ハルヒ「おまんこ侍ですって?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ばぶぅ…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 22:37:03.65 ID:RNqKv7Fm0

古泉「そうです。最近、噂が広まっている正義の味方です」

キョン「おいおい、正義の味方ってどういう事だ?」

長門「例えば、夜道を歩く一人の女性がいたとする」
   「彼女が暴漢に襲われた際、ただちに馬に乗って駆けつけ、暴漢を成敗する」

みくる「確か、出現する時に『おまんこ侍、見参!』と叫び」
   「悪い人をやっつけた後『峰打ちじゃ、命までは取らぬ』と言って」
   「去り際に『用心いたせよ』と女性に声をかけるんですよね。格好良いです!」

ハルヒ「おまんこ侍。……不思議の予感がしてきたわ!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 22:39:29.29 ID:RNqKv7Fm0

ハルヒ「あたしたちで捕まえましょう、おまんこ侍!」

キョン「正義の味方を捕まえるなよ」

古泉「しかし、一度は会ってみたいものです」

長門「サインが欲しい」

みくる「握手してほしいです」

キョン「みんなミーハーだなぁ」

みくる「だって、おまんこ侍ですよ! おまんこ侍!」

長門「おまんこ侍……どのような人間なのか。期待に胸が膨らむ」

古泉「人知れず善行を行う、おまんこ侍。素敵ですね」

ハルヒ「まあ、直接会って、話だけでも聞きたいわね! おまんこ侍!」

キョン「やれやれ。で、どうやって会うんだよ?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 22:43:18.53 ID:RNqKv7Fm0

ハルヒ「順当に考えれば囮作戦よね」

長門「朝比奈みくるが夜道を歩き、暴漢に襲われる」

古泉「そこに、おまんこ侍が!」

みくる「ふええ! もし、おまんこ侍が来てくれなかったらどうすればいいんですかぁ?」

長門「そこは心配ない」

ハルヒ「あたしたちが陰からひっそり見守ってるから!」

古泉「万一の時には警察に連絡しますよ」

みくる「分かりました! 囮作戦、頑張ります!」

ハルヒ「じゃあ、みんな! 今日の夜中に、駅前集合よ!」

一同「了解!」

キョン「……全く」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 22:49:15.13 ID:RNqKv7Fm0

― 夜中・駅前 ―

ハルヒ「みんな来たわね! ってキョンは?」

古泉「妹さんが熱を出したとかで……」

ハルヒ「はあ? そんな事でおまんこ侍に会うチャンスを棒にふる気!」
    「電話してやる!」

キョン『お前か……すまん、妹が49℃の高熱でな。いつ死ぬかも知れんのだ』

ハルヒ「ならしょうがないわね! ちゃんと看取ってあげなさいよ!」

キョン『殺すな。まだ生きてる。というか元気にさせるさ』

ハルヒ「ちっ……バカキョンは抜きで、おまんこ侍を誘き出すわよ!」

長門「了解」

みくる「この格好は恥ずかしいです」

ハルヒ「全裸の女の子が歩いてれば、悪い奴の一人や二人、釣れるわ! さあ、暗いほうに歩いた歩いた!」

みくる「が、頑張りますぅ〜」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 22:54:59.66 ID:RNqKv7Fm0

みくる「ううっ……寒いなあ」

暴漢A「ヒャッハー! 裸の女だぜぇ!」

暴漢B「これはチョメチョメされても文句は言えないなあ、おい!」

暴漢C〜Z「ヒャハハハ!」

みくる「ひいっ! お助けぇ!」

ハルヒ(ここまでは想定通り!)

長門(後は、おまんこ侍の来るのを待つだけ)

古泉(きっと来てくれますよ、おまんこ侍は)

 パカラッ パカラッ パカラッ ヒヒーン

おまんこ侍「おまんこ侍、見参!」

暴漢A〜Z「ゲェーーーッ! おまんこ侍だとぉ!」

 キィン ザクッ ドシュッ ズバァッ

おまんこ侍「峰打ちじゃ、命までは取らぬ」

みくる「あ、あの!」

おまんこ侍「朝比奈さん。……用心いたせよ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 22:59:20.22 ID:RNqKv7Fm0

みくる「待ってください!」

おまんこ侍「……何用か?」

みくる「何故、私の名前を?」

おまんこ侍「おまんこのあるところ、おまんこ侍有り。おまんこを持つ者の名を知るなど、造作も無い事」

 パカラッ パカラッ パカラッ

みくる「行っちゃった……」


ハルヒ「追いかけるわよ! みくるちゃん!」

みくる「おまんこ侍は馬です! 追いつけませんよ」

古泉「機関のタクシーを呼びました」

ハルヒ「頼りになるわ、古泉君!」

新川「お乗りください」

ハルヒ「あの、おまんこ侍を追って!」

新川「承知しました」

 ブロロロロローン

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 23:05:51.00 ID:RNqKv7Fm0

おまんこ侍「追って来るようだな……」

 ヒヒヒィーーン!

