蚊「血……血が足りねぇ…」長門「……?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「うんち漏れちゃう…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 20:01:24.68 ID:N89D9VDeO

長門「……?」

蚊「そこの女っこ、…血を…」プーン

長門「………」

キョロキョロ

長門「……空耳?」

蚊「……空耳じゃねえよ!かわいい昆虫が一匹いるじゃねえか!!」

長門「………。かわいいとは思えない」 

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 20:05:01.06 ID:N89D9VDeO

蚊「頼む、後生だから血を少しだけ吸わせてくれ」

長門「……別に」

蚊「そ、そうか!ありがとなっ、ちなみにマラリアとかそーいうのないから安心してくれ」

長門「……」

チューチュー

蚊(……!?何と言う血!!!珍味だよオイ)

チューチュー

長門「吸い過ぎ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 20:07:53.61 ID:N89D9VDeO

蚊「はぁっ…!吸った吸った…、ごちそうさん」

長門「……おそまつさま」

蚊「しかしアレだな」

長門「……なに?」

蚊「ツッコミ所があると思うんだけどな」

長門「……どこに」

蚊「いや、めっちゃ喋ってんじゃんとかさ」

長門「めっちゃ喋ってんじゃん」

蚊「だろ!?俺ってばスゲー蚊なわけよ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 20:10:59.18 ID:N89D9VDeO

蚊「最近な、とある女っこの血を吸ってから人語を話せたり出来るようになってな」

長門「………」

蚊「で!かわいい女っこの血を飲もうと懇願したわけ」

長門「………」

蚊「ところがどっこい!俺ってば声が小さくて全く聞こえてないんだよ!!」

長門「……そう」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 20:16:28.55 ID:N89D9VDeO

長門「これから貴方はどこに行くの?」

蚊「そうだな、婚約者がいてな。そいつを探しに行くんだよな」

長門「……婚約者?」

蚊「そうそう、かわいいんだよ。たまらねえんだよ」

長門「……そう」

蚊「だがな!旅は危険だ!!って事であんたを宿にしたいんだけどな?
あっ、ただってわけじゃない!たまに血をわけてやるよ!」

長門「いらない」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 20:20:14.27 ID:N89D9VDeO

ガチャ

キョン「よう、長門だけか」

蚊「誰だコイツ、いかにもノーマルな血を心臓からドックンドックン体中に巡らせていそうな奴は」

長門「……」

キョン「ん?なんかいったか?」

長門「……別に」

キョン「そうか」

プーン

キョン「蚊、か。フンッ」

パンッ

蚊「ギエッ!!あぶねえな!!!近頃のガキは気が狂ってやがる!!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 20:24:30.06 ID:N89D9VDeO

長門「待って」

キョン「どうしたんだ?」

長門「その蚊を殺してはいけない」

キョン「……?まぁ長門がそう言うんならしかたがないな」

蚊「いやいやいや!!待てって言うんなら先に言ってくれよ女っこ!!!
お陰で昇天するとこだったじゃねえかよ!!!俺の桃色パラダイスの夢が危うく消えるとこだったんだぞ!?」

キョン「蚊が………喋った………!?」

蚊「おうよ!!マシンガントークなめんなよ若造!!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 20:30:29.58 ID:N89D9VDeO

キョン「な、長門……これもハルヒのミラクルパワーか?」

長門「……そう、正確には涼宮ハルヒが発端ではない。
彼が涼宮ハルヒの血液を体内に取り入れたのが原因」

キョン「一種のバイオハザードだな……」

蚊「まぁよろしくな!」スッ

キョン「よろしくな」

蚊「おい」スッ

キョン「なんだよ?」

蚊「お前な、人……基、蚊が手を前にな?アレだよほら、万国共通の」

キョン「握手……か」

蚊「それだよソレ!!」スッ

キョン「死ぬと思うんだが」

蚊「……だ、だよな!!!ジョークジョーク!!!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 20:37:38.55 ID:N89D9VDeO

キョン「で、気になったんだが」

蚊「なんでも聞いてくれ」

キョン「よろしくってどういう事だ?」

蚊「ああ、そこの女っこに宿になってもらうことになってな!」

キョン「宿?なんのためにだ、まさか人間と戦争でもするつもりか?」

蚊「戦争?くだらねー、戦争なんかしたってボッコボコだっつーの!
もちろん俺らが」

キョン「いいのか長門、血を吸われまくるぞ?」

長門「……いい」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 20:43:03.10 ID:N89D9VDeO

