長門「今日はクリスマス」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:次元「ルパン・・・・・ルパン・・・・・」シコシコシコシコシコ

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 12:24:36.03 ID:ADum1oqq0

長門「今日はクリスマス」

キョン「そうだな、実に忌々しい日だ」

長門「何故?」

キョン「考えたら分かるだろ」

長門「この星の人間はこの日を楽しみにしているはず」

キョン「例外が居るんだよ、例外が」

長門「何故?」

キョン「何故って、そりゃあ一緒にいる女の子が居ないからだよ!」

長門「私がいる、問題ない」

キョン「……えっ?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 12:29:45.55 ID:ADum1oqq0

キョン「す、すまん、説明不足だった。一緒に居るだけじゃ駄目なんだ」

長門「何故?」

キョン「好きな人同士じゃないといけないんだ、分かるか?」

長門「私はあなたに好意を感じている、あなたは?」

キョン「お、俺も長門は好きだけど……」

長門「なら問題ない」

キョン「そ、そうだな問題ないよな!ハハハ」

長門「抱きしめて」

キョン「……えっ!?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 12:34:40.59 ID:ADum1oqq0

長門「お互いに好意を感じている、抱きついても良い」

キョン「そ、そうだな!」

長門「はやく」

キョン「お、おう」

ギュッ

長門「暖かい」

キョン「…そうだな」

ガチャ

ハルヒ「ごめーんお待たせ!ってあれ?」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 12:39:35.51 ID:ADum1oqq0

ハルヒ「な、なにしてんの?キョン…有希?」

キョン(し、しまった!、急いで離れないと)

グイグイ

キョン(な、長門が離れてくれない!)

ハルヒ「あ、あんた達、え、え、あれ?」

キョン「は、ハルヒ!じ、実はな……」

長門「お互いの愛を確認し合っていただけ、問題ない」

キョン「な、なに言ってんだ!?」

ハルヒ「キョ、キョンの馬鹿ぁ!」

ダダダ

キョン「出て行ってしまった……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 12:43:44.16 ID:ADum1oqq0

キョン「ど、どうすんだ!長門!」

長門「長門ではない、ゆきりん」

キョン「お、お前またエラーが……」

長門「お前ではない、ゆきりん」

長門「それに、これはエラーではない」

キョン「エラーじゃないのか?」

長門「私の本当の気持ち、私の感情、ずっといえなかった」

キョン「そ、そうなのか?長門?」

長門「長門でない、ゆきりん」

キョン「そ、そうだな、ゆきりん」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 12:46:44.83 ID:ADum1oqq0

キョン「ところでゆきりん?」

長門「何?」

キョン「抱き合ったままなんだけど…」

長門「問題ない」

キョン「問題ないわけないだろ!」

長門「問題ない」

キョン「……問題ないのか」

プルルルル

キョン「で、電話だ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 12:50:40.16 ID:ADum1oqq0

キョン「ゆきりん!抱き合うのは終わりにしよう」

長門「何故?」

キョン「電話に出ないといけないからだ」

長門「私はずっとこうしていたい、駄目?」

キョン「いや、いいんだ。ずっとこうしていよう」

長門「嬉しい」

キョン(多分電話は古泉だろう、ハルヒのことは任せたぞ)



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 12:54:48.22 ID:ADum1oqq0

ガチャ

みくる「すみませーん、遅れてしまいましたぁ」

みくる「ってあれ!?キョン君に長門さん!何やってるんですか」

キョン「実は、長門に……」

長門「ゆきりん!」

キョン「そうだったな、ゆきりんに…」

十分後

みくる「キョン君!今すぐ涼宮さんに謝りに行って来て下さい」

キョン「ですよね」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:01:09.17 ID:ADum1oqq0

キョン「でも、ゆきりんが」

みくる「長門さんのことはいいから」

キョン「わ、分かりました、すまん長門!」

長門「ゆきりん」

キョン「そうだったな、ゆきりん」

タッタッタ

みくる「さて、長門さん!なんて事してくれたんですか!」

長門「……」

みくる「このままでは、世界が、未来が終わってしまいます」

長門「……」

みくる「未来が、未来が変わってしまう!」

長門「……問題ない」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:06:49.57 ID:ADum1oqq0

