ハルヒ「キョンのおちんちんってどうなってるのかしら…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ダイジョーブ博士「サァ悪魔ニ魂ヲ売ルノデース」和田監督「……うむ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:57:34.57 ID:doqbSgpZ0

ハルヒ「気になって夜も眠れないわ!!調べてみましょう!!」

キョン「お前は何を言っているんだ」

長門「私も気になっていた。調べたい」

キョン「ブルータス、お前もか」

古泉「善は急げというので」

キョン「まったく善じゃないしお前は死ね」

みくる「みくるでしゅwwwww」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 21:58:51.09 ID:doqbSgpZ0

キョン「何だお前等、ついにポンポンがいかれたのか?」

ハルヒ「失礼ね!女として異性の性器に興味を持つのは当然よ!!」

長門「そう」

古泉「その通りです」

キョン「いきなりそんなこと言うのはただの変態だ。そして古泉、お前は黙れ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:00:24.39 ID:doqbSgpZ0

古泉「何を言っておられるのですか。私は貴方を異性として見ているのです」

キョン「だまらっしゃい」

古泉「ちなみに私はどっちでもいけるくちです」

キョン「聞いてないし聞きたくない」

古泉「今日からバイズミと呼んでもいいですよ」

キョン「頼むから消えてくれ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:01:46.21 ID:doqbSgpZ0

ハルヒ「きっとキョンのおちんちんは顔に似合わず逞しい筈よ!!」

長門「それもいいが、案外小さくて皮を被っているというシチュでも燃える」

バイズミ「彼のアナルは私と相性抜群だと思うんですよ」

キョン「一人おかしいぞ。いやみんなおかしいけど」

みくる「キョン君、お茶できましたよ」

キョン「ありがとうございます。ていうか居たんですね」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:03:25.63 ID:doqbSgpZ0

ハルヒ「というわけで、キョン!!服を脱ぐのよ!!」

キョン「脱ぐわけねぇだろ」

ハルヒ「大丈夫悪いようにはしないわ!!」

キョン「悪いようにしかならねぇよ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:04:43.39 ID:doqbSgpZ0

ハルヒ「あくまで抵抗するということね?」

キョン「当たり前です」

ハルヒ「なら実力行使よ!!無理やり脱がしてみせる!!」

ハルヒ「古泉!!君に決めた!!」

古泉「いっきまーす!!」ガバッ

キョン「いつの間に服を脱いだんだお前は!!ていうか脱ぐ必要ないだろ!!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:06:02.62 ID:doqbSgpZ0

キョン「ここは危険だ!!とりあえず脱出!!」バンッ

ハルヒ「追いなさい!!」

古泉「いわずもがな」ダッ

ハルヒ「有希、私たちはここで待っておきましょう」

長門「御意」

みくる「みくるでしゅwwwww」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:07:26.20 ID:doqbSgpZ0

キョン「とりあえずあいつは全裸だ。人が多い場所に行けば…」タッタッタ・・・

古泉「全裸とは失礼な、ちゃんとソックスは履いています」ダッダッダ・・・

キョン「それは一般的には全裸です!!」タッタッタ・・・

キョン「とりあえず体育館に入ろう!!」バッ

キョン「これでとりあえずは大丈夫なはず・・・」

キョン「部活中の人が結構居るからな」

古泉「ところがぎっちょん!!」バーン

キョン「堂々と入ってくんな」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:08:59.97 ID:doqbSgpZ0

キョン「畜生!!また走らないといけないのかよ!!」ダッ

古泉「待ってくださいよ、きょんたん」

キョン「頼むから消し飛んでくれ」

女子生徒A「キャー!!」

キョン「女子生徒に悲鳴をあげられてるのに構わずこっちに走ってくる全裸の古泉・・・、凄い光景だな、おい」

女子生徒B「変態!!」

女子生徒C「助けてー!!」

男子生徒「アッー!!」ズボ!!

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:10:38.22 ID:doqbSgpZ0

キョン「なんかいやな声と音を聞いたような・・・」

キョン「あれ?古泉がいない?逃げ切れたのか?」

キョン「まぁいいや、とりあえず帰るとするか・・・」

???「待ちなさい」

キョン「誰だ!?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:12:31.83 ID:doqbSgpZ0

〜文芸部室〜

ハルヒ「古泉君まだかしら。キョンを捕まえられないなんてまだまだね」

長門「古泉の糞野郎以外にも刺客を送り込んでおいたが逃げられる可能性が高い」

長門「ここは人質を捕って、帰れなくするほうが得策」

ハルヒ「なるほど!!さすが有希ね!!」

ハルヒ「でも人質は誰にするの?」

長門「いいのがいる」ジー

みくる「みくるでしゅwwwww」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:13:44.46 ID:doqbSgpZ0

