ハルヒ「親戚の結婚式にいってくるわ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:タラオ「安価で当たったキャラをレ○プするデース」

ツイート

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:05:41.21 ID:/KCPQ9XN0

ハルヒ「親戚が結婚するの」
キョン「へぇ、おめでたいな」
ハルヒ「でしょ」

ハルヒ「だから結婚式行ってくるわ」
キョン「あぁ、粗相のないようにな」
ハルヒ「なによそれ」
キョン「いつもみたいにいらんことばっかするなってこと」
ハルヒ「ちょっと! なによそれ、まるであたしが常識ないみたいに!」
キョン「え? あるのか?」
ハルヒ「うるさい!」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:09:27.16 ID:/KCPQ9XN0

ハルヒ「そんなわけで、日曜はSOS団の集まりもなし」
キョン「集まるつもりだったのか……先に言え」

ハルヒ「で」
キョン「あ?」
ハルヒ「日曜日」
キョン「なんだよ」
ハルヒ「暇?」
キョン「暇」
ハルヒ「じゃあ丁度いいわね」
キョン「……よくないぞ、俺は行かない」
ハルヒ「バカね。連れて行くわけないでしょ」
キョン「お前な」
ハルヒ「迎えに来なさい」
キョン「……はっ?」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:12:08.25 ID:/KCPQ9XN0

ハルヒ「あたしの家族はそのまま二次会に行くわ」
キョン「そうだろうな。お前も行けよ」

ハルヒ「行かない」
キョン「なんでだよ」
ハルヒ「あぁいうの、好きじゃないのよ」
キョン「あのなぁ、そういうのは思ってても」
ハルヒ「結婚式はいいわよ? ただ、その後は最悪。飲んで騒いで」
キョン「好きだろ、そういうの」
ハルヒ「嫌いじゃないけど、知らない人ばっかりなのよ」
キョン「親交を深めて来い」
ハルヒ「……逢いたくない人が居るの」
キョン「?」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:15:06.61 ID:/KCPQ9XN0

ハルヒ「あたしのいとこなんだけどね」
キョン「あぁ」

ハルヒ「どーもあたしのこと、好きみたいなの」
キョン「物好きだな」
ガッ!
キョン「痛ぇ!」
ハルヒ「そういう集まりでいっつも近づいてきて、くだらない話ばっかりしてくるの」
キョン「無視してりゃいいじゃないか」
ハルヒ「できたらしてるわよ。だけどしつこくてしつこくて」
キョン「お前みたいだな。さすが従兄妹」
ガンッ!
キョン「痛いって!」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:18:43.76 ID:/KCPQ9XN0

ハルヒ「だから、あたしは予定があるって言って抜け出したいの」
キョン「で、俺の登場と」
ハルヒ「わかってるじゃないの」

キョン「普通に抜けてくりゃいいじゃないか」
ハルヒ「誰かが待ってないと抜け出せないわ。そんな祝いの席」
キョン「俺じゃなくても」
ハルヒ「あんたぐらいしか暇人思いつかないわ」
キョン「酷いことをさらっと……」
ハルヒ「いいじゃない」
キョン「条件がある」
ハルヒ「認めないわ」
キョン「いいから聞け」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:22:18.09 ID:/KCPQ9XN0

キョン「結婚式ってことはだ、花嫁さんだ」
ハルヒ「そうね」

キョン「結婚する人って、可愛いか?」
ハルヒ「あたしの親戚よ?」
キョン「……まあいい。可愛いんだな」
ハルヒ「うん」
キョン「写真。ウェディングドレス着た写真をくれ」
ハルヒ「……変態」
キョン「なっ、バカにすんな。あぁいうのはだな、男の憧れなんだ」
ハルヒ「女の子の憧れに決まってるじゃない!」
キョン「いや、見るのがだぞ?」
ハルヒ「……あ、そっか。着るのを夢みてるのかと」
キョン「ふざけんな」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:31:35.94 ID:/KCPQ9XN0

