木曾「悪くない」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「バカシンジが1匹、バカシンジが2匹・・・」

ツイート

1 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 00:09:27.02 ID:RxEhot+/0

お久しぶりです。先日結婚した>>1です(挨拶)
今日なら、失踪してもこのスレの存在が嘘になるのかなと楽な気持ちで立てました。
今回は書き溜めがほぼ無い&忙しいので、ペースがゆっくり目になるかと思います。
またのんびりとお付き合いいただけたらと思います。
今回も拙い文章になると思いますが、よろしくお願いします。

【過去作】
提督・不知火「「不知火(司令)は俺(不知火)のことを嫌っている」」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1426258147/

曙「クソ提督がクソ過ぎる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1426599766/

鳳翔「名前を呼んでください」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427034412/

3 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 00:10:25.37 ID:RxEhot+/0

球磨「あぁ〜落ち着くクマ〜………」

多摩「にゃぁ………」

北上「やっぱりいいねぇ〜落ち着くねぇ〜………」

大井「私は北上さんと一緒ならどこでも落ち着けます♪」

提督「ふぁあ……眠くなってきた………」



木曾「………………」


4 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 00:10:57.96 ID:RxEhot+/0

球磨「提督、そこのみかん取ってほしいクマ」

提督「ん」テワタシ

多摩「ついでに剥いてくれてもいいにゃ」

提督「自分でやれ」

大井「北上さん、はいあーん」

北上「あーん……ありがとね、大井っち」





木曾「………………」プルプル


5 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 00:11:24.40 ID:RxEhot+/0

球磨「やっぱりこたつにはみかんクマ」

多摩「…………ZZZ」

北上「はい、大井っちも」

大井「あぁ、北上さんのあーんなんてっ!」

提督「この白いのが上手く取れないんだよな……」


6 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 00:11:56.11 ID:RxEhot+/0






木曾「いい加減にしろ!!」






7 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 00:12:31.19 ID:RxEhot+/0

木曾「なんで皆してこたつに入ってるんだよ!仕事しろ!!」

皆「えー」

木曾「えーじゃねぇ!やることやらないならこたつ片づけるぞ!!」


8 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 00:13:55.98 ID:RxEhot+/0

球磨「もー、木曾は頭が固いクマ」

多摩「ちょっと休んでただけにゃ」

木曾「ちょっとって毎日じゃねぇか!」

北上「ん〜じゃあ、私達も部屋に戻ろうか」

大井「はい、北上さん♪」

木曾「仕事をしろぉ!!」

提督「まあまあ、落ち着けよ」

木曾「お前にも言ってるんだよ!」

球磨「提督、また来るクマ」

提督「おー」ヒラヒラ

木曾「当分来るな!」




――――バタン


9 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 00:14:59.82 ID:RxEhot+/0

木曾「さあ、仕事の時間だ」

提督「……こたつに入ったままじゃダメ?」

木曾「ダメだ」

提督「うぅ、仕方ないな……」スクッ

提督「あぁ……温もりが………」ストン


10 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 00:15:40.98 ID:RxEhot+/0




木曾「………………」ヒザニストン

提督「ん。これなら暖かい」

木曾「…………仕事」

提督「分かってるよ」

木曾「…………それならいい」ギュッ

提督「木曾は甘えん坊だなぁ〜」ナデナデ

木曾「…………うるさい」


12 名前: ◆i9QjiD6PFk[sage] 投稿日:2015/04/01(水) 00:21:18.51 ID:RxEhot+/0

今日はこの辺で。このお話はどうなるんでしょうかね、楽しみですね(他人事)

ちなみに、Bloodborneは初見一週目24時間でした。
取り逃し多過ぎ……アートブック読んだにも関わらず、魔城カインハーストを見逃すという体たらく。

29 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 20:10:16.26 ID:RxEhot+/0

提督「実は俺、女だったんだ」

木曾「そうか」

提督「………反応薄いぞ」

木曾「そんな分かりきった嘘にどう反応しろっていうんだ」

提督「まあ、何回もシちゃってるしな」

木曾「」ブーッ


30 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 20:10:49.95 ID:RxEhot+/0

提督「おお、それそれ!そういうリアクションが見たかったんだ」

木曾「ば、ば、ば、馬鹿な事言ってないで仕事しろ、仕事!///」

提督「へーい」

木曾「全く……こんな会話他の奴に聞かれでもしたらどうするんだ……」ブツブツ

提督「なー、木曾」

木曾「…今度は何だ?」


31 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 20:11:23.75 ID:RxEhot+/0






