだろっ…体が勝手に…」

キョン「…」

鶴屋「キョンくんと、離れたくない…にょろ」

594 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 00:58:34.03 ID:wL0QFylh0

キョン「なんで…ですか?」

鶴屋「…あたしにも、わかんない…」

キョン「…」

鶴屋「でも、キョンくんと、離れたくないにょろ…」

キョン「ずるいですよ、鶴屋さん…」

鶴屋「…ごめん。でも、どうしても、行って欲しくないっさ」

キョン「…鶴屋さん」

鶴屋「キョンくん、あたし、キョンくんがいい」

キョン「えっ」

鶴屋「キョンくんのそばにいたいにょろ」

キョン「…」

616 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 01:26:22.36 ID:wL0QFylh0

キョン「本当に、ずるいですよ、鶴屋さん…」

鶴屋「…」

キョン「そんなこと言われたら…」

鶴屋「キョンくん、迷惑かもしれないけど…」

キョン「迷惑じゃないですよ」

キョン「鶴屋さんの笑顔は、俺の宝物ですから」

鶴屋「キョ…キョンくん」

キョン「でも、鶴屋さんがなにかして、どうこうなる問題じゃないんでしょう?」

鶴屋「…うん」

619 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 01:34:39.60 ID:wL0QFylh0

キョン「俺は、鶴屋さんと一緒にいれれば、嬉しいです」

キョン「俺に、笑顔を見せてください」

鶴屋「キョンくん…」ゴシゴシ

鶴屋「へ、へへへ…」

キョン「…可愛いですよ、鶴屋さん」

鶴屋「ははは、改めて言われると照れるにょろ…」

625 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 01:47:00.38 ID:wL0QFylh0

鶴屋「まだ、このことはみんなには内緒だよ?」

キョン「了解です、鶴屋さん」

鶴屋「…」

キョン「ど、どうしました?」

鶴屋「いや、なんでもないよっ! 気にしないでっ!」

キョン「…?」

キョン(まあ、いいか…)

キョン「って、もうこんなに時間経ってる!」

鶴屋「わおっ! ホントだねっ!」

キョン「じゃあそろそろ帰りますね」

キョン(そんなに抱き合ってたのかよ…俺達)

鶴屋「待ってよっ、キョンくん!」

キョン「は、はい?」

鶴屋「泊まっていきなよっ♪」

キョン「…いいんすか!?」

630 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 01:53:42.37 ID:wL0QFylh0

キョン「で、でもお父さんにバレたら…」

鶴屋「大丈夫だよっあたしがさせないからっ」

キョン「そ、それでも…」

鶴屋「あ、でも、キョンくんがダメならいいっさ〜、無理はしないで欲しいからねっ」

キョン「…いや、泊まりたいってのはあるんですけどね…」

鶴屋「あらら、やっぱりダメみたいだね…わかったにょろ」シュン

キョン「いや、泊まります! 泊まらせてください!」

鶴屋「やった」ニコッ

キョン(この笑顔には中毒があるな…)

634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:04:19.70 ID:wL0QFylh0

キョン「それにしても、鶴屋さんの部屋広いですよね」

キョン(俺の部屋の2倍はあるんじゃないか?)

鶴屋「そうかな? そんなに大きくないよぉ」

キョン「それに、すっごく鶴屋さんのにおいが…」

鶴屋「もうっ、恥ずかしいよっ」

キョン「…」

キョン(恥らう顔がまた…素敵です)

638 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:13:04.82 ID:wL0QFylh0

鶴屋「はいっ寝床準備できたよ」

キョン「ああ、すいません、やらせちゃって」

鶴屋「いいよいいよ。あたしの部屋なんだしさ」

キョン「…近いですね」

鶴屋「いやかい?」

キョン「いえいえ、とっても嬉しいですよ」

鶴屋「そう? よかった」ニコッ

キョン(そうか、これがハルヒの言う萌え、というやつなのか)

鶴屋「本当にこんな時間経ってると思わなかったよ。びっくり!」

キョン「そうですね、今日は走ったりしたんで疲れましたね」

鶴屋「そうだねぇ〜キョンくんの背中、暖かかったよ!」

キョン「…ありがとうございますっ」

キョン(俺も鶴屋さんのおかげで、すばらしい胸の柔らかみを体験できました)

