ハルヒ「キョン・・・どうしたの?」キョン「やからうでたばごやて」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「アンタたち隠し事しているでしょ。正直に言いなさい」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 17:34:26.01 ID:ZIDLJWX00

ハルヒ「うでたばご?タバコが欲しいの?」

キョン「うでたばごや言うとるやろ!ぼんばでぃぼー・・・」

ハルヒ「・・・・」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 17:40:01.34 ID:ZIDLJWX00

ガチャ

古泉「どうも」

ハルヒ「古泉くん、キョンがなんかへんなのよ!」

古泉「へん?」

キョン「へんなことあらへんわ!」

古泉「いつものように変な関西弁を喋ってますが」

ハルヒ「そうなんだけど・・・なんかちがうのよ・・・・」

キョン「なんや!大泉くんまで僕を変な目でみるんか!ほんばでぃぼー」

古泉「古泉です」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 17:56:31.57 ID:ZIDLJWX00

古泉「なるほど、たしかに少しいつもと違いますね」

ハルヒ「そうなのよ・・・」

キョン「ハルちゃん、うでたばごまだかいな」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:00:45.31 ID:ZIDLJWX00

古泉「う、うで?」

キョン「やからうでたばごやて!」

ハルヒ「・・・さっきからソレがほしいんだって」

古泉「ええと、それはいったいどういう?」

キョン「うでたばごも知らんのかいな?かぁ〜ほんばでぃしっかりせなアカンで」

古泉「・・・・」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:04:59.53 ID:ZIDLJWX00

キョン「僕ね、新大阪でうでたばご6個買うんですよ!6個!
   そしたらね、東京着く頃にはみななくなってまうんですよ!」

キョン「ほんまですって!嘘ちゃいますよ!」

古泉「・・・・」

キョン「わかったやろ?」

古泉「全然」

キョン「これでもわからんか?ほんばでぃもー・・・」

古泉「・・・・」

ハルヒ「ダメ・・・なにいってるかいつも以上に全然わからないわ・・・・・」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:08:49.26 ID:ZIDLJWX00

ハルヒ「どうしちゃったのしから?」

古泉「・・・涼宮さん、少し長門さんで二人でお話しをしてもいいですか?」

ハルヒ「え?いいけどなんで?」

古泉「ええ・・少し・・・」

ハルヒ「・・・ !」

ハルヒ「わ、わかったわ・・・ほらいくわよキョン!」

キョン「やからうでたばごーー!!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:12:10.75 ID:ZIDLJWX00

ハルヒ「しかし二人ができてるとわね・・・アンタしってた?」

キョン「君ね、さっきから言うてるやん。うでたばごがほしいて、そやなのにさっきからほんばでぃ何しとんねん?」

ハルヒ「・・・・」



古泉「それで、これはまたどういうことですか?」

長門「・・・・」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:15:50.61 ID:ZIDLJWX00

長門「・・・私にもわからない」

古泉「・・と言いますと?」

長門「・・・今朝あったら、もうあんなかんじ」

古泉「なるほど」

プルルル

古泉「おっと、すいません。電話です」

古泉「ふむふむ、なるほどなるほど」

古泉「原因がわかりました」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:21:53.08 ID:ZIDLJWX00

古泉「いつも通り涼宮さんが原因なんですが」

長門「・・・」

古泉「長門さん、貴方は彼とお笑いコンビなるものを組んでましたよね?」

長門「コクリ」

古泉「けれどそのおかげで涼宮さんは結果彼にふられたような形になりました」

長門「・・・・」

古泉「それでどうやら彼とコンビを組もうと必死にお笑い番組を見ていたようです」

長門「・・・それは」

古泉「その結果彼に影響がでたようです」

長門「・・・・」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:26:18.14 ID:ZIDLJWX00

古泉「もういいですよ」

ハルヒ「話しはすんだの?」

古泉「ええ、一応」

ハルヒ「そ、そう・・・」

キョン「なんや有希、おったんかい?」

長門「・・・・」

キョン「しっかし君らはほんばでぃアカンね。うでたばごぐらい知っとかなあかんで」

ハルヒ「ああもう、うるさい!」

キョン「なんや君、痔かいな?はよ治さなあかんで」

ハルヒ「こ・・・この・・・・・!」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:34:31.04 ID:ZIDLJWX00

