涼宮ハルヒの密室


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「できたぞ新一、ワシらの赤ちゃんじゃ///」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 21:54:44.57 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「開けなさい、開けなさいよっ!!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 21:57:02.72 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「さっさと開けなさい!!」

 ガチャガチャガチャ

ハルヒ「開けなさいっつってんのよこの馬鹿!!」

 ドンドンドンドン


ハルヒ「はあっはあっはあっ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:01:44.55 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「…はあ…」

ハルヒ「…疲れたわ」


ハルヒ「なんなのよここ…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:07:08.35 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「どうしてあたしこんなとこにいるの?」

ハルヒ「思い出せないわ…」

ハルヒ「昨日は確かにちゃんと家に帰ってベッドに入って寝たはずなのに…」

ハルヒ「目が覚めたらこんなわけのわからない真っ白い部屋にいるなんて…」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:09:01.04 ID:0rb2ArqyP


 ドンドンドンドン

ハルヒ「みくるちゃん! 古泉君!」

ハルヒ「有希!」

ハルヒ「キョン!!」

ハルヒ「誰か助けに来なさい!!」

 シーン

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:15:31.10 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「はあ…」

ハルヒ「……」


ハルヒ「あったま来たわ」

ハルヒ「こうなったら意地でもこんな部屋脱出してやるんだから」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:18:24.19 ID:0rb2ArqyP


ハルヒ「あるのは…テレビとベッドだけね」

 カチッ ザーーーー

ハルヒ「何このテレビ。何にも映らないじゃない」

ハルヒ「……」

ハルヒ「だったら別に何に使ったって構わないわよね」


ハルヒ「よっと…どぉりゃあああ!!!」

 ドガンッ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:19:34.73 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「はあっ…はあっ、これでもダメか…」

ハルヒ「いったい何でできてるのよこのドア。頑丈すぎるわよ」

ハルヒ「…はあ…」


ハルヒ「…なんでこんなことになってるのかしら…」

 ジワッ

ハルヒ「ううっ…泣けてきた…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:20:37.37 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「…グシグシ」

ハルヒ「……」

ハルヒ「だめだ。泣いてる場合じゃないわね」

ハルヒ「なんとかしなきゃ…」

ハルヒ「…そうだ。まず、情報整理から始めましょう」

ハルヒ「どうしてこうなったか。昨日何が起こったのか。そこからね」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:21:51.00 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「昨日あたし何してたっけ…」

ハルヒ「いつも通り学校に行って、授業受けて、部室にいって」

ハルヒ「そしたら有希は本読んでて、古泉君とキョンは将棋やってて」

ハルヒ「やることなかったからあたしも将棋やったのよね」

ハルヒ「キョンのヤツ、俺に挑むとはいい度胸だとか言っといて弱いったらなかったわ」

ハルヒ「ふふっ」

ハルヒ「それで遅れてみくるちゃんがやってきて、着替えてからお茶淹れてくれて」

ハルヒ「…うーん。いつも通りね」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:23:49.68 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「その後はどうしたっけ」

ハルヒ「…家に帰ったわよね」

ハルヒ「途中まではキョンといっしょだったけど…うーん」

ハルヒ「それでご飯食べてお風呂入って」

ハルヒ「…特にいつもと変わらないのに」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:24:51.13 ID:0rb2ArqyP

─────

ハルヒ「……」

ハルヒ「お腹空いたわね…」

 ポテッ

ハルヒ「いたっ」

ハルヒ「?」

ハルヒ「パン…? どこから降って来たの? 天井?」

ハルヒ「何よ、そこに誰かいるの!? いるならこんなもんよこしてないでさっさと出しなさいよ!!」

ハルヒ「何よ…こんなもん!」

 モグモグモグ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:26:30.35 ID:0rb2ArqyP


ハルヒ「…ふう」

ハルヒ「…お腹ふくれたらちょっと元気出たわね」

ハルヒ「よし。今度こそこのドアぶち壊してやるわ」

 スタスタスタ

ハルヒ「せーのっ…どりゃああ!!!」

 ドゴンッ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:27:19.81 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「でいでいでい!!」

 ドカドカドカッ

ハルヒ「このこのこの!!」

 ズッコンバッコン

ハルヒ「ああもう!! 開きなさい!! 開けってのよもおおおおおおおおおおおお!!!!!」



 プツン

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:28:26.15 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「? えっ?」

