朝倉「あら…?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:魔法少年キョン☆マギカ

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 19:25:16.61 ID:LhJJkh+oO

朝倉「こんなところで何してるの?」

俺「いや…」

朝倉「ちょっと!怪我してるじゃない!!」

俺「あ…大丈夫なんで…ホント」

朝倉「何言ってるのよ!保健室行くわよ!!」グイ

俺「あう…」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 19:28:03.28 ID:LhJJkh+oO

保健室

朝倉「先生は休みらしいわね…鍵かかってるし」

俺「あ、なら教室戻りまs」

朝倉「よいしょ。」

ガチャ

朝倉「開いたわ。入りなさい」

俺「えぇ…?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 19:30:16.70 ID:LhJJkh+oO

朝倉「ほら、見せてみなさい」グイ

俺「おうふっ」

朝倉「あらごめんなさい…痛かったかしら?」

俺「まあ…」

朝倉「それにしてもどうしてこんな傷が付いたの?」

俺「…いろいろとね」

朝倉「いじめられたの?」

俺「ぎくぅ!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 19:33:41.20 ID:LhJJkh+oO

朝倉「まあ君は見るからに弱そうだし、当然のことかしらね」

俺「…」すっく


朝倉「あら?まだ介抱は終わってないわよ?」

俺「…もう良いんで。ありがとう。じゃ」

タッタッタ


朝倉「ふぅん…」

10 名前:放課後[] 投稿日:2009/03/29(日) 19:37:57.35 ID:LhJJkh+oO

放課後
〜駐車場〜

DQN「よぉ,金は持ってきたか?」

俺「すみません…これしかありませんでした」


DQN「…あ?たった100円て舐めてんのか!?」

俺「ごめんなさい…でもホントにそれしかなくて…」

DQN「ほぉ…じゃ、やっちまえ」

DQN2、DQN3「おう!」

朝倉「あらあら…」

俺「…!?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 19:42:56.06 ID:LhJJkh+oO

DQN2「んだてめぇは!」

DQN3「殺すぞこらぁ!!」

朝倉「それは困るわ」

俺「何で来たんですか…」

朝倉「ねぇ、こいつら私が倒してあげましょうか?」

俺「無理ですよ…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 19:45:35.01 ID:LhJJkh+oO

俺「どうせ捕まって犯されて写真撮られて、人生終わりでs」

ズガッドスンドゴッ

朝倉「ふぅ…」

俺「えぇ〜…?」

朝倉「もう彼ら、息してないわ」

俺「えぇえ〜!?」

朝倉「クスクス…冗談よ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 19:47:32.70 ID:LhJJkh+oO

俺「なんで」
朝倉「何で助けたかって?」

俺「はい…」

朝倉「た…たまたま通りかかったからよ」

俺「たまたま撮りたかった…?俺のですか…?」

朝倉「殺すわよ?」

俺「すみません」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 19:51:09.21 ID:LhJJkh+oO

朝倉「運動したらお腹空いたわ。何かおごってくれる?」

俺「ごめんなさい…100円しかないんですよ…」

朝倉「使えないわね」

俺「すみません…来月には払います…」

朝倉「ちょっと!かつあげしたかったわけじゃないんだから、そんなの良いわよ」

俺「あ、そうですよね…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 19:53:55.58 ID:LhJJkh+oO

俺「あの…じゃあもう帰りますね?じゃ」

朝倉「待ちなさい」

俺「は…はい…」

朝倉「私がおごってあげるから、喫茶店行くわよ」

俺「そんなの…悪いですよ…」

朝倉「良いから来なさい」グイ

俺「おうふ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 19:57:24.89 ID:LhJJkh+oO

喫茶店

キョン「ハルヒ、話って何だ?」

ハルヒ「ちょ、ちょっと待ってよ…心の準備が…」


カランカラン

俺「あ、やっぱり平日は空いてますね」

朝倉「そうね。」


朝倉「あら?」
キョン「おう?」
ハルヒ「あ…」
俺「(は…ハルヒさんだ…)」ドキドキ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:00:54.35 ID:LhJJkh+oO

