提督と艦娘のクッキーKiss


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「ハコダテ……?」

ツイート

1 名前: ◆Vbesljr7IR1d[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:35:08.08 ID:pFrJVqvd0

提督「(ずずずっずぞぞぞぞ〜)ぷはー今日もいい天気」

大井「あら、提督。またサボりですか?」

提督「休憩中だ」

北上「きっと今日は休憩の日なんだよ」

大井「じゃあ、明日は?」

北上「鎮守府閉店の日」

提督「くぉら!」

北上&大井「きゃっ」

提督「……あ〜、お前たち、ホントに仲いいな…」

大井「そうそう、今日は提督のために、おみやげを持ってきたんですよ!」

提督「おう、ありがとうな。それじゃあお茶を用意するか」

北上「提督ぅ〜、特級茶葉で頼む!」

提督「はいはい……シルベスタギムネマ茶でいいな」

2 名前: ◆Vbesljr7IR1d[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:36:42.37 ID:pFrJVqvd0

北上「やっぱり大井っちが作るブラウニーはうまいなあ。生地がしっとりしていて、それでいてベタつかないスッキリした甘さだ。ココアはバンホーテンの物を使用したのかな?」

大井「フフフ、ありがとう北上さん」

提督「ホントに美味しいな。でも、作るのはいつも大井だな。……北上が作ったりとかしないのか?」

北上「えー?私だって作ることはあるよ?」

大井「あら?北上さんが作ったお菓子なんて食べたことあったかしら?」

提督「大井が食べたことなかったら誰も食べたこと無いんじゃないか?」

北上「そんなことないよ!?この前、作ったハズだよ!ほら、この前もらったバレンタインのおか……え……」

大井「もらったかしら?」

北上「あーっ……」

3 名前: ◆Vbesljr7IR1d[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:38:08.50 ID:pFrJVqvd0

提督「俺もあげたけど、お返し無いな〜……義理だけど」

北上「あああああああああ!!忘れてたああああ!」

大井「わっ!ちょっと北上さん!?」

北上「ホワイトデイ!ごめん!!忘れてた!そこでだ大井っち!悪いがもう少しだけ、追加で待っててくれない?待っていたらたぶん、北上様の素敵なプレゼントが先着1名様にもれなく配られることになるはずだよ!たぶん!」

提督「先着1名……俺には無いのか」

北上「提督はたくましく生きていてくれ!」

提督「ちょっと待て!!!」

北上「では諸君っ!さらばだー!!」

4 名前: ◆Vbesljr7IR1d[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:39:08.47 ID:pFrJVqvd0

提督「恋する乙女のパワーは凄いな〜」

大井「え!恋なんて……そんな、もう!提督ったら……ばかぁ〜」

提督「はいはい、ごちそうさまでした」

大井「お粗末さまでした(ペコリ)」

提督「……」

大井「……」

提督「あーっ……、でも北上がお返しを忘れてたとはなー」

大井「いいのよそんなこと。私は北上さんといっしょにいるだけで幸せを感じられるんだから」

提督「はいはい、ごちそうさま」

大井「お粗末さまでした(ペコリ)……」

5 名前: ◆Vbesljr7IR1d[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:40:08.65 ID:pFrJVqvd0

瑞鳳「提督ぅ〜、客ぅ?」

提督「大井だ」

大井「瑞鳳さん、こんにちわ。よかったらこれどう?」

瑞鳳「イカスミ焼き?」

提督「お菓子だ!この酒飲みが!」

大井「はい、瑞鳳さん☆」

瑞鳳「あっ……まい!!」

提督「お菓子だからな」

7 名前: ◆Vbesljr7IR1d[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:43:26.05 ID:pFrJVqvd0

大井「はい!提督も」

提督「えっ!?わっ、ちょっ……(ハグ)……おいしい。じゃ
あ、大井にも。(クイッ)」

大井「(はぐぅ)ぅんぐっ!じゃあ、提督にもう一回〜(ニヤニヤ)」

瑞鳳「わたしも食べさせる〜」

提督「おまえら……」

8 名前: ◆Vbesljr7IR1d[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:44:33.18 ID:pFrJVqvd0

