長門「………そこ…おしり」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:盲目の涼宮ハルヒ

ツイート

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/02(日) 15:49:24.41 ID:cVWZ+Vw2O

キョン「うわ!停電かよ……」
ハルヒ「え、なに!?」
長門「雷が原因」
みくる「ふぇえ……真っ暗で何も見えないですぅ」
古泉「早く帰っておくべきでしたね……」
キョン「とりあえずもう帰ろうぜ……鍵どこだ鍵」
古泉「ええと……うわっ!」
キョン「ん?なんだこれ」
古泉「!?や、やめっ……やめて下さい!!」
キョン「え?何?なんだここ」
長門「……そこ……おしり」
キョン「うわ!!すまん!!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/03/02(日) 16:20:46.86 ID:cVWZ+Vw2O

古泉「ちょ、……早く離れて!」
キョン「確かこの辺に置いてあった筈なんだよ鍵が!」
古泉「僕がポケットに入れたんですが」
ハルヒ(何よこのシチュエーション……)
キョン「じゃあそれ渡せ!」
古泉「あれっ、手に何かひっかかっ……取れない!」
キョン「じゃあ俺が……」
古泉「ひっ!!どこ触って……」
キョン「どこなんだよ!」
古泉「そっちじゃなくてもっと右……」
長門「ユニーク」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/03/02(日) 16:48:52.55 ID:cVWZ+Vw2O

キョン「右?この辺か?」
古泉「さ、触ったまま手動かさないで下さい!」
キョン「そうしないとわかんねーんだって!!
どこのポケットに入れたんだ?」
古泉「ジャケットのポケットに……」
キョン「じゃあもっと上か?」
古泉「もう少し右にしてからで!」
キョン「前に手回せってことか?」
古泉「はい、…!!行き過ぎです!」
キョン「……何固くしてる」
古泉「しっ、してないです!!」
キョン「大分何がどこかわかった、……これだな、鍵」
ハルヒ(もう終わり?つまんないの……)
古泉「あ、ほどけた」
キョン「じゃ皆!早く出るぞ!」


すまんかった終了



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「古泉君をモスグリーンに染めるわよ!」