提督と艦娘のちょっとしたお話


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みくる「な、なんなんですか?ここどこですか?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/03/24(火) 22:32:30.84 ID:6IiMbE4+0

頭の中に浮かんだちょっとした短編(?)を書くだけ
地の文マシマシ
初心者

そんなSSです

2 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/03/24(火) 22:33:07.77 ID:6IiMbE4+0

隼鷹とお酒

3 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/03/24(火) 22:33:46.23 ID:6IiMbE4+0

今、俺たちの顔は赤い。

何故ならアルコールが入っているからだ。

相手は隼鷹とである。

執務が終わり廊下を歩いてるところでばったりと会い、久々に飲まないか、と誘われたのである。

特に断る理由もなく、久々に酒を飲みたくなったため二つ返事で誘いに乗ってしまったのである。

そして俺たちは居酒屋鳳翔へとやって来た。

ここは居酒屋とは言ったものの、様々な種類の酒がある。

酒の好きな艦が多いため種類が増えていったのである。

とりあえず俺は日本酒といくらかのツマミを注文した。

飲み会が始まったばかりの頃は静かだったものの、酒が入り始めると喧しくなってくる。

喋ることは、愚痴や下らない話ばかりである。

やれ、休日が少ないだの、鎮守府には幽霊が出るだのなんだの。

そんなことばかりである。

4 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/03/24(火) 22:34:35.06 ID:6IiMbE4+0

ある程度酔いが回った所で隼鷹から奢ってくれと頼まれた。

酔った俺は気分が良かったため、これまた二つ返事でOKを出してしまったのである。

そういうと彼女は満面の笑みを見せたのであった。

彼女は

「提督は気前がいいねぇ。やっぱり男はそうでなくちゃな!今日は提督がカッコ良く見えるぜ!」

などと言った。

俺がカッコいいのは何時ものことだし、おだてても何も出ないぞ?と言うと

「おだてたらほら、酒代が出るだろ?それとトイレに行って自分の顔を鏡で見て来いよ」

とケラケラと楽しそうに言うのである。

やはり隼鷹と酒を飲むのはなんだかんだ楽しいのである。

5 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/03/24(火) 22:35:49.43 ID:6IiMbE4+0

俺は目が覚めた。

どうやら眠ってしまったようである。

隼鷹の奴は一升瓶を抱えながら寝ているようである。

漫画やドラマの世界の光景というものは案外現実世界でも見れるのかもしれない。

そんなことを思いながら毛布をたたんでいると

「あら、目が覚めましたか?」

と鳳翔さんがでてきた。

店で寝てしまって申し訳ない…と言うと

「いえ、別に大丈夫ですよ。それよりお会計はどうします?二人で払いますか…?」

と鳳翔さんは言った。

俺が全部払います、鳳翔さんに言うと

「そうなんですか…ではこちらが金額になりますね…大丈夫ですか?」

と鳳翔さんは言った。

鳳翔さんの何とも言えない表情と言葉が気になったが、俺は領収書を見る。

そこで俺は目を疑った。

「隼鷹さんったら店のほとんどのお酒を飲んでしまって…金額も凄い事になってしまったんですよ…」

あの女どんだけ飲んだんだよ…人間じゃねぇ…化け物だ…!

いや…そもそも人間じゃないな…

と現実逃避紛いの思考が頭を巡る。

そもそも、持っている金額が足りない。

ここはクレジットカードが使えず、現金での支払いしかできないからである。

しばらくの間はお金を下ろす暇がない。

さてどうしたものか…誰かに借りようかと悩んでいると

「別にツケでも私は構いませんよ…。いつでもお支払いは大丈夫ですから。」

と鳳翔さんは言ってくれた。

とても有難く、また、とても情けなかった。

そもそもこの金額は予想外であり、奢りと言っても限度があるだろうに…

頭が痛くなってきた…。

「提督…大丈夫ですか?顔が青いですよ…。」

隼鷹には二度と酒を奢らない。そう心に決めたのであった。

6 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/03/24(火) 22:36:19.46 ID:6IiMbE4+0



7 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/03/24(火) 22:38:54.59 ID:6IiMbE4+0

