女提督「これは?」金剛「バレンタインプレゼントの黒トリュフデース!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:マリ「やっほーワンコくん!」シンジ「は?」

ツイート

1 名前: ◆47gaNFJlIw[sage] 投稿日:2015/02/14(土) 22:05:14.00 ID:68sNKr4No

百合、キャラ崩壊注意


提督「トリュフ?」

金剛「イエス! 黒トリュフデース!」

提督「今日バレンタインよね?」

金剛「ザッツライ! この日のために大枚はたいて買ったんですヨー!」

提督「それはまあうれしいけど」

金剛「リアリィ?」

提督「え、ええ、トリュフの中でも結構値が張りそうな感じだし」

金剛「さすが提督! アイがハイ!」

提督「普通にお目が高いって言いなさいよ」

金剛「バレンタインのプレゼントにも一工夫するべきだって比叡から言われましてネー、霧島がトリュフなんていかがですかとアドバイスをくれたんですヨー」

提督「そう、ちゃんと言いなさいよね霧島」

金剛「えへへ〜提督に喜んでもらえたなら、お給料三カ月分なんてどうだっていいデース」

提督「婚約指輪か! あのね金剛、これ」

金剛「ワッツ? お菓子のレシピ本ですカー?」

提督「付箋のところ読んでみなさい」

金剛「えーっと、トリュフチョコレート? へぇ〜、トリュフに似てるからそう呼ばれてるんですネー。こんなのあるんですカー」

提督「……」

金剛「……ソーリー」

2 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:05:47.49 ID:68sNKr4No

提督「あのね普通に考えて、バレンタインなんだからチョコの種類だろうなとか思わなかったの?」

金剛「だってトリュフって言ったらこっちじゃないですか! 似てるからトリュフなんでショー!? 同じデース!」

提督「似てると同じは違うわよ。まあいいわ、これは酒のつまみにでもさせてもらうわ。ありがとう」

金剛「そんなロマンティックの欠片もない言い方はノーですヨー!」

提督「自業自得でしょ」

金剛「うぅ〜!」

提督「さてと、私もそろそろ行かなきゃね」

金剛「どこにデース?」

提督「私も女なんだからチョコ配りによ」

金剛「えっ!? どういうことですかそれは! 誰に、誰に送るんデース!? ヘイ! 提督ぅ!」

3 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:06:13.57 ID:68sNKr4No

金剛「ネー提督〜」

提督「付いてくるならいずれわかるわよ」

金剛「気になりますヨー!」

提督「じゃあ楽しみにしておきなさい」

金剛「楽しいわけないじゃないですか、モー!」

提督「ふふっ」

金剛「なに笑ってるんですカー! こっちは真剣に!」

叢雲「ちょ、ちょっと、ほんとに今行くの?」

睦月「せっかく会えたんだからこの調子で参りましょ〜」

叢雲「ま、待ってよ!」

提督「あら、睦月、叢雲。おはよう」

睦月「おはようございま〜す!」

叢雲「お、おはよう」

4 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:06:40.68 ID:68sNKr4No

提督「マフラーなんか付けて外に出ていたの?」

睦月「実は〜提督にプレゼントを買いに行っていたのだ〜! 驚いた?」

提督「いいえ、あなたに関してはそこまで。叢雲もっていうのは驚いたけど」

叢雲「わ、私は、つ、付き添いで行っただけよ!」

金剛「わざわざ寒い中ですか?」

叢雲「う、うるさいわね! 睦月が転んだりしたら曳航しなきゃいけないでしょ!」

睦月「はい、提督。睦月からのチョコ、差し上げます! えへへ、どうぞです!」

提督「どうも。はい、お返し」

睦月「およ?」

提督「いつもありがとね睦月」

睦月「わぁ〜! お返し用意しててくれたんですね! 色んな種類のが入ってる〜! わぁ〜い!」

提督「安物だけどね。ほら、うれしいのはわかったからぴょんぴょんしないの。おへそが見えてるわよ」

睦月「おりょ、これは失礼しました」

提督「外でもおへそ出してたんじゃないでしょうね? いくら艦娘だって冷えるんだから気をつけなさいよ」

5 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:07:09.59 ID:68sNKr4No

