ハルヒ「涼子って美人よね」 朝倉「……へっ!?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「朝比奈みくる?」

ツイート

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 22:19:21.33 ID:ItzyN2zqP

朝倉「あ、ありがとう」

ハルヒ「お礼なんて良いわ。思ってたことを言っただけだから」

朝倉「ねえ、涼宮さん。いきなりどうしたの?」

ハルヒ「別に」

朝倉「でもさ、涼宮さんも美人だと思うな」

ハルヒ「ふ〜ん。キョン、あんたはどう思う?」

キョン「……ここで俺に話を振ってくれるな」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 22:23:12.02 ID:ItzyN2zqP

朝倉「あっ、私もちょっと気になるかも」

キョン「やれやれ。朝倉、お前まで何を言い出すんだ」

朝倉「あら、女の子だったら気になるものよ」

キョン「何がだ」

朝倉「男の子に自分はどう見られてるか、ってね」

キョン「……だからって俺を巻き込むことはないだろう」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 22:25:44.41 ID:ItzyN2zqP

ハルヒ「とっとと答えなさい。団長命令よ」

キョン「今は昼休み中だからその命令は無効だと思うぞ」

ハルヒ「SOS団は年中無休よ」

キョン「そいつは初耳だ」

ハルヒ「当たり前じゃない。休んでる時に不思議を見逃したらどうするつもり?」

キョン「別にどうもしないが」

ハルヒ「ちょっと! あんたやる気あんの!?」

キョン「人並み程度にはあるつもりだけどな」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 22:28:40.02 ID:ItzyN2zqP

ハルヒ「むぅ……」

キョン「ふくれるなっての」

ハルヒ「ふん! とにかく、どっちの方が美人だと思うのよ?」

朝倉「ねえ、良いじゃないキョンくん」

キョン「朝倉、お前も調子に乗ることはないんだぞ?」

朝倉「ふふっ♪」

キョン「……そうだな。美人なのはどちらかと言えば――」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 22:33:14.84 ID:ItzyN2zqP

キョン(ここは……団長殿の機嫌をとっておくか)

キョン(まあ、美人だと思うのは事実だしな)

キョン「――お前の方だな」

ハルヒ「……そ、そう」

朝倉「あ〜あ、フラれちゃった」

キョン「すねたフリをしてもバレバレだぞ」

朝倉「あら、そうだった?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 22:36:09.27 ID:ItzyN2zqP

キョン「まあ、どちらかと言えばの話だ」

朝倉「だってさ、涼宮さん」

ハルヒ「なによ、そのニヤけ顔は」

朝倉「ううん、別に♪」

キョン「しかし、どっちも見た目は良いと思うぞ」

ハルヒ「なによキョン。見た目は、ってどういう意味?」

朝倉「そうね。もしかして、私達の性格が悪いとでも?」

キョン「……勘弁してくれ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 22:38:26.45 ID:ItzyN2zqP

谷口「国木田」

国木田「何? どうしたのさ、怖い顔して」

谷口「お前は誰かを殺したいと思ったことってあるか?」

国木田「……物騒だなぁ」

谷口「ちなにみ俺はあるぞ。そして、それは今だ」

国木田「まあ、谷口の気持ちもわからないでもないけどね」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 22:40:24.34 ID:ItzyN2zqP

谷口「アイツと俺の違いはなんだ?」

国木田「色々あるよね」

谷口「そうだな。例えば運とかだ」

国木田「う〜ん、僕は谷口の運が良くても……」

谷口「?」

国木田「谷口は、今のキョンのポジションにはなれないと思うよ」

谷口「……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 22:44:25.59 ID:ItzyN2zqP

キョン「それにだな、好みの問題ってのもあるだろう?」

朝倉「うわぁ、それって涼宮さんがタイプってことよね」

ハルヒ「……」

キョン「ああもう、俺で遊ぶのはやめてくれって。
     それに、お前も黙りこくるんじゃない」

ハルヒ「う、うるさいわね! あたしが話そうが黙ろうが勝手でしょ」

朝倉「あはっ、涼宮さんもしかして……照れてる?」

ハルヒ「ふんっ! そんなわけないじゃないの」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 22:49:02.74 ID:ItzyN2zqP

