谷口「そういや、お前長門と絡み合ってたよなw」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「もうすぐバレンタインですね」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 01:08:43.76 ID:uPVa4N6a0

キョン「いや・・・あれは!」

谷口「どうせあれだろ? 涼宮のシナリオだろ?」

キョン(勝手に勘違いてくれてありがとうよ谷口。お前のアホは世界を救う)

〜放課後

谷口(ピッピッピ)プルルルル

谷口「あ、どうも谷口です。・・・ええ順調です。キョンいや、Kは予想通りの反応を
してくれています。はいw Kがアホで助かりました」

谷口「引き続き、キョン含め主要人員の監視を続けます」ピッ

谷口「やれやれ、アホ役も疲れるな。古泉役をやりたいもんだよ」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 01:11:51.89 ID:uPVa4N6a0

国木田「どうしたの谷口?」

谷口「ちょっと親戚から電話あってな。ゲームの攻略談義してたんだよ」

国木田「なんだよそれw」

谷口「はははw」

〜SOS団部室

ハルヒ「はい、これが配役ね!」

みくる「ひ!ひぃ〜」

長門「・・・」

古泉「おやおや」

キョン(・・・! 俺だけ雑用・・・だと・・・)

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 01:15:48.32 ID:uPVa4N6a0

〜公園

ハルヒ「はい、スタート!」

みくる「く、くらいなさいぃ〜」パンパン

キョン(あつい・・・)

〜帰り道

ハルヒ「じゃあ今日は解散! 明日も気合入れて撮影するからね!」

キョン「はいよ」

テクテク

キョン「どうしても、うちの団長様は、ホンコン映画を作りたいようで」

谷口「おっ! ようキョン」

キョン「!? なんだ・・・谷口か」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 01:20:40.84 ID:uPVa4N6a0

谷口「なんだとはなんだよw 折角クラスメイトに会ったんだからもう少し喜 べ よ」バシッ

キョン「いてっ! 今は疲れてとにかく帰りたいんだ。話があるなら、明日電話でなり聞いてやる」

谷口「OK、OK。 じゃなキョン・・・あっいい忘れてたが」

キョン「なんだ? 愛の告白なら承ってないぞ」

谷口「そうじゃねえよw コスプレした朝比奈先輩が、公園で泣いてたのかな? 蹲ってたから気になってな」

キョン「!! どこだ!? どこの公園だ!」

谷口「あ、焦るなって! あそこだよ、場所は───」

タッタッタ

キョン(朝比奈さん・・・!)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 01:28:19.75 ID:uPVa4N6a0

〜公園

タタッ

キョン(ど、どこだ! あさひな・・・いたっ!)

キョン「朝比奈さん!」

みくる「!!」ビクッ

みくる「キョン君、そんなに慌てて、ど、どうしたんですかぁ?」グスッ

キョン(朝比奈先輩の目・・・充血して真っ赤だ・・・。心なしか目元も腫れてる)

キョン「い、いや。ちょっと途中で朝比奈先輩が公園にいたもんで、その・・・気になって」

みくる「あ、そうなんですか・・・。へへ、ちょっと疲れちゃってここで休憩してたんですぅ」グシッ

キョン「・・・あの、またハルヒが朝比奈先輩に無茶な事をいったんじゃ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 01:33:57.81 ID:uPVa4N6a0

みくる「えっ! そんな事ないですよぉ〜。本当に疲れてただけで・・・」

キョン「そうですか・・・。何かハルヒが無茶言ったら俺に言ってください。少しは力になれると・・・」

みくる「ありがとうキョン君」ニコッ

みくる「これも一つの私の仕事だし。なんとかやってみせます」

みくる「じゃあ、暗くなってきましたし、私帰りますね」タタタッ

キョン(朝比奈先輩・・・どう見ても大丈夫じゃないよな)

〜帰り道

みくる(公園で一休みしてる時に、子供達に脅かされて泣いてたなんて恥ずかしくて言えないよぉ)

〜家

キョン「・・・ハルヒの奴。このままじゃ朝比奈先輩が・・・」ブツブツ

プルルルルル

キョン「!? 谷口か」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 01:47:03.24 ID:uPVa4N6a0

谷口「よぉ、キョン。愛しき友人の谷口が電話してやったぞ」

キョン「なぁ谷口! 今日、朝比奈さんが公園にいた時の様子をもう少し詳しく教えてくれ!」

谷口「ど、どうしたんだよキョン。何かあったのか?」

キョン「いや・・・ちょっとな」

谷口「ふ〜ん。まぁいいや。俺が朝比奈先輩を見た時は、すでにベンチに腰掛けてて・・・」

〜回想

谷口(おっ! あれは、我が校が誇る三大美女の一人、AAA朝比奈みくる先輩ではあ〜りませんか!)

