提督「はぁ……女の子のおっぱい触りたい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「国木田の家に、エロ本を取りに行きたいんだが」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 01:53:01.61 ID:zXdKeK0XO


漣「ため息ついたと思ったら、いきなり何言ってんですか、ご主人様?」

提督「おっぱい触りたいって言ったんだよ」

漣「一応、言っておきますが、セクハラですからねそれ……あまり調子に乗ってるとぶっ飛ばしますよ、ご主人様?」

提督「……俺は触りたいんだよ、おっぱいを! 女の子の柔らかなおっぱいを触りたいんだ!」

漣「大声でセクハラ発言キタコレ!」

提督「触りたい、触りたいんだよぉ……」

漣「うわぁ……重症ですねー、ご主人様」

提督「どこか俺におっぱいを触らしてくれる優しい女の子はいないだろうか?」

漣「もうこれぶっ飛ばしてもいいですよね?」

提督「俺は真面目に聞いてるんだ! 茶化さないでくれ」

漣「うわぁ、どん引きを通り越してかわいそうに思えてきました」

提督「かわいそうだと思うなら、誰でもいいからおっぱいを触らせてくれそうな子を教えてくれ!」

漣「そうですねー、>>5あたりとかいいんじゃないっすかねー?(適当」

5 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 01:55:20.08 ID:YL+6kz+VO

野分

9 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 02:13:08.75 ID:zXdKeK0XO


提督「のわっちが?」

漣「はい、野分ちゃんなら触らしてくれるんじゃないですかー(適当」

提督「そうか! よし、野分のところに言ってくる!」

漣「いってらー…………すまぬ野分ちゃん!」



提督「のわっち〜!」

野分「ん? 司令? どうかしたのですか? それと、のわっちと呼ぶのはやめてくださいと言ってるじゃないですか」

提督「そんなことより、のわっち! おっぱい揉ませてくれ!」

野分「……は?」

提督「のわっちのおっぱいを俺に揉ませてくれ!」

野分「あの、意味がわからないのですが……」

提督「意味も何もそのままの意味だ!」

野分「そう言われましても、流石にそれはちょっと困りますね」

提督「そんな! 漣がのわっちならおっぱい揉ませてくれるって言ってたのに!」

野分「えっ、漣さんが……?」

提督「なあ、のわっち! どうしても駄目か!?」

野分「え、ええ……」

提督「くっ! この通りだ! 頼む!」

野分「し、司令!? 土下座するのはやめてください! 本当に困ります!」

提督「頼むよ、のわっち〜……」

野分「……>>15

15 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 02:15:35.28 ID:/B13rhTBO

お断りします

18 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 02:25:08.25 ID:zXdKeK0XO

提督「ガーン!」

野分「とにかく、申し訳ありませんが、野分は司令のご要望にお応えすることはできません」

提督「そんなぁ……」

野分「あの、そこまで落ち込まなくても……」

提督「……じゃあ、せめておっぱい触らせてくれそうな子を誰か教えてくれないか?」

野分「そう言われましても、それはそれでちょっと困ります」

提督「……なら、教えてくれるまで一生『のわっち』と呼び続けるから」

野分「えっ!?」

提督「さぁ、早く! 教えてくれ!」

野分「……そ、それなら>>20はどうでしょうか?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 02:25:26.05 ID:ztGPe1YxO

秋月

22 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 02:47:24.86 ID:zXdKeK0XO