おまんこ侍「どうした、おめこ号!」

???「貴様がおまんこ侍か……」

おまんこ侍「何奴!? ええい、名を名乗れ!」

おちんぽ忍者「人呼んで、おちんぽ忍者……!」

おまんこ侍「おぬしが、あの!」

おちんぽ忍者「どちらが強いか、勝負!」


ハルヒ「車を止めて! おまんこ侍が戦ってる!」

古泉「あれは……おちんぽ忍者!」

みくる「おちんぽ忍者?」

長門「おちんぽ忍者……おまんこ侍と対をなす存在」
   「一般人に危害は加えないものの、腕の立つ者に勝負を挑む、迷惑なおちんぽ忍者」

ハルヒ「おまんこ侍……頑張って!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 23:10:39.67 ID:RNqKv7Fm0

 キィン キィン キィン

おまんこ侍「なかなかやりおる……!」

おちんぽ忍者「貴様もな」

おまんこ侍「さすれば全力を出さねばならぬな!」

おちんぽ忍者「面白い!」

おまんこ侍「おまんこ剣術奥義! 亞屁顔剣!」

 ザシュウ!

おちんぽ忍者「くっ……顔がアヘ顔に……しかし!」

おまんこ侍「浅かったか!」

おちんぽ忍者「おちんぽ忍法! 白粘りの術!」

 ドピュウ! ドロドロ……

おまんこ侍「ぬかった! 動けぬ!」

ハルヒ「待ちなさい! おちんぽ忍者!」

おちんぽ忍者「何!?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 23:15:15.78 ID:RNqKv7Fm0

ハルヒ「おまんこ侍の代わりに……あたしが相手よ!」

おちんぽ忍者「ふふ……ははは!」

ハルヒ「何がおかしいの!?」

おちんぽ忍者「おまんこでもおちんぽでもない、ただの女に興味は無いのでござる!」

ハルヒ「甘く見ないでよね……」

 ファサ

おちんぽ忍者「そ、それは!」

ハルヒ「おまんこがあれば、人は誰でもおまんこ侍なのよ!」

おちんぽ忍者「そのような屁理屈を……!」

長門「屁理屈では無い。おまんこ侍はここにもいる」

おちんぽ忍者「何と!?」

みくる「こ、ここにもです!」

おちんぽ忍者「ぬう!」

古泉「くっ……おまんこ! どこかにおまんこはないのか!? 僕一人、役立たずだ!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 23:22:38.10 ID:RNqKv7Fm0

おまんこ侍「下がっておれ……娘たちよ」

ハルヒ「おまんこ侍!?」

おまんこ侍「奴には、勝てぬ……おぬしらでは」

長門「やってみなければ分からない」

みくる「そ、そうです! おまんこ侍さんは休んでてください!」

おまんこ侍「たわけっ!」

一同「!」

おまんこ侍「これはおまんこ侍とおちんぽ忍者の、一対一の決闘ぞ?」
       「そこに割って入るとなど、言語道断!」

みくる「でも! おまんこ侍さんはネバネバで動けないじゃありませんか!」

おまんこ侍「ふむ……既に粘液は乾いておるよ。おぬしらが時間を稼いでくれたお陰だ」

ハルヒ「おまんこ侍……! みんな、おまんこ侍に任せましょう!」

みくる「で、でも!」

ハルヒ「分からないの!? おまんこ侍は……あたしたちの為に戦うんじゃないの!」
    「そう……自分の限界を乗り越えるために戦っているのよ!」

おまんこ侍「ふふ……なかなか良い目をしておる」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 23:35:53.66 ID:RNqKv7Fm0

古泉「うわああああ!」

 ザシュッ!

おまんこ侍「ぬうっ!」

ハルヒ「古泉君!? 何で全裸で、おまんこ侍に攻撃するの!?」

古泉「か、身体が……勝手に……」

おちんぽ忍者「ふふ……おちんぽ忍法! おちんぽ傀儡の術……!」

長門「あれは……周囲のおちんぽを自在に操る技……!」

ハルヒ「卑怯よ、おちんぽ忍者! 古泉君を操るなんて!」

おちんぽ忍者「忍者に卑怯は褒め言葉!」

みくる「そんな……!」

おまんこ侍「戦い方は違えど、全力で戦うのは当然の事! 傀儡もろとも切り捨ててくれるわ!」

 ザシュッ!

古泉「あ……あ……」

おまんこ侍「安心致せ、峰打ちじゃ」

ハルヒ「流石は、おまんこ侍ね……」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 23:41:57.20 ID:RNqKv7Fm0

おちんぽ忍者「ふん……傀儡はあくまで傀儡よ」
         「真の忍者は、戦う前から勝っておるのだ!」

おまんこ侍「何を言っておる?」

おちんぽ忍者「この少女に見覚えはあるかな?」

ハルヒ「あれは! 妹ちゃん!」

おまんこ侍「くっ……卑怯な!」

おちんぽ忍者「ここまできて卑怯とな? くつくつ、笑わしてくれる」

 ブヒヒヒィン!

