キョン「……やるしかないのか」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「なんだこれは?どういうことだ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 15:35:50.70 ID:xgbnv6hz0

学校

国木田「キョン!助けてくれ!!」

キョン「おいおい、どうしたんだ?」

国木田「谷口が、谷口が……」

谷口「やっと追い詰めたぞ!国木田!」

谷口「ほう、キョンも一緒か…」

キョン「谷口!なんでお前、木刀なんか…」

シュ

キョン「うわ、危ねぇ!」

谷口「ち、避けたか」

キョン「谷口!何やってんだ!!」

谷口「はは、俺の任務はお前らの抹殺なんだからだよ!」

キョン「……抹殺?」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 15:42:01.35 ID:xgbnv6hz0

キョン「お前、何言ってんだ?」

谷口「へへ、お前が知る必要は、ねぇんだよ!!」

キョン「また、木刀を…」

バキ

キョン「ぐわぁ!!」

国木田「キョン!」

谷口「へへ、もう終わりか!キョン!」

キョン「……くッ、どうやら本気みたいだな」

谷口「当たり前だろ、任務の失敗は許されないからな」

キョン「任務?」

谷口「へ、また口が滑っちまったな…」

キョン「…どうやら教える気は無いみたいだな」

谷口「どうせ、お前はここで死ぬんだ!知る必要はねぇよ!」

キョン「……やるしかないのか」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 15:49:56.89 ID:xgbnv6hz0

谷口「オラァ!コレでも喰らいなぁ!」

国木田「キョン!危ない!」

キョン「くっ!」

スッ

国木田「また避けた!」

谷口「ちょこまかとぉ!!」

シュシュシュ

谷口「くっ、なかなか素早い動きだな…」

キョン「はは、お世辞はいらんよ」

谷口「ふざけやがってぇ!!」

パァン

キョン「ね、猫騙しぃ!?」

谷口「もらったぁ!!」

バシ


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 15:54:52.20 ID:xgbnv6hz0

谷口「な、何ぃ……!!」

国木田「こ、これは……」

キョン「……白刃取り」

谷口「ち、畜生!木刀から手を離せ!!」

キョン「悪いが、離す訳にはいかないな…」

キョン「国木田!今の内になにか武器になる物を!」

国木田「わかった!待っててキョン、すぐ見つけてくるから!」

タッタッタ

谷口「チィ、一匹逃げやがったか!」

キョン「なぁに、すぐ戻ってくるさ」

谷口「は、そんなことより…」

谷口「足元がお留守だぜ!!」

キョン「!?」

バキィ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 16:03:20.69 ID:xgbnv6hz0

キョン「ぐ、ぐわぁ……」

谷口「オラァ、最初の威勢はどうしたぁ!」

バキッ、バキィ

キョン「ぐ、ぐあ…」バタッ

谷口「なんだ、もう終わりか?」

キョン「く、武器があれば…」

谷口「そんな泣き言、死んでから言え!」

シュ

キョン「此処までか…」

国木田「待て!!」

谷口「なんだぁ…?」

キョン「国木田!」

国木田「はぁ、もって来たよ!キョン!」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 16:07:31.91 ID:xgbnv6hz0

谷口「WAWAWA、わざわざ死ぬ為に戻ってきたとはな…」

キョン「いいのか、よそ見して?」

谷口「しまった」

バキィ!

谷口「ぐ、ぐわぁ!」

キョン「今の内に武器を!」

国木田「うん!」

キョン「こ、これは……」

キョン「ハンガー?しかもSOS団の物だ…」

国木田「こ、こんな物しか見つからなかったんだよ!」

キョン「無いよかマシだな…」

国木田「これ、役に立つかなぁ?」

キョン「擬似トンファーだな……」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 16:15:29.49 ID:xgbnv6hz0

キョン「いくぞ、谷口!」

谷口「畜生、よくもやってくれたな…」

谷口「ってWAWAWA!ハンガーなんかで戦うつもりか!?」

キョン「ふん、トンファーがわりに使うんだよ」

谷口「トンファー?そんなマイナーな武器で刀に勝てるかな!」

シュ

キョン「甘い!」

キン

谷口「く、弾かれ…」

キョン「トンファーは二つあるんだぜ」

キョン「…二連打!!」

バキ、ボキ

谷口「な、馬鹿な……ハンガーなんかに…」ドサ

キョン「ふん、トンファーは打撃武器の中でもトップクラスなんだよ」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 16:26:18.06 ID:xgbnv6hz0