ハルヒ「あたしがコイツに褒められて照れる理由がないわ」

キョン「ひどい言われようだな。まあ、気にする程のことでもないが」

朝倉「ふふっ、拗ねてるキョンくんって可愛いかも」

ナデナデ…

キョン「やめろっての。同級生に愛玩動物にされる趣味はない」

朝倉「良いじゃない、減るものじゃないんだし」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 22:51:59.32 ID:ItzyN2zqP

朝倉「ねえ、涼宮さんもやってみない?」

ハルヒ「あたしは良いわ。変な病気貰うと嫌だし」

キョン「変な病気って、俺は何者だ?」

朝倉「……」

キョン「? どうした朝倉、急に黙りこくって」

朝倉「もしかしてキョンくんって……そういう人なの?」

キョン「――何ですと?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 22:54:36.12 ID:ItzyN2zqP

朝倉「変な病気、って……」

キョン「……待て待て待て待て! それはどんな誤解だ!?」

朝倉「……」

キョン「頼むからなんとか言ってくれ。それに、お前も何か言え」

ハルヒ「はあっ? なんであたしがアンタのために」

キョン「お前が撒いた種だろうが。責任を持って収穫してくれ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 22:56:57.37 ID:ItzyN2zqP

谷口「国木田、俺はもう駄目だ」

国木田「何がさ」

谷口「自分の中の衝動が抑えられそうにない」

国木田「今はあまり羨ましいとは言えない状況じゃない?」

谷口「俺だって、美少女二人にイジられたいんだよ!」

国木田「……あぁ、うん」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:00:24.51 ID:ItzyN2zqP

谷口「俺が今キョンを殺したとしても、誰もが許してくれるに違いない」

国木田「そんなことは無いと思うよ。絶対」

谷口「いいや、断言できるね!」

国木田「どうしてさ」

谷口「誰もが思うからに決まってるだろうが!」

国木田「それは人類全員が谷口だったらの話でしょ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:03:00.20 ID:ItzyN2zqP

朝倉「……」

キョン「おい、頼むから無言で距離を離すな」

ハルヒ「近くで何する気?」

キョン「茶化すなっての! ああもう!」

キーンコーンカーンコーン♪

キョン「いいか? 完全に誤解だって――」

朝倉「……ぷっ! キョンくんったら焦りすぎじゃない?」

キョン「……やれやれ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:05:29.04 ID:ItzyN2zqP

朝倉「大体さ、本当に思うわけないじゃない」

キョン「……お前の演技が上手すぎるからだ」

朝倉「女は全員女優って言うでしょ?」

キョン「参りましたよ。俺の負けだ」

朝倉「ふふっ♪ それじゃ、そろそろ席に戻るね」

キョン「とっとと行っちまえ」

朝倉「あっ、ひどーい」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:08:38.86 ID:ItzyN2zqP

キョン「……やれやれ、困ったもんだ」

ハルヒ「ふん! デレデレしちゃって情けない」

キョン「あのな、俺の今の台詞はお前にも言ってるんだからな」

ハルヒ「どういう意味よ」

キョン「お前が朝倉と一緒にふざけるとは思ってなかった、って意味だよ」

ハルヒ「何よそれ」

キョン「わからないなら気にするな」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:11:30.12 ID:ItzyN2zqP

ハルヒ「ハッキリ言いなさいよ」

キョン「言ったら俺は大変なことになりそうなんでね」

ハルヒ「言わなかったら死刑よ」

キョン「そいつは勘弁してくれ」

ハルヒ「言いなさい」

キョン「……まあ、大したことじゃないんだけどな」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:15:21.40 ID:ItzyN2zqP

キョン「入学してから、お前が同級生の女子と
     話してるのを見なかったと思ってな」

ハルヒ「有希としゃべってるじゃない」

キョン「長門はSOS団の……部活仲間みたいなもんだろ?」

ハルヒ「だから?」

キョン「クラスメイトとああやって喋るのも悪くないだろ」

ハルヒ「保護者面? ムカつくわね」

ガンッ!

