ハルヒ「私キョンの事そんなに好きじゃないのよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「俺はこの世界で」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:13:33.90 ID:1y/ivM1tO

キョン「そうなのか」

ハルヒ「だから諦めて頂戴」

キョン「…」

ハルヒ「ごめんね」

キョン「…そうか」

キョン「だが俺は長門と朝比奈さん…いや、由希とみくると付き合ってるんだ」

ハルヒ「はぁ?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:16:50.61 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「…あんた私の事が好きじゃないの?」

キョン「え?なんでだ?」

ハルヒ「あ、いや…」

キョン「すまないな。こんなこと言って」

ハルヒ「…」

キョン「ちなみにお前は好きな人が居るのか?」

ハルヒ「…古泉君よ…」

キョン「…そうか」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:18:45.87 ID:1y/ivM1tO

キョン「だがそれは参ったな…」

ハルヒ「何でよ?」

キョン「いや…古泉は…フェラ友なんだ」

ハルヒ「フェラ友?」

キョン「お口だけの関係の事だ」

ハルヒ「は?」

キョン「いや、だからフェラ友」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:20:31.49 ID:1y/ivM1tO

コンコン

キョン「開いてるぞ」

ガチャ

古泉「おや、お二人ともこんにちは」

キョン「おい、古泉」

古泉「何ですか?」

キョン「ハルヒがお前の事好きらしいぞ」

古泉「おやおや…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:23:09.85 ID:1y/ivM1tO

古泉「困りましたね…」

キョン「ちなみにお前と俺の関係の事も言った」

古泉「…恋人とですか?」

キョン「へ?いや、フェラ友と紹介したが?」

古泉「そんな…」

古泉「2人の時はイッちゃんって呼んでくれたじゃないですか…」

キョン「…」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:25:53.71 ID:1y/ivM1tO

キョン「…すまん。そんな気はなかったんだ…」

古泉「付き合っているつもりだったのは僕だけだったと…?」

キョン「…」

古泉「酷いですよ…キョンたん…」

キョン「…すまん」
古泉「…」

キョン「でだな古泉、話は変わるがハルヒがお前の事が好きらしいぞ」

古泉「イッちゃんて呼んで下さい…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:28:57.79 ID:1y/ivM1tO

キョン「…」

古泉「…」

キョン「イッちゃん…ハルヒがお前の事が好きだとよ」

古泉「すいません。無理です」

ハルヒ「…」

古泉「僕は…それでも彼が好きなんですよ…」

ハルヒ「…そう」

キョン「…(嫌だなぁ…ゲイの利点はフェラだけだろ…)」

キョン「…(今度暗闇の中で谷口辺りと本番をヤらせてやるか…)」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:31:02.08 ID:1y/ivM1tO

キョン「あ、ハルヒ」

ハルヒ「…何よ?」

キョン「来週は古泉、有希、みくると温泉に行くから不思議探検は無しな」

ハルヒ「…」

キョン「あ、お前も来るか」

ハルヒ「…」

キョン「嫌か…来ればいいのに…」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:34:11.14 ID:1y/ivM1tO

キョン「じゃあ俺、古泉、有希、みくるで行くか」

古泉「…イッちゃんです」

キョン「すまんすまん」

古泉「んっふ。分かってくれればいいんですよ」

キョン「なぁハルヒ…お前も来いよ。な?」

ハルヒ「…そこまで言うなら行ってあげるわよ」ブワッ

キョン「おいおい…泣いて喜ぶなよな」

古泉「おやおやw」

ハルヒ「うぅ…」ブワッ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:37:50.14 ID:1y/ivM1tO

みくる「失礼しまぁす」

キョン「あ、みくる。来週の旅行ハルヒも呼んでいいか?」

みくる「…」

みくる「あ、も、もちろんいいに決まってるじゃないですかぁ」

キョン「そうか。良かった。じゃあ後は有希に確認を取るか」

古泉「んっふ。長門さんは最初からそこに居ますよ」

長門「…」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:41:30.05 ID:1y/ivM1tO

キョン「有希、いいか?」

長門「…チッ」

長門「別にいい…」

ハルヒ「…」

ハルヒ「やっぱりいいわ。辞めとく」

長門「…」

長門「KY」

ハルヒ「!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:46:46.41 ID:1y/ivM1tO

みくる「有希ちゃん…言い過ぎですよぉ」

長門「…」

長門「でもせっかく彼が誘ったのに失礼」

古泉「ですが涼宮さんに予定があるかもしれませんし…」

キョン「…俺は来て欲しいがどうする?」

ハルヒ「…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:49:17.19 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「…行くわよ!行けばいいんでしょ!?」