キョン「さぁ、教えてもらおうか、なんで俺を襲った?」

谷口「涼宮に、命令されたんだ…」

キョン「ハルヒに!?」

谷口「ああ、アイツは気に入らない人間を抹殺し始めたんだ…」

キョン「まさか…本当なのか?」

谷口「阪中が殺されたんだ、俺の目の前で…」

キョン「!」

谷口「俺もアイツに脅されてたんだ、本当だ!」

キョン「あぁ、俺はお前の話を信じるよ…」

谷口「こ、これからどうするんだ?」

キョン「ハルヒを止めないと…」

谷口「なら、俺も連れてってくれ、頼む!」

キョン「ああ、もちろんだ。歓迎する」

谷口が仲間に加わった

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 16:32:21.74 ID:xgbnv6hz0

その頃

ハルヒ「……やっぱりあのアホは役に立たなかったみたいね」

古泉「僕が行きましょうか?」

ハルヒ「ううん、古泉くんはもっと上のランクなんだから、駄目よ」

古泉「……そうですか」

ハルヒ「大丈夫、ちゃんと刺客は用意してあるわ」

ハルヒ「岡部!あんたの出番よ」

岡部「…わかりました」

ハルヒ「あの馬鹿と裏切り者を抹殺してきなさい!」

岡部「おおせのままに」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 16:38:38.49 ID:xgbnv6hz0

教室

キョン「で、ハルヒは何処に居るんだ?」

国木田「僕がハンガーを取りに行ったときは部室には居なかったよ?」

キョン「そうみたいだな…」

谷口「俺も解らないんだ、突然目の前に現れて……」

キョン「……そうか」

ガラガラ

岡部「お、お前ら、何やってるんだ?」

キョン「先生…」

谷口「はは、岡部先生なら安心だな」

国木田「そうだね、僕達の担任だからね」

岡部「ははは、その油断が……死を招くんだよ!!」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 16:45:00.43 ID:xgbnv6hz0

岡部「ははは、このハンドボール剛速球を喰らいなぁ!!」

シュパーン

国木田「ぐへぇ!!」ドサ

キョン「く、国木田ぁ!」

谷口「ぼ、ボールに当たっただけだぞ!」

岡部「残念ながら、このハンドボールの中身は鉛なんだ」

キョン「鉛をあの速さで……」

谷口「WAWAWA,なんて奴だ!」

岡部「がはは、ハンドボールで鍛えたこの肩の強さ!」

岡部「俺は鉛の玉でも170キロは出せるぞ!」

キョン「ば、化け物…」

岡部「ぐはは、此処が貴様の死に場所だぁ!」

シュパーン、シュパーン!


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 16:53:51.17 ID:xgbnv6hz0

谷口「あ、あぶねぇ!!」

岡部「ほう、谷口。よく避けたなぁ」

岡部「なら今度は3発同時だ」

谷口「うるせぇ、先手必勝だ!」

シュ、バキ!

谷口「よし、命中!」

岡部「がっはは、痛くも痒くもないな…」

谷口「WAWAWA…」

キョン「なら、俺のトンファーも喰らえ!!」

キョン「……二連打!」

バキ、ベキ

キョン「やったか…?」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 16:55:44.59 ID:xgbnv6hz0

岡部「は、はは、今のは効いたなぁ!」

キョン「なっ…!」

岡部「でも、この至近距離では俺の攻撃を避けられないなぁ!」

キョン「攻撃を喰らったのは、わざとか…」

谷口「し、しまった!」

岡部「オラァ!2球同時、火の玉アタック!!」

シュパパパーン!、ドッゴーン!