みくる「グスッ」

谷口(!? 泣いてる?)

ソロ〜リ

谷口(盗み聞きは、紳士たる谷口様の意思に反するが、欲には勝てん)

みくる「いやだな〜」ボソリッ

みくる「嫌だって言ってるのに、ハルヒさんがキョン君と仲良くしてるだけで八つ当たりばかり・・・」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 01:56:59.24 ID:uPVa4N6a0

みくる「キョン君がいないと、いつもいじめるし。今回だって私への嫌がらせの為だけに企画して・・・」グスッ

谷口(おいおい〜。あいつらこんなどす黒い関係だったのかよ)

谷口(何か、聞いてはいけないものを聞いた気がする・・・さっさとこの場を立ち去るか・・・)

〜現在

キョン「それは本当か・・・?」

谷口「ああ、聞きたくなかったがな。その事で朝比奈先輩は、お前に何か言ってのか?」

キョン「い、いや。特に何も。確かに気丈に振る舞っている感じはしたが・・・」

谷口「まぁ、仮にも朝比奈”先輩”だからな。後輩に弱い所は見せたくないのかもな」

キョン「・・・」

谷口「じゃあ、俺家族と出かけなきゃいけんから切るぞ・・・あっこの事は他言無用だぞ」

キョン「何故?」

谷口「何故ってw 朝比奈先輩だってプライドがあるんだ。そんな所を人づてに聞かれたと分かれば
朝比奈先輩の心証はもちろん、そこからSOS団の悪評が広まって・・・ってな」

キョン「確かにそうだな・・・。谷口にしてはいい事を言う」

谷口「にしてはってなんだよ!してはってw まぁいい、じゃな」プチッ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 02:14:46.30 ID:uPVa4N6a0

----
キョン「ハルヒの奴・・・」

谷口「・・・馬鹿がw」

〜市内
ハルヒ「遅い! 5分の遅刻よ!」

キョン「ああ・・・すまん」

ハルヒ「? まぁいいわ。じゃあ喫茶店で休憩してから行きましょ! あ、もちろんキョンの奢りだから」

キョン「・・・・・・」

古泉「・・・」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 02:22:55.07 ID:uPVa4N6a0

〜公園

ハルヒ「カットカット! みくるちゃんそうじゃないのよ! もっとこうバァーン!とババババって感じでやってくれないと!」

みくる「ふ、ふぇぇぇ〜。こ、こうですかぁ〜?」

ハルヒ「ちっが〜う! それじゃ、ブルース・リーも裸足で逃げ出さないわ! ジャッキーもサモハンも逃げ出すくらいの
迫力がないと!」

みくる「さ、サモハン・・・? じゃっきー??」

ハルヒ「だ〜か〜ら〜」

キョン「もういいだろハルヒ! 朝比奈さんも初めての撮影で疲れてるんだ、大目に見てやれよ」

ハルヒ「!! な、何よあんた! 団長に逆らう気」

キョン「はいはい、団長様についていけば全て解決なんでしょ。 さ、朝比奈さん水です」

ハルヒ「ちょ、ちょっとキョン! まだ、話してる途中でしょ! それに、みくるちゃんばっかり───」ハッ

キョン「え? 何だって?」

ハルヒ「いいわ! 古泉君を代わりに撮影するわ。古泉君お願い」プルプル

古泉「はい、わかりました」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 02:27:18.45 ID:uPVa4N6a0

〜昼

ハルヒ「はい、カット!」

みくる「はぁはぁ・・・」ドサッ

ハルヒ「じゃあ、今日の撮影はこの辺でいいかな。ちょっとキョン水買ってきて」

キョン(なんで俺が・・・雑用でしたね)

キョン「あいよ、"団長" さ ま」

ハルヒ「ムッ」

古泉「・・・困りましたね」ボソッ

キョン「ほれ水」

ハルヒ「・・・」パシッ

キョン(お礼の一言もいえんのか、こいつは)ヒクヒク

キョン「ほれ」

古泉「ありがとうございます」ニコッ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 02:30:29.83 ID:uPVa4N6a0

