のび太「そうだ、オナニーしよう」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ミサト「本当にシンちゃんが嫌いなの?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 07:44:49.68 ID:Yx4CiXXu0

のび 「どらえもん、気持ちいいオナニーができる道具だしてよ」

どら 「しょうがないなあ・・・TENGA!」

のび 「てんが?」

どら 「うん、これを使えば短小包茎の君でも気持ちよくいけるよ。」


のび 「へえー」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 07:50:28.96 ID:Yx4CiXXu0

どら 「そら、じゃあ試しに僕が試してみよう」

のび 「うん。どらえもんもオナニーするんだね。」

どら 「もちろんさ。オナニーは毎日欠かさないよ。君が
    寝たあと、押し入れの中で毎晩シコシコしてるのさ。」

のび 「へえー。すごいやー。」


どら 「よし、じゃあ試しにと・・・・」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 07:54:25.65 ID:Yx4CiXXu0

どら 「ああああーー。さすがーわTENGA」


のび 「うわー。どらえもんが感じてる。」


どら 「う〜ん・・・そろそろ出そう。」


のび 「すごーい。もういくんだ。」


どら 「あああああああああ〜・・・・。出た。」


のび 「うわーー。どらえもんの精子って青いんだね。」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:05:09.12 ID:Yx4CiXXu0

どら 「じゃあ、次は君の番。」

のび 「うん。こーやって・・・と・・。
    よーし、しこるぞー。」

どら 「すぐいくともったいないから、ある程度楽しんでから
    出してよ。」

のび 「わかってるって。」


どら 「ならいいけど。」


のび 「うええーーーい。気持ちーーーー。」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:19:52.37 ID:Yx4CiXXu0

どら 「言わんこっちゃない・・・」


のび 「あーーー、どらえもーーーん!」


どら 「これだから先に忠告したのに」


のび 「あーーーーーーーーーーー。いくーーーーーーーー。」


どら 「もうさっさとだしなよ。」


のび 「はあーー・・・。すごいやーーー。
    よしっ!しずかちゃんにもプレゼントしよっと。」


どら 「こら・・ちょっと・・・あーあ、行っちゃた・・
    ぼくもう知ーらないっと。」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:26:13.60 ID:Yx4CiXXu0

のび 「きっとしずかちゃんもこのTENGAで喜ぶぞーー。
    るんるん〜るんるん。」

ジャイアン 「おう!のびた!いいもん持ってんじゃないか?」


のび 「ジャ、ジャイアン・・・・。」


ジャイアン 「何だ?その赤と白の整髪剤みたいなやつは?
       さてはどらえもんの道具だな?」

のび  「ち、ちがうよ。これは、その・・・」


ジャイアン 「ん?なんだよ、言ってみろよ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:30:20.99 ID:Yx4CiXXu0

のび 「これは、食べ物だよ!」


ジャイアン 「くいもん?そいつはちょうどよかった。俺様は腹が減って
       たとこなんだ。いただいてくぜ。」

のび 「そ、そんなーー。」


ジャイアン 「へっへえー。俺のものは俺のもの。お前のものも俺のものだ。」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:34:06.90 ID:Yx4CiXXu0

ジャイアン 「それにしても、妙なくいもんだなあ・・。なんかいろいろ説明
       が書いてあるけどめんどくさいなあ・・。
       台所に放っておくか。まあどうせタダで手に入れたもんだし。」









ジャイ子 「あら、これナニかしら?」
  

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:37:27.51 ID:Yx4CiXXu0

ジャイ子 「何々・・・・TENGA・・・・。
      もしや、これは・・・・・。ごクリ・・・。」


     「間違いないわ・・。これはオナほーる・・。
      試してみるしかないわね・・・・。」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:40:09.88 ID:Yx4CiXXu0

ジャイ子 「AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
      AAAAAAAAAAAAAHHHHHHHHHHH!!!!!」


     「Oh,いぇす・・・Come on come on・・・・・」

     「oh yeah, OH Oh,so good・・・・・・」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:46:29.29 ID:Yx4CiXXu0

ジャイ子 「気持ちよかったあ・・・・。」

     「そうだ、何度も使えるようにこのTENGAの仕組みを
      研究してみよう。」



ジャイ子はその日から、何かにとりつかれたように猛勉強を始めました。

数えきれないくらいの月日が流れました・・・・・。

そして、一流大学へ行き、材料工学の権威者にまでのぼりつめました。

しかし、ジャイ子はそんなことにも目もくれず、ひたすら研究に励みました。

かつて味わったTENGAを再現するために・・・・。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/11(月) 08:51:10.76 ID:Yx4CiXXu0

そして、ある日、とうとうジャイ子はそれを完成させました。

ジャイ子 「ついに・・・完成したのね・・・。」



そう、TENGAの発明者は未来のジャイ子だったのです。

おそるおそるTENGAを装着したジャイ子はこう言いました。

         もう射精はすんだのかい?



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「スネ夫を殺してみる」