提督「秋月が?」

野分「え、ええ、秋月さんならもしかしたら……」

提督「そうか! よし、秋月のところに行ってくる! ありがとう、野分!」

野分「は、はい…………すみません、秋月さん」



提督「あっきづき〜!」

秋月「? あっ、司令! どうしました? 秋月に何かご用でしょうか?」

提督「秋月! おっぱい揉ませてくれ!」

秋月「へっ!? お、おっぱ……えぇっ!?」

提督「お前のおっぱいを俺に揉ませてくれ!」

秋月「し、司令? あの、なぜ秋月の胸を揉みたいのでしょうか?」

提督「揉みたいからだ! あと、単発は安価下! それに野分が秋月なら揉ませてくれるって言ってた!」

秋月「えぇっ!? 野分さんが……?」

提督「駄目か!?」

秋月「だ、駄目です」

提督「そんな!?」

秋月「すみません、司令。それだけは司令の頼みであっても無理です」

提督「どうしても、どうしても駄目か!?」

秋月「え、ええ」

提督「お願いだ、秋月……俺はお前のおっぱいを本気で揉みたいんだ……頼むよ、秋月」

秋月「司令……」

提督「この通りだ!」

秋月「……>>29

29 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 02:49:19.25 ID:YRhsMLjWO

わかりました揉んでいいですよ

37 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 03:00:45.71 ID:zXdKeK0XO

提督「本当か!?」

秋月「は、はい、司令がそこまで言うのでしたら……す、少しだけですよ?」

提督「ありがとう、秋月! じゃあ、さっそく……」

もみっ

秋月「あっ……し、司令、優しくお願いします……」

提督「うほほおぉぉ!? これが、これが女の子のおっぱい!」

もみもみ

秋月「あんっ……すみません、や、やっぱりやめ……ひゃあっ!?」

提督「小降りだが丁度手のひらに収まるサイズでとても揉み応えがある! 素晴らしい!」

もみもみもみもみ

秋月「んっ……はぁ……しれい、もうやめてくださぃ……あぁっ!?」

提督「マーベラス! マーベラァァス! なあ、秋月! 直に触ってもいいか!?」

秋月「えっ!? ……あんっ!?」

提督「言いよな? 言いよな!?」

秋月「>>40!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 03:01:58.05 ID:00Z2JPhQo

流石に通報しますよ

43 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 03:06:40.05 ID:zXdKeK0XO

提督「!」ビクッ

秋月「はぁ……はぁ……」

提督「す、すまん、秋月! やりすぎた」

秋月「はぁ……ふぅ……いえ、わかっていただけたのならいいです」

提督「本当にすまない!」

秋月「謝罪は結構です……それと、用を思い出したので秋月はこれで失礼させていただきますね」

提督「あ、秋月っ! ……行ってしまった」

46 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 03:14:35.28 ID:zXdKeK0XO




提督「……って感じで秋月の胸を揉むことはできたんだが、かわりに何か大事なものを失った気がする」

漣「うわぁ、マジでやっちゃったんですか……」

提督「まあ、それは置いといて、俺はまだまだ揉み足りないんだ! 実際におっぱいを揉んでみて、もっといろんなおっぱいを揉んでみたいと思った!」

漣「もはや、手遅れのようですね……相手にするのも面倒になってきました」

提督「ってことで、漣! またおっぱいを揉ませてくれそうな子を教えてくれ!」

漣「あー、はいはい……>>51とかいいんじゃないですかー?(適当」

51 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 03:15:59.28 ID:SaDKF6KFo

大和

58 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 03:32:57.87 ID:zXdKeK0XO

すまんが、連続だったから一応下にしといた

提督「大和が?」

漣「はい、大和さんなら触らしてくれるんじゃないですかー?(適当」

提督「そうか! よし、大和のところに行ってくる!」

漣「いってらー…………さて、どうなることやら」



提督「やっまとー!」

大和「? あ、提督っ! どうかなさいましたか?」

提督「おっぱい揉ませてくれ!」

大和「えっ、て、提督!?」

提督「大和、お前のおっぱい、俺に揉ませてくれないか?」

大和「い、いきなり何を言うんですか、提督っ! そういうのはちょっと……困ります」

提督「そんな! 漣が大和ならおっぱい揉ませてくれるって言ったのに!」

大和「え、えぇっ!? 漣ちゃんが……?」

提督「どうしても、駄目か!?」

大和「駄目です!」

提督「大和、俺はお前のおっぱいを揉みたい! 頼む!」

大和「あ、頭を下げないでください! 大和、困ります!」

提督「お願いだ……お願いだ大和……揉ませてくれ!」

大和「提督……」

提督「頼む! この通りだ!」

大和「……>>60

60 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 03:33:41.40 ID:d2lFL5dFo

提督の変態!