 ザーーー

ハルヒ「な、なに? テレビがついたの? 勝手に?」

 ザーーー

ハルヒ「な、なんで? コンセントもささってないのに…」


 プツン


男「やあ」

ハルヒ「ひっ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:29:36.63 ID:0rb2ArqyP

男「元気ですか」

ハルヒ「な…」

ハルヒ「な、なによあんた」

男「涼宮さん。僕が誰だかわかるかな」

ハルヒ「あ、あんたのことなんか知らないわよ!! それよりなに、あんたがあたしをこんな部屋に閉じ込めた犯人なの!?」

男「……」

ハルヒ「何よ! 黙ってないでなんとか言いなさいよ!!」

男「思い出せないのかな」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:35:04.94 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「お、思い出せないって何よ。思い出せないわよ。いつ、どうやってあたしをこんな部屋に連れてきたの」

男「……」

ハルヒ「答えなさい!!」

男「いいんだ。ゆっくり時間をかけて思い出しましょう」

ハルヒ「はあ!? ゆっくりなんてしてたくないわよ!! さっさとここから出しなさいよ!!」

男「君ならきっと取り戻せる。じゃあ」

ハルヒ「!! ちょっ」

 プツン

ハルヒ「……」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:36:52.02 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「なん…なんだったのよ今の…」

ハルヒ「気味悪い…」





ハルヒ「……」




ハルヒ「もういや…頭がおかしくなりそう」

ハルヒ「お願い…早くあたしをここから出して…」

ハルヒ「出してよおおおおおおおお!!!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:38:09.11 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「ううっ」

ハルヒ「グスッグスッ」

ハルヒ「……」

ハルヒ「すーっ…すーっ…」




─────




「…ひ……るひ…」

ハルヒ「……ん……」

「…るひ……ハルヒ……」


「…ハルヒ、おい。ハルヒ起きろ」

ハルヒ「え……?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:40:13.34 ID:0rb2ArqyP

キョン「起きろハルヒ」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…キョ、ン…?」

キョン「やっと眼覚ましたか。ずいぶん気持ち良さそうに寝てやがったな。顔にいたずら描きしてやろうかと思ったぞ」

ハルヒ「キョン……」

ハルヒ「キョン…キョン。キョン!!」

 がばっ

キョン「おわっ! な、なんだ!?」

ハルヒ「よかった…キョン…キョン…!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:43:44.08 ID:0rb2ArqyP

キョン「ど、どうした?」

ハルヒ「ううっ…ああああああん」

キョン「どうしたんだよハルヒ」

ハルヒ「わかんない…すごい怖い夢を見たの…」

キョン「怖い夢? おまえが? ははは。どんな夢だよ」

ハルヒ「まっ白い部屋に閉じ込められて…出られなくて…誰もいなくて…気味悪くて…すごいリアルで…怖かった…」

キョン「……」


キョン「ハルヒ」

キョン「残念ながらな、そいつは夢なんかじゃないぞ」

ハルヒ「えっ?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:45:21.98 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「……」

 キョロキョロ

ハルヒ「……」

ハルヒ「嘘…どうして…まだこの部屋に…」

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「…夢じゃなかったの…」

キョン「ああ。残念だけどな」

ハルヒ「いや、もう嫌…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:47:38.30 ID:0rb2ArqyP

キョン「……」

ハルヒ「…いや…」

キョン「がんばれハルヒ」

ハルヒ「がんばれって…いったい何をがんばれっていうのよ!!」

キョン「逃げるんだ」

ハルヒ「え…」

ハルヒ「に、逃げる…?」

キョン「ああ」

ハルヒ「で、でも、逃げるって言ってもドアに鍵が…」

キョン「はは、馬鹿だな。俺が入ってこれたんだぞ? ドアなんか開いてるに決まってるじゃないか」

ハルヒ「えっ嘘っ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:49:09.13 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「…ほ、ホントだ。開いてる。どうやったの? キョン、あんたが開けたの?」

キョン「ん? ああ、まあな」

ハルヒ「へ、へえー…やるじゃない、キョン。見なおしたわ」

キョン「だろ?」

ハルヒ「ま、あんたの割にはだけどね。でも、この功績を讃えてヒラ団員から昇級させてあげてもいいわ」

キョン「おう。そいつは嬉しいね。どんな階級にしてくれるんだ?」

ハルヒ「そうね…副々々々のそのまた副団長くらいにはしてあげようかしら」

キョン「なんだそりゃ。ヒラとどっちが上かわかんないじゃねえか」

ハルヒ「感謝しなさい。あとで腕章も作ってあげるから」

キョン「ふん。元気出てきたみたいだな。それでこそおまえだ」

ハルヒ「な、なによそのニヤけ面。あったま来るわね! 昇級取り消すわよ!」

キョン「やれやれ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:51:36.12 ID:0rb2ArqyP