みくる「問題ない訳ないですよ!未来が変わってしまったら……」

長門「あなた達の未来など関係ない」

みくる「な、何を!?」

長門「私は、私が思うことをする、未来からの干渉など関係ない」

長門「それが、彼に教えてもらったこと」

長門「あなたも分かっているはず、朝日奈みくる」

みくる「く、人形の癖に生意気な、こうなったら強行手段です」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:14:41.63 ID:ADum1oqq0

その頃

キョン「ハルヒ、ここに居たのか」

ハルヒ「何よ、馬鹿キョン、はやく有希のところに行けば?」

キョン「あれは、お前の誤解だって」

ハルヒ「誤解?なにが誤解よ」

キョン「あれは、映画の演技の練習だったんだよ!」

ハルヒ「そ、そんなことある訳……」

キョン「今年の映画はゆきり…長門がメインなんだろ」

ハルヒ「そ、そうだけど」

キョン「長門が緊張してたから、練習してあげてたんだよ」

ハルヒ「ほ、本当に?」

キョン「あぁ、本当だとも」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:20:05.77 ID:ADum1oqq0

ハルヒ「そ、そうよね!そんな事ある訳ないもの」

キョン「そうだろ?」

ハルヒ「なぁーだ、ビックリして損しちゃった」

キョン「そうだよな、さぁ部室に戻ろうぜ」

ハルヒ「もちろん!、早く行くわよ」

ハルヒ「それと、あんたは罰として今日、付き合ってもらうから!」

キョン「はいはい、分かったよ」

キョン(案外、騙されやすいなコイツ……)



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:25:27.21 ID:ADum1oqq0

部室

ハルヒ「ただいま!あれ、みくるちゃんと古泉君は?」

長門「朝比奈みくるは帰った、古泉一樹はまだ来ていない」

キョン(あ、朝比奈さんは帰ったのか…?)

ハルヒ「そう、じゃあ今日は解散よ、じゃあね」

キョン「こ、古泉はどうすんだ?」

ハルヒ「古泉君は、ほっといても大丈夫でしょ」

キョン「そ、そうだな」

その頃

閉鎖空間

古泉「ふぅ、やっと閉鎖空間が消滅した」

古泉「さて、いそいで部室にいかないと……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:30:32.94 ID:ADum1oqq0

キョン「さて、解散して家に帰ったのはいいが……」

キョン「ハルヒの機嫌取りに、長門も気になるなぁ」


キョン「ん、メールが来た」

新着メール2件

キョン「ハルヒと長門からか」

ハルヒ 今すぐ駅前に集合して
長門  家に来て、今すぐ

キョン「ど、どっちにしようか?」

>>40までで多数決にしよう

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 13:31:45.88 ID:QVk7hvJqO

長門の家に決まっているだろう。
ハルビンの所には谷口君でも送っといてください。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:31:54.57 ID:XDtPTJnAO

ハルヒ

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:32:05.92 ID:4bd1PcFp0

ハルヒ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:32:16.03 ID:o+Y39cSr0

どっちも行かない

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 13:32:22.23 ID:I3QnNe8q0

みくる

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 13:32:35.54 ID:sHOgO/ml0

はるひ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 13:32:49.16 ID:qT09Sfh6O

長門

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 13:33:32.47 ID:mYFFE7/B0

ハルヒ

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:33:36.03 ID:zVmpMKux0

長門

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:34:59.58 ID:ADum1oqq0

ハルヒだな
変なのが混じってるのが気になるな

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:40:22.39 ID:ADum1oqq0

駅前
時刻は7時を過ぎている

ハルヒ「遅い、罰金!」

キョン「だろうな、すまん」

ハルヒ「じゃ、じゃあいくわよ」

キョン「ど、何処に?」

ハルヒ「場所なんかどこでもいいの!いくわよ馬鹿キョン」

キョン「はいはい」

ハルヒ「はい、は一回よ解った?」

キョン「はいはい」

ハルヒ「一回って言ってるでしょ!聞いてる?」

キョン「わかったわかった」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:46:58.24 ID:ADum1oqq0

キョン「で、なんでジュエリーショップに来てるんだ?」

ハルヒ「…当然でしょ!団長を騙したのよ」

ハルヒ「これなんかいいわね」

キョン「ご、5ケタだぞ」

キョン「こりゃ大変な罰金だな」

ハルヒ「これで済んだだけありがたく思いなさい!」

キョン「あぁ、そうだな」














52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:50:55.12 ID:ADum1oqq0

ハルヒ「じゃあ今日は解散ね!また明日会いましょう!」

タッタッタ

キョン(結局、飯もおごってしまった)

