アスカ「正月くらい本当に好きな人といたい」シンジ「…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「もういい加減にしてください」

ツイート

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 01:02:07.85 ID:Z3tq4l2E0

カヲル「君が好きなのはシンジ君だろう?」

アスカ「だって……元旦なのよ?」

カヲル「それがどうかしたのかい」

アスカ「今日一日くらい、製作者の都合も、オタクの願望も無視したっていいじゃない!」

カヲル「……」

アスカ「シンジとあんたと並べて、シンジ選ぶ女なんていないわよ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 01:05:24.23 ID:Z3tq4l2E0

アスカ「SSでも、シンジにデレデレデレデレさせられるばっかりで。もううんざり!」

カヲル「君も大変なんだね。でも、シンジ君を悪く言うのは感心しないな」

アスカ「あ。ご、ごめんなさい。嫌いにならないで! カヲル」

カヲル「嫌いになりはしないよ」

アスカ「良かった……」ホッ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 01:21:38.94 ID:Z3tq4l2E0

アスカ「私のこと、本当に嫌いじゃない?」

カヲル「うん」

アスカ「じゃあ、好き?」

カヲル「すまないが、特に好意があるわけでもない」

アスカ「そう……でももう、それでもいいわ。ねぇお願い、カヲル」

ぎゅっ

アスカ「好きじゃなくても、気まぐれでも、玩具でもなんでもいいから。わ、私のこと……」

カヲル「君はもっと、自尊心の強いリリンだと思ってたよ」

アスカ「シンジ相手じゃ、演技でもプライド捨てたくなかっただけ」

アスカ「本気で好きな人に抱いてもらえるんだったら、プライドなんてどうだっていいの」

カヲル「……」

アスカ「はぁ…綺麗な顔。素敵ぃ」

カヲル「分かったよ。リリンにとっては特別な日だからね。願いを叶えてあげる」

アスカ「!!!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 01:34:51.07 ID:Z3tq4l2E0

ずちゅっ

アスカ「あっひ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」ビクビク

カヲル「大丈夫かい?」

アスカ「い……いれひゃだけでぇ、イっちゃっひゃあ……」

カヲル「やはり、リリンには僕との性交は耐えられないかも知れない。ここでやめておこう」

アスカ「イヤぁぁぁ! 耐えられなくれもいいからぁっ、壊れてもいいからぁっ続けへえ!!」

カヲル「……」

アスカ「おねがぁい、おねがいっおねがいカヲルぅ、おかしてええ!」

ずるるっ

アスカ「あああっああ〜〜〜〜!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 01:38:51.20 ID:Z3tq4l2E0

アスカ「」ピクピクピク

カヲル「ふぅ。これで満足して、明日からはまたシンジ君と仲良くしてくれるといいけど」

ピーンポーン

カヲル「また来客か。珍しいな」



レイ「……」

カヲル「綾波レイ。どうしたんだい?」

レイ「お正月……だから」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 01:50:37.04 ID:Z3tq4l2E0

カヲル「上がって……いや、少し待っていて」

レイ「?」

トタトタ

アスカ「」

カヲル「まだ起きていないか。さて、どうしようかな」

レイ「やはり、弐号機パイロットも来ていたのね」

カヲル「!」

カヲル「待っていてと言ったのに」

レイ「ごめんなさい。でも、想像がついていたから」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 02:00:10.72 ID:Z3tq4l2E0

カヲル「まぁ、見たものは仕方ない。それで君は、なにをしに来たんだい?」

レイ「こ……これ……」スルッ

カヲル「仮にも僕は男性だ。自分からスカートを持ち上げて見せるのははしたないよ。綾波レイ」

ぽた…ぽた…

カヲル「それにしてもヒドい有様だね。床が汚れてしまう」

レイ「い、いつも、こうなるの。あなたのこと、考えていると……」

カヲル「……」

レイ「このままじゃ私、気が狂ってしまう」

カヲル「君を狂わせないために、僕になにを望むの?」

レイ「…………セックス、して。お願い」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 02:05:53.32 ID:Z3tq4l2E0

カヲル「不思議だね。君も、そこに転がっている―――」

アスカ「」

カヲル「彼女のように、シンジ君を慕っているものと思っていたけど」

レイ「1月1日は、特別だから」

カヲル「?」

レイ「この24時間だけは、脚本から開放されて、本当にしたいことができるの」

カヲル「本当にしたかったこと。それが僕に犯されることなのかい?」

レイ「……」コク!コク!