62 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 03:36:21.52 ID:zXdKeK0XO

提督「や、大和?」

大和「もう、提督のことなんか知りません! 失礼します!」

提督「あ、大和っ! ……行ってしまった」

65 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 03:41:40.68 ID:zXdKeK0XO




提督「……って感じで大和は揉ませてくれなかったんだが」

漣「まあ、そうなりますね」

提督「お前が大和なら大丈夫だと言ったから行ったのに」

漣「まあ、そうこともありますね」

提督「って、ことで漣! 他におっぱい揉ませてくれそうな子を教えてくれ!」

漣「あー……それなら>>70とかいいんじゃないですかー?(適当」

70 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 03:42:45.11 ID:YL+6kz+VO

舞風

79 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 03:57:30.32 ID:zXdKeK0XO

提督「舞風が?」

漣「はい、舞風ちゃんなら触らしてくれるんじゃないですかー?(適当」

提督「そうか! よし、舞風のところに行ってくる!」

漣「いってらー…………すまぬ、舞風ちゃん!」



提督「まっいっかぜー!」

舞風「♪〜……ん? あ、提督ー! おはよう! どうしたのー?」

提督「おっぱい揉ませてくれ!」

舞風「へっ、て、提督!?」

提督「舞風、お前のおっぱい揉ませてくれ!」

舞風「い、いやです! というかいきなり何なの!?」

提督「そんな! 漣が舞風ならおっぱい揉ませてくれるって言ったのに!」

舞風「え、えぇっ!? 漣ちゃんが……?」

提督「どうしても、駄目か!?」

舞風「や、やだ」

提督「舞風のおっぱいを揉みたいんだ!」

舞風「提督、ちょっと怖いよぉ……」

提督「お願いだ、舞風……お前のおっぱい、揉ませてくれ……」

舞風「い、いきなりそんなこと言われても……」

提督「頼む! この通りだ!」

舞風「……>>85

85 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 04:04:55.33 ID:TSYQzgzg0

…2人で踊ってる最中に触られちゃっても、事故だからしょうがないですよね

86 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 04:25:03.60 ID:zXdKeK0XO

舞風って何の踊りをしてんだよ

提督「えっ?」

舞風「だ、だから、一緒に踊るくらいならいいですよ」

提督「踊る?」

舞風「うん、一緒に踊ろうよ! ……踊ってる途中でたまたま胸に手が当たるくらいなら気にしないから」

提督「! わかった! 踊ろう!」

舞風「じゃあ……そーれ、ワンツー!」

提督「こうか?」

もみっ

舞風「んっ……いいよ、その調子……ワンツー!」

提督「わかった」

もみっ

舞風「あんっ……次はここで大きくジャンプ&ターン!」

提督「こんな感じか?」

もみっ

舞風「あっ……うんうん、いい感じ……はぁ……」

提督「ふむ、たまにはこうやって踊るのもいいな!」

もみっ

舞風「んっ……はぁ……はいっ! これでダンスは終了!」

提督「む、もう終わりなのか?」

舞風「う、うん、流石にこれ以上は恥ずかしいし……」

提督「できれば直に触らせて貰いたかったんだが……」

舞風「じ、直にって、無理無理無理!」

提督「どうしても、駄目か?」

舞風「駄目!」

提督「舞風、俺はお前のおっぱいを直接肌で感じたいんだ!」

舞風「て、提督……」

提督「頼む、舞風!」

舞風「……>>90

90 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 04:28:24.13 ID:d2lFL5dFo

駄目駄目駄目!