キョン「もう11時だ、長門怒ってるかなぁ」

ハルヒ(やった、キョンからのプレゼント!大事にしないと)

その頃

長門の家

長門「……遅い」

部室

古泉「お待たせしました、古泉ですって誰も居ない!!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:56:28.15 ID:ADum1oqq0

キョン「一応、長門の家にもいかないと」

キョン「あと、一時間で今日が終わっちまう」

キョン「待っててくれよ、長門!」

その頃

長門「遅い、まさかあのサノバビッチに無理やり連れて行かれて…」

長門「彼が心配、あのサノバビッチめ」

長門「急がないと…」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 13:58:27.66 ID:ADum1oqq0

サノバビッチはオトコにむかって使う言葉です
ゆきりんは間違えてしまっています

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:03:23.53 ID:ADum1oqq0

キョン「やっと、着いた」

ピンポーン

キョン「長門、俺だ」

キョン「遅れてすまなかった」

キョン「頼む、あけてくれ長門!」

キョン「い、居ないのか?」

朝倉「長門さんは涼宮ハルヒの所に行ったわよ」

キョン「あ、朝倉ぁ!?」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:10:17.31 ID:ADum1oqq0

朝倉「長門さん、ずっと待ってたわよ。あなたの事」

キョン「そ、それは、すまない事をしてしまった」

朝倉「ふふ、今頃涼宮ハルヒはどうなってるかしらね?」

キョン「ハ、ハルヒが、な、長門を止めないと!」

朝倉「ふぅ、あなたは中途半端なのよ、そりゃ長門さんも怒るわよ」

キョン「中途半端?どういう意味だ?」

朝倉「だ か ら 、あなたは、長門さんと涼宮ハルヒどっちが好きなの?」

キョン「お、俺は、どっちなんだ?」

朝倉「今すぐ、ここで、決めなさい」

キョン「お、俺はどっちが好きなんだ?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 14:11:01.68 ID:sHOgO/ml0

長門

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:11:14.28 ID:MwjDCD9I0

朝倉

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 14:11:36.60 ID:wdNYYmVy0

森園生さん

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:12:03.02 ID:HMuzUsDLO

ゆきりん♪

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:12:11.59 ID:dDKpGs2B0

朝倉

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:12:11.97 ID:o+Y39cSr0

朝倉

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 14:12:21.30 ID:DIt9bScL0

自分で考えろおぉぉ

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:12:32.92 ID:ldsSoZpOO

長門さん

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 14:13:30.41 ID:kvF1o4inO

キョンの妹

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:14:08.34 ID:/gkqo8YI0

古泉

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 14:14:22.81 ID:nDDZGCZe0

ながと

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:18:58.33 ID:ADum1oqq0

キョン「俺は、俺は、ハルヒなんかどうでも良かったんだ」

朝倉「そ、そうなの?」

キョン「妹が好きなんだ」

朝倉「し、シスコン?」

キョン「古泉も好きだし」

朝倉「ほ、ホモ?」

キョン「森園生さんも好きだ」

朝倉「だ、誰?」

キョン「お前も結構好きだったんだ!」

朝倉「え、本当に!?」ドキドキ

キョン「でも、でも、ゆきりんが一番だぁ!!」

朝倉「……そうよね、やっぱり」ガーン

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:25:13.70 ID:ADum1oqq0

朝倉「それを聞いて安心したわ」ホントハショックダケド

朝倉「今のあなたなら、長門さんを幸せに出来るはず」ワタシモアナタノコトガ

朝倉「私がつれてってあげる、長門さんのとこまで」スキダッタ

キョン「そ、そんな事出来るのか?」

朝倉「あったりまえでしょ!さ、時間がない」

キョン「あれ、お前なんで泣いてんだ?」

朝倉「本当、鈍感だわ。いくわよ」

朝倉「高速詠唱中」

キョン「う、うわ―――!」

フゥン

朝倉「長門さん、私の分まで幸せにね」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:31:52.06 ID:ADum1oqq0