ハルヒ「じゃあなに、花嫁さんの写真を撮ってこいって?」
キョン「おぅ」
ハルヒ「……無理じゃないけど……」

キョン「デジカメなら貸すぞ」
ハルヒ「うーん」
キョン「なんだよ」
ハルヒ「動機がねぇ……あたし、ちょっとひいちゃったかも」
キョン「いいよ別に。じゃあ行かないし」
ハルヒ「……わかったわよ」
キョン「よし」
ハルヒ「じゃあよろしくね。日曜に○○で」
キョン「あいよ」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:36:38.81 ID:/KCPQ9XN0

キョン「……遅いなハルヒ」

キョン「……あ、出てきた」
ハルヒ「…」
キョン「こっちだ、こっち」チョイチョイ
ハルヒ「……!」
キョン「…」

ハルヒ「おまたせ」
キョン「おう」
ハルヒ「……歩いてきたの?」
キョン「自転車で来ればよかったか?」
ハルヒ「まあいいわ。行きましょ」
キョン「あ、おい。誰か手振ってるぞ」
ハルヒ「いいから! ほら行くわよ」
キョン「っと、待てよ」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:39:39.80 ID:/KCPQ9XN0

ハルヒ「…」テクテク
キョン「どうだった? 結婚式」

ハルヒ「ん……よかったわよ」
キョン「そうか」
ハルヒ「花嫁さんも綺麗だったし」
キョン「うん」
ハルヒ「料理も……ん」クラッ
キョン「! どうした、大丈夫か?」ガシッ
ハルヒ「……大丈夫。ちょっとお酒飲んじゃった」
キョン「お前な」
ハルヒ「どっか座れる所、ない? ……フラフラする」
キョン「え? あ、ちょっと待てよ」
ハルヒ「…」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:41:23.29 ID:/KCPQ9XN0

キョン「ほら、水」
ハルヒ「大丈夫だってば」
キョン「いいから飲んどけ。顔、赤いぞ?」

キョン「まったく」
ハルヒ「なによ」
キョン「飲むなよ」
ハルヒ「そんなこと言われても」
キョン「大体、お前飲めるほうなのか?」
ハルヒ「……違うみたいね」
キョン「ほらみろ」
ハルヒ「仕方ないでしょ。飲めって言うから」
キョン「?」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:44:32.26 ID:/KCPQ9XN0

ハルヒ「ちょっとだけ、二次会参加したの」
キョン「そうなのか?」
ハルヒ「断るタイミングがつかめなかったのよ」

ハルヒ「でさ、あの……さっき手振ってた男、居たでしょ?」
キョン「あれが従兄妹か」
ハルヒ「えっ? なんでわかったの?」
キョン「お前が極端に嫌そうな顔してたから」
ハルヒ「……あいつに飲まされたの」
キョン「酷いやつだな」
ハルヒ「でしょ? 誰があんなやつなんか」
キョン「……ふらふらするか?」
ハルヒ「うん……だいぶ楽になってきた。ありがと」
キョン「ん」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:48:34.70 ID:/KCPQ9XN0

キョン「大人っぽいな。今日のハルヒ」
ハルヒ「なに口説いてるのよ」
キョン「ふざけろ」

キョン「俺さぁ、結婚式なんか行った事ないよ」
ハルヒ「あたしも初めてだったわね」
キョン「よかったじゃん」
ハルヒ「もうしばらくはいいわね。疲れる」
キョン「酷いことを……まあ、そうぽんぽん皆結婚しないだろ」
ハルヒ「若い親戚が多いのよね」
キョン「そうなのか」
ハルヒ「その中にあたしも」
キョン「お前も結婚するのか」
ハルヒ「しないわよ!」
キョン「そんだけ元気ありゃ大丈夫だな。もう水いらないか?」
ハルヒ「……もうちょっと、ちょーだい」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:52:31.14 ID:/KCPQ9XN0