キョン「寝る前に、親に連絡しときます」

鶴屋「はいよ〜」

643 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:24:39.20 ID:wL0QFylh0

キョン「もしもし?」

妹「お兄様、ご帰宅なさらないのですか?」

キョン「おう、母親に言っといてくれ」

妹「ああ、お兄様のご帰宅を待っていたのに…すでに妹はびしょ濡れでございます…」

キョン「そ、そうか。その年になっておねしょするなよ」

妹「枕を濡らして待っております…では」

プツッ

キョン(電話の時だけ口調変えるなよな…)

650 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:32:31.86 ID:wL0QFylh0

キョン「お待たせしました鶴屋さーん…」

鶴屋「…」

キョン「あらら…」

キョン(先に寝ちゃったか…)

キョン(…可愛い寝顔だなぁ…)

キョン「…」

チュッ

キョン「…寝てる人にキスって……」

キョン(…俺も寝よう)

キョン(もちろん、鶴屋さんの横で)

656 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:41:33.09 ID:wL0QFylh0

キョン「…」

キョン(こんなに近くに鶴屋さんの顔…)

キョン(眠れねー!!)

鶴屋「…むにゃむにゃ……」

キョン「…可愛い………」

鶴屋「…眠れないのかい?」

キョン「おわっ! 起きてたんですかっ」

鶴屋「ん、キョンくんの声が聞こえたから…さ」

キョン「そ、そうですか」

鶴屋「…キョンくん」

キョン「はい?」

鶴屋「あたし、すっごく不安なんだ…」

キョン「…」

鶴屋「ちゃんとあたしたちが、みんな(鶴屋家)に認められるのか…」

668 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 02:53:08.95 ID:wL0QFylh0

キョン「大丈夫ですよ、鶴屋さん」

鶴屋「…」

キョン「まあ、大丈夫だっていえないんですけどね…」

鶴屋「…」

キョン「鶴屋さんは、笑っていてください」

キョン「それだけで、みんな、幸せになれますから」

キョン「鶴屋さんの笑顔には、その力があります」

鶴屋「…キョンくん」

ギュッ

キョン「つ、鶴屋さん!!」

鶴屋「も〜キョンくん、好き好きっ♪」

673 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:03:28.82 ID:wL0QFylh0

キョン(俺は悟った)

キョン(きっと俺は今、幸せの代表者だろう)

鶴屋「…キョンくんはさ」

キョン「はい?」

鶴屋「はるにゃんのこと、どう思ってるの?」

キョン「え? ハルヒ…ですか?」

鶴屋「うん、そう」

キョン「別に、どうも思ってませんが…?」

鶴屋「…そうなんだ」

キョン(急にどうしたんだ…?)


古泉「長門さん、僕達も一緒に寝ましょう」

長門「死ぬか死ぬか、どっちがいい?」

古泉「…すいません」

677 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:09:59.72 ID:wL0QFylh0

キョン「そろそろ、鶴屋さん…」

キョン「離れないと…寝れません」

鶴屋「…」

キョン「って、この体勢で寝ちゃったのか…」

キョン「…」

キョン(鶴屋さんの匂いと、ほのかにシャンプーの匂い…)

キョン(混じってとても色気のある匂いだ…)

キョン「…おやすみなさい、鶴屋さん」


古泉「ふわぁぁぁ…」

長門「…ふわぁ……うつった」

古泉「あくびはうつりますねぇ」

682 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:15:07.87 ID:wL0QFylh0

キョン「…ハッ………」

チュンチュン

キョン「…朝か……」

鶴屋「…」

キョン「まだ、寝てるか…」

鶴屋「キョンくん…むにゃ」

キョン「…」

キョン(どんな夢見てるだろうか…)

鶴屋「そんなとこ、汚いよっ…」

キョン「…一体、どんな夢を…!?」

687 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:20:40.98 ID:wL0QFylh0

鶴屋「…あ、キョンくん…おはよ…」

キョン「おはようございますっ」

鶴屋「ほんとに、いいのかい?」

キョン「な、何がですか!?」

鶴屋「あ、…ご、ごめん!! なんでもないっさ〜」

キョン(絶対夢の話だな…)

キョン(にしても、八重歯が可愛すぎる)

