長門「……わたしはデートのつもりだった」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:波平「やだ……痴漢……!?」サワサワサワサワ

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/20(月) 11:49:03.68 ID:AUvofc750

キョン「な、長門……」

長門「……」

キョン「まあ、デートといえばデートだったな」

長門「……こんな体験をしたのは初めて」

キョン「長門……」

長門「……これからもあなたと一緒にいることを望む」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/20(月) 11:55:48.53 ID:AUvofc750

長門「……いいっ?」

キョン「(お、俺にはハルヒというワガママ女がいる……
一体全体、どうすりゃいいんだ)」


長門「……あいし.....」
















ハルヒ「キョ、キョン!? あ、あんたそこでなにやってるのよ!?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/20(月) 12:13:09.60 ID:AUvofc750

キョン「こ、これはだな……(汗」

長門「……」

キョン「(おい、長門、なんか言ってくれよ(泣)」

ハルヒ「ふ〜ん、そういうことね。わかったわ。明日、また部室で会いましょう」





キョン「」








長門」「

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/20(月) 12:17:15.51 ID:AUvofc750

ということで俺は今、帰宅の途についている。
あのハルヒの冷徹な顔が俺に一抹の不安を残す。
長門とは、さっきの道で分かれた。
うん、おったまげた。あんな感情的な長門を見たのは初めてだ。
ハルヒにどうやって誤解を解いてもらおうか思索したが、無駄だった。









明日はどうなるか。
忘れもしない。
それは、俺にとって全く笑えないことだった。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/20(月) 13:22:16.04 ID:AUvofc750

次の日



キョン「あ、あれ、ハルヒはまだ来てないのか?」




谷口「ハ、ハルヒ? どうやら今日は休みみたいだぞ」



キョン「そ、そうか……」





後ろにハルヒがいない日はなんだか気がのらない。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/20(月) 13:31:02.45 ID:AUvofc750

授業が全て終わり、部室に向かった。



ガチャッ


キョン「遅れてすまん」

古泉「おやっ、あなたと会うのはなんだか久しぶりな気がしますね」

キョン「冗談はよせよ。んで朝比奈さんと長門は?」

古泉「二人とも今日学校をお休みしています。涼宮さんも然り……」

キョン「めずらしいな……こんな偶然があるなんてな」

古泉「これは偶然ではありません」








古泉「そして、あなたにお伝えしなければいけないことがあります」




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/20(月) 13:46:04.46 ID:AUvofc750

キョン「な、なんかあったのか?」


古泉「彼女たちが『休んだ』という言い方では少し語弊があるかもしれません」




キョン「古泉、お前何をいってんだ!?」




古泉「正確に言うならば……『消えた』が適切でしょう」



古泉「あなたならば、どうしてこうなったのか、おわかりでしょう」






古泉「あなたは今、とてつもない窮地に立たされています。それは僕も同じなんですがね。
いえ、『世界全体』と言った方が適切でしょう」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/20(月) 16:29:54.48 ID:AUvofc750

もう少ししたら書く。
みんなマジで待たせてすまない。
仕事忙しすぎるwwwwwww

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/20(月) 18:22:39.73 ID:AUvofc750

キョン「まさか……」


古泉「閉鎖空間にも涼宮さんの存在は確認されていません」



キョン「じゃあ、どうすりゃいいんだよ……」



古泉「全くもって解決策が見つかりません」


キョン「うそだろ……」


古泉「さらに問題なのは、彼女たち二人もいないことですね。どうしようもありません」


キョン「しかし、なぜお前はそのことを知っているんだ!?」



古泉「これは失敬。機関の上の人から情報が来ましてね」



キョン「(俺はまた何かをやらかしてしまったようだ……)」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「気の合う友達」