元太「うな重うめー!」ビュルビュル


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「朝比奈さんの肛門、綺麗ですね」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 13:29:15.82 ID:tontbze30

うなぎ屋

元太「うっ!!……んっ、ふぁっ……んぅ……」ビュル・・・ビュル・・・

光彦「どうしたんですか元太くん、顔色悪いですよ」

元太「な、なんでもねえよ。うますぎてちょっと喉につまらせただけだぜ?」

光彦「勢い良く食べるからですよ。ちゃんとかんで食べましょう」

元太「そ、そうだな……でもうめーもんはしかた……ねえよ……」

光彦「まったく元太くんはー」

元太「……」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 13:34:04.49 ID:tontbze30

光彦「どうしたんです?今度は全然箸がすすんでないじゃないですか」

元太「……ん?ああ、そうだな!たべねえとな!」

光彦「なんだかさっきからおかしいですよー?まさか……」

元太「……!!」

光彦「トイレに行きたいんじゃないですかー?」

あゆみ「げ、元太くんが食中毒ー!?」

元太「ちょ、あゆみ声が大きいぞ」

光彦「まあ、ぼくたちのことは気にしないでください!心置きなくトイレに行ってきていいですよ!」

元太「おまえも声が……」

コナン「どうしたー?」

元太「……!!」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 13:38:26.98 ID:tontbze30

あゆみ「元太くんが食中毒なんだってー!!」

コナン「ばーろー!そんな大きな声でいうんじゃねーよ!!」

コナン「もし食中毒じゃなかったらどうするんだよ」

あゆみ「ごめんなさい……」

元太「コナン……」

コナン「まあ、食い過ぎてトイレに行きたいだけだろ。さっさと行ってこいよ」

光彦「そうですね。まずはトイレに行って気張ってきましょう!」

あゆみ「救急車呼ぶ準備しておくからね」

元太「ああ、ありがとなみんな……うっ……」ビュル・・・



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 13:41:48.22 ID:tontbze30

トイレ

元太(うわぁ……なんだよこれ……)

元太(パンツがびしょぬれじゃねえか……)

元太(しかもただのしょんべんじゃねえ……)

元太(脱ぐしかないよな……)

元太「……んっ、ふぁ……」ビュル・・・

元太(またかよ……)

元太(ぬるぬるしてきもちわりぃなぁ……)

元太(でも……出てくるときは気持ちいいんだよな……)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 13:46:57.49 ID:tontbze30

テーブル

コナン「おい腹の調子は大丈夫か?」

元太「ん?ああ、もう大丈夫だから心配すんなよなおまえら」

光彦「まったく、人騒がせな元太くんですね」

あゆみ「いちおう、お薬のんでおいたら?」

元太「……」

光彦「どうしたんですか?」

元太「いやなんでもねえよ」

元太(元気が全然でねえ……)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 13:49:51.47 ID:tontbze30

元太(うな重食ったから元気でるはずなのによ……)

元太(しゃべる気すら起きねえじゃねえか……)

元太「……」

コナン「ほんとに大丈夫か……?」

元太「……おう……」

あゆみ「あれ?」

光彦「どうしたんですか!?」

あゆみ「元太くん香水つけてきたんだー!!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 13:53:26.82 ID:tontbze30

光彦「香水……ですか?」

コナン「バーロー、うなぎ屋で香水つけるバカいるかよ」

あゆみ「だって、元太くん元気ないのはきっと恥ずかしいからだよ!!」

コナン「恥ずかしい?」

あゆみ「香水つけてお洒落して少し大人な感じを演出したのが恥ずかしいんだよ!!」

元太「あ……えっ…………おう……」

あゆみ「ほらー!!」

光彦「でもおかしいですねー。そんな香水の臭いなんてしませんよ?」クンクン

あゆみ「あゆみにはわかるんだもん!!すごくいい匂いがする!!」クンクン

あゆみ「コナンくんの香水と同じ匂い!!!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 13:56:33.60 ID:tontbze30

コナン「あー?俺は香水なんかつけねえよ」

あゆみ「でもでも、元太くんとコナンくん同じ匂いがするよー?」

光彦「お二方!どんな香水つかってるんですか!?」

元太「……」

コナン「だから俺は……」

コナン(まさか……)

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 13:58:40.12 ID:tontbze30

コナン「おい、灰原、俺いまどんな匂いがしてる?」

灰原「え?別にいつもと変わらないわよ」モグモグ

灰原「香水の匂いだったとはね……随分とおませな小学生だこと」モグモグ

コナン「博士、おれ、いまどんな匂いしてるんだ?」

博士「新一はイカの匂いがプンプンじゃよ」

コナン「……」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:02:54.27 ID:tontbze30

