レイ「碇指令に、呪いをかけました」ゲンドウ「…?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみんとかのSS書くよ〜

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:41:42.21 ID:/wdkbD0f0

レイ「碇君を攻略したら、あなたの碇ユイが復活します」

ゲンドウ「なんだと…レ、レイ!!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:42:51.92 ID:/wdkbD0f0

(エレベーターチーン)

シンジ「…!」

ゲンドウ「……」

シンジ「……」フイ

ゲンドウ「……」

(バタン ウィーン)

ゲンドウ(orz)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:44:08.19 ID:/wdkbD0f0

ゲンドウ「冬月」

冬月「なんだ?」

ゲンドウ「シンジとの親子関係を取り戻す」

冬月「…本気か?」

ゲンドウ「ああ…」

冬月「今更親子ごっことは…感心せんな。碇、それは不可能に近い」

ゲンドウ「だがやらねばならん」

冬月「…本気だな」

ゲンドウ「ああ」

冬月「碇…」

冬月「将棋は打てるか」

ゲンドウ「いや…」

冬月「なら教えてやろう」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:45:23.32 ID:/wdkbD0f0

冬月「38手先でお前の詰だ」

ゲンドウ「…まだ一手しか打っていない」

冬月「お前の手の内は見えている」

ゲンドウ「……」

ゲンドウ「ではもう一度、はじめからだ…」

冬月「フ…いいだろう」

(以降猛特訓)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:46:34.53 ID:/wdkbD0f0

ゲンドウ「シンジ」(自信テカテカ

シンジ「…なんですか?」

ゲンドウ「将棋は打てるk

シンジ「打てません」スタスタ


ゲンドウ(orz)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:47:29.83 ID:/wdkbD0f0

加持「うおっ!」

ゲンドウ「……」

加持「これは…何用でしょうか?」

ゲンドウ「質問がある」

加持「そ、そうですか。まあ、どうぞ。」

ゲンドウ「……」

加持「……さて」

ゲンドウ「人の扱いには馴れているな」

加持「なるほど…例の件、新しいご依頼ですか?」

ゲンドウ「親子関係を修復する為の、君の考えを聞きたい」

加持「…お、親子関係、ですか?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:48:20.37 ID:/wdkbD0f0

加持「むう…」

加持「それはやはり、相手の話を聞くことです」

ゲンドウ「……」

加持「ご子息の話を聞いて差し上げること…これが最も効果的です」

ゲンドウ「…そうか、わかった」

加持「グッドラック、司令」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:49:35.50 ID:/wdkbD0f0

ゲンドウ「シンジ」

シンジ「…なんですか」

ゲンドウ「何か話すことはないか」

シンジ「え…別に、何もありませんけど…」

ゲンドウ「…そうか」

シンジ「(変な目)」スタスタ


ゲンドウ(orz)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:50:17.42 ID:/wdkbD0f0

ゲンドウ「……」

リツコ「…はあ。…今日はいつにも増して冷たいこと。もうお帰りですの?」

ゲンドウ「君に聞きたいことがある」

リツコ「…例の件でしたら問題ありませんわ。ダミーシステムの構築も順調に…」

ゲンドウ「シンジと、親子関係を修復する」

リツコ「え…?…らしくありませんわね。突然どうなされなのです?」

ゲンドウ「シンジを取り戻す」

リツコ「日本を取り戻すような言い方…」

ゲンドウ「頼む」

リツコ「ふう…、それなら、私より良い提案が出来る人間がおります。後ほどご紹介しますわ」

ゲンドウ「ああ…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:52:01.98 ID:/wdkbD0f0