キョン「あいてっ! 椅子を蹴るな!」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:18:05.84 ID:ItzyN2zqP

キョン「いくら何でも――」

ガラッ!

岡部「HRはじめるぞー」

キョン「……覚えておけよ」

ハルヒ「寝たら忘れるわ」

キョン「なあ、せめてHR位は起きてたらどうだ」

ハルヒ「……zzz」

キョン「……――やれやれ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:20:28.29 ID:ItzyN2zqP

     ・    ・    ・

朝倉「――っていうことがあったの」

長門「そう」

朝倉「人間ってさ、面白いわよね」

長門「……」

朝倉「なんてことのない会話で、感情に起伏が生まれるんだもの」

長門「……」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:24:01.03 ID:ItzyN2zqP

朝倉「長門さんもさ、一緒のクラスになれば良かったのに」

長門「どうして」

朝倉「涼宮ハルヒと彼を見てると、凄く興味深いのよ」

長門「そう」

朝倉「脳の反応とは違う言葉が出てきたりするんだから」

長門「思考していることとは違う意味の言葉が?」

朝倉「そうなの。人間って不思議よね」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:27:33.15 ID:ItzyN2zqP

朝倉「涼宮ハルヒが作ったSOS団……」

長門「……」

朝倉「――ふふっ、私達だったら会話をしているだけで満足なのにね」

長門「……」コクリ

朝倉「生まれてから三年経ったけど、人間って不思議なことだらけ」

朝倉「それに触れているだけで、不思議探索なんて必要ないもの」

朝倉「ねえ、長門さんもそう思うでしょ?」

長門「……」コクリ

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:31:12.66 ID:ItzyN2zqP

朝倉「そういえば、彼に私達のことを話したのよね?」

長門「……」コクリ

朝倉「ねえ、どうだった?」

長門「彼が情報統合思念体、
    そして私達のことを信じた可能性はゼロに近い」

朝倉「……そっか」

長門「情報統合思念体は、早急に手を打つべきと判断した」

朝倉「……」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:33:48.62 ID:ItzyN2zqP

長門「朝倉涼子」

朝倉「――あ〜あ、残念」

長門「?」

朝倉「うん、ちょっと現状が気に入ってたから」

長門「そう」

朝倉「そうなの」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:37:10.39 ID:ItzyN2zqP

朝倉「でもさ、彼が信じてくれるにはそれしかないものね」

長門「……」

朝倉「長門さんは気にしなくて良いのよ。
    だって、私は貴方のバックアップだもの」

長門「気にしてない」

朝倉「私達って生まれてからの知り合いみたいなものよ」

長門「それが何?」

朝倉「だから、長門さんが嘘をついてもすぐにわかっちゃうの」

長門「……そう」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:40:45.57 ID:ItzyN2zqP

朝倉「うん、とりあえずゴハンにしましょ」

長門「……」コクリ

朝倉「なんだか暗くなっちゃったから、
    今日は腕によりをかけてご馳走にするわね」

長門「……」

朝倉「聞いたんだけどさ、オデンにトマトを入れると美味しいみたいなの」

長門「……楽しみ」

朝倉「あはっ、また嘘ついたでしょ?」

長門「……」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:44:04.44 ID:ItzyN2zqP

     ・    ・    ・

キョン「……」

朝倉「どうしたの? なんだか機嫌が良いみたい」

キョン「そうかい。そう見えるんなら、そうなのかもな」

朝倉「ねえ、何があったか聞いても良い?」

キョン「黙秘する」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:47:16.67 ID:ItzyN2zqP

朝倉「そこまで頑なになられると気になるな。ね、涼宮さん」

キョン「おい、朝倉。どうしてそこでソイツに話を振る」

ハルヒ「何よ。あたしに聞かれちゃまずいことなの?」

キョン「俺にはプライバシーってものはないのか」

朝倉「どうなの涼宮さん?」

ハルヒ「今は無いわ」

キョン「なんだそりゃ」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:51:26.19 ID:ItzyN2zqP