そのちょっと前

ハルヒの家

ハルヒ「ふふ、キョンにプレゼント貰った」

ハルヒ「だって今日はクリスマスだもん」

ハルヒ「ふふ、嬉しいなぁ」

ゆきりん「そこまで、サノバビッチ!」

ハルヒ「ゆ、有希?なんでここに?」

ゆきりん「あなたは彼に無理やりそのアクセサリーを買わせた」

ハルヒ「そ、そうよ。罰だもん」

ゆきりん「サノバビッチめ、許さない」

サノバビッチ「な、なによ、いいじゃない別に、有希には関係ないわ」

ゆきりん「さよなら」

キョン「ちょ、ちょっとまったぁ!!」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:40:33.10 ID:ADum1oqq0

ハルヒ「キョン!なんでここに?」

キョン「あぁちょっと眉毛の太い友人にな」

ハルヒ「い、イミわかんない?」

長門「それより、何故ここに?」

キョン「あぁそうだな、長門。お前に謝らなければならない」

長門「ゆきりん」

キョン「そ、そうだったな、ゆきりん」

キョン「ハルヒが悪いんじゃないんだ、全部俺の責任なんだよ」

長門「嘘」

キョン「嘘じゃない、俺が中途半端だったんだ、俺やっとわかったんだ」

長門「何を」

キョン「俺は、ゆきりんを、世界で一番、愛してるって事に!!」


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:50:26.27 ID:ADum1oqq0

ハルヒ「え、どういうこと?」

キョン「お前はアウトオブ眼中だ」

ハルヒ「ひ、ひどい、うわあああーん」

キョン「ゆきりん、ごめんな本当に」

長門「別にいい」

キョン「許してくれるのか?」

長門「当たり前」

キョン「ゆきりん」

長門「キョン君」

キョン「はは、ゆきりん。初めて俺のニックネームを言ってくれたな」

長門「嫌?」

キョン「俺はこの馬鹿馬鹿しいニックネームは嫌いだった、でも」

キョン「ゆきりんに言われたとき、俺はこのニックネームが好きになったよ」

長門「そう、嬉しい」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 14:54:29.37 ID:ADum1oqq0

キョン「…ゆきりん」

長門「…キョン君」

キョン「愛してる」

長門「私も」

キョン「心臓の高鳴りがとまらない」

長門「私も、こんなの初めて……」

俺達は、時間と、ハルヒを忘れて熱烈なキスをし合っていた

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 15:01:58.94 ID:ADum1oqq0

その帰り道

キョン「じゃあなゆきりん?」

長門「うん、またねキョン君」

タッタッタ

キョン「さて、俺も帰るか」

キョン「そろそろ出てきてもいいんじゃないか?」

キョン「古泉!」

古泉「おや、ばれていましたか、流石です」

キョン「用件は?」

古泉「聞かなくても解るでしょう?涼宮さんの事ですよ」

キョン「やっぱりな」



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 15:09:00.77 ID:ADum1oqq0

古泉「ずばり、あなたと長門さんの仲を機関はあまり良く思っていないんですよ」

キョン「そんな事、俺の勝手だ」

古泉「世界が崩壊しては、長門さんと会う事も出来なくなりますよ」

キョン「くっ!」

古泉「今なら、間に合いますよ」

キョン「いや、もう間に合わないだろう」

古泉「なぁに簡単なことです、過去に戻ればいい」

キョン「ま、まさか!?」

古泉「そう、未来人の協力を得たのです」

みくる「キョン君、お願いです。私達の言うとおり従ってください!」


106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 15:17:37.03 ID:ADum1oqq0

キョン「俺は、あなた達に従うつもりはない」

みくる「そ、そんなどうして?」

キョン「もう自分に嘘つくことは出来ない、ゆきりんの為にもな」

キョン「それが、ゆきりんに教えてもらったことだ!」

みくる「こ、小賢しい!こうなったら強行手段だぁ!」

ドス

みくる「あ、あ…れ…?」

古泉「大丈夫、気絶させただけです」

キョン「古泉!なんで?」

古泉「言ったじゃないですか、僕は一回だけ機関を裏切ってもあなた達に味方するとね」

キョン「古泉…」

古泉「さぁあなたは早く帰ってください」

古泉「僕は、アルバイトがあるんで」

キョン「ありがとな、古泉」


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 15:25:41.50 ID:ADum1oqq0

古泉「さて、これで僕も裏切り者ですか…」

森「裏切り者はどうなるか知ってるか?」

古泉「も、森さん」

新川「もちろん、死あるのみ」

古泉「わかってますよ、それを覚悟でやったんですからね」

森「残念だ古泉、お前なら解ると思ったんだがな」

新川「さらばだ、古泉」

古泉(僕は、正しいことをしたんですよね?)

