ハルヒ「……キョン、今日も寝てる」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:リツコ「シンジ君の精液を缶ジュースとして販売します」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 04:54:35.39 ID:51tcfu43O

ハルヒ「…」
キョン「すぅ……」

ハルヒ「そんなに疲れてるのかしら?」
キョン「…」
ハルヒ「おきろー」
キョン「ん……」
ハルヒ「…」
キョン「……すー」
ハルヒ「……誰も居ないわね?」キョロキョロ
キョン「…」
ハルヒ「デコ……ちゅーしてやる」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 04:57:43.44 ID:51tcfu43O

ハルヒ「ほんとに寝てる?」ナデナデ
キョン「…」
ハルヒ「……起きない」

ハルヒ「……ね、寝てるキョンが悪いのよ?」チュッ
キョン「…」
ハルヒ「……えへへ」
キョン「…」
ハルヒ「あ……もっかい」キョン「なにしてんだよ」ハルヒ「!!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 05:01:42.83 ID:51tcfu43O

ハルヒ「え……やっ!」
キョン「お前……」

ハルヒ「な、なにもしてないわよ!」
キョン「うそつけ。デコチューしただろ」
ハルヒ「してないわよ! 知らない! なにそれ!?」
キョン「いや、あのな……起きてたから」
ハルヒ「!!」
キョン「っていうかお前、俺がここで寝てる時……」ハルヒ「な、なによ」
キョン「いっつもなんかしてただろ。あのな、実はずっと起きてたんだ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 05:06:32.05 ID:51tcfu43O

ハルヒ「…」
キョン「なんか怪しいと思ってたんだ。いつも目が覚めたらお前だけだし」
ハルヒ「…」

キョン「そんでおかしいって思ったから、先週からずっとふて寝してたんだ」
ハルヒ「……ひどい」
キョン「どっちがだよ。毎回毎回……その、なぁ?」ハルヒ「お、起きてるならそう言いなさいよっ!」
キョン「そういう問題じゃないだろ?」
ハルヒ「だって、だってその」
キョン「……だめだろ。こういうのは」
ハルヒ「……だって……んっ、だってキョンが、んっ」ポロポロ
キョン「!?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 05:11:51.71 ID:51tcfu43O

ハルヒ「キッ、キョン起きないからっ」ポロポロ
キョン「ばっ……な、なんで泣」
ハルヒ「バカ! キョンのバカ! んっ……」ポロポロ
キョン「わ、わかったわかった! 落ち着けハルヒ!」

ハルヒ「……ぐすっ」
キョン「大丈夫か?」
ハルヒ「……うん」
キョン「…」(なんだよ……この空気)
ハルヒ「ごめんね……ごめんなさい」
キョン「い、いいよ別に。わかってるなら、いいって」
ハルヒ「…」
キョン「…」(……万引き犯捕まえたみたいだ……)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 05:16:59.79 ID:51tcfu43O

ハルヒ「……ひいた?」
キョン「びっくりはしたよ」

ハルヒ「…」
キョン「キス魔?」
ハルヒ「! ちっ、違うわよ!」
キョン「じゃぁなんで」
ハルヒ「……無防備だったから」
キョン「お前なぁ」
ハルヒ「だ、誰にも言わないでよ?」
キョン「言えるわけないだろ」
ハルヒ「…」
キョン「……まあいいよ。デコチューぐらい……遊びの範囲っていうか」
ハルヒ「え?」
キョン「ん?」
ハルヒ「あ……」
キョン「……まさか」
ハルヒ「し、してない!あとはほっぺだけ!」
キョン「……部位の問題じゃ……ああもぅ」
ハルヒ「!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 05:20:57.80 ID:51tcfu43O

ハルヒ「……ごめん」
キョン「…」

キョン「ま、まあいい。落書きとかじゃないからな」
ハルヒ「そんなことしないわよ」
キョン「……ほかには?」ハルヒ「……耳はむはむしたり……頭撫でたり」
キョン「…」
ハルヒ「覆いかぶさったり、手繋いだり……」
キョン「…」(なんで起きなかったんだ俺は……)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 05:25:17.19 ID:51tcfu43O