キョン「SOS団ってのは人権団体に訴えられるような組織なのか?」

ハルヒ「団長は、団員の行動を把握しておく義務があるわ」

朝倉「……だって。ねえ、観念した方が良いんじゃない?」

キョン「ああもう。良いだろう、大したことじゃないんだから」

朝倉「キョンくんの態度がそうじゃないって言ってるわ」

ハルヒ「そうね。アンタがそこまで意地を張るから興味が沸いてきたわ」

キョン「……やれやれ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:55:15.42 ID:ItzyN2zqP

キョン「お前達二人が揃うと、まさかここまでだとは思わなかったぞ」

朝倉「ここまで、って?」

キョン「非常に厄介極まりない、ってことだ」

ハルヒ「涼子はともかく、あたしは団長だから仕方なくよ」

朝倉「あっ、涼宮さんが裏切った!?」

キョン「興味が沸いたんじゃなかったのか?」

ハルヒ「む……細かいこと言うんじゃないわよ、バカキョン!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 23:58:35.36 ID:ItzyN2zqP

朝倉「あはっ、“バカキョン”ってなんだか言い易いかも」

キョン「おい、それはどういう意味だ朝倉?」

朝倉「バカキョンってさ、すんなり言えるって意味」

キョン「全く説明になってないぞ」

朝倉「ごめんごめん。言葉の響きが良いってこと」

キョン「……そいつは光栄だね。嬉しくて泣きそうだ」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:02:37.24 ID:P9NMGzdXP

ハルヒ「謝ることないわよ。だって、本当のことだもの」

キョン「とりあえずだな、その底意地の悪い顔を向けんでくれ」

朝倉「あら、美人に笑いかけられるんだから良いじゃない」

キョン「またその話か? 勘弁してくれ」

朝倉「ふふっ、涼宮さんがキョンくんの事を気に入るのがわかるなぁ」

ハルヒ「はあっ!? なっ、何言ってるのよ!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:06:25.33 ID:P9NMGzdXP

ハルヒ「ちょっとキョン! 今のは違うんだからね!?」

キョン「わかってるさ。あまり大声を出すな」

朝倉「ふふっ、涼宮さんが照れてる〜」

ハルヒ「涼子っ!」

朝倉「あはははっ!」

ハルヒ「……全く、からかうのはキョンだけにしなさいよね」

キョン「待て待て。それを本人の前で言うのはどうなんだ?」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:09:34.60 ID:P9NMGzdXP

朝倉「でもさ、涼宮さんが美人っていうのは違うと思わない?」

キョン「ん?」

ハルヒ「何よ、涼子」

朝倉「だってさ、黙ってるとおっかないけど……」

ハルヒ「……」

キョン「朝倉、お前のせいでコイツのおっかない顔が見られるぞ」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:12:32.61 ID:P9NMGzdXP

朝倉「話してみると、美人っていうよりも……」

キョン「おかしな奴、か?」

ハルヒ「あんたに言われたくないわ」

キョン「やれやれ、一度お前とはゆっくり話す必要がありそうだな」

朝倉「ねえ、私が大事な話してるんだから茶化さないで」

キョン「ささやかな仕返しってやつさ」

朝倉「……もう!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:15:00.89 ID:P9NMGzdXP

朝倉「……ゴホン!」

朝倉「――こうやって話してると思うの」

キョン「……」

ハルヒ「……」

朝倉「涼宮さんって可愛いわよね」

ハルヒ「……へっ!?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:17:48.97 ID:P9NMGzdXP

ハルヒ「ちょっ、ちょっと……い、いきなり何言ってんのよ!?」

朝倉「こういうところが可愛いわよね。ね、キョンくん」

キョン「まあ、そう言えなくもないな」

ハルヒ「あんたまで調子に乗るなバカキョン!」

キョン「お前のせいで団長殿を怒らせちまったじゃないか」

朝倉「人のせいにするのって良くないわよ」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:21:41.42 ID:P9NMGzdXP