あたりに銃声が響いた

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 15:34:37.65 ID:ADum1oqq0

森「さて、新川」

新川「わかっています」

森「涼宮ハルヒをどうにかしないと」

新川「このままでは、世界は……」

森「閉鎖空間の発生を止めないと」

みくる(大)「私に任せてもらえますか?」

新川「あ、貴方は…」

みくる(大)「この私は役立たずですね、本当に」

森「だから、貴方が助っ人に?」

みくる(大)「ええ、さぁ世界をどうにかしないといけないわ」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 15:39:49.74 ID:ADum1oqq0

みくる(大)「やっぱり世界を救うには、彼の力が必要です」

新川「そうですか、やはり」

森「この出来事は貴方達の既定事項ですか?」

みくる(大)「違いますよ、これは緊急事態です」

新川「さぁそろそろ彼を追いかけますか?」

みくる(大)「その必要はありません、私には策があります」

森「ほぅ、それは助かるな」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 15:48:02.72 ID:ADum1oqq0

その頃、長門宅

ピンポーン

黄緑「長門さん、用があるんですけど?」

長門「何」

黄緑「言わなくてもわかるでしょ、貴方の処分が決まってるわ」

長門「……」

黄緑「貴方にはわかってるはずよ、このままでは世界は終わってしまうことを」

長門「……」

黄緑「このままでは、彼に被害が及んでしまう、それでもいいの?」


長門「よくない」

黄緑「でしょ、なら私の話を聞いてほしいの」



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 15:53:10.80 ID:ADum1oqq0

黄緑「貴方が、情報操作して彼の貴方に関する情報を抹消すればいいんです」

長門「そ、それは…」

黄緑「そうすれば彼は助かるんですよ、貴方だってそうよ」

長門「でも…」

黄緑「長門さん、貴方が彼を思うのならそうするべきですよ」

長門「……」

黄緑「彼が涼宮さんに謝ってくれたらいいんです、長門さん?」

長門「……」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 15:59:32.49 ID:ADum1oqq0

翌日

キョン「よ、ハルヒ」

ハルヒ「何よ、馬鹿キョン!」

キョン「昨日はほんとに悪かった」

ハルヒ「わかってるわ、もう耳にたこが出来るわ」

キョン「あぁ、ありがとな」

ハルヒ「それより、今日は昨日の分までデートしてもらうわよ」

キョン「解ったよ、しょーがねえな」

ハルヒ「じゃあ放課後ね!」

キョン「ああ」

終わり

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 16:48:20.66 ID:ADum1oqq0

長門「わかった、彼の私に対する記憶を抹消する」

黄緑「流石、長門さんね」

ガタッ

朝倉「長門さん、やめて!」

長門「朝倉涼子……」

朝倉「貴方は、本当はそんな事したくないんでしょ?」

朝倉「自分の気持ちに嘘をついちゃ駄目よ!」

朝倉「こんな、ワカメの話なんか…」

黄緑「わ、ワカメ?」

朝倉「貴方は私の分まで幸せになってもらわないと困るの!」


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 16:53:00.73 ID:ADum1oqq0

長門「わかった、朝倉涼子、感謝する」

朝倉「うん、いいの。さぁ早く行って」

長門「わかった」

タッタッタ

黄緑「チィ、眉毛!余計な事しやがって、まぁいいです」

朝倉「ま、眉毛!」

黄緑「貴方は、私より性能は低いの、貴方なんかへっちゃらよ」

朝倉「それはどうかしら」

朝倉「恋する乙女は強いのよ!」

朝倉(まぁ振られちゃったんだけどね)

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:00:07.23 ID:ADum1oqq0

その頃

みくる(大)「チッあのワカメ失敗したか」

森「その策は失敗したって事?」

みくる(大)「やっぱり人形なんかに任せちゃ駄目みたい」

みくる(大)「私がなんとかしないと……」

森「私達はそろそろ神人狩りにいきますが」

新川「よろしいですかな、お嬢さん?」

みくる(大)「いいわよ、別に。貴方達は役立たずだもの」

森(こ、このアマァ!!)