キョン「……うそだろ?」ハルヒ「…」
キョン「だってほら、ふて寝してたからわかるけど」
ハルヒ「最近はデコチューしかしてないもん」

キョン「最近って……」
ハルヒ「キョン、いっつも寝てるじゃん」
キョン「仕方ないだろ。SOS団、なにもしないんだから」
ハルヒ「だから、悪戯のつもりだったの」
キョン「……で、エスカレートして……あんな」
ハルヒ「気持ち悪いわね、あたし……」ポロポロ
キョン「! だから泣くなって! 怒ってないから!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 05:30:38.62 ID:51tcfu43O

ハルヒ「キョン起きないし、暇だったし……」
キョン「だからって」
ハルヒ「それにキョン、あたしが何言ってもいっつもむすっとしてて」
キョン「いやあの、それは性格っていうか」

ハルヒ「……話したいのに、聞いてくれない」
キョン「悪かったな」
ハルヒ「ううん。わかってるわ、おかしいのはあたし」
キョン「…」
ハルヒ「……でも……安心するの」
キョン「なにが?」
ハルヒ「だから、キョンにその……触れ……てると」
キョン「……あ、お、おぅ」(あれ? これって……)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 05:35:32.36 ID:51tcfu43O

ハルヒ「悪いってわかってたけど、起きてたってさせてくれないだろうし」
キョン「当たり前だ」

ハルヒ「…」
キョン「……なんだ」
ハルヒ「…」
キョン「あの、なんつーか……す、好きな人にでも」ハルヒ「え?」
キョン「!」
ハルヒ「……だから……キョンに……」
キョン「あ、あー、えー……」
ハルヒ「…」
キョン「…」(なんだ……なんだこの空気は……)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 05:39:47.06 ID:51tcfu43O

キョン「き、嫌いじゃないぞ?」
ハルヒ「?」
キョン「だから、なんだ、えっと……ハルヒ」
ハルヒ「……え……あ、うん……えっ?」

キョン「だっ、だから、お前と一緒だ」
ハルヒ「……好」
キョン「! ストップ!」
ハルヒ「!」
キョン「……ま、まあ、うん」
ハルヒ「ほんとに?」
キョン「ウソなんか言えるわけないだろ……この空気で」
ハルヒ「…」コクン

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 05:43:58.75 ID:51tcfu43O

キョン「…」
ハルヒ「あ、お茶……煎れるわね」
キョン「え? あ、おぅ」

ハルヒ「はい」
キョン「……サンキュ」
ハルヒ「…」
キョン「……見るなよ」
ハルヒ「! だっ、だって」
キョン「……いいのか?」
ハルヒ「?」
キョン「だから、俺でさ」
ハルヒ「……うん」
キョン「そ、そうか」(なんだ……可愛いぞ……ハルヒが可愛い?)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 05:47:56.63 ID:51tcfu43O

ハルヒ「キョンこそ、いいの?」
キョン「まぁ……うん」
ハルヒ「……ありがと」

キョン「あー……」
ハルヒ「…」
キョン「……なんか、喋れって」
ハルヒ「……無理」
キョン「なんで」
ハルヒ「緊張してるし、混乱してるの」
キョン「お前もかよ」
ハルヒ「……ハルヒって呼んで?」
キョン「……ハルヒもそうなってんだな」
ハルヒ「当たり前じゃない。だってこんな、急に」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 05:51:55.27 ID:51tcfu43O

キョン「マズイな」
ハルヒ「……葉のせいよ」キョン「お茶の話じゃない」

キョン「今後だよ」
ハルヒ「なにが?」
キョン「なにがって」
ハルヒ「……いままで通りでいいじゃない」
キョン「それが難しいから悩んでるんだろ」
ハルヒ「意味わかんないわよ」
キョン「だから、同じクラスで同じ部活で……恋人とか」
ハルヒ「!! はっ、はっきり言わないでよ!」
キョン「……すまん」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 05:56:23.44 ID:51tcfu43O

ハルヒ「おかわり、いる?」
キョン「ん」

ハルヒ「はい」
キョン「ありがとう」
ハルヒ「…」
キョン「…」(……別に……いらなかったな)
ハルヒ「…」
キョン「…」(すごい見てる……こっちみんな)
ハルヒ「…」プイッ
キョン「聞こえてるのかよ」
ハルヒ「え?」
キョン「あ、いや、なんでもない」
ハルヒ「……恥ずかしいから、見つめないでよバカキョン」
キョン「……ごめん」(え? 見てたの俺?)