提督「俺は木曾が大好きだ。愛してる」






木曾「……………それはエイプリルフールの嘘か?」

提督「どっちだと思う?」

32 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 20:11:59.16 ID:RxEhot+/0






木曾「……………俺はお前のことが大嫌いだよ」





提督「……………それは本心か?」

木曾「さあな」


33 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/01(水) 20:12:32.36 ID:RxEhot+/0

提督「そうやってはぐらかすのはずるいぞ!」

木曾「なっ!先にぼかしたのはそっちだろ!」

ワーワーギャーギャーイチャイチャ



―執務室の外―

球磨「………今日もあの二人は平常運転クマ」

多摩「外まで丸聞こえだにゃ。よく木曾は隠せてると思えるにゃ」

球磨「そっとしておくのもお姉ちゃんの役目だクマ………」


34 名前: ◆i9QjiD6PFk[sage] 投稿日:2015/04/01(水) 20:19:47.15 ID:RxEhot+/0

もう分かってるかもしれませんが、今作の二人はすでにケッコン済です。
今まで両想い→ケッコンENDだったので、少し変えてみました。
結婚済だと短編集になりますね。完を付けた方が良かったですね。

37 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/02(木) 23:56:01.15 ID:S1Z0b6vS0

提督「なぁ、木曾」

木曾「なんだ?」

提督「木曾って皆の前では甘えてこないよな。なんでだ?」

木曾「そ、そんなの恥ずかしいからに決まってるだろ!」

提督「えー、可愛いのにー」

木曾「なっ……///」


38 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/02(木) 23:56:31.16 ID:S1Z0b6vS0

提督「球磨達には甘えたりするのか?」

木曾「しねぇよ!大体、あの姉貴達に甘えられると思うのか?」

提督「…………無理だな」

木曾「だろ?」

提督「ああ。やるときはやってくれるが、普段はなぁ……」

木曾「ま、そういうことだ。それに………」

提督「それに?」


39 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/02(木) 23:57:11.87 ID:S1Z0b6vS0









木曾「…………俺が甘えたいのはお前だけだからな」









40 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/02(木) 23:57:59.24 ID:S1Z0b6vS0

提督「………………」

木曾「………………なんか言えよ」

提督「あーもう、木曾は可愛いなぁ!!」ナデナデ

木曾「っ!声がでけぇよ!!///」

提督「いいじゃないか!皆にも聞かせてあげたいくらいだ!!」

木曾「やめろぉ!」

提督「あっ!でも二人だけの秘密って感じでいいかもな!!」

木曾「その口を閉じろ!」


41 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/02(木) 23:58:57.47 ID:S1Z0b6vS0

提督「………口を封じるなら、いい方法があるだろ?」

木曾「え……?い、いや、まだ昼間で……」

提督「あー、なんか叫びたくなってきたなー」

木曾「分かった!分かったよ!!」





――――チュ

木曾「こ、これでいいだろ!?///」

提督「あーそんな短いのだと、唇が潤って逆効果だー」

木曾「〜〜〜〜〜っ!」


42 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/02(木) 23:59:48.58 ID:S1Z0b6vS0

提督「あー、今にも想いが溢れて止まらなそうだー」

木曾「くっ!」ガバッ








木曾「ちゅ…………んっ…………は………ぁ………………」








木曾「こ、これで…どう……だ?///」ウワメヅカイ

提督「…………堪えられなくなりそう」

木曾「なっ!!///」

提督「…………ダメか?」

木曾「……………………仕事終わってからなら///」

提督「じゃあ、さっさと仕事片づけようか!!」ウデマクリ

木曾「…………おう///」





49 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/03(金) 21:58:48.15 ID:WXc518o/0

夕立「提督さん!夕立がんばったっぽい!!」

提督「おー、見てたぞ。MVPなんて凄いじゃないか」

夕立「褒めて褒めて〜!」ズイッ

提督「おお、よしよし」ナデナデ

夕立「えへへ〜♪」

時雨「…………」ジッ

提督「時雨もこっちにおいで」

時雨「いいのかい?」

提督「もちろん」

時雨「じゃあ……」スススッ

提督「」ナデナデ

夕立「〜♪」

時雨「………」ニコニコ


50 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/03(金) 22:00:36.30 ID:WXc518o/0