蚊「そうだ、お前達の名前を教えてくれ!今更って感じだが気にすんなよ」

キョン「俺は………キョンでいいか」

蚊「カッwwキョン!?キョン!!キョン!!!
うはあ!!いいなぁキョン!!!!!!!!!!」

キョン「初めてここまで馬鹿にされたな」

蚊「いやちがう!馬鹿にはしてねーよ!!!!キョン!!
ウクッ……だっひゃひゃひゃひゃ!!」

キョン「まぁいい、で。そこに座って読書してるのが」

長門「長門有希」

蚊「うん、いい名前だな」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 20:45:02.16 ID:N89D9VDeO

キョン「お前の名前はなんなんだ?」

蚊「あ?俺か?俺は>>32だ」

キョン「………」

長門「………」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 20:51:27.07 ID:N89D9VDeO

キョン「モスキート田中……か、いろいろと聞いていいか?」

蚊「もちろんだぜ!」

キョン「モスキートはわかる。田中……はぁ、なんで田中なんだ」

モスキート田中「カッコイイじゃねーかよ、なぁ有希ちゃんよ」

長門「単純明快」

モスキート田中「なっ?」

キョン「モスキート田中、なんて呼べばいいんだ?
田中か?モスキートか?フルネームか」

田中「田中でいいや」

キョン「もう文じゃ蚊かどうかすらもわからんな」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 20:56:51.09 ID:N89D9VDeO

キョン「田中よ、頭に黄色いリボンの女がいる前で喋るのはご法度だ」

田中「は?女っこがいたら話かけなきゃならんだろ、馬鹿かキョン」

長門「私も彼と同じ意見、安易に話し掛けるべきではない」

田中「……マジかぁ!?頼む!!!!後生だから!!!」

長門「………貴方には婚約者がいる。その行為は浮気となる可能性がある」

キョン「婚約者だと?初耳なんだが」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 21:03:20.27 ID:N89D9VDeO

田中「そうだな、言ってないから初耳だろうな」

キョン「だったらその婚約者の所に行ってやれよ」

田中「それがだな、わからねえの」

キョン「なんだって?」

田中「いやだから探してんだよ!フェロモン頼りにな!!」

キョン「探してるって言っても蚊だろ?生きてるかどうかわからないだろ」

田中「いや、生きている。絶対にな、あいつは蚊社会から戦乙女と呼ばれててだな。
それはもうサバイバルの達人なんだ、あとフェロモンむんむん」

キョン「サバイバルと戦はあまり関連性が無いと思うんだが」

ガチャ

古泉「やあ、どうも」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 21:09:25.07 ID:N89D9VDeO

キョン「ん?古泉か」

古泉「おや?すみませんが少々動かないでいただけませんか?」

キョン「は?」

パチンッ

キョン「痛てぇ!!」

古泉「蚊がいまして」

キョン「…………」
長門「…………」
田中「…………なんてこったい」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 21:14:02.55 ID:N89D9VDeO

古泉「すみません、痛かったでしょうか?」

キョン「お前……なんてことを………」

長門「血も涙も無い古泉一樹とは貴方のこと」

田中「………」

キョン「おい!!モスキート田中!!!」

田中「いや、そいつは俺じゃない」

キョン「田中!?じゃあこの蚊は……」

田中「俺の………妹だ……ついてくるなとあれほど………」

古泉「……」キョトーン

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 21:18:53.08 ID:N89D9VDeO

キョン「古泉………お前……」

古泉「すみませんが話が見えないのですが……」

キョン「……カクカクシカジカだ」

古泉「な……何と言う…………あのモスキート田中さん、どう申し上げていいか…」

田中「……気にするな、こんなのは日常茶飯事だったからな……しかたのない事だ」

古泉「………くっ」

キョン「古泉、頭を冷やしてこい」

古泉「………」タッタッタ

キョン(蚊にも歴史があって社会があるんだな……)

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 21:23:12.88 ID:N89D9VDeO

田中「………」

キョン「長門、一匹にしといてやろう」

長門「………」コクッ

スタスタスタ ガチャ バタン

田中(………よくみたら蚊違いじゃねぇか…………誰だよこの蚊…
やっぱ違いましたなんか言えねー雰囲気だしやがって………クソッ)