古泉「…うわ」

古泉「…んっふ。そうですよ!団長様が来ないと話になりませんからね」

長門「…」

長門「…ユニーク」

みくる「う、うふふ、た、楽しみですぅ」

ガチャ

鶴屋「にょろ〜ん」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:52:10.12 ID:1y/ivM1tO

キョン「あ、鶴屋さん」

鶴屋「やぁ」

古泉「何かご用ですか?」

鶴屋「暇だから来ただけさ!」

キョン「あ、鶴屋さんも来週旅行に行きませんか?」

鶴屋「え?いいのかい?」

みくる「もちろんですよぉ」

鶴屋「でもちょっと予定があるから無理なんだ!ごめんよ!」

長門「…残念」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:53:50.73 ID:1y/ivM1tO

鶴屋「アハハ!ごめんよ!」

鶴屋「そういや再来週の日曜は私の日だよね?」

みくる「あ、そうですね」

古泉「もうそんな日になりますか」

ハルヒ「…何の日よ?」

鶴屋「キョン君の日さ!」

ハルヒ「キョンの日ぃ?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 00:59:38.83 ID:1y/ivM1tO

古泉「そうなんです」

ハルヒ「だからそれは何よ?」

長門「…説明する」

長門「第1、3日曜日は他校の橘京子の日。そして第2、4日曜日は鶴屋の日」

長門「毎週月曜日は古泉一樹の日で毎週火曜と金曜は朝比奈みくるの日」

長門「水曜日と第3土曜日は私の日になる」

長門「そして第1土曜日は国木田の日、第2、4土曜日は黄緑の日」

ハルヒ「…」

長門「これがキョンの日の振り分け」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 01:03:37.08 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「木曜日が開いてるじゃない」

キョン「あぁ、そう言えばそうなるな…」

ハルヒ「…仕方なく私が入ってあげるわよ!」

キョン「…すまん。木曜日はもしかしたら佐々木と九曜と阪中がそれぞれ入るかもしれないんだ」

ハルヒ「…」

キョン「そろそろ古泉の日を減らす契約だからその日じゃ駄目か?」

古泉「イッちゃんですよ。んっふ」

キョン「あぁすまん。どうだハルヒ?その日は駄目か?」

ハルヒ「…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 01:07:07.19 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「仕方ないわね…」

長門「…朝倉涼子はどうするの?」

キョン「あぁ〜そうだったな…どうするか…」

キョン「今までは月1だったけど増やす約束をしたよな…」

長門「朝倉涼子も楽しみにしている」

キョン「そうだったか…」

ハルヒ「…朝倉はカナダに居るじゃない!なんでわざわざキョンなんかのために来るのよ!?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 01:12:06.09 ID:1y/ivM1tO

長門「朝倉涼子は私と同棲している」

ハルヒ「…そう」

長門「それにあなたは勘違いをしている」

ハルヒ「何よ?」

長門「彼の日だからこそ月1でわざわざカナダから来る意味がある」

長門「あなたはそこを理解していない」

ハルヒ「…」

キョン「まぁ長門…そういうな」

ハルヒ「で、でもみくるちゃんが週に2日あるのは不公平よ!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 01:16:04.50 ID:1y/ivM1tO

キョン「そうか?みくるの日はこれでも減らしたんだぞ?」

みくる「…」

キョン「本命はみくるだし寂しい思いをさせたのは大変申し訳なく思ってるんだがな」

みくる「そんなことないですよぉ///」

キョン「すまんな。みくる…」

みくる「キョン君が入ればいいんですよ。気にしないで下さい…///」

ハルヒ「…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 01:22:10.75 ID:1y/ivM1tO

キョン「まぁとにかく旅行に行くからお前も来いよ?」

ハルヒ「えぇ…」

キョン「来週の土曜は有希の日か。潰してすまんな」

長門「気にしないで」

キョン「しかし…次からお前の日だった土曜日は森さんの日になるんだぞ?」

長門「別にいい」

長門「あなたと居れれば構わない」

キョン「有希…ありがとうな」

ハルヒ「…」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 01:25:10.63 ID:1y/ivM1tO