鈴谷「提督、鈴谷甘いものが食べたくなってきたなぁ〜」チラッ

提督「へー」

鈴谷「………もー、そこは気を利かせて用意する流れでしょ〜」

提督「あいにく、菓子は切らしてるんだ」

鈴谷「えー……提督と食べるおやつの時間楽しみにしてたのにー………」

提督「…………はぁ、しょうがない。間宮のとこに行くか?」

鈴谷「…………奢り?」

提督「…………今回だけだぞ」

鈴谷「やりぃ!提督大好き!」

提督「おーおー、現金なことで」


51 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/03(金) 22:01:11.07 ID:WXc518o/0

金剛「テートクゥー!バーニングラーブ!!!」ダキッ

提督「おわっ!危ないから急に抱き付くなよ!」

金剛「最近テートク成分が足りなかったカラ、補給するのデース!」スリスリ

提督「提督成分ってなんだよ……」

金剛「ワタシの動力源デース!テートクと触れ合うことで補給されマス!」

提督「お前の動力源安いな」


52 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/03(金) 22:02:05.63 ID:WXc518o/0

北上「……木曾っちってさ、提督を止めるようなことしないよね」

木曾「いきなりどうしたんだ、北上姉?」

北上「いや、提督が他の女の子と一緒にいても止めないなぁと思って」

木曾「まあ、艦娘とのコミュニケーションも提督の仕事だからな」

北上「抱き付くとかは行き過ぎじゃない?」

木曾「それだけ部下から好かれてるってことだろ。止めはしないさ」

北上「嫉妬したりとかはないの?」

木曾「俺はあいつを信頼してるからな。嫉妬なんてしないさ」

北上「そういうものなのかねぇ〜?」

木曾「そういうもんさ」



球磨・多摩「…………………」


53 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/03(金) 22:03:48.73 ID:WXc518o/0

―その夜・執務室―


木曾「……………今日は4人に甘えられてたな」

提督「……………」

木曾「別に咎めてるわけじゃないぞ?ああいうのも仕事の内だからな。…………ただ…その分……」モジモジ

提督「…………今夜は眠れないな」

木曾「……………ああ、離さない」ギュッ



―廊下―


球磨(提督が甘えられる度にこれクマ………)

多摩(どこが嫉妬してないんだにゃ………)

※二人きりのときの様子は球磨型の上二人によって隠蔽されています





57 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/04(土) 23:27:49.49 ID:CWBj5d9a0

【とある夜、布団にて】


提督「そういえば、なんで木曾って眼帯してるんだ?」

木曾「今はしてないじゃないか」

提督「普段だよ、普段」

木曾「………………」


58 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/04(土) 23:28:56.09 ID:CWBj5d9a0

提督『木曾、眼帯取ってみてくれよ』

木曾『………なぜだ?』

提督『木曾の全てを知りたいからな』

木曾『……………そんなことを言われたら断れないじゃないか』

提督『……嫌だったなら別にいいぞ?』

木曾『いや、いいさ』シュル

木曾(左右で色が違い、傷もある……ふっ、人に見せられるものじゃないんだがな)


59 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/04(土) 23:29:43.18 ID:CWBj5d9a0

木曾『………どうだ?不気味で面白味も―――』

提督『………か』

木曾『か?』

提督『かっこいい………』

木曾『………は?』

提督『オッドアイで傷痕だと……?これはイケメン度が増すな。これなら普段も外した方が………いや、普段眼帯で隠しているからこそ切り札的なかっこよさが出るんだ。普段は眼帯、ここぞという時に外すのが正解か』ブツブツ

木曾『………不気味じゃないのか?』

提督『不気味だなんてとんでもない!かっこよさの塊じゃないか!』

木曾「そ、そうか」

提督『ああ!それに………』


60 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/04(土) 23:30:17.72 ID:CWBj5d9a0











提督『俺は木曾の全てが好きだからな!』










木曾『〜〜〜〜っ!』

提督『お、どうした?茹でダコみたいだな』ニヤニヤ

木曾『う、うるさいっ!不意打ちは卑怯だろ!///』


61 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/04(土) 23:30:49.90 ID:CWBj5d9a0

木曾「………なんでだったかな?忘れちまった」

提督「しっかり者の木曾が忘れるなんて珍しいな」

木曾「そんな理由なんてどうでもよくなったんだろ」フッ






67 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 00:13:31.34 ID:NpVCdg+m0

