ハルヒ「セックスについて教えなさいっ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンと365日毎日一緒にいたらどうなるのっと」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/22(土) 20:57:26.88 ID:cop6XTT0O

キョン「…………は?」

ハルヒ「だから、セックスよセックス!」

キョン「おまえ………セッ、それが何かわかってんのか?」

ハルヒ「わからないから聞いてるんじゃない、聞いた話によるとすごくおもしろいってことだけは知ってるわ!」

キョン「本当に知らないのか?」

ハルヒ「何でうそつかなきゃなんないのよ。早く教えなさいっ!」

キョン「まじか…………………」

みくる「ふえぇ……」

古泉「おやおや

長門「……」ペラッ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/22(土) 21:00:37.40 ID:cop6XTT0O

ハルヒ「で、セックスってなんなの!」

キョン「あ……あれだ、男の人と女の人が仲直りするおまじないだ」

ハルヒ「ふむふむ、つまりそれは魔法か何か不思議な力なのね?」

キョン「いや、そうじゃなくてだな………」

長門「嘘はよくない」

キョン「!!」

ハルヒ「有希、詳しく聞かせてちょうだい!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/22(土) 21:06:23.40 ID:cop6XTT0O

長門「セックスとは生殖行為。いわゆる性交。女性器に男性器をそうにy」

キョン「うおおおおおおっと!まあ待て長門、少し落ち着k」

長門「私は正常。あなたの嘘をただしているだけ。」

キョン「いや、そうじゃなくてだな」

長門「血圧の上昇、発汗を確認。童貞特有の症状と思われる」

キョン「!!!」

ハルヒ「ドウテイってなに?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/22(土) 21:11:09.24 ID:cop6XTT0O


長門「童貞とは性交未経験者。有機生命体本来の義務すら果たせていない愚か者」

キョン「…………長門、いっていいことと悪いことがあるぞ」

長門「私は真実を述べているだけ。うそをついたのはあなた。」

みくる「ふえぇ〜〜〜」

古泉(下がれ血圧!ばれる前に!)

ハルヒ「ちょ…ちょっと、喧嘩はやめなさいって!あ……そうよ、セックスしなさいセックス!」

キョン・長門「!!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/22(土) 21:16:37.23 ID:cop6XTT0O


〜その夜〜



キョン「はぁ……」

キョン「あのあと長門は帰っちまうし、ハルヒは少し責任感じてたし後味悪いな…」


prrrrrrrr

キョン「誰だよ…」

キョン「ハ、ハルヒ!」

ピ

キョン「も、もしもし」

ハルヒ『………キョン?』

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/22(土) 21:18:55.62 ID:cop6XTT0O

キョン「ああ、、どうした?」
ハルヒ『今日はその……悪かったわ』

ハルヒ『あのあと家に帰って調べてみたのよ、その…セッ…あれについて』

キョン(!!!)

キョン「そ、そうか」

ハルヒ『いくら知らなかったとはいえ、変なこときいちゃって悪かったわ………』

ハルヒ『………それでね、調べてたら………もう私たちの年だと半分くらいの人が経験済みなんだって』

キョン(!!!)

キョン「…………みたいだな、それがどうかs」



ハルヒ『ねぇ、今から行っていい?』

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/22(土) 21:22:03.71 ID:cop6XTT0O


〜キョン自宅〜


ピンポーン


ガチャ


キョン「…よう、早かったな」

ハルヒ「悪いわね、もう遅いのに……両親は?」

キョン「ああ、親なら明後日まで帰らないぞ、妹もだ」

ハルヒ「そう………」



そう言うとハルヒは俺にいきなり抱きついてきた。いや、だいたいわかってはいたぞ、あの話があって家にくるって言うんだからだから、俺だってある程度の心の支度くらいはしていたさ



キョン「………と、とりあえず、シャワー浴びてきたらどうだ?」

ハルヒ「……うん」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/22(土) 21:26:08.91 ID:cop6XTT0O



俺が風呂から上がり自室へ戻ると、先にシャワーを浴びたハルヒは少しうつむいてシングルベッドに腰掛けていた。少し赤い頬と、まだ乾いていない髪が色っぽい。


俺が隣に座る。沈黙が続く。
ハルヒの呼吸が聞こえる。少し荒っぽい。


いつもとは正反対に、妙に静かでしおらしいハルヒ。それはもう理性なんてものがうまく作用するはずがなかった。

俺はハルヒの肩に手を回すと、そのままベッドに倒れ込んだ。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/22(土) 21:31:26.05 ID:cop6XTT0O


ハルヒ「………んっ……は、恥ずかしいから、電気消して……ひゃっ!」


見事なまでに抵抗を示さないハルヒを前に、俺はもう自制心をなくしかけていた。エアコンが切れているのだろう、夏の夜の暑さと二人の体温で、布団の上はかなりの温度だ。汗に湿ったハルヒの肌を拭うように俺は服を脱がしていく。


それにしても、こいつのスタイルの良さには驚かされる。どこまでもきめの細かい肌に、華奢な体の輪郭の流線美には息をのまずにいられない。


ハルヒ「ちょっとキョン、んっ……がっつきすぎよ…」


そう言いつつも腕を首の後ろに回してくるあたり、このままとことん行ってもOKということだろうか

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/22(土) 21:37:28.74 ID:cop6XTT0O

俺は下着を脱がせ、ハルヒを一糸まとわぬ姿にする。


ハルヒ「ねえ、そろそろしよっか………












   芋栽培の話///」カァァァ



俺は芋に洗脳されるあまりタモリがタロイモに見えてしまった。これもこいつの能力の仕業なのだろうか。

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/22(土) 21:49:40.46 ID:cop6XTT0O

はたけ
俺がハルヒの 恥丘 を耕すと、ハルヒは少し苦しそうな、しかし快楽に満ちた声を上げる。どうやら収穫の秋が来たようだ。


ハルヒの恥部から流れ出るとろろが俺のサツマイモを成長させる。


俺はハルヒのムカゴを必要以上に責め立てた



ハルヒ「ん…………くっ………」ポテト

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/22(土) 22:00:49.33 ID:cop6XTT0O

キョン「ハルヒ………おれもう、やばいっ………」


ハルヒ「キョンっ、きて、そのままぁっ…………んっ…」


キョン「いくぞっ…………!うっ!!!」



ハルヒ「キャッサバアァァァァアァァアッッ!!!!」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/22(土) 22:07:23.86 ID:cop6XTT0O

途中自分の書き溜で抜いたのがまずかった。しかしおまえらのせいで俺の初SSはトラウマものだ。芋食って寝ろ。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:しんのすけ「ピクニックだゾ!」