金剛「な、なぁんだ、チョコ配るってお返しして回るだけだったんですね。もう、紛らわしい言い方するんですかラー!」

叢雲「……あ、あの!」

提督「なに、叢雲?」

叢雲「これっ、そこに落ちてたわよ! あんたのじゃないの?」

提督「えっ、待って……うん、違うわ。それは私のじゃない」

金剛「大体チョコなんて落とすはずがありまセーン」

叢雲「あっ、あたしが買ってきたもんじゃないから! 早く持ってってよ!」

提督「そう、じゃあ預かっておくわね」

睦月「たぶんわかってると思いますけど」

金剛「一緒に買ってきたんですネー。叢雲はシャイガールデース」

叢雲「そこっ! なにこそこそ話してんの! 用は済んだし行くわよ睦月!」

6 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:07:41.54 ID:68sNKr4No

提督「待ちなさい叢雲」

叢雲「な、なによ?」

提督「あなたにもお返し」

叢雲「は、はぁ!? 私が買って来たんじゃないって言ったでしょ!?」

提督「一応あなたからもらったんだし、あなたにあげておくわ。あなたから落とし主に渡しておいて」

叢雲「自分でやりなさいよ!」

提督「私はまだチョコ配り終えてないから忙しいのよ。半分くらいは探すお駄賃だから、好きなの選んで取っておきなさい」

叢雲「ふ、ふんっ、忙しいならしょうがないわね。私が探しといてあげるわ!」

金剛「艤装の発光機がピンクに光ってマース」

睦月「うれしいんだね叢雲ちゃん」

叢雲「じゃあ今度こそ行くわよ」

睦月「大事に食べてね〜」

提督「わかったわ。二人とも寒い中お疲れ様」

7 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:08:20.01 ID:68sNKr4No

提督「ほんと、素直じゃないんだから」

金剛「その割にチョコレートの形はハートデース」

提督「隠したいんだか隠したくないんだかわかんないわね」

金剛「ガールハートは複雑怪奇ですネー」

提督「乙女心ね。あなたどこぞの芸人みたいになってるわよ」

金剛「そうだ、まだ私お返しもらってませんヨー! プリーズ!」

提督「あなたからはまだチョコもらってないもの」

金剛「トリュフあげたじゃないですカー!」

提督「チョコじゃないからノーカン。残念だけどトリュフは用意してないから」

金剛「トリュフチョコでいいですかラー!」

提督「それは別の人用よ」

金剛「へっ?」

8 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:08:47.40 ID:68sNKr4No

提督「だからトリュフチョコは別の人に用意してるって言ってるの」

金剛「お返しのチョコはちっちゃいのがいっぱい入ってるやつじゃないんですカー?」

提督「誰がお返しだけだって言ったのよ。配りに行くって言ったでしょう」

金剛「なっ!?」

提督「さてと、どこにいるのかしらね?」

金剛「ま、ま、待ってくだサーイ! ほんとに誰かにチョコあげるんですか!?」

提督「そのためにわざわざ本買って作ったんでしょうに」

金剛「はっ! そういえばトリュフのところに付箋が!」

提督「あの子達の口に合えばいいけど」

金剛「達!? 複数ですカー!? ハーレムなんですカー!? 私も混ぜてくだサイ!」

提督「バカなこと言ってないでいくわよ」

金剛「あ〜ん! 待ってくだサーイ!」

9 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:09:16.76 ID:68sNKr4No

金剛「本妻は私ですよね、ねっ!?」

提督「ここにいるかしら?」

金剛「無視しないでくだサイ!」

如月「うぅん、中々むずかしいわね」

間宮「やっぱりもう少し量を減らした方がいいんじゃないですか?」

如月「だめよぉ、如月の気持ちを込めるにはこれだけでもまだ足りないくらいだわ」

伊良湖「もうちょっと柔らかくなったら、はちみつとか混ぜましょうね」

時雨「チョコ作りも中々難しいんだね。溶かして固めるだけかと思ってたよ」

浜風「形を作るだけならそれでいいかもしれないけれど」

提督「どうやらここにはいないみたいね」

間宮「あっ、提督と金剛さん。おはようございます」

提督「おはよう。昨日はありがとね、伊良湖も」

伊良湖「いえ、提督はお料理得意ですし教えることはほとんどありませんでしたよ」

10 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:09:46.86 ID:68sNKr4No

