提督「文月〜」スリスリ 文月「何ですか何ですか〜えへへ♪」 不知火「…」カキカキ


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ゲンドウ 「乗るなら早くしろ、でなければ帰れ」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/09/17(水) 16:49:15.07 ID:VcFNMeB3o

提督「あぁ〜文月は可愛いなぁ〜」ギュ

文月「きゃっ!も、も〜司令官ったら〜///」

不知火「………」イライラ

提督「よしよし〜」ナデナデ

文月「ふぁぁ…司令官のなでなで気持ちいいぃ」

バンッ

提督「うお!?」

文月「…っ!」ビクッ

不知火「………」

文月「し、しれいかぁん……」ビクビク

提督「ど、どうしたんだ不知火…?いきなり机なんか叩いて……」

不知火「どうしたんだ?じゃないですよ!なんなんですかさっきから!」バンッ

文月「ヒッ…!」ビクビク

提督「お、落ち着け不知火…な?文月も怯えてることだし…」

不知火「………」ギロ

3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/09/17(水) 16:57:44.64 ID:VcFNMeB3o

不知火「ここは執務室です……そのようにイチャイチャされてする場所じゃありませんし邪魔です」

提督「す、少しくらいいいじゃないか……」

不知火「良くないです!大体何で秘書艦でもない文月さんがここにいるんですか!」

文月「ヒッ…!ご……ごめんなさい……」プルプル

提督「待て!文月は何も悪くない!起こるなら俺を…」

不知火「そうやってまた甘やかして……そんなに文月さんが好きなら文月さんを指揮官にすればいいじゃないですか!」

提督「………………あの……もしかして…ヤキモチ?」

不知火「な…!///」

5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/09/17(水) 17:06:07.74 ID:VcFNMeB3o

提督「もしかして不知火もこういうことしたかったとか?」

不知火「ば、馬鹿ですか?そ、そんなことあるわけ……」

提督「だよなぁ……不知火は仕事も早いし丁寧だし優秀だから秘書艦にしてるけど俺の事嫌ってそうだもんな……だから二人っきりになるのは嫌だろうと思って文月を呼んでいたんだが」

不知火「え………」

提督「すまんな不知火……俺はここにいない方が良さそうだな……出ていくよ…」

不知火「あ………ま、まって…ください!」

提督「…………」

不知火「し、不知火は別に提督のこと嫌ってなんかいません………その……」

提督「…………」

不知火「さ、さっき怒っちゃったのも……ちょっと気に触っただけといいますか……その………う、羨ましかった……といいますか……」チラッ

提督「…………」ニヤニヤ

不知火「〜〜!///」カァァ

6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/09/17(水) 17:09:53.34 ID:VcFNMeB3o

文月「ふわぁっ!し、司令官……んっ!///」

提督「ハァハァ…文月はほんと可愛い声で鳴くなぁ…」クチュクチュ

不知火「し、司令……その………わたしも……」モジモジ

提督「お……じゃあ俺の顔にまた近づけて……」

不知火「こ、こうですか……」ドキドキ

提督「れろ……ちゅ……ちゅる…」レロレロ

不知火「……っっ!///」ビクン

9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/09/17(水) 17:14:01.37 ID:VcFNMeB3o

提督「じゃあ不知火……くわえて……」ボロン

不知火「は、はい……」パクッ

不知火「ん……んちゅ……ぶ……ちゅぶ……」

提督「いいぞぉ……もうちょっと奥まで行けるか?」

不知火「ん……こ…こうれふか……ちゅ……んぐ…」ジュッポジュッポ

提督「ん〜少し物足りないなぁ……こっちが動かすぞ……ほっ」グイッ

不知火「んぶっ!じゅ…んぶ……ぐえ……お゛……!」ジュップジュップ

10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/09/17(水) 17:20:04.38 ID:VcFNMeB3o

なんかもういいや
おしまい

昨日あたりに舞風SS書いた者です
文月ちゃんかわいい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「なんだこのトランク・・・ん?中に人形が」