キョン「珍しいな、朝倉が喫茶店なんて」

朝倉「キョン君も涼宮さんと二人きりだなんて珍しいわね。もう付き合ってるの?」

キョン「ん?何がだ?」

ハルヒ「そ…そんなわけないじゃない!誰がキョンなんかと!!!」

朝倉「あらあら…ごめんなさいね」

俺「(ハルヒさん…怒った顔も可愛いな…)」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:03:13.47 ID:LhJJkh+oO

キョン「というかお前の方は…?」

朝倉「あ、この子ね。私と付き合ってるのよ」

キョン「そうなのか…」
ハルヒ「そうなんだ…」
俺「そうでしたっけ…?」

朝倉「うそよ」

キョン「なんだうそか」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:07:17.69 ID:LhJJkh+oO

朝倉「お友達よ」

俺「はい…」

キョン「そうかい」

ハルヒ「あ…あの…(キョンに告白しようと思ってたのにぃ!)」

朝倉「あ、お邪魔だったわね…ごゆっくり。」

朝倉「ほら、君も付いてきなさいよ」

俺「え…?もう出るんですか?」

グイ

俺「おうふ…わかりましたよ…」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:10:58.07 ID:LhJJkh+oO



俺「何ですぐ出たんですか?」

朝倉「空気を読みなさい。だからいじめられるのよ…はっ…!(しまった…)」
俺「…」

朝倉「じ…冗談よ?」

俺「…」

朝倉「ねぇ、怒った?」

俺「…」

朝倉「何とか言いなさい」

俺「帰ります…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:14:52.61 ID:LhJJkh+oO

朝倉「ダメよ…暗いから送っていくわ」

俺「大丈夫ですから」

朝倉「大丈夫じゃないわ」
俺「平気なんで」

朝倉「平気じゃないわ」

俺「だから…迷惑なんですよ!!」

朝倉「!?」

俺「俺に構わないでください…。朝倉さんもいじめられますよ…」

朝倉「そんなことないわよ…」

俺「とにかく帰るんで。じゃ!」
ダダダッ…


朝倉「あ…」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:18:58.99 ID:LhJJkh+oO

朝倉「人間って…難しいのね…」とぼとぼ

―――――――――――
――――――――
―──――


朝倉「ただいま…って誰もいないけど…」

朝倉「はぁ…明日、謝ろうかしら…」

朝倉「眠い…zzZ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:22:38.02 ID:LhJJkh+oO

翌朝

朝倉「あ…あの…」

俺「ふん…」

朝倉「ちょっと、そっぽ向かないでよ」

俺「ふん…」

朝倉「もう…。昨日はごめんなさいね…?」

俺「はいはい…」

朝倉「じゃ…私、クラスに戻るわね…またね!」
タッタッタ


俺「もう会いたくないや…」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:30:17.94 ID:LhJJkh+oO

昼休み

朝倉「やあ♪」

俺「何ですか…気持ち悪い声出して…」

朝倉「気持ち悪いとは何よ!せっかく一緒にご飯食べようと思ったのに…」

俺「何で…」

朝倉「君のことだから一人かなぁ?と思って。案の定一人ね」

俺「またそうやって…」

朝倉「私もいつも一人なのよ」

俺「え…?」

朝倉「友達はたくさんいたわ。でも、一緒にいて楽しかったことなんて一度もなかった。
まあ、そんな考えを抱いていれば孤立するのも当然よね。そんなわけだから、一人同士、仲良くなりましょ?」

俺「え…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:33:15.03 ID:LhJJkh+oO

朝倉「いやなの?」

俺「いやではないですけど…」

朝倉「じゃあ屋上行くわよ!」グイ

俺「はい…」

朝倉「もう治ったのね。」

俺「はい…朝になったら傷が全部無くなってて」

朝倉「クス…私の能力も捨てたものじゃないわね」

俺「へ?」

朝倉「何でもないわ。行きましょ♪」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:37:19.20 ID:LhJJkh+oO