ミサト「ちょ、ちょ、ちょっとリツコォ〜…!いきなり何とかしろって言われたって」ゴショゴショ

リツコ「なんとかなさい…!あなた彼の保護者でしょ!」ゴショゴショ

ゲンドウ「……」

ミサト「ご、ゴホン!えーと、つまりィ…シンジ君と…仲良くなりたい、と?」

ゲンドウ「ああ…」

ミサト「そ、そうですね…では、あ〜…食事…」

ゲンドウ「…?」

ミサト「そう、食事会を開きましょう!」

ミサト「二人きりで難しいのでしたら、大人数で食事会を開いてみては。他力本願も作戦のうちです。いかがです?」

ゲンドウ「……」

ゲンドウ「…そうか。わかった、頼む」

ミサト「(わお!)」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:54:16.25 ID:/wdkbD0f0

ミサト「シンちゃん!シンちゃん!ビッグニュースよ!」

シンジ「なんですか?ミサトさん」

ミサト「碇司れ…」ハッ

ミサト(コミュ障なシンちゃんのことだから、碇司令が来るなんて言ったら逃げちゃうかも…)

ミサト「れ、レイが食事会を開くんですって!」

シンジ「え、綾波が?」ドキ

ミサト「そうよぉ〜、えーっとぉ〜…シンちゃんの為に手料理を作りたいんですって」アセアセ

シンジ「そ、そうですか…////」

ミサト「だから、食事会の日は絶対に予定あけて置いてネ♪これは命令よ」

シンジ「はい、わかりました」ニコ

ミサト「(ふう〜…なんとか約束にこぎつけたわ。…けど、そういえば、誰が食事会の料理を作るのかしら?)」

ミサト「(うちはシンちゃん以外全滅なのに…)」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:55:22.55 ID:/wdkbD0f0

マヤ「ヒッ!」

ゲンドウ「……」

マヤ「ど、どうしたんですか!?碇司令…それにその格好…エプロンと三角巾って…」

ゲンドウ「君に話がある」

マヤ「…な、なんでしょう?」

ゲンドウ「…」

マヤ「…」

マヤ「ハッ!ま、まさかそんな…頑張りますからクビにだけは…!」

ゲンドウ「もてなし料理を教えてもらいたい」

マヤ「…え?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:57:08.94 ID:/wdkbD0f0

マヤ「えっと…そうじゃなくてこれは、こうやって…」

ゲンドウ「……」

マヤ「そうです!碇司令ってお料理の才能がありますね」

ゲンドウ「……そうか」

マヤ「ふふ!シンジ君の為にこんなに頑張るなんて、やっぱり碇司令もお父さんなんですね」

ゲンドウ「……ああ」

マヤ「あの、シンジ君って苦手な食べ物とか、あるんですか?」

ゲンドウ「……」

マヤ「…あ…、もしかして…わかりませんか?」

ゲンドウ「……ああ」

マヤ「そうですか…」

ゲンドウ「…」

マヤ「で、でも大丈夫ですよ。シンジ君って何でも食べられそうだし」

ゲンドウ「…そうか」

ゲンドウ(…)

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:57:46.12 ID:/wdkbD0f0

ゲンドウ「冬月」

冬月「ほう、これは…冬瓜の煮物か」

ゲンドウ「味見を頼む」

冬月「フム…本気だな、碇…本気で息子と…」

冬月「よかろう…一ついただくとしようか」モグモグ

ゲンドウ「…どうだ」

冬月「悪くない。一つ才能を見つけたな、碇」

ゲンドウ「…そうか」

冬月「顔が緩んでいるぞ」

ゲンドウ「…そんなはずはない」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:58:29.01 ID:/wdkbD0f0

(エレベーターチーン)

シンジ「…」

ゲンドウ「……」

シンジ「……」フイ

ゲンドウ「…おはよう」

シンジ「…えっ?」

(バタン ウィーン)

シンジ「」キョロキョロ

シンジ「……」

シンジ「//」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 19:59:28.17 ID:/wdkbD0f0

レイ「…食事会の招待状、ですか?」

ゲンドウ「ああ…」

レイ「みんなで食事、ですか?」

ゲンドウ「ああ…」

レイ「碇司令が作る…ですか?」

ゲンドウ「ああ…」

レイ「この招待状を…みんなに」

ゲンドウ「頼む」

レイ「はい…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:00:17.84 ID:/wdkbD0f0