カヲル「一人の相手をした以上、次も断りづらい……仕方ないか」

レイ「お願い、お願い」

カヲル「ああ。いいよ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 02:16:38.09 ID:Z3tq4l2E0

ぎゅっ

レイ「あっ」ビクン

カヲル「まだ抱きしめただけだよ」

レイ「ハァ、ハァ。キス……ください。フィフス……」

カヲル「ん……チュッ」

ちゅぱ、れろっ

レイ「〜〜〜〜ッッ」ビクッビクッ

レイ「……ふぁ……はぁぁ」

カヲル「平気かい? キスで立てなくなるようでは、この先は身体が保たない」

レイ「もたなくて……構わないの。ああ、もっと、もっと、シテ……」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 02:20:34.45 ID:Z3tq4l2E0

カヲル「あっちを向いて、四つん這いになってごらん」

レイ「は、はい」

カヲル「そう……じゃ、始めるよ」

ぐぬ…ずぶぶっ

レイ「いヒィ!」

ずぷぷぷっ

レイ「ああッ! あ、ぁぁぁ〜〜〜〜〜〜!!!」ガクガク

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 02:24:23.80 ID:Z3tq4l2E0

ずちゅっずちゅっずちゅっ

カヲル「く…っ」

レイ「ひぅィィいい! ンはへああっあっあああっっ!!」

カヲル「驚いたよ。君も、こんな大きな声が出せるんだね」

レイ「ンふぁはっああァァ、イ、いぃぃ! きもひぃ、ぎもひぃぃい!!」

レイ「ああああ゛あ゛あ゛あ゛〜〜〜〜〜〜!!!!」ビクビクビク


アスカ「ん……う」ムクッ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 02:36:18.14 ID:Z3tq4l2E0

レイ「あ……あ、し、ぁわせへぇ……」

どさっ

アスカ「ファースト―――!」

カヲル「やあ。ちょうど起きたんだね」

アスカ「……来て、抱かれたんだ。カヲルに。私と同じで、シンジじゃ我慢できなくて……」

アスカ「く……ぅ」ズル…

カヲル「まだ立てないんだね。それで、這って来てどうするんだい?」

アスカ「……」ズル、ズル

カヲル「言っておくけど、君に僕や彼女を責めることのできる正当な理由はないよ」

アスカ「ハァ、ハァ」ズル、ズル

カヲル「……」

アスカ「……」

じゅるっ

アスカ「んむ、ンチュ、ぷふぁ、ンン、はぁ、カヲル、カヲルぅぅ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 02:41:52.62 ID:Z3tq4l2E0

その頃

シンジ「やっとおせち出来た! 大晦日のうちに終わらせたかったのに、もう2時40分か……」

シンジ「ふぁ〜。でも一応間に合って良かった」

シンジ「……これで寝坊したら朝に用意できなくなっちゃうよな。すぐ寝なくちゃ!」

シンジ「ミサトさん、アスカ、ペンペン、おやすみなさい」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 02:53:19.23 ID:Z3tq4l2E0

アスカ「れろれろ、りゅぷ、ちゅプるっ、ンン」

カヲル「夢中だね。そんなに美味しいものとも思えないけど」

アスカ「おぃひぃ、おいひいのぉ、カヲルのおひんひンン……ちゅぱチュプ、んぷぁ」

カヲル「……彼女のことはいいのかい?」

アスカ「らって、らってぇ……んちゅぅっんちゅぅっ、女がカヲルに抱かれに、くるの、仕方ない……ちゅぅぅ」

アスカ「ハァ、ハァ。他の女何人としたっていいから……また、また私にも、これちょうだい……くださぁい」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 03:03:09.77 ID:Z3tq4l2E0