おまんこ侍「おめこ号!?」

おちんぽ忍者「何? 馬が!?」

 ザシュ!

おまんこ侍「何と……この幼子を取り戻すために!」
       「おめこ号ーーーーっ!」

古泉「何という戦い……神人との戦闘とは比べ物にならない……!」

ハルヒ「おめこ号……あんた、格好良すぎるわよ……!」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 23:50:18.49 ID:RNqKv7Fm0

おちんぽ忍者「しかし、その幼子……毒を盛ってある事に気づいておるか?」

おまんこ侍「何!? ではこの幼子の49℃の高熱は!」

おちんぽ忍者「くつくつくつ! 我が毒薬の効果よ! 解毒したければ……」

おまんこ侍「おぬしを倒し、解毒剤を奪うのみ、か!」
       「はああああっ! おまんこ剣術奥義! 羅目絵剣!」

 ズシュッ!

おちんぽ忍者「くっ……らめぇ……!」

おまんこ侍「また浅かったか!」

おちんぽ忍者「おちんぽ忍法! 自慰見せつけの術!」

 シコシコシコシコ……!

おまんこ侍「ぬ……目が腐る!」

ハルヒ「おまんこ侍、よく見て! あれ、本物のおちんぽじゃないわ!」

おまんこ侍「何……? 張形とな!?」

おちんぽ忍者「しまった!」

 キィン! ザシュウウッ!

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/19(火) 23:59:10.16 ID:RNqKv7Fm0

おちんぽ忍者「くつくつ……まさか偽のおちんぽだとばれるとは、な……」

おまんこ侍「何ゆえ、このような事を?」

おちんぽ忍者「おちんぽを愛するがゆえに。それだけの事よ……」
         「さあ、とどめを刺すがいい……」

おまんこ侍「……とどめなど、刺さぬ」

おちんぽ忍者「! 貴様、愚弄するか!」

おまんこ侍「逆よ……おぬしがおちんぽを愛すると同様、拙者もおまんこを愛しておる」
       「精進せい。腕を上げたなら、また戦おうぞ!」

おちんぽ忍者「くっ……甘い、甘いぞおまんこ侍!」
         「……解毒剤は、この張形の中だ。幼子に飲ませれば、すぐに回復するだろう」

 ダッ タタタ……

ハルヒ「おまんこ侍! おちんぽ忍者を追わないの?」

おまんこ侍「これで良い……あやつも、人の心はあると分かった」

みくる「妹ちゃんに解毒剤を飲ませないと!」

古泉「僕が飲ませましょう。張形の扱いには慣れてますから」

妹「ハア……ハア……」ゴクリ
  「スゥ……スゥ……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/20(水) 00:07:06.49 ID:LrDT7gVe0

おまんこ侍「これで万事解決よな」

ハルヒ「おまんこ侍……あんた、一体、何者なの?」

おまんこ侍「おまんこを愛する、一人の人間……それでいいではないか」

 ブルルル……

おまんこ侍「おお! おめこ号! 生きておったか!」
       「歩けるようじゃな……では、いざさらば」

長門「おまんこ侍、是非、握手を」

みくる「わたしはサインがほしいです!」

おまんこ侍「いかん、いかん。拙者のような奇人に関わりを持っては、いかん」

古泉「おまんこ侍……また、会えるでしょうか?」

おまんこ侍「さあて、な。世に吹く風は、分からぬものよ。縁があれば、あいまみえん事も無し」

 パカラッ パカラッ パカラッ

ハルヒ「さようなら……おまんこ侍……」

古泉「嵐のようなお人でしたね」

みくる「……妹ちゃんをキョンくんの家に連れて行かないと」

長門「……そう」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/10/20(水) 00:18:44.78 ID:LrDT7gVe0

― 翌日・団室 ―

キョン「済まなかったな、昨日は」

ハルヒ「いいのよ。妹ちゃんの様子は?」

キョン「張形を口から離さないのを除けば、もう心配なさそうだ」

みくる「良かった……」

古泉「しかし、おちんぽ忍者は許せませんね。何の関係も無い妹さんを……!」

長門「おまんこ侍のお陰で助かった」

ハルヒ「キョン! おまんこ侍にお礼を言いなさいよ!」

キョン「ああ。……会えたら、な」

キョン(おちんぽ忍者……次に会うときは更に強くなってるだろうな……)


― 別の場所で ―

佐々木「全く忌々しい……おまんこ侍め……」

橘「どうしたのですか?」

佐々木「いや。何でもないよ。何でもね……くつくつ……」
                                        ― 劇終 ―

34 名前:南部十四朗 ◆pTqMLhEhmY [] 投稿日:2010/10/20(水) 00:19:43.59 ID:LrDT7gVe0

 ふう、精神的に気持ち良かったです。
 ジューヌ・ヴェルヌの「月世界へ行く」を読んでいて急に書きたくなりました。
 古典ジュブナイルは面白いですね。
 今回は少し小脳を使って書いたので眠いです。
 どうもありがとうございました。おやすみなさい。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「光彦が存在しない世界だと!?」