キョン「まぁ、ええわ。有希、今晩お前んちで漫才の練習すんで」

長門「コクリ」

ハルヒ「え?有希の家に泊まるの?」

キョン「そやけど文句あります?」

ハルヒ「ないけど・・・その・・・・」

キョン「アホなこと言うてへんで早よ自分の仕事せんかい。ワイはもう行くで」

ハルヒ「・・・」

古泉「・・・・」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:36:28.81 ID:ZIDLJWX00

キョン「ここが君んちかい?」

長門「そう」

キョン「かぁ〜けったいな家にすんでますな」

長門「・・・・」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:40:50.89 ID:ZIDLJWX00

ピンポーン!

長門「・・・そこは私の部屋じゃ」

キョン「アホか、近所づきあいも大切にせなアカンで」

???「はぁ〜い」

キョン「今日から隣に住むもんです」

???「あ、はぁ〜い。すぐでま〜す」

キョン「な」

長門「偉い」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:43:20.23 ID:ZIDLJWX00

ガチャ

朝倉「いやぁ〜すいません・・・」

キョン「ええですよ」

朝倉「・・・キョンくん?に長門さん?」

キョン「なんやノリスケくんかいな」

朝倉「・・・朝倉よ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:45:32.93 ID:ZIDLJWX00

朝倉「隣に引っ越してきたの?」

キョン「今日だけやけどな、しっかし君はほんばでぃ海苔がすっきゃね。眼の上にもつけて」

朝倉「ええ、これは眉毛よ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:48:43.62 ID:ZIDLJWX00

朝倉「・・・キョンくんなんか今日少し変じゃない?」

キョン「なんや?君までんなこと言うんかい?ほんばでぃ最近の若いもんは」

朝倉「貴方と同年齢だったと思うけどね」

朝倉「長門さん、これはいったいどういう・・・」

長門「・・・・」

朝倉「・・・あんまり睨まないでくれる」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:52:35.57 ID:ZIDLJWX00

朝倉「・・・なるほど、そういうことね」

キョン「しっかし、朝倉くんが隣やったとわ、これもなんかの縁やね」

キョン「そや、今晩君んとこに泊めてくれへんか?」

朝倉「え・・・私はいいけど、長門さんは・・・」

キョン「ええにきまっとるやろ。なぁ有希?」

長門「・・・・」

朝倉「・・・長門さん、痛いわ。靴を踏むのはやめてくれる」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:55:55.33 ID:ZIDLJWX00

キョン「はぁ〜ここが今の女の子が住む部屋ね」

朝倉「今から晩御飯つくろうと思うんだけれど、なにがいいかしら?」

キョン「やからうでたばごやて!」

朝倉「う・・・うで・・・・?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 18:59:07.39 ID:ZIDLJWX00

キョン「君もか・・・ええか、うでたまごいぅんわ」

長門「・・・情報によるとゆで卵のことだと思われる」

朝倉「ああ、なるほどね」

キョン「・・・であるからして」

朝倉「それくらいでいいわ」

キョン「なんや?まだ全然喋ってへんで。ええか、」

朝倉「長門さん、彼の話しをきぃててあげて」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 19:02:58.22 ID:ZIDLJWX00

朝倉「?」

キョン「ほら、見てみ。あの人がたばごを茹でる時のフォーム。肘がピンッと伸びてるやろ?
あれで卵に緩急を付けてるんや。あの茹で具合から逃れられる卵はそうおらへんで」

長門「スゴイ」

朝倉「・・・・ほめられてるのかしら」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 19:05:54.96 ID:ZIDLJWX00

朝倉「さぁ、できたわよ」

キョン「お!おまちかねやね」

朝倉「いっぱい食べてね」

キョン「・・・」

キョン「朝倉・・・」

朝倉「? なにかしら?」

キョン「なんでや・・・なんでカレーの中にうでたばごが入っとんや!」

朝倉「・・・・」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 19:11:23.14 ID:ZIDLJWX00

朝倉「なぜって・・・ゆで卵だけじゃ栄養が足りないでしょ?だから・・・」

キョン「僕はそんなこときぃてるんとちゃう・・・カレーの中に入れたらせっかくのうでたばごがだいなしになるやろ!」

朝倉「そんなことないわ。カレーはなんでもあうもの」

キョン「アホなこと言うとんちゃうで!たばごがカレーにあぅんとちゃう!カレーがうでたばごにあうんや!」

朝倉「そう、じゃぁ食べれるわね」

キョン「え・・?ああ・・・うん・・・・」

朝倉「ふふ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 19:13:28.93 ID:ZIDLJWX00

悪いけど置くで

1時間〜2時間後には帰ってきますんで

ホンマやて!嘘ちゃいますよ!