アスカ「ま、マジィ?碇司令が食事会を開くぅ!?」

ミサト「サプライズなんだから、シンちゃんには絶対に内緒よ?」

アスカ「フン、言う訳ないでしょ!この私が。司令の機密を漏らしたら即・降格モノじゃない。」

アスカ「けどさ、あの碇司令がバカシンジの為にって…一体どういう風の吹き回し?」

ミサト「さあ…それが私にもサッパリなのよねぇ〜」

ミサト「でも、ちょっと丸くなったと思わない?最近の碇司令♪」

アスカ「そ〜お〜〜〜〜?」

ミサト「あれでいて結構父親だったのかもね〜」

アスカ「フーン」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:01:56.46 ID:/wdkbD0f0

シンジ「綾波、おはよう。」

レイ「…おはよう」

シンジ「あの、楽しみにしてるね」

レイ「…?」

シンジ「えっと、食事会…///」

レイ「そう…」

シンジ「…」

レイ「…」

シンジ「あ、あのさ…えっと」

シンジ「最近の父さんって…ちょっと変わったよね。少し丸くなったような…」

レイ「そう…」


レイ「…碇君は、お父さんのこと、どう思うの?」

シンジ「え…父さんのこと?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:03:40.32 ID:/wdkbD0f0

シンジ「別に何も…相変わらず苦手だよ。父さんは…」

シンジ「でも…綾波に対して程じゃないけど、父さん…前より少し僕のことを気にかけてくれてる気がするんだ」

シンジ「昨日もちょっとだけ声を掛けてくれて、それがなんか嬉しかったんだ…」

レイ「…そう」

シンジ「あれ…?なんで、綾波が嬉しそうなの?」

レイ「よく、わからない…。多分、喜んでいるのは私じゃないから…」

シンジ「???」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:06:13.01 ID:/wdkbD0f0

カヲル「…」

ゼーレ(よいかタブリス。碇の計画を阻止する為、奴の下ごしらえした食材を酷い味付けにしてしまうのだ)

ゼーレ(サードチルドレンに生きる力を与えてはならぬ)

カヲル「……【招待状、ゼーレの少年江】」

カヲル「…使徒を使ってまで低レベルな嫌がらせを強行するリリン…僕には理解できないよ」


カタン


カヲル「…!」サッ…

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:07:43.36 ID:/wdkbD0f0

ゲンドウ「」コネコネコネ

カヲル「あれはシンジ君のお父上…。それに、つくねのタネ?」

ゲンドウ「」コネコネコネ

カヲル「この距離でも気配に気づかない…」

カヲル「まさに一心不乱というわけか…、よく練られたタネが輝いている…あれは長い時間コネた証…」

カヲル「……」

カヲル「フフ。おめでとう、シンジ君。さようならリリン…」ス…

ゲンドウ「……後は冷蔵庫に入れ……」

ゲンドウ「明日を待つのみ。全てシナリオ通りだ…」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:08:58.51 ID:/wdkbD0f0

(深夜、下ごしらえの終わった無人の厨房と食事会会場)

???「」ガシャーン!バシャーン!ビリビリ!

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:11:52.49 ID:/wdkbD0f0

(当日、食事会会場)

ミサト「こ、これは一体…!?」

アスカ「何?コレ…」

シンジ「そんな…」

加持「これは…一体誰の仕業だ?部屋の飾り付けから厨房から酷い有り様だ…むごいな」

リツコ「なんてこと…」

マヤ「酷い…」

冬月「…フム…」

マコト「悪意があるとしか思えないよ」

シゲル「こりゃ…参ったね…」

レイ「…」

シンジ「あ、綾波…!」

シンジ「綾波、怪我はない?…酷いな…一体誰がこんなこと…せっかく今日の為に綾波が…」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:16:08.45 ID:/wdkbD0f0