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 06:00:31.63 ID:51tcfu43O

ハルヒ「……今まで通りで」
キョン「いいのか?」

ハルヒ「だって、じゃあどうするの?」
キョン「……そ、そうだな」
ハルヒ「……ただ、あのね?」
キョン「?」
ハルヒ「二人きりとか……そういうの」
キョン「…」
ハルヒ「わ、わかるでしょ!?」
キョン「時間作れって?」
ハルヒ「そ、そうじゃないわよ! ……そうだけど……」
キョン「…」(……どうすりゃいいんだよ……)

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 06:04:25.10 ID:51tcfu43O

キョン「ひとつだけ」
ハルヒ「なによ」

キョン「できれば、その……皆には内緒で」
ハルヒ「あ、当たり前よ! 大体あたし、本当なら彼氏なんかもう……」
キョン「…」
ハルヒ「あ、違うの。キョンはその、今までの人とは」
キョン「……俺も普通なことしか、できないぞ?」
ハルヒ「キョンはいいの!」
キョン「……そ、そうか……わかった」
ハルヒ「…」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 06:08:06.10 ID:51tcfu43O

キョン「びっくりするだろうな、皆」
ハルヒ「そうかしら?」
キョン「するだろ? だって、俺とハルヒが」
ハルヒ「……そうね」

キョン「ふぅ」
ハルヒ「飲む?」
キョン「もういいよ。胃がお茶で一杯だ」
ハルヒ「そう」
キョン「……よろしくな」ハルヒ「……うん」
キョン「さ、帰ろう。もうこんな時間だ」
ハルヒ「あ、まって!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 06:11:33.72 ID:51tcfu43O

キョン「?」
ハルヒ「……一つだけ」

キョン「なんだ?」
ハルヒ「あの、えっと」
キョン「…」
ハルヒ「キョンが……えっと、寝てるキョンにしてたこと、してもいい?」
キョン「うっ……そ、そりゃまあ」
ハルヒ「キョンが嫌ならしないわよ?」
キョン「嫌なわけないだろ?」
ハルヒ「あ……」
キョン「! ……聞くなよ、そういうの……アホ」
ハルヒ「うるさいわよ!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 06:17:10.93 ID:51tcfu43O

ハルヒ「そっち座っていい?」
キョン「ほら」ガタン

ハルヒ「……キョンだ」
キョン「はぁ?」
ハルヒ「ううん。なんでもないわよ……ふふっ」
キョン「なに笑ってるんだ」
ハルヒ「……デコチュー、していい?」
キョン「なっ……だっ、だめだ。この状況じゃ耐えられん」
ハルヒ「していいって、言ったわ」
キョン「……そうじゃなくてさ」
ハルヒ「うん」
キョン「起きてるんだから……普通、こっちじゃないか?」
ハルヒ「……キョンからしてよ」
キョン「……わかったよ……」
ハルヒ「…」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 06:23:11.21 ID:51tcfu43O

ハルヒ「……ん」
キョン「…」

ハルヒ「……い、以外とあったかいのね」
キョン「まあ……うん」
ハルヒ「息苦しいし」
キョン「そんな長い間してないよ」
ハルヒ「……息、止めないの?」
キョン「知るか」
ハルヒ「あ、もしかして」キョン「うるさいな。お前と違って、そういう経験ないんだよ」
ハルヒ「! あたしだって! 今までの男子なんて、手さえ……」
キョン「…」
ハルヒ「……バカキョン」
キョン「言いだしたのはおま……ハルヒだろ」
ハルヒ「うるさいうるさい」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 06:27:34.64 ID:51tcfu43O