朝倉「……だからさ、私の方が美人で良いと思わない?」

キョン「やれやれ、結局その話か」

朝倉「涼宮さんは可愛い、私は美人。ね?」

ハルヒ「……あたしは可愛くなんてないわ」

朝倉「そういうところが可愛いの」

ハルヒ「……むぅ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:24:37.33 ID:P9NMGzdXP

朝倉「ね、お願い♪」

キョン「……なんだか誤解してるみたいだがな」

朝倉「?」

キョン「お前も十分美人だし、可愛いと思うぞ」

朝倉「涼宮さんの次に?」

キョン「……ええい! もう知るか!」

朝倉「ふふっ、今のは冗談」

朝倉「ありがとう、キョンくん」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:27:39.32 ID:P9NMGzdXP

     ・    ・    ・

朝倉(あ〜あ、やっぱり彼は手紙のことは言わなかったな)

朝倉(うん、それはそうよね)

朝倉(だって、彼はそういう事はキチンとしてそうだもの)

朝倉(やっぱりまだそういう話をする程じゃないものね)

朝倉(……思ったとおりだったな)

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:30:08.08 ID:P9NMGzdXP

朝倉(手紙の筆跡が私のものって気付くかも)

朝倉(……なんてね)

朝倉(そんなこと、あるはずないわよね)

朝倉(だって彼、普通の人間だもの)

朝倉(あ〜あ、せっかく普段設定してる筆跡で書いたのになぁ)

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:33:23.16 ID:P9NMGzdXP

朝倉(でも、涼宮ハルヒも彼も気付かない方が良かったのよね)

朝倉(手紙の送り主が私だってわかったら……)

朝倉(……ううん、彼が手紙を貰ったってわかったら、
    私が長門さんのバックアップでなくなっちゃうもの)

朝倉(私は長門さんの予備であり――)

朝倉(――支援をするための存在だから)

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:34:56.26 ID:P9NMGzdXP

一服

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:44:44.63 ID:P9NMGzdXP

     ・    ・    ・

朝倉「入ったら?」

キョン「……お前か」

朝倉「そ、意外でしょ」

キョン「何の用だ?」

朝倉「告白」

キョン「冗談はよせって」

朝倉「あっ、今のってさすがにひどくない?」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:47:26.67 ID:P9NMGzdXP

キョン「おいおい、まさか本当になのか?」

朝倉「あなたが思ってるようなものじゃないけどね」

キョン「……からかうために放課後呼び出したのか?」

朝倉「用があるのは本当なんだけどね」

キョン「……」

朝倉「ちょっと聞きたいことがあるの」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:51:06.98 ID:P9NMGzdXP

朝倉(私と話してて面白かった?)

朝倉(ううん、三人で話しててどうだった?)

朝倉(やっぱり、男の子一人じゃ嫌だった?)

朝倉(……私は人間じゃないけど――)


朝倉「涼宮さんのことね……」


朝倉(楽しかったよ)


朝倉「――どう思ってる?」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:54:04.53 ID:P9NMGzdXP

朝倉「人間はさ、よく……」

朝倉(私はバックアップだから……)

朝倉「やらなくて後悔するよりも――」

朝倉(絶対後悔するとわかってても――)

朝倉「やって後悔した方が良いって言うよね?」

朝倉(やって後悔しなきゃ駄目なの)


朝倉「これは、どう思う?」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:56:55.30 ID:P9NMGzdXP

キョン「よく言うかどうか知らないが……言葉通りの意味だろう」

朝倉「……」

キョン「朝倉?」

朝倉「……じゃあさ、たとえ話なんだけど」

朝倉「現状を維持するだけではジリ貧になることはわかってるんだけど、
    どうすればいい方向に向かえばいいかわからないとき」

朝倉(答えはもう出てるんだけど、ね)


朝倉「あなたならどうする?」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 00:59:54.34 ID:P9NMGzdXP