キョン「おっと遊んでる場合じゃないんだ。早くしないとアイツらが戻ってきちまう」

ハルヒ「アイツら? だれよ、アイツらって」

キョン「いいからさっさと逃げるぞ。ハルヒ、ついてこい」

ハルヒ「う、うん」

 タッタッタッ



ハルヒ「うわ…」

ハルヒ「なんなの、この長い廊下…」

ハルヒ「しかも壁一面真っ白…気持ち悪い…」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:53:46.28 ID:0rb2ArqyP

キョン「こっちだ」

 タッタッタッ

ハルヒ「こっちだって…あんた道わかってんの?」

キョン「ああ。…多分な」

ハルヒ「多分ってあんたねぇ!」

キョン「しっ!!」

ハルヒ「!!」



キョン「…よし。行ったな」

ハルヒ「な、なに…?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:55:40.96 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「ね、ねえ…なんなのキョン…?」

キョン「……」

ハルヒ「今誰かいたの? それに、ここはいったいなんなの? キョンは知ってるの? ねえ…」

キョン「ハルヒ」


キョン「大丈夫だ。俺がついてる」

キョン「俺が、絶対おまえを守ってやるから」


ハルヒ「…キョン…」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:58:43.15 ID:0rb2ArqyP


 タッタッタッ

キョン「…たしかここのドアを…」

 ギイッ…

キョン「よし、あってた。ハルヒ、もうすぐだ。この階段を降りれば外に出られる」

ハルヒ「ほ、ホント?」

キョン「ああ。だから頑張れ。走るぞ」

ハルヒ「うんっ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 22:59:55.26 ID:0rb2ArqyP

─────

 タッタッタッ

ハルヒ「……」

 タッタッタッ


ハルヒ「…ねえ、キョン」

キョン「どうした、疲れたか?」

ハルヒ「ううん、大丈夫だけど…それより、なんなのこの階段?」

ハルヒ「降りても降りても終わりがないじゃない。もう30分は降り続けてるわよ。あたしたち、どれだけ高いところにいたってのよ」

ハルヒ「おまけに横も上も下も全部真っ白…どうにかなっちゃいそう」

キョン「文句言うな。もうすぐ終わる」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:01:17.95 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「さっきもそう言ってたじゃない。…もう嫌よ…」

キョン「ったくしょうがないヤツだな…ほれ、掴まれ」

 ぎゅっ

ハルヒ「!!」

キョン「離すなよ」

ハルヒ「う、うん…」

ハルヒ(キョン…)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:02:51.92 ID:0rb2ArqyP

─────

 タッタッタッ


キョン「おっ」

キョン「ハルヒ!! 着いたぞ!! 出口だ!!」

ハルヒ「え、嘘っ!」

キョン「見ろ!!」

ハルヒ「本当だ…! あの扉の向こうはもう外なの!? ねえキョン!」

キョン「ああ。これでこんな所からもおさらばだ」

ハルヒ「やった! やったわねキョン!!」

キョン「ああ!」


 バンッッ


ハルヒ「ああ…」

ハルヒ「外だ。出られたんだ、あたしたち…」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:04:33.11 ID:0rb2ArqyP

キョン「…長かったな」

ハルヒ「うん…」

キョン「よく頑張ったな、ハルヒ」

ハルヒ「うん…ぐすっ」

キョン「泣くなよ」

ハルヒ「だって…」グシグシ


ハルヒ「…もう、終わったのね。助かったのね…」

キョン「ああ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:05:45.14 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「…夜だったんだ…」

ハルヒ「…白ばっかり見続けてたから、なんか夜空の黒がすごく新鮮に感じるわ」

キョン「ホントだな」

ハルヒ「ああ…いい空気…涼しくて気持ちいい」

ハルヒ「…星が綺麗」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:07:05.72 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「……」

ハルヒ「…ねえキョン」

キョン「ん?」

ハルヒ「あそこはいったい…」

 プップッ

ハルヒ「?」

キョン「おっ、お向かえが来たみたいだぞ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:08:17.18 ID:0rb2ArqyP


