長門「私と付き合ってほしい……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みさえ「ねぇしんのすけ、>>5してくれない?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 13:37:11.58 ID:iO9ubzUQ0


キョン「へっ?」

ハルヒ「!!」

みくる「!!」





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 13:39:33.78 ID:iO9ubzUQ0


キョン「長門、それってつまり…」

長門「明日、本を買いに行く…荷物持ちをしてほしい」

ハルヒ「ふぅ…」

みくる「ほっ…」


キョン「ああ、そうゆうことか…べつに構わんが」

長門「よかった…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 13:45:01.82 ID:iO9ubzUQ0


長門「明日、駅前広場で待っている…」

キョン「ああ、遅刻しないで行くよ」

ハルヒ「ちゃんと有希の荷物を持ってあげるのよ、バカキョン」

みくる「ふふっ頑張ってくださいね、キョン君」

古泉「荷物持ちという名のデートですか」


ハルヒ「!!」

みくる「!!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 13:51:42.60 ID:iO9ubzUQ0


キョン「デートって!おい!」

古泉「おやっ?違いますか?男女二人が休日に買い物へ
    でかけるのも立派なデートだと思いますが?」

キョン「そんなことを言ったら、長門が俺と行きづらくなるだろう…」

長門「私は構わない……」

キョン「そうか、長門がいいならそれで構わんが」

長門「むしろあなたとデートしてみたい…」

ハルヒ「!!」

みくる「!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 13:58:28.02 ID:iO9ubzUQ0


キョン「デート!?俺とか?」

長門「……いや?」

キョン「あっ、べつにいやではないけど…つまり俺は今まで
    そうゆう経験がないわけで…なにをしたらいいか分からん」

長門「私も初めて…」

古泉「そんな肩肘をはらなくていいんじゃないですか?
    あなたも長門さんもデートをしたことがないのですから、
    お二人だけのデートをしてみたら」


キョン「まあ、それもそうだな…デート、してみるか、長門?」

長門「うん…」


みくる「あうあうあうあ〜〜〜」

ハルヒ「…………」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 14:06:28.66 ID:iO9ubzUQ0


ハルヒ「そうだわ!当日は私達が色々と援護してあげるわ!
     いいわよね、みくるちゃん」

みくる「もちろんですぅ〜(さすが涼宮さん!ナイスですぅ!)」

キョン「あっああ、そうか?なら頼む…」

古泉「お待ちください!涼宮さん、それは無粋ってもんですよ」

古泉「お二人は初デートなんですから、そっとしてあげるべきです」

ハルヒ「でっでも、バカキョンが有希に恥をかかせたりしたら…」

古泉「それは当人たちが経験すべき事柄であって、周りの人間が
    干渉すべきことではありません。そうゆう失敗をするのもデートなんです」


    

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 14:14:01.62 ID:iO9ubzUQ0


みくる「ならダブルデートなんてどうですか!これなら…」

ハルヒ「そうよ!それは良い考えだわ、さすがみくるちゃん!」

古泉「ですがそれでは…」

ハルヒ「なによ、ダブルデートでも構わないでしょ?キョン」

キョン「いや、おれに言われても」


長門「もういい…」








28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 14:17:21.39 ID:iO9ubzUQ0


キョン「もういいとは…?」

長門「やめることにする…」

古泉「長門さん…」

みくる「つまりキョンくんとデートはしないんですか?」

長門「コクリ…」

ハルヒ「あっそ、ならこの話は終わりね。さっそく今日の活動を始めるわよ!」

キョン「いいのか…?」

長門「うん……」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 14:22:20.88 ID:iO9ubzUQ0


ハルヒ「それじゃあ、今日の活動はこれで終わりね。
     また来週も遅れないで来るように!分かったわね!」

キョン「へいへい…ん?」

長門「………」

キョン「長門、気をつけて帰れよ」

長門「……」 ―スタタタッ―

キョン「あっ…」



キョン「ん〜…どうしたものか…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 14:26:20.50 ID:iO9ubzUQ0


―次の日―

長門「今日は日曜日……」

長門「…………掃除する」


 ―ピンポーン―


長門「……??」

長門「どちら……?」 ―ガチャ―


キョン「よう…」

長門「!!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 14:30:56.54 ID:iO9ubzUQ0


