吹雪「張りぼての栄光」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンのことが好きすぎて生きるのがつらい」

ツイート

1 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 16:01:52.64 ID:i66LtyLt0

艦隊コレクションのSSです
アニメのネタバレ、独自解釈が含まれますのでご注意ください
時系列はアニメ本編の終了後です

2 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 16:04:41.10 ID:i66LtyLt0

睦月「それにしても吹雪ちゃん大活躍だったんだってね!」

吹雪「それほどでもないよ、みんなががんばってくれたおかげだよ〜」

夕立「そんなことないっぽい!作戦が成功したのも吹雪ちゃんのおかげっぽい!」

3 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 16:05:43.16 ID:i66LtyLt0

吹雪「も〜夕立ちゃんまで言いすぎだよ」

赤城「そんなことはないわ」

吹雪「あ、赤城先輩」パアア

赤城「私が今こうしていられるのもあなたに守ってもらったおかげ、心から感謝しています」

4 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 16:07:37.82 ID:i66LtyLt0

吹雪「そんな、頭をあげて下さい!」

加賀「私からも改めてお礼を言うわ、本当にありがとう」

吹雪「加賀さんまで…」

赤城「ふふ、吹雪さんは照れ屋なんですね」ダキ

5 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 16:08:36.39 ID:i66LtyLt0

吹雪「あ…」

赤城「本当にがんばったわね」ナデナデ

吹雪「えへへWWあWりWがWとうWごWざWいWまWすぅWW」

夕立「吹雪ちゃんちょっとキモイっぽ〜い」

一同「アハハハ」



長門「・・・」

6 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 16:14:12.15 ID:i66LtyLt0

                 自室にて

吹雪「えへへ、赤城先輩にほめてもらっちゃった〜」

睦月「よかったね、吹雪ちゃん」

バン

夕立「吹雪ちゃん、睦月ちゃん、大事件っぽい!」

7 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 16:21:50.20 ID:i66LtyLt0

吹雪「わあ、夕立ちゃん!」

睦月「どうしたの、そんなに慌てて?」

夕立「て、提督さんが逮捕されちゃったっぽい!」

8 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 16:31:49.54 ID:i66LtyLt0

吹雪「!?」

睦月「ど、どういうこと!?」

夕立「夕立もさっき聞いたばかりなんだけど…」
             ・
             ・
             ・

9 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 16:44:08.21 ID:i66LtyLt0

吹雪「司令官が資源の横領!?」

睦月「さらに度重なる作戦の失態…」

吹雪「司令官がそんな事するわけないよ!何かの間違いだよ!

夕立「ゆ、夕立もそう思うけど、長門秘書官がそう言ってたっぽい…」

吹雪「そんな!」

10 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 16:57:14.08 ID:i66LtyLt0

睦月「睦月には少しわかるかも…」

吹雪「睦月ちゃん!?」

睦月「だって…作戦がしっかりしていれば如月ちゃんが沈むこともなかったかもしれないし…」

吹雪「!!」

夕立「そういえば、瑞鶴さん突然高速修復剤が支給されたっていってたっぽい…」

11 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 17:11:01.35 ID:i66LtyLt0

睦月「まさか横領してたのが発見されて…」

吹雪「そ、そんなことない!私長門秘書官に直接聞いてくる!」ダッ

睦月「吹雪ちゃん!」
              ・
              ・
              ・

13 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 17:27:09.69 ID:i66LtyLt0

                 提督室前
吹雪「…」コンコン

長門「誰だ?」

吹雪「駆逐艦吹雪です!長門秘書官に御伺いしたいことがあって来ました!」

長門「…入れ」

14 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 17:37:45.37 ID:i66LtyLt0


吹雪「失礼します」
長門「それで、聞きたい事とは?」

吹雪「司令官の逮捕についてです!」

長門「…やはりその事か、追って詳しく説明するつもりだが、概要はすでに話した通り提督は作戦の失態及び横領の発覚によって逮捕された。それだけ
   だ」

吹雪「納得できません!