ハルヒ「寒いわね。上着、貸しなさいよ」
キョン「俺だって寒い」
ハルヒ「いいじゃない」
キョン「……ったく」

ハルヒ「はー……」
キョン「そんなに疲れたのか」
ハルヒ「ううん。そういうため息じゃないわ」
キョン「?」
ハルヒ「……あたしだって、女の子なの」
キョン「知らなかった」
ハルヒ「うるさいわね……ちょっと、憧れちゃった」
キョン「結婚式?」
ハルヒ「うん。やっぱりさ、綺麗で……幸せそうだった」
キョン「そうだろうな。今までの人生の中で、一番幸せな日だっただろうよ」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 04:57:04.65 ID:/KCPQ9XN0

ハルヒ「あたしもさ、結婚式するのかな?」
キョン「さぁな。未来の旦那さんと、自分に聞け」
ハルヒ「…」

ハルヒ「写真、撮ってきたわよ」
キョン「あぁ、そんなの頼んでたな」
ハルヒ「え? これが目的じゃなかったの?」
キョン「酔っ払ってるお前みてると、こっちの方が面白いからさ」
ハルヒ「酔ってないわよ!」
キョン「皆そう言う」
ハルヒ「ほんとだってば。ほら、よっと」ピョン
キョン「……そんだけ動けりゃ、それもそうか」
ハルヒ「ねぇ、ちょっと歩きましょ」
キョン「ん」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 13:56:34.26 ID:FiluR2ao0

ハルヒ「……キョンはさ」
キョン「なんだよ」

ハルヒ「結婚式って、したい?」
キョン「どうだろうな」
ハルヒ「わからないの?」
キョン「その前の問題だ。結婚できるかどうか」
ハルヒ「……それもそうね。あんたに聞いたのがバカだったわ」
キョン「失礼だな。そういうハルヒはどうなんだよ」
ハルヒ「あたしはその気になれば、相手なんて幾らでもいるもん」
キョン「あぁそうですか」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 13:59:37.98 ID:FiluR2ao0

ハルヒ「好きな人とか、いないの?」
キョン「いないな」

ハルヒ「なによ即答?」
キョン「悪いかよ」
ハルヒ「気になる人とか」
キョン「うーん……朝比奈さん」
ハルヒ「本気?」
キョン「悪いのかよ」
ハルヒ「……別に」
キョン「だって、可愛いじゃないか」
ハルヒ「わかってるわよ」
キョン「お前はどうなんだよ」
ハルヒ「なにが?」
キョン「だから、好きな人」
ハルヒ「…」

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:02:11.53 ID:FiluR2ao0

ハルヒ「気になる?」
キョン「別に。言いたくないならいいよ」
ハルヒ「聞きなさいよ」

ハルヒ「……いるわよ」
キョン「そうか。なんか意外だ」
ハルヒ「失礼ね」
キョン「だってほら、お前ってそういうの興味ないかと」
ハルヒ「ないわよ。ただ……一緒に……傍に居てほしいなって人は、いる」
キョン「だからそれは、好きってことじゃないのか?」
ハルヒ「わからないわ。だって、ただほんとにそれだけだもん」
キョン「……そういうもんだよ。好きってのは」
ハルヒ「そうかな?」
キョン「うん」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:05:09.28 ID:FiluR2ao0

ハルヒ「キョンはみくるちゃんのこと、どういうふうに好きなの?」
キョン「どういうふうって言われてもな……んー」
ハルヒ「答えてよ」
キョン「まあ待てって」

キョン「……どうだろう……可愛いとは、思うよ」
ハルヒ「それだけ?」
キョン「小さくて、守ってやりたいなぁってさ」
ハルヒ「…」
キョン「……でもそんなもんか」
ハルヒ「?」
キョン「本気で好きなのか? って聞かれると、そうじゃないかもしれないな」
ハルヒ「……そっか」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:08:13.84 ID:FiluR2ao0