如月「やだぁ、如月のはずかしいところ見られちゃった」

提督「なにがはずかしいのよ?」

浜風「提督に差し上げるつもりで作っていましたから」

時雨「本人に見られると、なんだかちょっとね」

金剛「むむぅ〜! 提督への贈り物は私を通してくださいネー!」

提督「那珂みたいなこと言ってんじゃないわよ」

如月「お口に合うか味見、してみる?」

提督「いいけど、如月私そんなに食べられないわよ」

如月「私への愛で食べきってね。いっぱい籠ってるから食べながら補給できるわよ」

提督「愛でお腹膨れちゃうから無理ね」

如月「やだぁ、愛でお腹が膨れるなんて」

提督「女同士でしょうが」

如月「iPS細胞というので同性の間でも子供ができるらしいわよぉ」

提督「えっ」

如月「冗談よぉ」

11 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:10:15.74 ID:68sNKr4No

提督「エプロン中々似合ってるわよ時雨」

時雨「そ、そうかい?」

提督「クリスマスのときにも思ったけど、あなた実はお祭りごとが好きなの?」

時雨「嫌いじゃないよ。だけどこういう行事には積極的に参加していきたいんだ」

提督「どうして?」

時雨「……その方が女の子っぽいだろう?」

提督「女の子っぽいってそんなことしなくても十分っぽいわよ」

時雨「ぽいかな?」

提督「ぽいぽい」

時雨「ふふっ、なんだか夕立と話してるみたいだ」

提督「あなたもぽいぽい言ってるわよ。昔ならともかく、今は髪飾りしたり三つ編みにしたりしてて女の子にしか見えないわ」

時雨「それならいいんだ。でもみんなと一緒に騒ぐのも好きだから、これからもこういうことには参加していくよ」

提督「ええ、そうしなさい」

12 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:10:42.21 ID:68sNKr4No

提督「浜風はクッキー焼いているの?」

浜風「チョコはきっとたくさんもらうでしょうから、埋もれてしまわないようにと思いまして」

提督「たくさんもらったからって忘れたりしないわよ」

浜風「それはわかっているのですが、なんというか手間をかけたかったですから」

如月「手造りチョコが手間かからないみたいな言い方は心外よぉ」

浜風「今見ててチョコでもよかったかなと思っていますよ」

提督「まあバレンタインは元々プレゼントを送る行事だからね。クッキーでもチョコでも変わらないわ」

金剛「トリュフは?」

提督「変わる」

金剛「マイガッ!」

浜風「そうですね、クッキー心をこめて焼きますので」

提督「楽しみにしてるわね」

13 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:11:09.68 ID:68sNKr4No

提督「これからしばらくはあなた達のお世話になることはないかもしれないわね」

間宮「期間限定で特製チョコレートケーキをご用意しているのに」

伊良湖「チョコ最中もありますよ!」

提督「心惹かれるけどあんまり食べすぎると、ね?」

間宮「糖尿病ですか?」

提督「体重よ!」

伊良湖「鳥海さんもなんだか気になさっていたご様子です」

提督「艦娘も太ったりするのね。食べるんだから当たり前か」

間宮「それを言えば私たちなんて、ねぇ伊良湖」

伊良湖「間宮さんはいいですよ、全部胸に行ってるみたいですし」

提督「伊良湖も言うほどじゃなくない? それともお腹の方に溜まってるの?」

伊良湖「た、溜まってません!」

14 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:11:35.94 ID:68sNKr4No

提督「さてと、そろそろお暇するわ。さすがに出来あがりまでいるのもなんだかね」

如月「楽しみにしててねぇ」

提督「はいはい。それとこれここに置いておくわよ」

時雨「チョコかな? 提督からもらえるなんて」

浜風「あの、ありがとうございます」

提督「いいのよ、日頃の恩返しも兼ねてるんだから。はい、間宮と伊良湖も」

間宮「ありがとうございます」

伊良湖「大切に食べますね!」

金剛「ヘイ!」スッ

提督「さっ、次行きましょう」

金剛「なんでですカー!」

如月「あれを見てると、このチョコ渡す気が引けちゃうわよね」

浜風「友チョコなんていうのもあるそうですし」

時雨「提督が友だなんてちょっと失礼かもしれないけどね」