15 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 17:48:35.79 ID:i66LtyLt0

長門「…横領についてはすでに調べが済んでいる。先の戦闘で使用されたのが発覚した物資だ。作戦の失態については駆逐艦如月の轟沈、深海棲艦への
   作戦漏洩、鎮守府の防衛失敗…十分すぎる」

吹雪「!!」

長門「この事は私も残念に思う。だが、事実なんだ…」

16 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 17:59:31.64 ID:i66LtyLt0

吹雪「…それでも、私は納得できません!」

長門「吹雪…だがこれは事実なn吹雪「じゃあどうして!」

吹雪「…どうしてそんなに悲しそうな顔をしているんですか」

長門「!」

吹雪「もし長門秘書官の言うことが本当なら怒っているはずです!なのにどうしてそんな…」

17 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 18:11:11.12 ID:i66LtyLt0

長門「…」

長門「わかった」

長門「お前には真実を話しておいたほうがいいかもしれないな」

吹雪「!」

吹雪「と言うことは…」

長門「ああ、提督の逮捕は仕組まれた物だ」

18 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 18:26:25.50 ID:i66LtyLt0

吹雪「いったい何があったんですか!」

長門「…この話はお前にとって辛い物となる。聞く覚悟はあるか?」

吹雪「もちろんです!」

長門「わかった」スッ

ガチャ

吹雪「(鍵を閉めた?)」

長門「これから話すことは他言無用だ、絶対に漏らすなよ」

吹雪「!はい」
                   ・
                   ・
                   ・

19 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 18:33:44.24 ID:i66LtyLt0


長門「さて、とはいってもどこから話したものか」

長門「まずは世論について話す必要があるな」

吹雪「世論?一般の人のですか?」

長門「ああ、知っての通り制海権が深海棲艦に支配されて久しい」

長門「それに伴い海軍への不信、不満が高まっている」

長門「軍事費用が税金で賄われている以上これをなんとかしなければならない」

20 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 18:42:55.56 ID:i66LtyLt0

長門「しかしもはや1度や2度の勝利程度では補えない所まで支持率は下がっている」

長門「海軍を解体して深海棲艦との和平を要求する集団までいるありさまだ」

吹雪「そんな事一言も…」

長門「言えると思うか?民間人はお前らを嫌っているが、気にせず戦いましょうとでも?」

吹雪「それは…」

長門「話が逸れたな。そんなわけで司令部は早急に支持率の回復をしなければならなくなった」

21 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 18:49:14.09 ID:i66LtyLt0

長門「しかしすぐに深海棲艦を撃破できるわけもない」

長門「そこで考えられたのがこの戦争に物語を創ることだ」

長門「一人の艦娘に焦点をあて、その苦悩、悲しみ、成長を記録する」

長門「深海棲艦と艦娘との戦いに主人公を創り、その活躍を訴えようと言うわけだ」

吹雪「主人公?」

22 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 18:54:55.65 ID:i66LtyLt0