提督「木曾」

木曾「なんだ?」

提督「俺の行動に嫌なことがあったら言ってくれ。直すからさ」

木曾「……どうした?らしくないな」

提督「………………もしかして、俺はお前の嫌がってることをしてるんじゃないかと心配になってな」

木曾「………………ちょっとこっちに来てくれ」

提督「?ああ」テクテク


68 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 00:14:27.57 ID:NpVCdg+m0

――――チュ

木曾「嫌ならとっくに言ってるさ」





提督「…………木曾」

木曾「なんだ?」





提督「愛してる」

木曾「俺もお前を愛してるよ」







69 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 00:15:13.24 ID:NpVCdg+m0

提督「…………」ピッ

木曾「ん?なんだ今の音――――」



録音機『俺もお前を愛してるよ』



木曾「」

提督「これで、木曾がいないときも安心だ」ホクホク

木曾「消せぇええええええええええええ!!!!」カオマッカ

提督「これでいつでも愛の告白が聞ける!」ダダダッ

木曾「あっ、逃げるな!!」


70 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 00:16:24.06 ID:NpVCdg+m0






木曾「………ったく、そんなのいつでも言ってやるのに」ボソッ

提督「本当?」ヒョコ

木曾「なっ!?に、逃げたんじゃなかったのか!?」

提督「いや〜、早速聞きたいな!木曾の愛をっ!!」

木曾「あっ………うぅ……………」モジモジ





木曾「………そ、その………俺はお前のことが大好き……だぞ?」ウワメヅカイ

提督「」●REC

木曾「」

提督「あぁ……幸せだぁ………」ウットリ

木曾「今すぐ消せぇえええええええええええええええええええ!!!」






71 名前: ◆i9QjiD6PFk[sage] 投稿日:2015/04/05(日) 00:18:54.45 ID:NpVCdg+m0

提督をイケメンにさせないスタイル。
このスレはあと2、3日くらいで終わるかと思います。もう少しだけお付き合いください。

78 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 11:34:04.51 ID:NpVCdg+m0

北上「はぁー……お鍋美味しかったねぇ〜」

球磨「絶品だったクマ」

多摩「知らぬ間に腕を上げたにゃ」

大井「もう私を越えてるわね」

提督「ふふん、だろう?」ドヤッ

木曾「なんでお前が威張ってるんだよ……」

提督「お嫁さんを褒められて悪い気はしないからな!」

木曾「っ!///」

北上「ひゅ〜っ!お熱いねぇ〜」

大井「まるで北上さんと私みたいですね!!」

北上「え?」

大井「え?」


79 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 11:34:56.02 ID:NpVCdg+m0

球磨「大井のことは置いといて、木曾の料理の腕が上がったのは提督のおかげクマ」

多摩「大井や鳳翔さん、間宮さんにも料理を教わりに行ってたにゃ」

木曾「な、な、な、なんでそれを!?」

球磨「ふっふっふ〜あまりお姉ちゃんを舐めない方がいいクマ」

提督「木曾……俺のためにそんな努力を………」

木曾「い、いやそれは俺がやりたかっただけだ!」

多摩「顔真っ赤で否定してもバレバレにゃ」

提督「木曾ーーーーー!ありがとう!!大好きだぞぉおおおおおおおおおお!!!」ダキッ

木曾「なっ!や、やめっ、姉貴達がいるからっ!!///」


80 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 11:35:27.65 ID:NpVCdg+m0

球磨「球磨は置物クマ〜」

多摩「多摩はお休み中にゃ」

北上「私は何も見てないなぁ〜」

大井「私には北上さんしか見えません!」

提督「だってよ。問題ないな!」ナデナデ

木曾「くそぉおおおおおおおおおおおおおおおお!!」


81 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 11:37:14.48 ID:NpVCdg+m0

提督「うん、満足した」キラキラ

木曾「」プシュー

北上「提督が木曾っちをひとしきり愛で終わったところで、ゲームでもしない?」

提督「ゲームはいいが、何をやるんだ?」

北上「王様ゲームだよ〜」

提督・球磨・多摩・大井「「「「!!」」」」

82 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 11:37:47.44 ID:NpVCdg+m0

提督(普段見れない木曾の一面が見れるかもしれない!!)