693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:30:48.38 ID:wL0QFylh0

キョン「…」

涼宮ハルヒ
件名 絶対に来い
今日12時に駅前に集合。絶対に来い

キョン「やれやれ…」

鶴屋「今11時だけど、大丈夫かい?」

キョン「ああ…絶対間に合いませんね」

鶴屋「あ、起こせばよかったかな?」

キョン「鶴屋さんさっきまで寝てたじゃないですか」

鶴屋「あ、あははっ! そうだったねっ」

キョン「まったく…ふふふ…」

698 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:33:53.63 ID:wL0QFylh0

今tvkハルヒやってる
鶴屋さん可愛いのう・・・

702 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:46:07.64 ID:wL0QFylh0

キョン「鶴屋さん、今日はなにか予定あるんですか?」

鶴屋「ないからキョンくんを家に泊めたんだけどねぇ〜」

キョン「あ、そうなんですか…」

鶴屋「とりあえず、ちゃんと遅れても行かないとダメだよ? キョンくん」

キョン「そ、そうですかね?」

鶴屋「昨日だって逃げちゃったんだしさ」

キョン「それもそうですね…」

鶴屋「なぁに、謝れば何とかなるよっ! はるにゃんもそこまで鬼じゃないだろうしねっ」

キョン「…そうですね」

キョン(いや、鶴屋さん。あいつは鬼ですよ)

703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:47:13.10 ID:wL0QFylh0

>>701
俺がキョンだったら拭かずに匂いをかぎまくってるわ

705 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 03:51:25.05 ID:wL0QFylh0

すんません。
明日もちょっと予定が入ってまして、寝床につきたいと思います。
たくさんの支援、ありがとうございました。

よろしければ、保守をしてくださると嬉しいです。
無理はなさらず、保守してくださいっ。

ではっ

788 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:10:57.66 ID:wL0QFylh0

このままじゃ1000行きそうですね…。

その前に終わらせなければ!

と、言いたいのですが、すこし投下します。

ご了承を。

790 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:14:39.31 ID:wL0QFylh0

鶴屋「それじゃあキョンくん、また今度っ!」

キョン「はい、鶴屋さん」

鶴屋「あっちょっと待って!」

キョン「はいっ?」

チュッ

キョン「!」

鶴屋「へへっ…ファーストキス…キョンくんだよっ」

キョン「鶴屋さん…」

キョン(すいません! 寝てる間に奪っちゃってすいません!!)

795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:22:46.51 ID:wL0QFylh0

ハルヒ「…」

キョン「よう、ハルヒ」

古泉「どうも」

キョン「おう」

キョン「遅れてすみません、朝比奈さん」

みくる「はわわわ…」

キョン「遅れてすまんな、長門」

長門「…」

キョン(しかし、なんだか古泉と長門は昨日どこかで見た気がするんだが…)

キョン(気のせいか)

797 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:28:53.67 ID:wL0QFylh0

ハルヒ「喫茶店行くわよ」

キョン「お、おう」

キョン(また俺のおごりだろうなぁ…)

ハルヒ「はい、これ、くじ」

キョン「あ、ああ」

キョン(テンション低すぎないか…?)

ハルヒ「キョン、早く取りなさいよ」

キョン「は、はい」(敬語になっちまった)


キョン(…なんでこうなった)

ハルヒ「…」

古泉「では、あとで駅前に集合ということでいいですね?」

キョン「お、おう」

ハルヒ「じゃ、行くわよ、キョン」

キョン「おう…」

802 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:34:48.22 ID:wL0QFylh0

ハルヒ「…」

キョン「…」

キョン(…話し出せねえっ!)

ハルヒ「昨日は随分、楽しそうだったじゃない」

キョン「そ、そうか?」

ハルヒ「鶴屋さんとの水族館デート、どうだったの?」

キョン(もちろん、最高でしたが、何か?)