古泉「まぁまぁ、とにかく旅行の計画を立てましょう。んっふ」

キョン「そうだな!」

みくる「うふふ」

長門「ユニーク」

ハルヒ「…」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 01:27:51.79 ID:1y/ivM1tO

―旅行の日―

キョン「じゃあ新幹線で行くか!」

古泉「指定席はどこでしたっけ?」

みくる「確か4人共向かい合わせの席でしたよね」

古泉「トランプを持って来たから4人でしましょうか」

長門「楽しみ」

ハルヒ「…」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 01:32:28.97 ID:1y/ivM1tO

キョン「あ…ハルヒだけ離れた席だな…俺が代わろう」

古泉「いえ、ならば僕が代わりましょう」

みくる「そんな!私が代わりますよぉ!」

長門「…私が代わる」

キョン「気にすんなよ。俺が代わるから」

ハルヒ「私がそのままでいいわよ」

キョン「いいから代われ、な?」

ハルヒ「…わかったわよ」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 01:37:08.37 ID:1y/ivM1tO

キョン「実は今1人になりたくってしょうがなかったんだ」

キョン「ハルヒ…席代わってくれてありがとうな?」

ハルヒ「…気にしなくていいわよ」

キョン「感謝してるさ…じゃあそろそろ出発するから俺は席に行くな。じゃあ」



ハルヒ「…」

ハルヒ「キョンはいないけど!ガンガン盛り上がるわよ!」

古泉「えぇ。そうですね…」

みくる「…うふふ…楽しみですね…」

長門「…」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 01:40:42.10 ID:1y/ivM1tO

キョン「…今頃ハルヒ達楽しんでるだろうな」

キョン「1人になるのも久々だな…」

キョン「ふふ…あいつら楽しんでるといいな」





ハルヒ「よっしゃ!1抜け!」

長門「二番」

古泉「なんとかビリは避けましたね」

みくる「ふえぇ…ビリですぅ…」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 01:42:42.04 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「じゃあビリは一枚ずつ脱いで行きなさいよ!」

みくる「ふえぇ…」

古泉「…」

長門「…」

ハルヒ「ほ〜らみくるちゃ〜ん…脱ぎなさーい」

長門「…」

古泉「…」

みくる「ふえぇ…」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 01:47:25.16 ID:1y/ivM1tO

古泉「涼宮さん…それはちょっと…」

ハルヒ「は?文句あるの?」

古泉「いえ…」

みくる「ふえぇ…キョン君…助けて…」

長門「…」

ハルヒ「みくるちゃんは私のおもちゃだから好きにしていいのよ!」

古泉「…」

長門「お呼ばれのくせに」ボソッ

ハルヒ「…」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 01:52:37.59 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「…」

古泉「辞めましょう?」

みくる「…」

長門「…」

みくる「キョン君…」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 02:01:00.50 ID:1y/ivM1tO

―旅館到着―

キョン「よっし!じゃあいつものを始めるか!」

古泉「そうですね」

ハルヒ「何をするのよ?」

キョン「みんなでケツ毛を抜き合うんだ」

ハルヒ「は?」

キョン「まぁ正確に言うと俺がみんなのケツ毛を抜いてやるんだ」

ハルヒ「…」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 02:03:36.21 ID:1y/ivM1tO

キョン「え〜と今が2時だから…夕食は6時として…」

キョン「古泉に1時間」

古泉「イッちゃん」

キョン「…有希に1時間」

長門「…」

キョン「みくるに2時間だな」

キョン「ハルヒは夕食まで好きにしてくれ」

ハルヒ「…」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 02:26:45.12 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「…私は?」

キョン「は?」

ハルヒ「私のお尻の毛は抜かなくていいの?」

キョン「いや、なぜ抜く必要がある?」

ハルヒ「…」

キョン「じゃあまず古泉のから抜くか。温泉に行くぞ」

古泉「はい///」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 02:29:21.30 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「待ちさいよ!」