球磨(これを使って提督と木曾を更にくっつければ………)

多摩(ケッコンカッコガチ待ったなし、にゃ)

大井(北上さんとあんなことやこんなことが出来る!!!)



提督・球磨・多摩・大井「「「「乗った!!!!」」」」

北上「お、おお……そんな賛成してもらえるとは思わなかったよ……」タジロギ


83 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 11:38:20.11 ID:NpVCdg+m0

北上「まあ、準備はしてあるから早速やろうか。ほら、木曾っちも起きて〜」ペシペシ

木曾「………はっ!俺は一体何を!?」

北上「王様ゲームをやるから木曾っちもくじ持ってよ」

木曾「あ、ああ………」

提督・球磨・多摩・大井「「「「王様王様王様王様王様王様王様王様王様王様王様」」」」ブツブツ

木曾「………正直やりたくないんだが」

北上「………私も提案したことちょっと後悔してるよ」

木曾「まあ、でもここで断ったら何されるか分かんねーし……」クジニギリ

北上「やるしかないね……」クジニギリ

90 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:02:05.05 ID:NpVCdg+m0




全員「「「「「「王様だーれだ!!!」」」」」」



木曾「お、俺だな」

提督「王様、自分を巻き込んだ命令してもいいんだぞ?」

木曾「わざわざそんなことするわけねーだろ!3番が歌うで」


91 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:02:43.27 ID:NpVCdg+m0

多摩「にゃ!?」

木曾「お、多摩姉が3番か」

提督「へー、多摩が歌ってるところなんて見たことないな」

北上「そういえば私もないな〜」

大井「私もないですね。どれ程の物なのか気になります」

多摩「恥ずかしいけど、王様の命令なら仕方ないにゃ……」

球磨「あー……」

木曾「球磨姉は多摩姉の歌聞いたことあるのか?」

球磨「あるクマ。多摩はマイクを持つと………」


92 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:03:40.81 ID:NpVCdg+m0











多摩「1、2、3、はいっ!!」

カーンコレーカーンコレーカーンコレー

球磨「……性格が変わるクマ」

提督・木曾・北上・大井「」ポカーン


93 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:04:13.69 ID:NpVCdg+m0

多摩「〜♪」

多摩「……どうだったかにゃ?」

木曾「多摩姉にこんな特技があったとは……」

大井「まさかここまで上手いとは思いませんでした……」

北上「那珂ちゃん並だよ……」

提督「……いっそ那珂ちゃんとユニット組むか?」

多摩「そんなめんどくさいことお断りにゃ」

球磨「なんにせよ、次行くクマ」


94 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:05:07.87 ID:NpVCdg+m0




全員「「「「「「王様だーれだ!!!」」」」」」



球磨「球磨が王様クマ!」

木曾「変な命令はやめろよ?」

球磨「そんなことはしないクマ。木曾が提督にちゅーしろクマ」

木曾「名指しじゃゲームにならねぇだろ!!」

提督「俺は構わん」

木曾「いやいやいや、駄目だからな!?」

球磨「じゃあ、木曾は何番クマ?」

木曾「俺は………って番号聞くのもなしだ!!」

球磨「ちっ」

木曾「舌打ちすんな!」

球磨「じゃあ、4番が1番を愛でるクマ」


95 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:05:58.56 ID:NpVCdg+m0

提督「愛でるって何すればいいんだ?」←4番

球磨「なでなでとかでいいクマ」

提督「分かった。それで、1番は誰だ?木曾か?」

木曾「……俺じゃねーぞ」

提督「じゃあ、多摩か?」

多摩「多摩でもないにゃ」

北上「私でもないよ〜」

提督「………ということは」

大井「………そうです、私ですよ。何か文句でもありますか?」

提督「いや、俺に文句はないけど……お前はいいのか?」

大井「王様の命令なら仕方ないでしょう。さっさと終わらせてください」


96 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:07:09.63 ID:NpVCdg+m0

提督「分かった。じゃあ、ほら」ポンポン

大井「………え?」

提督「え?」

大井「………な、なんで膝に座らなきゃいけないんですか!?」

提督「いつも木曾にこうしてるんだけど……?」

大井「なんで私がそんなことを!?普通に撫でるだけでいいじゃないですか!!」

球磨「…………いや、大井。それもやるクマ」

大井「!?」

多摩(「いいのかにゃ?」)

球磨(「提督が他の人と仲良くすれば、木曾も積極的になるはずクマ」)

