夜神月「粧裕の余命が一ヶ月…?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【ショッキングハルヒ】

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 20:57:02.96 ID:PCwJHzxdO

月「そんな嘘だ…」

医者「残念ながら…現在の医療では治すことは叶いません…」

月「ふっふざけるな!それをどうにかするのが医者の仕事だろ!」

総一郎「月!やめなさい!」

月「粧裕がどうして…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:01:15.91 ID:PCwJHzxdO

〜病室〜

月「粧裕…」

粧裕「なにそんなに深刻な顔してるのお兄ちゃん。ちょっと疲れただけだって。お医者さんもすぐ退院できるって言ってたよ?」

月「…そうだな…粧裕はいい子だからすぐ元気になるよ…!」

粧裕「お兄ちゃん、もう私14歳だよ。いつまでも子供扱いしないでよ」

月「あっ…そうだな…ごめんな粧裕…」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:03:37.14 ID:PCwJHzxdO

〜自宅〜

月「うっ…うう…」

リューク「月…泣いてるか?」

月「あんなに優しい子が…なんで…!」

リューク「始めに言ったはずだ。デスノートを使った人間は不幸になる」

月「なっ…それなら僕が…」

リューク「人間っていうのは面白いな…月。自分の不幸より最愛の人間の不幸の方が不幸に感じるんだからな」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:05:59.15 ID:PCwJHzxdO

リューク「犯罪者を殺しまくった報いだ。あんなクズでも悲しまない人間はいないもんだ」

月「くそっ!こんなものがあるから!」

デスノートを床に投げつける

リューク「…」

月「フフフ…フハハハハハハハハハ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:09:29.98 ID:PCwJHzxdO

リューク「月…?」

月「おかしくてたまらないよ…妹一人の命すら救えなくてなにが新世界の神だ…なにがキラだ」

リューク「ならもうデスノートの所有権を放棄するのか?」

月「…」

月、突然部屋を出る

リューク「おい、月どこに行くんだ?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 20:57:02.96 ID:PCwJHzxdO

月「そんな嘘だ…」

医者「残念ながら…現在の医療では治すことは叶いません…」

月「ふっふざけるな!それをどうにかするのが医者の仕事だろ!」

総一郎「月!やめなさい!」

月「粧裕がどうして…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:01:15.91 ID:PCwJHzxdO

〜病室〜

月「粧裕…」

粧裕「なにそんなに深刻な顔してるのお兄ちゃん。ちょっと疲れただけだって。お医者さんもすぐ退院できるって言ってたよ?」

月「…そうだな…粧裕はいい子だからすぐ元気になるよ…!」

粧裕「お兄ちゃん、もう私14歳だよ。いつまでも子供扱いしないでよ」

月「あっ…そうだな…ごめんな粧裕…」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:03:37.14 ID:PCwJHzxdO

〜自宅〜

月「うっ…うう…」

リューク「月…泣いてるか?」

月「あんなに優しい子が…なんで…!」

リューク「始めに言ったはずだ。デスノートを使った人間は不幸になる」

月「なっ…それなら僕が…」

リューク「人間っていうのは面白いな…月。自分の不幸より最愛の人間の不幸の方が不幸に感じるんだからな」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:05:59.15 ID:PCwJHzxdO

リューク「犯罪者を殺しまくった報いだ。あんなクズでも悲しまない人間はいないもんだ」

月「くそっ!こんなものがあるから!」

デスノートを床に投げつける

リューク「…」

月「フフフ…フハハハハハハハハハ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:09:29.98 ID:PCwJHzxdO

リューク「月…?」

月「おかしくてたまらないよ…妹一人の命すら救えなくてなにが新世界の神だ…なにがキラだ」

リューク「ならもうデスノートの所有権を放棄するのか?」

月「…」

月、突然部屋を出る

リューク「おい、月どこに行くんだ?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:21:26.21 ID:PCwJHzxdO

月「リューク!?所有権は放棄したはずだ。何故姿が見えている?」

リューク「ククク…特定の人間にだけ姿を見せるなんて簡単だ」

月「わざわざ死神界から僕を笑いにきたのか?」

リューク「いや、たまたま死神界で面白いもんをみつけたからな」

月「白いノート…?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:24:48.19 ID:PCwJHzxdO

リューク「これはデスノートとは対をなすノートだ。DEATH NOTEが死のノートならこのBLOOD NOTEは生のノートと言ったところか…」
月「生のノート?」

リューク「このノートに名前をかかれた人間は必ず天寿を全うする。それまでにかかっていた病気や怪我は全て無効になる」

月「…僕に…くれるのか!?」

リューク「ああ作られたはいいがこんなノートを使う死神はいない。元々あってないようなものだからな」
月「…ありがとうリューク。これで粧裕を…」

リューク「ただな月…このノートを使う代償は使用者の死だ」

月「!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:26:54.73 ID:PCwJHzxdO

リューク「ただの言い伝えじゃないぞ。俺は実際このノートを使ったジェラスが砂になるのをみた」

月「海砂のノートの元の所有者?」

リューク「そうだ」

月「でもその死神はデスノートを使って海砂の寿命を延ばしたから死んだって…」

リューク「レムはこのノートの存在を知らなかったんだろうな」

月「…」

リューク「あと一つ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:28:53.60 ID:PCwJHzxdO