15 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:12:02.53 ID:68sNKr4No

金剛「提督ぅ〜」ユサユサ

提督「こら、歩きづらいでしょ」

金剛「チョコプリーズ!」

提督「ああもうくっつかないの。時間と場所をわきまえなさい」

金剛「それは私の台詞デース!」

提督「ここにいればいいんだけど」

Z1「あっ、提督。Guten Morgen」

Z3「私達になにかご用でしょうか?」

ビスマルク「やっと来たわね、遅いわよ!」

プリンツ「チョコレート、チョコレート!」

U-511「あの、ユーにもくれるのかなって」

提督「ん、一人発見」

16 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:12:30.65 ID:68sNKr4No

Z1「一人って、なんのことかな?」

金剛「提督手造りのチョコを受け取れる選ばれた艦娘のことデース!」

ビスマルク「ふふん、まあ当然この私に――」

提督「はい、ユー」

U-511「えっ、ユーにくれるの?」

提督「そうよ、ユーのために作ったんだから」

プリンツ「わ〜、ユーちゃんいいな〜」

ビスマルク「ちょっと、どういうことよ!」

Z3「恐らくはユーが新入りだから、ですね?」

提督「これから一緒に戦って行くことになるんだし、早めに慣れてもらいたいしね」

U-511「だ、Danke、その……Danke!」

提督「ふふっ、これからの活躍に期待してるわよユー」

17 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:13:10.82 ID:68sNKr4No

金剛「そ、そういうことだったんですネー。私はもう気が気じゃありませんでしたヨー」

ビスマルク「私へのチョコは!?」

提督「あなた達はこっち」

Z1「たくさん入ってるね」

Z3「これはこれでうれしいです」

プリンツ「DankeDanke!」

ビスマルク「ま、まあ、一つで色んな味を楽しめる方がお得かしら」

U-511「……」

提督「ユーにあげたものも色んな味を作ったから。さすがにみんなのほどバリエーションはないけど」

U-511「ユー、うれしいです。一生懸命がんばりますって」

Z1「ユーがほしい味があったら少し分けてあげるよ。たくさんあるからね」

U-511「ユーもみんなにちょっと分けてあげるね。早く仲良くなりたいから」

Z3「そんな、気にしなくていいのよ」

ビスマルク「その殊勝な態度に免じて、特別に無償で分けてあげるわ」

プリンツ「せっかくAdmiralさんが作ってくれたんだから、ね?」

U-511「でも、潜水艦のみんなにも分けてあげたいなって」

提督「そっちには私がみんなと同じのあげとくから、気にしないでしっかり食べなさい」

U-511「はい! みんなDanke! アリガトウ!」

18 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:14:12.68 ID:68sNKr4No

金剛「提督もいじわるデース」

提督「なにがよ?」

金剛「新入りへの激励ならはじめからそう言ってくれればいいの二ー」

提督「言ってあなたが脅しかけにでも行こうものなら、激励どころの騒ぎじゃなくなるからね」

金剛「私はそこまで狭量じゃありまセン!」

提督「はいはいごめんなさい」

金剛「さて、次は誰のところに行くんですカー?」

提督「香取のところにでも行きましょうか。イク達と一緒にいるでしょうし」

金剛「オッケー! 最大戦速で突っ込みマース!」

提督「金剛が先に行ったってしょうがないでしょ」

19 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:14:44.04 ID:68sNKr4No

香取「今日はバレンタインなので、みなさんにチョコレートケーキを焼いてきましたよ」

伊19「わぁい! やったの〜!」

伊168「わぉ! おっきい!」

伊8「お礼はこちらからしなくてはいけない立場なのに」

香取「お礼なんて、旗艦だっただけなんですし」

伊168「そんな謙遜しないでくださいよ」

伊19「ごめんなさいなの、イク達なにも用意してないのね」

提督「だったら香取には私からあげるわ」

香取「提督? これは……?」

提督「チョコよ。一応手作りだから」

20 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:15:17.99 ID:68sNKr4No

