アスカ「妊娠したみたいなんだけど」シンジ「えっ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみんがマグロ漁船にブチ込まれたようです

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/11(土) 23:59:42.94 ID:dye9XKcJO

アスカ「あれがずっと来ないの。どうしてくれるわけ」

シンジ「な、なんでそれを僕に言うのさ」

アスカ「はぁ!?さいってーねあんた!!」

シンジ「だって僕とアスカはそういうことしてないだろ!?」

アスカ「言い逃れ出来ると思ってんの!?責任とんなさいよ!!」

シンジ「だからなんで僕が!」

アスカ「キスしたじゃない!!」

シンジ「ん?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:18:38.64 ID:NHDE8zQZO

アスカ「なに!?それもとぼけるわけ!?」

シンジ「いやいやいや。

…あれだよね?母さんの命日の時の」

アスカ「そ…そうよ!ちゃんと覚えてるんなら」

シンジ「いやいやいやいやそうじゃなくて」

おい>>1書かないのか

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:27:16.60 ID:NHDE8zQZO

シンジ「ねえアスカ……えと、その……
こ、子供ってどうやって出来るかは知ってる…?」

アスカ「ハァ!?あんた馬鹿ァ!?そんなの決まってんでしょ!?

き…キスしたらコウノトリがお腹に赤ちゃんを届けに来るのよ!!」

おい>>1なにしてんだオラコラ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:29:37.93 ID:NHDE8zQZO

シンジ「…キャベツ派じゃないんだね」
アスカ「ハァ?なんで野菜が関係あんのよ!?」
シンジ「……うんあのねアスカ、おしべとめしべが…」
アスカ「…?」

シンジ「…もいいや面倒だから。ミサトさーん!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:34:36.79 ID:NHDE8zQZO

ミサト「なーに?呼んだシンちゃん?」
アスカ「ちょっ…ミサトは関係ないでしょ!?これはあたしとあんたの話で」
シンジ「あのねアスカ、男の口からより同じ女の人から聞いたほうがいいと思うんだ」
ミサト「なになにー?何の話ー?」
シンジ「…アスカにどうしたら赤ちゃんが産まれるかを懇切丁寧に教えてあげて下さい」

ミサト「えっ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:40:15.24 ID:NHDE8zQZO

シンジ「僕はなんかものすごく疲れたんで寝ます。あとはおまかせします…」
アスカ「ちょっ、逃げんじゃないわよバカシンジッ!?」
ミサト「いや、ちょーっち落ち着きなさいアスカ。一体どゆこと?」
アスカ「…。出来たのよ。
子供が出来たの!」
ミサト「…」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:46:25.14 ID:NHDE8zQZO

ミサト「待ちなさいシンジくーん」グワシ
シンジ「痛い痛いですよミサトさん」
ミサト「シンジ君あなた…アスカと」
シンジ「さっき言った通りです。アスカにいったいナニをどうしたら赤ちゃんがやってくるか教えてあげて下さい細部に至るまで」

こちとら忍法帳レベル2もしもしだぞコラ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:51:30.21 ID:NHDE8zQZO

シンジ「加持さんが『男と女の間には川がある』とかドヤ顔で語ってた理由がわかった気がします…おやすみなさい」スタスタ

ミサト「…。アスカ、初めから話してくれる?シンジ君と何があったの?」
アスカ「…」
ミサト「悪いようにはしないわよ」

アスカ「…キスしたのよ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 00:54:15.77 ID:NHDE8zQZO

ミサト「うん…それから?」
アスカ「そしたら…あれが来なくなって」
ミサト「いや待て待て色々飛んだ」


アスカ「えっ?」
ミサト「んっ?」

レベル2だから長文規制キツすぎなんだよクソが

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:01:30.65 ID:NHDE8zQZO

ミサト「問1 子供が出来る過程を的確に述べなさい」
アスカ「答 キスする→コウノトリがお腹に」
ミサト「はい落第ー」
アスカ「何でよ!?」
ミサト「いや何でよはこっちのセリフ。そりゃシンちゃんも呆れるわ…」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:08:43.03 ID:NHDE8zQZO

ミサト「大学出た天才が何言い出すかと思えば…。
しょうがない!お姉さんが一肌脱ぎましょう」
アスカ「ハァ?」
ミサト「いーいアスカ?子供っていうのはね?
男の(中略)で女の(中略)…体が(中略)…ピスト(中略)種(中略)(中略)したら十月十日待っ(中略)……」



《翌朝》
ミサト「アスカ引きこもっちゃった」
シンジ「…」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:15:53.34 ID:NHDE8zQZO

ミサト「頑張って懇切丁寧に教えたのに…」
シンジ「いやどう考えても原因それですよ」
ミサト「だってシンちゃんが教えてあげてって言うから!」
シンジ「手加減ってものを知らないんですかミサトさんは!」

