ルフィ「う!!!」ドン!!


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「…………グスッ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 21:49:52.24 ID:5f+23CoW0

ルフィ「……」ズルズル

ルフィ「……」ズルズル

ルフィ「うめぇ」

ゾロ「お前何やってんだ」

ルフィ「おおゾロ、見てわかんねーか。うどん食ってんだ」

ゾロ「はぁ?うちの船にそんなもんあったか」

ルフィ「いやなかったぞ」

ゾロ「お前は何を言ってんだ」

ルフィ「いやぁ、最近すげーことできるようになってな」

ゾロ「すげぇこと?」

ルフィ「ああ、見ててくれ」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 21:52:14.56 ID:5f+23CoW0

ルフィ「……はっ」

ブワッ

ゾロ「(……!なんて覇気だ)」

ルフィ「うおおおおおおおおおお……!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ゾロ「何!?そこからさらに力を貯めて……どういうことだ!?」

ルフィ「……う!!!」ドン!!!

ゾロ「……」

ルフィ「ということだ。にしし。すげぇだろ」

ゾロ「おいどういうことだこれ」

ルフィ「とりあえず食えよ」

ゾロ「おう」

ズルズル

ゾロ「うめぇ」

ルフィ「だろ?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 21:55:00.81 ID:5f+23CoW0

サンジ「何やってんだテメーら。船揺らすなよ」

ルフィ「おうサンジ。丁度良かった。お前も食うか?」

サンジ「あ?何だこれ?」

ルフィ「うどんだよ」

サンジ「いやうどんは知ってる。何であるんだよ」

ルフィ「ああ、説明もめんどくせーな。ちょっと見ててくれ」

サンジ「は?」

ゾロ「……」

ルフィ「……はぁぁぁぁぁぁ!!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ

サンジ「うおっ……なんだこの覇気は!?」

ルフィ「……う!!」 ドン!!!!

サンジ「……」

ゾロ「……」

ルフィ「こういうことなんだよ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 21:57:22.49 ID:5f+23CoW0

サンジ「おいクソマリモ、俺には今の状況がいまいち理解できてねーんだけど」

ゾロ「奇遇だなクソコック。でも見せられちまったら信じるしかねーだろ」

サンジ「……おいルフィ、これはどういうことだ」

サンジ「なんでお前の傍に、できたてのうどんがあるんだ!?」

ルフィ「これはな……『うどん入りの覇気』っていうんだ」ドン!!

ゾロ「うどん入りの覇気……!?」

サンジ「なんてことだ……!そんな技、今まで聞いたこともねぇぞ!!」

ルフィ「あたりめーだ。俺のオリジナルだからな」

ゾロ「(覇気ってのはそんなことまでできるのか……)」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 21:59:56.40 ID:5f+23CoW0

サンジ「何だ……!?ていうことはてめぇ、無限にうどんを作り出すことが可能だとでも言う気か!?」

ルフィ「かもしれねぇ」

サンジ「何だと……!?おい!!俺にも教えろ!!その技を!」

ゾロ「え、覇気って覚えたりできんのか」

ルフィ「しらねぇ。でも気合でなんとかなるんじゃねぇのか?」

サンジ「それ、応用とかきかねぇのか」

ルフィ「応用?」

サンジ「ああ、さっきは『うどん入りの覇気』だろ?他のはできねぇのか?
肉とか、米入りとか」

ルフィ「あー……できねぇと思う」

サンジ「やってみろよ」

ルフィ「おう」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 22:01:10.10 ID:5f+23CoW0

ルフィ「うおおおおおお……!!」

ゴゴゴゴゴゴゴ

ルフィ「……肉!!!!」ドン!!!


シーン


ゾロ「……」

サンジ「……」

ルフィ「……何もでねぇ」

ゾロ「……だな」

サンジ「……何かすまねぇ」

ルフィ「いや、構わねぇよ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 22:02:55.32 ID:5f+23CoW0

ゾロ「何か法則みたいなのがあるみたいだな」

サンジ「確かにそうかもしれねぇ」

ルフィ「うどんは何か頑張ったらできたんだよ」

サンジ「じゃあ次は『肉う』じゃダメなのか?」

ルフィ「肉う?」

サンジ「『う』でうどんが出たんだろ?じゃあ『肉う』なら肉うどんが出るんじゃないのか?」

ルフィ「なるほど!すっげーな!流石サンジ!」

ゾロ「伊達にコックやってないな」

サンジ「へへ、まぁな」

ルフィ「おーし」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 22:05:00.04 ID:5f+23CoW0

ルフィ「うおおおおおおおおおおお……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……

ルフィ「肉う!!!!!」ドン!!!!