香取「えっ!? あ、ああの私……」

伊168「提督ってば大胆!」

伊8「教え子の前で先生に告白だなんて」

伊19「情熱的なの〜!」

香取「こ、こら、みなさん、茶化してはいけません!」

金剛「イエス! これはただの新入りへの激励なんですかラー!」

伊19「嫁さんが来たの!」

伊8「なんてタイミングが悪い」

伊168「修羅場修羅場!」

香取「だ、だから、みなさん!」

提督「そんだけ元気が有り余ってるなら、クルージングにでも行ってもらおうかしら?」

伊19「ごめんなさいなの!」

伊168「それだけは勘弁してください!」

伊8「その言葉を聞いただけで元気が消えていきます……」

21 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:15:56.05 ID:68sNKr4No

提督「ったく、はいあんた達にも」

伊8「えっ、はっちゃん達にもくださるんですか?」

提督「新入りだけなのも不公平だしね」

伊19「やったの〜!」

伊168「こ、これで元気づけてクルージングに行けとかそういう」

提督「ないから安心なさい。大体行かせたことないでしょうが」

香取「私の物とは包装が違うようですが」

提督「そっちは手造り、あっちは市販品」

伊168「そう言われるとなんだか微妙な気分に」

提督「数が数だからしょうがないでしょうが。これでも割と高めなの買って身銭切ってんのよ」

伊8「ある程度は経費で落としたんですね」

提督「士気向上のための必要経費ね」

伊19「悪徳提督なの〜!」

香取「すいません私、お返しなんてなにも。ケーキ食べます?」

提督「いいわよお返しなんて」

香取「いいえ、皆の模範となるべき私が恩を借りたままではいけません。ホワイトデーには必ずお返しいたしますね」

提督「香取は真面目ねぇ。そこまで言うならお返し待ってるわね。さっ、行くわよ金剛」

金剛「嫁さんだなんて〜やだぁ〜えへへ〜」

提督「……別に回ってる間はいらないしいいか」

伊19「ここに置かれても困るから曳航してってほしいの」

22 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:16:31.08 ID:68sNKr4No

提督「天城、いる?」

天城「はい、お呼びでしょうか?」

雲龍「おはようございます提督」

提督「おはよう雲龍、と」

赤城「おはようございます」

加賀「どうも」

提督「赤城と加賀、どうしたの?」

赤城「同じ一航戦として仲良くさせていただいてます」

加賀「先輩ですから」

提督「そういえば雲龍達も一航戦だったのよね」

雲龍「ほとんど取り繕うような形で結成されたものですが」

天城「碌に戦えもしませんでしたからね」

23 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:17:04.22 ID:68sNKr4No

加賀「『天城』とは私も赤城さんも浅からぬ仲ですので」

天城「別人ですけどね」

赤城「天城姉さんが艦娘となる日は来るのでしょうか?」

雲龍「うちの天城と同名になるのでややこしいですね」

提督「なるとしたら空母と重巡どっちになるのかしら? それはそうと、はい天城」

天城「これは、なんでしょう?」

提督「チョコよ。今日はバレンタインでしょう?」

天城「バレンタイン、想い人にチョコを贈る日、でしたか?」

提督「最近では友達同士でも送り合ったりするみたいね。当然そっちの意味だから」

天城「と、友達だなんて、私が提督と、恐れ多いです!」

提督「そんな大層なもんじゃないしいいのよ」

24 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:17:33.49 ID:68sNKr4No

赤城「……」

加賀「……」

提督「心配しなくてもあなた達にもあるから。ほら」

加賀「やりました」

赤城「こんなにたくさんチョコが詰まってるなんて! すばらしいわ!」

提督「雲龍にもね」

雲龍「ちょ、チョコレートなんて高級品、それもこんなにたくさん、私達のために、すいません」

提督「あなたの金銭感覚はいつになったら矯正されるのかしらね」

天城「ありがとうございます提督。お返しなにもご用意できませんが」

提督「戦果をあげてくれればそれが何よりのお返しになるわ。励みなさい天城」

天城「了解です! 天城、精進いたします!」