ゲンドウ「……」

ミサト「い、碇司令…!」

一同「…!」

シンジ「父、さん…?(父さんも招待されてたんだ…)」

ゲンドウ「中止だ」メガネクイッ

シンジ「と、父さん!!!」

ゲンドウ「今日の食事会は中止だ」

マヤ「で、でも…!」

ミサト「せっかくこんなに…」

ゲンドウ「中止だ。総員、持ち場に戻れ」

シンジ「……だけど…!!…………」ハッ


シンジ「…もしかして…」


シンジ「…もしかして、父さんが…やったんじゃないの」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:18:49.23 ID:/wdkbD0f0

ミサト「シンジ君!!何を言うの!?」

シンジ「だって、じゃあ何でこんな簡単に「中止しろ」だなんて言うんだよ!」

シンジ「せっかく綾波がこんなに頑張って、心を込めて用意してくれたのに……」

ミサト「そ、それは…!それはね…違うのよシンジ君…!」

シンジ「何が違うんですか!?」

ゲンドウ「……」

冬月「碇…」

ゲンドウ「話は終わりだ」ス…

シンジ「待って…待てよ!父さん!」ダッ

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:21:22.79 ID:/wdkbD0f0

マヤ「」ス…

シンジ「!?」

マヤ「」パン!

シンジ「痛っ…、マヤ、さん…?」

マヤ「い、碇司令はね…!!今日の為に…貴方の為にずっと料理を練習していたのよ!?」

シンジ「…え?」

シンジ「な、何…」

シンジ「何を、言ってるんですか?そんなわけないじゃないか、あの父さんがそんなことするわけ…」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:25:47.61 ID:/wdkbD0f0

ミサト「ごめんなさい、シンちゃん…」

ミサト「本当はね、今日のことを企画していたのは碇司令なの…」

ミサト「あなたと仲良くなりたくて、あなたに手料理を振る舞いたかったのよ」

シンジ「う、嘘だそんなの…だってあの父さんが僕の為に何かをするなんて…」

リツコ「…本当にそうかしら?」

シンジ「…え?」

リツコ「本当に、お父様から受けたものは何もないのかしら?」

シンジ「…」

冬月「少年。将棋は打てるかと…誰かに尋ねられたことはないか?」

<< ゲンドウ『シンジ、将棋は打てるk』   シンジ『打てません』スタスタ >>

シンジ「…、あ…」

加持「話相手に誘われたこともないのかい?」

<<ゲンドウ『シンジ、何か話すことはないか』 シンジ『え…別に、何もありませんけど…』

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:27:31.30 ID:/wdkbD0f0

シンジ「………」

シンジ「そんな…」

シンジ「だって……そんなの、わかるわけないじゃないか」

シンジ「…だっていつもあんなに冷たいじゃないか!」

冬月「…不器用な男だからな…」

シンジ「そんなの知らないよ。いつも優しさなんか全然ない癖に、そんなの、気づけって方が無理だよ!!」

アスカ「…バカシンジ!」ドカッ

シンジ「ムベッ!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:30:23.53 ID:/wdkbD0f0

アスカ「ホンットバカね。グチグチグチグチ、言い訳ばっかり」

アスカ「アンタが今やることは、こんな所で言い訳することじゃないでしょ」

アスカ「アンタは今どうしたいのよ」

シンジ「どうって…、僕は……」



アスカ「今追いかけないでいつ行くのよ、バカ!」

シンジ「…」




シンジ「!」タタタ

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:31:07.09 ID:/wdkbD0f0

アスカ「…ったく、世話の焼ける。これだから七光りは…」

ミサト「フフ♪迫真の愛情ね〜、ア・ス・カ♪」

アスカ「なっ!ち、違うわよ!!///」

加持「後は二人次第、ですか」

冬月「これもユイ君の導きなのか…」

レイ「…………」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:32:46.29 ID:/wdkbD0f0