長門「そう、すべてはこの主人公のために仕組まれたのだ」

長門「時に吹雪、お前はどんな理由でこの鎮守府に呼ばれたのだ?」

吹雪「え?それは…司令官が夢で私の事を見たから…」

長門「夢か…確かにそうかもしれないな、正確には提督ではなく民衆の見る夢だがな…」

吹雪「!まさか…」


23 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:01:42.19 ID:i66LtyLt0


長門「まともに航行すらできない駆逐艦が一つの部隊を指揮するまでに成長

する。いかにも民衆が喜びそうな物語じゃないか?」
吹雪「そ、そんなことって…」
長門「いきなりお前を実戦に出した理由は?」

吹雪「!」

長門「金剛たちと島風に加えてお前を起用した理由は?」

吹雪「…」

長門「すべてはお前に経験を積ませるためだ」
                 ・
                 ・
                 ・

24 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:04:27.05 ID:i66LtyLt0

吹雪「私は…」

長門「…ここまでにしておくか?」

吹雪「!いえ、最後まで聞きます」

長門「…ここからは本当に辛い話になるぞ」

吹雪「大丈夫です」

長門「…わかった」

25 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:09:51.84 ID:i66LtyLt0

長門「実戦経験に乏しいお前を起用した理由は今言った通りだが、あの時もう一つ大きな経験をしているな?」

吹雪「もう一つ?あの時は睦月ちゃんを慰めて…まさか」

長門「そう」



長門「如月の轟沈も仕組まれた事だ」

26 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:12:05.59 ID:i66LtyLt0

吹雪「そんな…そんなことって…」

長門「艦娘の艤装は本体へのダメージを肩代わりする機能がある」

長門「本来であれば、無茶な進撃をしないかぎりまず轟沈する事は無い」

長門「特にあの状況…損傷の軽微な如月が墜ちる寸前の艦攻機の攻撃を食らった程度で轟沈するはずが無い」

27 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:15:52.66 ID:i66LtyLt0

長門「艤装の整備は通常本人が行う。そして旗艦が最終確認を行ってから出撃する」

長門「夕張が謹慎処分を受けたのも最終確認を怠ったとされたからだ」

長門「しかし後に調べた結果、出撃前に艤装が外部の機関によって点検されていた事が発覚した」

吹雪「…つまり」

長門「この時に艤装のフィードバック機能がいじられたんだ」

28 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:18:13.66 ID:i66LtyLt0

長門「悲しむ親友を慰める麗しき愛」

長門「そんなシーンが欲しかったのだろうな」

吹雪「長門秘書官と…司令官は…知ってたんですか!知ってて如月ちゃんを出撃させたんですか!?」

長門「…信じてもらえないだろうが、この事は本当に知らなかった。と言うよりこの物語の全容を知ったのはつい最近の事だ」

吹雪「どう言うことですか?」

29 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:20:07.67 ID:i66LtyLt0

長門「司令部より吹雪を主人公とする物語の作成を命令されたが、あくまでそれは可能な限り艦隊運用に支障がでない範囲でだ」

長門「資源の浪費、ましてや艦娘の轟沈ありきの物語など論外だ!」

吹雪「…信じます。長門秘書官も司令官もそんなことをするとは思えません」

長門「…ありがとう」

長門「話を戻そう。その後第三水雷船隊を解散して第五遊撃部隊を結成した」

30 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:22:50.13 ID:i66LtyLt0

吹雪「…ええ、大変でしたけど」

長門「それも司令部からの指示による物だ」

吹雪「あの艦隊がですか?」

長門「正確には吹雪が旗艦になるような艦隊の編成だな」

長門「新米の駆逐艦が旗艦になるような編成には苦労したな」

長門「加賀と瑞鶴は互いにいがみ合っているからどちらが旗艦になっても反発するだろうし」

長門「仲の良すぎる北上と大井は互いに意識しすぎてうまくいかないだろうと言うのは分かっていた」

31 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:24:07.41 ID:i66LtyLt0

長門「そして部隊の緩衝材及び吹雪の支援要因として金剛を配置した」

吹雪「支援?…と言う事は金剛さんも知っていたんですか!?」

長門「ああ、この計画について知っているのはこの艦隊では私と陸奥、金剛…そして提督の4人だけだ」

長門「そしてみごと吹雪は悪戦苦闘しつつも部隊をまとめ、部隊の旗艦を勤めるまでに成長した…というわけだ」

32 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:25:42.23 ID:i66LtyLt0

吹雪「…そこまで仕組まれていたんですね」

吹雪「…ん?そうなるとなんで司令官は逮捕されてしまったんですか?」

長門「ふむ、以前こちらの暗号文章が深海棲艦に解読されている可能性があると話したな」

吹雪「はい、もし気づかなかったら瑞鶴さんも翔鶴さんも危ない所でした」

長門「これは暗号が傍受されて起こった事件。」

長門「と思われているが」

長門「実は内通者の存在が確認されている」

吹雪「!だれがそんな事を」



長門「司令部だ」

33 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:26:33.49 ID:i66LtyLt0