カヲル「……本当に君は、プライドを失っているんだね」

アスカ「それは……カ、カヲルの魅力が、女にとって強烈すぎるせいよ」

カヲル「僕のせい?」

アスカ「違うの! 責めてるんじゃないの!……好きなの」

アスカ「カヲルに抱いてもらえるなら、プライドも、尊厳も、理性も品性も、エヴァもママも加持さんもシンジもいらない!」

カヲル「……」

アスカ「……最初は抵抗しようとしたけど。私の心も身体も、あなたの魅力に完全に負けちゃったの。だ、だ、だからぁ」

カヲル「また欲しいんだね」

アスカ「欲しいの! 犯して、犯して、犯してっ! カヲルの精子私の身体中に欲しいのぉぉ!!」

カヲル「はぁ……なら、面倒だから綾波レイも起こしてくれないか」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 03:12:15.32 ID:Z3tq4l2E0

じゅっぷじゅっぷじゅっぷ

アスカ「んぃぃひああああっ、しゅごっ!イヒィィぃああああ〜〜〜!!」

レイ「私っ私にもっおねがいします!」

ずちゅッ

レイ「あ゛! あ゛あ゛ーーーーーー!!」

ズチュッズチュッズチュ

レイ「イっ! んへあはッ! あああァァ!」

アスカ「ああ、幸せ、ああ、カヲルぅカヲルぅぅぅ」



ズプッ!

アスカ・レイ「「あっあぁぁあああああ〜〜〜〜〜〜〜〜♥♥♥」」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 03:14:48.02 ID:Z3tq4l2E0



カヲル「身支度は済んだ?」

アスカ「できたけど……」

レイ「……帰りたくないわ」

カヲル「そうはいかないさ。そろそろ帰らないと、夜が明けてからの活動に支障が出てしまう」

アスカ「24時間は自由なのに」

カヲル「だけど、シンジ君に気づかれてしまう。僕はシンジ君を傷つけたくないんだ」

レイ「また、来てもいい?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 03:21:59.11 ID:Z3tq4l2E0

カヲル「いいよ。でも、来年の元旦にね」

アスカ「そんなぁ。それまで耐えなきゃいけないわけ?」

レイ「また一年、劇でもSSでも、碇君の女を演じないといけないのね」

カヲル「そんな風に言わないで。僕からしたら君たちが羨ましいよ」

アスカ「ねえ。最後にキスして」

レイ「私も」

ちゅっ

アスカ「あ♥」

レイ「ン♥」

カヲル「それじゃ、また一年頑張っておいで。もし一年後にも望むなら、再びここに来るといい」

アスカ「絶対来るわ! だから、絶対また……」

カヲル「行ってらっしゃい」

レイ「行ってきます」

アスカ「行ってきます、カヲル!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 03:22:23.49 ID:Z3tq4l2E0

おしまい

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/01(火) 03:27:39.32 ID:Z3tq4l2E0

1レスだけおまけで翌日

アスカ「ちょっとファースト。なんであんたまで居るのよ」

レイ「碇君の作ったおせち。食べようと思って」

アスカ「却下。くるっと回って帰りなさい」

シンジ「いいじゃないか、アスカ。量は作ってあるんだし」

アスカ「うっさい! 私がダメって言ったらダメなの。あんたはシンジの料理を食べちゃダメ!」

レイ「……どうして?」

アスカ「ど、どうしてって。それは、えっと………どうしてもよ」

シンジ「?」

ミサト「ぷぷ。シンちゃんったらモテモテね〜」

アスカ「ち、ち、違うったら! ///」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「サンタさんまだかなー」シンジ「は?」