〜屋上〜

朝倉「よかった。今日も誰もいないわ」

俺「だって屋上は立ち入り禁止じゃ…」

朝倉「そうなの?私、いつもここで食べてたけど」

俺「そうなんですか…」

朝倉「さ、座りなさい」

俺「はい…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:42:46.08 ID:LhJJkh+oO

俺「朝倉さんは…リア充だと思ってました。もぐもぐ」

朝倉「ふふ…偏見だわ。私も2ちゃんねる見たりするのよ?」

俺「意外です…もぐもぐ(だからリア充の意味もわかるのか)」

朝倉「あら…?口にご飯粒付いてるわよ」

俺「え?どこですか?」あたふた

朝倉「ここよ」ピ…

俺「あ…ありがとうございます…」

朝倉「いいのよ。もぐもぐ」

俺「あ…(食べちゃった…)」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:45:58.31 ID:LhJJkh+oO

朝倉「ねぇ」

俺「はい…」

朝倉「これから毎日ご飯食べましょ?」

俺「う…嬉しいです…」

朝倉「あと…毎日一緒に帰りましょ?」

俺「うぇ?はい…」

朝倉「ふふ…良かった♪」

俺「はぁ…(ハルヒさんも可愛いけど、朝倉さんもよく見たらまあまあだな…)」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:49:19.45 ID:LhJJkh+oO

キーンコーン冠婚

朝倉「あら、もうこんな時間…?急ぎましょ!」

俺「は…はい!」

タッタッタ…

―――――――――――
――――――――
――――


朝倉「ここでお別れね。じゃ、帰りに会いましょ」

俺「はい!」
タッタッタ…



朝倉「…」ドキドキ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:53:20.38 ID:LhJJkh+oO

放課後

朝倉「…あら?待っててくれなかったのかしら…?」

朝倉「ちょっと良い…?男君知らない?」

女子「あ…あの人なら…体育館裏だと思います…」

朝倉「ありがとう」

朝倉「まったく世話が焼けるわ…」


※男=俺

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 20:58:50.40 ID:LhJJkh+oO

〜体育館裏〜

長門「付き合ってほしい」

俺「えっと…その…」

朝倉「待ちなさい!」

俺「あ、朝倉さん…?どうしてここに…?」

朝倉「君がまたリンチにでも逢ってるのかと思って飛んできたのよ」

朝倉「それより長門さん、何してるのよあなた」

長門「彼に交際の申し出をしていた」

朝倉「ふぅん…キョン君が難しいと悟るや否や、この子に乗り換えるってわけね」

長門「…」

朝倉「帰りなさい。この子は私のものなんだから…」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 21:05:17.68 ID:LhJJkh+oO

長門「違う。あなたのものではない」

朝倉「いいえ、私のよ!」

長門「証拠を見せて」

朝倉「しょ…証拠?そんなの…」

長門「キスしてみて」

朝倉「キ…キス!?」

俺「あの…さっきから話がよくわからなごほおう!」ドゴッ(朝倉パンチ)

朝倉「ふぅ…」

朝倉「キス…すれば良いのよね…?」ニヤリ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 21:07:20.90 ID:LhJJkh+oO

長門「そう」ワクワク

朝倉「(ごめんね…男君…)」ドキドキ






チュ…

朝倉「し…ししししたわよ!」

長門「合格…」パチパチ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 21:13:50.14 ID:LhJJkh+oO

長門「あなたが恋をしたと情報統合思念体から聞いた」

朝倉「え…?」

長門「本気かどうかテストするよう頼まれた」

朝倉「な…何でそんな指令が!?」

長門「涼宮ハルヒに付きそうな悪い虫を追い払うため」

朝倉「ん…?よくわからないわ…」

長門「その男は涼宮ハルヒを…やはり言わない」

朝倉「ちょっと!言いなさいよ!!」

長門「その前に看病するべき。私は部室に行く」

朝倉「あ、そうだったわ…ごめんね男君…」なでなで

俺「…zZ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 21:19:00.44 ID:LhJJkh+oO