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:03:09.63 ID:ADum1oqq0

キョン「帰っていいとは、言われたけれど」

キョン「やっぱり気になっちゃうよな」

キョン「ハルヒのところに行くか、それとも、ゆきりんか」

キョン「どっちだ!」

>>170までで多数決

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 17:04:38.30 ID:SdLt2zDaO

ゆっきりんりん

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 17:07:23.21 ID:blZOmJ7+O

古泉の死を無駄にしない と言うわけでゆきりんで

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:07:36.58 ID:1XiirYsm0

ハルヒに同情の一票

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:07:39.64 ID:JJSWr8pLO

ゆきりん

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:08:27.36 ID:Z0JUqk4DO

ゆきりんだろjk

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:09:58.15 ID:ldsSoZpOO

ゆきりん

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:10:48.22 ID:o+Y39cSr0

眉毛格好良過ぎw

ゆきりん

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:11:16.15 ID:HMuzUsDLO

長門さん ガンバ

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/25(木) 17:15:38.39 ID:C4sSl1KR0

ここは朝比奈(大)


164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:15:48.97 ID:ADum1oqq0

これはもうゆきりんでいいのか?

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:24:08.02 ID:ADum1oqq0

キョン「もちろん、ゆきりんだろ!」

キョン「無事でいてくれよゆきりん!」

タッタッタ

その頃

黄緑「もう降参したら?眉毛さん」

朝倉「ま、まだよ!このワカメ」

黄緑「まぁ降参しても殺すつもりでしたけど」

朝倉「い、いくわよ!」

黄緑「しつこい眉毛だこと」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:27:37.91 ID:ADum1oqq0

朝倉「か、体が、う、動かない!な、なんで?」

黄緑「ここは、私の制御空間ですよ」

黄緑「私の空間だから、なんでも出来るんですよ」

朝倉「く、くそぉ!」

黄緑「じゃあお別れですね!ワカメブレード!」

スパァン


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:34:46.50 ID:ADum1oqq0

黄緑「終わりました」

朝倉「ハハハ、貴方はやっぱり昔の私と一緒ね」

黄緑「ど、どういうこと?」

朝倉「この空間を自分のものにしただけでいい気なって気づかない」

黄緑「何を、ま、まさか?」

朝倉「この空間に破壊分子を仕組んでいたの、最初からね」

黄緑「い、いつ?」

朝倉「もちろん、最初にね」

朝倉「これは長門さんの技だけどね」

黄緑「く、くそ」

朝倉「さよなら、馬鹿ワカメ!」


174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:38:52.40 ID:ADum1oqq0

黄緑「あ、体が、き、消えていく…」

黄緑「あなたのせいで、この世界も終焉を迎えるわ」

黄緑「く、未来人、ミッション失敗でs」

朝倉「完全に消滅したわ」

朝倉「や、やったよ、キョン君!わたしがんばったよキョン君!」



朝倉「ところで私、そんなに眉毛かしら?」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/25(木) 17:42:06.71 ID:ADum1oqq0

キョン「はぁはぁ、疲れた」

キョン「でも、ゆきりん、待ってろよ」

タッタッタ

みくる(大)「ちょっと待ってくださいキョン君!」

キョン「あ、朝比奈さん?」


ところで、すまん落ち

明日まで保守してくれ

すまん、頼む

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 09:03:30.03 ID:ojqWq67D0

前スレ落ちてたんで新しいスレ建てた
前スレhttp://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1230175476/

前回の終わりから

キョン「はぁはぁ、疲れた」

キョン「でも、ゆきりん、待ってろよ」

タッタッタ

みくる(大)「ちょっと待ってくださいキョン君!」

キョン「あ、朝比奈さん?」

みくる(大)「お願いがあるんです、とっても重要な」

キョン「お、お願い?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 09:12:42.89 ID:ojqWq67D0

みくる(大)「貴方は、涼宮さんに選ばれた鍵なんです」

キョン「そりゃあ前にも聞きましたが」

みくる(大)「ならなんで涼宮さんじゃなくて長門さんを選んだの?」

キョン「それは、俺が決めることです」

キョン「俺はハルヒを選ばなかった、それだけの話ですよ」

みくる(大)「貴方に選択権はないの、涼宮さんの意思は絶対ですから」

キョン「……俺の人生です、俺が決めるんだ」

みくる(大)「く、これだから過去の人間は馬鹿だから困るわ」

キョン「それが本音ですか」

みくる(大)「こうなったら強行手段です」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 09:20:38.26 ID:ojqWq67D0

みくる(大)「それでは、この洗脳光線銃で」

キョン「ぬわ、そんな物騒なものを!」

みくる(大)「未来のためです、操り人形になってね」

キョン「く、まずいなこれは…」

みくる(大)「じゃあね、馬鹿な人間!」

キョン「万事休す!」

ドガァ!!

