シンジ「巨乳の女の子っていいよなぁ…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:変な艦これ劇場

ツイート

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 22:13:47.80 ID:G+2TVbH7O

アスカ「……」

シンジ「やっぱり巨乳の女の子は…ん?」

シンジ「…って、う、うわぁあああ!?(い、いつの間にこの部屋に!?)」

アスカ「悪かったわね…」

シンジ「え?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 22:17:18.58 ID:G+2TVbH7O

アスカ「悪かったわね…こんな胸で…」

シンジ「い、いやこれは…そ、その、そういうわけじゃあなくって…」

アスカ「どうせ!どうせ私なんか!!」

シンジ「ちょ…お、落ち着いて…」

アスカ「どうせ!ファーストや!あのマキナミとかいうヤツが!好きなんでしょう!?」

シンジ「う、うわぁあああ!?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 22:21:18.57 ID:G+2TVbH7O

シンジに向かって椅子や皿を投げつけるアスカ


シンジ「ちょ…い、痛いよ!やめてよ!」

アスカ「う、うぅうう…」

シンジ「ア、アスカ…」

アスカ「うわぁあぁあ…!!」

ダッ

プシュッ

シンジ「ちょ、ど、どこへ行くんだいアスカ!?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 22:25:26.54 ID:G+2TVbH7O

〜外〜

シンジ「まいったなぁ…こんな大雨なのに…傘もささずに飛び出して行っちゃって…」

シンジ「おーい!アスカ〜!」

シンジ(それにしても…アスカがあんなに胸のことを気にしていたなんて…)

シンジ「おーいアスカ〜!!」


シンジ「…どこにもいない…」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 22:30:08.98 ID:G+2TVbH7O

シンジ(あ!あそこの電柱の影に!)

アスカ「う…ひっく…うぅ…」

シンジ「探したよアスカ…あの…さっきはごめん…」

アスカ「……バカシンジも…所詮はオスってことよね…」

アスカ「私のこんな胸じゃ…」

シンジ「ア、アスカ…」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 22:33:21.07 ID:G+2TVbH7O

アスカ「…バカシンジ…」

シンジ「?」

アスカ「揉んで…」

シンジ「?え??」

アスカ「私の胸を…揉んで…」

シンジ「え??」

アスカ「胸って、揉まれると大きくなるって言うでしょ…だから揉んで…」

シンジ「えぇえええ??」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 22:37:28.36 ID:G+2TVbH7O

シンジ「な、何を急に…!?」

アスカ「嫌なの?」

シンジ「い、いや、そ、そういう問題じゃなくって…」

アスカ「…やっぱり私じゃ嫌なんだ…」

シンジ「ふ、服も下着も…雨に濡れてビチョビチョじゃないか…まずは家に帰らないと風邪…」

アスカ「いいから…そんなに私のこと嫌いなの?」

シンジ「ア、アスカ…」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 22:41:27.28 ID:G+2TVbH7O

シンジ(ゴ、ゴクリ…)

シンジ「ア、アスカ…い、いいの?こ、こんな所で…も、もし人が通ったら」

アスカ「恐いの?」

シンジ「なっ…」

アスカ「いつもそうやって、人と触れ合うことを避けて…恐いんでしょ?私と触れ合うのが、恐いんでしょ?」

シンジ「ぐっ…」

アスカ「この意気地無し!!」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 22:45:04.00 ID:G+2TVbH7O

シンジ「こ、恐くなんか…」

アスカ「なら来なさいよ…さぁ」

ガシッ

シンジの腕を掴み、自身の右胸に手のひらを押し当てるアスカ

ネチャ…

シンジ「ア…アスカ…」

シンジ(雨に濡れてネチャネチャして…下着が透けて…な、なんだか…気分が…ハァハァ…)


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 22:48:15.85 ID:G+2TVbH7O

シンジ「う…ア、アスカ…も…揉むよ…」

アスカ「来て…」

ムニュ… ネチャ…クチャ…

アスカ「!っんっ…」

シンジ(ア、アスカ…も、もう感じてる?)

アスカ「き、来て…もっと…」

シンジ「ア、アスカ…!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 22:52:32.43 ID:G+2TVbH7O

シンジ「ア、アスカ…!」

モニュッ!ムニュムニュムニュッ… ネチャ…ネチャネチャクチャ…


アスカ「!ッはぁっあ…ん!シ、シンジ…そ、そんな…いきなり…激し…く…ハァ…あ…っ!」

シンジ「アスカ…!!ハァハァ…」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 23:01:02.16 ID:G+2TVbH7O

プチ…プチ…プチ…

アスカの制服のボタンを解いてゆくシンジ

シンジ(ハ…ハァ…ハァな、一体何やってるんだろう…俺…ア…アス…カ…)

露わになるブラジャー。うっすらと透けて見える乳首…

さわっ…モニュ…モニュ…さわっ…

アスカ「んっ…!ア…アぁ…ん…」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 23:05:28.18 ID:G+2TVbH7O

ズリッ!