92 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 04:35:13.74 ID:zXdKeK0XO

提督「えー」

舞風「ぜーったい駄目っ! ……あんまりしつこいと嫌いになっちゃうぞー?」

提督「む、仕方ない……諦めよう」

舞風「……でも、また一緒に踊るくらいならしてもいいよ」

提督「えっ?」

舞風「な、なんでもない! あ、そういえばこのあと野分と会う予定だったんだ! こうしちゃいられない! 提督、またね!」

提督「あ、舞風っ! ……行ってしまった」

94 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 04:44:01.98 ID:zXdKeK0XO




提督「……って感じで舞風の胸を揉むことはできたんだが、出きることなら直接触ってみたかった」

漣「うわぁ……野分ちゃんが知ったらどう思うのやら」

提督「まあ、それは置いといて、俺はまだまだ揉み足りないんだ! だから、もっといろんなおっぱいを揉んでみたい!」

漣「駄目だこのクソ提督、早く何とかしないと(棒読み」

提督「ってことで、漣! また他におっぱいを揉ませてくれそうな子を教えてくれ!」

漣「あー、うん……>>100とかいいんじゃないですかー?(適当」

52 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 03:16:05.87 ID:sCbUnrhi0

私(漣)

100 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 05:04:50.48 ID:sCbUnrhi0

>>52

102 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 05:21:30.36 ID:zXdKeK0XO

提督「ん? お前が?」

漣「はい、漣なら触らしてくれるかもしれませんよ、ご主人様♪」

提督「何!? 本当か!?」

漣「漣の胸、揉みたい?」

提督「揉みたい!」

漣「どうしようかなー」

提督「揉ませてくれ、頼む!」

漣「うわぁ、ご主人様必死すぎぃ!」

提督「おっぱいが揉めるのなら必死にもなるさ!」

漣「そこまでするほど漣の胸を揉みたい、と……」

提督「ああ、お前のおっぱいを揉みたい! 頼む、この通りだ!」

漣「……>>105

105 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 05:33:23.42 ID:Xniyj6yDO

「(キタコレ!)ご主人様、調子に乗るとぶっ飛ば……なんて、少しならいいですよ?」(服の裾を上げつつ

107 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 05:54:23.20 ID:zXdKeK0XO

提督「! いいのか!?」

漣「かわいそうなご主人様に特別に触らせてあげる♪ ……よいしょっと」

ぬぎぬぎ

漣「ただし、ブラの上からならだけどネ♪」

提督「これが、漣の……おお」

漣「そうやってジロジロと見てるだけでいいんですか、ご主人様? ……ほら、好きに触ってもいいんですよ」

提督「では、お言葉に甘えて……」

もみっ

漣「んっ……躊躇なく揉みましたね」

提督「おおおぉぉ……小ぶりだがちゃんと揉めるくらいにはあって、柔らかい……」

もみもみ

漣「あっ……まあ、駆逐艦では意外とあるほうでしょ? ねっ?」

提督「ああ、揉み応えのある良いおっぱいだ!」

もみもみもみっ

漣「あんっ……ちょ、ちょっと、ご主人様? んっ……強く揉みすぎぃ……はぁ……」

提督「マーベラス! マーベラァァス! なあ、漣! 直に触ってもいいか!?」

もみもみもみもみ

漣「はぁ……それは駄目ですよー、ご主人様……ブラの上からだっていっ……んっ……もう、調子乗りすぎっ……あんっ……」

提督「直接触りたいんだ! 良いよな? 良いよな!?」

漣「>>110

106 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 05:35:10.69 ID:b8BuXzyP0

触るだけでいいんですか?

110 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 05:56:39.27 ID:sCbUnrhi0

>>106

113 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 06:07:51.58 ID:zXdKeK0XO

提督「えっ?」

漣「んっ……本当に触るだけでいいんですか? ……はぁ……」

提督「それはどういう……」

漣「>>115

115 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 06:10:51.74 ID:wIgApTZv0

揉んだり吸ったり、挟んだりしてもいいんですよ?