ハルヒ「…」
キョン「みるなって」

ハルヒ「…」
キョン「なんだよ」
ハルヒ「ううん。……キス、したんだなぁって」
キョン「なっ……言葉にだすなよ」
ハルヒ「だって」
キョン「……悪かったな」
ハルヒ「大切にしなさいよね」
キョン「……わかったよ」
ハルヒ「もういっかい」
キョン「…」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 06:36:43.58 ID:51tcfu43O

ハルヒ「どきどきしてる?」
キョン「そりゃあ、うん」
ハルヒ「あたしも」

キョン「……ああ、ったく」
ハルヒ「なによ」
キョン「なんでもない」(唇……くそっ、意識して目がいっちまうじゃないか)
ハルヒ「……唇?」
キョン「! いや、別に」
ハルヒ「ぷにぷにね」プニ
キョン「触んなよ、くすぐった、触るなって」
ハルヒ「くすぐったい?」
キョン「当たり前だろ」
ハルヒ「……変なの」
キョン「うるさい」
ハルヒ「手、貸して」
キョン「ほら」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 06:43:12.61 ID:51tcfu43O

ハルヒ「そこはダメだって思ってたから」
キョン「?」
ハルヒ「ほっぺやデコチューにしたの」
キョン「なんだそれ」

ハルヒ「だって、キスするのはダメかなって」
キョン「同じじゃないか?」
ハルヒ「同じだった?」
キョン「……したことないからわからんな」
ハルヒ「ほら」
キョン「…」
ハルヒ「……くすぐったい」
キョン「それをハルヒは、俺にしてたんだぞ?」
ハルヒ「……どう?」
キョン「……違うな。あんまりあったかくない」
ハルヒ「ね? だから……しなかったの。正解だったわ」
キョン「…」(……なんか……なんか嬉しいな。バカか俺は)

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 06:48:40.25 ID:51tcfu43O

ハルヒ「しあわせ」
キョン「……そうか」
ハルヒ「いいのかな、こんな簡単に」
キョン「いいよ。俺がいいと思ってるし」

ハルヒ「……恋人って、どんなことすればいいのかしら?」
キョン「さあな。むしろそれは、ハルヒの方がわかるんじゃないか?」
ハルヒ「なにそれ」
キョン「だから、過去の経験の差っていうか」
ハルヒ「……ノーカンよ。あんなの、彼氏なんて思わなかったもん」
キョン「……うん」
ハルヒ「キョンがさいしょ」
キョン「あいよ」
ハルヒ「……もーいっかい」
キョン「キス魔」
ハルヒ「違うもん」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 06:54:59.07 ID:51tcfu43O

ハルヒ「帰る?」
キョン「いや、少し待ってくれ」
ハルヒ「?」
キョン「…」(仕方ないか……俺も男なんだし、こんなキスしてりゃ……)

キョン「よし、もう大丈夫」
ハルヒ「なにがよ?」
キョン「いいや、なんでもない」
ハルヒ「…」
キョン「……手、放せって」
ハルヒ「……だめ? あの、このまま帰りたい……かも」
キョン「……わかった。そんでごめん、もうちょってまって」
ハルヒ「??」
キョン「…」(その顔は反則だろ……静まれ静まれ……)

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 06:59:33.17 ID:51tcfu43O

ハルヒ「さすがに駅はまずいわね、誰が居るかわかんない」
キョン「むしろよくここまで繋いだまま歩いたな」

ハルヒ「……じゃあね」
キョン「また明日」
ハルヒ「あ、待って?」
キョン「?」
ハルヒ「耳、貸しなさいよ」
キョン「ん……!」
ハルヒ「……キ、キョンも言いなさいよ」
キョン「……す……好きだよ、ハルヒ。また明日な」ハルヒ「うん。じゃあね!」


キョン「……うおおっ……まじか……ハルヒが俺の……っ!?」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 07:04:59.86 ID:51tcfu43O

国木田「おはようキョン」
キョン「おぅ」
谷口「うっす!」
キョン「ん」

ハルヒ「…」
キョン「……おはようハル……涼宮」
ハルヒ「…」
キョン「無視かよ」
ハルヒ「うるさいわね。なんでいちいち返事しなきゃいけないのよ」
キョン「…」
ハルヒ「なによ」
キョン「い、いや。なんでもない」
ハルヒ「…」


キョン「…」(ひょっとして……俺はMなのか?)