こんな感じで、ちょこちょこ思いついた短編を上げて行きます
ネタが思いついたら書くので不定期です

10 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/03/30(月) 22:24:26.59 ID:nE6dJihB0

飛龍とお花見

11 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/03/30(月) 22:28:57.31 ID:nE6dJihB0

今、俺は花見にきている。

花見と言ってもちょっとしたピクニックの様なものである。

天気が良く気持ちの良い日だったので昼休憩中に外へ出てきただけである。

ここで昼食をとったらまた執務があると考えると憂鬱だが、今はそれを考えないでおこう。

桜は8分咲きと言ったところであろうか。

俺は木の幹に背中を預け、買ってきた弁当をつまむ。

そして俺は空を見上げる。

雲一つない快晴に心地よい風、降ってくる桜の花びら。

ご飯の上に桜の花びらが乗っかる。これもまた風流である。

俺が歌人ならばここで歌の一つや二つ詠むのになぁ…

などと、そんなことを考えているうちに買ってきた弁当を平らげてしまった。

本当ならば酒の一、二杯はやりたいのだが、昼から飲むのもどうかと思い躊躇われた。

実に綺麗だ。

12 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/03/30(月) 22:29:50.90 ID:nE6dJihB0

本当に気持ちの良い日である。

こんな日に仕事なんてしたらバチが当たってしまう。

きっと暖かさでうっかり昼寝をしてしまい、うっかり執務に遅れてしまっても皆許してくれるだろう。

だからサボってもいいんだよ。

そんな悪魔の囁きが聞こえた気がした。

そんなことはいけない、と頭の中では分かっていた。

しかし、一度このような思考がででくるとそれを振り払うのは困難である。

俺もたまには不真面目になってもいいだろう。

そう思い俺は瞼を閉じた。

13 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/03/30(月) 22:31:21.42 ID:nE6dJihB0

不意に誰かの声がした。

目を開けてみるとそこには飛龍が立っていた。

「何寝てるんですか!もう…。午後にも執務があるでしょ?」

「これはただの仮眠だし…午後の執務は普段通りやろうと思っていたんだよ…。本当だよ?」

「そんなこと言って…提督は一度寝たらなかなか起きないでしょう?サボろうたってダメなんですからね!」

全てを見透かされていたようだ。

「そもそも何でここに居るのが分かったんだ?エスパー?」

「提督が外に出て行くの見えたからです。残念でしたね。」

と言いながら俺の横に座る。

「それにしてもやっぱり桜は綺麗ですね〜。 ね!今度鎮守府の皆でお花見しましょうよ!きっと楽しいですよ!」

と言うと彼女は花見の計画について語り始めた。場所や持ち物、起こり得るであろう出来事などについてである。

話がひと段落ついた所で

「実は俺、桜より好きなのがあるんだよ。わかる?」

「え?そうなんですか?そうですねぇ…梅とかですか?」

「いや違う…そうじゃないんだな…良い線はいってると思うぞ」

「うーん…わかりませんね…答えはなんですか?」

「実はだな…"もも"が好きなんだよ。"もも"が。」

「"桃"ですか…提督もなかなかにしぶい…って何やってるんですか!」

「何って…俺は"もも"が好きって言っただろ?」

俺は飛龍の"もも"に頭を預けながらそう言った。

「提督…オヤジギャグですか…」

と眉をひそめて彼女は呆れるのである。

14 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 投稿日:2015/03/30(月) 22:32:19.54 ID:nE6dJihB0

後頭部が柔らかく、良い匂いに包まれ、昼食を食べた直後で、暖かい。

これだけの条件が揃うと少しばかり寝たとは言え、また眠くなってくるのである。

幸いに昼休憩終了までまだ時間はある。

そこで俺は二度目の睡眠を取ることにした。

「30分だけ寝る、そしたら起こしてくれ…」

「もう…しょうがない人ですね…」

と微笑みながら頭を撫でてくれた。

そして俺は再び瞼を閉じた。




俺たちが午後の任務に遅刻したのは言うまでもない。






ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:マリ「はにゃ?何か悪い事でもしたかにゃ?」シンジ(ジト・・)