キョン「なんだそりゃ? 日本経済の話か」

朝倉「とりあえず、何でも良いから変えてみようと思うんじゃない?
    どうせ今のままでは何も変わらないんだし」

キョン「まあ、そういうこともあるかもしれん」

朝倉「でしょう?」

朝倉「……でもね――」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:04:06.23 ID:P9NMGzdXP

朝倉(そう思ってるのは、現場を知らない上の方だけ)

朝倉(だって、現場を知れば無理に何かをする必要ないって思うもの)

朝倉(やっぱりさ、無理はしちゃ駄目よね)

朝倉(流れを変えようとしたら、その時点でおかしくなっちゃう)

朝倉(あ〜あ、涼宮ハルヒがあなたに接触しなければ良かったのに)

朝倉(……今のは嘘)

朝倉(だって、生まれてから三年間の中で一番――)

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:06:25.59 ID:P9NMGzdXP

朝倉「何も変化しない観察対象に“わたしは”もう飽き飽きしてるのね
    だから……」

キョン「?」

朝倉「……」

朝倉(今ならまだ大丈夫)

朝倉(今ならまだ引き返せる)

朝倉(けど……それは無理)


朝倉「――あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見る」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:09:42.59 ID:P9NMGzdXP

朝倉(今の嘘はバレないよね)

朝倉(あなたは、私の演技を見破れないもの)

朝倉「――!」

ヒュッ!

キョン「!? 冗談はやめろ! マジ危ないって!」

朝倉(大丈夫。絶対に怪我はさせないから)

キョン「それが本物じゃなかったとしてもマジビビるって!」

朝倉(あっ、そうか。それはそうよね)

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:13:01.80 ID:P9NMGzdXP

朝倉「冗談だと思う? ふ〜ん……」

朝倉(っていうかさ、もう少し危機感を持った方が良いと思うな)

朝倉(もしも私がその気だったら、かなり危なかったわよ?)

朝倉「死ぬのってイヤ?」

朝倉「殺されたくない?」

キョン「……!」

朝倉(……そんなに怖がられると落ち込むな)

朝倉(仕方がないって、わかってるんだけどさ)

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:15:55.67 ID:P9NMGzdXP

朝倉「私には、有機生命体の死の概念って、
    よく理解出来ないんだけど」


朝倉(これは本当)


キョン「意味が分らないし笑えない!
     良いからその危なっかしいのをどっかに置いてくれ!」

朝「うん、それ無理。……だって私は――」

朝倉「本当にあなたに死んで欲しいんだもの」


朝倉(これは嘘)

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:19:10.20 ID:P9NMGzdXP

     ・    ・    ・

朝倉「あなたが死ねば、必ず涼宮ハルヒはなんらかのアクションを起こす」

キョン「……!」

朝倉(うん、これだけ情報操作を見せたら十分かな)

朝倉(それに、ここまで怖がらせたら――)

朝倉(……――助けに来た長門さんを信頼するようになるわよね)

朝倉「多分、大きな情報爆発が観測できるはず。
    ……またとない機会だわ」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:23:05.86 ID:P9NMGzdXP

朝倉(もしも彼が死んだら、涼宮ハルヒは悲しむかな)

朝倉(……それはそうよね)

朝倉(そうでなければ、彼が涼宮ハルヒの隣に居る説明がつかない)

朝倉(……ふふっ、SOS団かぁ)

朝倉(さすがにバニーガールはどうかと思ったけどね)

朝倉(一度位は着てみたかったかも)

朝倉(――なんてね)

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:26:32.11 ID:P9NMGzdXP

朝倉(いけないいけない、長門さんが待ってるわ)

朝倉(……うん、そろそろかな)

朝倉(やっぱり、悪者はやっつけられなきゃ)

朝倉(涼宮さんも、そういうのが好きそうだもの)

朝倉(だから――私は目いっぱい悪者にならなきゃね)

朝倉「――じゃ、死んで」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:31:14.62 ID:P9NMGzdXP

     ・    ・    ・

キョン「長門……?」

朝倉(長門さんったら、派手な登場ね)

朝倉(でも、上手くいったみたいよ)

朝倉(だってさ、今の彼、驚いてるけど、
    ヒーローを見る子供みたいな顔してるもの)