〜廊下〜

朝倉「変態SSといったらこの私よ」ジャジャーン

キョン「なんかきたよ」

朝倉「この風、この肌ざわり、この匂いこそ変態SSよ!」

キョン「何しにきたんだお前は」

朝倉「私は長門さんから送られてきた刺客よ。要するに貴方の敵」

キョン「まじで!?先に言えよ!!」

朝倉「大丈夫よ、今回は貴方の方についたほうが面白そうだからそっちにつくわ」

キョン「ありがてぇ、ありがてぇ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:15:01.81 ID:doqbSgpZ0

キョン「え?じゃあ帰っていい?ここ危険なんだけど」

朝倉「待ちなさい。長門さんから伝言を預かっているの」

キョン「伝言?」

朝倉「朝比奈みくるは預かった。返して欲しかったら文芸部室に来い。だって」

朝倉「帰っちゃ駄目ってことね」

キョン(えぇー・・・、正直どうしよう・・・)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:16:39.47 ID:doqbSgpZ0

キョン「まぁ行くしかないよなぁ・・・」

朝倉「迷っちゃだめでしょあんた・・・」

キョン「えー、だってー・・・」

朝倉「とりあえず貴方が一番気をつけるべき相手は古泉ね」

キョン「確かにあいつは危険だ。見つからないようにしないとな」

朝倉「残念だけど、彼は匂いで貴方を追跡できるわよ」

キョン「何者だよあいつ!?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:17:58.48 ID:doqbSgpZ0

朝倉「幸いなことに長門さんは秘密兵器があるから大丈夫よ」

キョン「秘密兵器?」

朝倉「そう。まぁ私に任せておきなさい」

???「ふっふっふ・・・」

キョン「!?古泉か!?」

谷口「新たな刺客、谷口様だ!!!」ジャジャーン

キョン「・・・」

朝倉「・・・」

谷口「・・・」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:19:29.87 ID:doqbSgpZ0

キョン「谷口」

谷口「なんだよ」

キョン「俺は今忙しいんだ。とりあえず帰れ」

谷口「構ってチャンみたく言うな!!」

キョン「いくら本編で出番ないからってこんなとこに無理やり割り込むんじゃない」

谷口「うるせぇ!!二期放送も決まったし、SSで活躍していつかはキャラソンだすんだ!!」

キョン「無駄だ。お前にキャラソンは無理だ。出たとしても売れん」

谷口「うるせーよ!!キャラソン出してーんだよ!!売れなくてもいいから出してーんだよ!!」

谷口「あー、キャラソン売れなかったぜーって国木田とかに自虐風自慢してーんだよ!!」

キョン「いや・・・、うん・・・(谷口のキャラソン出るなら国木田も出るだろうけどな・・・)」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:20:58.45 ID:doqbSgpZ0

朝倉「そんなにキャラソンだしたいなら、敵側の刺客じゃなくてこっち側についたら?」

谷口「!!?」

谷口「なるほど!!確かにキョン側にいたほうが活躍できそうだな!!」

谷口「よーし、そうしよう!!よろしくな!!」

キョン(単純だ・・・)

朝倉(単純ね・・・)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:22:10.97 ID:doqbSgpZ0

キョン「仲間も増えたことだし、さっさと部室に向かうか」

古泉「くんかくんか、きょんたん発見!!」

キョン「げぇ、関羽!!」

古泉「ちょっと寄り道をしてたら遅くなってしまいました。待たせてしまいましたね」

キョン「待ってないです」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:23:35.08 ID:doqbSgpZ0

朝倉「とりあえず逃げるわよ」ダッ

キョ・谷「御意」ダッ

古泉「んっふ、逃がしませんよ」ダッ

古泉「何もしませんから逃げないでください」ダダダダダ

キョン「そのそびえるマグナムを鎮めてから嘘をつけ!!」ダダダダダ

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:24:53.64 ID:doqbSgpZ0

朝倉「谷口、ちょっと前に来なさい」

谷口「え?なんで?」

朝倉「いいから早く」スッ

谷口「いや、ちょ、その黄色い棒何!?それで何するき!?」

朝倉「よかったわね。大活躍よ」ズボッ

谷口「あ゛あ゛あ゛あ゛あああああああああああああっっっ!!!!!!!」バタッ

古泉「おや?こんなところでアナル丸出しで寝てるなんて・・・、誘ってるんですか?」

古泉「じゃ遠慮なく」ズボッ

谷口「」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:26:28.86 ID:doqbSgpZ0

キョン「朝倉、その棒何なんだ?」

朝倉「からしを塗りたくったただの棒よ」

キョン「なるほど」




古泉「おぉぁぁぁあああああ!!!!!ぉおおおあああああああ!!!!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:28:27.93 ID:doqbSgpZ0

〜文芸部室〜

ハルヒ「キョンはまだなの!?」

長門「まだの模様」

ハルヒ「みくるちゃんはもう団長席に縛っちゃったし。やることないわね」

長門「しょうがないから私が見てくる」

長門「まだつかまってないようならさっさと連行してくる」

ハルヒ「頼んだわよ有希!!早くしてね!!」

長門「御意」

みくる「みくるでしゅwwwww」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:30:03.83 ID:doqbSgpZ0

〜廊下〜

朝倉「古泉は倒せたわね」

キョン「犠牲はあったがしょうがない」

朝倉「あとは涼宮さんと長門さんね」

長門「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン・・・」

キョン(か、かわいい・・・!!)