キョン「いつもお前が迷惑かけてるから、そのお詫びみたいなもんだ」

キョン「そりゃ、それなりに楽しめたぜ」

ハルヒ「ふうん……SOS団の活動にも出ないでよくそんなことが言えるわ」

キョン「知るか、んなもん」

ハルヒ「…」ムカ

806 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:39:32.79 ID:wL0QFylh0

キョン「言っちゃあ(朝比奈さんや長門に)悪いが、こんな団の活動より、鶴屋さんといたほうがよっぽど素晴らしい時間だぜ」

ハルヒ「あんた…鶴屋さんのこと、好きなの?」

キョン「そりゃまあ、頼りになる先輩だからな」

ハルヒ「ふうん…SOS団の団員はみんな、恋愛に無頓着だと思ってたのに…」

ハルヒ「まさか縁のなさそうなあんたが一番乗りとはねぇ…」

キョン「…どういうことだ? 言っておくけどな、俺は鶴屋さんと付き合ってないぞ」

キョン「その変な勘違い、鶴屋さんに失礼だろうが」

810 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:46:21.00 ID:wL0QFylh0

ハルヒ「…」

キョン「…そうかい、お前はついに、団員を信じることすらできんようになったのか」

キョン「まあ、いいさ」ツカツカ

ハルヒ「ま、待ちなさいよ」

キョン「これが俺の歩くペースだ」

ハルヒ「…何よ……」グス

キョン「…」


キョン「次は古泉か」

古泉「よろしくおねがいします」

キョン「そういえば、俺と古泉は初めてじゃないか?」

古泉「そうですね、いつも3人だったりあなたがほかの3人と二人きりだったり…」

812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:49:40.60 ID:wL0QFylh0

古泉「…そろそろ話してもいいでしょう」

キョン「あ?」

古泉「鶴屋さんと、付き合っているのでしょう?」

キョン「…お前もか……」

古泉「いえいえ、僕も同じようなものですから」

キョン「え?」

古泉「僕も、すこしばかり交際をしている方がいるんです」

キョン「そうなのか?」

古泉「はい、結構前からですけど」

キョン「だ、誰なんだ?」

古泉「あなたが鶴屋さんと付き合っているのかどうなのかを教えてくだされば、お答えしましょう」

キョン「…」

814 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 13:56:49.50 ID:wL0QFylh0

キョン「…お前、俺と鶴屋さんのこと、見てなかったか?」

古泉「え?」

キョン「なんだか、視線を感じたんだが…」

古泉「そ、そんなことありませんよっ」

キョン「…まあ、な。付き合ってるって言うかなんていうか…」

古泉「…まだ保留、ということですか?」

キョン「そんな感じだな。色々あったから」

古泉「そうですか…」

古泉「このことは、くれぐれも涼宮さんには言ってはいけませんよ?」

キョン「わかってるさ」

キョン「それじゃあ、教えろ」

815 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:00:51.81 ID:wL0QFylh0

古泉「森園生ですよ」

キョン「も、森さん!?」

古泉「声がでかいですよ…」

キョン「ほう、そりゃまあ…」

古泉「…これは、我々だけの秘密にしましょう」

キョン「お、おう…」

古泉「実は、機関内での交際などは一切禁じられていましてね…」

キョン「そ、そうなのか」

キョン(こいつも同じ境遇か…)

817 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 14:02:02.13 ID:wL0QFylh0

すいません、そろそろ出かけちゃいます。

鶴屋さん全然出てこなくてすいません…。

852 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 17:46:45.45 ID:wL0QFylh0

prrrr prrrr

古泉「おっと、失礼」

古泉「もしもし、はい。…森さん、今人がいますから…」

古泉「えっ、わかりました…はい。では」

古泉「すいません、仕事が入りました」

キョン「わかった。ハルヒに伝えとく」

古泉「では…」

キョン(俺にも鶴屋さんから来ないかな…)

prrrr prrrr

キョン(キター!)

キョン「もしもしっ?」

854 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 17:51:14.66 ID:wL0QFylh0

鶴屋「もしもっし!」

キョン「つ、鶴屋さん…!」

鶴屋「ど、どうしたんだい?」

キョン「いや、ちょっと感動しまして…」

鶴屋「あっははっ。映画でも見たのかいっ?」

鶴屋「まぁいいや。それより、遅れずにちゃんと行けた?」

キョン「はい。みんな先に来てましたけど…」

鶴屋「そっかそっか。あのさ、キョンくん」

キョン「はい」

鶴屋「今晩、ちょっと食べに行かない?」
キョン「もちろんですともっ」

鶴屋「うわっ、即答だねっ! 嬉しい限りっさ!」

857 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 17:55:48.01 ID:wL0QFylh0

鶴屋「それじゃあ、またあとで電話するにょろっ」

キョン「OK!」

プツッ

キョン「…最高だっぜ!」


キョン「すまんすまん、遅れた!」

ハルヒ「遅いわよ…あれ? 古泉君は?」

キョン「急ぎの用事で帰っちまった」

ハルヒ「ふーん…あっそ」

ハルヒ「じゃあこれで今日は解散。キョン、明日もちゃんと部室来なさいよ」

キョン「もちろんですとも」

860 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 17:59:49.94 ID:wL0QFylh0

キョン「…さて、もう一度電話を…」

みくる「キョンくん…」

キョン「のわっ! 朝比奈さんっ!」

みくる「…鶴屋さんとは、どうなんですかぁ?」

キョン「へ?」

キョン(くそっ、電話するタイミングがっ!)