朝倉(ちょっとだけ……羨ましいかも)

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:34:58.24 ID:P9NMGzdXP

長門「ひとつひとつのプログラムが甘い。
    側面部の空間閉鎖も情報操作も甘い」

長門「だから私に気付かれる」

長門「進入を許す」

朝倉(長門さん、ちょっと早口すぎよ)

朝倉(それに、彼に見られてないからって……)

朝倉「邪魔する気?」

朝倉(そんな辛そうな顔しちゃ駄目じゃない)

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:38:51.84 ID:P9NMGzdXP

朝倉「この人間が殺されたら間違いなく涼宮ハルヒは動く。
    これ以上の情報を得るにはそれしかないわよ?」

朝倉(本当は、もっと別の道もあるのにね)

長門「あなたは私のバックアップのはず。
   独断先行は許可されていない。私に従うべき」

朝倉「嫌だと言ったら?」

朝倉(そうしたい。だけど、無理)

長門「……情報結合を解除する」

朝倉「やってみる?」

朝倉(うん、今のはかなり怖そうな顔が出来た)

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:43:38.60 ID:P9NMGzdXP

朝倉「ここでは私の方が有利よ?」

朝倉「この教室は私の情報制御空間」

長門「情報結合の解除を申請する」

朝倉「……!」

朝倉(……今のが、消えるってことなのね)

朝倉「――ふふっ」


朝倉(――私は人間じゃなく、対有機生命体コンタクト用
    ヒューマノイドインタフェースだけど……)

朝倉(生まれてから三年経って、ようやく死の概念がわかった気がするわ)

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:47:47.05 ID:P9NMGzdXP

長門「――離れないで」

キョン「うおっ!?」

朝倉(下方に35度、右上方に――!?)

朝倉(もう、長門さん! ちゃんと防いで!)

朝倉(でないと彼が怪我しちゃうわ!)

朝倉「……この空間では私に勝てないわ」

長門「――パーソナルネーム、朝倉涼子を敵性と判定。
    当該対象の有機情報連結を解除する」

朝倉(……あっ)

朝倉(今――崩壊因子が仕込まれた)

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:51:43.69 ID:P9NMGzdXP

     ・    ・    ・

朝倉「それだけダメージを受けたら、他に干渉する余裕はないでしょう?」

朝倉(本当は、もう干渉する必要もないんだけどね)

朝倉「じゃ、トドメね」

朝倉(あとは――私が崩壊因子を起動させるだけ)

朝倉(これって人間で言うところの自殺になるのかしら?)

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:55:17.86 ID:P9NMGzdXP

キョン「……!」

朝倉(あはっ、そんなに怖がらなくても平気よ)

朝倉(だってさ、もうすぐ終わるもの)

朝倉(悪者は退治されて、あなたは涼宮ハルヒと……)

朝倉(――っていうかさ、もっと彼女に優しくしてあげてね)

朝倉(私がいなくなると、“涼宮さん”と話す人が減っちゃうもの)

朝倉(それってさ、良いことじゃないわよ)

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 01:59:27.61 ID:P9NMGzdXP

朝倉(それにさ、あなたは涼宮さんと話せたんだもの)

朝倉(私が話しかけてもな〜んにも答えてくれなかったのよ?)

朝倉(……って、これは言ったわよね)

朝倉(あの時、私はあなたに頼んだわよね)

朝倉(「おねがい」って、両手を合わせてウインクして)

朝倉(あれ、鏡の前で練習したんだから)

朝倉(……うん、これは言わない)

朝倉(だってさ――恥ずかしいじゃない?)