ハルヒ「写真、見せてあげる」
キョン「おぅ。見せてくれ」

ハルヒ「座って」
キョン「?」
ハルヒ「よっと」
キョン「……近い」
ハルヒ「寒いの。黙ってて」
キョン「…」
ハルヒ「ほら」
キョン「おぉ、綺麗だな」
ハルヒ「でしょ? ほかにもね……」
キョン「いっぱい撮ってきたんだな」
ハルヒ「見たかったんでしょ?」
キョン「まぁ」
ハルヒ「なんか言うことあるでしょ」
キョン「サンキュ」
ハルヒ「よしよし」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:11:29.44 ID:FiluR2ao0

ハルヒ「ちょっと手ブレしてるわね」
キョン「素人だしな、仕方ないさ」
ハルヒ「……キスしてた。ほら」
キョン「そりゃするだろ……うん」

ハルヒ「でも、人前でキスなんてね」
キョン「しかしまあ、儀式だからな」
ハルヒ「キョンって、キスしたことある?」
キョン「……もちろん」
ハルヒ「嘘だ」
キョン「嘘じゃねーよ」
ハルヒ「いつ?」
キョン「そこまで教える必要はないな」
ハルヒ「ほら嘘」
キョン「なっ、じゃあお前はどうなんだよ」
ハルヒ「ないわよ?」
キョン「……そ、そうか」
ハルヒ「よかったわね。キョン、あたしより大人よ?」
キョン「そうだな」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:16:28.05 ID:FiluR2ao0

ハルヒ「あとね、衝撃の事実」
キョン「なに」
ハルヒ「花嫁さんのぽんぽん」
キョン「は?」

ハルヒ「お腹にね……赤ちゃん、いるんだって」
キョン「……わからないな」
ハルヒ「そうよね? あたしも聞くまで気がつかなかった」
キョン「できちゃった婚ってやつか」
ハルヒ「どうなのかしらね? 結婚するって決めてから赤ちゃんできたらしいから」
キョン「違うのか?」
ハルヒ「わかんない」
キョン「そうだな。俺もよくわかんないや」
ハルヒ「……子供」
キョン「なんだよ」
ハルヒ「したことある?」
キョン「なにを?」
ハルヒ「子供作るって言えば一つしかないじゃない? なんなら教えてあげよっか?」
キョン「お前な」
ハルヒ「で、あるの? ないの?」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:25:10.57 ID:FiluR2ao0

キョン「ないよ」
ハルヒ「そう。あたしはあるわよ?」
キョン「え? や、嘘つけ」

ハルヒ「嘘じゃないわよ」
キョン「だって、キスもしたことないって言ったじゃないか」
ハルヒ「キスしなくたってできるわよ」
キョン「…」
ハルヒ「いまどきの女子高生、そのぐらい普通よ」
キョン「そ、そうか……うん」
ハルヒ「……ふふっ……なーに焦ってんのよ! 嘘に決まってるじゃない!」
キョン「なっ、あ、焦ってなんか」
ハルヒ「なんにも。なーんにもしたことない。恋人同士がするようなことはね?」
キョン「…」
ハルヒ「安心した?」
キョン「なんで俺が」
ハルヒ「したくせに」
キョン「してねーよ。どーでもいい」
ハルヒ「酷いわね」
キョン「…」

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:28:08.89 ID:FiluR2ao0

キョン「旦那さんも、カッコいいな」
ハルヒ「でしょ」
キョン「なんかいいなぁ。絵になる」
ハルヒ「そうね」

キョン「……これは?」
ハルヒ「あ、残ってたのその写真」
キョン「さっきの人だな」
ハルヒ「消して」
キョン「いいじゃないか。思い出だろ」
ハルヒ「撮りたくて撮ったわけじゃないわよ。消してよ」
キョン「……わかったよ」ピッ
ハルヒ「一緒に写真撮ろうって言うからさ」
キョン「本当に好かれてるんだな」
ハルヒ「いい迷惑だけどね」
キョン「まあ……お前がそう言うんなら、そうかもな」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:33:02.22 ID:FiluR2ao0