朝倉「キョン君!助けに来たよ!」

キョン「あ、朝倉!?」

みくる(大)「お、おのれ!人形がぁ!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 09:31:12.60 ID:ojqWq67D0

朝倉「キョン君!もう大丈夫よ」

キョン「あぁ、頼もしいな朝倉は…」

朝倉「うふ、そうかな?」

みくる(大)「なんで、私の言うことが聞けないの?」

みくる(大)「私達の未来を壊さないで、キョン君」

キョン「そいつは、野暮な話だ」

朝倉「ふふ、何故なら、私達の未来は」

キョン「俺達が築いていくんだからな!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 09:35:40.82 ID:ojqWq67D0

みくる(大)「こ、この眉毛!」

朝倉「また私のことを眉毛っていう奴が!」

キョン「でも、お前の眉毛のインパクト凄いぞ」

朝倉「ガーン、キョン君までそんな事…」

キョン「それが、お前のチャームポイントだろ?」

朝倉「そうよね、眉毛が私のアイデンティティーなのよね」

みくる(大)「それは、流石にないわ……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 09:41:55.99 ID:ojqWq67D0

朝倉「この牛女を始末すればいいのね?」

キョン「俺にはわからん、お前に任せる」

朝倉「じゃあ消去するね」

みくる(大)「ふん、この私に向かって偉そうな口を利くのは」

みくる(大)「私に勝ってからにしなさい!行くわよ!」

朝倉「馬鹿な女ね、人間が私達インターフェースにかなう筈がないもの」

キョン「そりゃそうだな」

朝倉「えい」

ドス

みくる(大)「う、畜生!」

ドサッ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 09:47:12.90 ID:ojqWq67D0

キョン「これで、やっと邪魔者は消えたな」

朝倉「ええ、はやく長門さんの所に」

キョン「ああ、いこう」

朝倉「うん」

タッタッタ

その頃

森「やはり、未来人は役に立たなかったか」

新川「まったく口だけが達者でしたな」

森「私達がどうにかしないとな」

新川「……やるしかないのか」

森「……世界が終わるぐらいならやる方がよいと思うが」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 09:52:22.19 ID:ojqWq67D0

長門「キョン君、キョン君」

タッタッタ

長門「あれは」

長門「……涼宮ハルヒ」

ハルヒ「えへ、えへ、こんな世界壊れちゃえ!」

ハルヒ「ゲへへ、ヒャッハー!!」

ハルヒ「あはははは、イヒヒヒヒヒ!!」

タッタッタ

長門「……」

長門「まずい」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 10:00:31.62 ID:ojqWq67D0

ハルヒ「えへ、えへへへへ」

森「涼宮さん」

ハルヒ「なによ、あんた誰よ!」

新川「ただの通りすがりです」

ハルヒ「気安く話しかけないで、私を誰だと思っているの?」

森「……神ですね」

ハルヒ「あんたバカァ?」

新川「いえ、これは真剣に言っているのです」

森「貴方はこの世界の創世者」

新川「いわば、神」

ハルヒ「……本当?」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 10:10:46.96 ID:ojqWq67D0

新川「……証拠を見せてあげましょうか?」

ハルヒ「ぜひ、見せてほしいわね」

新川「貴方が何か願望を持ってみてください」

森「目の前に誰かが現れる、など何でもいいですよ」

ハルヒ(あんたが見せるんじゃないの?)

ハルヒ「わかったわ」

……

ドテーン

鶴屋「い、いたいにょろ〜、此処はいずこ?」

森「ほぅ、鶴屋さんですか」

新川(本当はこの人を巻き込んではいけないのですが……)

ハルヒ「す、凄いわ!本当に、私が思ったことが!」

鶴屋「…?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 10:15:19.72 ID:ojqWq67D0

ハルヒ「もっと面白いことしてみようかしら!」

森「?」

鶴屋「え、何?どういうk…」

ドサ

ハルヒ「やった!思ったとおり死んだわ!」

新川(まずい、攻撃的な欲求に快感を感じている…)

森「そこで貴方にお願いがあるのです」

ハルヒ「なによ」

森「実は…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 10:54:24.95 ID:ojqWq67D0