長門「どう…して?」

キョン「いや、じつは俺も買いたい本があってな…」

キョン「できればお前に付き合ってほしいんだが…」

長門「……」

キョン「あっいや、すでに予定があるなら別にいいんだが、
    どうだろう…一緒に行ってくれるか?」


長門「……」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 14:32:09.44 ID:iO9ubzUQ0

         /   //  /| 、ヽ   \   \   丶
           /   //  /  ! ヽ \    ヽ    i    、 ヽ
.          /   //  ∧  ト、 \ \   !   |   ヽ \
         /{  l l  l !  ! \ ヽ\ \ |   |   l ト丶ヽ、
         | l   l l、 l  ', l  \ヽ \ ヽ|    |   l l  、\_
         lハ  l_」⊥ ヽl ‐‐--ニユ ュ、 l_   |   l l l、 、
       ヽ ヽ l l ヽ! `  丶 _ヽ  `  \!  l !  ハ.l l \、
        lヽl V_ェr≠=ミ    _ -F干示ミヽ,' l_  ハl l |
        lハ Y゙;ハ;:::j.}        lr;:::::j.リl / /、ヽ/ ハ∧l!
         |' ヾ、└‐′       └‐‐' .j / /フソ/// ′ヽ   うん…
         | 〉 l,ハ~^^  ′    ハへ // /K〔/〃
\.          l∧ ト∧ヽ、  、 _     // イ/l///
ヽ !       l′', ! ヽ l` 、 ´  _ イ'///1リl/′
  |            ',l   ヽ!  V `,チ´ ,/// /!
 :リ      ι     '、  _' -_ニノ  //イ/  ヽ
  }        " _ -‐´ ∠_    /      \
  |           r´| |   / ̄_  ̄丶´       __>、
  l        /l | |  / ̄_ `丶′     / _ 、ニ-、
  ll>-‐ヽ   ト l | |   | ̄   `ヽ′      / /  \ヽ
  ハ_, -' \「 ヽl ! ! |    /      / /       ぃ
  l l_, '   丶 ヽ l l  l    /     ,/ /       ハ
.  l { /    ヽヒr、l  l   /     / /        / _',
   l! く __,、   / /ヽ_l__ /   / /ヽ        / ̄ `
.   l `ー1ヘ、_,/ / / Y ヽ、_/ _/  /        /
    |   l //_// ,/    ` <_   /            |
   l   l ー</ _/       `  /_         /


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 14:42:59.64 ID:iO9ubzUQ0


キョン「そうか…よしっ!さっそく買いに行くぞ、長門」

長門「コクリ…」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

―大型書店―


キョン「それで長門…おまえは何を買うつもりなんだ?」

長門「かりあげくん…」

キョン「えっ…?四コマ漫画のアレか?」

長門「そう…」

キョン「好きなんだ…」

長門「ユニーク」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 14:50:19.39 ID:iO9ubzUQ0


長門「あなたは…?」

キョン「俺は…『星の王子さま』を買うよ」

長門「???」

キョン「読んだことないか…?」

長門「コクリ…」

キョン「そうか、俺は一度読んだことあるんだが、
    とても素敵な話だぞ…まあ、読み終わったら貸してやるよ」

長門「約束…」

キョン「ああ、約束だ…」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 14:58:54.30 ID:iO9ubzUQ0


キョン「さてと…本も買ったし、これからどうする?」

長門「行きたいところがある…」

キョン「おっ、どこだ?」

長門「図書館……」

キョン「………」


長門「………ダメ?」

キョン「いや、構わんぞ……」




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 15:00:47.49 ID:iO9ubzUQ0


キョン「図書館はたしかこっちだったな…行くぞ」

長門「待って…」

キョン「んっ?どうした?」

長門「これは一応デートのはず…」

キョン「まぁ、そうだな…」

長門「なら手をつないで歩くべき」

キョン「!!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 15:11:44.98 ID:iO9ubzUQ0


キョン「手をつなぐとか〃それは…」

長門「……ごめんなさい…」

キョン「えっ?」

長門「あなたに不快な思いをさせた…忘れてほしい」

キョン「ちっ違うぞ!長門!俺はお前と手をつなぐのが嫌なわけじゃないんだ!」

長門「なら…どうして」

キョン「そっそれは…恥かしいから…だ〃〃」

長門「分かった…あなたとは離れて歩く…」

キョン「ええっ!?なんでそうなる?」

長門「あなたは私と歩くのが恥かしいと言った…」

キョン「いや、そうゆう意味の恥かしいでは…(なんでこうなるんだよ!)」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 15:18:41.72 ID:iO9ubzUQ0