25 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:18:02.00 ID:68sNKr4No

摩耶「チッ、あたしがこんなん買ってたなんて誰かに知られたら恥だぜ」

朝霜「ばらんたいん? またおかしな祭りばっかだなこの艦隊は」

愛宕「艦隊のお祭りじゃなくてキリスト教のお祭りよぉ」

高雄「それもどうか怪しいみたいだけど。あとバレンタインですからね」

提督「あ、いたいた。朝霜」

朝霜「ん、なんだいあたしに用かい?」

提督「ちょうど今話してたバレンタインのことよ」

朝霜「あたしにチョコくれるってのかい?」

提督「そうよ」

愛宕「あら〜いきなり気に入られちゃったのね朝霜ちゃん」

提督「いきなりだからお近づきのしるしよ」

朝霜「まっ、そんなこったろうと思ったよ。あんがとさん」

26 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:18:34.97 ID:68sNKr4No

朝霜「こっちも一応あるぜ、はいよ!」

提督「あら、ありがとう」

高雄「摩耶」

摩耶「うっ、わかってるって」

提督「あらあら摩耶もくれるのかしら?」

摩耶「んだようっぜぇなぁ、もう! でもまあ、一応買ってあんぜ、ホラ!」

提督「おっと。摩耶もありがとう」

摩耶「ったく、みんな浮かれやがってよぉ」

愛宕「たまのお祭りごとくらいみんなで盛りあがった方が楽しいわよ〜」

高雄「鳥海も用意していたようなのでもらってあげてくださいね」

提督「そういえば伊良湖が鳥海も作ってたって言ってたわね」

朝霜「女受けのいい顔にゃ見えねぇがねぇ」

提督「女所帯だからね。そういえば男所帯の軍艦だったあなた達の中ではどうだったの――」

高雄「やめてくださいます? そういう話は」

27 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:19:19.86 ID:68sNKr4No

高雄「わざわざ私達にまで、感謝いたします」

摩耶「甘いもんは苦手なんだよ」

提督「そう言うと思ってあなたにはビターチョコよ」

愛宕「うふふ、こういう気がきくところが人気の秘訣なのよね〜」

朝霜「なるほど、あたいのもほろ苦いや」

提督「あなたも苦手そうかなと思って」

朝霜「別にそうでもねぇけど、心遣い感謝すんぜ。中々いい人の下に来られてみてぇだ」

提督「お褒めに預かり光栄よ」

愛宕「でもね朝潮ちゃん、提督に本気になっちゃだめよ?」

朝霜「あん、なんでぇもう決まった相手がいるんですかい?」

金剛「やっと見つけましたヨー! 廊下に立たせて放置するなんテー!」

提督「もう見つかったか」

金剛「目を離さないでって言ったのにぃ〜!」

提督「先に私から目を離したのはあなたでしょうに」

金剛「私の目はいつだって提督のことしか見えてませんヨー!」

提督「ある意味そうだったけども」

朝霜「なるほど」

高雄「いっつも金剛さんのこといじって遊んでますからね」

摩耶「はいはい、うっぜぇから他所でやんな」

朝霜「まっ、壁に手ぇつかせなくて良さそうでよかったよ」

28 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:19:53.31 ID:68sNKr4No

金剛「天城のところにも行ったんでショー? これで全員ですネー」

提督「いいえ、まだよ」

金剛「ワッツ? 他に誰がいるんです? 順新入りの山雲ですカー?」

提督「他にも今回の作戦で来てくれたのがいるでしょう?」

金剛「ンー?」

提督「よしついた」

金剛「工廠?」



提督「はい、プレゼント」

妖精(WG42)「バウムクーヘン?」

提督「どこ見たらそう見えるのよ。チョコよチョコ」

妖精(試製51cm砲)「ふわふわですー」

提督「あなた達でも食べられるように柔らかい生チョコにしたから」

妖精(WG42)「ベッドにするー」

提督「こらこら、いくらやわらかいとはいえチョコよ。溶けてベタベタになっちゃうわ」

妖精(試製51cm砲)「ありがとうございますー」

妖精(WG42)「がとー」

提督「どういたしまして。あなた達にもこれからしっかり働いてもらうからね」

妖精(試製51cm砲)「がんばりますー」

妖精(WG42)「がんばるー」

29 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:20:26.18 ID:68sNKr4No

金剛「新しく手に入れた装備のフェアリー達のことでしたカー」