吹雪「…」

吹雪「…え?」

吹雪「そんなわけないじゃないですか?」

吹雪「だって味方ですよ?」

吹雪「一歩間違えれば瑞鶴さんも翔鶴さんも轟沈の危機だったんですよ?」

吹雪「なんn長門「轟沈させたかったんだよ」

34 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:27:44.81 ID:i66LtyLt0


吹雪「!」

長門「…新たにできた頼もしい先輩を失い、悲しみに暮れる悲劇の主人公」

長門「しかし悲しみを乗り越えて主人公はまた一つ強くなった」

長門「と言うストーリーにでもしたかったんだろうな」

吹雪「そんな…ことって…」

長門「如月の轟沈をさせたやつらだぞ?それ位やるさ」

吹雪「!」

吹雪「そうでした…なんで味方同士でこんな事を…」

長門「それだけ切羽詰っていたんだろうさ

35 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:29:47.66 ID:i66LtyLt0

吹雪「!でも司令官の助言のおかげで2人を助ける事ができましたよ?」

長門「提督は如月の事件に疑問を持ち続けていた」

長門「そしてわかったのが先の外部による点検だ」

長門「定期的に外部の機関に点検を申し込んではいるが、この時は司令部により臨時の点検がなされていた」

長門「そこで疑問を持った提督は司令部より発信されるデータを徹底的に洗った」

長門「そこで先の暗号の事がわかった」

長門「ただ、本当に司令部びよる陰謀なのか確証が持てなかったため、警告程度の対応ですませたが」

長門「結果はあの通りだ」

36 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:30:51.43 ID:i66LtyLt0

長門「高速修復剤の支給が無かったのも一航戦と五航戦を分断するためだうな」

長門「結局五航戦のどちらも轟沈しなかったが、これはこれで先輩を救う雄姿になってよかったんじゃないか?

長門「だが、これで提督が作戦の全容を知った事がばれてしまった」

長門「あとは簡単だ」

長門「鎮守府が手薄である事を漏らし、襲撃させる」

37 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:33:01.35 ID:i66LtyLt0

長門「そしてどさくさに紛れて提督を誘拐し、提督の残した指令所を発見させる…今思えば都合よく提督の残した作戦指令書が見つかった事を疑問に思うべきだったな」

長門「パワーアップイベントを挟んで鎮守府をあげた総力戦」

長門「激突する両軍、敵の増援、駆けつける味方の援軍」

長門「そして満を持して登場する最強の戦艦大和、世界のビックセブン私と陸奥」

38 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:33:37.46 ID:i66LtyLt0

長門「絶体絶命のピンチには新型空母の大鳳と資源を持った仲間」

長門「まあ大和のやつは私が登場した時点で何か気づいていそうだったが」

長門「かくして艦娘と深海棲艦の一大決戦は艦娘の勝利」

長門「責任はすべて提督になすりつけ」

長門「すっかり逞しくなった主人公吹雪の戦いはこれからも続く」

長門「めでたしめでたし」

39 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:34:17.98 ID:i66LtyLt0


吹雪「…」

吹雪「それが…真実なんですか?」

長門「ああ」

吹雪「長門秘書官はいつこの事に気づいたんですか?」

長門「つい昨日の事だ、提督を以下の罪状で逮捕したという書類が送られてきてな」

長門「遅ればせながら気づいた」

長門「提督も話してくれればよかったのに」

長門「…いや、巻き込みたくなかったのかもしれないな」

40 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:34:55.62 ID:i66LtyLt0

吹雪「…司令官は助けられないんですか?」

長門「冤罪とはいえ司令部が直接工作してるんだ、無理だろうな」

吹雪「…私たちがこの事を証言すれば」

長門「艦娘は兵器扱いだ、証言能力はない」

吹雪「でも…」


41 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:39:20.87 ID:i66LtyLt0

吹雪「…みんなが褒めてくれました」

長門「…」

吹雪「よくやった、すごいねって…」

長門「…」

吹雪「それは全部張りぼてだったんですね」

42 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:42:40.80 ID:i66LtyLt0

長門「…吹雪」

吹雪「…」

長門「確かにお前のやってきた事は全部仕組まれたことかもしれない」

長門「だが、お前の培ってきた水雷魂や友を思う気持ちは本物だ」

43 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:45:35.90 ID:i66LtyLt0

長門「結果を悔いるより過程で学んだ事を想え」

長門「…片棒を担いできた私に言えることではないがな」

吹雪「…」


45 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:52:17.99 ID:i66LtyLt0

吹雪「…そうですね」スッ

吹雪「ありがとうございました」バタン

吹雪「…」

吹雪「とりあえず」

吹雪「改二を目指そうかな」

おわり

46 名前:ザルヴォ[] 投稿日:2015/04/17(金) 19:54:24.94 ID:i66LtyLt0

アニメの提督はあなた自身とかのたまう輩がいたので、如月を轟沈させた理由を考えたら
司令部が悪くなりました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「・・・・・・」イライラ