キョン「………長門」

長門「なに…?」

キョン「俺は今、左手に本を入れた紙袋を持ってるよな」

長門「コクリ…」

キョン「だけど右手は何も持ってないよな…」

長門「それで…?」

キョン「それで俺の右手は何も持ってなくて暇なわけだ…
    悪いがこいつの相手をしてあげてくれないか?」

長門「???」

キョン「つまり、俺の右手を握ってくれってことだ〃〃〃」

長門「!!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 15:21:08.51 ID:iO9ubzUQ0

                                 ,..;:':::'´:::::::::::::::::::`ヽ::::,:':::'´::::`丶、
                                 /;´:::::;::::::;:::::'::::‐,:::::、;:::::_::::::::::::_::::::::ヽ.
                            /:'":;::';::'::/:/:/::::::::;:'::::::::::ヽ:::::::::`::::::::ヽ
                             /":/::/:/:/:/:/:;〃::::::;:::;':::;:'::::::ヽ::ヽ::::::ヽ:::::`::',
                         _,.='"/::/::/:/:/:/l/:::/ /::;:::/::/::/::::!:::::::l:::';:::i::::::ヽ::::::::',
                           ´  _/:;/::/:/7ナ'.t'::/Ll_/::/::/::/l ::::l::::::::l::::l:::l:::、:::ヽ:::i::l
                         7〃;ィ::.:l:/_,L_ l/  lイ:/l:/!::l l:::::l::::::::l::::l:::l::::l::::::::::l:::l
                         /' l::ハl.::::l ,r::ミヽ、、' l:l リ l:::ト、!:::l::::::l:l::::l:::l:::::l:::::::::l::::l
                           l/j/::;ll ヒ':: ::;ハ   ″  !:l  ヽll:::::l:l::::l:::l::::::l::::::::l;::::l
                              /:/::/l:l  `゙′      -_゙   ',:l:ト、/::/::ハ::::l:::::::llヽ:l
                            ' /j/l:::ハ            7ニミヽ、//:Y:イ:::::',:::',::l::ll:::ハ',
                         "_  ´ リ/ハ       '     マ::..:;ソヾ'::/:::::l::::::::〉:::l1:ll:/ ヾ、
                            ´    !_,.l:M〉、 ヽ _      `´'/::/:/ }:::::!:/::/:ト、:V/   分かった…
    ,. -‥  丶     _. -- -r,r,r---‐‐‐'"´/l/ ヽ.        _//::/:/イl::://::/イ/ヽヘ
 ,. '´   ,'     ヽ /_    ///        /' "′  ` ー‐‐ァフ´7'/,'/:/l::/ !/7ツ' /'′ ヾ
´     , /      }ヽ、 ヽ/ ///      /`丶、       /イ ,ィ:7/l/ l/ / ' /
  i_/ ,ノ      ノ  l ∧///      _/_         { / l  /  ! l   ′
 ̄`` フ'´      ィ   / /イ//   r'_´ ', ミ丶_,-  ‐-、 ソ   〉
    イ    ,-ニ'´ /   l / l l l    l ,ハ  ヽ、,〃 ハ、  /   l
   l/ ヽ,/   \/   /l   l l l  _ ー-′  V  l_\ X     l
   ゝイ    /      |  ,l l l ,r'´         ヽ  ! >'         l
    /   / フ    { /l l l/          l/          〉
    /    /イ      /V l l 〈  ヽ       /        / ク
.   /    /      /  `l l l `ヽ       /       /"/ ヽ
     /       l    l l l  入       /l     _ 彡 イ    /

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 15:25:49.24 ID:iO9ubzUQ0


 ―ジリリリ!!!―


キョンの妹「あっ電話だぁ〜!」

キョンの妹「もしもし〜どちらさまですか〜?」


ハルヒ「あっ妹ちゃん、キョンのやついる?」

キョンの妹「ハルヒお姉ちゃん♪あのね〜キョン君は
        おでかけしたよ〜デートなんだって♪」

ハルヒ「やっぱりね…妹ちゃん、分かったわ、どうもありがと」 ―ガチャ―


キョン「??変なお姉ちゃん〜」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 15:38:01.55 ID:iO9ubzUQ0