〜市内 喫茶店

ハルヒ「じゃあ、今日の撮影は解散! 明日又学校でね」タタタッ

キョン「さて、俺も帰るとするか」

みくる「はぁはぁ・・・」

キョン「大丈夫ですか朝比奈さん?」

みくる「はい、大丈夫です・・・」ニコッ

キョン「そうですか・・・」

古泉「すいません。この後いいですか?」ボソッ

キョン「ん? ああ・・・」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 02:38:55.93 ID:uPVa4N6a0

〜公園

キョン「どうしたんだ古泉。こんな所に呼び出して」

古泉「すいません。ちょっと気になりまして」

キョン「? 気になる? 何をだ」

古泉「いえ。 涼宮さんと何かあったのかなと、お二人が打ち解けているものですから」

キョン「ふん! 別に何もない、いつも通り。涼宮団長の雑用係ですよ」

古泉「・・・そうですか。いや、それなら安心しました。お二人が良好な関係を保ち続けてくれれば
私どもも、無駄な労力を使わなくて済みますのでw」

キョン「善処する」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 02:43:50.96 ID:uPVa4N6a0

古泉「おっと、もう夕暮れですね。では、僕はこれで」

キョン「ああ、お疲れ」

タタタ

〜数分後

子供A「あ、お兄ちゃんだ!」

B「あ、谷口お兄ちゃん!」

谷口「よっ、坊主ども元気にしてたか〜?」

C「うん、サッカーしてたよ〜。今日は、脅かしごっこやらないの?」

谷口「脅かしごっこは、今日はもう遅いだろ? また今度やろうな!」

D「うんわかった! じゃあね〜」

谷口「おお! 車に気をつけろよ〜」

〜次の日・朝・学校内

谷口「よっ!」

キョン「ああ、お前か」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 02:52:55.44 ID:uPVa4N6a0

谷口「相変わらず素っけないな〜。ま、お前らしいと言えばお前らしい」

キョン「はぁ〜」

谷口「どうしたキョン? お疲れモードかよw」

キョン「まぁな」

キョン(こちとら、両面から圧迫される中間管理職の気分だっていうのに)

〜昼休み

谷口「お前が疲れてると思ってな。親友の俺様が、健気にもお前の為に、なけなしの金を使って
このジュースを・・・っておい!」

キョン「どうせくれるんだろ。人の好意は、甘んじて受けるのが俺のモットーなんでな」ゴクゴク

谷口「ったく・・・俺の演説が」ブツブツ

国木田「まぁまぁw ところでキョン。何か又変なことをやってるらしいね」

キョン「プハッー! ん? まぁな。いつもの通り俺は右へ左へ流されてるだけだがな」

国木田「何作ってるんだろうね?」

谷口「まぁ、何となく予想はできるけどなw」

キョン「フン!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 03:01:21.85 ID:uPVa4N6a0

〜放課後・部室前

キョン「おい〜す───」

ハルヒ「早く脱いじゃいなさい!」

みくる「ひぇぇ〜、や、やめてください〜」

キョン「!! 又ハルヒの奴!」イライラ

ハルヒ「いいじゃない! あんたの体男に媚びさせるにはうってつけなんだから!」

キョン「!!」ピキッ

バンッ!

ハルヒ&みくる「!?」

キョン「いい加減にしろハルヒ!」

ハルヒ「な、何よ・・・! 着替え中に、いきなり入ってこないでよバカ!」

キョン「馬鹿だって! ああそうかい、俺が馬鹿ならお前はキチガイだなw」

キョン(な、なんで俺・・・こんなイライラしてるんだ)

ハルヒ「!!」ビクッ

ハルヒ「平団員が、団長に逆らって・・・い、いいと思ってるの!?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 03:07:02.30 ID:uPVa4N6a0

キョン「団長の癖に、お前の我儘で、朝比奈さんや俺、他のメンバーがどれだけ苦労してるのが分からないのか!」ドンッ

ハルヒ「!!」ビクッ

キョン「もう限界だ! この際全部言わせてもらうが───」

みくる「や、やめてくださぁ〜い」バッ

キョン「あ、朝比奈さん・・・」

みくる「わ、私が我慢すればいいだけなんですからぁ〜」グスッ

ハルヒ「が、我慢・・・? みくるちゃんも、嫌々付き合ってくれてたってこと・・・?」

みくる「い、いえ! そういう意味じゃなくて・・・」ハッ

キョン「いえ、いいんですよ。この際、ハルヒにすべて言ってしまいましょう」

みくる「そ、それだけは、禁則事項になってしまいま・・・」

ドサッ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 03:13:07.77 ID:uPVa4N6a0