サンジ「……」

ゾロ「……」

ルフィ「……」

サンジ「できたな」

ゾロ「おお」

ルフィ「……」

ズル……

ルフィ「うめえ!!」

サンジ「成功か」

ゾロ「なるほど、うどん系統はなんとかなるんだな」

サンジ「……」

ルフィ「どうしたサンジ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 22:07:10.20 ID:5f+23CoW0

サンジ「いや……こんな技使われたら、俺コックとして立場ねぇな……って思って」

ルフィ「馬鹿野郎!!!!」ドン!!!

ゾロ「(あ、うどんできた)」

サンジ「!?」

ルフィ「お前はこの海一番のコックだ……なんてったって、俺の仲間だからな!!」ドン!!

ゾロ「(これは何もできないのか……)」ズルズル

サンジ「俺にも……できるかもしれねぇ」

ルフィ「サンジ!!」

サンジ「俺も挑戦してみる」

ゾロ「おお」ズルズル

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 22:08:23.26 ID:5f+23CoW0

サンジ「うおおおおおおおおおおおお……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ゾロ「……おお、なんかできてるな」

ルフィ「きっとサンジだ、超うめぇのができるさ」

サンジ「う!!!」

シーン

ゾロ「あれ」

ルフィ「えっ」

サンジ「えっ」

ルフィ「……」

ゾロ「……」

サンジ「クソッ……チクショウ!!!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 22:11:27.32 ID:5f+23CoW0

ルフィ「まだだだ!!」

サンジ「!?」

ルフィ「あきらめるのははえーぞサンジ……たった一回失敗しただけじゃねぇか!!」

サンジ「!!!」

ルフィ「もう一回やってみろ!!お前ならきっとできる!!」

サンジ「ああ……そうだな!!」

ゾロ「……」ワクワク

サンジ「ウオオオオオオオオオオオオオオオ……!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

サンジ「(そうだ……俺はこんなところで負けるわけにはいかねぇ)」

サンジ「(もしこんなことでとぼとぼ帰っちまったら……あいつらに合わす顔がねぇ!!!)」

サンジ「(俺は負けねぇ……)」

サンジ「俺は……勝つ!!!!」ドン!!!


ルフィ「……」

ゾロ「……」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 22:12:58.54 ID:5f+23CoW0

サンジ「……!!」

ルフィ「……やったなサンジ」

ゾロ「やりやがったな」

サンジ「へっ……てめーらには感謝してもしきれねぇようだ」

ルフィ「食べていいか」

サンジ「おう。俺様特製だ。味わって食え」

ルフィ「……」モグモグ

ルフィ「うめぇ」

サンジ「……へっ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 22:15:06.91 ID:5f+23CoW0

ルフィ「俺にはできなかった、『米入りの覇気』……やっぱお前すげーよ」

サンジ「ああ……なんか頑張ったらできた」

ゾロ「米とうどんができるなら……他にもできるんじゃねぇか」

サンジ「ああ……なんかできそうな気がする」

ルフィ「やってみろよ」

サンジ「ウオオオオオオオオオオ……!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

サンジ「天!!!」ドン!!!

ルフィ「……」

ゾロ「……」

サンジ「……な」

ルフィ「流石だな」

ゾロ「食っていいか」

サンジ「おういいぞ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 22:18:59.60 ID:5f+23CoW0

サンジ「……何かまだいける気がしてきた」

ルフィ「流石サンジだ」

ゾロ「いくらでも試していいぞ。俺達が全部食ってやる」

サンジ「頼もしいな」

ルフィ「任せとけ」

サンジ「うおおおおおおおおおおおおおおお……!!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

サンジ「イーストブルー近郊の巨大海老をふんだんに使った海鮮!!!!」ドン!!!


ルフィ「……」

ゾロ「……」

サンジ「……どうだ」

ルフィ「すげぇなサンジ……」モグモグ

ゾロ「ああ……正直俺お前の事舐めてたわ」モグモグ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 22:21:51.08 ID:5f+23CoW0

ナミ「何やってんのさっきからドンドンうるさいんだけど」

サンジ「ナミさん!」

ルフィ「おうナミ、さっきサンジがすげー技覚えたんだ」

ナミ「え、そんなの船でやって大丈夫なの?」

ゾロ「ああ、すげぇぞ。見てみろ」

ナミ「ふーん。気になるわね、見せて見せて」

サンジ「もちろんですよ」

サンジ「はあああああああああ……!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ゾロ「……」

ルフィ「……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/20(日) 22:24:15.85 ID:5f+23CoW0

サンジ「高級素材をふんだんにつかった、シェフの気まぐれ海鮮!!!」ドン!!!!

ルフィ「……」

ゾロ「……」

ナミ「……」

サンジ「……へへ、どうですか」

ナミ「……ねぇ」

サンジ「なんですか」

ナミ「このどんぶり……どこからでてきたの?何かキモいんだけど……」

サンジ「   」

ルフィ「うめぇ」ガツガツ



                              おわり。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:鶴屋さん「ごめんね?」