俺「ん…ふわぁ〜…よく寝た…」

朝倉「あ、気が付いた?良かったわ…」

俺「俺、何で…?ここどこ…?」

朝倉「貧血よ。ここは私の家。ごめんね連れてきちゃって…」

俺「いや、そんな…(女の子の部屋なんて初めて入った…良い匂いだ…)」

朝倉「どう…?」

俺「良い匂いです…」

朝倉「はい?体の調子はどうなのかってことよ?」

俺「あ…そっちね。体の調子は大丈夫ですよ」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 21:25:09.36 ID:LhJJkh+oO

朝倉「な…なんか寒くなってきたわ…布団入っていいかしら…?」

俺「あ、じゃあ出ますね…よいしょ…」ガシッ

朝倉「出なくて良いのよ?また貧血になったら大変だから休みなさい」

俺「でも…そしたら…」

モゾモゾ
朝倉「ふぅ…あったかいわ…」

俺「も…もうちょい離れた方が…」

朝倉「何よ〜…私がくっついてたらダメだって言うの?」ぎゅう…

俺「そ、そういうわけじゃないですけど…(起ってまうやろ〜!)」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 21:29:28.10 ID:LhJJkh+oO

俺「あ…朝倉さん、胸が背中に…当たってる…」

朝倉「スケベね…」ぎゅう〜

俺「うわ…ダメです…苦しい…」

朝倉「こっち向きなさい」

俺「いや…それはさすがに…(起ってるのがバレるんで…)」

朝倉「気付いてるわよ?」

俺「…!?」ギクッ

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 21:33:30.49 ID:LhJJkh+oO

朝倉「君が…」

俺「あ…あぁ…」

朝倉「涼宮さんのこと好きだって…」

俺「え…?」

朝倉「それでも私…私みたいに一人で、人間だから辛いはずなのに、頑張って生きてる…君が好き…」ぎゅっ…

俺「あの…誤解が…」

朝倉「誤解…?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 21:38:50.49 ID:LhJJkh+oO

俺「俺は涼宮さんのこと…可愛いし何でもやっちゃうしで、憧れてただけです…『好き』とはちょっと違います…よ…?」

朝倉「そ…それなら早く言いなさいよ…なんか私先走っちゃったじゃない…!」

俺「でも、すごく嬉しかったです…」

朝倉「…」

俺「俺も朝倉さんのこと…ちょっと好き…かもしれません…」

朝倉「はっきりしなさいよ…」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 21:42:40.11 ID:LhJJkh+oO

朝倉「こっち向いてよ…」

俺「ゴクリ…はい…」

モゾモゾ…

俺「向きましたよ…」

朝倉「ふふ…何故だかドキドキするわ」ドキドキ

俺「俺もです…」ドキドキ

朝倉「好きよ…」ぎゅっ…

俺「うっ…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 21:48:03.44 ID:LhJJkh+oO

朝倉「キスしたことある…?」

俺「無い…です…はぁ…はぁ…」

朝倉「私、あるの…」

俺「え…?だ…誰とですか…?はぁ…」

朝倉「ふふ…気になるの…?」

俺「まあ、一応…」

朝倉「君と」

俺「へ…?」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 21:54:17.43 ID:LhJJkh+oO

朝倉「君が寝てる間に…10回くらい…してしまったの…」

俺「そんなに…?」

朝倉「ごめんなさい…我慢できなくて…」

俺「あ…朝倉さんなら…良いですけど…」

朝倉「…うれしい!」ぎゅう〜っ

俺「うをぅ…柔らかい…」

朝倉「こういう時は、そっちも私の背中に手を回すものよ…?」

俺「わ、わかりました…」すっ


ぎゅっ

朝倉「ふふ…もう離さないんだから…」

俺「俺もですよ…」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 21:58:49.78 ID:LhJJkh+oO