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 21:27:59.57 ID:N89D9VDeO

ガチャ

みくる「あれ?誰もいない……」

田中「ん?おい巨乳の女っこ!!」

みくる「だ、だれかいるんですかー?」

田中「いまくりだ!!!見てくれ!!!!ナイスガイがいるだろ!?」

みくる「ひっ……わわわ……」

田中「大丈夫だっつーの!!!取って食ったりしねーから」

みくる「ききき……キンチョールぅ」キョロキョロ

田中「俺の話を聞け!!!!このロケットおっぱい!!!!!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 21:32:30.07 ID:N89D9VDeO

みくる「な、なんなんですかぁ〜」

田中「カクカクシカジカで、今空気が悪いんだ。そこでだ!」プーン

みくる「あ、あの羽ばたかないで…」

田中「注文が多いな……」ピタ

みくる「わたしは何をしたら…」

田中「あんたに元気を出させてもらったって事にしてくれ」

みくる「もう元気じゃないですか」

田中「あ〜めんどくせえ!!!そういう事にしといてくれ!!!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 21:38:15.09 ID:N89D9VDeO



田中「てわけで元気モリモリだぜ!!」

キョン「そ、そうか。朝比奈さん、ありがとうございます」

みくる「えっ?あ、ひゃい」

古泉「心からの謝罪と……」

田中「いいって、過去に捕われてたんじゃ未来はやってこないってな!!
で、俺はもう眠くてだな」

キョン「じゃあ帰るとするか」

長門「……」スクッ

古泉「では今日はこのへんで」

みくる「みなさん、ではまた」ペコッ

スタスタスタ

〜10分後〜

ハルヒ「あ、あれ?誰もいない」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 21:44:09.61 ID:N89D9VDeO

長門家

田中「殺風景な部屋だな!だがそれがいい!!」

長門「……そう」

田中「んじゃ俺は嫁探しに行ってくるかな」

長門「……眠くないの?」

田中「じぇ〜んじぇん」

長門「……そう」

田中「んじゃまたな!」プーン

長門「……貴方の婚約者のデータがあれば私が検索できる」

田中「なに!?そりゃすげぇな!!!
だがしかし!!!そんな事しちまったら旅の意味やら出会った時の感動やらが全くなくなっちまうからな!!」

長門「……そう」

田中「ま、まぁ…ちょっとくらいなら頼んでみないこともない!!!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 21:52:13.58 ID:N89D9VDeO

田中「……コレはデータとやらになりうるのか?」

長門「……これは何」

田中「あー、昔なあいつと喧嘩した時にだな!勢い余ってちぎれた触角だ」

長門「………」

田中「まあ、その喧嘩の最中に俺の触角を全部引き抜かれたんだけどな!
いや、俺は手加減してたんだ!…たしか」

長門「通常、触角がとれた虫は」

田中「最初は大変だったさ、だが俺が喋れるきっかけとなった血を飲んだら完全回復したんだけどな!!!
だから結婚の誓いとしてその血をあいつに持って行きたいんだ!
昔の詫びも兼ねてな!!!俺ってば超絶にイケてるな!!!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 21:58:46.20 ID:N89D9VDeO

長門「……検索終了」

田中「おお!で?で!?」

長門「…………」

田中「おい!!早くしてくれ!!!!!ファイナルアンサー!!!!」

長門「…………」

田中「ごくり」

長門「あっち」

田中「アバウトすぎる!!!頼むからもう少し詳しく!!!!」

長門「……今日、部室にいた彼の家」

田中「Destiny……!!!!!いってくらぁ!!!!」プーン

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 21:59:50.86 ID:N89D9VDeO

入浴してきます!

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 22:41:14.32 ID:N89D9VDeO

かきます

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/07(木) 22:46:54.15 ID:N89D9VDeO

1時間後

プーン

長門「……」

田中「ふっ」

長門「……?」

田中「道がわからない!!!!!連れてけ有希ちゃん!!!!」

長門「……」コクッ

田中(ちょっと寂しかったなんかいえねー)

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/07(木) 22:52:25.14 ID:N89D9VDeO

キョン宅

ピンポーン

キョン「なんだなんだ、人がせっかく風呂に入ろうとしてたのに……」スタスタスタ

ガチャ

田中「いぃぃぃいぃぃやっっふぉぉぉぉ!!!!!!」

バタン

田中「おい!!!開けろよ!!!!!鍵穴から侵入すんぞキョン!!!」

ガチャ

キョン「やれやれ……」

長門「……」

キョン「ん?長門か、何かようか?」

田中「助けてくれ!!!!!鍵穴からでらんねえぇぇぇぇ!!!」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/07(木) 22:55:40.63 ID:N89D9VDeO