シンジ「」タタ…、ピタ…

シンジ「…あ」

ゲンドウ「……」

シンジ「と、父さん…」

ゲンドウ「…」チラ

シンジ「」ビクッ

ゲンドウ「……」


ゲンドウ「シンジ、何をしている。総員、所定位置で待機しろと命令したはずだ」

シンジ「…なっ。と、父さんだって…持ち場にいないじゃない、…か…」ムッ

ゲンドウ「……」

シンジ「……」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:34:05.36 ID:/wdkbD0f0

シンジ「…」

シンジ「…あ、あの…」

シンジ「父さん、は…なんで…僕の為に食事会を開いてくれたの…?」

ゲンドウ「……」

ゲンドウ「……お前には関係のないことだ」

シンジ「…そう」

シンジ「…やっぱり、父さんは変わらないね」

シンジ「そうやっていつも僕を突き放すんだ」

ゲンドウ「……」

シンジ「…もういいよ」クルッ

ゲンドウ「…シンジ」



ゲンドウ「…嫌いな食べ物はなんだ?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:34:47.59 ID:/wdkbD0f0

シンジ「…え」

ゲンドウ「……」

シンジ「嫌いな食べ物…なんて、別にこれといってないけど…」

ゲンドウ「……そうか」

シンジ「………」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:37:16.03 ID:/wdkbD0f0

ゲンドウ「……すまなかったな、シンジ」



シンジ「え……」

ゲンドウ「今日の食事、振る舞えたとしても、恐らくお前の口には合わんものだったのだろう」

ゲンドウ「…お前の好みなど、知るよしもなかったからな」

シンジ「…」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:39:00.39 ID:/wdkbD0f0

シンジ「…そっ…」

シンジ「……そんなの」

シンジ「そんなの、いいよ…」

シンジ「だって、僕だって……父さんの好みを何も知らないんだから」

ゲンドウ「……、……そうか」フ

シンジ「あ…」

ゲンドウ「…?」

シンジ「……」

ゲンドウ「……」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:39:52.52 ID:/wdkbD0f0

シンジ「あの、父さん……」

ゲンドウ「何だ」

シンジ「もう一度、これから一緒に作らない?料理…」

シンジ「折角みんなも来てくれてるし…」

シンジ「それにあの…」

ゲンドウ「…」

シンジ「…あの…」

シンジ「……僕、料理が得意なんだ…」

ゲンドウ「………そうか」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:46:22.00 ID:/wdkbD0f0

マヤ「わあ、すごく美味しいです!」

マコト「うん、これはお店が開けるよ」

加持「料理の出来る男はモテるぞ?シンジ君、……と、碇司令」ゴホン小声

ミサト「なぁーーーによ!!あたしの酒が飲めないってぇのぉぉ!?」

シゲル「か、絡み酒か…」

リツコ「おやめなさい!ミサト!」

冬月「フム…フム…」モグモグ

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:47:15.92 ID:/wdkbD0f0

アスカ「バッカシーンジー、これおかわり〜」

シンジ「あはっ、アスカ。それは父さんが作ったものだよ」

アスカ「え?あっ…」おすまし

ゲンドウ「…」フ


マヤ「それにしても、一体誰だったんでしょうね?あんな酷いことをしたの…」

シンジ「もういいんですよ」

シンジ「おかげでこうして…父さんと料理をすることができたから」

ゲンドウ「…ああ」

ゲンドウ「そうだな…」


冬月(フ…顔が緩んでいるぞ、碇)

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:48:59.14 ID:/wdkbD0f0

(鏡に向かうレイ)

レイ「これで、いい…?」

レイ「これが、アナタの命令……」

レイ「私の中の声…」

レイ「温かい声…」

レイ「…アナタ誰?」



ユイ(…アナタ)

ユイ(手荒なことをしてごめんなさい)

ユイ(これで大丈夫ね…シンジとアナタ、二人がいれば…きっと…)


END

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/07(月) 20:49:45.63 ID:/wdkbD0f0

全投下完了!ありがとうございました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みさお「あ…こ、殺しちゃったってヴぁ…」