朝倉の口が俺の上唇をくわえる
朝倉「はむ…むにゅ…はぁ…はぁ…」

俺が舌を朝倉の口にねじ込む
朝倉「あっ…。んむ…むちゅ…」

朝倉が俺の上に乗る

朝倉「ふふ…重い…?」

俺「全然…平気です…」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 22:01:24.76 ID:LhJJkh+oO

朝倉がまたキスしにくる
朝倉「好きぃ…む…んむっ…」

俺が朝倉の服を脱がす

朝倉「君も脱いだら?それとも脱がせてほしい…?クス…」

俺「脱がせて…ください…」

朝倉「ふふふ…しょうがないなぁ…」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 22:05:21.37 ID:LhJJkh+oO

朝倉がゆっくり俺の制服を脱がしていく。
俺も朝倉のワイシャツのボタンを外し、ブラを取り、パンツを脱がせた。
スカートと靴下と、ボタンを外しただけのワイシャツは着たままだ。
何故かって?
そのほうが興奮するからさ。

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 22:10:32.57 ID:LhJJkh+oO

朝倉「君ってガリガリかと思ったら意外に良い体ね…」すりすり
俺の胸に頬擦りしながら朝倉が言う

俺「朝倉さんも…むちむちで…良い体ですよ…?」

朝倉「ありがとう…」チュ
俺の乳首に吸い付いて朝倉が言う

俺は黙って朝倉を抱き寄せた。
俺は、そうしてきた。

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 22:16:29.44 ID:LhJJkh+oO

朝倉が仰向けで寝転んだ。
何を求めてるかすぐにわかった。
俺は朝倉の口に自分の性器が来るように四つんばいになった。

朝倉「舐めてあげるから…君も…んっ」
言い終わる前に綺麗な朝倉の茂みに口を付けた。
スカートがいちいち邪魔だが、やはりこの布は俺を興奮させてくれる。脱がさなくてよかった

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 22:24:25.97 ID:LhJJkh+oO

朝倉がちゅぱちゅぱと音を立てて俺の性器を貪る。
歯が当たってたまに痛いが、頑張ってるので「下手ですね」とは言えない。
一生懸命性器に吸い付いて、顔を赤らめてる朝倉は可愛い。

そうやって、腰を浮かせて朝倉の方を見ていると
朝倉「君も、私のを好きにしていいんだよ…?」
などと言ってくる
やはり毛深い奴は淫乱という迷信は合ってるのかもしれない。なんせあの眉毛だからな。

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 22:32:11.00 ID:LhJJkh+oO

朝倉「あっ…良い…舌が…舌が…入ってきて…きもちいんっ…んっん…はぁ…」

俺「れろれろ…ぶちゅ…」
朝倉「もっとぉ…!もっと奥まで舐めてぇ!」

俺「あれ?俺のを好きにして良いんですよ?」

朝倉「するからぁ!もっとしてぇ!んむ…んあっ…いい…はぁ…はぁん!!きたぁ…はぁ…はぁ」

朝倉の吐息が俺の性器と、股間周辺にある足の付け根に当たってかなりくすぐったかった。
そんなやりとりが30分くらい続いた。

風呂入ってくる

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 23:08:54.68 ID:LhJJkh+oO

朝倉「そろそろ…良いよ…?」

俺「何が…ですか?」

朝倉「わ…わかるでしょ…?」

俺「わからないです…。ちゃんと言ってくれないと…」

朝倉「もう…」

朝倉「『入れて』ってことよ…」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 23:15:13.58 ID:LhJJkh+oO

俺「何を何に入れればいいんですか…?」

朝倉「だ…だから…君の性器を私の性器に…よ」

俺「性器って何でしたっけ?」

朝倉「もう帰って」

俺「ごめんなさい…言われたとおりにします…」

朝倉「まったく…すぐ調子に乗るんだから…」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 23:21:14.78 ID:LhJJkh+oO