ブラジャーを一気に下ろすシンジ。
露わになる乳房…

アスカ(あ、あのシンジが…こ、ここまで大胆になるなんて…あっ…)

シンジ(うっ…も、もう我慢出来ない…じ、自分が自分じゃないみたいだ…)

アスカ「シ、シンジ…バカシンジ…」

アスカ「す、吸って…」

シンジ「ア、アスカ…」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 23:09:55.14 ID:G+2TVbH7O

チュバ…チュプ…

シンジ(アスカの乳房…甘い香りがする…)

アスカ「ハッ…あ…んっ」

アスカ(あ…も、もう駄目…こ、壊れそう…)

アスカ「シンジ…!」

シンジ「アスカ…!!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 23:13:34.00 ID:G+2TVbH7O

シンジ(あ…気がついたら、もうこんなに暗く…)

シンジ(雨もまだ止んでいないし…)

シンジ「アスカ、そろそろ帰らないと」

アスカ「え?で、でも…」

シンジ「風邪ひくよ?ミサトさんも心配してるだろうし」

アスカ(…コクリ)

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 23:16:51.87 ID:G+2TVbH7O

〜帰り道〜

シンジ「ほら、傘さして」

アスカ「いい。シンジの傘に入る」

シンジ(せ、狭いなぁ…)

アスカ「でも今日はびっくりしちゃった!まさかあのバカシンジが、あんなに大胆になってくれるとはね」

シンジ「う…///(じ、自分がこわい…///)」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 23:19:46.93 ID:G+2TVbH7O

〜家〜

シンジ「た、ただいま…」

ミサト「もう!こんなに遅くまでどこ行ってたの!心配したじゃないの!」

シンジ「ご、ごめんなさい…」

ミサト「アスカなんてずぶ濡れじゃないの!ほら早くあがって!」

アスカ(ずぶ濡れ…確かにそうね…)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 23:22:18.88 ID:G+2TVbH7O

〜翌日、学校〜

シンジ(結局アスカは風邪で休みかぁ…何だか悪いことしちゃったな…)

レイ「碇君」

シンジ「あ、おはよう綾波」

レイ「ちょっと屋上まで来てくれる?」

シンジ「?」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 23:25:03.54 ID:G+2TVbH7O

〜屋上〜

シンジ「いきなりどうしたの?こんなところに呼び出して」

レイ「碇君に訊きたいことがあるの」

シンジ「な、何?」

レイ「昨日、2号機の人と何してたの?」

シンジ「ッッえっ!?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 23:26:51.09 ID:G+2TVbH7O

レイ「ねえ、何してたの?」

シンジ「そ、それは…その…」

レイ「電柱の裏に隠れて、何をしてたの?」

シンジ「み、見てたのか!?」

レイ「…コクリ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 23:30:18.70 ID:G+2TVbH7O

レイ「ねえ、何してたの?」

シンジ「そ、それは…」

レイ「答えて」

シンジ「う、うぅう…」

レイ(プチ…プチ…)

シンジ(なっ…急に服を脱ぎ始めた…??)

シンジ「い、一体何のつもり…」

レイ「黙ってて」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 23:33:18.57 ID:G+2TVbH7O

シンジ(…ち、乳房が露わに…??)

レイ「碇君」

シンジ「は、はぃい?」

レイ「碇君は、2号機の人と私、どっちが好き?」

シンジ「え、や、そ、それは…」

レイ「答えて」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 23:35:48.64 ID:G+2TVbH7O

レイ「私は碇君と…」

シンジ「あ、綾波…」

レイ「1つになりたいの」

シンジ「ッッ!??」

レイ「私のことが好きなら、来て、碇君」

シンジ「綾波…」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/11/15(月) 23:41:13.02 ID:G+2TVbH7O

アスカ(今日は結局風邪で休みかぁ…バカシンジは今頃どうしてるんだろ…ふふふ)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

レイ「来て、碇君」

シンジ(う、お、おかしい…ま、まあ理性がおかしくなって…い、いやダムだ…ダメだ…うぅ…)

レイ「私のことが嫌いなの?」

シンジ「綾波…!」




マリ(おやおや、たまたま屋上に不時着してみれば、とんだ修羅場に出くわしちゃったみたいだニャ!ここはしばらく観察させてもらおうっと!ドキドキ…)

fin



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:式波=アスカ=ラングレーの憂鬱