みくる「鶴屋さんと、もしかして…」

キョン「す、すいません、ちょっと妹と行くところあるんで、早めに帰らせてもらいます!」

みくる「あっ…」


キョン「ふう…あぶねえあぶねえ…」

キョン(まだいたんですか…朝比奈さん)

863 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:05:18.16 ID:wL0QFylh0

キョン「それでは、改めて…」

prrrr prrrr

キョン「…」

鶴屋「もしもっし! キョンくん!」

キョン「どうもっす」

鶴屋「待ってたよん!」

キョン「これから、どうすればいいですか?」

鶴屋「とりあえずあたしの家に来て! くれぐれも中に入ったりピンポンはしないこと!」

キョン「じゃあ、行ったらメールしますよ。メールアドレス教えてください」

鶴屋「あー…ごめんね、キョンくん」

鶴屋「あたし、メールできないだっ」

キョン「な、なぜ?」

鶴屋「というか、やり方がわからないしっ」

鶴屋「できるだけ、キョンくんの声聞きたいからさっ」

キョン「…鶴屋さんっ!」

868 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:14:07.31 ID:wL0QFylh0

鶴屋「だから、着いたら電話……。 あっ!」
プツッ

キョン「? 鶴屋さん?」

キョン(鶴屋さん!?)


キョン「ハァハァ…鶴屋さん…」

キョン(着いたのはいいけど…電話がつながらねぇ!)

キョン「…くそ、中に入ったらダメだ…約束だし…」

キョン「くそっ…」

バシンッ

鶴屋「ひぃ!」

キョン「! 鶴屋さん!?」

キョン(今、あっちから声が…)

870 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:17:08.42 ID:wL0QFylh0

?「お前は、まったく、わからんやつだ」

バシン!

鶴屋「いやあっ! …うう」

キョン(鶴屋さん…!?)

キョン「で、でも…中に入ったら…」

鶴屋「もう…やめて」

バシン

鶴屋「ああっ…」

キョン「やめろおおおおおお!!!!」

876 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:23:13.34 ID:wL0QFylh0

?「な、なんだお前は!」

キョン「鶴屋さんに触れるんじゃねぇっ!」

鶴屋「きょ、キョンくん…」

キョン「鶴屋さん、逃げましょう、こんなとこ!」

?「ほほう、お前、鶴屋家を敵に回して、生きていられると思ってるのか?」

キョン「…」

鶴屋「キョンくん…もういいにょろ」

キョン「ダメです! こんなの…こんなの…」

?「むっ」

キョン「どうか、お願いします…」

キョン「俺を殺しても構いません。だから…鶴屋さんを…鶴屋さんを…」

キョン「自由にしてやってください…」

鶴屋「い、いやだよキョンくんっ! キョンくんがいなくなったら…あたし…」

?「…」

878 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:30:37.00 ID:wL0QFylh0

キョン「それでも、鶴屋さんが幸せになるなら…俺は、死んでもいい」

?「…貴様のような男児が死んだところで、こちらにはまったく利益はない」

?「貴様の命だけで、娘を自由になどさせるものか!」

キョン「それでも、俺はあんたに、鶴屋さんを渡さない」

キョン「渡すとか渡さないとか、俺が言うのは勝手すぎるかもしれないが、俺は…」

キョン「鶴屋さんが好きだから、好きだから全てを捧げてでも、幸せでいて欲しい」

キョン「笑顔で、いて欲しい」

鶴屋「キョンくん…」

890 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:46:07.86 ID:wL0QFylh0

?「お前は既に、覚悟が決まったというわけか…?」

キョン「ああ、どうせ俺の人生だ、どうなってもいい」

鶴屋「きょ、キョンくん…!?」

?「そうか…」

キョン「ちょっとだけ、時間をくれ…。 鶴屋さん」

鶴屋「な、なんだい?」

キョン「大好きです」

ギュッ

891 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:47:08.40 ID:wL0QFylh0

キョン「…最後になっちまいますけど、これ」

鶴屋「……」

キョン「はは、急いじゃってグチャグチャですけど、花です」

キョン「安いのですいません」

鶴屋「…キョンくん」

鶴屋「ありがと…大事に育てるっさ」

キョン「喜んでもらえて嬉しいです」

キョン「それじゃあ、またどっかで会いましょう」

鶴屋「…」

キョン「覚悟は、決まったぜ」

?「ふふふ…」

896 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:51:07.72 ID:wL0QFylh0

?「それでは、こっちへ来い」

キョン「…ああ」

?「…ここで待っていなさい」

鶴屋「キョンくん!! キョンくんっ!!」

キョン「鶴屋さん…」ニコッ

キョン「笑っててくださいよ」

?「早くこい」

キョン「…」

鶴屋「いや、いやだよっ・・・キョンくん! キョンくん!!」

899 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 18:54:26.49 ID:wL0QFylh0