キョン「まあ、俺はそこで本を読んでるから、好きなだけ
    本を閲覧していていいぞ…」

長門「分かった…」 ―トコトコ―


キョン「(しかし初デートが図書館とはな…そもそもデートってこうゆうものなのか?
     普通は女の子を楽しませたりするもんじゃ…いや、図書館に来れて楽しんでるか)」

キョン「(あとはなんだ…?デートの〆にプレゼントを渡すとかか?しかし何をプレゼントするべきか
     ってか何を渡したらあいつは喜ぶんだろうか…)」


キョン「………」

???「となり、座ってもいいですか?」


キョン「ああっ、どう……長門!」


長門「ダメ…?」


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 15:46:20.24 ID:iO9ubzUQ0


キョン「ああっ構わんぞ……!…」

長門「……」パラ…パラ…

キョン「(長門の奴、「星の王子さま」を借りてきたのか…)」

長門「……なに?」

キョン「いや、なんでもない」

長門「そう…」パラ…パラ…


キョン「………うん」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 15:51:23.60 ID:iO9ubzUQ0

           /⌒ヽ、
          /     \
          /           \         すみませんでした・・・・!
.       /  ,.へ       \
    /  /   \       \       違和感があって…すみませんでした!
   /  /   U    \       \
  <.__/  _   V / , - 、       \    ぜんぶ俺のせいです!
.     !  // u   / { r-、ヽ      \
     l  //     U\ \r-、ヽ         \   許してください……!
.     l  { |  | // u v\.\,リ }         \
    |  )! l∠-‐    /  \ヽノ          /
    ー-"ァ'' ~〜u'   \  ヽ} ̄`~`''''ー─---/  よければこのまま続けさせてください…!
.      /  v   v  ,r'⌒ゝ、 ヽ        /
     r'  U -、O  ,ノヽ/ / 〉 ヽ    u  /
.      | v' ィ  ,ノヽ/ ./>'   l v     /    正月で暇なんです!お願いします!
      l  /∠、-ヘ/ ./>'     l     /
.       レ'   ` '´ />'   U    | U /
             >'  ,.ヘ  u  /  /     このとおりです…! お願いします!!
           O `ー-'   l v  /\ /
      ∧()()         |  /   /
   -=ニ  ニ=- 「ニニ¬    `ー'  〈
    /〉 |. | 〈ヽ | |  | | Ο O o    ヽ
    〈/ . |/ ヽl Lニニニ.」             ヽ


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 15:58:52.97 ID:iO9ubzUQ0


古泉「突然呼び出してどうされました?涼宮さん」

ハルヒ「大変よ、古泉くん!キョンの奴、やっぱり有希と一緒だったのよ!」

古泉「それで…?」

ハルヒ「それでって!?なに言ってるのよ、古泉くん!
     昨日は結局、やめるとか言ってたのに二人は今一緒にいるのよ!」

古泉「それでお二人のデートを邪魔すると?」

ハルヒ「えっ!?ちっ違うわよ…ただ二人の様子を見るだけよ」

古泉「いえ、同じことです」


古泉「涼宮さん…それはフェアとはいえませんよ」


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 16:07:05.73 ID:iO9ubzUQ0


古泉「涼宮さんが彼のことを好きなのは知ってます」

ハルヒ「!!」

古泉「そのために、あなたがやきもきしているのも
    痛いくらいに理解できるつもりです…しかし…」

古泉「今、涼宮さんは実行しようとしていることはフェアとはいえません」

ハルヒ「ならどうすればいいわけ!」

古泉「素直に彼をデートに誘うべきです」

ハルヒ「なっなんで私から誘わなきゃいけないのよ…バカキョンを」

古泉「それができないあなたに長門さんのデートを妨害する資格はありませんよ」


古泉「涼宮さん、長門さんはあなたと違って勇気を出したんです…」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 16:15:14.00 ID:iO9ubzUQ0


古泉「あなたは昨日…彼女の振り絞った勇気を踏みにじったんですよ?」

ハルヒ「あっ…!」

古泉「思い出しましたか?もしあなたが長門さんと同じ立場で同じことを
    されたらどう思います?」

ハルヒ「わたし…有希に…」


古泉「涼宮さん、今回は引きましょう…踏み出せなかったあなたに理由があります」

ハルヒ「そうね…」

古泉「そうです、後日改めて彼をデートに誘うべきです」

ハルヒ「うん、分かったわ!古泉くん…どうもありがとう!」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 16:21:23.99 ID:iO9ubzUQ0