多摩(「なるほどにゃ」)


97 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:08:15.79 ID:NpVCdg+m0

北上「大井っち早く早く〜」

大井「北上さんまで………ああ、もう!やりますよ!やればいいんでしょ!?」ストン

提督「じゃ、さっそとやろうか」ナデナデ

大井(………あ、これ落ち着くかも…………)トロン

球磨「………………」

木曾「………なんだよ」

球磨「なんでもないクマ〜」ニヤニヤ

木曾「………………」


98 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:09:25.43 ID:NpVCdg+m0

提督「………これいつまでやればいいんだ?」ナデナデ

球磨「大井が満足するまでクマ」

提督「そうか。大井〜もういいか〜?」ナデナデ

大井「………………」

提督「大井ー?」ナデナデ

大井「………はっ!?な、なんですか?」

提督「いや、もう満足したかなって」

大井「そ、そうですよ!いつまでやってるんですか!!」スクッ

提督「どかなかったのはお前なんだけど………」


99 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:10:04.38 ID:NpVCdg+m0

北上「いや〜大井っち気持ちよさそうだったね〜」

大井「き、北上さん!?べ、別にそんなことは……」

北上「いや〜、あんな大井っち初めて見たよ。私もやってもらおうかな〜?」

大井「………………」カオマッカ

木曾「………次行こう」

球磨「お、木曾も乗り気になったクマ?」ニヤニヤ

木曾「……いいだろ別に。ほら、早く」


100 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:10:45.16 ID:NpVCdg+m0




全員「「「「「「王様だーれだ!!!」」」」」」



大井「………………」

北上「大井っち?」

大井「………はっ!私が王様ですね」

提督「どんな命令だ?」

大井「う、うるさいです。こっち見ないでください」フイッ

提督「………………」ショボン

木曾「………………」

球磨(これは面白いことになってきたクマ!)


101 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:11:31.30 ID:NpVCdg+m0

大井「………そうですね。北上さ………2番の人が私の好きなところを言うで」

球磨「2番は誰クマ?」

大井「もちろん北上さんですよね!?そうですよね!?」

北上「え?私じゃないよ〜」

多摩「多摩でもないにゃ」

木曾「………………」

大井「………………まさか」

提督「俺だな」


102 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:12:15.24 ID:NpVCdg+m0

大井「あ、じゃあ1番の方で」

球磨「命令の変更は許可できないクマ〜」ニヤニヤ

多摩「おとなしく従うにゃ」ニヤニヤ

大井「そんな………」

北上「よかったね、大井っち〜」ニヤニヤ

大井「よ、よくないです!最悪ですよ!!」

木曾「………………」

多摩(流石に気分が高揚するにゃ!!)

提督「………悪かったな、俺で」

大井「………いえ、さっさと済ませてください」


103 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/05(日) 23:12:47.33 ID:NpVCdg+m0

提督「そうだな………じゃあ」

提督「まず、料理上手なのがいいな。バレンタインのチョコも美味かったよ。木曾に料理の手解きしてくれていたみたいで感謝してる。ありがとう。それに、何かと気を配れているのもいいな。、きちんと駆逐艦をサポートをしたり、フォローをしたりしているな。戦力としても頼りになるし、大井にはかなり助けられてるよ。それに――――」

大井「も、もう十分です!」カオマッカ

提督「ん、そうか?」

大井「は、はい」

北上「大井っち林檎みたいだねぇ〜」

大井「うぅ〜………早く次に行きましょう!!」

木曾「………………」

111 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/06(月) 22:32:30.27 ID:IgIIAwM+0




全員「「「「「「王様だーれだ!!!」」」」」」



北上「お、私だね〜」

大井「北上さん!私の番号は―――むぐっ」

球磨「ルール違反は許さないクマ」

大井「むぐーーーーっ」

木曾(さっきルール破ろうとしたのによく言えるな……)

北上「そーだねー……じゃあ、5番の人にマッサージしてもらおうかな」


112 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/06(月) 22:33:20.95 ID:IgIIAwM+0

大井「むぐぐーーーっ」ジタバタ

球磨「自分じゃないからって暴れるなクマ」

北上「さてさて、5番は誰ですか〜?」

提督「………なんかさっきから俺ばかりなんだが」

大井「!?!?むぐ、むぐっ!!!」

球磨「大人しくしないとお仕置きするクマ」

大井「」ピタッ

球磨「よし。次のクジまで大井は喋るの禁止だクマ」


113 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/06(月) 22:33:56.07 ID:IgIIAwM+0