俺「じゃあ入れますよ…?」スッ

朝倉「…待って」

俺「?」

朝倉「私のこと…涼子って呼んでくれる…?」

俺「わ…わかりました…」

朝倉「それと…」

俺「はい…?」

朝倉「私のこと…好き?」

俺「もちろんです…。あの、涼子さんは俺のこと…」

朝倉「好きよ…。きて…」

ズンッ

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 23:30:00.24 ID:LhJJkh+oO

朝倉「あっ…良い!良いの来たのぉ!」

俺「はぁ…はぁ…気持ち良いよ…涼子さん!」

朝倉「キスして…ちゅっちゅしたいのぉ…!」

俺「はい…」

ぶちゅ…くちゅっ…れろれろれろ…

朝倉「んんん…んちゅ…はぁ…はぁ…はぁん…!あっ」

俺「涼子さん大好きだよ!」もみもみ


朝倉「あんっ…おっぱい…揉んじゃダメ…あっあっあっ…んっ!!!!」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 23:33:49.72 ID:LhJJkh+oO

朝倉「気持ち良いぃ!おしっこ…!おしっこ出る!」

ぷしゅっ…ちゃーーー…じわぁ…

俺「涼子さんのおしっこ…スカートに掛かっちゃってるよ!靴下にも掛かってて凄くエロいよ!」もにゅもみペロペロ

朝倉「そんっ…なこと言わないでぇえ!んっあん…恥ずかしい…よぉ…あ…いい…」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 23:40:12.49 ID:LhJJkh+oO

朝倉「あんんっん…好きよ!好き好き好き!大好きぃぃんっ…」

朝倉「吸って…!私のよだれ吸ってぇ!君のちんぽの臭いがついてる私のよだれぇぇえ!」

俺「は…はい…」

ちゅっ…じゅるぢゅるじゅる…じゅるるる…

朝倉「んっ…あん…おいしいの?自分の…ちんぽと私のよだれの味おいしい?」

俺「うん…おいしいよ…はぁ…はぁ」

ガシッ
朝倉の足が俺の腰を挟む

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 23:45:37.56 ID:LhJJkh+oO

すりすり
朝倉のすね、膝、ももを優しく撫でたり揉んだりしてあげながら、腰の運動を少しずつ速くする

朝倉「あっあっあっあっ…くる!くるの!いっちゃう!いっちゃう!いっちゃうよ!好き…んッんッッッ…」

朝倉は何度か体をびくびくさせた後、眠ってしまった

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 23:51:51.41 ID:LhJJkh+oO

俺は、すやすや眠っている朝倉の顔に精子をかけ、脚を爪先から性器まで丹念に舐め回し、胸にしゃぶりつき、足を使って朝倉の乳首を摘んでみたり色々した
イキそうになる度に朝倉の体のかけたい部位にまたがって出した。俺は足フェチなので、ももと膝にたくさんかけた

それでも朝倉は起きなかったので、俺は静かに家を出ようとした…だが…

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/29(日) 23:56:27.09 ID:LhJJkh+oO

ドアを開けたのにそこには何もなかった。まるでブラックホールのようだった。
よく見ると、ベランダの外も同じような色でうめつくされていた。
途方に暮れていると、朝倉が目を覚まし、精液だらけの体のまま、俺に抱きついてきた。

朝倉「ごめんなさいね…もう君をここから出したくないの…」

俺「え…?どういうこと…?」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 00:01:49.75 ID:k1IewfvtO

朝倉「私は人間ではないの。簡単に言うとエイリアンよ」

俺「え…?そんな…」

朝倉「恐がらないで…?君に危害を加えたり、地球を征服するつもりじゃないから」

俺「あ……はい…」

朝倉「でね…?私、君のことが本当に好きすぎて…もう君無しでは生きていけない体になってしまったみたいなの…」

俺「…?」


朝倉「だから…一生ここで、私と暮らしましょ?」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 00:07:46.54 ID:k1IewfvtO