キョン「何だ?」

ハルヒ「私のを抜きなさい!団長命令よ!」

キョン「いや…」

ハルヒ「何よ!私ばっかり仲間外れにして!」

古泉「…」

古泉「バイトが入りました…帰ります…」

ハルヒ「ほら、古泉君の変わりに私のを抜きなさいよ!」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 02:40:32.82 ID:1y/ivM1tO

キョン「わかったわかった。さっさと用意しろ」

ハルヒ「全く!」

長門「…」

みくる「…」






107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 02:45:01.74 ID:1y/ivM1tO

―温泉内―

ハルヒ「じゃあ抜きなさいよ///」

キョン「じゃあまずケツ毛を見せてみろ」

ハルヒ「…は、はい!これでいいんでしょ?」

キョン「うわ…」

ハルヒ「な、何よ!?」

キョン「いや…(濃すぎだろ…)」

ハルヒ「早く抜きなさい///」

キョン「…」

ブチッ…ブチッ

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 02:50:04.35 ID:1y/ivM1tO

キョン「ふぅ…粗方抜いたな…」

ハルヒ「ま、まだ終わらないの?」

キョン「まぁ待てよ…(しかし使い込んであるな…)」

キョン「なぁハルヒ、お前結構経験豊富なんだろ?」

ハルヒ「…(キョンはいろんな人とヤってるからテクが良い方が喜ぶはずね…)」

ハルヒ「ま、まぁね」

キョン「そうか(ヤリマンとか引くぞ…)」

ブチッ…ブチッ…

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 02:52:27.12 ID:1y/ivM1tO

キョン「よし…後は産毛を抜くだけだな…」

ハルヒ「ハ、ハクション!」

ブリュッ!

キョン「ゲ…」

ハルヒ「…」

キョン「…(少し実が)」

ハルヒ「…」

キョン「気にするな。な?」

ハルヒ「ウワァァァァァン!」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 02:55:30.98 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「グズッ!グズッ!」

キョン「大丈夫だ!俺は気にしないからな?」

ハルヒ「ウワァァァァァン!」

キョン「朝倉も最初は下痢が出たんだ!お前だけじゃないぞ?」

ハルヒ「グズッ…本当に?」

キョン「そうだ!そりゃもう出たぞ!(嘘だが)」

ハルヒ「臭いは…?」

キョン「へ?」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 02:57:37.24 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「どんな臭いよ?グズッ…」

キョン「その…それは…」

ハルヒ「嘘じゃない!アァァァァァン!」

キョン「…」

ハルヒ「アアアァァァァァン!グズッ!」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 02:59:48.02 ID:1y/ivM1tO

―閉鎖空間内―

ブリュ!ビチャ!

古泉「神人が用を足している?」

古泉「まさか…涼宮さん…」

古泉「…」

古泉「漏wwwらwwwwしwwまwwwしwwたwねwwwwwwww」

古泉「んっふwwwwwwwwww」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 03:04:25.34 ID:1y/ivM1tO

古泉「凄くばっちぃですwwwwwんっふwwwwwww」

古泉「明日辺りにはあの根暗とホルスタインに教えてあげますかねwwwwww」

古泉「んっふwwwwwwww」

ブリュリュリュ!

古泉「まだ漏らしてますねw」

古泉「…」

古泉「戦うのが嫌ですね…」






127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 03:06:55.93 ID:1y/ivM1tO

―温泉―

キョン「ほら、お前のチョコレートは排水溝に流れたぞ」

キョン「これで水に流すぞ?いいな?」

ハルヒ「グズッ…」

ハルヒ「ちっとも上手くないわよ…」

キョン「ハハ…」

ハルヒ「うふふ」

キョン「じゃあ上がるか…」

ハルヒ「ちょっと待って!」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 03:13:11.38 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「あんたの事…本当は好きなのよ…」

キョン「は?」

ハルヒ「好き…」

キョン「あ?」

ハルヒ「だから…好き」

キョン「…ふざけるなよ!」

キョン「古泉に振られたからって意見をコロコロ変えるなんてお前らしくないぞハルヒ!」

ハルヒ「へ?」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 03:17:01.42 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「いや…だからあんたの事が本気で…」

キョン「馬鹿野郎」

バチン!