月「なんだ?」

リューク「このノートを使った人間、死神は死ぬ。そして最初からいなかったことになるんだ」

月「!」

リューク「つまり存在しなかったことになるんだ。夜神家は3人家族。キラはおろか夜神月という人間は始めからこの世に存在しない。誰からも忘れ去られる」

月「つまり…僕が粧裕を救っても…」

リューク「ああそうだな。お前は誰からも感謝されることなく消える」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:32:01.90 ID:PCwJHzxdO

リューク「それでも使うのか?」

月「もちろんだ。デスノートを使ったのは僕だ。粧裕はなにも悪くない」

リューク「じゃあ今すぐ名前をかくんだな」

月「…待て…名前をかくのは一週間後だ…。それまで粧裕と最後の一週間を過ごしたい」

リューク「ククク…いいだろう。だがブラッドノートは元はジジイのもんだから回収しなきゃならにい。一週間お前に憑くぞ?」

月「ああ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:35:58.28 ID:PCwJHzxdO

〜病室〜

粧裕「ゴホッゴホッ……あっお兄ちゃん」

月「粧裕もう大丈夫だ。今先生に話をきいてきた。一週間後には退院できるそうだ」

粧裕「本当!?」

月「本当だ。僕が今まで粧裕に嘘をついたことはないだろう」

粧裕「うん!じゃあさ退院したら今まで入院してた分もたくさん遊んでね!」

月「ああ…もちろんだ…」
粧裕「約束だよ!」

月「ああ約束だ」

リューク「…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:39:57.73 ID:PCwJHzxdO

(それから一週間、あんなに退屈していた世界だったはずなのに色々な発見があった。ふとみた空の美しさ。まちを歩く人々。そしてなにより粧裕…。しかしそれらが僕の生に対する執着を強くしていた)



〜ある日の夜〜

月「うっうううう…」

リューク「どうした月…」
月「うっ…死にたくない…粧裕と…父さん…母さん…海砂…L…」

リューク「お前はそう思っていた犯罪者を何人も殺したんだぞ」

月「そんなことは分かってる…」

リューク「そんなに死にたくないならブラッドノートに名前をかくのをやめればいいじゃないか」

月「…それは…駄目だ…!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:42:52.35 ID:PCwJHzxdO

〜一週間後の病院〜

総一郎「大変だ…月!粧裕が…!」

月「ああ分かってる」



〜粧裕の病室〜

総一郎「粧裕!」

粧裕「お…父さん…?それにお兄ちゃん…?」

月「粧裕…もうしゃべるな…」

総一郎「らっ月…!」

月「父さん母さん…少し外に出てくれないか…」

母「なに言ってるのこんな時に!」

月「頼む!」




月「父さん、母さん、今まで育ててくれてありがとう」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:44:33.87 ID:PCwJHzxdO

総一郎「なっなに言ってるんだこんな時に!」

月「ごめん…どうしても今言っておきたかったから…」

総一郎「さあ早く粧裕の病室に戻るぞ!」

月「…ああ僕もトイレに行ってからすぐに戻るよ…」













月「もうこの世界ともお別れだな」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:47:19.66 ID:PCwJHzxdO

リューク「名前をかくのか?」

月「ああこれ以上は粧裕の命が危ない」



カキカキ



夜神粧裕

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:50:22.09 ID:PCwJHzxdO

月「はあこれで僕も終わり…か…」

リューク「一つ言い忘れといたルールがあった」

月「…」








リューク「ブラッドノートはなんてものは実は存在しないんだ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:52:48.16 ID:PCwJHzxdO

月「なっ?!どういうことだリューク!?」

リューク「言っただろ?俺は退屈してるだけだ。なにも慈善活動のためなんかに人間ごときにノートを届けたりしない」

月「…最初から全部…嘘だったのか!?」

リューク「分かったらせいぜい妹と最期の時間を過ごしにいくんだな」

月「…くそっ!!」

ダダダッ














リューク「さて俺もこの暇潰しの代償を支払わないとな…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:55:04.48 ID:PCwJHzxdO

〜病室〜

月「粧裕!」

粧裕「あっ…お兄ちょん…」

月「粧裕!」

総一郎「粧裕!」

母「粧裕!」














ピー



医者「残念ですが…」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:56:10.90 ID:PCwJHzxdO

月「粧裕!粧裕!死ぬな馬鹿野郎!」

総一郎「月!」

母「うっうわああああああ」















トクントクン

月「!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 21:57:16.70 ID:PCwJHzxdO

粧裕「んっ」

月「粧裕!」

医者「そんな…信じられません…。血圧、血糖値全てみるみる正常値に…」














粧裕は一命を取り留めた

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 22:00:03.05 ID:PCwJHzxdO

月「ん?白いノート?それに砂…」

月「BLOOD NOTE?」

パラリ







夜神粧裕







END


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/22(土) 22:01:37.13 ID:PCwJHzxdO

読んでいただいた方々ありがとうござしました
誤字多くてすいませんでした



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「私の為に死になさいよ」シンジ「・・・」