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:31:16.60 ID:doqbSgpZ0

朝倉「キョン君!貴方は文芸部室に行きなさい!」

キョン「わかった!」ダッ

長門「通さない」

朝倉「あっちから行くのよ!」

キョン「畜生!遠回りだけどしょうがない!」ダッ

長門「しまった」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:32:50.22 ID:doqbSgpZ0

長門「朝倉涼子、貴方は彼の刺客として送ったはず。なぜ彼と一緒にいる?」

朝倉「それは裏切ったとしかいえないんじゃない?」

長門「なるほど、つまり貴方は私の敵」

朝倉「そういうことね」

長門「また情報連結解除されたい?」

朝倉「遠慮しとくわ」

長門「ならそこをどけて」

朝倉「それはもっとごめんね」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:34:46.56 ID:doqbSgpZ0

長門「なら戦闘は避けられない」

朝倉「その前に長門さん、これを見て欲しいんだけど」

長門「ビデオテープ?」

朝倉「そうよ、そこに都合よくテレビがあるわ」カチャ

朝倉「VTRスタート!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:36:13.70 ID:doqbSgpZ0

〜ビデオの内容〜

キョン宅

長門「・・・」キョロキョロ

長門「誰も居ない・・・。チャンス・・・」ソローリソローリ

長門「彼のタンスを捕捉した」

長門「オープン」ガラッ

長門「彼のパンツ・・・」

長門「・・・」クンカクンカ

長門「ミントの香り・・・」

〜ビデオの内容 終了〜

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:37:36.49 ID:doqbSgpZ0

長門「こ、これは・・・」

朝倉「ふふふ・・・」

長門「いつの間に・・・」

朝倉「隠しカメラを仕掛けていたのよ」

長門「何処まで捕った」

朝倉「貴方がガンダーラはこんなところに逢ったのかって呟いたところから
   キョン君のパンツ被って踊り終えるところまでかな?」

長門「迂闊」

朝倉「これをキョン君に見せたらどうなるかしら?」

長門「!!?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:39:14.79 ID:doqbSgpZ0

長門「それはやめて欲しい」

朝倉「やめて 欲 し い ?」

長門「やめて下さい」

朝倉「う〜ん、どうしようかな〜」

長門「彼の邪魔をしない」

朝倉「それだけ?」

長門「三日間夕食をおでんにすることを許可する」

朝倉「三日?」

長門「・・・・・・十日間」

朝倉「よろしい。今日のところは帰りなさい」

長門「御意」シュタッ

朝倉「さて、私も文芸部室に向かわないと」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:40:33.03 ID:doqbSgpZ0

〜文芸部室前廊下〜

キョン「ハァ・・・、ハァ・・・」タッタッタ・・・

キョン「着いた・・・」

朝倉「キョンく〜ん」

キョン「朝倉!?長門は倒したのか!?」

朝倉「ええ、無力化したわ」

キョン「そうか、よかった。ちなみに秘密兵器ってなんだったんだ?」

朝倉「ガンダーラよ」

キョン「?」

朝倉「気にしない気にしない」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:41:57.64 ID:doqbSgpZ0

キョン「ハルヒ!!もうお前だけだぞ!!馬鹿なことはやめて観念しろ!!」バン!!

キョン「・・・」

朝倉「・・・」

キョン「ハルヒが居ないぞ?」

朝倉「ほんとね」

キョン「カバンもないし・・・、飽きて帰ったか?」

朝倉「みたいね。あまりに遅くて痺れを切らしたんでしょう」

キョン「はー、なんだそりゃ。走った意味がなかったな」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:43:20.21 ID:doqbSgpZ0

キョン「そもそも、なんでわざわざ部室に着たんだっけ?」

朝倉「さぁ?」

キョン「まぁいいや。帰るか」

朝倉「そうね、帰りましょう♪」バタン・・・





みくる「みくるでしゅwwwww」



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/23(土) 22:44:32.64 ID:doqbSgpZ0

見てくれた方々、支援してくれた方々
ありがとうございました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:藤原竜也「バ゛イ゛オ゛ハ゛ザ゛ー゛ド゛?゛」