北上「おっ、提督か〜よろしくねぇ〜」

提督「はぁ……まあ、いいけどさ。そんじゃ、うつぶせになってくれ」

北上「は〜い」

木曾「………………」

多摩(「流石にそろそろ提督と木曾をくっつけないとやばくないかにゃ?」)

球磨(「心配ないクマ。多分提督と多摩が王様になっておしまいだクマ」)

多摩(「なんでそうと分かるんだにゃ?」)

球磨(「野生の勘クマ」)


114 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/06(月) 22:35:01.97 ID:IgIIAwM+0

提督「じゃ、始めるぞ〜」グニグニ

北上「あ〜……いいねぇ………痺れるねぇ〜………」

多摩「あ、飲み物が切れたにゃ」

大井「」パタパタ

多摩「?大井、どうしたにゃ?」

北上「あー……多分、私達の部屋に飲み物があるって伝えようとしてるんじゃないかなー」

大井「」コクコク

球磨「おお、それはちょうどいいクマ。木曾、取ってこいクマ」

木曾「なんで俺が……」スクッ

球磨「お姉ちゃんはそう言いつつも取りに行ってくれる木曾が大好きクマ」

木曾「そりゃどうも……」バタン


115 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/06(月) 22:35:49.56 ID:IgIIAwM+0

……………………………………



提督「………っと、こんなもんでどうだ?」

北上「いや〜気持ちよかったよ、ありがとねっ!」

提督「どういたしまして」

北上「また頼んでもいい〜?」

提督「暇な時ならな」

北上「楽しみにしとくね♪」

球磨「さ、夜も更けてきたし次行くクマ!」


116 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/06(月) 23:53:18.43 ID:IgIIAwM+0




全員「「「「「「王様だーれだ!!!」」」」」」



提督「お、やっと俺か」

木曾「!」

北上「お、提督が王様か〜」

大井「変な命令したら魚雷撃ちますよ」

提督「そうだなー……何にしようか………」

提督(くっ、ここからだとギリギリ木曾の番号が見えん!どうする……)

多摩「………3」ボソッ


117 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/06(月) 23:55:18.07 ID:IgIIAwM+0

提督「………じゃあ、3番が犬耳装着して何かグッとくる一言を言う」

木曾「なっ!?なんだよその命令!」

北上「そう言いつつもちょっと嬉しそうだね〜?」ニヤニヤ

木曾「そ、そんなわけないだろ!」

提督(「どうやって木曾の番号を?」)

多摩(「さっき木曾が飲み物取りに行ったとき、鏡をずらしたにゃ」)

提督(「なるほど」)


118 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/06(月) 23:56:08.19 ID:IgIIAwM+0

木曾「第一、犬耳なんてどこにも―――」

提督「こんなこともあろうかと用意しておきました」スッ

木曾「なんであるんだよ!」

提督「そんな事はどうでもいいんだ。重要な事じゃない」

球磨「さあ早く付けるクマ」

木曾「分かったよ、付ければいいんだろ!?」シャキーン

提督「かわいい(かわいい)」パシャパシャ

木曾「写真撮るな!!」

提督「おう、すまんすまん」●REC

木曾「動画もやめろ!!」


119 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/06(月) 23:57:17.48 ID:IgIIAwM+0

多摩「木曾、早くグッとくる一言を言うにゃ」

木曾「グッとくる一言って何を言えばいいんだよ……」

大井「」ミミウチ

木曾「そ、そんな恥ずかしい事言えるわけないだろ!?///」

提督「言っとくけど、俺がOK出すまで何回でもやってもらうからな?」

木曾「ぐぅ………分かった!分かったよ!!」

提督「球磨、ビデオは任せたぞ」

球磨「了解クマ」●REC

木曾「…………て、提督!」

提督「おう」


120 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/06(月) 23:57:55.16 ID:IgIIAwM+0











木曾「……お、俺はお前のペットだ………だから、好きにして……いいぞ?」ウワメヅカイ&カオマッカ











121 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/06(月) 23:58:46.67 ID:IgIIAwM+0