長門「起きて……」 ―ユサユサ―

キョン「ZZZZ……んっ?」

長門「もう夕方になる」

キョン「あれっ?おれ寝てたのか…?」

長門「ごめん…」

キョン「なぜそこで謝る?」

長門「あなたを退屈させた…私が悪い…」

キョン「(やべっ!またやっちまった…)」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 16:31:21.36 ID:iO9ubzUQ0


キョン「むしろ謝るのは俺のほうだ、せっかくのデートなのに寝てしまって」

長門「あなたは悪くない…わたしのせい」

キョン「…………その本どうだった?」

長門「これ…?」

キョン「ああ、お前が書架から持ってきた『星の王子さま』、面白かったか?」

長門「すごく…」

キョン「また読みたいと思うか?」

長門「コクリ…」

キョン「おおっそうだ!せっかくのデートで退屈させたお詫びをしなければいけないな」

長門「??」


キョン「ほれっ、これプレゼントするよ…俺が買った『星の王子さま』」


長門「!!」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 16:44:21.50 ID:iO9ubzUQ0


長門「大切にする…」

キョン「ああ。さてと…それでは帰りますか」

長門「………」

キョン「んっ?どうした長門」

長門「なんでもない…帰ろう」

―ピピピピ―

キョン「おっ悪い、着信だ…」

キョンの妹「もしもし〜キョンくん?お腹すいたよ〜
        早くご飯作って〜!」

キョン「ああ、スマン、スマン。途中でお弁当でも買って帰るわ」

長門「両親は…?」

キョン「親戚の結婚式で今日はいない」



  さてと、行っちゃう?

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 16:50:44.81 ID:iO9ubzUQ0


長門「カレーでよければ作れる…」

キョン「えっ?」

長門「本を貰ったお礼がしたい…」

キョン「いいのか?家族の方に迷惑とか…ああ、いないんだったな…
     じゃあ、お願いしようかな」

長門「分かった」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 16:58:38.59 ID:iO9ubzUQ0


キョン「ただいま」

妹「キョンくんおかえりなさ〜い!あれっ?有希ちゃんだ♪」

長門「お邪魔します…」

キョン「カレーをご馳走してくれるらしいぞ、良かったな」

妹「うわぁ〜カレー!わたしカレー好き〜!」

長門「今日はニンジンをいれない」

妹「有希ちゃんも好き〜!」



「有希ちゃん」で呼び方合ってたっけ?

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 17:09:05.64 ID:iO9ubzUQ0


長門「完成した…」

キョン「ほう…なかなか美味そうだな。どれどれ…」

キョン「…………!!!」

長門「どう?」

キョン「(どうもこうもねっーつうの!なんだこのゲロ不味さは!
     これがカレーか!?カレーじゃねーだろ、この味は)」


妹「いっただきま〜す!パクパク………!!」


長門「どう…?」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 17:14:40.97 ID:iO9ubzUQ0


妹「……………」

キョン「おっ美味しいよな!長門の作ったカレー美味しいよな!なっ!」

妹「うっうん…とっても美味しい」

長門「よかった…」


長門「明日の分まで作ってある…もっと食べて」

キョン「(まじですかー!)」

妹「美味しすぎてお腹いっぱ〜い!キョン君にあげるね♪」

キョン「(こいつ!)」

長門「よければ私の分も…」 ―スッ―

キョン「ええっ!!」




180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 17:22:09.32 ID:iO9ubzUQ0


妹「ねぇ〜キョン君は有希ちゃんとお付き合いしているの?」

キョン「ブッ!!」

長門「!!」

妹「どうなの〜?キョンくん〜」

キョン「いや、付き合ってるわけではない」

長門「………」

妹「デートしたのに?」

キョン「確かにデートはしたが…だからといって恋人にはならないだろ」

妹「キョンくんは有希ちゃんのこと嫌いなの?」





213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 18:20:59.46 ID:B+HQcLMY0

キョン「き、嫌いじゃないが…」

長門「!!」

妹「え〜?じゃあ好きなんだ〜?」

長門「・・・・・・帰る。」

キョン「何!?もうちょっとゆっくりしていけよ!?」

長門「急用をおもいだした。」

バタン!

