涼宮ハルヒ86歳


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「長門さん・・・・長門さん!」長門「失せろ」

ツイート

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/07(月) 15:47:10.21 ID:TSUlr0Vz0

(1/3)


ハルヒ「キョン、みくるちゃん、有希、古泉君!今日も不思議を探しに・・・!」

いつものように振り向いて、人差し指を突き出して
不敵に微笑む・・・はずだった
でも、そこには誰もいない

ハルヒ「な、なんでよ・・・どうしてみんながいないのよ・・・!」

声が何故か掠れる
ふと自分の手を見れば、たくさんの皺が刻まれた白い手がそこにある
足はもう自由がきかず、移動には車椅子が必要になっている

ハルヒ(そうだ、もう・・・みんないないんだ・・・)

あの頃の自分は自由だった
あの頃の自分には恐いものなどなにもなかった
あの頃の自分は

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/07(月) 15:48:54.14 ID:TSUlr0Vz0

(2/3)

――――確かに、幸せだった

老いたハルヒの頬を涙が流れる

あの日々をつまらないと嘆いていた自分が愚かだったと
今更に気付いたのだ
あの日々を作り上げていた仲間たちには
感謝したくてももう会えない

皺だらけの手で、ハルヒは顔を覆う

ハルヒ「ごめん、ごめんね・・・みんな・・・」

みくる『いいんですよ、涼宮さん』
長門 『・・・問題ない』

ふわり、と置かれるみくるの手
まっすぐにハルヒを見つめる長門の目

ハルヒ「み、みんな・・・!どうして!?」

古泉 『実は我々にもよくわからないのですが』

あの頃と変わらない、古泉の困ったような笑顔

キョン『要するに、だ。SOS団はまだ終わっていないし』

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/04/07(月) 15:50:09.25 ID:TSUlr0Vz0

(3/3)
みんながあの頃の制服のままで、あの頃の姿のままで

キョン『ハルヒ、団長のお前がいなきゃなにもはじまらないって事だ』

みくる『ほら、涼宮さん 涙を拭いてください』

みくるが差し出すハンカチを取って、ハルヒは涙を拭く

ハルヒ「みんな、ありがとう・・・」

キョン『ほら、ハルヒ いつもの掛け声を頼む』

ハルヒ『うん! みんな!不思議を探しに行くわよーッ!』

全員 『おーっ!』


ハルヒの孫(以下孫)「・・・?」
ハルヒの娘(以下娘)「どうしたの? 孫ちゃん」
孫「ハルヒおばーちゃんが笑ってる」
娘「え?」
孫「すっごく嬉しそうに笑ってるの」

病院のベッドの上には、たくさんのチューブにつながれた涼宮ハルヒが静かに眠っている
その口元には、若かりし頃のような勝気な笑みがかすかに浮かんでいる
そして、ハルヒは口元に笑みをうかべたまま―――

涼宮ハルヒ、86歳
彼女はある春の、桜の花が散り始める頃に静かに息を引き取った



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ゲンドウ「エヴァに乗れ、でなければガンダムに乗れ」