 バタン

みくる「おまたせしましたぁ〜」

ハルヒ「あっ」

ハルヒ「みくるちゃん! 久し振り!」

キョン「朝比奈さん」

みくる「キョン君、涼宮さん、お久しぶりです。お元気でしたか?」

ハルヒ「元気も元気よ! あったりまえじゃない!!」



ハルヒ「……?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:11:29.78 ID:0rb2ArqyP

みくる「さ、二人とも乗ってください。ちょっと急がないといけないですから」

キョン「朝比奈さん、車の免許取ったってホントだったんですね」

みくる「えへへ…苦労しましたけど」

キョン「あ、これ、ホンダのモビリオですか? いい車乗ってますね」

みくる「わっすごい。よくわかりましたね」

キョン「ふふふ。俺、車にはちょっとうるさいんですよ」

みくる「うふふ。高かったんですよぉ」

ハルヒ「……」

みくる「あ、お話は車に乗ってからにしましょう。乗ってください」

キョン「そうですね。お、よう長門、元気か」

長門「…元気」

ハルヒ「……有希……」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:13:52.95 ID:0rb2ArqyP

古泉「やあお二人とも、お元気でしたか」

キョン「おう。おまえも元気そうだな」

ハルヒ「古泉君……」

古泉「おや? どうかしたんですか涼宮さん」

キョン「ハルヒ? どうした?」

ハルヒ「…あ、ううん」

みくる「じゃ、出発しまぁす」

キョン「ハルヒ、出発の掛声の一つもかけないのか。せっかくの卒業旅行だぞ」

ハルヒ「……」

ハルヒ「卒業旅行…?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:16:38.46 ID:0rb2ArqyP

─────

長門「…それが、こんなに大きかった」

キョン「はははは」

ハルヒ「……」



ハルヒ「…ねえ、キョン」

キョン「ん、どうした」

ハルヒ「何か…何か、変じゃない?」

キョン「変?」

ハルヒ「うん。変よ。どこか間違ってるような…」

キョン「おまえが変なのはいつものことじゃないか」

ハルヒ「茶化さないで…真面目に聞いてよ。だいたい、さっきまであたしたちがいたあの白い部屋…」

ハルヒ「あそこは…いったいなんだったの?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:23:35.16 ID:0rb2ArqyP

キョン「もういいじゃないか。済んだことだ」

ハルヒ「そんな…」

ハルヒ「…あたし、怖い…」

キョン「ハルヒ」


キョン「大丈夫だ。俺が絶対、おまえを守ってやるから」


ハルヒ「…キョン…」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:25:02.52 ID:0rb2ArqyP

古泉「おやおやこれは。聞いてるこっちまでドキドキしてしまうようなセリフですね」

キョン「やかましい」

みくる「涼宮さん、キョン君…おめでとうございます。ふふ、ここまで長かったですね」

キョン「やめてくださいよ朝比奈さん。恥ずかしいです」

長門「…おめでとう」

キョン「…ありがとな、長門」


ハルヒ「…キョン…」

ハルヒ「あたし…嬉しい。ありがとう、キョン…大好き」

キョン「俺もだ、ハルヒ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:30:29.70 ID:0rb2ArqyP



ハルヒ「……そう言えば、みくるちゃん、大学生活の方はどう? 楽しい?」

みくる「ええ。楽しいですよ。最初は誰とも話せなかったんですけど、そのうち友達もできまして。鶴屋さんがいっしょだったから本当に助かりました」

ハルヒ「そっか…よかったわね」


ハルヒ「じゃあ…彼氏はできた? みくるちゃん」

 ドクン

ハルヒ「…!?」

ハルヒ「え…?」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:32:11.04 ID:0rb2ArqyP


 ドクン

ハルヒ「……」

ハルヒ(…何…これ…)

ハルヒ(デジャヴ…?)

 ドクン

ハルヒ(あたし、今と同じセリフ…)

ハルヒ(前にも…言ったことある…)

ハルヒ(彼氏はできた、って…)

 ドクン


みくる「え? えへへ…それがですね…」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:34:23.68 ID:0rb2ArqyP

みくる「実はあたしも…好きな人ができまして」

ハルヒ「……」

 ドクン

キョン「本当ですか?」

ハルヒ「ええ。大学の同じサークルの人で…付き合ってるとか、そういうわけじゃないんですけど…」

 ドクン

みくる「年はあたしの一つ上で…」

ハルヒ「…みくるちゃん…」

 ドクン

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:37:06.34 ID:0rb2ArqyP


みくる「とっても優しくて…そうですね」

ハルヒ(…嫌…)