キョン「…」

?「どうした?」

キョン「最後に、鶴屋さんの笑顔が見たかったなって…」

?「…そうか」

?「しかし、これはお前が決めた運命だ」

キョン「ああ、後悔はしてないさ…」

キョン(あっ…)

キョン(家族に言うの、忘れてたな…)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 22:39:45.17 ID:wL0QFylh0

?「…」

キョン「こりゃまた凄いギロチンですね…」

?「鶴屋家は代々この方法を使っているのだ」

キョン「なるほど…」

?「…なにか言い残すことは、あるか?」

キョン「…最後に、鶴屋さんに言っといて下さい」

?「…なんだ?」

キョン「いつも笑顔でいてください」

?「…わかった」


ダン――――――――――

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 22:47:23.44 ID:wL0QFylh0

鶴屋「…キョンくん?」

鶴屋「…キョンくんは、どこに行ったの?」

?「今使いが掃除をしているよ」

鶴屋「どういうことっさ…?」

?「…悪かったな…娘よ」

?「許婚との結婚も、断ることにする。好きな人を選べばよい」

鶴屋「…いやっさ…」

鶴屋「キョンくんじゃなきゃ…だめ…にょろ…」

?「…」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 22:51:21.58 ID:wL0QFylh0

?「あやつが最後に、お前に言ってくれと、言伝を預かった」

鶴屋「…?」

?「『いつも笑顔でいてくれ』…だそうだ」

鶴屋「え? …何を言ってるんだい、キョンくん…」

鶴屋「キョンくんがあたしを…笑顔にしてるのに…」

鶴屋「それで、キョンくんが笑顔でいてくれて…」

鶴屋「それに、最後って…」

鶴屋「キョンくーん!!」

?「い、いかん! 中に入っては、お前が傷つくだけだ!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 22:57:31.63 ID:wL0QFylh0

?「だ、ダメだ!」

鶴屋「キョンくん!」ガラッ

鶴屋「…!」

鶴屋「この、血はなにっさ…?」

?「…」

鶴屋「そんな…」

鶴屋「キョン…くん…」

鶴屋「遺体は? 遺体はどこにょろ!?」

使い「遺体は速やかにこの部屋から排除しました」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 23:04:13.93 ID:wL0QFylh0

鶴屋「…はは…嘘だよね…?」

鶴屋「キョンくん…あとで、颯爽と登場して…」

?「…」

鶴屋「…」ニコッ

?「…?」

鶴屋「頑張るよ、キョンくん…」

鶴屋「あたし、笑顔で、いるからねっ!」

?「…」

鶴屋「見守っててねっ!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 23:13:30.71 ID:wL0QFylh0


古泉「…いやなもの、見ちゃいましたね…」

長門「不法侵入もいいとこ」


みくる「鶴屋さん!」

鶴屋「やっほーみくるー! 元気してたか〜い」

みくる「鶴屋さん!」

鶴屋「うん! 今日も元気だねっ!」

みくる「…よかった。元気なんだね」

鶴屋「もっちろん! いつも元気バリバリだよっ!」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 23:25:19.53 ID:wL0QFylh0

みくる「うふふっ、鶴屋さんが笑顔だと、私も嬉しいです」

鶴屋「そうかいっ? ははっありがとっ!」

みくる「そういえば、水族館どうだったですか?」

鶴屋「とっても面白かったよ〜! キョンくんもあたしも何も知らないからさっ、すっごく新鮮だったにょろ」

みくる「そうでしたかぁ〜」(よかった、とても楽しかったみたいね)


谷口「ん? キョンはどうしたんだ?」

ハルヒ「…」

国木田「さあ? 病気じゃない?」

谷口「まあ、そうだよな。あいつ、めんどくさがってるけど学校には来るもんな」

ハルヒ(…キョン)