キョン「朝比奈さん! 凄い熱だ・・・」ガバッ

ハルヒ「みくるちゃん」タタタ

キョン「触るな」パシッ

ハルヒ「!! ・・・」

キョン(駄目だ・・・何故かイライラが止まらない)

キョン「俺が、連れていく。邪魔するな」

ハルヒ「・・・わかった」

ハルヒ「ごめんねキョン」グスッ

キョン「!! ・・・謝るなら朝比奈さんにしろ」タタタ

ハルヒ「・・・」

古泉「どうも、クラスの文化祭の準備で遅れてしまいまして・・・」ドカッ

ハルヒ「・・・」タタタ

古泉「涼宮・・・さん?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 03:19:44.47 ID:uPVa4N6a0

古泉「まさか・・・」ハッ

〜校内

古泉「長門さん!」タタタ

古泉(長門さんはどこに・・・)

長門「なに?」

古泉「あ、そんな所にいたのですか・・・。先ほど部室で起こった出来事は知ってますね?」

長門「把握している」

古泉「それはよかった。では、詳細に教えていただけると助かるのですが・・・」

長門「先ほど───」

〜数分後

古泉「成程・・・厄介な事になってしまいましたね」

プルルルルr

古泉「はい・・・やはりそうですか。わかりました、そちらに向かいます」

古泉「長門さん・・・。見ての通り僕の体は一つなもので・・・。どうでしょう?この問題に対処してもらえる事はできませんか?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 03:34:25.30 ID:uPVa4N6a0

長門「・・・」

古泉「・・・」

長門「それはできない」

古泉「何故ですか? 涼宮ハルヒという対象者の正常な観察は、あなた方の目的でもあるはずです」

長門「確かに、涼宮ハルヒによる著しい世界への介入への対応も含まれている。
だが今回、情報統合思念体はそれを望んではいない」

古泉「・・・なるほど。そういうことですか。では1つだけ・・・今回の黒幕はお分かりになってますね?」

長門「理解している」

古泉「誰ですか?」

長門「・・・アクセスを遮断された。体内のバックアップも削除されている。答えることはできない」

古泉「!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 03:41:01.70 ID:uPVa4N6a0

古泉「まさか、長門さんの組織・・・という訳ではありませんよね?」

長門「それについては、違うと断定できる」

古泉「・・・わかりました。これ以上長門さんを追及しても無駄でしょうからね。
なんとかこちらでできうる限り対処してみましょう」

〜校外

古泉「はい、森さんよろしくお願いします」ピッ

古泉(森さんに、一時的に対処してもらうとして、後は組織から人員を派遣してもらうしか)ブツブツ

古泉(遅い・・・迎えはまだか)

ブロロロr

古泉「来た───」ハッ

〜保健室

ガラッ

キョン「誰もいないのか」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 03:46:48.68 ID:uPVa4N6a0

キョン「ここで、横になってください」

みくる「ありがとう・・・キョン君」

キョン「いえ、いいんですよ」

みくる「・・・・・・」スヤスヤ

ガラッ

キョン「先生ですか───」

谷口「よぉ」

キョン「谷口か・・・今忙しいんだ、後にしてくれ」

谷口「朝比奈先輩は、今頃インフルエンザに感染してヒィヒィ言ってる所だから、お前も気をつけろよw」

キョン「なっ!? お前・・・」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 03:53:42.70 ID:uPVa4N6a0

谷口「すまんなw さっきの喜劇覗かせてもらったわwwww」

キョン「なんなんだ、お前本当に谷口か? それにインフルエンザって・・・」

谷口「朝比奈先輩の食事の中に、インフルエンザ菌を混入した。それだけだよw」

キョン「な、なんでそんな事を!」ガッ

谷口「おいおい、痛いなキョン。友人にこれはないだろw」

谷口「いや、俺があげたジュースに興奮剤が入ってせいかもなw」

キョン「ふざけ!・・・」

プシュ

キョン「なに、吹きかけ・・・」

キョン(め、眩暈が・・・)

谷口「見てみたいんだよ」

キョン(・・・何をだよ)

谷口「3年前以前の記憶をな」

キョン(3年前・・・? ああ・・・ハルヒによる情報爆発が起こった時期か・・・)




37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/24(月) 03:56:13.03 ID:uPVa4N6a0

なんとか終わらせられた・・・



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:灰原「んん!あああああ〜!」 コナン「お前ナニしてんだよ」