『うるさいっ!!!?部屋の前でわめくな!!!?』

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:21:12.23 ID:NHDE8zQZO

ミサト「…」
シンジ「…」

ミサト「さ、あとは任せたわよシンジ君」
シンジ「は!?僕に丸投げですか!?」
ミサト「キス、したんでしょ?」
シンジ「……しました、けど」
ミサト「じゃーシンちゃんしかいないじゃない♪がんばれ男の子!」

シンジ「(納得いかない…)」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:24:46.70 ID:NHDE8zQZO

《アスカのおへや》

シンジ「アスカー…入るよー」

ブンッ

シンジ「わぷっ」

アスカ「…」
シンジ「(まくら…か。まあ鈍器投げつけられるよりはマシか)」

シンジ「早く支度しないと…学校遅れちゃうよ」
アスカ「勝手に入んな」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:28:21.76 ID:NHDE8zQZO

シンジ「いろいろショックかもしれないけど…そういうものだからって割り切るしか」
アスカ「うるさい。しゃべるな」
シンジ「…」

アスカ「不潔。不潔。不潔。汚らしいったらありゃしない」

アスカ「嫌い。みんな嫌い。あんたもミサトもみんな嫌い。出てって」

シンジ「アスカをほっとけないよ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:33:23.37 ID:NHDE8zQZO

シンジ「よいしょ」ポフッ

アスカ「勝手に座んな」

シンジ「ね、アスカ」
アスカ「うるさい。しゃべんな」
シンジ「…」ハァ



アスカ「…」
シンジ「…」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:36:52.86 ID:NHDE8zQZO

コチ コチ コチ コチ……

アスカ「…なんで居座ってんのよ」
シンジ「学校、休む?」
アスカ「行かないわよ」
シンジ「じゃ、僕も行かない」

アスカ「勝手にすれば…」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:39:28.16 ID:NHDE8zQZO

コチ コチ コチ コチ………

シンジ「…」

アスカ「…」

シンジ「…」

アスカ「…。何で黙ってんのよ」



シンジ「ねえアスカ。キスしようか」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:43:58.25 ID:NHDE8zQZO

アスカ「」ビクッ

シンジ「…」

アスカ「…何で……?」

シンジ「…。“退屈だから”」

アスカ「…」

シンジ「えっと…アスカが大事なことを知った日、だし?」

アスカ「…」

シンジ「“それとも、怖い?”」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:50:40.23 ID:NHDE8zQZO

シンジ「大事なことを知ったら、キスするの怖くなった?」

アスカ「」ムクリ

アスカ「“怖かないわよ、キスくらい”」

シンジ「…うん。じゃ…いくよ」

アスカ「…」
シンジ「…」

シンジ「…鼻息くすぐったいよ」
アスカ「うがいなんてしたら殺すから」


………

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 01:53:24.45 ID:NHDE8zQZO

《その夜》

ミサト「ただいまー…」

シンジ「お帰りなさい」
アスカ「おかえりー…」

ミサト「おんやあ?アスカ復活したのん?」

アスカ「それ以上何か言ったら殺すわよ?」
ミサト「あら怖い怖い」

シンジ「ミサトさん、何か作りますか?」
ミサト「ああー大丈夫よん。向こうで済ませたから」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:03:04.21 ID:NHDE8zQZO

ミサト「(にしても?ずいぶん簡単に立ち直ったわねー。シンちゃんたら何したのかしら)」

prrrr…
ミサト「はい葛城です。
…はい、ええ…。わかりました、今から戻ります」

ミサト「ごめーん、呼び出し食らっちゃった。遅くなるようなら先寝てて?」
シンジ「今帰ってきたのにですか…」
ミサト「宮仕えの辛いとこよ。着替えだけは持ってくわ」
アスカ「…」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:08:18.29 ID:NHDE8zQZO

ミサト「じゃまた行ってきまーす」
シンジ「行ってらっしゃい」

バタン

アスカ「“じゃ、今夜は二人っきりってわけね”」

シンジ「…あ、うん。そうだね」
アスカ「バカシンジ」
シンジ「な、なに?」

アスカ「昼間のアグレッシブさはどこやったのよ」



シンジ「あーっと…」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:11:05.88 ID:NHDE8zQZO

シンジ「決して破られることのないジェリコの壁……だっけ」

アスカ「そーよ」

シンジ「いる?」

アスカ「いらない」


アスカ「考えてみれば、私のママもあんたのお母さんもおんなじようにして私たちを産んだのよね」

シンジ「…うん」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:15:43.46 ID:NHDE8zQZO

……

シンジ「あ、お風呂…」
アスカ「終わってからでいいわよ」

シンジ「僕の部屋?」
アスカ「やーよあんなほこりっぽいトコ。
あたしのベッドのほうが広いでしょ」
シンジ「…うん」



アスカ「“ねえシンジ、セックスしようか”」

終劇

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/12(日) 02:18:02.27 ID:NHDE8zQZO

このSSはこれでどうのこうの皆さんの心にはうんぬんかんぬん

どうしてこうなった


アスカはこんなに余裕あるいい女じゃないよね毎回いい女にしちまうけど。
じゃあの。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「長門さん、頭からウサギが生えていますよ?」