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 20:29:55.59 ID:ZIDLJWX00

キョン「はぁ〜なかなかやったね」

朝倉「ずいぶん食べたわね卵だけ」

キョン「うでたばご上手く作れる人はええお嫁さんになんよ」

朝倉「そう?ありがとう」

キョン「誰も君にいぅてへんよ」

朝倉「・・・・」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 20:32:48.87 ID:ZIDLJWX00

朝倉「私たちも食べましょう」

長門「コクリ」

キョン「いま食べだところやん」

朝倉「貴方にあわせてたのよ、本当はもっと食べるから」

キョン「ふ〜ん」

朝倉「よいしょ」ドン!

キョン「鍋・・・15・・・・・?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 20:34:59.77 ID:ZIDLJWX00

朝倉「ごちそうさま」

キョン「・・・ごっつぅ食べんねんな」

朝倉「そう?これでも少しひかえたほうよ」

キョン「・・・・」

朝倉「あら?少し素にもどった?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 20:40:18.26 ID:ZIDLJWX00

キョン「有希、風呂いっしょに入ろか」

長門「!?」

長門「入る!」

朝倉「ちょっと何いってるの!ダメに決まってるでしょ!」

キョン「なんでや?」

朝倉「あたりまえでしょ」

キョン「僕ねいつも妹と一緒に入んねん。そんで背中を洗いばんこでしますねん」

朝倉「・・・で?」

キョン「君ね、今の話しきぃとった?人の話しはきかなアカンでぼんばでぃ」

朝倉「・・・・」


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 20:44:20.63 ID:ZIDLJWX00

長門「・・・入りたい」

朝倉「ダメ!」

長門「鬼、悪魔、海苔」

朝倉「・・・そんなこと言ってもダメよ」

長門「・・・・ひ・・・ひっぐ」

朝倉「な、なんでそんなこと泣くの?な、泣かないでお願いだから・・・」

キョン「子供泣かしたあかんで君」

朝倉「泣かすつもりわないわよ!ああ・・お願いだから泣かないでぇ・・・・」

キョン「ほんなら3人で入ろか?」

朝倉「・・・・」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 20:48:47.58 ID:ZIDLJWX00

キョン「なんや・・・洗いばんこせぇへんのか・・・・」

朝倉「あたりまえでしょ・・・ちょっとこっち向かないで」

長門「・・・彼に洗ってほしかった」

朝倉「それだけは絶対にダメ」

キョン「はは、こっからみると君ら姉妹みたいやで」

長門「・・・・」

朝倉「私と姉妹っていうのが泣くほど嫌かしら?」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 20:52:11.76 ID:ZIDLJWX00

朝倉「湯加減はどうかしら?」

キョン「やらしいわほっまに〜。見てみ、僕のうでたばごかっちかっちやで」

朝倉「・・・・やめて」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 20:54:49.71 ID:ZIDLJWX00

朝倉「まったく・・・」

キョン「しっかし僕のたばごが湯に浸かっとるから、これがほんばのうでだばご状態やねw」

朝倉「・・・・」

長門「・・・・」

朝倉「・・・長門さん、よだれ」

長門「・・・じゅるり」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:01:59.94 ID:ZIDLJWX00

キョン「ほな寝よか」

長門「寝る」

朝倉「ちょっと待って、もしかしてここで寝るつもりじゃないでしょうね」

キョン「泊まるいぅたやろ」

朝倉「言ったけど、それは少し無理が」

キョン「なんやねん・・・ほっばに君っていぅ奴は、悪いけど言わせてもらうで」

             3時間後

キョン「わかる?わからんのやったらもっかい言うで」

朝倉「・・・は、ごめんなさい・・・なんだったかしら・・・・」

キョン「やからピッチャーやて!」

朝倉「・・・・・」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:05:11.57 ID:ZIDLJWX00