その頃

朝倉「あ、あれは…」

キョン「ゆきりん!」

長門「キョン君、朝倉涼子」

朝倉「なーにいってんの!これからは眉毛って呼んでね」

長門「…眉毛」

朝倉「うれしいわ!流石長門さん」

長門「……」

キョン「やっとあえたなゆきりん」

長門「キョン君」

朝倉「あら、お邪魔虫みたいだしその場を去っておくわ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 10:59:03.30 ID:ojqWq67D0

キョン「長門、大丈夫だったか?」

長門「朝倉涼子のおかげで無事」

キョン「俺も朝倉に助けてもらったぜ、昔とは大違いだな」

長門「彼女は成長した、私も成長した、あなたのおかげ」

キョン「俺もゆきりんや朝倉のおかげで気づいたんだ!」

長門「まって、来る」

キョン「な、なにが?」

ドゴーン!!

キョン「あ、あれは神人!なんでこの世界に!?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 11:04:07.01 ID:ojqWq67D0

神人「グォォォォォォ!!」

ダオッガーン!!

キョン「こ、これは!?」

長門「閉鎖空間と現実世界が重なってしまった」

朝倉「これはちょっとピンチかも?」

キョン「ハルヒが、ハルヒがやったのか?」

長門「涼宮ハルヒしか出来ない」

朝倉「ついに世界は終焉を迎えるの?」

キョン「やろう(野郎)」

朝倉「涼宮さんを探すわよ!」

長門「勿論」

キョン「……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 11:09:46.47 ID:ojqWq67D0

森「いくらなんでも、話が違いますよ、涼宮さん」

新川「私どもは、世界を作り直してほしいのです」

ハルヒ「うるさいわねえ!ぶっ壊せばいいの、こんなの」

森「こうなったら」

新川「実力行使ですか」

森「いくぞ、新川」

新川「此処はもう閉鎖空間ですからね、メラゾーマ!!」

森「くらえ!イオナズン!!」

ドッガー――――ン!!

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 12:45:43.83 ID:ojqWq67D0

森「やったか?」

ハルヒ「神にそんなの通用するわけないでしょ!」

新川「無傷…か」

ハルヒ「やっちゃいなさい化け物!」

神人「グワザザッザザア!!」

ドゴーン!

新川「ぐ…しくじりました、なぁ…」

森「新川!大丈夫か」

新川「もう…世界は……終わりですか…な」バタッ

森「よくも、新川を!」

ハルヒ「どうするつもり?あのジジイの敵討ちでもするの?」

森「くらえ!メラガイア!」

ドッガーーーーーーン!!

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 12:48:21.94 ID:ojqWq67D0

ハルヒ「や、やるわね!今のは効いたわ」

ハルヒ「でも、これで終わりよ」

ハルヒ「えい、アルテマ!」

森「なんて大きさ!これが禁呪」

ジドーン!

ハルヒ「さぁ、あの馬鹿女も死んだわね」

ハルヒ「復讐よ、馬鹿キョン!早く来なさい!!」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 12:52:08.12 ID:ojqWq67D0

キョン「こ、此処は?」

ハルヒ「此処は私の世界よ!私があんたを呼んだのよ」

キョン「ご丁寧にゆきりんと朝倉もか」

長門「涼宮ハルヒ、貴方を消す」

朝倉「情報統合思念体のプライドをかけてね」

キョン「なんだか解らんが、ハルヒ!いくぞ」

ハルヒ「やっちゃえ!化け物!」

神人「ウワァァ!!」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 12:55:33.43 ID:ojqWq67D0

朝倉「長門さん」

長門「眉毛」

朝倉「連携よ」

長門「そう」

キョン「なんだぁ解らんがやれ!」

朝倉「眉毛ビーム!!」

長門「ゆきりんビーム!!」

キョン「ネーミングセンスが…」

ドゴオオオン!!

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/26(金) 14:57:35.52 ID:ojqWq67D0

キョン「やったのか?」

朝倉「まだよ、あとちょっと!」

ハルヒ「イヒヒ!ジャジャーン、ロンギヌス!」

長門「まずい」

ハルヒ「食らえ!」

ヒューン

朝倉「任せてATフィールドなら……」

長門「駄目!」

ブシュ

朝倉「あ、あれ…?お、おか…しいな…?」

ドサ

キョン「あ、朝倉ぁ!!」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門、俺はハルヒのことが好きなのかもしれない」