田中「た、助かったぜ!感謝感激雨霰!!!」

キョン「そいつはよかったな、そして用がないなら帰れ」

田中「ん?用ってなんだっけかな……」

キョン「脳みその容量が小さいと大変そうだな、長門、代わりに答えてくれ」

長門「モスキート田中の婚約者が貴方の家にいる可能性がある」

田中「あ!それだ」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/05/07(木) 22:58:58.15 ID:N89D9VDeO

キョン「俺の家に?」

長門「そう、貴方の家に」

田中「邪魔するぜ」プーン

シャミセン「にゃあ」

田中「………へっ、邪魔したぜ」プーン

キョン「で、どの部屋だ?」

長門「おそらく貴方の部屋」

田中「よし!!連れてけモスキート!!!!」

キョン「殺虫剤まかれたくなければあまり喋るな」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 23:04:43.23 ID:N89D9VDeO

キョンの部屋

田中「おーい、我が愛しの>>94ー」

キョン「返事がないな、しかしモスキート田中に対して凄い名前のフィアンセだな」

長門「……生体反応がない、現在この場所にはいない」

田中「なんだと!?俺は待つぜ!!!いつまでも待つぜ!!!!!」

キョン「いや、今日はもう帰れよ」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 23:14:16.64 ID:N89D9VDeO

田中「……しかたないか、じゃあマウニート中安らしき蚊が来たら教えてくれよなキョン太郎よ」

キョン「だれがキョン太郎だ。というかそのマウ……なんちゃらは喋れるのか?」

田中「さあ?」

長門「それは低確率、100キログラムの生米の中から一粒を当てるのと同じくらいの確率」

田中「そりゃ宝くじの一等の確率くらいだよな!」

キョン「なんでそんな事知ってるのかはあえて聞かんが確かそれは低確率だな」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 23:18:03.15 ID:N89D9VDeO

田中「じゃあなキョン!」

キョン「気をつけてな長門」

長門「……」コクッ

田中「俺にも気をつけてなって言えよ!!途中で何者かにやられちまうかもしれねーだろ!!!!」

キョン「じゃあな」

田中「あばよ!」プーン

長門「……」

田中「置いてくぞ有希ちゃんよう!!!」プーン

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 23:26:08.83 ID:N89D9VDeO

長門「……」

田中「なあ、一つ聞きたいんだけどな?あ!嫌だったら言わなくていーんだ!
有希ちゃん人間……か?なんか野性の勘だけどな、そんな気がすんだよな。
ちなみに俺は蚊だからな!!!!」

長門「私は世間一般で称される宇宙人に該当する存在」

田中「足が沢山生えてたりするのが宇宙人って聞いたんだがな、まあこんな宇宙人もいるって事か!!!
あ、スペースモスキートっているのか!?」

長門「存在する。スペースパイレーツという種族の下撲」

田中「宇宙の蚊はパシリ野郎の集まりか、ヘタレだな!!!!」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 23:33:50.16 ID:N89D9VDeO

長門「ちなみに」

田中「ちなみになんだ!?」

長門「今日貴方と同じ蚊を殺した人間は超能力者。古泉一樹
それともう一人の女性、朝比奈みくる。彼女は未来人」

田中「超能力者に未来人?サインでも貰っておけばよかった!!!!!
あれ?キョンはいったい何者なんだ?」

長門「涼宮ハルヒの情報改変能力の鍵となる存在」

田中「涼宮ハルヒ?情報?鍵?なんだかよくわからんけどすっげぇなぁ!!!
人間に生まれ変わる事が出来たら是非とも俺もそんな夢の空間にいたいもんだな!!」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 23:39:44.69 ID:N89D9VDeO

翌日

長門「……」

田中「クソッ……朝は眠いぜ……だがしかぁぁぁぁぁし!!!」

長門「……」

田中「俺が眠いなら中安も眠いってわけだ!!!!!
行くぞ有希ちゃんよ!!!いざキョンの巣に!!!!」

長門「………昨日、場所は教えたはず」

田中「いえい!!!俺が覚えてるとでも!!!!????」

長門「……」

田中「ウェイクアップ!!!!ウェイクアップ!!!!ゲットアップ!!!!アーユーOK!?バ」

長門「……」スタスタスタ

田中「待ってくれよ!!!置いてかないでくれよ!!!!」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 23:45:07.68 ID:N89D9VDeO