キョン「そろそろ帰るぞ」
ハルヒ「まだいいわよ。もうちょっとウロウロしましょうよ」
キョン「疲れた」
ハルヒ「いいから、我慢しなさい」

ハルヒ「……なんかさ」
キョン「なに?」
ハルヒ「ちょっとだけぶっちゃけた話、しちゃったわね」
キョン「そうか?」
ハルヒ「うん。キスしたとかしてないとか……そういうの言ったの、あんたが初めて」
キョン「聞いてよかったのか?」
ハルヒ「別にいいじゃない」
キョン「まあ……そうだな」
ハルヒ「それにそういう話って、結構皆すると思うわ。若いんだし」
キョン「するな。言われるし、聞かされる」
ハルヒ「でしょ?」
キョン「だけどなんだ……お前と話すのはちょっと、思ってなかったかも」
ハルヒ「そうね。あたしもそう」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:36:23.59 ID:FiluR2ao0

ハルヒ「くだらないわ。そういう話」
キョン「…」

ハルヒ「誰がなにしようが、あたしには関係ないし」
キョン「そうだな。俺もそうだ」
ハルヒ「……だけど、みんなそういうの気にするわよね」
キョン「人は人だ。気になるやつは気になるんだよ」
ハルヒ「でもたぶん、一番気にしてるのって自分なんだと思うわ」
キョン「?」
ハルヒ「人より早いか遅いか……ちょっと先に居るのか、居ないのかって」
キョン「……そうかもな」
ハルヒ「くだらないわよね。そういうの」
キョン「…」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 14:40:40.92 ID:FiluR2ao0

キョン「でもさ」
ハルヒ「なに?」
キョン「もし皆がさ、当たり前にしてることを自分がしてなかったら……嫌じゃないか?」
ハルヒ「いいじゃない。人と違うって凄くいいことじゃない?」
キョン「……お前に聞いたのが間違いか」

ハルヒ「普通の人なら気にするかもね」
キョン「お前は普通じゃないもんな」
ハルヒ「酷いわね」
キョン「だってそうだろ?」
ハルヒ「……あのさ、もうちょっとだけ……ぶっちゃけ話」
キョン「?」
ハルヒ「あたしも気になるの」
キョン「……あれ、そうなのか?」
ハルヒ「でもちょっと違うわね。あたしは、あたしの好きな人のことを気にしてる」
キョン「?」
ハルヒ「だから、その人がそういうのしてるのかどうかって」
キョン「あぁ、そうか。意外と普通だな」
ハルヒ「だからぶっちゃけって言ってるの。内緒にしときなさいよ」
キョン「わかったよ」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 15:03:03.06 ID:FiluR2ao0

ハルヒ「あたしは、好きな人の初めては全部……あたしであってほしい」
キョン「…」
ハルヒ「だからあたしも、本当に好きな人が現れるまでは、大切にとっておきたいの」
キョン「意外だな。お前……ハルヒがそんなこと考えてるなんて」

ハルヒ「今日だけ」
キョン「なにが?」
ハルヒ「幸せそうな人みてたら、そう思っただけ。今日だけなの」
キョン「……そうだな。今日だけ」
ハルヒ「明日になれば考え方も変わってるかも」
キョン「うん」
ハルヒ「だから、本当のこと教えてよ」
キョン「なに?」
ハルヒ「……キスしたこと、ないでしょ」
キョン「…」
ハルヒ「あたしの目を見て」
キョン「……ないよ。ごめん、嘘だ」
ハルヒ「そう。そうだと思った」
キョン「…」
ハルヒ「いいわよ。別に嘘ぐらい」

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 15:14:24.68 ID:FiluR2ao0

キョン「…」
ハルヒ「嘘なんてつかなくていいのに」
キョン「嘘じゃない。確かに俺は」
ハルヒ「?」
キョン「……なんでもない」

ハルヒ「キョンもあたしも、まだまだ子供ね」
キョン「そうだよ。まだ高校生だ」
ハルヒ「……キスの一つぐらいは終わらせてもいいと思うけどね?」
キョン「大切にとっておくんじゃないのか」
ハルヒ「好きな人とならいいの」
キョン「じゃあそうしろ」
ハルヒ「……あたしの好きな人は……」
キョン「俺もぶっちゃけるよ」
ハルヒ「え?」
キョン「好きな人、いるみたいだ」
ハルヒ「……なによ。みたいって」
キョン「こいつといれば楽しいだろうなって……そう思う子は、いるってことだ」
ハルヒ「……そっか」