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 07:10:33.59 ID:51tcfu43O

ハルヒ「ごめんね?」
キョン「朝のアレか?」
ハルヒ「うん」
キョン「いいよ。むしろ俺が不自然すぎたかも」

ハルヒ「……まだちょっと、信じられない」
キョン「付き合ってるのが?」
ハルヒ「うん」
キョン「真実だよ。ほら」ナデナデ
ハルヒ「!」
キョン「大丈夫。昼休みに部室にくる奴はいないって」
ハルヒ「……もっとちゃんとした証拠、ちょうだい」
キョン「……好きだな、ハルヒも」
ハルヒ「だって、ダメ?」
キョン「いいや。俺も……好きみたいだ」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 07:15:24.90 ID:51tcfu43O

ハルヒ「キョンはキョンでいいの?」
キョン「?」
ハルヒ「……名前」
キョン「キ、キョンでいいよそんなの」

ハルヒ「放課後、暇?」
キョン「おう」
ハルヒ「なら、いつもより早く学校でてさ」
キョン「SOS団はいいのか?」
ハルヒ「今はキョンと一緒がいいの」
キョン「……あいよ」

ハルヒ「どきどきして、眠れなかった」
キョン「奇遇だな」
ハルヒ「でもなんか、眠くないわ」
キョン「おう、なんか昨日の続きみたいだな?」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 07:19:53.02 ID:51tcfu43O

ハルヒ「今日はもうおしまい! 解散よ!」
キョン「…」
みくる「え? いつもより随分と早いですね?」

古泉「?」
ハルヒ「解散ったら解散! ほら、帰るわよキョン!」
みくる「? キョン君?」
キョン「……いや、さぁ? どうしたハルヒ?」
ハルヒ「あ……えっと」
長門「…」パフッ
古泉「あ、長門さんが本を」
ハルヒ「ね!?」
みくる「ふぇぇ?」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 07:24:35.72 ID:51tcfu43O

キョン「大丈夫かなぁ」
ハルヒ「なにが?」
キョン「いやさっきの。不自然すぎたかなあって」

ハルヒ「……そうかな?」
キョン「まあ、長門が丁度読みおわったからよかったけど」
ハルヒ「……あ、部室に携帯忘れた」
キョン「え? あぁ、取りにいくか?」
ハルヒ「二人で戻ったら怪しいでしょ!? 駅で待ってて!」
キョン「はいよ。慌てなくていいぞ」
ハルヒ「嫌よ。すぐに戻ってくる!」
キョン「…」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 07:27:11.90 ID:51tcfu43O

キョン「……行ったか」

キョン「古泉」
古泉「はい」ガサッ
キョン「長門」
長門「…」ヒョコ
キョン「朝比奈さん……あれ?」
古泉「彼女は気がついてないですね」
キョン「……あの人らしいな」
長門「…」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 07:32:37.45 ID:51tcfu43O

キョン「まさかとは思ったが、初日からばれてるとはな」
古泉「予想できない展開ではなかったですしね」
長門「あなたが眠ってからの涼宮ハルヒの行動に疑問を感じていた」
キョン「……そこまで知ってたのなら、教えてくれよ」
古泉「いえいえ、やはりこういうのは本人同士で解決することがいいかと」
キョン「うるさい」
古泉「あははっ」
長門「…」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 07:39:59.52 ID:51tcfu43O

キョン「で、いいのか」
古泉「なにがですか?」
キョン「だから……」

古泉「問題ないでしょう。僕としては、バイトが減って楽になりそうですし」
長門「現状ではなにも異常は観測されていない」
キョン「……ならいいけど」
古泉「なので、気になさらずに」
キョン「まあ、ハルヒには黙っててくれよ」
古泉「はは、それこそ危ない状況になりそうですね」
キョン「うるさい」