キョン宅前

田中「しかしどうやって入ればいいんだ?不法侵入はお巡りさんがきちまう」

長門「平気」

田中「平気?お巡りさんこないのかよ」

長門「※※※※※※※※※※※」

田中「すげっ!!呪文か!!!!さすがスペースヒューマン!!!
なんでもやり放題だ!!!!」

長門「今なら気付かれる事なく侵入できる」

田中「でもよく考えたら俺一匹だけでも行けたよな!」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 23:51:30.35 ID:N89D9VDeO

キョンの部屋

キョン「………ZZ」スヤスヤ

田中「へへ、かわいい寝顔だなキョン太郎」

長門「……」

田中「さてさて中安は………と」

長門「あそこ」

田中「あれは!」

マウニート中安「…………ZZ」
謎の蚊「…………ZZ」

田中「…………おい、嘘だろ」

長門「……」

田中「なんぞ……なんぞあの男は…………ゆ、許さん!!!!!!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/07(木) 23:56:57.24 ID:N89D9VDeO

田中「おい有希ちゃん」

長門「なに」

田中「あの中安の隣に寝てやがるクソヤロウにワンパンチしてやってくれ」

長門「……オススメはしない」

田中「やってくれ!!!!!ハラワタ煮え繰り返ってこのままじゃ俺の内に秘めたパワーが爆発しそうだ」

長門「……いいの?」

田中「ああ、久々にキレちまったぜ……」

長門「……」シュッ

ぷち

田中「けっカスが、あっけねえ」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 00:01:32.46 ID:zuWM142yO

長門「絶命した」

田中「ありがとよ」

長門「………」

田中「一つお願いがある」

長門「……なに」

田中「あの巨乳っこ、みくるんに会わせてくれ」

長門「……」

田中「俺は時を越える!!!!!!!」

キョン(ん?なんだか騒がしい………長門!?
……まさか長門が俺ん家に不法侵入?いや、これは夢だドリームだ。寝よう)

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 00:05:16.69 ID:zuWM142yO



田中「と、言うわけなんだ」

みくる「あの……わたし一人の一存じゃ…その過去に戻ったりは出来ない……んです」

田中「頼む!!!この通りだ!!!!!」

みくる「うーん……ちょっと聞いてみますね」

長門「……」

田中「なあ有希ちゃんよ」

長門「なに」

田中「ボウフラってのは俺達のガキの姿なんだぜ」

長門「………」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 00:09:13.76 ID:zuWM142yO

みくる「えっ!?あ、はい…わかりましたぁ」

田中「どうだった!?」

みくる「どうでもいいそうです」

田中「よっしゃあ!!!!じゃあ過去に飛ばしてくれ!!!!!!!」

みくる「わかりましたぁ、……あの長門さん」

長門「……私はもう帰宅する」

田中「今までありがとな!!有希ちゃん、この恩は忘れないぜ!」

長門「さよなら」

みくる「行きますよ」

……

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 00:20:30.20 ID:zuWM142yO

その後

キョン「長門、モスキート田中の奴はどうしたんだ?」

長門「過去に戻った」

キョン「過去?……何があったのかわからんがまた一騒動あったのか」

長門「彼、モスキート田中は婚約者を他のオスに取られたと思っていた。
しかしそのマウニート中安の夫はモスキート田中本人。DNAが一致していた。」

キョン「……よくわからないんだが」

長門「今までの経緯はカクカクシカジカ」

キョン「………なるほどな、勘違いで過去の自分を殺して成り代わろうとしたわけか、やれやれ…。
困った奴だなまったく…」

古泉「まさに哀れ者の末路と言った感じでしょうか」

キョン「馬鹿な事をいうな古泉。モスキート田中を救いにいくぞ」

古泉「ふふ、実に貴方らしい。是非おともさせてもらいますよ」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 00:25:37.17 ID:zuWM142yO

キョン「よし、朝比奈さんお願いします」

みくる「はぁい」

長門「………」

古泉「時間旅行は初めてなので緊張しますね」

キョン(待ってろよ田中!)

ブンッ



ガチャ

ハルヒ「いやっほーう!!!」

シーン

ハルヒ「…ま、また誰もいない」ぐすん
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        完

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 00:28:35.71 ID:zuWM142yO

も……もう眠くて、いろいろと爆発してましたけど終わりです!

意味わかんねーとかそんな感じになってたら答えます。自分でも意味わかんねーです



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「おや、お一人ですか?」キョン「まあな」