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 18:24:34.70 ID:B+HQcLMY0

長門(…彼の言葉を聞くのが怖い・・・・)

キョン宅

キョン「おいこらどうしてくれる」

妹「ちょっとからかっただけだよ…」

キョン「だからってやっていい事と悪いことがだな…」

妹「?」

キョン「・・・ふぅ。もういい寝る」

妹「ごめ…ごめんなさい・・・・・」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 18:31:31.62 ID:B+HQcLMY0

次の日

キョン「おわ!?寝過ごした!?」
キョン「妹めなぜ起こしてくれなかった…」

キョン「いい匂いがするな・・・しかし飯を食っている場合ではない!!」

いってきまああああす!!…

バタバタ…

キョン「お、谷口…?お前もか?wハァハァ」

谷口「おおキョン!?ハァハァ」

キョン「とにかく急ぐぞ!!」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 18:32:09.26 ID:B+HQcLMY0

場面変化が下手ですまん…文才がない…

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 18:40:35.11 ID:B+HQcLMY0

バンッ!!

キョン「何とか間に合ったな…」

ハルヒ「キョン!時間ギリギリよ!朝は余裕を持って行動するものだわ!」
ハルヒ「そんな事より!昨日有希と何してたの!?」

キョン「まあいろいろだ。」

ハルヒ「いろいろじゃわからないわよ!もっと具体的に話しなさい!」

キョン「へいへい。図書館いって俺んちで長門作のカレーを食っただけだよ。」

ハルヒ「・・・・・・。」

キョン「なんだよw」

ハルヒ「まあいいわ。そういえば昨日は古泉君に会ったのよ!」

キョン「そうかい」

ハルヒ「ブー。」

担任「じゃあHR始めるぞー。」



担任の名前忘れたorz

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 19:24:02.71 ID:B+HQcLMY0

放課後部室

ハルヒ「今日は久々に不思議探索の計画でもしましょう!!」

古泉「ニヤニヤ」

キョン「…おい、古泉!お前何かハルヒに言ったか?」

古泉「フフッ・・・いいえ。何もw」

キョン「あやしいな…」

ハルヒ「ちょっとそこの二人!私語は厳禁よ!」

みくる「あうあうあー」

長門「・・・・・・・。」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 19:32:55.21 ID:B+HQcLMY0

ハルヒ「・・・・ということで明日の日曜日は近くの公園にいくわよ!」

キョン「お前公園好きだよなー。(あの朝比奈さんに衝撃の告白をされたあの公園…)」

ハルヒ「じゃあ今日は少し早めに解散するわ!みくるちゃん!お弁当は私が作るからいいわよ。(さてお弁当の仕込み仕込み♪)」

長門「ちょっとあなたに用がある・・・」

キョン「ん?何だ長門」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 19:39:21.64 ID:B+HQcLMY0

長門「今日はコンピ研に行こうと考えている。もしよかったらあなたも・・・・と思って」

キョン「ああ。良いぞ」

長門「・・・・(よかったぁ・・・)」

ばたん。コンピ研部室。(部室でいいのか?)

キョン「おいおい誰もいないじゃないか。」

長門「実はあなたに話したい事がある。」



ハルヒEND・・・・・1
長門END・・・・・・2
池沼みくるEND・3
まさかの古泉END・・4

>>‎このレス番+5

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 19:41:55.87 ID:GRwF+j3i0

2

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/01(木) 19:57:12.51 ID:B+HQcLMY0

長門「私はあなたの事が好き。」
長門「本来私は感情を持たないインターフェースとして生まれた。」
長門「よって感情という事事態バグかも知れない。しかしこの何ヶ月間あなた・・・いえsos団と居たことで…

キョン「いいよ、長門」

長門「?」

キョン「長門、お前には人の感情を理解することは可能なのか?」

長門「・・・・・・。」フルフル

キョン「じゃあ長門。お前はやっぱり最高性能のアンドロイドだな。」

長門「?」

キョン「まだわからないか?実は俺もお前のことが好きなんだ」

長門「!?」

キョン「長門。愛してるぞ。」チュ

長門「・・・・・これがうれしいという感情・・・?」

キョン「実際感情なんて自分が思ってるほど理解できないものだ。だからそんなこと気にしなくていいんだぞ?」
キョン「ただ思うように生きていけばいいんだ。ただ、思うように。」

長門「・・・・わかった。」ギュ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サザエ「カツオ、留守番頼んでいいかしら」