朝倉「・・・・もういいから寝ましょ、疲れたわ」

キョン「なんやねん!ええかげんにせぇよ!君が寝たあかんいぅたんやろ!これやから」クドクドクド

朝倉「・・・ええ、わかったから・・・私が悪かったわ・・・・だから寝ましょう」

キョン「ほんばでぃ君は・・・」





キョン「ZZZZ」

朝倉「・・・真っ先に寝たわね」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:07:43.68 ID:ZIDLJWX00

長門「・・・・」ゴロン

朝倉「ダメよ長門さん、寝返りのフリして彼の横にいこうとするのわ」

長門「鬼、悪魔、海苔」

朝倉「ダメなものはダメ」

長門「・・・・・」

長門「ZZZZ」

朝倉「・・・はやいわね」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:10:13.56 ID:ZIDLJWX00

キョン「ZZZZ」

長門「ZZZZ」

朝倉「ふぅ、二人とも寝たわね」

朝倉「疲れてるのに逆に眼がさえちゃった」

朝倉「長門さんが持ってきた本でも読ませてもらおうかしら」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:16:07.35 ID:ZIDLJWX00

朝倉「・・・・」

朝倉「プ〇は10〇カ〇の森で今日もお腹を空かしていました」

朝倉「「あれ?ハチミツがないよ?」」

朝倉「どうやら今日は全部食べてしまったようです」

朝倉「「ん〜どうしようかな」プ〇はおもむろに自分の身体の下のほうを触りました」

朝倉「「あれ?なんだかどんどん大きくなってるよ」」

朝倉「「はぁ・・なんでかな・・・なんだか変な気分になってきたよ・・・・も、もうちょっと触ってみようかな・・・」」

朝倉「「「ふぁ・・・ふぁ・・・・ファーーーー!!!!」」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:19:27.83 ID:ZIDLJWX00

朝倉「「はぁ・・はぁ・・・なんだかフニャフニャになったよ・・・」」

朝倉「「あれ?なんだか白いハチミツがでてきたよ?」」

朝倉「「はぁ・・・これでお腹いっぱい食べられるな・・・よかった・・・・」」

朝倉「プ〇は喜びました」

朝倉「「それじゃぁ食べようかな・・・・ヴォォォォォォーー!!!!」」

朝倉「・・・・」

朝倉「長門さんて普段どんな本読んでるのかしら・・・」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:22:34.74 ID:ZIDLJWX00

・・・
・・


パチ

キョン「ん?なんや夢か?有希の顔が眼の前にあるんわ」

長門「・・・夢みたい」

キョン「なんや夢か」

キョン「・・・・」

キョン「いやちゃうやん」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:24:50.92 ID:ZIDLJWX00

キョン「ふぁ〜・・おはようさん」

朝倉「遅かったわね、もう昼よ」

キョン「うっさいのぅ・・・・」

朝倉「! キョンくんもしかしてもとに・・・」

キョン「顔がデカイからや!」

朝倉「え・・・」

キョン「顔がデカイからもとに戻ったんと思うんや!」

朝倉「・・・・」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:28:54.94 ID:ZIDLJWX00

ピンポーン

朝倉「だれか来たみたいね」

キョン「顔がデカイからや!顔がデカイから誰か来たと思うねん!」

朝倉「関係無いわよ。それに貴方べつに顔は大きくないわよ」

ピンポーン

朝倉「はぁ〜い」

古泉「どうも」

キョン「おう!原西やないかい!」

古泉「古泉です」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:32:07.87 ID:ZIDLJWX00

古泉「その調子だともとには戻ってないようですね」

キョン「顔がデカイからや!顔がデカイからもとに戻ってへんように思うねん!ホンマは戻っとるわ」

朝倉「黙ってて」

朝倉「それで彼がもとにもどるの方法はわっかたの?」

古泉「はい」

キョン「顔がデカイからや!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:36:35.71 ID:ZIDLJWX00