コナン「」

あゆみ「コナンくんどうしたのー?」

光彦「なんていう香水なんですか!?」

コナン「……ん?ああ、なんだっけな……えーっと……その……」

灰原「博士の発明品よ」モグモグ

コナン「ああ、そうそう。だから名前わかんねんだ。博士なら知ってるんじゃねーか?」

コナン(恩に着るぜ灰原)

光彦「博士!なんていう香水なんですか!?」

博士「わしはなにも作っとらんよ」モグモグ

コナン「……」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:06:38.71 ID:tontbze30

光彦「どういうことですか!?コナンくん、灰原さん」

光彦「僕もはやくあゆみちゃんをメロメロにしたいんです!!」

コナン「ば、ばーろー、いい加減うな重食べようぜ。この話は食べ終わったあとだ」

光彦「そ、そうですね……」

コナン「ほら、元太も腹直ったんなら食べちまおうぜ?」

灰原「そうよ、食べ終わってないのあんたたちだけよ」

元太「……おう……」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:08:57.31 ID:tontbze30

元太「……」パクッ

元太「……っ」ピクッ

元太「……」パクッ

元太「……」パクッ

元太「……」パクッ

元太「……」パクパク

元太「んっ、ふぁ……」ビュル・・・



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:10:48.45 ID:tontbze30

元太「……」スタスタスタ

光彦「どこいくんですかー?」

元太「……」

コナン「ちょっと様子見てくるわ」スタスタスタ



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:13:27.12 ID:tontbze30

トイレ

元太「ちきしょう……」

コナン「射精したんか」

元太「しゃせい?」

コナン「チンコからなんかでてきたろ」

元太「……」

コナン「それが射精っていうんだよ」

コナン「俺と同じ匂いがしてるって聞いてピンときたんだ」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:15:41.33 ID:tontbze30

元太「おまえも射精してるのか?」

コナン「いいや、いま俺は射精はしてない」

元太「じゃ、なんで……」

コナン「毎朝射精してるから匂いがこびりついちまったのかな?」

元太「コナンは寝起きがきっかけでそのしゃせいってのをするのか?」

コナン「いいや、違うぜ。俺は自分でシコってる」

元太「しこってる?」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:18:13.12 ID:tontbze30

コナン「ほら、こうやって手で筒を作ってな、これでチンコをこするんだ」

元太「へえ……」

コナン「で、数分もシコってればピュピュと射精するわけだ」

元太「へえ……」

コナン「元気ねえな?小学生なら食いついてくると思ったのによ」

元太「おう……」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:23:15.80 ID:tontbze30

コナン(ははーん)

コナン「ちょっと待ってろな」ピッヒッ゚ピッ

コナン「これ見てどう思う?」

元太「どうって……角姉ちゃんかこれ」

コナン(駄目か……)

元太「なあコナンそんなことよりよ、俺どうすればいいんだよ」

コナン「俺に訊かれてもなあ」

元太「何しにきたんだよ」

コナン「じゃあな!テーブルで待ってる!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:25:30.27 ID:tontbze30

元太(ほんとに行っちまった……)

元太(チンコからは変な液体出てくるし元気でねえし……)

元太「どうすりゃいいんだよ……」

元太「……仕方ないか……」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:28:35.71 ID:tontbze30

テーブル


元太「……」スタスタスタ

光彦「おっ!やっと帰ってきま……し……たね」

あゆみ「う、うん……」

灰原「小嶋くん……」

コナン「おまえ……」

博士「ポコチン丸出しじゃのー」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:31:22.37 ID:tontbze30

元太「……」

コナン「おい、ズボンはどうした?」

元太「……おっといけねー、履いてくるの忘れちまったー」

光彦「わざとらしいですね……」

あゆみ「うわぁ!!でもでもすんごくいい匂いしてくる!!」クンクン

灰原(確かに工藤くんと同じいい匂い……)クンクン

博士「また射精したのかね」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:35:09.17 ID:tontbze30

あゆみ「えー!?なにー!?射精!?」

灰原「吉田さん、ちょっと声が……って博士!!」

博士「すまんすまん、つい口に出してしまったわい」

光彦「博士、射精ってなんですか!?香水の名前ですか!?」

灰原「そう!そうなの!香水の名前よね、博士?」

博士「だから香水はつくっとらんって」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:42:37.96 ID:tontbze30