提督「………………大井」

大井「はい」

提督「今度奢る」

大井「ありがとうございます♪」

木曾「うぅ………恥ずかしすぎて死にそうだ………」

提督「木曾」

木曾「な、なんだよ……」

提督「今夜、楽しみにしてる」ボソッ

木曾「っ!!///」

提督「さぁ、遅くなってきたし次でラストにしようか!!」キラキラ

北上「そうだね!」

大井「はい!」

球磨「クマ!」

多摩「にゃ!」

122 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 00:00:06.51 ID:H6QgER6D0




全員「「「「「王様だーれだ!!!」」」」」



多摩「多摩が王様にゃ!」

北上「最後だからね、凄いの頼むよ!」

多摩「任せておくにゃ」

多摩(「提督何番?」)

提督(「1番だ」)

多摩(「了解にゃ」)


123 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 00:00:46.81 ID:H6QgER6D0

多摩「1番と2番がポッキーゲームにゃ!」

北上「お〜最後に相応しいね!」

大井「それで、1番と2番は?」

球磨「提督と木曾クマ!」

提督「よし、木曾やろう」クワエ

木曾「えぇ!?いや、それは……」


124 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 00:01:38.24 ID:H6QgER6D0

木曾「……!そうだ、犬にチョコレートは毒だろ!?だから―――」



提督「お前は人間だろ」

球磨「何を言ってるクマ」

多摩「狂ったかにゃ」

大井「頭大丈夫ですか?」



木曾「解せねぇ……」


125 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 00:02:55.85 ID:H6QgER6D0

北上「ほら、木曾っち早く早く〜♪」グイグイ

木曾「分かったから、押さないでくれ!」

木曾(そうだ、ポッキーゲームなんだから適当なところで離れればいいのか!流石に姉貴達の前でキスはな………)

木曾「ほら、咥えたぞ」パクッ

提督「よし、スタートだ」カリカリ

木曾「………」カリカリ

北上「おお……なんかこっちまでドキドキするね……///」

大井「そうですね(初心な北上さん可愛い)」


126 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 00:03:36.18 ID:H6QgER6D0

球磨「あと5cmクマ!」

多摩「3cmにゃ!」

木曾(………この辺で―――)

提督「」ガシッ

木曾「!?」





提督「はむっ……じゅるっ……」
木曾「んっ……ちゅっ………は……ぁ……………」





北上「……これが………大人の………」

大井「………すごい…………」


127 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 00:04:28.14 ID:H6QgER6D0

提督「ふぅ……ポッキー、美味しかったぞ」

木曾「ぅ……ぁ………」トロン

球磨「じゃ、球磨達は戻って寝るクマ」

多摩「ほら、ぼーっとしてないで行くにゃ」スタスタ

北上「……え?あ、うん」スタスタ

大井「ぼ、ぼーっとなんてしてません!」スタスタ

球磨「提督」

提督「なんだ?」


128 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/07(火) 00:05:07.06 ID:H6QgER6D0

球磨「食べるときは優しくしてあげてほしいクマ」

提督「………善処する」

――――バタン



提督「………さ、木曾」

木曾「んぁ………?」ボー

提督「さっきの言葉通り、好きにさせてもらうぞ………」






131 名前: ◆i9QjiD6PFk[sage] 投稿日:2015/04/07(火) 00:11:26.79 ID:H6QgER6D0

予想以上に長くなりましたが、このSSは明日で終わりです。
本編が短編集なので、おまけはなしです。詳しい話はまた明日。お疲れ様でした。

134 名前: ◆i9QjiD6PFk[saga] 投稿日:2015/04/08(水) 00:14:41.71 ID:BUUnPe8M0

―――――――――――――
――――――――――
――――――――

木曾「……最近遊んでばかりで、出撃してないんだが?」

提督「このところ敵の動きも落ち着いてきてるからな」

木曾「このままじゃ体が鈍っちまうぞ」

提督「でも、その分一緒にいられる時間が長くなっていいじゃないか」

提督「そう考えると出撃が無いってのもいいもんだろ?」

木曾「……………ああ、悪くない」




木曾「悪くない」



135 名前: ◆i9QjiD6PFk[sage] 投稿日:2015/04/08(水) 00:20:20.95 ID:BUUnPe8M0

というわけで、木曾編おしまいです。お付き合いいただきありがとうございました。
次回作がどうなるかは未定です。いつになるかは分かりませんが、ある程度書き溜め作ったらまたスレ立てます。
その時はまた、生暖かい目で見守っていただけると幸いです。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ジャイアン「安価でのび太いじめる」