朝倉「そう、よかったわ。それでどんな?」

古泉「彼がこうなったのは涼宮さんが彼とコンビを組みたいからです」

古泉「ですから彼とコンビを組めばなおるかと」

朝倉「そう・・・長門さ「いや」

朝倉「いやでもなんでもそうしな「いや」

朝倉「・・・」

朝倉「どうしても?」

長門「どうしても」

朝倉「・・・・」

キョン「顔がデカイからや!」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:38:09.10 ID:ZIDLJWX00

古泉「まずいですね、どんどん知能が低下して顔がryとしか言えなくなってます」

朝倉「まずいわね・・・」

キョン「顔がry」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:41:30.91 ID:ZIDLJWX00

古泉「・・・実はもう一つだけ方法があるんですよ」

朝倉「・・・と言うと?」

古泉「涼宮さんのコンビを組むという記憶だけを消せばいいんです」

古泉「そうすれば願望じたいが無くなるわけですから」

朝倉「ずいぶんと無茶を言うわね、そんなこと簡単にできるわけないじゃない」

古泉「コレをつかいます」

朝倉「・・・ガンガン」

キョン「顔ry」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:44:56.60 ID:ZIDLJWX00

朝倉「で・・・コレをどう使うのかしら・・・?」

古泉「これで殴って記憶を飛ばせます」

朝倉「・・・・そんなことできるわけないでしょ、仮にできても全部ぶっとぶわよ」

古泉「ご安心を、その手のプロにたのんであります。もう向かってるでしょう」








ハルヒ「ん?そんなもの持ってどうしたの?みく」ドカ!


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:47:15.78 ID:ZIDLJWX00

プルルル

古泉「失礼。」ピ

古泉「ふむふむ、なるほどなるほど」ピ

古泉「できました」

朝倉「ずいぶん簡単ね・・・でもこれでもとにもど」

キョン「顔がデカイからや!」

朝倉「・・・ってないわね」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:49:00.40 ID:ZIDLJWX00

古泉「もとにもどすにはこちらも彼を気絶させなければいけません」

朝倉「・・・それでもとにもどるのね?」

古泉「ええ。間違いなく」

朝倉「・・・・」

キョン「ry」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:54:43.57 ID:ZIDLJWX00

朝倉「・・・・キョンくん」

キョン「k」ドカ!

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 21:58:34.10 ID:ZIDLJWX00

朝倉「・・・これでもとに戻るかしら?」

古泉「ええ、確実に」

キョン「パチ」

長門「・・・起きた」

朝倉「キョンくん、私がわかる?」

キョン「・・・」

朝倉「キョンくん?」

キョン「・・・角野卓造じゃねぇよ!」

朝倉「・・・・」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 22:00:53.53 ID:ZIDLJWX00

朝倉「・・・ええ、なんとなくわっかってたわ」

古泉「すいません」

朝倉「いえ・・・わかってたから・・・・」

キョン「サンボマスターじゃねぇよ!」

朝倉「だれもきいてないから」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 22:04:00.37 ID:ZIDLJWX00

朝倉「・・・まぁ、でも後一つだけ方法があるわ」

古泉「・・・と言いますと」

朝倉「情報思念体で彼の頭の中をいじくるの、それでもとに戻るはずよ」

キョン「は・・・パネェ・・・・光浦さんマジパネェ・・・・・」

朝倉「朝倉よ」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 22:07:21.12 ID:ZIDLJWX00

朝倉「それじゃぁ、いくわよ」

キョン「はい行きます。って真面目か!」

朝倉「いい加減うっとしぃわ」

キョン「ごめんなぁ〜うっとしくてごめんなぁ〜」

朝倉「黙って」


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 22:09:16.24 ID:ZIDLJWX00

・・・
・・


キョン「ん?なんや夢か?眼の前に有希の顔があるんわ」

長門「・・・夢みたい」

キョン「なんや夢か」

キョン「・・・・」

キョン「いやちゃうやん」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/19(木) 22:12:38.66 ID:ZIDLJWX00

キョン「なんやごっつぅ痛いんわ気のせいか?」

朝倉「よかった・・・どうやら今度こそもとに戻ったみたい」

キョン「ん?なんで朝倉がここにおるんや?」

朝倉「ふふ、さぁね」

キョン「・・・朝倉、少しええか?」

朝倉「? なにかしら?」










キョン「ワイの顔がうでたばごじゃねぇよ!」

へへ・・・終りや!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:L「夜神さん、もし今月中に私が死んだら」