古泉「じゃあ、僕らはこれで」
長門「できれば部室は占領しないでほしい」
キョン「……わかったよ。だから、なんだ……その」
長門「見ていない」
キョン「うそつけ」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 07:48:50.18 ID:51tcfu43O

キョン「……どこまで見られたんだろう……」
ハルヒ「キョンおまたせ!」

キョン「ああ、早いな」
ハルヒ「走ってきたわ!」
キョン「ゆっくりでいいって言ったのに」
ハルヒ「やーだ」ムギュ
キョン「お、おい。腕組みは」
ハルヒ「誰も居ないわよ」キョン「……空から見えるんだよ」
ハルヒ「?」

ハルヒ「どこ行く?」
キョン「決めていいぞ」
ハルヒ「じゃあね、この駅」
キョン「ん」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 08:04:40.07 ID:51tcfu43O

ハルヒ「……んー♪」
キョン「? どした、機嫌いいな」

ハルヒ「なんかね」
キョン「ん」
ハルヒ「慣れた。キョンが彼氏なんだって」
キョン「早いな。俺なんてまだ信じきってないかも」
ハルヒ「あたしはキョンの彼女よ?」
キョン「……わ、わかったよ」
ハルヒ「これからは、不機嫌そうな顔したら怒るから」
キョン「怖いな」
ハルヒ「笑ってて?」
キョン「……ずっと笑ってるのは難しいな。その分、ハルヒが笑っててくれよ」
ハルヒ「もちろん!」
キョン「……可愛い」
ハルヒ「?」
キョン「……! な、なんでもない」(やっべ……言っちゃったよ)

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 08:10:51.92 ID:51tcfu43O

ハルヒ「ほら、丁度二十四時間」
キョン「?」
ハルヒ「わからない? 付き合いだしてから!」
キョン「……マメだなぁ」

ハルヒ「色々キョンとしたいことがあるわ」
キョン「うん」
ハルヒ「……ちゃんと付き合ってくれる?」
キョン「もちろん。ハルヒと同じぐらい、俺も嬉しいからな」
ハルヒ「……うん」
キョン「でもいいのか? そんな高校生らしい願いで」
ハルヒ「? もちろん」
キョン「俺はてっきり、いつもみたいに無茶苦茶なコト言われるかと」
ハルヒ「言わないわよ。きっかり二十四時間前に、キョンはあたしの特別な人になったんだもの」
キョン「……そうだな」(ハルヒも……大げさなぐらい、女の子なんだな……)

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 08:15:47.19 ID:51tcfu43O

ハルヒ「キョン、コーヒーおごってあげる」
キョン「いいよ。自分で買うし」
ハルヒ「いいからいいから」

キョン「……帰りにコンビニでなんか買ってやるよ」
ハルヒ「なんで?」
キョン「コーヒーのお返し。それに、彼女におごられっぱなしってのも」
ハルヒ「嫌よ、そんなの気にしないで。よそよそしいじゃない」
キョン「気にするさ。俺も男だし」
ハルヒ「……あ、じゃあね?」
キョン「ん?」
ハルヒ「いっこお願い。いい?」
キョン「あぁ」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 08:20:29.73 ID:51tcfu43O

キョン「なんだよ」
ハルヒ「ちょっと待って……うん、誰も居ないわね」キョン「?」

ハルヒ「キョン」
キョン「なに?」
ハルヒ「ぎゅ〜って!」
キョン「……よっと」ギュウ
ハルヒ「ん……」
キョン「痛くないか?」
ハルヒ「全然。もっともっと!」
キョン「わかんないって。力加減がさ」
ハルヒ「……顔、見ないでね」
キョン「なんで?」
ハルヒ「恥ずかしいから。わかりなさいよ」
キョン「……ごめんよ」ナデナデ
ハルヒ「…」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 08:24:48.08 ID:51tcfu43O