北上がこの部屋を出て行ってからどれほどの時間が経っただろうか。

あれから北上が帰ってくることはなかった。

『ホントに美味しいな。でも、作るのはいつも大井だな。……北上が作ったりとかしないのか?』

たった一言。何の気なしに言っただけ、のはずだった。

1年、また1年と過ぎていったが、未だに北上の行方はわからないままだ。

大井も一時期体調を崩していたが、なんとか持ち直して頑張っている。

そして、近々大井と結婚することになった。

俺にできることといえば、大井の近くでずっとずっと彼女を支え続ける事だけだろう。

北上が愛した彼女のことを…

9 名前: ◆Vbesljr7IR1d[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:45:50.03 ID:pFrJVqvd0

提督「大井、いよいよ明日だな」

大井「そうですね。なんだか実感が湧かないですけど」

提督「本当に…俺でよかったのか?俺は…」

大井「その話はしないって言ったでしょう?魚雷、うちますよ?」

提督「…ああ、そうだったな。すまない」

大井「提督に非はありませんから。それに提督は私が苦しんでいる時いつもそばにいてくれたじゃない。それだけで十分よ。それとも…提督は嫌だった?私との結婚は」

提督「……そんなことはない。お前は俺にはもったいないくらいできた子だよ」

大井「ふふっ、ありがとう。きっと北上さんも祝ってくれるはずです」

提督「そうだな。あいつが戻って来た時、ひくぐらいのおしどり夫婦になってやろうぜ」

大井「……」

提督「な、なんか言ってくれよ…」

11 名前: ◆Vbesljr7IR1d[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:47:39.74 ID:pFrJVqvd0

大井「冗談です。本当にそうなれたらいいですね」

提督「ああ、そうだな。……そろそろ寝るか。今日はどうする?」

大井「今日は、北上さんの部屋で寝ようと思います」

提督「ん、わかった。じゃあ、お休み」

大井「ええ、お休みなさい」

提督「………」

12 名前: ◆Vbesljr7IR1d[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:48:41.59 ID:pFrJVqvd0

「提督……入ってもいい、かな?」

提督「瑞鳳か?大丈夫だ、入ってくれ」

瑞鳳「ごめんね、こんな時間に」

提督「何かあったのか?」

瑞鳳「本当に…明日、結婚しちゃうの?」

提督「そうだな。さっき大井とも話してたんだが、いよいよだ」


13 名前: ◆Vbesljr7IR1d[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:49:59.17 ID:pFrJVqvd0

瑞鳳「提督はさ…本当に大井さんの事が好きなの?もしかして、罪悪感から今回の結婚に踏み切ったんじゃないの?」

提督「そんなことは、ない。大井に付き添っていた時に彼女の人柄に触れた。この人とずっと一緒にいたい。そう思ったし、大井もそう思ってくれたから結婚するんだ」

瑞鳳「……嘘ばっかり。大井さんはそうでも、提督はそう思ってないんでしょ?正直に言ってよ」

提督「だから、違う…と言っているだろう。どうしたんだ?」

瑞鳳「なんでそんな事言うの?訳わかんないよ……」

提督「瑞鳳、お前疲れてるんだよ。もう部屋に戻れ」

瑞鳳「提督はさ、優しいよね。昔から、誰にでもそうなの?」

提督「…自覚はないが、周りからはよくそう言われていたな」

瑞鳳「なら…私にも優しくしてくれる、よね?」

14 名前: ◆Vbesljr7IR1d[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:51:05.49 ID:pFrJVqvd0

提督「もちろんだ。お前も俺の大切な仲間だからな」

瑞鳳「……なあんだ!やっぱり提督は提督だね!でもいつもそんな態度なら、いざって時に困るよ?」

提督「その時は、その時だよ」

瑞鳳「ふぅん…。なら今回のことも許してくれる?」

提督「ああ。というか、別に怒ってないしな」

瑞鳳「そっか。なら遠慮なく実行できるね」

提督「じ、実行?何かしてくれるのか?こんな時間だしお手柔らかに頼むぞ?」




















瑞鳳「今から提督をレイプするから」

16 名前: ◆Vbesljr7IR1d[saga] 投稿日:2014/12/14(日) 23:51:47.30 ID:pFrJVqvd0

ここまで読んでくれたってことは俺たちはもう友人だな隊長?

今回はここまで!

では諸君!サラダバー!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンってなんか特技とかあるの?」