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 23:40:28.92 ID:wL0QFylh0

鶴屋宅

鶴屋「ただいまっ〜っと」

鶴屋「おや、父上、今日もお仕事かい」

?「あ、ああ…」

鶴屋「無理しないでね〜♪」

?「…」


鶴屋「よいしょっと」

鶴屋「ふー今日も学校終了っ!」

鶴屋「…」

鶴屋「…」グスッ

鶴屋「キョンくん…」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/10(土) 23:52:32.24 ID:wL0QFylh0

*「お嬢様?」

鶴屋「あっ…」ゴシゴシ

鶴屋「なんだい?」

*「いえ、なんだか声が聞こえましたから…」

鶴屋「ああ、気にしないでいいよ」

*「だめですよ、ちゃんと顔を見せてください」

*「…笑顔を、見せてくださいよ、鶴屋さん」

鶴屋「!!」

キョン「ただいま、鶴屋さん」

鶴屋「きょ…キョンくん…?」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 00:10:26.77 ID:QtDnpOqP0

鶴屋「な、なんで…?」

キョン「俺が鶴屋さんを残して、死ぬはずないじゃないですか」

鶴屋「キョンくーん!!!」ギュ

キョン「…ちょっと、いたずらが過ぎましたかね?」

鶴屋「い、いたずら?」

キョン「実は、鶴屋さんのお父さんと俺で考えたんですよ」

鶴屋「そ、そうだったのっ!?」

キョン「びっくりしましたか?」

鶴屋「…キョンくーん…?」

キョン「す、すみませんっ! ちょっとおふざけが過ぎた…」

チュッ

キョン「! 鶴屋さん…」

鶴屋「キョンくんだから、許しちゃうよっ!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 00:24:59.18 ID:QtDnpOqP0

キョン(なんという可愛さ…)

鶴屋「…ねえ、キョンくん」

キョン「はい?」

鶴屋「あたしのこと、好きかい?」

キョン「もちろんですともっ!」

鶴屋「あたしも好きっさ♪」

キョン(八重歯っ! 鶴屋さん、襲っていいですか?)

鶴屋「あれ? キョンくん、また鼻血出てるよ?」

キョン「す、すいません」

鶴屋「拭いてあげるねっ」

キョン「鶴屋さん、あなたのせいですよ」

鶴屋「あ、あたしかい?」

キョン「だって、可愛いから…」ドサリ

鶴屋「ちょっと、キョンくん…?」

キョン(昨日から鼻血…出しすぎたな…)

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 00:48:46.65 ID:QtDnpOqP0

鶴屋「ひ、貧血かい!?」

キョン「…すいません。なんか、クラクラして…」

鶴屋「ど、どうしようっ!」

キョン(慌てる姿も可愛いっ…)

キョン(鶴屋さんがいたら鉄分が持たん…)

鶴屋「とりあえず、冷やした方がいいのかな?」

キョン「…」

キョン(大丈夫ですよ、鶴屋さん)

キョン(…多分)

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 01:03:47.63 ID:QtDnpOqP0

鶴屋「キョンくん…死んじゃやだよっ」

キョン(ああ、もう、可愛いっ!!)ドバッ

キョン(しまったっ)

鶴屋「うひゃあ! キョンくんっ! また鼻血っ!」

キョン(ああ、鶴屋さんに殺される…☆)

鶴屋「ど、どうすればっ…」

キョン(あーでも、本気で目の前暗くなってきた…)

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 01:10:27.49 ID:QtDnpOqP0

鶴屋「うそ? キョンくん…」

キョン「…」

鶴屋「死んじゃった…?」

鶴屋「そ、そうだっ人工呼吸!」


鶴屋「ふう、キョンくんっ大丈夫かい?」

キョン「…」

鶴屋「キョンくうんっ!」

キョン「うーん…どうしたんですか?」

鶴屋「…きょ、キョンくーーん!」ギュッ

キョン(いきなりなんだ? まあ、可愛いからよし)

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 01:16:25.87 ID:QtDnpOqP0

キョン「というか、なんですか、この体勢…」

キョン(鶴屋さんが俺を押し倒しているような体勢…)

鶴屋「あっ…ゴメンっ…」

キョン(顔を赤らめてしまった…)

鶴屋「あたし、キョンくんを殺しちゃいそうだねっ…」

キョン「いえいえ、俺はそれだったら本望ですよ」

鶴屋「…へへっ…」

キョン「…どこか、行きませんか?」

鶴屋「そうだね、この前の約束通り、食べにいこっか?」

キョン「…はい!!」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 01:28:27.55 ID:QtDnpOqP0