119 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 06:23:55.58 ID:zXdKeK0XO

提督「!?」

漣「さあ、どうしますか、ご主人様? 漣の胸、ご主人様の好きなようにしていいんですよ?」

提督「本当に、いいのか?」

漣「はい、ご主人様だけの特別です♪ 本当はご主人様だって触るだけじゃ満足できなかったんじゃないの?」

提督「……ごくり」

漣「ほら……どうする?」

提督「>>125

122 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 06:39:39.87 ID:AmilPzxrO

い、いいんだな!? 今更取り消しなんか許さないからな!

125 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 06:43:02.81 ID:JZu4qP5co

>>122

134 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 投稿日:2015/02/11(水) 16:40:48.40 ID:zXdKeK0XO

漣「はいっ♪ いいですよ」

提督「では、いただきます!」

漣「どうぞ召し上がれ♡ ……ブラ、とっちゃいますね」

ぬぎぬぎ、ぷるんっ

提督「! これが、これが漣の生おっぱい! ……綺麗だ」

漣「そう? ……なんだか思ったより恥ずかしいかも」

提督「この桜色で小さな乳首も漣のおっぱいに実にマッチしている!」

むみっ

漣「あんっ♡」

提督「それに感度も良いようだ」

もみっ、もみもみ

漣「んっ♡ あっ♡」

提督「服の上からとは全然違う! 手のひらに感じる、おっぱいの温もり、柔らかさ、勃起した乳首の感触! 素晴らしい!」

もみもみもみ

漣「はぁ……ご主人様ぁ♡」

提督「よし、次は味のほうを確かめさせて貰おうか!」

ちゅうぅぅ

漣「んぅっ!? ああっ♡ や、やっぱり、んっ♡ 吸うのはなしでっ、あっ♡」

提督「ちゅ……んむ……」

ちゅる、ちゅ

漣「これ、だめっ♡ 頭、おかしくなるっ、あんっ♡」

提督「少ししょっぱい気がする……れろ……汗の味かな?」

ちゅ、れろれろ

漣「舐めるのもやめてっ、これ以上は、あぁん♡ ほんろに、らめぇ♡」

提督「んっ、母乳がでているわけでも、そんなに味があるわけでもないのに……ちゅる……これは癖になりそうだ」

漣「だ、めっ♡ ひぁっ♡ んあっ♡ おかしくなっ、んぅ♡ あんっ♡ あっ♡ あっ♡ あっ♡ ……あああぁぁっ!?」

ビクビクビクビクッ!

提督「……ふぅ、ごちそうさまでした!」

漣「ダメって……はぁ……いったのに……はぁ……」

提督「実に素晴らしいおっぱいだった。ありがとう、漣!」

漣「はぁ……はぁ……」

提督「漣のおっぱいを吸わせて貰ったおかげか、なんだか力がみなぎってきた! よし、このまま一気に仕事を終わらせることにしよう!」

漣「そうですか……はぁ……それはよかったですね……ふぅ……なんかもういろいろと疲れたので、今日はこれでお先に上がらせて貰ってもいいですか?」

提督「ん、別かまわんぞ! ゆっくり休んでくれ!」

漣「それと、明日も休みたいんで代わりの秘書艦を決めて置いてくださいね」

提督「わかった! 明日は>>140に頼むことにする!」

漣「それでは、ご主人様♪ 漣はこれで失礼させていただきますね」

提督「おう、お疲れ!」

漣「あ、それと…………また漣のおっぱいが欲しくなったら、いつでも言ってネ♡ 今度はもっとイイコト、シてあげてもいいよ? ……なんてネ♡」


キリの良いここでやめるか、続けるか迷うところ

141 名前:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 投稿日:2015/02/11(水) 16:45:42.88 ID:zXdKeK0XO

このまま続けるとグダりそうだし、やっぱ>>134で終わりで
HTML化依頼でしてくるまりんこ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:蘭「哀ちゃんって、コナン君と付き合ってるの?」 灰原「…え?」