キョン「古泉、お前ホモなのか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「いいこと思いついた!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 22:05:47.61 ID:AuCu9kw70

古泉「いいえ、ホモではありませんよ?」(ウィンウィン)
キョン「なるほど、ホモじゃないのか・・・」
古泉「ええ、違います」(ウィンウィン)
キョン「いきなり変な事を聞いてすまなかったな」
古泉「全く、困ったものです」(ウィンウィン)

キョン「ところで古泉、なぜお前の鞄にホモ雑誌が入ってるんだ?」
古泉「それは痴漢冤罪を回避するためのアイテムです」(ウィンウィン)
キョン「なるほど、電車通学も大変だな」
古泉「全く、困ったものです」(ウィンウィン)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 22:38:42.37 ID:AuCu9kw70

じゃあまぁ張るけど10くらいで終わるからな


キョン「ところで古泉、冤罪回避に10数冊必要なのか?お前ホモじゃないのか?」

古泉「回避をより確実にするためです、ホモではありませんよ」(ウィンウィン)

キョン「なるほど、ホモを主張しても有罪になったケースもあるらしいしな」

古泉「全く、困ったものです」(ウィンウィン)


キョン「ところで古泉、毎号揃ってる上昨日発売の最新号まであるんだがお前ホモじゃないのか?」

古泉「こういった事がより説得力を持たせるのです、ホモではありませんよ?」(ウィンウィン)

キョン「なるほど、最近は電車に乗るにも日々の絶え間ぬ努力が必要なんだな」

古泉「全く、困ったものです」(ウィンウィン)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 22:39:58.96 ID:AuCu9kw70

キョン「ところで古泉、さっきからウィンウィンうるさいだが一体なんだ?」

古泉「ああ、これは僕のアナルに入ってるバイブの音ですよ」(ウィンウィン)

キョン「なるほど、お前ホモだな?」

古泉「いいえ、ホモではありませんよ?」(ウィンウィン)

キョン「いやいやいや、だってお前それ・・・」

古泉「どうやらあなたは僕をどうしてもホモにしたいようですね・・・」(ウィンウィン)

キョン「そういうわけではないんだが・・・」

古泉「確かに一度持った疑いは簡単に晴らせはしない・・・全く、困ったものです」(ウィンウィン)

キョン「とりあえずバイブを抜け」

古泉「・・・・・・はい」(チュポン)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 22:41:36.58 ID:AuCu9kw70

古泉「ではこうしましょう、僕がホモではない決定的証拠を見せましょう」

キョン「ああ、ぜひ頼む」

古泉「この2枚の写真を見てください」

キョン「これは谷口と国木田の写真?」

古泉「そうです、それを順番に僕に見せてください」

キョン「ところで古泉、なぜ2人は半裸なんだ?」

古泉「それは体育時2人の着替えを激写したからです」

キョン「なるほど、やっぱりお前ホモだな?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 22:43:02.75 ID:AuCu9kw70

古泉「いいえ、ホモではありませんよ?それは僕のホ・・・友達に頼まれて撮ったものです」

キョン「なるほど、ならお前はホモじゃないかもしれないな」

古泉「ですからこれからホモではない証拠をお見せします、さあ」

キョン「じゃあまず谷口の写真から」(ピラ)

古泉「・・・・・・・(シーン)」

キョン「では続いて国木田の写真」(ピラ)

古泉「(ボッキーン!!!☆)・・・どうです?」

キョン「とりあえずパンツを履け」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 22:44:15.88 ID:AuCu9kw70

キョン「なるほど、確かに正常な男子の反応だな」

古泉「でしょう?納得いただけて何よりです」

キョン「しかし谷口と国木田じゃホモだろうが女だろうが100人中100人国木田を選ぶ」

古泉「くっ・・・まだ納得いただけませんか?どうしろと?」

キョン「実は俺も2枚の写真を持っている、もう一度テストしてもいいか?」

古泉「望むところです、こんなこともあろうかとパンツを履かずに待機していた甲斐があります」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 22:45:39.46 ID:AuCu9kw70

キョン「両方ともアナルの接写だ、ではまず1枚目」(ピラ)

古泉「ほほぅ、これは素晴らしいアナルですね(シーン)」

キョン「しかし無反応だな」

古泉「ええ、ホモではありませんから」

キョン「では2枚目」(ピラ)

古泉「こ、これは!?(ボッキーン☆ピュ!!!!)・・・ふぅ」

キョン「触れずに逝ったな」

古泉「今なら人体練成も成功させる自信があります」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 22:46:56.83 ID:AuCu9kw70

キョン「1枚目は朝比奈さん、2枚目は俺だ」

古泉「これはやられました・・・どうやらもう言い訳は無駄みたいですね・・・」

キョン「ああ、残念だ・・・お前は良い友人だと思ってたんだがな・・・」

古泉「・・・全く、困ったものです」


古泉「ところであなた、なぜ朝比奈嬢のアナル写真など持っているのですか?」

キョン「・・・・・・・・・」

古泉「・・・・・・・・・」

キョン「俺達はこれからも親友だ」

古泉「それは光栄です、ではさらに仲を深めましょう」(ウィンウィン)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 22:48:51.11 ID:AuCu9kw70

(ばたばたばたっ!ガラガラッ!!!!!)

ハルヒ「ちょっと!大変よ!我らが副団長にあらぬ噂が立ってるわ!」

古泉「おや、これは団長殿、おつかれさまです」

ハルヒ「古泉君!挨拶なんてしてる場合じゃなのよ!学校中であなたがホモだって噂で持ちきりよ!?」

古泉「おやおや、困ったものです」

ハルヒ「なんでそんなに落ち着いてるのよ!?我がSOS団副団長の名誉が著しく貶められているのよ!?」

古泉「団長殿にそこまで思っていただけ光栄す、ですがそのような根も葉もない噂などすぐに消えますよ」

ハルヒ「確かにそうかもしれないけど言われっぱなしなんてくやしいじゃない!!!」

古泉「この手の話は下手に騒げば逆に疑いが濃くなっていくものです、しばらく様子を見るのも悪くないのでは?」

ハルヒ「ところで小泉君、下半身裸で右手にバイブ持ってキョンと二人で何してるの?」

〜 完 〜

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/20(金) 23:01:52.03 ID:AuCu9kw70

じゃあそういうことで誰か続きよろしく



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【解読困難】カチカチ山 【続エヴァ昔話・第四話】