灰原「博士!(お願いだから話をあわせて!)」

博士「話もなにも新一と小嶋くんが射精しただけじゃろ」

光彦「だから射精ってなんなんですか!?」

灰原「ああ、えーとそうね、江戸川くんなら知ってるわ!ねえ?」

コナン「ふええ、そんなことぼくにきかれてもわかんないよぉー」

灰原「こいつ……」

あゆみ「ねえ、なんなの!?射精ってなに!?コナンくん毎日シコってるの!?」

博士「そりゃあ毎朝、哀くんをオカズにドピュドピュじゃよ」


灰原「へ?///」







元太「おわり」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 14:47:37.07 ID:tontbze30

こういう病気の方が世の中にはいらっしゃるそうなので打ち切りってことで

119 名前:せっかくなんでビュルビュル関係なしで[] 投稿日:2012/09/18(火) 15:25:07.89 ID:tontbze30

博士の家

コナン「あー、今日は散々だったな」

灰原「博士がかき混ぜるから……」

博士「すまんすまん……でも新一の気持ちがわかってよかったじゃないか」

コナン「よかねーよ」

灰原「実際のところどうなの……?いい、オカズ?にはなってるの……?」

コナン「そりゃあ……ってなに言わせんだよ!」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 15:32:40.45 ID:tontbze30

灰原「いいオカズになってるならよかったわ」

コナン「……?普通嫌がるところじゃないか」

灰原「こうやって小さな身体になって女としての魅力……」

灰原「そもそもそんな魅力あったのかもわからないけど」

灰原「身体が小さくなったことによって心も失われたような気がしたのよ」

コナン「なんだか難しいこと考えてるんだな」

灰原「そうかもしれないわね。でも今日こうして私が女として扱われていることを知ってなんだか嬉しくなったの」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 15:38:01.83 ID:tontbze30

コナン「そりゃあなあ、俺らは見た目はこれでも心は高校生なんだもんな」

灰原「そう、普通なら年頃の男女でいちゃいちゃしててもおかしくない年齢……工藤くんと毛利さんのようにね?」

コナン「ばーろー、いちゃいちゃなんかしてねえよ」

灰原「そうかしら?」

コナン「だからしてないっての」

灰原「はいはい。でもそういうのいいなーと思うわよ?」

灰原「私達がこのまま小さいままだとあと10年、だけど心は27……」

灰原「もうそういう年齢でもなくなってるわよね」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 15:41:32.39 ID:tontbze30

コナン「なにいってんだよ。組織をぶっ潰して解毒剤のんで元に戻るんだろ?」

灰原「成功する保証はどこにもないじゃない。このままずるずる年をとった未来のことも考えないと」

コナン「だけどよ……」

灰原「いい?私達の心が17歳なのは今しかないの」

灰原「私たちがひとつ年をとれば心は28歳よ」

灰原「なんだか虚しくならない?」

コナン「……」

灰原「ごめんなさい……」




130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 15:45:59.25 ID:tontbze30

コナン「そんな考えこんでも仕方ねーだろ」

コナン「神様にお願いしたら元に戻れるわけでもないんだからさ」

コナン「ひとつひとつ問題を解決していかなきゃならねえんだ……」

灰原「ごめんなさい……」

博士「しこってすっきりするのが一番じゃ」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 15:49:07.60 ID:tontbze30

コナン「……」

灰原「……」

コナン「なあ、灰原」

灰原「……」



132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 15:50:53.70 ID:tontbze30

コナン「シコってくれないか」

灰原「嫌よ」

コナン「ですよね……」

灰原「私が塞ぎこんでるのになんであんたがスッキリするのよ」

コナン「いや、でもよお、もしかするとその……女としての魅力?を取り戻せるかと……」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 15:52:11.15 ID:tontbze30

灰原「……」

コナン「取り戻せるんじゃないか?」

灰原「……」

コナン「なあ、取り戻したいんだろ!?」

灰原「なら抱いて!!」

コナン「……!!」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 15:54:56.97 ID:tontbze30

コナン「え、でもまだ蘭ともやったことないし……その……えーっと……」

灰原「……もう、わかったわ、それなら……抱きしめて?」

博士「つまらんのう……」

コナン「それくらいなら……」

コナン「こうか?」

灰原「もう少しきつく」

コナン「こうか?」


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 15:57:02.69 ID:tontbze30

灰原「上出来ね」

コナン「そ、そっか」

コナン「ま、まあ、このまま元に戻らなかったら俺がもらってやるよ」

灰原「はい?」

コナン「お前の悩みがわかるの俺くらいだろ?」

コナン「だから俺がもらってやろうかなって」

灰原「は?」

コナン「……え?」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 16:03:27.11 ID:tontbze30

灰原「こんなのは嫌」

コナン「こん……なの……?」

灰原「そんな大事なことを適当にいう人に貰われたくないってこと」







元太「おわり」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/18(火) 16:11:32.38 ID:tontbze30

こういう話は駄目だな またマジキチ書いたときはよろしく



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「キョン!」