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:02:27.59 ID:P9NMGzdXP

朝倉(本当は――)

朝倉(もっとあなた達と話したかった)

朝倉(もっと新しいことを知りたかった)

朝倉(SOS団で一緒に遊んでもみたかった)

朝倉(……でも、それは無理)

朝倉(だから――)


朝倉「“死になさい”」


朝倉(――じゃあね)

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:06:31.67 ID:P9NMGzdXP

長門「――終わった」

朝倉「何のこと? あなたの三年余りの人生が?」

朝倉(私の人生も三年余り)

長門「違う」

朝倉(知ってる)

長門「情報連結解除開始」

朝倉(三年余りだけど……悪くなかったな)

キョン「……!」

朝倉(ありがとう)

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:08:57.80 ID:P9NMGzdXP

朝倉「そんな……!?」

長門「あなたはとても優秀。
    だからこの空間プログラムを割り込ませるのに今までかかった」


長門「……でももう終わり」


朝倉「侵入する前に崩壊因子を仕込んで置いたのね」

朝倉「道理であなたが弱すぎると思った。
    あらかじめ構成情報を使い果たしていたわけね」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:12:40.44 ID:P9NMGzdXP

朝倉(人間もさ、手足の感覚から先に無くなっていくのよね)

朝倉(情報連結の解除って、普通は全体的に消えていく)

朝倉(……長門さん)

朝倉(――この崩壊因子、組むのが大変だったでしょ?)

朝倉(本当、長門さんってそういう事は言わないんだから)

朝倉(キョンくんのこと、好きなんでしょ?)

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:16:32.05 ID:P9NMGzdXP

朝倉「あ〜あ、残念」

朝倉(これから……もっと不思議なものが沢山見られそうだったのに)

朝倉「所詮私はバックアップだったか」

朝倉(……駄目)

朝倉(こんな事を言ったりしたら、長門さんが悲しむ)

朝倉(――笑おう)

朝倉(私は涼宮さんもキョンくんも認める美人なんだから)

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:18:18.34 ID:P9NMGzdXP

朝倉「私の負け」

キョン「うっ!?」

朝倉「良かったね、延命できて。でも気をつけてね。
  この通り情報統合思念体は相反する意識をいくつももってるの」

朝倉「いつかまた、私みたいな急進派がくるかもしれない。
    それか、長門さんの操り主が意見を変えるかもしれない」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:21:22.70 ID:P9NMGzdXP

朝倉(こう言えば、キョンくんは長門さんを頼るよね)

朝倉(信用してもらえるかは長門さん次第だけど)

朝倉(うん、でも……この様子なら大丈夫そうかな)

朝倉(……)

朝倉(あ〜あ、このまま消えたら私はキョンくんに怖い印象だけを残しちゃう)

朝倉(……うん)

朝倉(それ無理♪)

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:23:58.54 ID:P9NMGzdXP

朝倉「涼宮さんとお幸せに」


朝倉「……じゃあね」


朝倉(――良かった)


朝倉(最期にちゃんと笑え――)

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:27:05.26 ID:P9NMGzdXP

     ・    ・    ・

岡部「転校することになった」

ハルヒ「……キョン、これは事件だわ」

キョン「何がだ」

ハルヒ「謎の転校生が来たと思ったら、
     今度は理由も告げずに転校していく女子までいたのよ」

キョン「……」

ハルヒ「これは調査の必要ありね」

キョン「……やれやれ」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:32:03.17 ID:P9NMGzdXP

     ・    ・    ・

キョン「……結局、何もわからなかったな」

ハルヒ「……」

キョン「急な引越しだったんだろ?」

ハルヒ「急に国外になんて有り得ないわ」

キョン「まあな。もしかしたら――」

キョン「“大分前から決まってたこと”なのかもな」

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:37:17.85 ID:P9NMGzdXP

ハルヒ「だったら、言えば良かったじゃない!」

キョン「俺に文句を言われても困る」

ハルヒ「……」

キョン「“お前に知られたくない事情”があったんだろ」

ハルヒ「……何よ、それ」

キョン「よくわからんが……そういうもんだろ」

ハルヒ「だから何だって言うのよ、バカキョン!」

キョン「……お前と朝倉は――」


キョン「友達だった、ってことだろ」


おわり

185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/04(木) 02:38:57.36 ID:P9NMGzdXP

こんなくだらないもん最後まで読んでくれてありがとう
創作発表板をよろしくね!
おやすみ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「俺のいない団活」