キョン「…」(こんなに身長差あるんだな……)
ハルヒ「…」

キョン「……寒くないか?」
ハルヒ「平気。キョンは?」
キョン「あったかいよ」
ハルヒ「……立ったままじゃ、キスしにくそうね」
キョン「試してみるか?」
ハルヒ「ううん。もうちょっとこのまま」
キョン「……すげ。なんか、ハルヒ放したくないかも」
ハルヒ「放しちゃだめ。もっとぎゅ〜ってしなさい!」
キョン「はいよ団長さん」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 08:29:59.92 ID:51tcfu43O

キョン「……いきなりすぎるよなぁ」
ハルヒ「?」
キョン「つい昨日まで、ただの同級生だったのに」

ハルヒ「今思うとね」
キョン「ん」
ハルヒ「勢いでキスしちゃったかなって」
キョン「……どうかな」
ハルヒ「だってほら、ね?」
キョン「いいんじゃないか? あれはあれで幸せな感じだったよ」
ハルヒ「……あたしのこと、だましてないでしょうね?」
キョン「は?」
ハルヒ「だから、実は好きでもなんでもないとか」
キョン「……間違いなくハルヒが大好きだ」
ハルヒ「……あたしも」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 08:36:08.43 ID:51tcfu43O

ハルヒ「ん、満足」
キョン「あいよ」

ハルヒ「どきどきした」
キョン「伝わってきたよ。ハルヒの心音、うるさいぐらいだ」
ハルヒ「なにそれ」
キョン「抱きしめるって中々気持ちいいんだなってこと」
ハルヒ「…」グッ
キョン「? 袖……ん?」
ハルヒ「……キョンはもっと、あたしが言わなくてもどう思ってるかわかるべきだわ」
キョン「ええ? 難しいな……これだといいけど」
ハルヒ「引き寄せて」
キョン「ちょっとしゃがめば、大丈夫だ」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 08:43:54.04 ID:51tcfu43O

キョン「家まで送るよ」
ハルヒ「いいわよ。定期じゃ来られないでしょ?」
キョン「かまわないさ」
ハルヒ「だめ。駅までで大丈夫」

キョン「ここまでで?」
ハルヒ「……やっぱちょっぴり淋しいかも」
キョン「甘えるなぁ」
ハルヒ「悪い? でもいいわ。我慢して帰る」
キョン「別に大丈夫だって」
ハルヒ「だって今日家まで来てもらったら、次に駅で別れるとき淋しいもん」
キョン「……ほんと、ハルヒは可愛いな」
ハルヒ「……好きだもん。キョンのこと」
キョン「同じだなぁ」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 08:50:44.20 ID:51tcfu43O

キョン「あ、ちょっと待って」
ハルヒ「?」
キョン「最後にもう一回」
ハルヒ「……えぃ」ギュゥ


ハルヒ「帰ったらメールするね」
キョン「電話でもいいよ」
ハルヒ「じゃあそうする」
キョン「……ハルヒがさ」ハルヒ「?」
キョン「世界を思いのままにできる力を持ったとしたら、どうする?」
ハルヒ「なによ急に」
キョン「ん、なんとなく」
ハルヒ「なにもしないかな。だって、今以上なにを望めばいいかわかんないもん」
キョン「……それもそっか」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 08:54:33.34 ID:51tcfu43O

ハルヒ「また明日」
キョン「きょうは昨日のアレ、やらないのか?」
ハルヒ「?」
キョン「好きってやつ」
ハルヒ「……する」

キョン「おやすみ」
ハルヒ「あ、それはまだ後で! バイバイ、キョン!」
キョン「バイバイハルヒ」
キョン「……神様……なのかねぇ?」
キョン「…」(普通の可愛い女の子だけどなぁ……ま、いっか)

145 名前:ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY (コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/12(金) 08:58:15.86 ID:51tcfu43O

酉あってるかなー。久しぶりでうろ覚えー。
なんかあんま中身ない内容でした。
だども、ハルヒが可愛いからいいかなぁーってさ。

やっとこさハルヒの小説、一巻だけ読みました。
まだまだニワカですが、まあ楽しんでくれたならこれ幸い。

眠い!
またね!ノシ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「キョンからメールが来たので安価で返信する」