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 17:05:13.98 ID:xgbnv6hz0

キョン「ぐ、ぐぇぇ!」

谷口「グハァァ!!」

岡部「どうした、もう終わりか?ウォーミングアップのつもりだったんだけどなぁ?」

キョン「く、まだ負ける訳には…」

谷口「……いかねぇな!」

岡部「はっはっは、それでこそ我が教え子だな」

キョン「岡部教授、何故貴方は…」

岡部「なぜ、抹殺者なのか、だろ?」

キョン「……」

岡部「ははは、殺すのが楽しいからに決まっているだろうが!」

キョン「俺は、先生を尊敬していたのに…」

岡部「残念だったな、担任がただの変態だったとはな…」

キョン「俺はアンタを倒す、今のアンタは昔とは別人みたいだからな」

岡部「早くお前を抹殺したいなぁ、ゾクゾクするなぁ…」

谷口「おい、教室がどんどん燃えていくぞ!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 17:10:16.35 ID:xgbnv6hz0

キョン「さっきの火の玉の炎が引火して…」

谷口「早めにケリをつけないと炎に飲まれちまうぞ!」

岡部「文字通りサドンデスだな」

谷口「瞬殺してやるぜ!」

谷口「いくぞ、キョン!コンビネーション攻撃だ!」

キョン「おう!」

岡部「ははは、何をしようと俺には勝てんぞ!」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 17:20:48.32 ID:xgbnv6hz0

谷口「木刀に火をつけて…」

谷口「これを投げれば!」

キョン「それが当たればいくら岡部でも…」

岡部「無駄だ、そんな物ハンドボールで相殺してやるわ」

キョン「!」

ベキ

岡部「い、痛!俺の肩に…」

キョン「俺のハンガー投げだ!」

キョン「今だ、投げろ!谷口!」

谷口「おう!」

谷口「これが、コンビネーション!」

キョン「アタックだ!」

バシュウ!

ドッガァァン

岡部「ぐ、ぐわぁぁぁぁぁ!!!!!」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 17:33:30.78 ID:xgbnv6hz0

岡部「なんて言うと思ったか!!」

バキ

キョン「た、叩き落としたぁ!?」

岡部「残念だったなぁ、俺の反射速度は半端じゃねえんだよ」

キョン「いいえ、成功しました、予想通りですよ」

岡部「予想通り?馬鹿か貴様は!お前達は武器を失ったんだぞ!」

キョン「俺たちの狙いは貴方ではなく、先生の足場だったんですよ」

岡部「足場?」

メラメラ

岡部「くっ、炎が…」

キョン「俺たちは先生の足場を火の海にしたかったんです」

谷口「それでは、俺たちは退散しますよ」

岡部「待て、逃げるなぁ!」

キョン「俺たちより、自分の心配をしたらどうです?」

岡部「何?って、ぐわぁぁ、熱いぃ!!!」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 17:40:09.01 ID:xgbnv6hz0

キョン「さよなら、先生」

谷口「あばよ!」

岡部「ま、待てぇ!」

岡部「ぐ、駄目だ、熱い…」バタ

岡部「俺は……死ぬのか……」ガク

廊下

キョン「教室が完全に炎に包まれたな」

谷口「もう岡部は逃げられないな…」

キョン「まさか、先生も敵になるとは」

谷口「……つらいな」

キョン「……そうだな」

谷口「ところで、国木田は?」

キョン「……教室に置いてきちゃった」

国木田、死亡

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 17:52:10.01 ID:xgbnv6hz0

中庭

キョン「これが国木田の墓だ」

谷口「ただの石ころだけど、我慢してくれ、国木田」

キョン「それより、このままじゃ校舎が火の海に…」

谷口「あれ、火が消えてるぞ」

ピンポンパンポーン

ハルヒ「校舎の火は消してあげました」

キョン「ハルヒか…?」

谷口「どうやって?」

ハルヒ「どうやって?って思ってるでしょ!」

キョン「何だコイツ、サトリか?」

ハルヒ「まぁ、代わりに新たな刺客をそっちに送ったからね、じゃあ」プツン

谷口「新たな…」

キョン「……刺客」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/14(水) 17:57:17.41 ID:xgbnv6hz0

次回に続く、続くったら続く



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「全裸のみくるちゃんのタンポンの紐に肉を結んでオーストラリ