俺「二人暮らしですか…一応、親に聞いたりしてみないと…」

朝倉「心配ないわ。君のことを覚えてる人物、というより、君が存在した痕跡すべて、私が消してあげたから」

俺「な…何を…?」

朝倉「情報操作ていうやつよ…だから…安心して?」

朝倉「ご飯も私が全部用意してあげるし、ゲームやマンガだって買ってきてあげるわ」

俺「な…何で…閉じ込めるんですか…?」

朝倉「好きだからよ…何回も言ってるでしょ?」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 00:14:03.14 ID:k1IewfvtO

俺「そんなの納得できるはずないでしょ…!?」

朝倉「あら、そう?君を誰にも取られないようにするためには、これが一番良いと思ったんだけど…」

俺「こんな狭い所で暮らしてたら…頭おかしくなっちゃいますよ…」

朝倉「大丈夫よ…。私が毎日相手してあげるんだから…ストレスなんて無くなるはずだわ」




バシュン!

長門「朝倉涼子。あなたにバグが観測された」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 00:20:00.60 ID:k1IewfvtO

朝倉「長門さん、ダメじゃないの。入って来ちゃ」

長門「あなたは異常。あの時に私が気付くべきだった」

朝倉「消えなさい!」シュルシュル…ドッ!

長門「うぐ…」バタ…

俺「涼子さん!なんてことを…!」

朝倉「その子がいけないのよ…私と君の世界に土足で踏み込んできたから…。」

朝倉「ふふ…でももう大丈夫よ…ふふっふふふひひあふふふふひふふふ…」

俺「そんな…」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 00:25:11.79 ID:k1IewfvtO

俺「こんなの…おかしいよ…」

朝倉「何がおかしいの…?」

俺「目を覚ましてよ!涼子さん!」ゆさゆさ

朝倉「あん…そんなに揺らしちゃいやぁだぁ…ふふひははは」

俺「あんたは俺が好きな涼子さんじゃない!」

朝倉「何意味わからないこと言ってるのよ…私は私!私しかいないでしょうが」

俺「違う!俺の知ってる涼子さんは、もっと優しくて、冷静で、可愛い!」

朝倉「やだ…そんなに誉めないでよ…」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 00:37:01.87 ID:k1IewfvtO

俺「とにかく元に戻してくれ!」

朝倉「どうして?私と一緒じゃいやなの…?」

俺「そんなことは…」

朝倉「あはは!やっぱり私が好きなのね…嬉しい!」ぎゅっ

俺「違う!違う違う!今の涼子さんは嫌いだ!」

朝倉「え…?嫌い…?キライきらいわたしを?キライキライキライ?キライナノ??」

俺「それに…一緒にお昼食べて、一緒に下校するって約束したじゃないか!!うぅ…グス…」

朝倉「あ……!」

長門「すきありっ」シュッ

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 00:43:34.56 ID:k1IewfvtO

縛られて動けなくなる朝倉

長門「男、安心して。もう大丈夫。彼女はデリートする」

俺「待ってくれ!今、元に戻っ…」

消えていく朝倉

俺「そんな…」

朝倉「ふふ…ごめんなさいね…。私、おかしくなってたみたい…」

俺「ほら長門さん!涼子さんは戻ってるよ!」

長門「もう止められない…」

俺「ふざけんなぁ!!」

朝倉「また君と、お昼休み…過ごしたかっ…」




俺「うっ…うぅ…うわぁあああん!」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 00:49:48.27 ID:k1IewfvtO