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 15:17:55.52 ID:FiluR2ao0

キョン「うるさくて、自分勝手で」
ハルヒ「?」
キョン「空気は読まないわちょっとしたことで不機嫌になるわ」

キョン「かと思えば、他人に影響されやすくて」
キョン「ほんとは自分だってそうしたいのに、素直になれなくて」
キョン「その上……とてつもない力持っててさ」
ハルヒ「力?」
キョン「なんでも自分の思い通りにするんだ」
ハルヒ「なにそれ」
キョン「ハルヒはさ、その好きな人となら……キスできるか?」
ハルヒ「……できるわよ」
キョン「ほらやっぱり。なんでも思い通り」
ハルヒ「…」

ハルヒ「……ヘタクソ」
キョン「言っただろ。したことないんだから……許せ」
ハルヒ「いいわよ。あたしも……同じだもん」
キョン「うん」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 15:22:41.44 ID:FiluR2ao0

ハルヒ「…」
キョン「あのさ」
ハルヒ「喋らないで」
キョン「あ?」
ハルヒ「黙ってて。……恥ずかしいの」
キョン「……わかったよ」

ハルヒ「…」
キョン「…」
ハルヒ「あたしは」
キョン「ん」
ハルヒ「人には流されないわ」
キョン「……そうか」
ハルヒ「あたしはいつでも、あたしのしたいようにするの」
キョン「おぅ」
ハルヒ「キスしたいときに、したい人として……一緒に居たい人と、一緒に居る」
キョン「いいこどだ」
ハルヒ「だから、あんたもそうしなさいよ」
キョン「……できるかな?」
ハルヒ「するの。団長命令」
キョン「なら仕方ないな。わかった、そうするよ」
ハルヒ「約束して」
キョン「どうやって? なんだよ、腕広げて」
ハルヒ「バカ」
キョン「……はは、そうだな。俺はバカだよ」

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 15:26:26.58 ID:FiluR2ao0

ハルヒ「カメラ貸して」
キョン「ほら」

ハルヒ「セルフタイマーってどうやるの?」
キョン「さぁ、使ったことないからわからないな」
ハルヒ「もう、使えないわね」
キョン「バカだからな」
ハルヒ「うるさい」
キョン「ん」
ハルヒ「……じゃあいいわ。こっち寄って」
キョン「?」
ハルヒ「もっと」
キョン「窮屈だ」
ハルヒ「ちょっと我慢しなさいよ。ほら、カメラ見て?」
キョン「あいよ」
ハルヒ「笑いなさいよ」
キョン「お前もだ」
ハルヒ「にーっ」
キョン「……いい笑顔だな」

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/09/29(月) 15:30:14.45 ID:FiluR2ao0

キョン「写真、現像して渡すよ」
ハルヒ「うん」

キョン「なぁ、俺も一枚貰っていいかな?」
ハルヒ「いいわよ」
キョン「一番可愛い、幸せな笑顔の写真」
ハルヒ「……大切にしなさいよ」
キョン「わかってるよ」
ハルヒ「あたしも、大切にするから」
キョン「そうだな」
ハルヒ「……ありがと」
キョン「さ、帰るぞ。家まで送ってやるよ」
ハルヒ「その前に……ご飯食べて帰るわよ!」グイッ
キョン「あーもー。わかったから腕を引っ張るな」
ハルヒ「ほら早く!」

278 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY [] 投稿日:2008/09/29(月) 15:32:27.55 ID:FiluR2ao0

結婚式なんて行った事ねーや。
いやあの、脳内じゃハルヒとキョンが何度も結婚式挙げてるんすけどね。
ハルヒかわいい。

人様のスレにお邪魔してすいませんでした。
即興で考えたので、この辺でこんな感じでよろしくお願いします。

それじゃ、また。
ノシ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「……変身」