鶴屋「ここのこれ、とっても美味しいっさー」

キョン「おお、これはうまそうだ」

鶴屋「熱いからくれぐれも火傷しないようにっ! あつぅ!」

キョン「って、言ってるそばからしちゃだめでしょ!」

鶴屋「うう…かっこ悪いとこ見せたね…ごめんごめんっ」

キョン「ほら、手出してください」

鶴屋「ありがと、キョンくんっ」

キョン「それにしても、鶴屋さんなんかミス多いですね」

鶴屋「そ、そうかな?」

キョン「この前も火傷してたじゃないですか」

鶴屋「いやあ、キョンくんの近くにいると、緊張するんさー」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 01:48:46.61 ID:QtDnpOqP0

キョン「…」

鶴屋「ドキドキしちゃって…」

鶴屋「なんか、あたしらしくないよねっ」

キョン「鶴屋さんらしいですよ」

キョン「俺だって、鶴屋さんと一緒にいると、ドキドキします。もちろん今も」

キョン「恋人って、そんなもんじゃないんですか?」

鶴屋「キョンくん…」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 02:10:03.93 ID:QtDnpOqP0

鶴屋「よーっし! マスター! いつものよろしくっ!」

マスター「はいよっ」

キョン「おお! …って、俺達未成年ですよ?」

鶴屋「ん? なんのことだいっ?」

キョン「…? すっごいお酒臭いんですけど…」

鶴屋「何言ってんの! マスターこれいつものだよねっ?」

マスター「もちろん」

鶴屋「と、いうわけだからっ、ほら、ぐびっと言っちゃいなよ♪」

キョン「…」

鶴屋「…」グビグビ

鶴屋「…ひっく」

キョン(やっぱ酒だー!!)

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 02:18:18.18 ID:QtDnpOqP0

鶴屋「ひょんくぅん……」

キョン(これは一体…?)

鶴屋「どーしたのー? キョンくぅん…」

キョン「ちょこっと飲んだだけでかなり酔っちまってる…」

鶴屋「むむー無視しないでよぉキョンくぅん…」

キョン「す、すいません」

鶴屋「きょおんくん…おでこチュッってしてぇ」

キョン「え?」

鶴屋「おでこにチュッって…」

キョン(この可愛いつるつるした、おでこにですか!?)

鶴屋「ねえ…お願い…」

キョン(目がとろーんてしてて、顔が赤い…)

キョン(これも、ハルヒで言う萌えなのだろうか?)

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 02:28:03.07 ID:QtDnpOqP0

キョン「いいんですね…鶴屋さん」

鶴屋「もっちろん…ねえ…早くぅ」ニヘラー

キョン「…」

チュッ

キョン「…」

鶴屋「…」ボンッ

キョン「鶴屋さん!?」

キョン(めちゃくちゃ顔真っ赤!!)

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 02:35:06.70 ID:QtDnpOqP0

キョン「…まったく、結局こうなるんじゃないですか…」

鶴屋「ふへへ…キョンくんの背中…あったかいにょらー…」

キョン「完璧に酔ってますね…」

鶴屋「キョンくん…大好きっ…」

キョン「俺も好きですよ」

キョン(俺は、これからもずっと、この笑顔に救われるんだろう)

キョン「…鶴屋さん?」

鶴屋「ふにー……」

キョン「寝ちゃったか…」

キョン「…おやすみなさい、鶴屋さん」

end

オチが弱かった。本当にゴメン…まさか前スレが1000いくと思ってなかった…。
とりあえず批判お待ちしています。

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 02:52:44.40 ID:QtDnpOqP0

>>130

キョン「…あれ?」

?「とても、強い心を持っているんだな…」

キョン「…?」

?「私はお前ほど、あいつを愛していたやつはいなかった…」

キョン「え? ええ?」

?「私は許婚にも、毎回こうやって、脅すのだが…怖がって逃げてしまうんでな…」

?「ここまで来たやつはお前が初めてだ」

キョン「…はあ」

?「娘を…よろしく頼む。さあ、行ってやってくれ」

キョン「そうだ…ちょっと待ってください」コソコソ

?「…そうか、わかった。協力しよう」

ダン――――――――――

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/10/11(日) 03:00:34.24 ID:QtDnpOqP0

みなさん、本当に見てくれてありがとう。

鶴屋さんの新キャラクターソング、買ってあげてね。

鶴屋「約束っさ〜」

キョン「おんぶしてるのに動かないでくださいっ!」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「ボンバヘッ!」