キョン「あ!すまん…ついビンタを…」

ブリュ

ハルヒ「うぅ…」

キョン「すまん…あまりの怖さに脱糞したんだな?すまんハルヒ…許してくれ…」

ハルヒ「うぇぇん…」

ブリュ

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 03:19:14.73 ID:1y/ivM1tO

キョン「だがな…本気で古泉が好きなら諦めるな…」

キョン「お前はそんなに弱い奴じゃないだろ?」

ハルヒ「ウワァァァァァン!」

ブリュー!ブリュリュリュリュリュ!

キョン「うわ…」

ブリュ!プスッ!プスッ!

キョン「ハルヒ…ケツを洗え…」

ハルヒ「…」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 03:35:20.35 ID:1y/ivM1tO

―三時間後―

古泉「ただいま」

キョン「戻れたのか?」

古泉「えぇ…まぁ…」

ハルヒ「…」

長門「…」

みくる「…」

古泉「おや、皆さん元気がありませんね?」

キョン「ちょっとな」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 03:36:52.64 ID:1y/ivM1tO

古泉「では夕食まで時間がないのですがちょっと食べ物を食べていいですか?」

キョン「あぁ…何を食うんだ?」

古泉「かりんとうですよ。んっふ」

みくる「!」

ハルヒ「!」

長門「ユニーク」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 11:14:46.69 ID:1y/ivM1tO

古泉「かりんとうは美味しいですね。んっふw」

古泉「涼宮さんもいかがですか?美味しいですよ?」

ハルヒ「…」

古泉「おやおや…いらないのですか?」

古泉「では長門さんはいかがですか?」

長門「嫌」

古泉「おやおやw」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 11:22:07.29 ID:1y/ivM1tO

古泉「朝比奈さんは?」

みくる「遠慮します…」

古泉「あなたは…?」

キョン「…すまんがいらん」

古泉「…そうですか」

古泉「そう言えばここに来る途中に犬の糞を見たんですよ」

古泉「かりんとうそっくりでしたねwんっふw」

ハルヒ「…」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 11:23:38.08 ID:1y/ivM1tO

古泉「まさか皆さんそのような物を見たとでも?」

キョン「…」

長門「…」

みくる「…」

ハルヒ「グズッ…」

古泉「おや?涼宮さんどうしました?」

ハルヒ「なんでもないわよ…ズビッ」

キョン「古泉…ちょっとこっちに来い」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 11:26:04.94 ID:1y/ivM1tO

キョン「知っててやってるだろ?」

古泉「んふ。何がです?」

キョン「…お前」

古泉「誰かが脱糞でもしたのですか?」

キョン「…」

古泉「そうでしたか…すいません…」

キョン「みくると有希と俺とで掃除したんだ…だからしばらくそれ系はタブーにしてくれ」

古泉「んっふ。分かりました」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 11:30:01.93 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「…」

古泉「涼宮さん…すいません…あなたの気もしらずに…」

キョン「!」

ハルヒ「!」

みくる「!」

長門「…」

古泉「大丈夫ですよ。晩御飯はカレーなんかじゃありませんから」

ハルヒ「…」ブワッ

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 11:35:14.49 ID:1y/ivM1tO

キョン「…こいつ」

古泉「ではそろそろ晩御飯が部屋にくるはずですから待ちましょうか?」

>>217「失礼します。料理をお持ちしました」

古泉「おや…まるで人糞のような顔ですね…」

ハルヒ「…」

みくる「…わ、私は悪くないと思いますよぉ」

長門「私も」

キョン「…どちらかと言うと整ってるだろ」

古泉「…そうですか?」

>>217「では失礼します…」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 11:48:36.65 ID:1y/ivM1tO

古泉「ピーナッツの味噌和えがありますね」

古泉「アレみたいですね。んっふw」

キョン「…」

ハルヒ「…」

長門「…」

みくる「…」

ハルヒ「帰る…」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 13:35:05.92 ID:1y/ivM1tO

ハルヒ「うるさい!もう帰る!」

古泉「おやおやw」

古泉「…」

古泉「バイトが入りました…」

キョン「…」

長門「…」

みくる「…」

ハルヒ「じゃあね!」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 13:37:49.66 ID:1y/ivM1tO

みくる「3人になりましたね…」

長門「…」

キョン「…」

キョン「よし!じゃあ野球拳するか!」

みくる「はい!」

長門「わかった」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 13:39:32.12 ID:1y/ivM1tO

涼宮ハルヒの脱糞 完



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒを攻略したいんだ」