長門「すまない…」

俺「うぅ…涼子さんが…あんなに優しくて可愛い涼子さんがぁ…」

長門「…」


ベランダの外は真っ暗だったが、星や、近くの家の明かりが見えた。
もちろん、ドアを開けたらそこは元の世界だった。
でも、涼子さんはもういない…

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 00:54:02.82 ID:k1IewfvtO

翌日
〜昼休み〜

DQN「おい、金入ったか?」
DQN2「また100円とかだったら殺すぞ?」
DQN3「またあの女に助けてもらうか?」
DQN「あいつ良い女だったよなぁ〜!今度犯そうぜww」
俺「おい…」
DQN「何だこら?」
俺「許さないぞ…」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 01:00:07.22 ID:k1IewfvtO

俺「お前なんかに涼子さんは渡さなぶぐぉ!」DQNパンチ命中

俺「く…くそぉ!うおおおおぶぉ!」DQN2パンチ命中

俺「お前らなんか…お前らなんか…くあっ」DQN3キック命中

DQN「何だよ。珍しく歯向かってきたかと思ったら、雑魚だなww」

DQN「さて、いつも通り財布チェックはいりま〜す」
DQN「おとなしくかつあげされてりゃ良いんすよ先輩〜!」


朝倉「そうよ!慣れないことするんじゃないわ!」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 01:09:32.59 ID:k1IewfvtO

俺「りょ…涼子さん…?」

朝倉「そうよ」バキッドゴッガンッ

DQN1〜3「…」

朝倉「ふぅ…」

俺「ど…どうして!?」

朝倉「ふふ…君は私がいないと涼宮さんと付き合ってしまうらしいの」

俺「えぇ!?しゃべったこともないし…ありえませんよ!」

朝倉「情報統合思念体がそう言ったのよ?
もしそうなると、世界がまたややこしくなってしまうから…と、ここからは内緒だったわ」

俺「な…なんでも良いですけど…嬉しいです…グス…」

朝倉「あらあら…男の子が泣かないの」なでなで

俺「涼子さぁあん!」ぎゅう…

朝倉「ふふ…」

朝倉「あら…?」ポロポロ

朝倉「やだ…グス…私も…?う…エグ…」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 01:15:14.38 ID:k1IewfvtO

朝倉「これは…グス…バグかしら…?」

俺「涼子さん…好きです…」

朝倉「わ…わた…私も好きよ…!」ぎゅう〜…




ハルヒ「わ…(あの二人、学校で抱き合ってる…すごいなぁ…)」ドキドキ

ハルヒ「(ここで伸びてる不良は何なのかしら…?)」

ハルヒ「…邪魔しちゃ悪いし、教室かえろっ」
タタタッ

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 01:26:17.64 ID:k1IewfvtO

1ヶ月後
〜昼休み〜

朝倉「はい、あ〜んして」

俺「あー…モグモグ…おいしいよ涼子さんのご飯!」

朝倉「当たり前じゃないの…。ねぇ、ちょっとキスしまs」
DQN「朝倉さん!焼きそばパン売り切れてました!」

朝倉「ならいいから早く屋上から消えてくれる?」

DQN「…と…飛び降りろと?」

朝倉「違うわよ馬鹿ね。教室帰りなさいってこと」

DQN「はい!」
タッタッタ

朝倉「もう…」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 01:32:56.16 ID:k1IewfvtO

俺「ねぇ、涼子さん」

朝倉「なぁに?」

俺「キスする?」

朝倉「その前にちょっと良いかしら?」

俺「え〜?何…?」

朝倉「口の周りにご飯粒付いてるわよ」

俺「え…?どこ?」

朝倉「ここよ…」

チュ…


あー涼子さんずるい!俺もしてやる!ちゅー…
ふふ…


終わり

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/30(月) 01:40:08.27 ID:k1IewfvtO

「俺(=男)」のところに自分の名前入れるとかは邪道だからな。
「俺(=男)」はあくまでも俺(>>1)だからな


見てくれてありがとう
おやすみなさい

とにかくもうわかってると思うが、一応言っておく。









涼子は俺の嫁



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:翠星石「オワコンヒロインですぅ」レナ「なんの話かな?」