 ドクン

みくる「そうだ、どことなくキョン君に似てる感じがします」

ハルヒ「…みくるちゃん…前、向いて…」

 ドクン

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:38:12.09 ID:0rb2ArqyP


キョン「俺にですか?」

 ドクン

みくる「ええ。そっか…ふふ。キョン君に似てるんだ…だから…」

ハルヒ「みくるちゃん!!!」

みくる「えっ、あ」



 キキーーーーーッッ


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:40:46.72 ID:0rb2ArqyP


──その瞬間、世界が逆さまになった。

体が無くなったような消失感を感じた後、あたしは闇の中を、どこまでも落ちていった。


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:42:11.57 ID:0rb2ArqyP


─────

「……」

「…涼宮さん、涼宮さん…」

「…起きてください。涼宮さん」

ハルヒ「……」



男「目が覚めましたか?」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…ええ…」

男「大丈夫ですか? だいぶうなされていたみたいですが…」

ハルヒ「……」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:44:59.37 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「…夢、見てた…」

男「夢、ですか。どんな夢?」

ハルヒ「……」


ハルヒ「…思い出せない…思い出したくない…」

ハルヒ「…怖い…夢…」


男「そうですか…」

ハルヒ「……」


男「では、今日もリハビリを始めましょうか」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:46:49.66 ID:0rb2ArqyP

ハルヒ「リハビリ…?」

男「あなたは何もしなくても大丈夫ですよ。僕の質問に、覚えていることだけを答えてください」

ハルヒ「……」


男「あなたの名前は?」

ハルヒ「…東中出身…涼宮…ハルヒ…」

ハルヒ「…宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら…」

ハルヒ「……」


男「あなたは今何歳?」

ハルヒ「15…」

男「……」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:51:16.81 ID:0rb2ArqyP

男「だめですか…」

男「いいんです。無理しないで。ゆっくり時間をかけて思い出しましょう」

男「君ならきっと取り戻せる」

ハルヒ「……」


ハルヒ「…待って…」

ハルヒ「…違う、違う」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:52:20.50 ID:0rb2ArqyP

男「!! 思い出したんですか?」

ハルヒ「あ…」

男「…あなたは今、何歳?」

ハルヒ「…1…8…」

男「高校三年?」

ハルヒ「そう…」

男「季節は春?」

ハルヒ「そう…」

男「ちょうど大学の合格が決まって、卒業しようというところ」

ハルヒ「そ…う…」


ハルヒ「あ…」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:53:39.80 ID:0rb2ArqyP

─────

…思い出した…

思い出してしまった

あの日…あたし達SOS団は、大学の合格がみんな決まって、卒業旅行で、キャンプに行ったんだ

免許取り立てで、怖がるみくるちゃんに、あたしが無理やり運転させて…

…そうだ。その前の日に、キョンがあたしを呼び出して、言ってくれた。なかなか会えなくなる前に、言っておきたい、って

…好きだ、って…

これからもずっとおまえといたいって、俺が一生、絶対おまえを守る、って…

嬉しかった。今まで生きてきた中で一番嬉しい、って思った。あたしたち、付き合うことになって、

すぐにみんなに教えたかったから、電話で連絡した。みんな、喜んでくれて、それで…

…それで…

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:56:05.69 ID:0rb2ArqyP


ハルヒ「……」

男「…思い出したんですね」

ハルヒ「……」


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/02(火) 23:57:13.96 ID:0rb2ArqyP


ハルヒ「…みんなは…」

ハルヒ「…みんなは…キョンは…どうなったの…?」

男「……」


男「あなた以外、誰も助かっていません。あなた一人だけが、本当に奇跡的に生き残ったのです」

ハルヒ「……」


ハルヒ「嘘…」


ハルヒ「…いや…」

ハルヒ「嫌あああああああああああああ!!!!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 00:16:13.24 ID:oqukyH0XP


──それから

ようやくあの白い部屋から解放されたあたしは…休学中というこになっていた大学に通った。だけど…すぐに辞めた

みんなのことを忘れることができなかったから…どんなことをしていても…キョンの笑顔が浮かんでくるから…

…あたしがあの時みくるちゃんに運転なんてさせなければ…あんなことにならなかった…

そう思うと、なぜ自分だけが生きているのか、不思議で、我慢できなくなった


あたしは…みんなの、キョンの後を追った。

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 00:20:43.03 ID:oqukyH0XP



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/03(水) 00:21:48.67 ID:oqukyH0XP

なんか意味わかんねwwwすまんwww



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「ドラえもーん! スネ夫がDSを貸してくれないよー!」