提督「この子達だって大切な仲間よ。ちゃんと歓迎してあげないとね」

金剛「この子達がいなきゃ艦隊の運用はままならないですからもんね」

妖精(猫吊るし)「あ〜なんですかそれ〜ずるいですよ〜」

妖精(ヘルメット)「私もチョコ欲しいです!」

羅針盤妖精(魔女っ子)「チョコー!」

提督「あなた達の分もちゃんとあるわよ。ここに置いておくから好きなのを持っていきなさい」

妖精(ヘルメット)「やった〜!」

羅針盤妖精(ぬいぐるみ)「美味しそうなにおい、あっ、ちょこ」

妖精(猫吊るし)「うちの猫ちゃんにも持って行ってあげます」

提督「いや死ぬから」

羅針盤妖精(ひよこ)「ひよこは大丈夫ですか?」

金剛「そもそも普通のひよこは食べないと思いマス」

30 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:21:00.35 ID:68sNKr4No

提督「ふぅ、やれやれようやく一息つけるわ」

金剛「配る前より多いんじゃないですカー?」

提督「まさか。一人一個買ったんだから明らかに減ったわよ」

金剛「どうだか!」

提督「自分と同類がいなかったからってそんなに拗ねないの」

金剛「拗ねてるのトリュフがいなかったせいじゃありまセン!」

提督「じゃあなんで?」

金剛「もうもらった分しかチョコレート残ってまセン」

提督「配ってきたからね」

金剛「私まだお返し貰ってないのに、アイムソウサッドデース……」

提督「ああそっか」

31 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:21:28.99 ID:68sNKr4No

提督「金剛、ハッピーバレンタイン」

金剛「えっ、それ、叢雲の……」

提督「違うわよ。これは私が作ったチョコ」

金剛「そうだ、あのとき落ちてたって言われてなにか探してました」

提督「そう、ほんとに落としたかと思って焦ったわ」

金剛「でも、チョコじゃないからお返しくれないって」

提督「だからこれはお返しじゃなくて、私からあなたへのバレンタインチョコよ」

金剛「あっ……」

提督「それに今日はケッコン記念日だしね」

金剛「……そうでシタ。去年の今日でしたね提督とケッコンしたのは」

提督「最初にあの名前を聞いたとき命名者の頭を疑ったけど、今では感謝してるわ。女同士でもケッコンしてるんだって言えるから」

金剛「私もデース」

32 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:21:57.02 ID:68sNKr4No

提督「だから、あなたのトリュフは記念日のプレゼントということで処理しておいてあげるわね」

金剛「サンクス!」

提督「……だから」

金剛「……バレンタインのプレゼント、ですね?」

提督「うん」

金剛「オッケー、任せてくだサーイ」

提督「なにをくれるのかしら?」

金剛「今の私はプレゼントできるようなものなにも持ってませんから」

提督「から?」

金剛「……」ダキッ

提督「んっ、時間と場所はわきまえないのかしら?」

金剛「口だけ、ですから」

提督「それ、言動が口だけってこと?」

金剛「ん……」

提督「ん――」

33 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:23:44.36 ID:68sNKr4No

比叡「ひえ〜! 徹甲弾とチョコ間違えて装填しそうに、って、ひえ〜!」

榛名「比叡おねえさ、きゃあっ! うぅ、チョコでベタベタになってしまいました」

霧島「もう、妖精までバレンタイン気分ですか!」

提督「……どうやら私の責任みたいだから行ってくるわ」

金剛「……はい、行ってらっしゃい」

金剛(せっかくのいいムードだったのにぃ〜!)

提督「そうだ」

金剛「なにか忘れ物ですカー?」

提督「私からのケッコン記念日のプレゼント」チュッ

金剛「……っ!?」

提督「せっかくトリュフがあるんだから、晩酌付き合いなさい。バレンタインはそのときに、ね?」

金剛「ハイ! バーニング、バレンタインラーブ! な私がプレゼントデース!」

34 名前: ◆47gaNFJlIw[saga] 投稿日:2015/02/14(土) 22:24:12.14 ID:68sNKr4No

これで終わりです
なんとか今日中に書き上がってよかった



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「島風ってなんでも早いのか?」 島風「そうだよ!」